転職で失敗しない方法

転職が怖いと不安な方へ。転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法

転職が怖いと不安な方へ。 転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法
転職希望者
転職希望者
仕事がつらすぎる。。転職を考えているんだけど、今の会社よりも悪くなった人もいるって聞くから怖くなってきた。大丈夫なのかな・・・
転職希望者
転職希望者
もっと活き活きと働きたい!そのために転職したいけど、怖くて一歩が踏み出せない。。転職で失敗しない方法ってないの??
ポチのすけ
ポチのすけ
確かに転職は失敗することもあるので、怖いですよね。。

 

転職を3回経験して、現在は自分史上最高の環境で働けているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

転職するたびに、少しずつ環境や条件が良くなっています。

 

ぼくもそうでしたが、現状のつらさや明るい未来のために、転職することはとても良い手段

ただ、転職は成功率100%ではないため、怖くなってしまうのもまた事実です・・・

 

そのため本記事では、

転職したいけど怖い!と不安な方へ、ぼくの経験から失敗しない転職の方法について書きました。

 

先に結論から言うと、転職で失敗しない方法は、次の5つのことを意識することです。

  1. 会社の情報収集をする
  2. 良い転職サイト・良い転職エージェントを選ぶ
  3. 自分に合う会社を探す
  4. ホワイト企業に入る
  5. 手に職をつける

 

では、さっそく見ていきましょう。

 

転職が怖いと不安になる理由

怖い理由

 

そもそも、転職が怖くて不安になる理由はなんでしょうか?

ぼく自身も、転職を考えていた周りの同僚も、怖くて踏み出せないと言っていた理由は以下のようなものでした。

転職が怖くて踏み出せない理由

 

  • そもそも転職がうまくいくのか不安
  • 既婚者だからチャレンジが怖い
  • 失敗したら無職になってしまう
  • ちゃんとやっていけるのか不安
  • 人間関係がうまくいくのか不安
  • 給料が下がるかもしれない
  • 労働環境が今よりも悪くなるかも

 

新しい環境に行ったら今の環境とは変わるので、

「今よりも悪くなったらどうしよう。。」

「転職に失敗したら無職になってしまう。。」

と不安に。

 

そのため、転職が怖いと思っていました。

本記事を読んでいただいている方も、当てはまるところがあるのではないでしょうか。

ここからは、転職が怖い・不安だという具体例の紹介をしていきます。

 

具体例①転職がうまくいくのか不安

転職が怖いと不安になる例として、そもそも転職がうまくいくのか不安というものがあります。

実際、転職では選考で落とされることも多く、体力的にも精神的にも、疲れてしまう時があるからです。

 

就活生の悲痛な声が聞こえるお祈りメールは、転職する時も起こります。

ぼく自身、転職ではたくさん応募して、たくさん落とされました。

 

そんな時に前向きに切り替えるため、以下の方法を取りました。

  1. 別のことをする
  2. 転職エージェントに相談
  3. 転職は相性なのだと考え方を変える

詳しくは以下の記事で解説しています。

転職活動で疲れた時の切り替え方の詳細記事はこちら

転職活動で疲れた20代の方が気持ちを切り替えるためにやるべき3つのこと【体験談を紹介】20代の転職活動で疲れたままだと体力的にもきついですし、それ以上に精神的に不安を感じるのできついです。 本記事では、転職活動で疲れた時に、気持ちを切り替える方法3つを体験談からお伝えします。 是非、ご覧ください。...

 

具体例②結婚後に転職

転職が怖いと不安になる例として、結婚後に転職するケースがあります。

自分一人の人生ではなくなるため、不安は大きくなるもの。

ぼく自身3回の転職のうち、結婚後に2回転職しているため、不安も大きかったです。

ただ、結婚後に転職した経験からわかったメリットは以下の4つ。

  1. 心が壊れるくらいのつらさから解放される
  2. 夫婦で一致団結できる
  3. 良い会社にいければ生活スタイルが良くなる
  4. 主体性を持てるのでスキルアップしやすい

 

ポチのすけ
ポチのすけ
もちろん、夫婦できちんと話し合って納得しあうのは必須です。

結婚後の転職体験談や、メリット・デメリットについては以下の記事で詳しく紹介しています。

結婚後の転職のメリット・デメリットの詳細記事はこちら

既婚者の転職は不利なのか?結婚後に2回職場を変えたぼくの体験からメリット・デメリットをお伝えします
既婚者の転職は不利なのか?結婚後に2回職場を変えたぼくの体験からメリット・デメリットをお伝えします結婚後の転職が不安。。既婚者の転職は不利?とお悩みの方に、結婚後に2回転職したぼくの体験談を紹介しています。 メリット・デメリット・結婚後の転職を成功させる方法についてご紹介します。 是非、ご覧ください。...

 

具体例③無職になってしまう

転職が怖いと不安になる例として、無職になってしまうケースがあります。

実際、転職で無職の期間や空白の期間があると、転職の難易度は上がるのは事実。

働く意欲の部分も見られてしまうためです。

 

ただ、どうしても仕事がつらくてまずは辞めることで無職になってしまうことってあります。

無職になった時は、今後のことを考えれば考えるほど、不安と絶望が襲ってくるもの。

無職になって不安と絶望が襲ってくる理由と解決策については、以下の記事で詳しく解説しています。

無職で不安と絶望が襲ってくる理由と解決策の詳細記事はこちら

無職だと不安と絶望が襲ってくる4つの理由と解決策を紹介【即行動するのが大事】
無職だと不安と絶望が襲ってくる4つの理由と解決策を紹介【即行動するのが大事】無職だと、今後のことを考えれば考えるほど不安と絶望が襲ってきてしまいます。 本記事では、無職だと不安と絶望が襲ってくる4つの理由と解決策について解説します。 是非、ご覧ください。...

 

また、どうしてもひきこもり・ニートなどで履歴書に無職の期間(空白期間)ができてしまった場合でも、プラスの印象を与えられるうまい伝え方はあります。

プラスの印象を与えられるうまい伝え方は以下の5つ。

  1. アルバイトをしていた
  2. 資格取得のために勉強していた
  3. 親の介護をしていた
  4. 色々な経験をするために長期で旅行に行っていた
  5. やりたいことや興味があることについて考えていた

 

ひきこもり・ニートなどで履歴書に無職の期間(空白期間)がある時に、プラスの印象を与えられるうまい伝え方は、以下の記事で詳しく紹介しています。

引きこもり・ニートにより履歴書に空白期間がある時の伝え方の詳細記事はこちら

履歴書に空白期間がある理由がひきこもり・ニートだった時もプラスの印象を与えられる伝え方を紹介
履歴書に空白期間がある理由がひきこもり・ニートだった時もプラスの印象を与えられる伝え方を紹介履歴書に空白期間がある理由がひきこもり・ニートだった時、履歴書の書き方や、面接でプラスの印象を与えられる言い方をご紹介します。 引きこもり・ニートだった時に、就職・転職する具体的な方法も解説しています。 是非ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

転職が怖いと不安でも現状維持しない方がいい理由

現状維持せずに前に進む

 

怖くて不安になってしまう転職ですが、それでも現状維持せずに転職に向けて動いた方が良いです。

理由は以下の3つ。

  1. 現状維持で今の環境が劇的に変わることを期待するのはギャンブル
  2. 転職で環境を変えることで、しがらみを断ち切れる
  3. 年齢が1歳でも若い方が内定をもらいやすい

では、見ていきましょう。

 

理由①現状維持で今の環境が劇的に変わることを期待するのはギャンブル

現職に不満がある場合、今の環境が劇的に変わるのを待つのはギャンブルです。

しかも、負ける確率が極めて高いギャンブル。。

 

会社は組織なので、自分一人では環境を劇的に変えるのは難しく、変える場合も時間がかかります。

むしろ、永久に環境が変わらない可能性だってあります。

なので、環境を変えようと待ってみても、自分で動いても、いたずらに時間だけ浪費してしまい、気づいた時には手遅れになるくらい歳をとっていることも。

 

なので、現職の環境を変えるよりも、転職して自分から環境が違うところに行く方が手っ取り早いのです。

 

もちろん、転職で環境が変わることを期待するのも同じようにギャンブルだ!と言う方もいるかもしれません。

ぼくも、最初の転職では、環境を変えるのは良くなるのか悪くなるのかわからなかったため、とても悩んだ部分でした。

 

ただ、転職を重ねていくうちに、転職をギャンブルにしないやり方もわかってきましたし、年齢が1歳でも若い方が内定をもらいやすい部分もあるので、あまり悠長に過ごしている時間はないのが現実です。

そのため、今の環境が変わることを期待して現状維持するのは、時間の浪費につながるギャンブルなのでおすすめできません。

 

理由②転職で環境を変えることで、しがらみを断ち切れる

現状維持せずに転職して環境を変えることで、色んなしがらみから一度リセットできます。

転職のきっかけは、多くの人にとって現職への不満からくるものです。

その不満を解消できる手段として、転職があり、転職によって色んなしがらみを一度リセットして断ち切ることができるので、すっきりした状態でリスタート可能に。

 

人間関係や労働環境などのしがらみは、思いのほか自分を束縛します。

これはなかなか簡単に変わらないもので、ぼくの場合、転職してようやくリセットされました。

現状維持でそのまま残っていたら、ずっとしがらみがあったと思います。

 

転職が怖い理由として、人間関係がうまくいくのか不安というものはありますが、どこの職場でも人間関係が100%安心というものはありません。

ただ、面接官の発言などからある程度見極めることも可能ですし、ぼくの経験上、現状維持よりも転職して環境をリセットした方が良くなる可能性が高いです。

 

面接官の発言から、自分との相性を確認する方法については、以下の記事で詳しく紹介しています。

会社との相性を確認する方法の詳細記事はこちら

自分に合う会社を見つけるため、 面接官の発言パターンで見極めよう!
自分に合う会社を見つけるため、面接官の発言パターンで見極めよう!転職で面接官の発言は、自分に合う会社なのかを判断する一つの材料になります。 面接官からの発言パターンから、自分に合う社風なのかの見極めにもなりますので、実際の体験からいろんなパターンを紹介します。...

 

理由③年齢が1歳でも若い方が内定をもらいやすい

現状維持せずに、転職するのが良い理由として、年齢が1歳でも若い方が内定をもらいやすいという時間的な問題もあります。

企業は若い人材を求めていることが多いです。

考え方が凝り固まらず、柔軟性があり、今後の伸びしろがあるのは年齢が高い人よりも若い人だという認識が企業の中にあるからです。

 

本記事を読んでいるあなたが、特別なスキルを持っていたり、圧倒的な実績があるのなら話は別ですが、多くの場合、能力が同じ人が二人いたら選ばれるのは年齢が若い人。

 

転職が怖くて現状維持してしまうと、それだけ転職時の年齢が上がってしまうので、それだけで難易度が上がってしまいます。

例えば、今は転職するのが怖いということで、悩んだ結果、転職活動を始めたのが3年後だと、3年前よりも転職の難易度は上がります。

また、世の中の流れが早い現在は、3歳の差どころか1歳でも若い方が有利になる傾向も。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくは、1歳の年の差でお見送りになったことがあります。。

26歳よりも25歳の方が有利ですし、31歳よりも30歳の方が転職に有利です。

 

なので、「転職が怖い。。」と悩む気持ちはすごくわかるのですが、悩んで時間ばかり過ぎてしまうと、自分の今後の人生がもっと怖くなってしまうことも。

そうならないように、これから紹介する失敗しない転職の方法を読んでいただき、まずは一歩を踏み出してもらえればと思います。

 

スポンサーリンク

転職が怖い時に失敗しない方法

失敗しない方法

「転職が怖い。。」

と不安な方が、転職で失敗しない方法として、以下の5つのことを意識して行動しましょう。

  1. 会社の情報収集をする
  2. 良い転職サイト・良い転職エージェントを選ぶ
  3. 自分に合う会社を探す
  4. ホワイト企業に入る
  5. 手に職をつける

 

それでは、一つずつ見ていきましょう。

 

方法①会社の情報収集をする

転職で失敗しないために、最も大切なのは、会社の情報収集をきちんとすることです。

転職する際は、転職サイトと転職エージェントを併用して、口コミを見ながら判断するのが鉄板だからです。

 

転職では、まずは転職サイトや転職エージェントをうまく活用して、情報収集をしていきましょう。

転職サイトを使う場合

・・・自分で、きちんとスクリーニングをかけて、ゆずれない条件に合わない企業は選択肢から外すようにしていきます。

 

転職エージェントを使う場合

・・・エージェントとの面談の中で自分の希望を伝えて、ゆずれない条件に合わない企業は最初から外してもらうように伝えます。

 

合わせて、絶対にやるべきなのが、口コミによる確認。

求人情報や企業のホームページの情報だけでは、会社の事業内容はわかってもどんな会社なのか、内情はわかりません。

「こんなはずじゃなかった・・・」

「想像した仕事内容と違う。。」

といったミスマッチを起こす人は多いです。

 

転職を3回経験した立場から言うと、上記のようなミスマッチは、情報収集不足によって起こります。

ポチのすけ
ポチのすけ
初めての転職をしていた過去の自分に、口コミは必ず見ろ!と言いたい。。

 

口コミは基本すべて正しいと言っていいです。

ぼくは実際に4社を経験していますが、口コミの内容はすべて当たっており、ウソの内容は一つもありませんでした。

完璧な会社はありませんが、良いところ・悪いところを事前に把握するのは超重要なため、必ず口コミを確認しましょう。

 

口コミを使った会社の探し方のポイントや、おすすめ口コミサイトについては、以下の記事でも詳しく紹介しています。

口コミを使った会社の探し方の詳細記事はこちら

いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!3回の転職でやっていた方法を紹介
いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!3回の転職でやっていた方法を紹介転職で今より悪い会社に入ってしまわないように、いい会社と悪い会社を見極める方法について紹介しています。 特に口コミの利用は必須だど考えており、ぼくが使っていた口コミサイトもお伝えしています。 是非、ご覧ください。...

 

方法②良い転職サイト・良い転職エージェントを選ぶ

転職で失敗しないための方法として、良い転職サイト転職エージェントを選ぶのも大切です。

 

転職サイト・転職エージェントによって、紹介できる会社や書類の通過率が変わってくるのと、いかに自分に寄り添ってくれるかが違います。

転職サイトと転職エージェントの違いをざっくり説明すると、以下になります。

 

  • 転職サイトは登録して自分で企業に応募するところ
  • 転職エージェントは、エージェントから紹介してもらった企業にエージェント経由で応募するところ

そのため、転職サイト・転職エージェントの両方を使い分けしながら進めるのがベストです。

良い転職の進め方

  • 転職サイトを使って求人検索 ⇒ 良いと思った企業を転職エージェント経由で応募
  • 転職エージェントから紹介してもらう ⇒ 良いと思った企業を転職エージェントの依頼して応募

 

なお、転職エージェントは無料で以下のようなサービスを受けられるので、使わない手はありません。

転職エージェントで受けられるサービス

 

  • ブラック企業で苦しむ方の話をちゃんと聞いてくれる
  • 今の会社以外に選択肢があると知ることができる
  • 企業が出している求人情報や背景について情報をもらうことができるので、求人倍率の予測がつく
  • 自分の能力とかみ合うのか、企業とのマッチングでミスがないのか客観的な意見をもらえる
  • 転職希望者を企業に推薦してくれるので、転職の成功率が上がる

 

転職エージェントを使うと、どんな会社があるのか自分で調べる手間を省くこともできますし、ぼくの経験上、転職エージェントを経由した方が書類の通過率も高いです。

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ。

1社の転職エージェントだけだと、求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になるからです。

 

転職サイト・転職エージェント選びは本当に大事です。

ひどい転職エージェントだと、「給料を払わない会社でなければブラック企業じゃない」と言ってくるところも。。

 

転職3回を経験したぼくが、使って本当に良かった転職サイトと転職エージェントについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

転職を決意したら、貴重な時間を失う前に、すぐに行動に移しましょう!

 

おすすめ転職サイトの詳細記事はこちら

仕事に行きたくない。。と毎日思っている人が取るべき選択肢はプライベートの充実と転職!【おすすめ転職サイトも紹介】
仕事に行きたくない。。と毎日思っている人が取るべき選択肢はプライベートの充実と転職!【おすすめ転職サイトも紹介】毎日のように「仕事に行きたくない。。」と感じてしまうと、とてもつらいもの。 本記事では、そのような人が毎日を楽しく過ごすために取るべき選択肢として、プライベートの充実と転職についてどのようにすればいいのか、ご紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介
環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介今の仕事から環境を変えたい!場合、転職は有効な手段です。 本記事では、転職で環境を変えるのが有効な理由と、転職の不安を解消する方法、ぼくの3回の転職経験で使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントについて、具体的なエピソードを交えて紹介しています。 ぜひご覧ください。...

 

中小企業に強い転職エージェントの詳細記事はこちら

中小企業に行きたくないと選択肢を狭める前に自分にとって向いていない・向いているを考えてから判断しよう転職する時、「できれば中小企業には行きたくない」と考えることは多いです。 本記事では、そのように思っている方に、大企業も中小企業も経験したぼくが、中小企業を選択肢に入れた方が良い理由や良い中小企業を探すためのポイントをご紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

なお、残念ながら転職エージェントでもミスをすることはあります。

転職エージェントから見ると一つのミスでも、転職者からすると人生をかけた場面でのミスはきついもの。

ぼく自身、転職エージェントのミスを食らった経験があり、その時の対処法は以下の5つでした。

  1. 当事者意識をもって動く
  2. 口コミを確認しておく
  3. 一歩先を読んで対処しておく
  4. 担当のエージェントを替えてもらう
  5. 転職エージェントの会社を替える

 

人間なので、転職エージェントでもミスをすることはあるものだと考えて対処するのも大事です。

詳しくは以下の記事で解説しています。

転職エージェントのミスへの対処法の詳細記事はこちら

転職エージェントのミスへの対処法。一歩先を読む人間になれる!
転職エージェントのミスへの対処法。一歩先を読む人間になれる!転職において転職エージェントは頼れる存在ですが、転職エージェントでもミスをすることがあります。本記事では自分の体験から、ミスが起きた場合の対処法を紹介しています。しっかりと対処することで、一歩先を読む人間に成長することも可能です。ぜひご覧ください。...

 

方法③自分に合う会社を探す

転職で失敗しないための方法として、自分に合う会社を探しましょう。

周りの人が、どんなに良い会社だと言っても、あなたに合うかどうかは別問題。

これは良い悪いの問題ではなく、会社との相性の問題だからです。

ぼくも、すべての会社と合うわけではありません。

 

残業代

残業代は、全額支給なし残業とありますが、その人の考え方によって合う・合わないがあります。

まずは自分がどちらが合うのか、もしくはどちらでも問題ないのかはっきりさせておくことで、その会社に合うかどうかが判断可能に。

なので、自分がどちらのタイプが良いのかきちんと把握しておきましょう。

詳しくは以下の記事で解説しています。

残業代の違いについての詳細記事はこちら

残業代全額支給とみなし残業支給はどっちがいいの?徹底比較!
残業代全額支給とみなし残業支給はどっちがいいの?徹底比較!仕事をする上で避けては通れない残業代は、大きく分けて全額支給とみなし残業の2パターンあります。どちらが自分に合っているかを、金額の多さ・残業時間・もらえるお金の安定度から、それぞれを徹底比較しました。...

 

面接の日程

自分に合う会社を探すには、面接の日程をうまく調整するのも大事。

面接の日程調整に失敗すると、転職が長引き、自分の時間もどんどんなくなります。

そのため、面接に行く時間をうまく調整して、1日の動きを効率的に行うことで時間を作り出すことが可能。

具体的には、以下のような時間で調整するのがおすすめ。

外出しやすい人が、在職中に面接行くタイミング

  • 午前中・・・11時
  • 午後・・・13時~15時
  • 夕方以降・・・19時

外出しにくい人が、在職中に面接行くタイミングは、以下の通り。

  • 一次面接・・・19時
  • 最終面接・・・有給休暇を取って対応

 

どうしても日程が合わない時は、有給休暇の半日休暇(半休)を使いましょう。

在職中の転職で面接行くタイミングについては、以下の記事で詳しく解説しています。

在職中の転職で面接行くタイミングの詳細記事はこちら

在職中の転職で面接行くタイミングについて。僕がやっていた時間の調整方法
在職中の転職で面接行くタイミングについて。僕がやっていた時間の調整方法転職は在職中にした方がいいとよく言われるので、働きながら転職活動をする人は多いですが、面接に行くタイミングについて、とても苦労します。 本記事では、在職中は面接にいつ行けばいいのか、ぼくの体験から調整方法をお伝えします。...

 

面接での会社の見分け方

会社が自分に合うかどうかは、面接の場でもある程度は判断できるもの。

ぼくは、面接は選んでもらう場所というより自分が会社を選ぶ場所だと考えているため、面接官の発言は注意深く聞いていました。

また、質問タイム(いわゆる逆質問)の時は、かなり突っ込んで聞いていました。

色んなパターンがありますので、以下の記事もぜひ参考にしてみてください。

自分に合う会社の見分け方の詳細記事はこちら

自分に合う会社を見つけるため、 面接官の発言パターンで見極めよう!
自分に合う会社を見つけるため、面接官の発言パターンで見極めよう!転職で面接官の発言は、自分に合う会社なのかを判断する一つの材料になります。 面接官からの発言パターンから、自分に合う社風なのかの見極めにもなりますので、実際の体験からいろんなパターンを紹介します。...

 

圧迫面接を受けた時の対処法の詳細記事はこちら

圧迫面接をするような会社は即帰って良し!時間を無駄にしないための回避方法も紹介
圧迫面接をするような会社は即帰って良し!時間を無駄にしないための回避方法も紹介転職時、圧迫面接を受けたら本当に悔しいですしつらいもの。 本記事では、圧迫面接を受けたら帰るのが良い理由と圧迫面接を受けた時にやり返す方法、そもそも圧迫面接を受けない方法についてご紹介します。...

 

最終面接・一次面接で逆質問するべき内容の詳細記事はこちら

最終面接で逆質問しない・特にありませんは落ちることはないけどもったいない【会社との相性を確認しよう】
最終面接で逆質問しない・特にありませんは落ちることはないけどもったいない【会社との相性を確認しよう】最終面接で「何か質問ありますか?」と言われた時に逆質問しないと落ちる可能性があるのか?について、ぼく自身の転職3回の経験から解説していきます。 本記事では、会社との相性を確認するためにも、逆質問をどのように回答したらいいのかを解説しています。...

 

面接で持っておきたい意識についての詳細記事はこちら

面接で大事なことは会社を見極める意識 【ミスマッチをなくそう】
面接で大事なことは会社を見極める意識【ミスマッチをなくそう】面接で大事なことは、会社に選んでもらおう、採用して もらおう、というものではありません。 むしろ会社を選ぶ意識こそが、会社とのミスマッチを減らすことになります。 本記事では、面接を控える人に持っておいてほしい大事な考え方について実例からご紹介します。...

 

業界を変える転職

転職は同じ業界内で考える方が多いと思いますが、自分に合う会社を選ぶ時、今いる業界から変わった方がいい時も。

業界自体がブラック企業連合軍だったり、古い慣習が抜けていない場合もあるからです。

ただ、業界を変える転職だと自分が知らない業界に行くため、知識面や給料ダウンの心配があると思います。

 

ぼく自身も、3回の転職中2回は業界を変える転職をしているので不安は多かったですが、以下のようなメリットがあるため業界を変える転職に踏み切ってうまくいきました。

  1. 業界特有の環境を変えられる
  2. 働き方がガラッと変わる
  3. 新たな知識が身につく
  4. さまざまな業務手法(営業方法など)が学べる
  5. 給料アップも可能

 

業界を変える転職では、未経験の業界に変わることにより不安になることもあるかもしれませんが、誰もが最初は未経験なので怖がらなくて大丈夫です。

業界を変える転職のメリットについては、以下の記事でぼくの実体験から詳しく書いています。

業界を変える転職の詳細記事はこちら

転職で業界変えるのは不安なあなたに伝えたい実際の体験から得たメリット5つ
転職で業界変えるのは不安なあなたに伝えたい実際の体験から得たメリット5つ転職で業界変えるのは不安が多いと思います。そんなあなたに、3回の転職のうち2回は業界を変える転職したぼくが、実際の体験から得たメリット5つを紹介します。 現状を変えたい方は是非お読みください。...

 

なお、転職で業界を変える時は、納得感のある志望動機が必須。

志望動機の伝え方については、以下の記事で詳しく解説しています。

違う業界に転職する時の志望動機の伝え方の詳細記事はこちら

志望動機なんてねーよ!と困っている方へ。伝え方について2回も業界を変える転職をしたぼくの体験から紹介
志望動機なんてねーよ!と困っている方へ。伝え方について2回も業界を変える転職をしたぼくの体験から紹介面接で志望動機を聞かれるけど、「志望動機なんてねーよ!」とお困りの方へ、面接で志望動機をどのように伝えたらいいのかについて、転職3回の経験から具体例をご紹介します。 なお、業界を変える転職の場合についても、どのような言い方をするのがいいのかを具体例を交えてお伝えします。 是非、ご覧ください。...

 

方法④ホワイト企業に入る

転職で失敗しないための方法として、ホワイト企業に入りましょう。

ホワイト企業は、総じて働きやすく、スキルアップもしやすい良い会社です。

働きやすい環境でコツコツとスキルアップすることで、万が一の時にも自分の身を守れる価値ある人材になることも可能。

 

ホワイト企業は意外と知られていない会社も多いため、自分ひとりで探し出すのは不可能です。

さきほどおすすめした転職エージェント口コミによる確認をうまく使って探し出しましょう!

 

また、ホワイト企業に入ってみてわかったメリットと、ブラック企業との比較について、以下の記事でまとめています。

読んだいただくと、ホワイト企業に入るとどれだけいいのかイメージがつくと思います。

ホワイト企業のメリットの詳細記事はこちら

ホワイト企業に入ってみてわかった メリット12個と気を付けるべきこと
ホワイト企業に入ってみてわかったメリット12個と気を付けるべきことブラック企業の反対として言われるホワイト企業ですが、実際に入社してみてわかったメリットが12個あったので、紹介しています。 気を付けるべきポイントについても合わせてお伝えしています。 是非ご覧ください。...

 

ホワイト企業とブラック企業の違いの詳細記事はこちら

ホワイト企業とブラック企業の違を 両方経験した目線から徹底比較
ホワイト企業とブラック企業の違いを両方経験した目線から徹底比較ホワイト企業もブラック企業も両方経験した立場から、ホワイト企業とブラック企業はどう違ってくるのか、比較形式でわかりやすく紹介しています。...

 

方法⑤手に職をつける

転職で失敗しないための方法として、手に職をつけるという手段もあります。

 

世の中の流れが早く、先が読みにくい今の時代。

簡単になくならない仕事を極める、手に職の仕事が注目を集めています。

手に職をつけることで、不確実な時代を生き抜くためのスキルを手に入れられるからですね。

 

手に職をつける目安

手に職をつける仕事をしたい場合、興味があるのかと、伸びていく業界かどうかをきちんと見極めてからその道へ進みましょう。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

手に職を選ぶ目安の詳細記事はこちら

手に職の仕事を選ぶ目安は2つ。 興味があるかと伸びていく業界かどうか
手に職の仕事を選ぶ目安は2つ。興味があるかと伸びていく業界かどうか手に職をつける仕事を選ぶための2つの目安について書いています。 なぜ2つの目安が大切なのか、転職3回を経験した目線で解説しています。 ぜひご覧ください。...

 

手に職をつけるための方法

また、手に職をつけるための方法を誤ると、いつまでも手に職をつけることができなくなりますので注意しましょう。

学習するだけでなく、実際に働きながらスキルアップすることも大切です。

詳しくはこちらから。

手に職をつける方法の詳細記事はこちら

手に職をつけるための方法は2つ。 学習と職場の紹介をもらうこと
手に職をつけるための方法は2つ。学習と職場の紹介をもらうこと手に職をつけるための2つの方法について解説しています。 学習すること、働ける職場の紹介をしてもらうことが必要になります。手に職をつけるための具体例も紹介しています。 是非ご覧ください。...

 

手に職を付けるための専門学校の詳細記事はこちら

手に職をつけるための専門学校で 失敗しないために大切な3つの考え方
手に職をつけるための専門学校で失敗しないために大切な3つの考え方手に職をつけるために、学習と就職(転職)支援をセットで行える専門学校(専門スクール)に通う時や通っている時に大切な3つのことについて紹介しています。 失敗談も紹介しているので、専門学校選びや就職で失敗したくない方は是非ご覧ください。...

 

手に職をつけられるおすすめの仕事

手に職の仕事はいろいろありますが、一番のおすすめはITエンジニア(SE/プログラマー)です。

ITエンジニア(SE/プログラマー)がおすすめの理由は以下の記事で詳しく解説しています。

ITエンジニア(プログラマー)がおすすめの理由の詳細記事はこちら

手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由
手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由手に職をつける仕事の一つであるITエンジニア(プログラマー)がおすすめである5つの理由を紹介しています。 現在、IT業界でITエンジニア(プログラマー)と一緒に働いているからこそわかる、おすすめの理由になります。 手に職をつけたい方は是非ご覧ください。...

 

手に職をつけたい20代女性が長く続けられる仕事としても、ITエンジニアはおすすめです。

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

手に職をつけたい20代女性向けの長く続けられる仕事の選び方の詳細記事はこちら

手に職をつけたい20代女性向けの 長く続けられる仕事の選び方
手に職をつけたい20代女性向けの長く続けられる仕事の選び方将来が不安な20代女性が手に職をつけたい!と考えた時、結婚後も長く働くための仕事の選び方と、おすすめの仕事についてまとめています。 営業職、内勤職、接客業、事務職、派遣社員、フリーターと様々な立場の方に通じる内容になっています。 是非ご覧ください。...

 

ITエンジニアになるための方法

ITエンジニア(SE/プログラマー)になるためには、プログラミングスクールで学んでから転職する方法と、いきなり転職する方法があります。

無料で学べるプログラミングスクールを運営している会社に、話を聞きに行ってわかったメリットを以下の記事でまとめています。

GEEK JOBの詳細記事はこちら

GEEK JOB(ギークジョブ)の6つのメリットを運営会社であるGROOVE GEAR(グルーヴ・ギア)に話を聞いてまとめました
GEEK JOB(ギークジョブ)の6つのメリットを運営会社であるGROOVE GEAR(グルーヴ・ギア)に話を聞いてまとめましたGEEK JOB(ギークジョブ)キャンプを運営するGROOVE GEAR(グルーヴ・ギア)株式会社に訪問して、話を聞いてみてわかった6つのメリットについて紹介しています。 どのような考え方をするとうまくいくのか、といったことや、デメリットや注意点も合わせて解説しています。 是非ご覧ください。...

 

有料プログラミングスクールに行くお金がない。。という人は、条件がありますがお金を使わずにITエンジニアになる方法もあります。

詳しくは以下の記事で紹介しています。

お金がなくても未経験からITエンジニアに転職する方法の詳細記事はこちら

未経験でエンジニアになるのはお金がなくてきつい時に正社員で働ける3つの方法
未経験でエンジニアになるのはお金がなくてきつい時に正社員で働ける3つの方法未経験からITエンジニアになるのがきつい、お金ないと悩んでいる方が、正社員で働ける3つの方法を紹介しています。 ITエンジニアは未経験でもなれますし、お金がなくて諦めるのはもったいないので、興味がある方は是非ご覧ください!...

 

有料にはなりますが、確実に転職できるプログラミングスクールもあります。

詳しくは、以下の記事でまとめています。

確実に転職できるプログラミングスクールの詳細記事はこちら

プログラミングスクール行ったのに就職できないとならないために使うべき保証付きスクールを紹介!
プログラミングスクール行ったのに就職できないとならないために使うべき保証付きスクールを紹介!プログラミングスクールに行ったのに就職できない!とならないよう、未経験からでも確実に就職(転職)できるプログラミングスクールを紹介しています。 プログラミングに興味があるけど、ちゃんと転職できるか心配の方は是非ご覧ください!...

 

いきなりITエンジニア(SE)に転職する方法もあります。

未経験からITエンジニア(SE)に直接転職する方法や、何歳までなら大丈夫なのか、以下の記事で詳しくまとめています。

ITエンジニア(SE)に未経験から転職する方法の詳細記事はこちら

SEに未経験からなれる年齢は何歳まで?おすすめの方法と気をつけるべき点をIT業界の実情から解説
SEに未経験からなれる年齢は何歳まで?おすすめの方法と気をつけるべき点をIT業界の実情から解説SEに未経験からなれる年齢と、気をつけるべきことやおすすめの方法をIT業界で働いている立場から紹介しています。 IT業界は、業界自体が伸びているのと、人手不足により昔よりもチャンスが広がっているのを感じます。 興味がある方は是非ご覧ください!...

 

ITエンジニアがおすすめといっても、20代のように若くなく、30代・40代・50代でもなれるのか不安な方もいると思います。

もちろん、20代よりは難易度は上がりますし、フリーランスとしての働き方も視野に入れる必要がありますが、努力次第で未経験からITエンジニアへの転職は可能。

 

それぞれの年代ごとに、ITエンジニア(プログラマー)に未経験からなる方法と考え方を以下の記事でまとめています。

ご自身の年齢に合わせて、ご覧ください。

プログラマー未経験30代の人向けの方法の詳細記事はこちら

プログラマーを目指す未経験30代の人向けの方法と持っておくべき考え方
プログラマーを目指す未経験30代の人向けの方法と持っておくべき考え方プログラマーに興味がある30代未経験の人が、プログラマーになるための方法と考え方について紹介しています。 IT企業で働くぼくの周りのプログラマーの実例から、30代だからこそどう考えて行動するべきなのかがわかります。 是非、ご覧ください!...

 

プログラマー未経験40代の人向けの方法の詳細記事はこちら

プログラマーを目指す未経験40代の人向けの方法と持っておくべき考え方
プログラマーを目指す未経験40代の人向けの方法と持っておくべき考え方プログラマーに興味がある未経験40代の方向けに、考え方とプログラマーとして働く方法をIT業界で働いている立場から書いています。 大変ではありますが、チャンスが多いにある仕事なので、興味がある方は是非ご覧ください!...

 

プログラマー未経験50代の人向けの方法の詳細記事はこちら

プログラマーを目指す未経験50代の人向けの方法と持っておくべき考え方
プログラマーを目指す未経験50代の人向けの方法と持っておくべき考え方50代未経験の方がプログラマーになるための方法と考え方について紹介しています。 かなり険しい道のりにはなりますが、やる気と覚悟と戦略を持ってやれば、人生が変わります。 是非ご覧ください。...

 

ITエンジニアになる方法まとめは以下の記事になります。

初心者がITエンジニアになる方法の詳細記事はこちら

ITエンジニアになるのはきついのか?業界で働くぼくが見てきた3つの方法を紹介します
ITエンジニアになるのはきついのか?業界で働くぼくが見てきた3つの方法を紹介します初めてITエンジニアになろうとしたらきついのも事実。 ただ、正しい努力と学び方で初心者でもITエンジニアになることは可能です。 本記事で理由と方法を詳しく紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

転職が怖いと不安な方へまとめ

お話してきたことをまとめます。

転職が怖いと不安な理由は以下のようなものです。

  • そもそも転職がうまくいくのか不安
  • 既婚者だからチャレンジが怖い
  • 失敗したら無職になってしまう
  • ちゃんとやっていけるのか不安
  • 人間関係がうまくいくのか不安
  • 給料が下がるかもしれない
  • 労働環境が今よりも悪くなるかも

 

怖くて不安になってしまう転職ですが、それでも現状維持せずに転職に向けて動いた方が良いです。

理由は以下の3つ。

  1. 現状維持で今の環境が劇的に変わることを期待するのはギャンブル
  2. 転職で環境を変えることで、しがらみを断ち切れる
  3. 年齢が1歳でも若い方が内定をもらいやすい

 

転職したいけど怖い。。と不安な方は失敗しない転職の方法として、以下の5つを意識して行動しましょう。

  1. 会社の情報収集をする
  2. 良い転職サイト・良い転職エージェントを選ぶ
  3. 自分に合う会社を探す
  4. ホワイト企業に入る
  5. 手に職をつける

 

会社の情報収集や転職を進めるにあたって、良い転職エージェントの利用は必須!

転職が怖い。。と不安な方が本記事をきっかけに一歩前に踏み出してもらえれば嬉しいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

面接対策の詳細記事はこちら

転職の面接で対策するべきことまとめ。通過の鍵を握るのは準備と意識
転職の面接で対策するべきことまとめ。通過の鍵を握るのは準備と意識転職の面接で対策するべきことは何をやったらいいのかお悩みの方に、実際にぼくがやっていたことをまとめました。 3回の転職の中で、悩みながらやってきた体験談になります。 是非ご覧ください。...

 

転職をする時に起きる流れをまとめた詳細記事はこちら

転職についてブログで紹介!4社を渡り歩くぼくの体験談まとめ
転職についてブログで紹介!4社を渡り歩くぼくの体験談まとめ転職3回で4社目で働くぼくが、転職で体験したことをブログでまとめています。 転職のきっかけから、転職で失敗しない方法、面接対策、退職の際にやるべきこと、といったスタートから終わりまでをまとめました。 是非、ご覧ください。...