転職で失敗しない方法

転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】

転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】
転職希望者
転職希望者
仕事がつらすぎる。。転職を考えているんだけど、今の会社よりも悪くなった人もいるって聞くから怖くなってきた。大丈夫なのかな…
転職希望者
転職希望者
もっと活き活きと働きたい!そのために転職したいけど、怖くて不安で一歩が踏み出せない。。転職で失敗しない方法ってないの??
ポチのすけ
ポチのすけ
確かに転職は失敗することもあるので、怖いですよね。。

 

転職を3回経験して、現在は自分史上最高の環境で働けているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

初めての転職する時はとても怖いと思っていたのですが、勇気を出して転職したら、転職するたびに少しずつ環境や条件が良くなっています。

 

ぼくもそうでしたが、現状のつらさや明るい未来のために、転職することはとても良い手段

ただ、転職は成功率100%ではないため、怖くなってしまうのもまた事実です。

 

「仕事がつらい。今の環境を変えたい」

「もっと自分に合う会社で活き活きと働きたい!」

と思っても、

「転職して失敗したらどうしよう。。」

と不安になって、動けない気持ちになるのはよくわかります。

 

本記事では、

「転職したいけど、怖いし不安。。」

という方へ、業界を変えながら3回転職したぼくの経験から、失敗しない転職の方法について書きました。

 

先に結論から言うと、転職で失敗しない方法は、次の5つのことを実行することです。

  1. 会社の情報収集をする
  2. 良い転職サイト・良い転職エージェントを選ぶ
  3. 自分に合う会社を探す
  4. ホワイト企業に入る
  5. 手に職をつける

初めて転職をする方も、転職するのが怖くて動けない方も、転職で失敗しないためにどうやったらいいのかがわかります。

では、さっそく見ていきましょう。

 

転職が怖いと不安になる・動けない理由

転職が怖くて不安

 

そもそも、転職が怖くて不安になる理由はなんでしょうか?

ぼく自身も、転職を考えていた周りの同僚も、怖くて動けないと言っていた理由は以下のようなものでした。

転職が怖くて動けない理由
  • そもそも転職がうまくいくのか不安
  • 第二新卒で転職するのが不安
  • 転職して1~2年しか経ってない
  • 既婚者だからチャレンジが怖い
  • 失敗したら無職になってしまう
  • ちゃんとやっていけるのか不安
  • 人間関係がうまくいくのか不安
  • 給料が下がるかもしれない
  • 労働環境が今よりも悪くなるかも

 

新しい環境に行ったら今の環境とは変わるので、

「今よりも悪くなったらどうしよう。。」

「転職に失敗したら無職になってしまう。。」

と不安に。

 

そのため、転職が怖いと思っていました。

本記事を読んでいただいている方も、当てはまるところがあるのではないでしょうか。

ここからは、転職が怖い・不安だという具体例の紹介をしていきます。

 

具体例①転職がうまくいくのか不安

転職が怖くて踏み出せない

転職が怖いと不安になる例として、そもそも転職がうまくいくのか不安というものがあります。

実際、転職では選考で落とされることも多く、体力的にも精神的にも、疲れてしまう時があるからです。

 

就活生の悲痛な声が聞こえるお祈りメールは、転職する時も起こります。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身、転職ではたくさん応募して、たくさん落とされました。。

書類通過できずに落とされることもありましたし、面接まで進んだのにNGくらってしまったこともありました。

 

転職でお見送りの連絡が続く事例を見ると、

「本当に転職できるのか?自分は他の会社に必要とされているのか??」

と不安になりますよね。

特に、初めての転職だと、自分だとうまくいくのか全くわからないため、マイナスのことを考えてしまって怖くなってしまうのは当然です。

 

そんな時に前向きに切り替えるため、ぼくは以下の方法を取りました。

  1. 別のことをする
  2. 転職エージェントに相談
  3. 転職は相性なのだと考え方を変える
ポチのすけ
ポチのすけ
転職がうまくいくのか怖くて不安になった時も、切り替える方法はあるので大丈夫です!

 

詳しくは以下の記事で解説しています。

転職活動で疲れた時の切り替え方の詳細記事はこちら

転職活動で疲れた20代の方が気持ちを切り替えるためにやるべき3つのこと【体験談を紹介】20代の転職活動で疲れたままだと体力的にもきついですし、それ以上に精神的に不安を感じるのできついです。 本記事では、転職活動で疲れた時に、気持ちを切り替える方法3つを体験談からお伝えします。 是非、ご覧ください。...

 

第二新卒で転職するのが不安という場合もあります。

今の会社に疑問や不満があって、第二新卒で転職する場合、

「第二新卒はやばい!やめとけ!!」

「3年も働かずに転職とか、甘えるな!」

というマイナス面を言われることが多いので、不安になりますよね。

 

確かに、第二新卒の方は、企業側から以下のようなマイナス評価をされるので、

  • いらない
  • 使えない

と言われることがあります。

第二新卒でマイナス評価をされる方の特徴

 

  1. 周りのせいにする他責思考
  2. 失敗から学んでない
  3. チャレンジしてない
  4. プライドが高くて素直じゃない
  5. 行動が伴ってない
  6. 転職理由がネガティブ
  7. 基礎スキルがなくて新卒以下

 

ただ、第二新卒で転職すること自体は甘えではありません。

なぜなら、現状維持を良しとせず、若い時の1年を無駄にしない行動だからです。

さらに、第二新卒には若さと将来性という大きな武器があるので、欲しがる企業はたくさんあります。

なので、以下のマイナス評価を覆すような方法を取ることで、転職を成功させましょう。

  1. チャレンジ精神を持って行動に移す
  2. 失敗から学べる自責思考
  3. 素直さをもって周りの意見を取り入れる
  4. 転職理由の伝え方を学ぶ
  5. 基礎スキルがなくても受け入れてくれる企業を探す

 

詳しくは、以下の記事で解説しています。

第二新卒はいらない・使えないと言われる7つの理由と対処法の詳細記事はこちら

【心配無用】第二新卒はいらない・使えないと言われる7つの理由を反面教師にして対処しよう
【心配無用】第二新卒はいらない・使えないと言われる7つの理由を反面教師にして対処しよう第二新卒の方は企業側から「いらない」とか、「使えない」って思われてるんじゃないか?第二新卒は、ちゃんと転職できるの?というお悩みについて、解説しています。 本記事では、第二新卒にマイナス評価をされる理由や覆す方法、転職を成功させる方法についても書いています。...

 

なお、第二新卒だからと言って、転職自体が甘いわけじゃないです。

甘い考えだと第二新卒の転職が失敗する理由は以下の5つ。

  1. そもそも転職は甘くはない
  2. 人手が足りている業界を志望している
  3. 転職理由に説得力がない
  4. 基礎スキルがない
  5. 業界選択をミスると年収アップできない

 

なので、第二新卒で転職する時に失敗しないように、以下の2つの方法を取りましょう。

第二新卒の転職で失敗しない方法
  1. 転職エージェントをフル活用して良い企業を探す
  2. 志望動機や転職理由などの面接対策をしっかりする

 

詳しくは、以下の記事で解説しています。

第二新卒で転職するのは甘いのか?挑戦した方がいい理由についての詳細記事はこちら

【挑戦するべき】第二新卒は甘い?むしろ現状維持をする方が甘えなので転職してOK
【挑戦するべき】第二新卒は甘い?むしろ現状維持をする方が甘えなので転職してOK「第二新卒で転職するのは考えが甘い?」「第二新卒なら転職なんて簡単だと考えるのは甘い?」というお悩みについて、現状維持せずに挑戦した方がいい理由と、具体的な転職の方法について解説しています。...

 

また、第二新卒と新卒では、以下のような違いがあります。

  1. 社会人のマナーはわかってる前提になってる
  2. 同期がいない可能性がある
  3. 社風の違いに戸惑う
  4. どうしても新卒入社の会社と比較してしまう

ただ、だからと言って何も考えずに新卒入社した会社を無条件で3年続けると、若い時の超貴重な時間を失います。

ぼく自身、第二新卒で転職した経験がありますが、以下のようにメリットが大きいので、普通に転職できます。

第二新卒の転職のメリット

 

  1. 若くて将来性がある
  2. 前向きな意欲
  3. 内定までが早い

詳しくは、以下の記事で解説しています。

やばいからやめとけ!と言われる第二新卒で転職して問題ない理由の詳細記事はこちら

【実はチャンス】第二新卒だとやばいからやめとけって本当?経験したけどメリットだらけ
【実はチャンス】第二新卒だとやばいからやめとけって本当?経験したけどメリットだらけ「第二新卒はやばい!やめとけ!!」というマイナス面を言われることが多いです。 本記事では、第二新卒で転職に成功したぼくの経験から、第二新卒で転職するメリットや新卒との違いに、第二新卒で転職する方法について解説しています。...

 

また、

  • 転職して1~2年しか経っていない
  • だけど、どうしても転職先でうまくいかない

という時、転職後2年でまた転職する場合があります。

ただ、

「さすがに早すぎるかも。。」

「うまくいくのか心配。。」

と不安になるものです。

 

ぼく自身、転職して2年でまた転職していますが、実際は転職後2年で退職しても全く問題ありません。

世の中には、転職後2年で退職しても問題ない会社というのもありますし、時間は有限。

転職を繰り返さないように、以下の4つを気を付ければOKです。

  1. 自分の希望条件を明確にする
  2. 自分に合う会社を徹底的に探す
  3. 転職理由をロジカルに説明できるようにする
  4. 志望動機を転職理由とつなげて話す

 

詳しくは、以下の記事で解説しています。

転職後2年で退職しても問題ない理由と次の仕事を長く続けるための方法の詳細記事はこちら

【辞めていい】転職後2年で退職してOK?次の仕事を長く続けるための方法を紹介
【辞めていい】転職後2年で退職してOK?次の仕事を長く続けるための方法を紹介「転職後2年で退職したら、さすがに早すぎる?うまくいくの?」とお悩みの方に、 転職後2年でまた転職しても問題ない理由や、退職していい会社の特徴、気を付けること、転職がうまくいく方法について、解説しています。...

 

具体例②結婚後に転職

結婚後の転職は不安

転職が怖いと不安になる例として、結婚後に転職するケースがあります。

結婚後は自分一人の人生ではなくなるため、不安はより大きくなるもの。

ぼく自身、3回の転職のうち結婚後に2回転職しているため、不安も大きかったです。

 

ただ、結婚後に転職した経験からわかったメリットは以下の4つ。

  1. 心が壊れるくらいのつらさから解放される
  2. 夫婦で一致団結できる
  3. 良い会社にいければ生活スタイルが良くなる
  4. 主体性を持てるのでスキルアップしやすい

 

ポチのすけ
ポチのすけ
もちろん、夫婦できちんと話し合って納得しあうのは必須です。

結婚後の転職体験談や、メリットデメリットについては以下の記事で詳しく紹介しています。

結婚後の転職のメリット・デメリットの詳細記事はこちら

既婚者の転職は不利なのか?結婚後に2回職場を変えたぼくの体験からメリット・デメリットをお伝えします
既婚者の転職は不利なのか?結婚後に2回職場を変えたぼくの体験からメリット・デメリットをお伝えします結婚後の転職が不安。。既婚者の転職は不利?とお悩みの方に、結婚後に2回転職したぼくの体験談を紹介しています。 メリット・デメリット・結婚後の転職を成功させる方法についてご紹介します。 是非、ご覧ください。...

 

具体例③無職になってしまう

無職だと不安と絶望が襲ってくる

転職が怖いと不安になる例として、無職になってしまうケースがあります。

まず会社を辞めたのに、転職できないとただ職を失うだけになりますからね。

 

ただ、どうしても仕事がつらくて、まずは辞めることで無職になってしまうことってあるものです。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくもブラック企業に勤めていた時に転職しようとしましたが、なかなかうまくいかなかったので、まず会社を辞める決断をしましたし。

 

とはいえ、まず会社を辞めて無職になった時、今後のことを考えれば考えるほど不安と絶望が襲ってくるもの。

実際に無職から転職しようとすると、無職の期間や空白の期間があることで、転職の難易度が上がるのは事実ですし。

無職の期間や空白の期間があると、働く意欲の部分も見られてしまうからですね。

 

仮に無職になって不安と絶望が襲ってくるような時も、解決する方法はあります。

解決策は、以下の2つ。

  1. 職歴なしや無職の方向けの就職支援サービスを使う
  2. 手に職をつける

詳しくは、以下の記事で解説しています。

無職で不安と絶望が襲ってくる理由と解決策の詳細記事はこちら

無職だと不安と絶望が襲ってくる4つの理由と解決策を紹介【即行動するのが大事】
無職だと不安と絶望が襲ってくる4つの理由と解決策を紹介【即行動するのが大事】無職だと、今後のことを考えれば考えるほど不安と絶望が襲ってきてしまいます。 本記事では、無職だと不安と絶望が襲ってくる4つの理由と解決策について解説します。 是非、ご覧ください。...

 

また、どうしてもひきこもり・ニートなどになっていて、履歴書に無職の期間(空白期間)ができてしまった場合でも、プラスの印象を与えられるうまい伝え方はあります。

プラスの印象を与えられるうまい伝え方は以下の5つ。

  1. アルバイトをしていた
  2. 資格取得のために勉強していた
  3. 親の介護をしていた
  4. 色々な経験をするために長期で旅行に行っていた
  5. やりたいことや興味があることについて考えていた

 

ひきこもり・ニートなどで履歴書に無職の期間(空白期間)がある時に、プラスの印象を与えられるうまい伝え方は、以下の記事で詳しく紹介しています。

引きこもり・ニートにより履歴書に空白期間がある時の伝え方の詳細記事はこちら

履歴書に空白期間があるひきこもり・ニートでもプラスの印象を与える伝え方を紹介
履歴書に空白期間があるひきこもり・ニートでもプラスの印象を与える伝え方を紹介履歴書に空白期間があるひきこもりの人・ニートの人の、履歴書の書き方と、面接でプラスの印象を与えられる伝え方をご紹介しています。引きこもり・ニートから就職・転職する具体的な方法も解説しています。 困っている方は是非ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

転職が怖いと不安でも現状維持しない方がいい理由

転職が怖いと不安でも現状維持しない方がいい

 

怖くて不安になってしまう転職ですが、それでも現状維持せずに転職に向けて動いた方が絶対に良いです。

理由は以下の3つ。

  1. 現状維持で今の環境が劇的に変わることを期待するのはギャンブル
  2. 転職で環境を変えることで、しがらみを断ち切れる
  3. 年齢が1歳でも若い方が内定をもらいやすい

では、見ていきましょう。

 

理由①現状維持で今の環境が劇的に変わることを期待するのはギャンブル

現状維持で今の環境が劇的に変わることを期待するのはギャンブル

現職に不満がある場合、今の環境が劇的に変わるのを待つのはギャンブルです。

しかも、負ける確率が極めて高いギャンブル。。

 

会社は組織なので、自分一人では環境を劇的に変えるのは難しく、変える場合も時間がかかります。

むしろ、永久に環境が変わらない可能性も。。

なので、

  • 環境を変えようと待ってみる
  • 環境を変えようと自分で動く

ことをしても、いたずらに時間だけ浪費してしまい、気づいた時には手遅れになるくらい歳をとってしまうこともあります。

 

なので、現職の環境を変えるよりも、転職して自分から環境が違うところに行く方が手っ取り早いのです。

もちろん、

「転職で環境が変わることを期待するのも、同じようにギャンブルだ!」

と言う方もいるかもしれません。

確かに、ぼくも最初の転職では、環境を変えるのは良くなるのか悪くなるのかわからなかったため、とても悩んだ部分でした。

 

ただ、3回転職した経験から言うと、

  • 転職を重ねていくうちに、転職をギャンブルにしないやり方がわかってきた
  • 転職する際、年齢が1歳でも若い方が内定をもらいやすい

という部分があるので、あまり悠長に過ごしている時間はないのが現実です。

そのため、今の環境が変わることを期待して現状維持するのは、時間の浪費につながるギャンブルなのでおすすめできません。

 

理由②転職で環境を変えることで、しがらみを断ち切れる

環境を変えることで、しがらみを断ち切れる

現状維持せずに転職して環境を変えることで、色んなしがらみから一度リセットできます。

転職のきっかけは、多くの人にとって現職への不満からくるものです。

その不満を解消できる手段として転職があり、転職によって色んなしがらみを一度リセットして断ち切ることができるので、すっきりした状態でリスタート可能に。

 

人間関係や労働環境などのしがらみは、思いのほか自分を束縛します。

これはなかなか簡単に変わらないもので、ぼくの場合、転職してようやくリセットされました。

現状維持でそのまま残っていたら、ずっとしがらみで動けない状態だったのは間違いありません。

 

転職が怖い理由として、人間関係がうまくいくのか不安というものがあります。

確かに、どこの職場でも人間関係が100%安心ということはありません。

ただ、面接官の発言などからある程度見極めることも可能ですし、ぼくの経験上、現状維持よりも転職して環境をリセットした方が良くなる可能性が高いです。

 

面接官の発言から、自分との相性を確認する方法については、以下の記事で詳しく紹介しています。

会社との相性を確認する方法の詳細記事はこちら

面接時のやばい会社やブラック企業の見分け方は面接官の言動!【3回転職した経験から解説】
面接時のやばい会社やブラック企業の見分け方は面接官の言動!【3回転職した経験から解説】ブラック企業などのやばい会社に、転職した後で気付くのでは遅いです。本記事では、面接時にブラック企業などのやばい会社の見分け方について、ぼくの3回の転職経験からご紹介します。...

 

理由③年齢が1歳でも若い方が内定をもらいやすい

若手を欲しがる

現状維持せずに、転職するのが良い理由として、年齢が1歳でも若い方が内定をもらいやすいという時間的な問題もあります。

企業は、若い人材を求めていることがほとんど。

  • 考え方が凝り固まっていない
  • 柔軟性がある
  • 今後の伸びしろがある

という人材は、年齢が高い人よりも若い人だという認識が企業の中にあるからですね。

 

本記事を読んでいるあなたが、

  • 特別なスキルを持っている
  • 圧倒的な実績がある

のであれば話は別ですが、多くの場合、能力が同じ人が二人いたら選ばれるのは年齢が若い人。

 

転職が怖くて現状維持してしまうと、その分転職時の年齢が上がってしまうので、それだけで難易度が上がってしまいます。

例えば、今は転職するのが怖いということで、悩んだ結果、転職活動を始めたのが3年後だと、3年前よりも転職の難易度は上がります。

また、世の中の流れが早い現在は、3歳の差どころか1歳でも若い方が有利になる傾向も。

よく、会社をこのまま続けていてもいいのかと疑問をもった時、「石の上にも三年」と言われることがあります。

しかし、仕事で石の上にも三年と真に受けて継続するのは、以下の理由により危険

  1. モチベーションが低い仕事ではスキルが上がらない
  2. 若い時の1年は超貴重
  3. 転職にはタイミングがある

 

転職するべきか迷う方もいますが、以下のような仕事であれば3年も続けるのは時間の無駄なので、ぐに転職してOK

  • つまらない仕事
  • やりたくない仕事
  • 成長している実感がない仕事
  • 得意ではない仕事
  • ブラック企業での仕事

詳しくは、以下の記事で解説しています。

仕事で石の上にも三年を真に受けて継続するのが危険な3つの理由の詳細記事はこちら

【悲報】仕事で石の上にも三年は自分に合う会社だけ。真に受けて継続するのが危険な3つの理由
【悲報】仕事で石の上にも三年は自分に合う会社だけ。真に受けて継続するのが危険な3つの理由会社や仕事に対して、このまま続けていてもいいのかと疑問をもった時、「仕事は石の上にも三年」という意見と、「転職は早い方がいい」という意見はどっちが正解なのか?というお悩みについて、3回の転職が全て3年未満の在籍期間である経験から解説していきます。...

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくは、1歳の年の差でお見送りになったことがあります。。

26歳よりも25歳の方が有利ですし、31歳よりも30歳の方が転職に有利です。

 

なので、

「転職が怖い。。」

と悩む気持ちはすごくわかるのですが、悩んで時間ばかり過ぎてしまうと、自分の今後の人生がもっと怖くなってしまうことも。

そうならないように、これから紹介する失敗しない転職の方法を読んでいただき、まずは一歩を踏み出してほしいです。

 

スポンサーリンク

転職が怖い時に失敗しない方法

転職で失敗しない方法

「転職が怖い。。」

と不安な方が、転職で失敗しない方法として、以下の5つのことを意識して行動しましょう。

  1. 会社の情報収集をする
  2. 良い転職サイト・良い転職エージェントを選ぶ
  3. 自分に合う会社を探す
  4. ホワイト企業に入る
  5. 手に職をつける

 

それでは、一つずつ見ていきましょう。

 

方法①会社の情報収集をする

会社の情報収集をする

転職で失敗しないために、最も大切なのは、会社の情報収集をきちんとすることです。

転職する際は、転職サイトと転職エージェントを併用して、口コミを見ながら判断するのが鉄板だからです。

 

転職では、まずは転職サイトや転職エージェントをうまく活用して、情報収集をしていきましょう。

転職サイトを使う場合

・・・自分で、きちんとスクリーニングをかけて、ゆずれない条件に合わない企業は選択肢から外すようにしていきます。

 

転職エージェントを使う場合

・・・エージェントとの面談の中で自分の希望を伝えて、ゆずれない条件に合わない企業は最初から外してもらうように伝えます。

 

求人情報を探す際は、嘘求人を見抜くようにしましょう。

例えば、営業なのにノルマがない求人もあります。

 

営業のノルマは大変なので、ノルマなしの求人が魅力的に見えるのは確か。

ただ、営業でノルマなしという求人は100%嘘です。

営業でノルマなしという仕事はこの世にありません。

理由は以下の通り。

  1. ノルマがない営業は存在価値がない
  2. ノルマがほかの言葉に置き換えられているだけ
  3. そもそもどんな仕事でもノルマはある

 

営業でノルマがない仕事はこの世にありませんが、ノルマがゆるい仕事はあります。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

営業でノルマなしの嘘求人に騙されずに済む方法についての詳細記事はこちら

営業でノルマなしなんてあり得ない!嘘求人に騙されずに済む方法を転職3回の現役営業マンが解説
営業でノルマなしなんてあり得ない!嘘求人に騙されずに済む方法を転職3回の現役営業マンが解説営業のノルマは大変なので、ノルマなしの求人が魅力的に見えるのは確か。 ただ、営業でノルマなしの求人は100%嘘です。 本記事では、営業のノルマなしの求人が嘘である理由と、ノルマがゆるい会社についてご紹介しています。...

 

合わせて、絶対にやるべきなのが、口コミによる確認。

求人情報や企業のホームページの情報だけでは、会社の事業内容はわかってもどんな会社なのか、内情はわかりません。

「こんなはずじゃなかった・・・」

「想像した仕事内容と違う。。」

といったミスマッチを起こす人は多いです。

 

また、口コミを見ると、通常は見つかりにくい隠れ優良企業も探しやすくなります。

隠れ優良企業は、求人票での伝え方が下手なので、口コミで確認しないと見落としてしまうことも。。

転職を3回経験した立場から言うと、会社とのミスマッチ隠れ優良企業の見落としは、情報収集不足によって起こります。

ポチのすけ
ポチのすけ
初めての転職をしていた過去の自分に、口コミは必ず見ろ!と言いたい。。

 

口コミは基本すべて正しいと言っていいです。

ぼくは実際に4社を経験していますが、口コミの内容はすべて当たっており、ウソの内容は一つもありませんでした。

なので、良い内容悪い内容が書かれていたら、それは事実だと考えてください。

完璧な会社はありませんが、

  • 良いところ
  • 悪いところ

を事前に把握するのは超重要なため、必ず口コミを確認しましょう。

 

口コミを使った会社の探し方のポイントや、おすすめ口コミサイトについては、以下の記事でも詳しく紹介しています。

口コミを使った会社の探し方の詳細記事はこちら

【評判は本物】いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!
【評判は本物】いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!転職で今より悪い会社に入ってしまわないように、いい会社と悪い会社を見極める方法について紹介しています。 特に口コミの利用は、悪い評判の会社を見極めるのに必須!実際にぼくが使っていた口コミサイトもご紹介しています。是非、ご覧ください。...

 

また、隠れ優良企業は、口コミの確認以外に、複数の転職エージェントを使うと探しやすくなります。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

隠れ優良企業の探し方の詳細記事はこちら

【裏技】隠れ優良企業なんてどこにある?隠れてない??探し方は存在します
【裏技】隠れ優良企業なんてどこにある?隠れてない??探し方は存在します「隠れ優良企業なんて隠れてない!」「そもそもそんないい会社なんてあるの?」「隠れ優良企業の探し方が知りたい」とお悩みの方に、隠れ優良企業で働くぼくが、隠れ優良企業の探し方について解説しています。 倍率が低くて良い会社に転職したい方は、是非ご覧ください。...

 

方法②良い転職サイト・良い転職エージェントを選ぶ

良い転職サイト・良い転職エージェントを選ぶ

転職で失敗しないための方法として、転職サイト転職エージェントの選び方は大切です。

転職サイトと転職エージェントの違いをざっくり説明すると、以下になります。

 

  • 転職サイトは登録して自分で企業に応募するところ。転職サイトによっては、自分の長所を診断できるサービスもある。
  • 転職エージェントは、エージェントから紹介してもらった企業にエージェント経由で応募するところ。

そのため、転職サイト・転職エージェントの両方を使い分けしながら進めるのがベストです。

おすすめの転職の進め方

 

  • 転職サイトを使って求人検索 ⇒ 良いと思った企業を転職エージェント経由で応募
  • 転職エージェントから紹介してもらう ⇒ 良いと思った企業を転職エージェントの依頼して応募

 

とはいえ、転職サイト・転職エージェントによって、

  • 求人の量や質
  • 書類の通過率
  • 自分に寄り添ってくれるか
  • うざい・むかつく対応をしない転職エージェントかどうか
  • 見捨てずに丁寧に対応してくれるかどうか
  • 信用できる転職エージェントかどうか

が違います。

特に、転職エージェントによっては、以下のような偉そうな、むかつく転職エージェントもいるので、選び方には注意が必要。

  1. 超上から目線で偉そうな態度
  2. 親身に相談に乗ってくれない
  3. 連絡がつながらない
  4. 内定すると転職決定をあおる
  5. 役に立たない

 

偉そうな、むかつく転職エージェントは自分の保身ばかりでクソすぎるので、めちゃくちゃイライラするのは確かですが、それでもフル活用するのがおすすめ。

なぜなら、偉そうなヤツがいたとしても、転職エージェントのサービス自体には、転職をする場合に最も利用価値があるからです。

転職エージェントの利用価値

 

  1. 転職サイトにはない求人がある
  2. 企業と交渉できる
  3. 転職エージェントが親身にアドバイスしてくれる
  4. 不採用になった場合の本当の理由がわかる

 

また、転職エージェントは無料で以下のようなメリットを受けられるので、使わない手はありません。

転職エージェントを使うメリット

 

  • 今の会社以外に選択肢があると知ることができる
  • ブラック企業で苦しむ方の話をちゃんと聞いてくれる
  • 企業が出している求人情報や背景について情報をもらうことができるので、求人倍率の予測がつく
  • 自分の能力とかみ合うのか、企業とのマッチングでミスがないのか客観的な意見をもらえる
  • 転職希望者を企業に推薦してくれるので、転職の成功率が上がる

 

転職エージェントを使うと、どんな会社があるのか自分で調べる手間を省くこともできますし、ぼくの経験上、転職エージェントを経由した方が書類の通過率も高いです。

詳しくは以下の記事でも解説しています。

転職エージェントが偉そうな態度でも転職時には利用した方がいい4つの価値の詳細記事はこちら

偉そうにしている転職エージェントに腹が立つ!それでも転職時に利用した方がいい4つの価値
偉そうにしている転職エージェントに腹が立つ!それでも転職時に利用した方がいい4つの価値偉そうな転職エージェントは自分の保身ばかりでクソすぎますよね。本記事では、「転職エージェントが偉そうなのはなぜか?」「偉そうな転職エージェントに当たってしまって腹が立つ。。」「偉そうな転職エージェントに支援してもらいたくない!」とお悩みについて、転職を3回したぼくの経験から解説しています。...

 

なお、むかつく・うざい転職エージェントに当たってしまったら、即チェンジしてOK。

以下のやり方で、良い転職エージェントを徹底的に使い倒して転職に活かしましょう!

転職エージェントを使い倒す方法

 

  1. 年収や残業時間などを遠慮せずに意思をしっかり伝える
  2. 求人の前提条件を付けてあおらせない
  3. 紹介案件以外も探す
  4. 応募する時は転職エージェントから後押しさせる
  5. わからないことは聞きまくる
  6. 不採用の理由を聞いて次に活かす

詳しくは、以下の記事で解説しています。

むかつく転職エージェントがいても使い倒す6つの方法の詳細記事はこちら

転職エージェントがむかつく!うざい!!そんな彼らを使い倒す6つの方法を一挙紹介
転職エージェントがむかつく!うざい!!そんな彼らを使い倒す6つの方法を一挙紹介「転職エージェントはなぜここまでむかつくのか?」「うざい転職エージェントにストレスを感じるぐらいなら、使わなくてよいのか?」というお悩みへの解決方法について解説しています。本記事では、うざい・むかつく転職エージェントを使い倒す方法についてもわかります。...

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ。

1社の転職エージェントだけだと、

  • 求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になる
  • 転職エージェントから見捨てられてしまう可能性がある
  • 信用できない転職エージェントに当たってしまう可能性がある

からです。

特に、転職エージェントから見捨てられてしまうと、

  • メールなどのレスポンスが遅い
  • 求人を紹介してくれない
  • 連絡が来ない

という形で放置されてしまうことに。。

 

なので、以下の6つの方法を取ることで、転職エージェントに見捨てられないようにしてフル活用しましょう。

  1. すぐに転職したいと意欲をアピール
  2. もっと求人紹介してくれと依頼する
  3. 良い企業があったらダメ元でも応募する
  4. 連絡に早く反応する
  5. 登録情報を更新する
  6. 複数の転職エージェントを使う

また、もし転職エージェントに見捨てられてしまった時は、他の転職エージェントを利用すればOK。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

転職エージェントに見捨てられない方法とポイ捨てされてしまった時の解決方法の詳細記事はこちら

市場価値が低いと転職エージェントに見捨てられる?ポイ捨てされてしまった時の解決方法も紹介
市場価値が低いと転職エージェントに見捨てられる?ポイ捨てされてしまった時の解決方法も紹介転職エージェントから見捨てられてしまっていると、本当に転職できるのか不安に感じるもの。 本記事では、転職エージェントに見捨てられてしまう原因、転職エージェントに見捨てられない方法、転職エージェントに見捨てられてしまった時の対処法について解説しています。...

 

なお、信用できない転職エージェントと一緒に転職活動をしても、当然ながらうまくいかず、時間だけが過ぎてしまって転職に不利になります。

なので、速やかに複数の転職エージェントを使いつつ、口コミと併用して対処しましょう。

詳しくは以下の記事で紹介しています。

転職エージェントが信用できない時に乗り切る方法の詳細記事はこちら

【迷う必要なし】転職エージェントが信用できない。。そんな時は即チェンジして乗り切るべき!
【迷う必要なし】転職エージェントが信用できない。。そんな時は即チェンジして乗り切るべき!信用していたはずの転職エージェントが信用できないと、本当に転職できるのか不安に感じるもの。ぼく自身も3回の転職の中で経験しました。 本記事では、転職エージェントに不信感を感じた時に、ぼくが実践していた具体的な対処法について紹介しています。...

 

転職サイト・転職エージェント選びは本当に大事です。

 

ひどい転職エージェントだと、

「給料を払わない会社でなければブラック企業じゃない」

と言ってくるところも。。

また、『市場価値が低い』ということで、転職希望者を見捨てる転職エージェントもいます。

 

転職3回を経験したぼくが、使って本当に良かった転職サイトと転職エージェントについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

転職を決意したら、貴重な時間を失う前に、すぐに行動に移しましょう!

 

おすすめ転職サイトの詳細記事はこちら

【仕事は色々ある】20代後半で何がしたいかわからない人が取るべきたった2つのこと
【仕事は色々ある】20代後半で何がしたいかわからない人が取るべきたった2つのこと20代後半で今の仕事を辞めようと思っても、「何がしたいのかわからない。。」と迷ってしまうことは誰でもあります。 本記事では、何がしたいかわからない人が取るべき方法について、自身の体験から具体的に解説しています。...

 

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介
環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介今の仕事から環境を変えたい!場合、転職は有効な手段です。 本記事では、転職で環境を変えるのが有効な理由と、転職の不安を解消する方法、ぼくの3回の転職経験で使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントについて、具体的なエピソードを交えて紹介しています。 ぜひご覧ください。...

 

中小企業に強い転職エージェントの詳細記事はこちら

中小企業に行きたくない・向いていないと選択肢を狭めるのはもったいない!【良い会社の探し方を紹介】
中小企業に行きたくない・向いていないと選択肢を狭めるのはもったいない!【良い会社の探し方を紹介】転職する時、「できれば中小企業には行きたくない」と考えることは多いです。 本記事では、そのように思っている方に、大企業も中小企業も経験したぼくが、中小企業を選択肢に入れた方が良い理由や良い中小企業を探すためのポイントをご紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

dodaのエージェントの評判や体験談の詳細記事はこちら

【これが真実】dodaのエージェントはひどい?実際に2回も使ったぼくの体験談
【これが真実】dodaのエージェントはひどい?実際に2回も使ったぼくの体験談「dodaのエージェントはひどい?」「dodaの利用は辞めた方がいい?」というお悩みについて、転職3回中、2回目と3回目でdodaを使ったぼくの経験から解説していきます。 ネットの評判から、良いところも悪いところもわかるので、dodaのエージェントを使うべきか悩んでいる人は、是非ご覧ください。...

 

ちなみに、ITエンジニア(システムエンジニア・プログラマー含む)の方は、以下の記事でおすすめ転職エージェントを紹介しています。

システムエンジニアの給料を上げる方法やおすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

システムエンジニアの年収は低いのか?給料を上げるために取るべき方法を解説します
システムエンジニアの年収は低いのか?給料を上げるために取るべき方法を解説します色んな立場のシステムエンジニア(SE)を見てきている立場から、システムエンジニア(SE)の年収は低いのか?今後も低いままなのか?といった悩みについて解説しています。 年収を上げていくための方法についても解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

なお、フリーターやニートの方は転職というより就職になりますが、良い就職支援サービスを使いましょう。

それぞれの年齢や状況別に、以下の記事でおすすめの就職支援サービスを紹介しています。

30代で職歴なしの女性向けの就職するコツと方法についての詳細記事はこちら

30代で職歴なしの女の人が就職するコツをいろんな業界で働いてきた経験から解説【あきらめるのはまだ早い】
30代で職歴なしの女の人が就職するコツをいろんな業界で働いてきた経験から解説【あきらめるのはまだ早い】「30代なのにちょっとしたバイトしかしたことない。。」「30代なのに働いた経験がない。。」 という「職歴なし」の女の人も、就職は可能です。 30代は人生まだまだこれからの年齢なので、あきらめる必要は全くありません。 本記事では30代で職歴なしの女性が就職するためのコツと方法をご紹介します。...

 

28歳で無職(ニート)の男こそ就職に本腰を入れるべき理由と就職する方法の詳細記事はこちら

28歳で無職(ニート)の男こそ就職に本腰を入れるべし!バイトやネットビジネスに逃げない方が良い理由も解説
28歳で無職(ニート)の男こそ就職に本腰を入れるべし!バイトやネットビジネスに逃げない方が良い理由も解説28歳で無職(ニート)の男こそバイトやネットビジネスに逃げずに就職に本腰を入れるべき理由を解説しています。正論かつ王道すぎるかもしれませんが、コロナで環境が激変している今だからこそ、就職の価値が高いです。就職の方法も解説しています。...

 

27歳で職歴なしの大卒・高卒やニートの人が就職するコツと方法についての詳細記事はこちら

27歳で職歴なしニートの大卒(高卒)の方が就職するコツを周りから遅れて社会人になった経験から解説【焦らなくてOK】 (1)
27歳で職歴なしニートの大卒(高卒)の方が就職するコツを周りから遅れて社会人になった経験から解説【焦らなくてOK】『27歳なのにちょっとしたバイトしかしたことない、働いた経験がない。。』という「職歴なし」の大卒・高卒やニートの人も、就職は可能ですし、遅くないです。 本記事では、大卒・高卒27歳で職歴なしの人や27歳でニートの男性・女性は就職できる理由と方法について解説しています。...

 

26歳で職歴なしニートの人(大卒または高卒)が就職するコツと方法についての詳細記事はこちら

26歳で職歴なしニートの男(大卒または高卒)が就職するコツを周りから遅れて社会人になった経験から解説 (1)
26歳で職歴なしニートの男(大卒または高卒)が就職するコツを周りから遅れて社会人になった経験から解説『26歳なのにちょっとしたバイトしかしたことない、働いた経験がない。。』という「職歴なし」「ニート」の大卒や高卒の人も、就職は可能ですし、全然遅くないです。 本記事では、大卒・高卒で職歴なし(ニート)の26歳の人が就職できる理由と方法について解説しています。...

 

25歳で無職の大卒の人が就職できる理由と方法についての詳細記事はこちら

25歳で無職の大卒の人がこれから就職するのは可能?周りから遅れて社会人になって転職もしている経験から解説 (1)
25歳で無職の大卒の人がこれから就職するのは可能?周りから遅れて社会人になって転職もしている経験から解説25歳なのにちょっとしたバイトしかなかったり、まともに働いたことない。という、大卒で「無職(ニート)」の人も、就職は可能です。 本記事では、25歳で無職の大卒の人が就職できる理由と方法について、解説しています。...

 

なお、残念ながら転職エージェントでもミスをすることはあります。

転職エージェントから見ると一つのミスでも、転職者からすると人生をかけた場面でのミスはきついもの。

ぼく自身、転職エージェントのミスを食らった経験があり、その時の対処法は以下の5つでした。

  1. 当事者意識をもって動く
  2. 口コミを確認しておく
  3. 一歩先を読んで対処しておく
  4. 担当のエージェントを替えてもらう
  5. 転職エージェントの会社を替える

 

人間なので、転職エージェントでもミスをすることはあるものだと考えて対処するのも大事です。

詳しくは以下の記事で解説しています。

転職エージェントのミスへの対処法の詳細記事はこちら

転職エージェントのミスへの対処法。一歩先を読む人間になれる!
転職エージェントのミスへの対処法。一歩先を読む人間になれる!転職において転職エージェントは頼れる存在ですが、転職エージェントでもミスをすることがあります。本記事では自分の体験から、ミスが起きた場合の対処法を紹介しています。しっかりと対処することで、一歩先を読む人間に成長することも可能です。ぜひご覧ください。...

 

方法③自分に合う会社を探す

自分に合う会社を探す

転職で失敗しないための方法として、自分に合う会社を探しましょう。

周りの人が、どんなに良い会社だと言っても、あなたに合うかどうかは別問題。

これは良い悪いの問題ではなく、会社との相性の問題だからです。

ぼくも、すべての会社と合うわけではありません。

 

例えば、

  • 残業代の種類
  • 業界

などは、その人の考え方によって、合う・合わないが変わってきます。

また、自分に合う会社を探すには、面接である程度は見極めることが可能。

 

残業代
残業代全額支給の企業はホワイト確定なのか?

残業代は全額支給みなし残業とありますが、一概に全額支給が良くて、みなし残業がやばいというわけではありません。

転職希望者の方の考え方によって、合う・合わないがあります。

まずは自分が

  • 残業代全額支給
  • なし残業

のどちらが合うのか、もしくはどちらでも問題ないのかはっきりさせておくことで、その会社に合うかどうかが判断可能。

 

なので、自分がどちらの残業代なら良いのか、きちんと把握しておきましょう。

詳しくは以下の記事で解説しています。

残業代の違いと残業との向き合い方の詳細記事はこちら

残業代全額支給の企業はホワイト確定?みなし残業だとやばい??残業との向き合い方について解説「残業代全額支給の会社はホワイト企業確定なのか?」「みなし残業の会社はブラック企業でやばいのか?」「結局、残業代の支払いってどっちがいいの?」 というお悩みについて、両方の残業代支給の会社で働いたぼくの経験から解説しています。...

 

ちなみに、みなし残業であっても、決められた時間を超過したら残業代は発生します。

決められた時間を超えても残業代が出ない会社を選んでしまうと、残業代の未払いが発生することも。。

そのような会社を選んでしまうと苦労するので、避けないといけません。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

残業代が出ない会社は辞めるべき?取るべき方法の詳細記事はこちら

残業代が出ない会社は辞めるべき?営業で4社を渡り歩いているぼくの経験則から取るべき方法を紹介
残業代が出ない会社は辞めるべき?営業で4社を渡り歩いているぼくの経験則から取るべき方法を紹介「残業代が出ない会社は辞めるべきなのか?」「残業代が出ない会社に請求する方法はあるのか?」について、残業代が出た会社と出ない会社の両方を経験したぼくの実体験から、取るべき方法と理由についてご紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

なお、みなし残業の会社では、残業が必須ではありません。

そのため、早く帰った方がみなし残業代分がお得。

みなし残業で問題ないと思えた方が、みなし残業の制度を上手く活用する方法については、以下の記事で解説しています。

みなし残業で早く帰るのは大丈夫な理由と残業代分をお得にするための方法の詳細記事はこちら

【実は余裕】みなし残業で早く帰るのは大丈夫?残業代分をお得にするための方法を解説
【実は余裕】みなし残業で早く帰るのは大丈夫?残業代分をお得にするための方法を解説「みなし残業の会社で早く帰るのってあり?」「みなし残業で帰りにくいけど定時で帰るのはOKなの?」とお悩みの方に、早く帰るのが問題ない理由と、早く帰る方法を解説しています。ぼくも実践中なので、是非ご覧ください。...

 

業界を変える転職
転職して働く業界を変える

転職は同じ業界内で考える方が多いですが、自分に合う会社を選ぶ時、今いる業界から変わった方がいい時もあります。

業界自体がブラック企業連合軍だったり、古い慣習が抜けていない場合もあるからです。

業界自体が良くないと、転職して会社が変わっても、大して状況が変わらないことも。。

 

ただ、「業界を変える転職をしよう!」という時、自分が知らない業界に行くため、知識面や給料ダウンの心配がありますよね。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身も、3回の転職中2回は業界を変える転職をしているため、不安は多かったです。

 

ただ、業界を変える転職は以下のようなメリットがあるため、踏み切って転職することでうまくいきました。

  1. 業界特有の環境を変えられる
  2. 働き方がガラッと変わる
  3. 新たな知識が身につく
  4. さまざまな業務手法(営業方法など)が学べる
  5. 給料アップも可能

 

業界を変える転職では、未経験の業界に変わることにより不安になることもあるかもしれませんが、誰もが最初は未経験なので怖がらなくて大丈夫です。

業界を変える転職のメリットについては、以下の記事でぼくの実体験から詳しく書いています。

業界を変える転職の詳細記事はこちら

転職で業界変えるのは不安なあなたに伝えたい実際の体験から得たメリット5つ
転職で業界変えるのは不安なあなたに伝えたい実際の体験から得たメリット5つ転職で業界変えるのは不安が多いと思います。そんなあなたに、3回の転職のうち2回は業界を変える転職したぼくが、実際の体験から得たメリット5つを紹介します。 現状を変えたい方は是非お読みください。...

 

なお、転職で業界を変える時は、納得感のある志望動機が必須。

志望動機の伝え方については、以下の記事で詳しく解説しています。

「志望動機なんてねーよ!」とお困りな方にも役立つ内容になっています。

違う業界に転職する時の志望動機の伝え方の詳細記事はこちら

【具体例あり】志望動機なんてねーよ!と困った時の伝え方を2回も業界を変えたぼくの転職例から解説
【具体例あり】志望動機なんてねーよ!と困った時の伝え方を2回も業界を変えたぼくの転職例から解説面接で志望動機を聞かれるけど、「志望動機なんてねーよ!」「志望動機を聞かれたらなんて答えればいい?」「業界を変える転職の時の志望動機どうする?」とお困りの方へ、面接で志望動機をどのように伝えたらいいのかについて、転職3回の経験から具体例をご紹介します。...

 

面接での会社の見分け方
面接の場で相性を確かめる

会社が自分に合うかどうかは、面接の場でもある程度は判断できるもの。

ぼくは、面接は選んでもらう場所というより、自分が会社を選ぶ場所だと考えているため、面接官の発言は注意深く聞いていました。

 

また、質問タイム(いわゆる逆質問)の時は、かなり突っ込んで聞いていました。

色んなパターンがありますので、以下の記事もぜひ参考にしてみてください。

ブラック企業などのやばい会社を面接時に見極める方法の詳細記事はこちら

面接時のやばい会社やブラック企業の見分け方は面接官の言動!【3回転職した経験から解説】
面接時のやばい会社やブラック企業の見分け方は面接官の言動!【3回転職した経験から解説】ブラック企業などのやばい会社に、転職した後で気付くのでは遅いです。本記事では、面接時にブラック企業などのやばい会社の見分け方について、ぼくの3回の転職経験からご紹介します。...

 

圧迫面接を受けた時の対処法の詳細記事はこちら

【仕返し可能】圧迫面接をされたら帰るべき。ヤバい会社を回避して時間を無駄にしない方法も紹介
【仕返し可能】圧迫面接をされたら帰るべき。ヤバい会社を回避して時間を無駄にしない方法も紹介転職活動や就職活動で、圧迫面接を受けたらマジでむかつきますし、つらいもの。 本記事では、圧迫面接を受けたら帰るべき理由と、圧迫面接を受けた時にやり返す方法、そもそも圧迫面接を受けない方法についてご紹介します。...

 

感じ悪いむかつく面接官に当たった時の対処法についての詳細記事はこちら

【問題なし】感じ悪いむかつく面接官がいる会社は辞退してOK!失礼な態度を取る人を見極めよう
【問題なし】感じ悪いむかつく面接官がいる会社は辞退してOK!失礼な態度を取る人を見極めよう転職や就職での面接で、感じ悪いむかつく面接官に当たってしまうとイライラしますよね。 本記事では、良いと思った会社で感じ悪いむかつく面接官に当たってしまった場合、辞退すべきかどうかについて、3回転職したぼく自身の経験をもとにご紹介します。...

 

最終面接・一次面接で逆質問するべき内容の詳細記事はこちら

最終面接で逆質問しない・特にありませんは落ちることはないけどもったいない【会社との相性を確認しよう】
最終面接で逆質問しない・特にありませんは落ちることはないけどもったいない【会社との相性を確認しよう】最終面接で「何か質問ありますか?」と言われた時に逆質問しないと落ちる可能性があるのか?について、ぼく自身の転職3回の経験から解説していきます。 本記事では、会社との相性を確認するためにも、逆質問をどのように回答したらいいのかを解説しています。...

 

方法④ホワイト企業に入る

ホワイト企業に入る

転職で失敗しないための方法として、ホワイト企業に入りましょう。

ホワイト企業は、総じて働きやすく、スキルアップもしやすい良い会社です。

働きやすい環境でコツコツとスキルアップすることで、万が一の時にも自分の身を守れる価値ある人材になることも可能。

 

ホワイト企業は意外と知られていない会社も多いため、自分ひとりで探し出すのは不可能です。

ポチのすけ
ポチのすけ
自社のアピールが下手な、隠れ優良企業も世の中には多いですからね。

さきほどおすすめした、転職サイト転職エージェント口コミによる確認をうまく使って探し出しましょう!

隠れ優良企業の探し方については、以下の記事で紹介しています。

隠れ優良企業の探し方の詳細記事はこちら

【裏技】隠れ優良企業なんてどこにある?隠れてない??探し方は存在します
【裏技】隠れ優良企業なんてどこにある?隠れてない??探し方は存在します「隠れ優良企業なんて隠れてない!」「そもそもそんないい会社なんてあるの?」「隠れ優良企業の探し方が知りたい」とお悩みの方に、隠れ優良企業で働くぼくが、隠れ優良企業の探し方について解説しています。 倍率が低くて良い会社に転職したい方は、是非ご覧ください。...

 

また、ホワイト企業に入ってみてわかったメリット・デメリットと、ブラック企業との比較について、以下の記事でまとめています。

読んだいただくと、ホワイト企業に入るとどれだけいいのかイメージがつきます。

ホワイト企業のメリット・デメリットの詳細記事はこちら

ホワイト企業のデメリットとは?実際に働いて分かったメリットだけではない部分を紹介
ホワイト企業のデメリットとは?実際に働いて分かったメリットだけではない部分を紹介ホワイト企業にもデメリットがあるため、内容と対策について実際に働いた経験からご紹介しています。 是非ご覧ください。...

 

ホワイト企業とブラック企業の違いの詳細記事はこちら

【ここで見極める!】ブラック企業とホワイト企業の違いを両方経験した営業マンが徹底比較
【ここで見極める!】ブラック企業とホワイト企業の違いを両方経験した営業マンが徹底比較ブラック企業で2社、ホワイト企業でも2社と、両方経験した立場から、それぞれの違いについて比較形式でわかりやすく紹介しています。 会社選びで失敗しないためにも、ブラック企業もホワイト企業の違いを理解するのは大事。是非、ご覧ください。...

 

方法⑤手に職をつける

手に職をつける

転職で失敗しないための方法として、手に職をつけるという手段もあります。

 

世の中の流れが早く、先が読みにくい今の時代。

簡単になくならない仕事を極める、手に職の仕事が注目を集めています。

手に職をつけることで、不確実な時代を生き抜くためのスキルを手に入れられるからですね。

 

手に職の仕事を選ぶ目安
手に職の仕事を選ぶ目安について

手に職をつける仕事をしたい場合、

  • 興味があるのか
  • 伸びていく業界かどうか

をきちんと見極めてからその道へ進みましょう。

手に職をつける際のメリット・デメリットと合わせて、以下の記事で詳しく解説しています。

手に職をつける目安についての詳細記事はこちら

【知ることが大事】手に職をつけるメリット・デメリットについて。おすすめの仕事も紹介
【知ることが大事】手に職をつけるメリット・デメリットについて。おすすめの仕事も紹介今の時代、手に職をつけるとはどういうことなのか、実際のメリット・デメリットはどうなのかについて書いています。 手に職をつける際に、どう選んだらいいのかと、おすすめの手に職の仕事も紹介しています。 ぜひご覧ください。...

 

手に職をつけるための方法
手に職を選ぶ方法

また、手に職をつけるための方法を誤ると、いつまでも手に職をつけることができなくなりますので注意しましょう。

学習するだけでなく、実際に働きながらスキルアップすることも大切です。

詳しくはこちらから。

手に職をつける方法の詳細記事はこちら

手に職をつけるための方法は2つ。 学習と職場の紹介をもらうこと
手に職をつけるための方法は2つ。学習と職場の紹介をもらうこと手に職をつけるための2つの方法について解説しています。 学習すること、働ける職場の紹介をしてもらうことが必要になります。手に職をつけるための具体例も紹介しています。 是非ご覧ください。...

 

手に職を付けるための専門学校の詳細記事はこちら

手に職をつけるための専門学校で失敗しないために大切な3つの考え方
手に職をつけるための専門学校で失敗しないために大切な3つの考え方手に職をつけるために、学習と就職(転職)支援をセットで行える専門学校(専門スクール)を選ぶ時や通っている時に大切な3つのことについて紹介しています。 失敗談も紹介しているので、専門学校選びや就職で失敗したくない方は是非ご覧ください。...

 

手に職おすすめの仕事であるITエンジニア(SE/プログラマー)について
ITエンジニアはおすすめ

手に職の仕事はいろいろありますが、一番のおすすめはITエンジニア(SE/プログラマー)です。

 

ITエンジニア(SE/プログラマー)がおすすめの理由は、以下の5つ。

  1. 今後伸びていく可能性が高い業界である
  2. 現在進行形で圧倒的に人手が足りていない
  3. 未経験でもなれる
  4. 転職前提で考えることで、良い会社にたどり着ける
  5. 万が一の時に、スキルを活かして職種を変えられる

ぼく自身がIT業界でエンジニアと一緒に働いていますし、会社のシステムを構築するためにエンジニアを提案しているため、

  • どのようなスキルのニーズがあるのか
  • どのようなエンジニアのニーズがあるのか

について、よくわかっていることもあり、未経験からでも本当におすすめの仕事だと感じています。

 

ITエンジニア(SE/プログラマー)がおすすめの理由については、以下の記事で詳しく解説しています。

ITエンジニア(プログラマー)がおすすめの理由の詳細記事はこちら

手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由
手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由手に職をつける仕事の一つであるITエンジニア(プログラマー)がおすすめである5つの理由を紹介しています。 現在、IT業界でITエンジニア(プログラマー)と一緒に働いているからこそわかる、おすすめの理由になります。 手に職をつけたい方は、是非ご覧ください。...

 

なお、手に職をつけたい20代女性が長く続けられる仕事としても、ITエンジニアはおすすめです。

仕事を長く続けるには、以下のような仕事を選ぶ必要があるからです。

  1. 給料がそれなりで今後上がっていきやすい
  2. 結婚や子育ての時に融通が利く
  3. 自分が興味がある
  4. 今後伸びていく業界である

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

手に職をつけたい20代女性向けの長く続けられる仕事の選び方の詳細記事はこちら

手に職をつけたい20代女性向けの 長く続けられる仕事の選び方
手に職をつけたい20代女性向けの長く続けられる仕事の選び方将来が不安な20代女性が手に職をつけたい!と考えた時、結婚後も長く働くための仕事の選び方と、おすすめの仕事についてまとめています。 営業職、内勤職、接客業、事務職、派遣社員、フリーターと様々な立場の方に通じる内容になっています。 是非ご覧ください。...

 

百貨店から転職したい!となった時も、ITエンジニアは非常におすすめ。

ぼくが働いている会社でも、百貨店で培ったコミュニケーションスキルを活かして、未経験からITエンジニアになって活躍している方も実際にいますからね。

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

百貨店からITエンジニアに転職するのがおすすめの詳細記事はこちら

百貨店から転職する時にITエンジニアってあり?【職場で大活躍中の方の成功例を紹介】
百貨店から転職する時にITエンジニアってあり?【職場で大活躍中の方の成功例を紹介】「百貨店から転職したい!」となった時、誰もが失敗したくないもの。 本記事では、「百貨店から転職したい!」と考えている方にとって、手に職の仕事の一つであるITエンジニアへの転職がおすすめである理由を、実際に転職して成功している方を例に解説していきます。...

 

大学や専門学校に行かずに、高卒からプログラマー(ITエンジニア)になりたい!という場合でもおすすめです。

理由は、以下の通り。

  • エンジニア不足で需要がある
  • 若手はどの企業でも欲しがる

 

詳しくは、以下の記事で解説しています。

高卒からプログラマーになっても活躍できる理由と方法についての詳細記事はこちら

プログラマーになるのは高卒だと厳しい?活躍できる理由を業界で働く立場から解説 (1)
プログラマーになるのは高卒だと厳しい?活躍できる理由を業界で働く立場から解説高卒だとプログラマーになるのは厳しいのか? 高卒でプログラマーになったら学歴で不利にならずに働き続けられるのか? というお悩みについて、現在IT業界で働いている立場から実情について解説します。...

 

今はフリーターの方でも、ITに興味があって頑張れるのであれば、ITエンジニア(プログラマー)は非常におすすめ。

理由は以下の通りです。

  • 現在進行形でプログラマーはめちゃくちゃ人手不足
  • プログラマーは今だけではなく将来的にも人手不足

 

フリーターの方は、会社員の方に比べて勉強する時間がたっぷりあるので、スキルアップして転職が可能。

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

フリーターでもプログラマーに未経験からなれる理由と方法についての詳細記事はこちら

フリーターでもプログラマーに未経験からなれる理由と方法【IT業界で働くぼくが実情を解説】
フリーターでもプログラマーに未経験からなれる理由と方法【IT業界で働くぼくが実情を解説】世の中のデジタル化やIT化が進む中で、プログラマーに興味を持つ方が増えています。 本記事では、今までIT経験がないフリーターの方でも未経験からプログラマーになれるのか?未経験からプログラマーになる方法はどうするのか?についてIT業界で働いていてプログラマー需要に詳しい立場から解説します。...

 

今はニートになってしまっている方でも、ITに興味があって頑張れるのであれば、ITエンジニア(プログラマー/インフラエンジニア)は非常におすすめ。

今はニートだけど、

  • 最初は大変でも頑張れる覚悟がある
  • 1つのことに夢中になれる

という人は、是非チャレンジしたほうが良いです。

30代でニートの方向けには、以下の記事で詳しく解説しています。

30代でニートの方が未経験からプログラマーになれる理由と方法についての詳細記事はこちら

30代でニートからプログラマーになれる理由と方法をエンジニアの需要に詳しい立場から解説
30代でニートからプログラマーになれる理由と方法をエンジニアの需要に詳しい立場から解説30代でニート(無職)の人でもプログラマーになれる理由と方法について、IT業界で働いていてエンジニアの需要に詳しい立場から解説しています。 未経験の人でも、エンジニア(プログラマー)に興味がある方は是非、ご覧ください!...

 

また、ITのインフラ部分を支えるインフラエンジニアも、世の中のサービスがクラウド化するにつれて需要が急増しています。

インフラ部分のクラウド化を具体的に言うと、

  • Amazon(アマゾン)のAWS(エーダブリューエス)
  • Microsoft(マイクロソフト)のAzure(アジュール)
  • Google(グーグル)のGCP(ジーシーピー)

が挙げられます。

アメリカの大企業がやっているサービスなので、聞いたことがあるかもしれませんね。

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

ニートから未経験でインフラエンジニアになれる理由と方法についての詳細記事はこちら

ニートからITに行くのならインフラエンジニアがおすすめの一つ!業界で働く詳しい立場から解説
ニートからITに行くのならインフラエンジニアがおすすめの一つ!業界で働く詳しい立場から解説インフラエンジニアに興味があるニートの方が実際になれるのかどうかと、なるための方法について解説しています。 インフラエンジニアになるのは簡単ではありませんが、需要が急増している仕事なので、興味がある方は、是非ご覧ください。...

 

ITエンジニア(SE/プログラマー)になるための方法
ITエンジニアになる方法

ITエンジニア(SE/プログラマー)になるためには、

  • プログラミングスクールで学んでから転職する
  • いきなり転職する

という方法があります。

 

プログラミングスクールは、無料説明会や転職の斡旋もしてくれるところが多く、勉強と転職をセットで行えます。

ただ、プログラミングスクールによって、以下の内容が変わってきます。

プログラミングスクールの違い

 

  • 料金(有料・無料)
  • 学び方(通い・オンライン)
  • 年齢制限(あり・なし)
  • 学べる言語
  • 学ぶ期間(1ヶ月~半年くらい)
ポチのすけ
ポチのすけ
なので、無料説明会に参加してみて、自分に合ったプログラミングスクールを選んで学びましょう。

ITエンジニア(SE/プログラマー)の需要に詳しいぼくが厳選した、おすすめのプログラミングスクール6つについて、以下の記事で紹介しています。

おすすめのプログラミングスクールの詳細記事はこちら

プログラミングスクールの選び方とおすすめ6つをエンジニア集団の会社で働く視点で解説【無料あり】
プログラミングスクールの選び方とおすすめ6つをエンジニア集団の会社で働く視点で解説【無料あり】世の中にたくさんあるプログラミングスクールの選び方とおすすめ6つを厳選して紹介しています。 エンジニア集団の会社で働く視点から、おすすめスクール6つそれぞれの隠れたおすすめポイントも解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

なお、無料で学べるプログラミングスクールを運営している会社に、話を聞きに行ってわかったメリットについて、以下の記事でまとめています。

GEEK JOBの詳細記事はこちら

GEEK JOB(ギークジョブ)の6つのメリットを運営会社であるGROOVE GEAR(グルーヴ・ギア)に話を聞いてまとめました
GEEK JOB(ギークジョブ)の6つのメリットを運営会社であるGROOVE GEAR(グルーヴ・ギア)に話を聞いてまとめましたGEEK JOB(ギークジョブ)キャンプを運営するGROOVE GEAR(グルーヴ・ギア)株式会社に訪問して、話を聞いてみてわかった6つのメリットについて紹介しています。 どのような考え方をするとうまくいくのか、といったことや、デメリットや注意点も合わせて解説しています。 是非ご覧ください。...

 

「有料プログラミングスクールに行くお金がない。。」という人は、条件がありますがお金を使わずにITエンジニア(プログラマー)になる方法もあります。

詳しくは以下の記事で紹介しています。

お金がなくても未経験からプログラマーに転職する方法の詳細記事はこちら

未経験でプログラマーになるのはお金がなくてきつい時に正社員で働ける2つの方法
未経験でプログラマーになるのはお金がなくてきつい時に正社員で働ける2つの方法未経験からプログラマーになるのがきつい、お金ないと悩んでいる方が、正社員で働ける2つの方法を紹介しています。 プログラマーは未経験でもなれますし、お金がないからと諦めるのはもったいないです。 是非ご覧ください。...

 

有料にはなりますが、確実に転職できるプログラミングスクールもあります。

詳しくは、以下の記事でまとめています。

確実に転職できるプログラミングスクールの詳細記事はこちら

「プログラミングスクール行ったのに就職できない。。」とならないために使うべき保証付きスクールを紹介!
「プログラミングスクール行ったのに就職できない。。」とならないために使うべき保証付きスクールを紹介!プログラミングスクールに行ったのに就職できない!とならないよう、未経験からでも確実に就職(転職)できるプログラミングスクールを紹介しています。 プログラミングに興味があるけど、ちゃんと転職できるか心配の方は是非ご覧ください!...

 

いきなりITエンジニア(SE)に転職する方法もあります。

未経験からITエンジニア(SE)に直接転職する方法や、何歳までなら大丈夫なのか、以下の記事で詳しくまとめています。

ITエンジニア(SE)に未経験から転職する方法の詳細記事はこちら

SEに未経験からなれる年齢は何歳まで?おすすめの方法と気をつけるべき点をIT業界の実情から解説
SEに未経験からなれる年齢は何歳まで?おすすめの方法と気をつけるべき点をIT業界の実情から解説SEに未経験からなれる年齢と、気をつけるべきことやおすすめの方法をIT業界で働いている立場から紹介しています。 IT業界は、業界自体が伸びているのと、人手不足により昔よりもチャンスが広がっているのを感じます。 興味がある方は是非ご覧ください!...

 

ITエンジニアになる方法のまとめについては、以下の記事で紹介しています。

初心者がITエンジニアになる方法の詳細記事はこちら

ITエンジニアになるのはきついのか?業界で働くぼくが見てきた3つの方法を紹介します
ITエンジニアになるのはきついのか?業界で働くぼくが見てきた3つの方法を紹介します初めてITエンジニアになろうとしたらきついのも事実。 ただ、正しい努力と学び方で初心者でもITエンジニアになることは可能です。 本記事で理由と方法を詳しく紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

年代別でITエンジニア(SE/プログラマー)になるための方法
年代別でITエンジニア(SE・プログラマー)になる方法

ITエンジニア(SE/プログラマー)がおすすめといっても、20代のように若くなく、30代・40代・50代でもなれるのか不安な方もいると思います。

もちろん、20代よりは難易度は上がりますし、フリーランスとしての働き方も視野に入れる必要がありますが、努力次第で未経験からITエンジニアへの転職は可能。

 

それぞれの年代ごとに、ITエンジニア(SE/プログラマー)に未経験からなる方法と、考え方を以下の記事でまとめています。

ご自身の年齢に合わせて、ご覧ください。

プログラマー未経験30代(アラサー)の人向けの方法の詳細記事はこちら

アラサーから未経験でエンジニア(プログラマー)を目指すのは無謀?方法と持っておくべき考え方を紹介
アラサーから未経験でエンジニア(プログラマー)を目指すのは無謀?方法と持っておくべき考え方を紹介アラサー未経験の人が、エンジニア(プログラマー)になれるのか?無謀なのか?とお悩みの方に対し、IT業界でエンジニア(プログラマー)と働くぼくが実情をご紹介します。 本記事では、アラサー未経験からエンジニア(プログラマー)になるための方法と考え方がわかります。 是非、ご覧ください!...

 

プログラマー未経験の35歳など30代後半の方向けの方法の詳細記事はこちら

35歳未経験だとプログラミングをやるのは遅い?IT業界の現状からプログラマーになるための方法と考え方を紹介
35歳未経験だとプログラミングをやるのは遅い?IT業界の現状からプログラマーになるための方法と考え方を紹介35歳など30代後半でプログラミング未経験の人でも、エンジニア(プログラマー)になれるのか?とお悩みの方に対し、IT業界でエンジニア(プログラマー)と働くぼくが実情をご紹介します。 本記事では、35歳など30代後半でプログラミング未経験の方がエンジニア(プログラマー)になるための方法と考え方がわかります。 是非、ご覧ください!...

 

プログラマー未経験40代の人向けの方法の詳細記事はこちら

40代でプログラミングをやるのは遅い?未経験の方がプログラマーに転職する時の方法と持っておくべき考え方を紹介
40代でプログラミングをやるのは遅い?未経験の方がプログラマーに転職する時の方法と持っておくべき考え方を紹介「プログラミングやプログラマーに興味があるけど、40代未経験だと遅いのかな。。」という方向けに、プログラマーに転職する方法と考え方をIT業界で働いている立場から書いています。 大変ではありますが、チャンスが多いにある仕事なので、興味がある方は是非ご覧ください!...

 

プログラマー未経験50代の人向けの方法の詳細記事はこちら

プログラマーを目指す未経験50代の人向けの方法と持っておくべき考え方
プログラマーを目指す未経験50代の人向けの方法と持っておくべき考え方50代未経験の方がプログラマーになるための方法と考え方について紹介しています。 「50代でプログラマーなんて、使えない」という意見もありますが、やる気と覚悟と戦略を持って実施すれば、人生が変わります。 是非ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

まとめ:転職が怖いと不安な方へ

お話してきたことをまとめます。

転職が怖いと不安な理由は以下のようなものです。

  • そもそも転職がうまくいくのか不安
  • 既婚者だからチャレンジが怖い
  • 失敗したら無職になってしまう
  • ちゃんとやっていけるのか不安
  • 人間関係がうまくいくのか不安
  • 給料が下がるかもしれない
  • 労働環境が今よりも悪くなるかも

 

怖くて不安になってしまう転職ですが、それでも現状維持せずに転職に向けて動いた方が良いです。

理由は以下の3つ。

  1. 現状維持で今の環境が劇的に変わることを期待するのはギャンブル
  2. 転職で環境を変えることで、しがらみを断ち切れる
  3. 年齢が1歳でも若い方が内定をもらいやすい

 

転職したいけど怖い。。と不安な方は失敗しない転職の方法として、以下の5つを意識して行動しましょう。

  1. 会社の情報収集をする
  2. 良い転職サイト・良い転職エージェントを選ぶ
  3. 自分に合う会社を探す
  4. ホワイト企業に入る
  5. 手に職をつける

 

会社の情報収集や転職を進めるにあたって、良い転職エージェントの利用は必須!

転職が怖い。。と不安な方が本記事をきっかけに一歩前に踏み出してもらえれば嬉しいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

転職のきっかけについてまとめた記事はこちら

仕事に死ぬほど行きたくない!家にいたい・辞めたいと思う6つの理由と対処法
仕事に死ぬほど行きたくない!家にいたい・辞めたいと思う6つの理由と対処法仕事のストレスがヤバい時など、「仕事に死ぬほど行きたくない。。」「仕事行かずに家にいたい。。」「仕事に行きたくないし、辞めたい。。」と思うもの。 本記事では、そう思う6つの理由と対処法について、ぼくの体験をもとに解説しています。...

 

面接対策の詳細記事はこちら

面接の練習しないでぶっつけ本番だと玉砕するので対策するべきことを転職3回の経験から解説
面接の練習しないでぶっつけ本番だと玉砕するので対策するべきことを転職3回の経験から解説面接の準備・練習なんて意味あるのか?ぶっつけにならないために面接対策するにしてもどうやってすればいいのか?と悩むことって多いと思います。 本記事では、面接前に対策するべきか、と面接対策でやるべきことについて3回の転職経験からご紹介します。 是非、ご覧ください。...

 

転職で何をするべきかを全部まとめた詳細記事はこちら

転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談
転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談転職3回で4社目で働くぼくが、転職で体験したことをブログでまとめています。 転職のきっかけから、転職で失敗しない方法、面接対策、退職の際にやるべきこと、といったスタートから終わりまでをまとめました。 是非、ご覧ください。...

 

仕事の悩みについてまとめた記事はこちら

【逃げていい】仕事で地獄のような日々。。 辛いし辞めたい時は耐える必要なし!
【逃げていい】仕事で地獄のような日々。。 辛いし辞めたい時は耐える必要なし!仕事が毎日地獄のような日々だと、辛い。早く辞めたい。。としか思えないですよね。 本記事では、仕事が地獄と化す原因と、地獄としか言えない環境から転職する時、失敗しない方法について解説しています。...

 

仕事がつまらないのは当たり前?これからの働き方についてまとめた詳細記事はこちら

仕事がつまらないのは当たり前?内容によってはマジで楽しくないのですぐに動こう
仕事がつまらないのは当たり前?内容によってはマジで楽しくないのですぐに動こう「毎日の仕事がつまらない。。これって当たり前なの?」「仕事がつまらないという理由で辞めていい?」「そもそも楽しい仕事なんてあるの?」というお悩みについて解説しています。 仕事を楽しくする様々な方法も紹介しています。...