面接対策

一次面接で逆質問するべき5つのこと【会社との相性を確認しよう】

一次面接で逆質問するべき5つのこと【会社との相性を確認しよう】
転職した人
転職した人
良いと思って入社したけど、こんなはずじゃなかった・・・
転職した人
転職した人
入社前のイメージと入社後の現実が違いすぎる。。。
ポチのすけ
ポチのすけ
せっかく入社したのに、ミスマッチが起きてしまった、というのは防ぎたいですよね。

 

転職3回を経験したポチのすけ(@pochinosuke1)です。

転職で予想通りだったことも、予想外なことも体験してきました。

 

転職はかなりの時間と労力を使うので、誰もが転職で失敗したくありません。

失敗しない転職とは、入社した会社とのミスマッチが起きないことです。

 

特に営業マンの場合、

  • 思い描いていた営業方法ではなかった
  • できもしないノルマを課せられた
  • 結果を出すのが難しい

などというのは避けたいところです。

 

そのため、面接の中で「なにか質問ありますか?」の時に逆質問(こちらから行う的確な質問)をすることで転職先の会社をよく知って、ミスマッチをなくすことが大切です。

本記事ではミスマッチをなくすために、実際にぼくが面接で聞いていた5つの質問について紹介します。

 

※ちなみにこれらの質問は現場レベルの話になるため、一次面接でするべき質問です。

※営業職として転職を目指す場合の質問になります。

 

それではご覧ください。

 

面接対策まとめの詳細記事はこちら

【転職体験談】面接の対策まとめ。 通過のカギを握るのは準備と意識
【転職体験談】面接の対策まとめ。通過のカギを握るのは準備と意識転職の面接対策は何をやったらいいのかお悩みの方に、実際にぼくがやっていたことをまとめました。3回の転職の中で、悩みながらやってきた体験談になります。是非ご覧ください。...

 

転職で失敗しない方法の詳細記事はこちら

転職が怖いと不安な方へ。 転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法
転職が怖いと不安な方へ。転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法転職が怖いと不安な方へ、転職3回のぼくの経験から失敗しないための方法を書いています。怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...

 

一次面接で逆質問するべき5つのこと

逆質問する

 

営業職希望の転職でミスマッチをなくすために、一次面接で聞くべき逆質問は以下の5つです。

  1. 営業手法
  2. 業務の一日の流れ
  3. 提案~受注までのスピード
  4. 中途の人が入ったら、どのような段階を踏んでステップアップしていくのか
  5. 中途で入って活躍している人は、どんなタイプか。また、どんな行動をしているのか

それでは、見ていきましょう。

 

逆質問①営業手法

 

会社によって、やり方が大きく違ってくるのが営業手法です。

どのような営業手法を取っているのかを知ることが、ミスマッチをなくすことになります。

 

営業手法は具体的に何かを把握する

 

営業手法で代表的なものは以下のようなものです。

  • Webからの問い合わせ
  • パートナー企業(販売代理店)からの引き合い
  • 既存顧客からの紹介
  • 展示会からの引き合い
  • テレアポ
  • 飛び込み

 

このうち、上4つの

  • Webからの問い合わせ
  • パートナー企業(販売代理店)からの引き合い
  • 既存顧客からの紹介
  • 展示会からの引き合い

はプル営業と言われるもので、顧客側からアプローチがあるものになります。

 

逆に、下2つの

  • テレアポ
  • 飛び込み

はプッシュ営業と言われるもので、営業マン側から顧客にアプローチをするものになります。

 

プル営業とプッシュ営業はそれぞれメリット・デメリットがあるので、自分がやりたい営業方法になっているのか面接の場で確認することで、ミスマッチを減らすことができます。

求人票には「Webからの引き合いが中心です」

と書かれていても、面接でよくよく話を聞くと、

「新人はテレアポがメイン」ということは実際にありました。

 

求人票に書かれていることだけをうのみにするのは危険なため、

事前に口コミサイトで確認することと、面接できちんと聞いておくことで、

実際に自分が入社したらどのような営業手法で営業するのか具体的なイメージが湧くため、ミスマッチを減らすことにもなります。

 

営業手法について質問したら、回答に対して深掘りしよう

 

営業手法については、聞いて終わりではなく、必ず具体的な数字を聞きましょう。

面接官
面接官
営業手法はWebからの引き合いがメインです。
ポチのすけ
ポチのすけ
具体的に月何件くらい来るのでしょうか?

といった形です。

 

例えば、Webからの引き合いがメインにもかかわらず、

引き合いが月数件しかないのであれば、あなたに案件が回ってくる数も減ります。(応募している会社の営業人数にもよりますが)

入社した時に回ってくる案件が少ないとわかった場合、どのように営業活動をするのか考えなくてはなりません。

 

営業手法について質問した後、具体的に深掘りするべき質問は以下のようなものになります。

営業手法について質問後、深掘りするべき質問

  • 引き合いは月何件くらい来ますか?
  • 営業メンバーは何人でやられていますか?
  • テレアポは月何件くらいアプローチしていますか?
  • アプローチ先のリストはどのように取得していますか?

 

引き合いの件数や営業メンバーの人数がわかれば、自分が案件をどのくらい対応できそうか検討がつきます。

テレアポのアプローチ数がわかれば、プッシュ営業で獲得するべき数もおおよそわかるでしょう。

アプローチ先のリストの取得方法を聞けば、役所とかに取りに行く形なのか、自分で検索してリストから作る必要があるのか、などがわかります。

 

営業手法を聞いて、さらに深掘りして質問することで、入社後の行動が想像できるため、自分に合いそうか確認することができます。

 

逆質問②業務の一日の流れ

 

先ほど、面接で聞くべき質問としてご紹介した「営業手法」に付随してくるのが、「業務の一日の流れ」です。

 

ここでは、面接官の口から、

「一日の過ごし方はだいたいこんな感じ」というのを言ってもらうことで、

入社後どのような行動になるのか具体的にイメージしやすくなります。

 

具体的には、数をこなす営業活動なのか、質を求める営業活動なのかがわかるのと、

長時間労働になりそうな行動がないか確認することができます。

 

ぼくが一日の流れを質問してみると、会社によって、次のような情報を得ることができました。

  • 直行直帰で効率よく働けることが多い
  • 午前中は社内で資料作成が多い
  • チームでのミーティングが多い
  • アプローチ先のリスト作成の時間を作っている

 

上記のような情報が得られれば、

「直行直帰が当たり前だと、無駄な移動時間が少なくて済むな」とか、

「勤務時間外に資料作成をするのが当たり前だと、長時間労働になりそうだな」や、

「商材単価が低いから、ひたすら数をこなす営業活動になるな」といった、

一日の行動パターンの予測がつくため、自分に合いそうか確認することができます。

 

逆質問③提案~受注までのスピード

 

会社が扱う商材によって、提案~受注スピードは大きく異なります。

 

提案したその日に契約をもらえるものもあれば、提案してから受注するまで1年近くかかるものまであります。

提案~受注までのスピードを聞く目的は、営業としての評価に関わるからです。

 

営業としての評価に関わる

 

営業は数字というわかりやすい評価項目があります。

そのため、中途入社する時は、入社後どのくらいの時期で受注できそうなのか把握しておくと、応募先企業がどのように評価しようとしているのかがわかります。

 

評価体制についても突っ込んで聞いてみる

 

受注まで長い時間がかかる商材の場合は、合わせて以下のような質問をしてみましょう。

「では、受注までそれなりに時間がかかる商材とのことですが、御社の評価体制はどのようになっていますか?達成できもしない予算を積まれるようなことはなさそうですか?」

ぼくは上記の質問のようなかなり突っ込んだ質問をしました。

そのおかげで、面接官から以下のような回答をもらい、自分とマッチしそうかどうか判断できました。

 

  • 入社後すぐに予算(ノルマ)を設けることなく、段階を経ながら成果を上げられるように予算を配分してくれる
  • 顧客ゼロで入社するが、すぐに成果を出すのは難しいことを理解したうえで、頑張れば達成できそうな予算がつく

 

逆に、受注まで3か月~半年くらいかかる商材を取り扱うのに、受注までの期間を考慮しないような評価体制であるのなら、低評価を食らう可能性が高いため、ミスマッチになりそうだとわかります。

 

逆質問④中途の人が入ったら、どのような段階を踏んでステップアップしていくのか

 

自分が入社した場合をイメージして、きちんと成果を出せそうかを面接官に聞く質問です。

 

  • あなたを即戦力として見ている場合

・・・早い段階で独り立ちしてもらって活躍してもらおうとするため、すぐに先輩と同行してOJTで覚えて営業に回ってもらう。というような回答になります。

 

  • ポテンシャル採用の場合

・・・座学で製品のことを覚えて、見積もり対応などを行って仕事の流れをつかんでから、上司や先輩に同行して営業手法を学んで独り立ちしてもらう。というような回答になります。

 

ここで会社があなたをどのような位置付けで見ているのかがわかるため、求めている位置づけにマッチしそうであれば、面接自体も通過する可能性が高まりますし、成果を出せる可能性も高まります。

 

逆質問⑤中途で入って活躍している人は、どんなタイプか。また、どんな行動をしているのか

 

中途で入っている人(場合によっては、新卒)で活躍している人のタイプや行動を聞く理由は以下の2点です。

  1. 同僚となる営業メンバーがどのような人たちの集まりなのかを把握する
  2. 結果を出すには、どのような行動をすればいいのか、おおよそのことを把握する

 

同僚となる営業メンバーがどのような人たちの集まりなのかを把握する

 

応募している企業の社風や、同僚となる人たちとかみ合いそうかを判断するための質問です。

ぼくが聞いてみたら、以下のように会社によって様々な回答が返ってきました。

 

  • 熱い人たちが多い
  • 周りを巻き込める人
  • 他人のせいにしない人
  • 能動的な人

 

総じて、どの企業でも能動的な人を求めていると感じたので、これからの時代に必須の能力なんでしょうね。

営業メンバーで結果を出している人たちとかみ合いそうであれば、マッチする可能性が高いといえます。

 

結果を出すには、どのような行動をすればいいのか、おおよそのことを把握する

 

成果を出している人の行動パターンを知ることで、入社後に自分がどのような行動を取るのが、成果を出す近道なのかを把握できます。

営業マンとして早く結果を出すには、できる人の真似をするのが良い、というのは聞いたことがあるかもしれません。

細かい部分は入社後に見て学べばよいので、おおまかにでも把握することができれば、アドバンテージになります。

 

スポンサーリンク

一次面接で逆質問をしないと会社との相性がわからない

会社との相性がわからない

 

一次面接の逆質問は、会社が転職希望者の熱意を見ている面もありますが、それ以上に、転職希望者が会社との相性を確認するものです。

一次面接で逆質問をしなかったり、どうでもいいことを聞いてしまうと、せっかくのチャンスをフイにします。

 

面接において、「なにか質問ありますか?」というのは、転職希望者が主導権を握れるチャンスと言ってもいいです。

ポチのすけ
ポチのすけ
つまり、俺のターン!ということです。

 

逆質問で自分のターンになった時に、上記で説明したような的確な質問を行うことで、転職先の会社をよく知って、自分との相性を確認しましょう。

自分との相性が確認できれば、転職のミスマッチをなくすことができます。

 

スポンサーリンク

一次面接での逆質問まとめ

 

お話してきたことをまとめます。

営業職希望の転職でミスマッチをなくすために、一次面接で聞くべき逆質問は以下の5つです。

 

  1. 営業手法
  2. 業務の一日の流れ
  3. 提案~受注までのスピード
  4. 中途の人が入ったら、どのような段階を踏んでステップアップしていくのか
  5. 中途で入って活躍している人は、どんなタイプか。また、どんな行動をしているのか

 

一次面接で逆質問をしなかったり、どうでもいいことを聞いてしまうと、せっかくのチャンスをフイにします。

 

また、最終面接で逆質問するべき内容は、以下の記事で紹介しています。

合わせてご覧ください。

最終面接での逆質問の詳細記事はこちら

最終面接で逆質問するべき2つのこと【会社との相性を確認しよう】
最終面接で逆質問するべき2つのこと【会社との相性を確認しよう】「なにか質問ありますか?」というのは、面接で主導権を握れる唯一のチャンスです。最終面接の逆質問の時、的確な質問をすることで、会社とのミスマッチが起きるのを防ぐことができます。本記事では、実際に僕が最終面接で聞いていた2つの質問をご紹介します。...

 

面接を通じて会社との相性を確認できれば、ミスマッチをなくせるため、活躍できる可能性が高まります。

質問は相性を確認するチャンスなので、うまく活用していきましょう!

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

面接対策まとめの詳細記事はこちら

【転職体験談】面接の対策まとめ。 通過のカギを握るのは準備と意識
【転職体験談】面接の対策まとめ。通過のカギを握るのは準備と意識転職の面接対策は何をやったらいいのかお悩みの方に、実際にぼくがやっていたことをまとめました。3回の転職の中で、悩みながらやってきた体験談になります。是非ご覧ください。...

 

転職で失敗しない方法の詳細記事はこちら

転職が怖いと不安な方へ。 転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法
転職が怖いと不安な方へ。転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法転職が怖いと不安な方へ、転職3回のぼくの経験から失敗しないための方法を書いています。怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...