転職で失敗しない方法

【評判は本物】いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!

【評判は本物】いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!
転職希望者
転職希望者
転職の時に、今より悪い会社には行きたくない。どの企業のホームページ見ても良いことしか書いていないから逆に心配。。悪い会社の見分け方が知りたい!
転職希望者
転職希望者
ネットを見ると、応募した会社の評判が悪い。。口コミが悪い会社の情報って信用していいの?
ポチのすけ
ポチのすけ
転職で今より悪い会社には行きたくないので、応募先に悪い情報が書いてあると心配になりますよね。。

 

3回の転職を経験したポチのすけ(@pochinosuke1)です。

3回の転職を通じて、悪い会社を見分ける方法がわかってきたため、転職のたびに条件が良い会社に行くことができています。

 

転職で不安なことは、

  • 今より悪い条件の会社
  • 悪い環境の会社

に入ってしまう可能性があること。

 

せっかく時間と労力を割いて転職をするのなら、今より悪い会社には行きたくないですよね。

ただ、

  • 求人票を隅から隅まで読んでも、、
  • ホームページで会社を調べても、、
  • 転職エージェントに聞いても、、

会社の悪いところを見分けるのは難しいもの。

 

転職活動中は会社を調査する時間も限られていますし、正しい見分け方をスピーディーに行いたいですよね。

 

本記事では、

  • 転職で今よりも悪い会社に行きたくない
  • いい会社と悪い会社の見分け方を知りたい
  • 口コミや会社の評判が悪い時はどうしたらいいのか?

というお悩みについて解説していきます。

 

結論から言うと、

転職で今よりも悪い会社に行かないために、いい会社と悪い会社を見分けるには、口コミを最大限活用するのが必須。

なお、口コミや会社の評判が悪いものは事実なので、そのような会社には行かない方がいいです。

口コミは、実際の企業の姿がわかるので、転職で失敗しないためにも必ず利用しましょう。

また本記事後半では、

  • おすすめの口コミサイトについて
  • 転職サイトや転職エージェントのサイトでの検索の掛け方について

もお伝えしていますので、是非最後までご覧ください。

 

いい会社と悪い会社の見分け方で口コミが重要な理由

いい会社と悪い会社の見分け方で口コミが重要な理由

悪い会社に行かないように、口コミを使って会社を見極めるのは、とても重要です。

理由は以下の通り。

口コミが重要な理由

 

  1. 口コミの内容はほぼ真実
  2. 入社後のミスマッチをなくせる

 

口コミできちんと調べておくことで、行きたい会社が本当に良い会社かどうかを判断できるので、面接のスケジュールを正しく組み立てられます。

また、入社してから後悔することもなくせます。

 

転職は時間との戦い。

転職成功に近づくには、

  • 行きたい会社の実情を把握する
  • 行きたい会社だと判断したら、スケジュールの優先度を上げる

という正しい優先順位をもって行動するのが大事ですからね。

 

理由①口コミの内容はほぼ真実

口コミの内容はほぼ真実

転職で悪い会社を見極めるために、口コミを使って会社を探すのが重要な理由は、口コミの内容はほぼ真実のためです。

 

これはぼくの実体験からですが、1社目も2社目も3社目も4社目も、書いてあった大量の口コミは全て真実でした

良いことも、悪いことも、全部が口コミに記載の通り。

ポチのすけ
ポチのすけ
口コミなどの評判は、「火のない所に煙は立たぬ」ということわざ通りですね。

 

中には、昔の会社の体制について書いてあったものもありましたが、

ベテランの社員の方に聞くと、

「今はないけど昔はあった」

という過去の事実でした。

もちろん、

「支店による」

「上司次第」

という、そりゃそうだという意見もありまして、

実際に入社してみると、口コミ通りで支店や上司次第でした。

 

口コミを見ていると、時には、知りたくなかったマイナス面が出てくることも。

世の中に完璧な会社はありませんが、口コミでは会社のいいところ悪いところを確認できます。

世の中には、自社の魅力を伝えるのが下手な隠れ優良企業もあります。

求人票では優良企業だと気づけなくても、口コミを見ることで優良企業だと判明することも。

なので、優良企業を見落とすことがないように、口コミは必ず利用しましょう。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
また、会社の悪いところを受け入れられるかも大事!

口コミで会社の評判が悪いものは、噂レベルではなくほぼ真実。

なので、評判が悪い会社で受け入れられない内容の評判なら、そのような会社には行かない方がいいです。

 

実際にぼくが働いた業界・会社については、以下の記事で紹介しています。

業界研究の参考にしてみてください。

ぼくが経験した業界の体験談についての詳細記事はこちら

【4社の体験談あり】仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!
【4社の体験談あり】仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!仕事の考え方や進め方が合わない時、そのまま頑張ってもうまくいかず、ストレスが溜まってしまい、最悪の場合、鬱(うつ)になってしまう可能性があるので、非常にマズいです。 本記事では、ぼくが経験した業界の体験談と会う仕事を探せる方法について紹介しています。...

 

ちなみに、会社の悪いところを受け入れられない場合、

「とりあえず滑り止めで面接受けます」

と言って応募する人がいますが、受けるだけ時間の無駄なので絶対にやめましょう。

行きもしない会社を受ける時間があったら、行きたい会社を探す時間にあてた方が有意義。

ちなみに、ぼくは口コミに書いてあることが真実かどうかを、転職エージェントの方に突っ込んで質問したことがあります。

結果、歯切れが悪い回答のことが多かったです(笑)

 

口コミの内容が事実であっても、転職エージェントの立場上、企業の悪いところはなかなか言えません。

転職エージェントにとっては、転職希望者に紹介する先の企業も顧客ですので、

転職エージェント
転職エージェント
あぁ、この会社はブラックなんで辞めた方がいいです。

なんて、表立ってはなかなか言えないのは当然ですよね。

なので、会社のいいところ悪いところについては、必ず口コミで確認しましょう。

 

口コミには、すべての会社が載っているわけではありません。

 

口コミがない企業は、つぎのような会社が多いです。

  • 設立間もないベンチャー企業
  • 中途採用がほとんど入ってこない、隠れた優良企業

 

口コミがない企業に関しては、憶測で考えていてもしょうがないので、気になる企業は書類応募して、面接で気になることがあれば聞いてみましょう。

 

理由②入社後のミスマッチをなくせるため

入社後のミスマッチをなくせるため

転職で悪い会社を見極めるために、口コミを使って会社を探すのが重要な理由は、入社後のミスマッチをなくせるためです。

 

求人を出す企業は、基本的に良いことしか言いません。

悪いことがあっても、オブラートに包んで伝えてくるため、騙されやすい人が多いのが実情。

 

そこで、口コミを見て事前に情報を知っておくと、入社後の心持ちも違ってきます。

  • 裏話含めた情報を入社前にわかっていて入社する

のと、

  • 何も知らずに入社する

のでは、事前に情報を知った上で入社した方が、入社後のミスマッチもなくなるからですね。

実際に働いている人の内容を知っておけば、

「こんなはずではなかった…」

というミスマッチを防げます。

悪い部分でも容認できるところなら、それが起こったとしても、

「そんなもんでしょ、わかってたことだし。」

と受け入れられます。

また、求人を出す企業の求人情報を信じすぎないためにも、口コミの確認は大事。

実際、

  • 求人情報に載っている情報がすべてではない
  • 求人情報は必ずしも最新情報ではない

ということがあるからです。

 

ぼくが働いている4社目の会社では、コロナ渦を経てほぼ在宅勤務ができるのですが、求人票には全く記載されていません。

良いところもたくさんあるのに、求人票はコロナ前の情報のままなんですよね。

ポチのすけ
ポチのすけ
もったいない(笑)

 

なので、最新情報を知って入社後のミスマッチをなくすためにも、口コミで確認しておきましょう。

 

口コミで会社のすべてを知ることは難しいですが、

『入社後に初めて知った真実によってミスマッチが起きてしまう。。』

なんてことを極力減らせるよう、口コミの確認は必須。

 

参考:口コミを見るタイミング

口コミを見るタイミング

参考までに、口コミを使うタイミングについてもご紹介します。

 

口コミを見るタイミングのベストは、書類を送る前。

 

書類を送る前に口コミで気になった会社を調べることで、その会社に行きたくない要素が入っていた場合、応募見送りの判断ができます。

行きたくない会社に応募しなければ、万が一書類が通った時に面接に行く必要もないので、時間のロスをなくせます。

 

書類を送る前に、全部の口コミをチェックするのが厳しい場合は、面接前。

時間的に厳しい場合は、書類通過して面接に進んだタイミングで、面接前に口コミを見ておきましょう。

少なくとも、内定が出る時までに会社の姿を知っておけば、入社後のミスマッチを減らせます。

 

スポンサーリンク

いい会社と悪い会社の見分け方で使えるおすすめの口コミサイト

口コミをフル活用する

 

ぼくが実際に使っていた口コミのおすすめサイトは、次の2つ。

 

どちらも無料で利用でき、いい会社と悪い会社を見分けられるので、非常に役に立ちました!

なお、利用の際は現職の口コミを書くと、他の人が書いた口コミのモザイクの部分も見られるようになっています。

 

OpenWork(元Vorkers)は、

基本的には正社員の方が書いているので、カッチリとした内容が書いてありました。

対して転職会議は、

パートの方でも書き込めることもあって若干雑な口コミもありますが、転職会議でしか得られない情報もあるため、重要な口コミでした。

 

口コミでは、

  • 社内政治のどろどろした部分
  • 良い会社に見えて、実は裏でいじめがある

など、表立って言えない情報も載っています。

 

面接前に情報をきちんと取得するのが重要なため、必ず口コミサイトは2つとも利用することで、会社のホームページからは得られない情報を取得しましょう!

TRY NOW

OpenWork(元Vorkers)の利用はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

TRY NOW

転職会議の利用はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

スポンサーリンク

口コミ以外で悪い会社を見分けるポイント【転職サイトの検索のかけ方】

口コミ以外で悪い会社を見分けるポイント【転職サイトの検索のかけ方】

転職で良い会社・悪い会社を見極めるためには、口コミ以外でも見分けるポイントがあります。

口コミ以外だと、

での検索の掛け方で見分けられます。

 

参考までに、ぼくがやっていた情報収集方法をご紹介します。

良い会社を探すためには、転職サイトや転職エージェントのサイトで検索する際、全員が気になるであろう以下のワードを検索して絞り込みましょう。

  • 給料
  • 休日数
  • 残業時間

 

給料

給料

給料に関しては、まずは給料を希望年収の欄に入力しましょう。

検索後、給料面でちゃんと見た方がいいのが、

  • 月給制なのか
  • 年俸制なのか

というところ。

 

それぞれのメリットデメリットは以下です。

 

月給制の場合

 

月給制メリット

・・・成果を出した場合のボーナスの伸びが違う

 

月給制デメリット

・・・年俸制のような成果に応じた飛躍的な給料アップが起こりにくい

・・・直近の評価によってボーナス額が決まるため、想定より増減することで計画が狂うことも

 

年俸制の場合

 

年俸制メリット

・・・1年間に支払われる額が決まっているため、長期的な計画が立てやすい

 

年俸制デメリット

・・・どんなに頑張っても、直近のボーナスの額が変わらず、評価が反映されるのが早くても翌年になるところ

 

どちらが自分に合っているかはその人次第ではありますが、ぼくはどちらかというと、年俸制の方が毎月の計画が立てやすいと考えています。

どちらにしても、

  • 実際にどのくらいの年収になるのか
  • 支払いの内訳はどうなっているのか

をよく見ると、悪い会社を選ばずにすむのでおすすめ。

 

ただし、年俸制と言っていても、実際は月給制とほとんど変わらなかったりすることもあります。

なので、転職サイトに書かれている求人票をすべて鵜呑みにするのは危険

 

そのため、

  • 口コミで確認する
  • 実際に面接に行って、さりげなく聞いてみる
  • 内定後に突っ込んで聞いてみる

のが確実です。

 

休日数

休日数

休日数は、年間休日120日以上で検索をかけましょう。

 

1つの目安として、年間休日120日以上は、

  • 土日祝日休み
  • GW休暇
  • 夏季休暇
  • 年末年始休暇

がきちんと取れる企業であることが多いです。

 

休みがきちんと取れて自分の時間が多く取れた方が、良い人生を送れるので、休日数は譲れないポイント。

 

ただ、検索してみると、年間休日115日というような、微妙な年間休日の企業もあったりします。

そのような会社の場合、転職サイトのみ利用している場合は、口コミの確認と面接で確認するしかありません。

転職エージェントも併用して利用している場合は、転職エージェントに聞きましょう。

 

ちなみに、転職エージェントは無料で以下のようなメリットを受けられるので、転職活動で使わない手はありません。

転職エージェントを使うメリット

 

  • 今の会社以外に選択肢があると知ることができる
  • ブラック企業で苦しむ方の話をちゃんと聞いてくれる
  • 企業が出している求人情報や背景について情報をもらうことができるので、求人倍率の予測がつく
  • 自分の能力とかみ合うのか、企業とのマッチングでミスがないのか客観的な意見をもらえる
  • 転職希望者を企業に推薦してくれるので、転職の成功率が上がる

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ。

1社の転職エージェントだけだと、

  • 求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になる
  • 転職エージェントから見捨てられてしまう可能性がある

からです。

 

転職エージェントを使うと、どんな会社があるのかを自分で調べる手間を省くこともできますし、ぼくの経験上、転職エージェントを経由した方が書類の通過率も高いです。

詳しくは以下の記事でも解説しています。

転職エージェントが偉そうな態度でも転職時には利用した方がいい4つの価値の詳細記事はこちら

偉そうにしている転職エージェントに腹が立つ!それでも転職時に利用した方がいい4つの価値
偉そうにしている転職エージェントに腹が立つ!それでも転職時に利用した方がいい4つの価値偉そうな転職エージェントは自分の保身ばかりでクソすぎますよね。本記事では、「転職エージェントが偉そうなのはなぜか?」「偉そうな転職エージェントに当たってしまって腹が立つ。。」「偉そうな転職エージェントに支援してもらいたくない!」とお悩みについて、転職を3回したぼくの経験から解説しています。...

 

残業時間

残業時間

残業時間については、注意深く見ておきましょう。

 

残業時間は、かなり気をつけなければならないところ。

どちらかというと、求人票の平均残業時間よりも、

「平均残業時間が10時間未満です!」などとアピールしているかをまずは見てみましょう。

 

ぼくの経験上、

残業時間が少ないとわざわざアピールしている会社は、大体その通りであることが多いです。

逆に、しれっと月の残業時間は45時間程のように書かれている会社は、ぼくの経験上、残業が多いです。。

また、最近はあまり見なくなりましたが、

「残業なし!」

と書いてある企業があったら、要注意。

 

よく見てみると年間休日が短く、週6日勤務が月に何度かあるという条件の会社もあるからです。

いくら残業無しであっても週6日勤務だと、副業に充てる時間や自由時間がなくなるため、圧倒的に人生不利。

絶対に応募するのはやめましょう。

 

残業については、本来は転職サイトなどで検索している時に、大体のことを把握したいところなのですが、会社の営業のやり方によって残業時間は変わってきます。

そのため、残業時間については、求人票だけでは判断しづらい部分があるため、

  • どのような仕事をする会社なのか
  • 実際の残業時間はどのぐらいなのか

について、口コミ面接時の質問で、合わせて確認しておきましょう。

 

気になる会社は面接の時に逆質問をしてみて、効率よい働き方ができるのかを確認してみると、おおよその予測が立ちます。

 

例えば、

  • 営業だったら、直行・直帰ができるのか
  • 業務を効率化できるツールを利用しているのか
  • 在宅勤務ができるのか

など。

効率の良い働き方ができるかどうかで、業務時間が変わってきます。

 

合わせて、自分は残業代全額支給がいいのか、みなし残業の方がいいのか、確認しておきましょう。

それぞれの違いや、メリット・デメリットについて、詳しくは以下の記事で解説しています。

残業代の詳細記事はこちら

残業代全額支給の企業はホワイト確定?みなし残業だとやばい??残業との向き合い方について解説「残業代全額支給の会社はホワイト企業確定なのか?」「みなし残業の会社はブラック企業でやばいのか?」「結局、残業代の支払いってどっちがいいの?」 というお悩みについて、両方の残業代支給の会社で働いたぼくの経験から解説しています。...

 

スポンサーリンク

まとめ:評判や口コミが悪い会社は真実!ちゃんと見極めよう

 

お話してきたことをまとめます。

転職で今より条件が悪い会社、悪い環境の会社に入ってしまわないように、事前にきちんと見分けることが大切です。

いい会社と悪い会社を見分けるには、口コミを最大限活用するのが必須。

 

口コミを最大限活用するべき理由は、以下の通りです。

  1. 口コミの内容はほぼ真実
  2. 入社後のミスマッチをなくす

 

なお、口コミや会社の評判が悪いとそれは事実なので、そのような会社には行かない方がいいです。

 

ぼくが実際に使っていたおすすめ口コミサイトは、次の2つ。

 

また、口コミ以外では、転職サイトや転職エージェントのサイトでの検索の掛け方でも会社を見分けられます。

ポイントは以下のワードで検索をかけること。

  • 給料
  • 休日数
  • 残業時間

 

せっかく転職をするのであれば、今より悪い会社に入ってしまわないよう、口コミをフル活用しましょう。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

TRY NOW

OpenWork(元Vorkers)の利用はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

TRY NOW

転職会議の利用はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

おすすめ転職サイトの詳細記事はこちら

【仕事は色々ある】20代後半で何がしたいかわからない人が取るべきたった2つのこと
【仕事は色々ある】20代後半で何がしたいかわからない人が取るべきたった2つのこと20代後半で今の仕事を辞めようと思っても、「何がしたいのかわからない。。」と迷ってしまうことは誰でもあります。 本記事では、何がしたいかわからない人が取るべき方法について、自身の体験から具体的に解説しています。...

 

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介
環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介今の仕事から環境を変えたい!場合、転職は有効な手段です。 本記事では、転職で環境を変えるのが有効な理由と、転職の不安を解消する方法、ぼくの3回の転職経験で使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントについて、具体的なエピソードを交えて紹介しています。 ぜひご覧ください。...

 

転職エージェントが偉そうでも転職時には利用した方がいい4つの価値の詳細記事はこちら

偉そうにしている転職エージェントに腹が立つ!それでも転職時に利用した方がいい4つの価値
偉そうにしている転職エージェントに腹が立つ!それでも転職時に利用した方がいい4つの価値偉そうな転職エージェントは自分の保身ばかりでクソすぎますよね。本記事では、「転職エージェントが偉そうなのはなぜか?」「偉そうな転職エージェントに当たってしまって腹が立つ。。」「偉そうな転職エージェントに支援してもらいたくない!」とお悩みについて、転職を3回したぼくの経験から解説しています。...

 

転職で失敗しない方法の詳細記事はこちら

転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】
転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】転職は環境も大きく変わりますし、確実に成功するわけではないので、怖いですし不安になるので動けないと感じてしまいますよね。 本記事では、転職を3回経験したぼくの実体験から得た、転職で失敗しないための方法や具体例をまとめています。 怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...