転職で失敗しない方法

残業代全額支給の企業はホワイト確定?みなし残業だとやばい??残業との向き合い方について解説

転職活動中の人
転職活動中の人
求人票を見ていると残業代が全額支給とみなし残業があるけど、残業代が全額支給なら残業した分はお金で帰ってくるから割に合う気がするし、ホワイト企業って考えてOK?逆にみなし残業の会社はヤバいって思っていいのかな??
会社員
会社員
今の仕事が残業代全額支給なんだけど、働き方改革に加えてコロナの影響で残業できなくなって、残業代が減って給料減った。。
会社員
会社員
今の仕事はみなし残業なんだけど、残業多いし、働かせ放題でブラック企業な気がして不安…
ポチのすけ
ポチのすけ
会社によって、残業代は全額支給とみなし残業に分かれますが、どっちがいいのか迷いますよね。

 

転職3回、4社で働くことで、残業代全額支給みなし残業のどちらも経験したポチのすけ(@pochinosuke1)です。

特に転職時に、残業代が全額支給とみなし残業のどちらの会社がいいのか、よく迷っていました。

 

残業代は、会社員にとって切っても切り離せないもの。

入社時に想定されている給料は残業代込みの給料となっているため、想定している給料はもらっておきたいですよね。

 

ただ、働き方改革やコロナ禍で残業が減ったことにより、残業代全額支給の場合、残業代が減って給料が下がるということも起きています。

逆に、みなし残業の場合、忙しい仕事で逆に残業が多すぎて残業代が少なく感じてしまうことも。

会社によって残業代の支払い方が異なるので、特に転職する時はどっちがいいのか迷ってしまい、わからなくなってしまうことってありますよね。

 

本記事では、

  • 残業代全額支給の会社はホワイト企業確定なのか?
  • みなし残業の会社はブラック企業でやばいのか?
  • 結局、残業代の支払いってどっちがいいの?

というお悩みについて、両方の残業代支給の会社で働いたぼくの経験から解説していきます。

 

結論から言うと、以下になります。

残業代が必要で、いくらもらえるのか固定されてた方がやりやすい人

⇒みなし残業支給がおすすめ

 

残業代がゼロもしくは少なくても構わない人

⇒残業代全額支給がおすすめ

 

ただし、働き方改革やコロナ禍でビジネスや働き方が大きく変わってきているので、残業代に頼らない収入源を確保するのが最も安定します。

そのため、残業代に頼らない方法についても紹介していきます。

それでは、見ていきましょう。

 

残業代全額支給の企業はホワイト確定なのか?

残業代全額支給の企業はホワイト確定なのか?

残業代が全額支給だと、ホワイト企業確定とまでは言えませんが、ホワイト企業の割合が高いです。

 

残業代全額支給の会社は、

  • そもそもの残業が少ない会社
  • 残業した場合は、残業した分を全額支払いますというスタンス

であることがほとんど。

そのため、働きやすい会社が多い傾向にあります。

 

残業代全額支給の特徴は、以下の通り。

残業代全額支給の特徴

 

金額

残業時間が多いとたくさん残業代がもらえるが、残業時間が少ないと少なくなる

 

残業時間

残業時間が多いかどうかは会社によるが、昨今は残業時間を抑制しようとする会社が多い

 

もらえるお金の安定度

残業したかどうかで大きく変動するため、不安定

 

基本的に残業代全額支給の会社は、ホワイト企業が多くて働きやすいと考えてよいです。

ただし、会社のスタンスや会社員の方の考え方によっては、残業代全額支給は必ずしも良いわけではありません。

もらえるお金の安定度など、場合によっては逆にみなし残業の方がいいことも。

特に、残業代を当てにした生活をしていると、残業できなくなった時に影響が大きいです。

昨今では、働き方改革コロナ禍によるビジネスモデルの激変で残業を減らす方向に傾きつつあるのが現実。

 

その場合、残業代全額支給だと、

残業が減る=残業代が減る=給料が想定よりも下がる

ということも起きています。

 

そうなると、残業代全額支給は逆にマイナスの影響が大きいもの。

 

まとめると、

  • 残業代がゼロ
  • もしくは残業代が少なくても構わない

という、残業代を当てにしない生活をしている人は、残業代全額支給の会社がおすすめです。

 

スポンサーリンク

みなし残業代の企業はやばいのか?

残業代全額支給の残業代 残業代全額支給の残業時間みなし残業支給の残業代

逆に、残業代がみなし残業代の企業はやばいと言われることが多いです。

これは、ブラック企業の多くがみなし残業代の名のもとに、何十時間(ひどいところは何百時間)も残業をさせてきた黒歴史があるため。

そのため、

みなし残業=ブラック企業=やばい会社

と認識されやすくなってしまっています。

 

みなし残業の特徴は、以下の通り。

みなし残業の特徴

 

金額

決められた時間をみなし残業とするので、残業時間が多いと少なくなるが、残業時間が少ないと相対的に多くなる

 

残業時間

残業時間が多いかどうかは会社によるが、昨今は残業時間を抑制しようとする会社が多い

ただし、ブラック企業だと、長時間労働になる

 

もらえるお金の安定度

確実にもらえるため、安定する

 

ブラック企業のように、

  • いくら働いてもみなし残業代に含まれていると言い張る
  • みなし残業時間として決められた時間が長い
  • みなし残業時間として決められた金額が少ない

という場合、少ないお金で残業させられてしまうので要注意。

 

残業代が全然でない会社は辞めるべきです。

どうしたらいいのかは、以下の記事で詳しく解説しています。

残業代が出ない会社は辞めるべきなのか?取るべき方法についての詳細記事はこちら

残業代が出ない会社は辞めるべき?営業で4社を渡り歩いているぼくの経験則から取るべき方法を紹介
残業代が出ない会社は辞めるべき?営業で4社を渡り歩いているぼくの経験則から取るべき方法を紹介「残業代が出ない会社は辞めるべきなのか?」「残業代が出ない会社に請求する方法はあるのか?」について、残業代が出た会社と出ない会社の両方を経験したぼくの実体験から、取るべき方法と理由についてご紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

ただし、みなし残業は、残業してもしなくても給料は変わらずもらえるというメリットも。

そのため、みなし残業は残業が減る働き方ができれば、みなし残業としてカウントされている分、お得です。

 

毎月の給料が変動せず、残業代を当てにして給料の計算をしなくていいので、精神的にはすごく楽。

ポチのすけ
ポチのすけ
毎月の収入が安定することこそ、会社員のメリットの一つですよね。

 

みなし残業だと、残業代を当てにした生活をする必要がないので、残業が減ってくれた方がありがたいものです。

現在のコロナ禍の影響などで、残業できなくなったらむしろラッキー。

残業代全額支給と比べて、給料が減らないのでマイナスは無しと言えます。

 

まとめると、

  • 残業代が必要な人
  • 残業代がいくらもらえるのか、固定されてた方がやりやすい人

は、みなし残業の会社がおすすめです。

 

なお、みなし残業で早く帰る方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

みなし残業で早く帰る方法の詳細記事はこちら

【実は余裕】みなし残業で早く帰るのは大丈夫?残業代分をお得にするための方法を解説
【実は余裕】みなし残業で早く帰るのは大丈夫?残業代分をお得にするための方法を解説「みなし残業の会社で早く帰るのってあり?」「みなし残業で帰りにくいけど定時で帰るのはOKなの?」とお悩みの方に、早く帰るのが問題ない理由と、早く帰る方法を解説しています。ぼくも実践中なので、是非ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

これからの時代は残業代をあてにしないほうがいい

これからの時代は残業代をあてにしないほうがいい

ここまで、残業代全額支給とみなし残業それぞれの特徴と、どんな人に合うのかをご紹介してきました。

ただ、これからの時代は、残業代全額支給の会社でもみなし残業の会社でも、残業代を当てにしない方がいいです。

 

残業代をあてにしない方がいい理由は、今後は時間ではなく、仕事で成果を求める動きがより強まるのは間違いないため。

また、社会的にも無駄な残業が減っていきますし、残業自体を減らしていく流れが起きています。

 

仕方のないことではありますが、『残業代をしっかりと欲しい』と考えて残業代を当てにすると、

  • 少しゆっくり目に仕事をする
  • 人よりも多くの仕事を抱え込む
  • あえて定時を越えるように働く

といったような仕事の進め方になるため、仕事の目的が残業代をもらうことになってしまいます。

 

そうなると、結果的に、

  • 長時間労働になる
  • 効率よく仕事をしようとしなくなる

というデメリットも多いので、これからの時代の働き方に合っていません。

『みなし残業のようにもらえる金額が決まっている』

場合や、

『残業代は少なくてよい、もしくはゼロでもよい』

という場合なら、元からもらえる残業代が決まっているため、残業を減らすように頑張るはず。

仕事で求められることについても、コロナ禍で在宅勤務(リモートワーク)が一般的になったことで、より成果を求める方向になってきています。

そのため、これからは時間ではなくて成果を求める動きがより強まるのは間違いないですし、欧米で主流のジョブ型になっていく可能性も高いです。

※ジョブ型・・・仕事内容を明確化して、その仕事に人を当てはめていくもの。

 

今後は、より効率よく仕事をこなして成果を出していけるかが求められる時代。

残業しない方向になっていくのですから、残業代を当てにしている人は、そもそもの考え方を変える必要があります。

 

残業したくない・定時ダッシュしたいという方は、以下の記事で定時ダッシュするための方法について解説しています。

とっとと仕事を終わらせて定時ダッシュするための方法についての詳細記事はこちら

仕事に行く前から帰りたい人がやるべき4つの事。自分の時間と体を大事にしよう!
仕事に行く前から帰りたい人がやるべき4つの事。自分の時間と体を大事にしよう!仕事があまりにもつらいとき、「仕事に行く前から帰りたい。。」と感じてしまうもの。 本記事では、「仕事に行く前から帰りたい。。」と感じている人がやるべき4つのことについてご紹介しています。...

 

スポンサーリンク

残業代に頼らないための方法

残業代に頼らないための方法

残業代全額支給でもみなし残業でも、今後は残業代を当てにしない方がいいとご紹介してきました。

ここからは、残業代に頼らなくてもお金に苦労しない方法についてご紹介します。

 

残業代に頼らないでお金を稼げれば、収入は安定するので安心。

残業代に頼らない方法は以下の3つです。

  1. 成果を出して昇格・昇給する
  2. 転職して基本給を上げる
  3. 副業で収入を増やす

特におすすめなのは、転職して基本給を上げることと、副業で収入を増やすこと。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも実践中です!

 

方法①成果を出して昇格・昇給する

成果を出して昇格・昇給する

シンプルなのは、成果を出して昇格・昇給を狙うこと。

給料が増えるのは確実です。

ただし、昇格や昇給には社内政治なども絡むため、なかなか大変。。

上司や先輩にも相談しながら、キャリアアップしていきましょう。

 

方法②転職して基本給を上げる

給料が安い会社に残るぐらいなら転職した方が早いし楽

転職して基本給を上げるのはおすすめ。

勢いがある会社だと、平社員でも基本給が高めです。

 

もちろん、気軽に転職するのが難しい方もいますが、

  • 会社の求人内容と自分の能力がマッチしている
  • 伸びている業界である
  • 伸びている会社である

という場合、平社員であっても基本給は上がりやすいです。

会社を変えるだけで収入が増える可能性があるので、非常におすすめ。

 

転職して基本給を上げるためには、以下の3つすべてを実行することです。

  1. 転職サイトに登録
  2. 転職エージェントと面談
  3. 口コミを見ながら、自分の考えに合う企業かどうか確認する

 

ちなみに、転職サイト転職エージェントの使い方として、おすすめの進め方は以下の通り。

おすすめの転職の進め方

 

  • 転職サイトを使って求人検索 ⇒ 良いと思った企業を転職エージェント経由で応募
  • 転職エージェントから紹介してもらう ⇒ 良いと思った企業を転職エージェントの依頼して応募
ポチのすけ
ポチのすけ
転職する際は、転職サイトと転職エージェントを併用して、口コミを見ながら判断するのが鉄板!

 

転職サイトと転職エージェントの両方を使うのがベストですが、転職時に両方とも使って確認する時間がない場合、少なくとも転職エージェントは利用しましょう。

転職エージェントは無料で以下のようなメリットを受けられるので、使わない手はありません。

転職エージェントを使うメリット

 

  • 今の会社以外に選択肢があると知ることができる
  • ブラック企業で苦しむ方の話をちゃんと聞いてくれる
  • 企業が出している求人情報や背景について情報をもらうことができるので、求人倍率の予測がつく
  • 自分の能力とかみ合うのか、企業とのマッチングでミスがないのか客観的な意見をもらえる
  • 転職希望者を企業に推薦してくれるので、転職の成功率が上がる

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ。

1社の転職エージェントだけだと、

  • 求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になる
  • 良くない転職エージェントから見捨てられてしまう可能性がある

からです。

 

多くの方におすすめの転職エージェントは、以下の記事で解説しています。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介
環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介今の仕事から環境を変えたい!場合、転職は有効な手段です。 本記事では、転職で環境を変えるのが有効な理由と、転職の不安を解消する方法、ぼくの3回の転職経験で使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントについて、具体的なエピソードを交えて紹介しています。 ぜひご覧ください。...

 

中小企業に強い転職エージェントの詳細記事はこちら

中小企業に行きたくない・向いていないと選択肢を狭めるのはもったいない!【良い会社の探し方を紹介】
中小企業に行きたくない・向いていないと選択肢を狭めるのはもったいない!【良い会社の探し方を紹介】転職する時、「できれば中小企業には行きたくない」と考えることは多いです。 本記事では、そのように思っている方に、大企業も中小企業も経験したぼくが、中小企業を選択肢に入れた方が良い理由や良い中小企業を探すためのポイントをご紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

SEなどITエンジニアの方におすすめの転職エージェントは、以下の記事で解説しているので、エンジニアの方はぜひご覧ください。

システムエンジニアの年収を上げるために取るべき方法の詳細記事はこちら

システムエンジニアの年収は低いのか?給料を上げるために取るべき方法を解説します
システムエンジニアの年収は低いのか?給料を上げるために取るべき方法を解説します色んな立場のシステムエンジニア(SE)を見てきている立場から、システムエンジニア(SE)の年収は低いのか?今後も低いままなのか?といった悩みについて解説しています。 年収を上げていくための方法についても解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

口コミを使った会社の探し方のポイントや、おすすめ口コミサイトについては、以下の記事でも詳しく紹介しています。

口コミを使った会社の探し方の詳細記事はこちら

【評判は本物】いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!
【評判は本物】いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!転職で今より悪い会社に入ってしまわないように、いい会社と悪い会社を見極める方法について紹介しています。 特に口コミの利用は、悪い評判の会社を見極めるのに必須!実際にぼくが使っていた口コミサイトもご紹介しています。是非、ご覧ください。...

 

方法③副業で収入を増やす

副業をして収入を増やす

誰でも始められるのが、副業で収入を増やすこと。

昇給・昇格や、転職は気軽に誰でもできるわけではないですが、副業なら自分の気持ち次第で誰でも始められます。

もちろん、副業といえども、お客さんがいる以上ビジネスなので、稼ぐためには本業と同じような気持ちで取り組む必要があります。

 

終身雇用がなくなった日本において、収入を会社からの給料だけに依存しないためにも副業は必須。

会社員をしながら副業をすることで、収入は増えます。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身は副業としてブログを始めることで、少しずつ収入が増えていき、少しずつ生活が楽になっています。

難易度は高いので大変ですが、今後も頑張ってどんどん収入を増やしていくつもりです。

 

会社員をしながら副業するのはかなり大変ですが、自分が稼ぐ全体の収入が増えるのが大きなメリット。

会社員をしながら副業で稼ぐメリットは、他にもあり、以下の2つが挙げられます。

会社員をしながら副業で稼ぐメリット

 

  1. 副業で稼いだお金に対して、社会保険の支払いが不要
  2. 支出として消えていくものの一部を経費計上できる(稼いだお金を節税できる)

 

副業で稼いだお金に対して、社会保険の支払いが不要

会社員だと、給料から健康保険や厚生年金といった社会保険料をすでに支払っているので、副業で稼いだお金には社会保険料はかかりません。

副業で稼いだお金には、住民税と所得税のみかかります。

会社員で年収1,000万円よりも、

会社員で年収400万円 + 副業年収600万円

=合わせて年収1,000万円

の方が手取りは多くなります。

 

支出として消えていくものの一部を経費計上できる(稼いだお金を節税できる)

例えば、自宅で行うアフィリエイトやYouTubeでは、事業をするためにかかる経費として、家賃や光熱費の一部を経費にできるため、節税分で手取りが増えることに。

通常のケース

家賃や光熱費の支払い + 副業で稼いだお金の税金の支払

 

副業で経費計上

家賃や光熱費の支払い + 副業で稼いだお金の税金が減額になった上で支払い

→支払う総額が減るため、手取りが増える!

経費計上はやりすぎると脱税になるため、どの範囲までが経費計上できるかについては、税理士の方が出している本やYouTubeを参考に計算しましょう。

迷ったら、税理士の大河内さんのYouTubeが非常にわかりやすいのでおすすめです。

 

副業は何をするべきか

実際に副業を行う上で最も大事なことは、自分が好きなこと=ハマれることを選ぶこと。

そもそも、会社員をしながら、平日の空き時間や土日も仕事をするというのは、好きなことでないと続けられません。

自分が愛情をこめて仕事ができるものでないと、時間を作るのも一苦労ですし、お客さんに価値を提供することができないのでお金を稼ぐことは難しいです。

 

また、副業といえども、お金が発生する以上は、立派なビジネス。

本業で得た知見を活かすことや、趣味でやっていて他の人よりも詳しいことを情報発信することでお金に換えていくことができれば、本業⇔副業の相乗効果が見込めるので、自分の得意分野を活かしていくのがおすすめ。

 

副業自体は、以下のように本当にいろいろあります。

副業の例

 

  • 不用品をメルカリなどで売る
  • せどり(安く仕入れて高く売る)
  • ウーバーイーツで体を動かしつつ稼ぐ
  • Webライターで稼ぐ(クラウドワークスランサーズなどで探す)
  • ブログ運営してアフィリエイトで稼ぐ
  • YouTuberになって広告費で稼ぐ
  • インスタグラムなどのSNS運用代行で稼ぐ
  • プログラミングスキルで企業案件やって稼ぐ
  • Webデザインの仕事でホームページや広告ページを作って稼ぐ
  • 動画編集をして稼ぐ

 

自分が好きなこと=ハマれることと、自分が得意なことが重なる領域を選ぶことができれば、長く続けられますし、稼げる可能性が高いです。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身は、自分の主張を忖度なしに言いたかったのと、特殊なキャリアを歩んできた経験があったので、ブログを選びました。

 

自分が得意なことがない場合、この機会に勉強して得意にしてしまうのもアリ。

例えば、副業の例の下3件でご紹介した

  • プログラミングスキルで企業案件やって稼ぐ
  • Webデザインの仕事でホームページや広告ページを作って稼ぐ
  • 動画編集をして稼ぐ

については、スキルとパソコン1台があれば稼ぎやすい世の中になっています。

 

プログラミングスキル

企業側がWebサイトやシステムを作る作業をしてほしい人を探しているため、プログラミング作業をしてお金をもらう形。

Webデザイン

企業側がホームページやWeb広告のデザインを作っている人を探しているため、デザインを担当してお金をもらう形。プログラミングとの違いは、ページ自体を作るのではなく、あくまでデザインのみ。

動画編集

企業の動画編集だけでなく、YouTuberが爆発的に増えたことで、撮った動画を編集する人が求められています。(みんな編集がつらいと言ってるぐらいなので)撮った動画を編集して不要部分をカットしたり、字幕を入れる形です。

 

そこで、

  • プログラミング
  • Webデザイン
  • 動画編集

の中で、興味があるものを学ぶことができるスクールで勉強して、得意分野にして稼いでしまおうという作戦です。

 

プログラミングスクールとして有名なTechAcademy [テックアカデミー]なら、プログラミングもWebデザインも動画編集も学習コースがあります。

プログラミングスクールだけでなく、副業として上記のITスキルを学ぶことも可能なので、めちゃくちゃ使い勝手が良いです。

しかも年齢制限もなく、オンライン(ネット上)で学習できるため、全国どこでも学べて費用も格安。

まずはこちらから、興味があるコースの無料説明会に参加してみましょう。

TRY NOW

TechAcademy [テックアカデミー]の説明会はこちら

※説明会は参加無料!

 

なお、会社が副業を禁止しているという場合でも、まずは行動して稼いでから考える方が良いです。

自分で行動しないと見えてこないことも多いためです。

会社が副業禁止で生活できない!という方は、以下の記事で解決策を紹介しているので、是非ご覧ください。

副業禁止の時に取るべき方法についての詳細記事はこちら

給料安いくせに副業禁止とか生活できない!自分と大切な人を守るためなんだから無視して副業していい
給料安いくせに副業禁止とか生活できない!自分と大切な人を守るためなんだから無視して副業していい会社員からすると、給料が安いくせに副業禁止の会社だと、生活できなくなってしまいます。 自分と自分の大切な人を守るためには、副業禁止だろうと、会社の言うことを無視して副業をやるべき。 本記事では、副業禁止でも副業をしやすくする方法と、副業がバレないようにする方法についても解説していきます。 是非、ご覧ください。...

 

まとめ:残業代に頼らないような生活設計が必須

 

お話ししてきたことをまとめます。

残業代は会社員について回るものですが、一概に、

  • 残業代全額支給の会社=ホワイト企業
  • みなし残業の会社=ブラック企業

ではありません。

 

人によって、残業代をどうとらえるかで変わってきます。

残業代の支給方法で、どちらがおすすめかというと、以下の通り。

残業代が必要で、いくらもらえるのか固定されてた方がやりやすい人

⇒みなし残業支給がおすすめ

 

残業代がゼロもしくは少なくても構わない人

⇒残業代全額支給がおすすめ

 

ただし、働き方改革やコロナ禍でビジネスや働き方が大きく変わってきているので、残業代を当てにせず、残業代に頼らない収入源を確保するのが最も収入が安定します。

 

残業代に頼らない方法は以下の3つ。

  1. 成果を出して昇格・昇給する
  2. 転職して基本給を上げる
  3. 副業で収入を増やす

 

残業代全額支給でもみなし残業でも、残業はますます減っていく流れなのは間違いないです。

なので、今後は残業代に頼らないような収入基盤の構築が必須。

お金を稼ぐのは大変ですが、是非チャレンジしていきましょう。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

転職で失敗しない方法の詳細記事はこちら

転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】
転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】転職は環境も大きく変わりますし、確実に成功するわけではないので、怖いですし不安になるので動けないと感じてしまいますよね。 本記事では、転職を3回経験したぼくの実体験から得た、転職で失敗しないための方法や具体例をまとめています。 怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...