転職で失敗しない方法

転職サイトのおすすめはこの2つ!業界変わる場合でも大丈夫!!

転職サイトのおすすめはこの2つ!業界変わる場合でも大丈夫!!
転職希望者
転職希望者
転職したい時はまずは転職サイトに登録した方がいいって言うけど、そもそもどのサイトに、いくつくらい登録したらいいのかわからない・・・
転職希望者
転職希望者
転職サイトにたくさん登録したけど、逆に情報が多すぎて訳が分からなくなってきた。。。
ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも、最初の転職の時なんかは、案件をふやそうと片っ端からサイト登録してしまい、サイト探しで疲れてしまった経験があります。

 

ポチのすけは、3回の転職を経験したことで、どの転職サイトを使えばいいのかがわかってきたため、今の会社より条件が良い会社に行くことができています。

 

転職する前段階のサイト探しで疲れてしまうと、肝心の企業探しや面接対策にたどり着く前に、転職する気持ちが薄れてしまい、現状に甘んじてしまう時間が続いてしまいます。

そのため、本記事では企業選びや面接対策など、転職活動で肝心な部分に時間を使えるよう、おすすめの転職サイトについて紹介します。

 

結論を先にお伝えすると、

がおすすめになります。

「doda」「type」は業界を変える場合の転職でも、十分な対応が可能なため、そういう場合でもおすすめです。

ポチのすけもこの2社を使って求人を探してうまくいきました。

それでは、ご覧ください。

 

転職サイトを選ぶポイント

大切なこと

 

そもそもですが、ポチのすけは、転職サイトを選ぶ時のポイントがあると考えており、それは以下になります。

 

  • 会社がお金を出すサイトである
  • 非公開含めた求人案件数が多い
  • 転職エージェントのサービスがあり、親身になってくれる

 

会社がお金を出すサイトである

 

まず、転職サイトを選ぶ時は転職サイトに登録しますが、転職サイトには大きく分けて2種類あります。

  1. 企業が転職サイト側に対してお金を払うもの(リクナビ、doda、typeなど、一般的に転職サイトと言われるものになります)
  2. 企業が転職サイト側に対してお金を払う必要がないもの(ハローワークなど)

ちなみに、転職したい人は、上記どちらも無料でサービスを利用できます。

それぞれの違いは、人を採用したい企業がお金を出すかどうかです。

 

ここで、転職したい人にとって大切なのが、ハローワークなど、会社が無料で求人情報を掲載できるサービスは極力避けることです。

 

これはハローワークなどが悪いというわけではなく、人材採用にお金をかけてまで取ろうとしてくれる会社なのか、という会社の姿勢を見極めるのが大事だということです。

 

無料求人サービスに掲載している企業は、

  • 「人材採用にはお金をかけたくない=お金をかけずに採用した人材は育たなくても会社は損しない」

という考えが見て取れるからです。

 

つまり、社員採用にお金をかけない企業に応募するというのは、入社後、きちんと社員を育てないリスクがあるので、応募の段階で避けましょう。

 

そのため必ず、企業がお金を出すサイトを選び、登録しましょう。

大切なことなので繰り返し書きますが、あくまでお金を出すのは人を採用したい企業側になるため、転職したい人は無料で利用できます。

転職サイトを無料で利用できる仕組みを図解すると、以下になります。

 

転職サイト利用の仕組み

上の図のように、求人を出す企業がお金を出してくれるからこそ、ポチのすけも無料で求人を探せましたし、転職したいあなたも無料で良い会社を探せるということです。

転職したい人が無事に転職に成功すると、採用した企業から、転職サイトの運営会社に紹介報酬が支払われます。

 

求人にお金を出す企業は、入社後に投資した金額を回収するために、入社後はしっかりフォローしようとします。

 

また、転職サイトの運営会社は転職希望者が入社してようやく報酬をもらえるため、転職希望者をしっかりフォローしてくれます。

 

つまり、転職したい人にとって、プラスに働く仕組になっているということなので、利用は必須だということですね。

 

 

これが、求人にお金を出さない会社だと、転職者が入社後に育たなくても損しないので、あまり大切に扱われないかもしれません。

また、転職を支援する会社・団体も、お金をもらわないため、そんなに熱心に転職者をフォローしないことでしょう。

 

非公開含めた求人案件数が多い

 

転職サイトは、企業がお金を払うものが良いと分かった後は、たくさんあるサービスの中から選ぶ際、非公開求人案件を含めた求人案件を多く持っているのが重要です。

 

転職は多くの人の場合、たくさんの求人から絞り込まれていくものです。

どうしても、一定数の求人案件がないと、転職活動が苦しくなります。

そのため、案件を豊富に抱えている転職サイトを選びましょう。

 

転職エージェントのサービスがあり、親身になってくれる

 

転職サイトに登録すると、転職サイトの会社から転職エージェントという担当がついて転職をサポートしてくれることが一般的です。

 

転職エージェントが親身になってサポートしてくれる会社だと転職の時にやりやすいのでおすすめです。

 

転職エージェントは、

  • 履歴書の書き方
  • 面接の練習

など、1人1人に寄り添ったサポートをしてくれます。

 

最終的には転職エージェント個人の力量や相性にはなりますが、転職サイトの運営会社をきちんと選べばそんなに大きくは外れません。

 

転職エージェントにしてみれば、数あるお客さんの一人でも、転職希望者にとって転職は人生の一大イベントなのですから、親身になってくれる転職エージェントがいる転職サイトを選ぶのが大切です。

 

また、転職は応募したら全部受かるわけではなく、不採用になることも多いです。

ポチのすけもそうでしたが、不採用が続くとどうすればいいのかわからなくなります。

そんな時に親身になって対応してくれる転職エージェントの方には何度も助けられました。

そのため、親身になってくれる転職エージェントを選ぶのはとても大切です。

 

転職サイトおすすめその1:doda

おすすめはdoda!

 

転職サイトのおすすめの1つは「doda」です。

dodaは、転職サイトを選ぶポイントである下記をすべて満たしています。

 

  • 会社がお金を出すサイトである
  • 非公開含めた求人案件数が多い
  • 転職エージェントのサービスがあり、親身になってくれる

 

また、dodaの特長は以下です。

dodaの特長
  • 非公開案件含めて、取扱っている求人が豊富
  • 転職エージェントがきちんとフォローしてくれる

 

dodaをおすすめする理由①:非公開案件含む圧倒的な求人数の多さ

 

まず、dodaをオススメする一番の理由は、非公開案件をふくむ圧倒的な企業数の多さです。

 

営業力があり、かなりの企業数を網羅してくれるため、dodaさえあれば、ほとんどの企業は調べられると思います。

 

どのような企業が求人を出しているのか傾向もわかりますし、現在ポチのすけが勤めている会社も「doda」、「@type」両方に載っていましたのでそこで探すことができました。

サイトも全体的に探しやすいですし、情報もある程度正確なため、とても信用できるサイトです。

 

dodaをおすすめする理由②:転職エージェントがきちんとフォローしてくれる

 

dodaをオススメする二番の理由として、転職エージェントがきちんとフォローしてくれるところです。

 

自分がどのような仕事がしたいのか、ぼんやりとした考えしかなくても、dodaの転職エージェントなら、要望をうまくくみ取りつつ、良いキャリアを築くための長年の経験から的確なアドバイスをしてくれます。

 

チのすけは業界が変わっていますが、自分が積み上げてきたものを業界が変わっても活かすための伝え方など、何度もレクチャーしてもらえました。

面接対策などは気軽に行えます。

さらに面接のフィードバックや、伝え方が論理的であるかどうかなど、細かい部分まできちんと見てくれるため、とても良かったです!

 

dodaの転職エージェントがおすすめの理由について、下記記事でも紹介しています。

合わせてご覧ください。

 

dodaのデメリット

 

dodaのデメリットは以下です。

  • おすすめ求人という形で超頻繁にメールが来るので、スパムメールかと思うくらい、メールが多い(笑)

 

デメリットというほどでもありませんが、送られてくるメールの数の多さがちょっとうっとおしいと感じる人もいるかもしれません。

ポチのすけ
ポチのすけ
スマホの受信ボックスの数がすごいことになっていると思ったら、半分くらいdodaからのメールだったことがあります(笑)

 

ここは発想を変えて、多くの情報をあますことなく送ってくれると考えると良いです。

転職エージェントを利用するのなら、未読スルーしても大丈夫でした。

 

転職サイトおすすめその2:type

おすすめはtype!

転職サイトのもう一つのおすすめは「type」です。

「type」も、転職サイトを選ぶポイントである下記をすべて満たしています。

 

  • 会社がお金を出すサイトである
  • 非公開含めた求人案件数が多い
  • 転職エージェントのサービスがあり、親身になってくれる

 

また、「type」の特長は以下です。

typeの特長
  • サイトがとにかく見やすく、登録企業についてかなり細かく記載しているため、判断がつきやすい
  • ITやWeb関連の企業に強く、独占求人も多い
  • 面接における重要ポイントなどを事前にレクチャーしてくれる

 

typeをおすすめする理由①:サイトがとにかく見やすく、登録企業についてかなり細かく記載しているため、判断がつきやすい

 

「type」は、とにかくサイトが見やすく、検索しやすかったです。

 

特にブックマークした後、検索一覧に戻るのも簡単だったため、時間がない中サクサクと検索できました。

また、「doda」ほどではないにしても、非公開案件が多く、企業についてかなり細かく記載しています。

 

いま、ポチのすけが勤めている会社は「doda」、「type」両方に載っていましたが、より詳細情報が載っていた「type」を使って入社しています。

 

typeをおすすめする理由②:ITやWeb関連の企業に強く、独占求人も多い

 

typeは、ITやWeb関連企業の求人が多く、独占求人も多いです。

 

typeは、ITやWeb関連企業といった、今後伸びていくであろう業界の求人が多いです。

ITやWeb関連企業への転職を考えているのなら、利用するべきです。

また、大手企業にはなくtypeにしかない求人もあるため、登録して求人を探す価値が大いにあります。

さらに、求人自体も大手や老舗企業から、今を時めくベンチャー企業も含んでいるため、企業の質の良さも挙げられます。

 

typeをおすすめする理由③:面接における重要ポイントなどを事前にレクチャーしてくれる

 

転職エージェントに関しても、企業毎の面接で重要なポイントなど、過去の履歴から企業担当をあてがってくれてレクチャーしてくれます。

 

チのすけは業界が変わっていますが、自分が積み上げてきたものを業界が変わっても活かすための伝え方など、何度もレクチャーしてもらえました。

面接前は電話で何度もアドバイスいただき、業界は変わりましたが、無事に入社まで進むことができました。

さらに面接のフィードバックもきちんと見てくれるため、とても良かったです!

 

typeの転職エージェントがおすすめの理由について、下記記事でも紹介しています。

合わせてご覧ください。

 

typeのデメリット

 

「type」のデメリットは以下です。

  • 「type」は東京圏特化なので、それ以外の地域で転職を検討している場合は極端に求人が少ない
  • エージェントを利用するには、「type転職エージェント」に別途登録が必要

 

「type」で、デメリットというか気をつける点は、東京・神奈川・埼玉・千葉の一都三県に特化している転職サイトのため、東京圏で探していない人にはあまり参考にならないことです。

また、転職エージェントを利用するには、別途「type転職エージェント」に登録する必要があることです。

 

ただ、これをあまりデメリットと考えずに、発想を変えてみると良いです。

  • 一都三県で転職を探しているのであれば、必ず登録しておき、それ以外の地域での転職の場合は利用しない
  • 最初からtype転職エージェントに登録する

 

ここまでする価値のあるサイトですので、type転職エージェントと合わせて登録しておきましょう。

 

dodaとtypeは業界変わる場合でも頼りになる

業界変わる

「doda」と「type」は、非公開案件を含む取り扱いの求人が多く、転職エージェントもかなり親身になって対応してくれるため、業界が変わる場合でも役立つアドバイスをしてくれます。

 

実際、ポチのすけも業界が変わる転職の際、多くの求人を見れたため、様々な可能性を考えることができました。

また、考え方や伝え方などを転職エージェントから教えてもらうことでとても助かりました。

「doda」と「type」は業界が変わる転職というケースでも頼りになります。

 

転職サイトの登録が2つで良い理由

2つで良い理由

さて、ここまでおすすめの転職サイトとして、「doda」と「type」をおすすめしてきましたが、2つだと少なく感じる方もいるかもしれません。

少なくとも3つくらいはあった方がいいと感じる方もいるでしょう。

 

これは転職時のポチのすけの経験ですが、転職サイトはたくさん登録するとうまくいきません。

 

うまくいかない理由として、

  • 転職サイトが多くなりすぎると、同じ企業が重複していたりするなどの手間が多く発生して、案件を管理できなくなる
  • 3つ以上の転職サイトを使うと、あまりの検索の多さに案件を探すのもしんどくなってきて、転職活動で気が滅入る

があります。

 

人間誰もが「3」という数字が好きなように、転職サイトも3つ登録しようという方が多いですが「doda」、「type」を選んでおり、転職エージェントも利用していれば、3つ目のサイトで調べても、求人がかぶることが多いです。

そのため、転職サイトをたくさん利用しても、次第によく見つかる2つくらいのサイトで探すようになります。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも1回目の転職、2回目の転職の両方とも3つ以上の転職サイトを利用していましたが、結局使うのは2つくらいなんですね(笑)
ポチのすけ
ポチのすけ
 1回目の転職なんて、よくわからなかったから、5つくらい使ってました。そしてハズレサイトばかりでした。。。

 

なので、ここまで読んでくれた方には、ポチのすけのように転職サイトで消耗しないためにも、転職サイトは2つにしぼって探していただくのを強くおすすめします。

もちろん、ポチのすけのオススメは「doda」、「type」の2つです。

 

dodaの登録はこちらから

typeの登録はこちらから

「doda」、「type」を使ってもどうしてもお目当ての会社が見つからない場合だけ、3つ目のサイトを利用しましょう。

 

その時はリクナビなど3つ目のサイト登録をすればよいです。

 

まとめ

 

お話ししてきたことをまとめます。

 

まとめ
  • 転職する際はハローワーク等ではなく、有料サイトを利用する
  • おすすめ転職サイトは「doda」「type」
  • 転職サイトの選ぶポイントは、案件数が多く、転職エージェントサービスがあることと、エージェントが親身になってくれること
  • 「doda」「type」は業界変わる場合でも役立つ
  • 転職サイトを3つ以上にすると、応募企業の重複が起きて管理が大変になるので、利用は「doda」「type」の2つで良い

 

転職サイトがたくさんある中で、「doda」「type」は、ポチのすけが自信をもっておすすめできる転職サイトです。

 

見ていただくと、自分が知らなった良い会社がたくさん載っています。

 

dodaの登録はこちらから

typeの登録はこちらから

 

 

転職の際は、転職サイトで求人を見るだけでなく、転職エージェントに相談して具体的に転職を進めていくと、成功の確率がグッと高まります。

 

dodaとtypeの転職エージェントがおすすめの理由について、下記記事でも紹介しています。

合わせてご覧ください。