転職で失敗しない方法

転職エージェントがむかつく!うざい!!そんな彼らを使い倒す6つの方法を一挙紹介

転職エージェントがむかつく!うざい!!そんな彼らを使い倒す6つの方法を一挙紹介
転職希望者
転職希望者
転職エージェントがむかつく。転職するだけでも大変なのに、こんなにストレスたまるなら転職エージェントなんて使わなくてもいいよね?
転職希望者
転職希望者
ろくな求人を出さないくせに、態度だけデカい転職エージェントってどういうこと?マジでうざいわ。。

というお悩みにお答えします。

 

3回転職して、色んな転職エージェントを利用した経験があるポチのすけ(@pochinosuke1)です。

良い転職エージェントにも、むかつく転職エージェント・うざい転職エージェントにも当たりました。

 

転職する際、転職エージェントを利用して転職する人は多いです。

ただ、転職エージェントの中には、

  • 上から目線で偉そう
  • こっちから連絡しないと平気で放置
  • 希望と違う求人をゴリ押し
  • 内定が出ると希望も聞かずに急かす

という、失礼な態度をとってくるむかつく人もいます。

転職するのはとても大変なのに、味方のはずの転職エージェントの対応がむかつく時、うざい時はめちゃくちゃイライラしますよね。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身も、転職エージェントに上から目線でマウントを取られたりしてイライラした経験があるので、気持ちはすごくわかります。

 

本記事では、

  • 転職エージェントはなぜここまでむかつくのか?
  • うざい転職エージェントにストレスを感じるぐらいなら、使わなくてよいのか?
  • 転職エージェントがむかつく時・うざい時に、どうするのが一番正しいか

とお悩みについて、転職を3回したぼくの経験から解説していきます。

 

結論から言うと、

3回転職した経験から言っても、転職エージェントのサービス自体は、転職する時に最も使えるのは間違いないです。

なので、

  • むかつく転職エージェント
  • うざい転職エージェント

がいたら、担当者を変えやすい良い転職エージェントを選んで使い倒せばOK。

ぼく自身、むかつく転職エージェントから、速攻で転職エージェントをチェンジして転職を決めました。

本記事後半では、良い転職エージェントについても紹介しているので、是非最後までご覧ください。

 

転職エージェントがむかつく・うざい理由5つ

転職エージェントがむかつく・うざい理由5つ

転職エージェントは、無料で使えるサービスなので利用者は多いですが、中には

  • むかつく転職エージェント
  • うざい転職エージェント

もいます。

転職エージェントがむかつく!うざい!!と感じる理由は、以下の5つです。

  1. 超上から目線で偉そうな態度
  2. 親身に相談に乗ってくれない
  3. 連絡がつながらない
  4. 内定すると転職決定をあおる
  5. 役に立たない

 

理由①超上から目線で偉そうな態度

上から目線で偉そうな態度

転職エージェントの中には、超上から目線で偉そうな態度を取ってくる人がいます。

 

俺の方がすごいと見せつけたいのか、とにかく上から目線でマウントを取ってくるのが特徴。

ぼくは初めての転職の際、ブラック企業の仕打ちに苦しんでいたのでそこから脱出したいと思い転職エージェントに相談しました。

 

すると、

「君は社会人経験も浅いし、大した経験もないんだから高望みは難しい。それでも転職したいのなら求人ぐらい紹介できる」

と偉そうな態度を取られてしまうことに。

ポチのすけ
ポチのすけ
「転職したいから頼ったのに、マジでなんだコイツ!」と思いました。

 

即、その転職エージェントを使うのを辞めました。。

 

理由②親身に相談に乗ってくれない

親身になって話を聞いてくれない

転職エージェントの中には、苦しくて頼ってきた転職希望者に対し、親身に相談に乗ってくれない人がいます。

転職する理由は人それぞれですが、ぼく自身はブラック企業での仕打ちがきつすぎて転職を決意。

なんとか環境を変えて頑張りたいと思い、転職してブラック企業を脱出したいと転職エージェントに相談すると、

「ブラック企業とは給料を払わない会社のこと。それ以外はブラック企業でもなんでもない」

という衝撃の一言を食らうことに。。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
確かに給料払わない会社はブラック企業だけど、それ以外にもブラック企業の要素が詰まってる会社いっぱいあるだろ!

冷たくあしらわれることになり、その転職エージェントを使うのを辞めました。。

 

理由③連絡がつながらない

連絡がつながらない

転職エージェントの中には、なかなか連絡がつながらない人がいます。

ぼく自身も転職エージェントから、

「今週中にはご連絡します!」

と意気揚々と言われていたものの、今週中どころか翌週になっても連絡なし。。

 

たまりかねてこちらから連絡すると、

「すみません、連絡が遅れました」

とさらっと言われる始末。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
「連絡が遅れたどころか、こっちから連絡しなかったら連絡する気なかっただろ!」と思いました。

普段の仕事でもそうですが、連絡がつながらない転職エージェントにはイライラさせられます。

 

理由④内定すると転職決定をあおる

内定すると転職決定をあおる

転職エージェントの中には、内定が出ると転職決定をあおる人がいます。

これは転職エージェントにも売上ノルマがあり、企業に転職させることが売上になるために、あおってくるんですね。

売上にするために、乗り気じゃない企業に転職させられてはたまりません。

あおってくる転職エージェントにはイライラさせられるので、乗り気じゃない内定先があったら華麗にスルーしましょう。

 

理由⑤役に立たない

偉そうにしている割に求人が少ないし質が悪い

転職エージェントの中には、役に立たない人がいます。

具体的には、

  • アドバイスが役に立たない
  • 教えてくれる情報が間違っている
  • 紹介する求人の質が悪い

など。

アドバイスがテンプレ化していたり、求人情報と実際の内容が間違っていると、貴重な時間を失うのでイライラします。

 

ぼく自身、紹介してもらった会社に応募して面接に行ったら、求人表に書かれていたことと実際の募集内容が全然違っていて、無駄足を運んだことがあります。

既存顧客への営業職のはずが、ゴリゴリの新規開拓営業でした。。

極めつけは、以下のようなやり取り。

ポチのすけ
ポチのすけ
転職エージェントの方に、既存顧客の営業求人だと言われてきたんですが、、
面接官
面接官
あの会社さんは、ほんとよく求人情報を間違うから、こんなんばっかですよ。

という、会社自体が超低評価なことが判明。

 

転職のプロとか言っている割に、

  • アドバイスが役に立たない
  • 教えてくれる情報が間違っている
  • 紹介する求人の質が悪い

とかだと、マジでむかつきますし、イライラします。

担当者を変えるか、転職エージェントの会社ごと変えるべき。

 

スポンサーリンク

転職エージェントを使い倒す6つの方法

転職エージェントを使い倒す6つの方法

転職エージェントの中には、むかつく・うざい転職エージェントはいます。

それでも、以下の理由があるので、転職エージェントのサービス自体は転職時に最も使えるのは間違いありません。

転職エージェントの利用価値

 

  1. 転職サイトにはない求人がある
  2. 企業と交渉できる
  3. 転職エージェントが親身にアドバイスしてくれる
  4. 不採用になった場合の本当の理由がわかる

転職エージェントが偉そうでも転職時には利用した方がいい4つの価値の詳細記事はこちら

偉そうにしている転職エージェントに腹が立つ!それでも転職時に利用した方がいい4つの価値
偉そうにしている転職エージェントに腹が立つ!それでも転職時に利用した方がいい4つの価値偉そうな転職エージェントは自分の保身ばかりでクソすぎますよね。本記事では、「転職エージェントが偉そうなのはなぜか?」「偉そうな転職エージェントに当たってしまって腹が立つ。。」「偉そうな転職エージェントに支援してもらいたくない!」とお悩みについて、転職を3回したぼくの経験から解説しています。...

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身、転職3回の中で転職エージェントを使っていた経験から言っても、サービス自体はかなり役に立つものです。

 

なので、むかつく・うざい転職エージェントがいても、徹底的に使い倒すべき。

転職エージェントは、以下のやり方で使い倒しましょう。

転職エージェントを使い倒す方法

 

  1. 年収や残業時間などを遠慮せずに意思をしっかり伝える
  2. 求人の前提条件を付けてあおらせない
  3. 紹介案件以外も探す
  4. 応募する時は転職エージェントから後押しさせる
  5. わからないことは聞きまくる
  6. 不採用の理由を聞いて次に活かす

 

方法①年収や残業時間などを遠慮せずに意思をしっかり伝える

意思をしっかり伝える

 

転職エージェントに登録すると、面談をすることになります。

大事なのは、年収や残業時間など、求める条件を遠慮せずに伝えること。

求めすぎであったとしても、ネガティブな転職理由であったとしても、具体的であるほど良いです。

例えば、以下のようなことを伝えましょう。

転職で求める条件

 

  • 仕事内容と給料が見合ってないから、年収は400万円は欲しい
  • 残業時間が80時間とか多すぎなので、月20~30時間に収まる会社がいい
  • 在宅勤務で働きたいので、在宅勤務OKの会社がいい
  • 今の業界だと今後が不安だから、伸びている業界に転職したい
  • 営業が合ってないから職種を変えたい

など。

 

自分の希望条件を伝えることで、良い求人を引き出すことが、転職エージェントを使い倒すコツ。

そのためには、なんとなく転職したいというよりも、自分が求める条件の求人があるのかどうかをぶつけることが大事です。

なので、以下の手順で探すと、一番良い条件の会社が見つかります。

  1. 自分が求める条件が現実的にあるのかどうかを、複数の転職エージェントにぶつける
  2. 求める条件があったら、面接対策して頑張る
  3. 求めている条件がなかったら、現実的な落としどころにもっていく

 

方法②求人の前提条件を付けてあおらせない

求人の前提条件を付けてあおらせない

 

転職エージェントには、応募者を転職させて転職先の企業から紹介料をもらって、売上を立てるというノルマがあります。

つまり、転職エージェント側も売上ノルマのために、なんとかして転職させたいわけです。

ただ、転職エージェントの売上のために、ブラック企業に入れられてしまっては元も子もありません。

自分の人生ですし。

 

そこで、ダメな会社に転職させられないように、求人もらう前に前提条件をつけることが転職エージェントを使い倒すポイント。

具体的には、以下の形です。

以前、行きたくもない会社を紹介したり、入社をせまる転職エージェントがいたので、

  • 自分のスキルや経験
  • 希望条件

を聞いて、条件に合う求人がなければその旨をハッキリ言っていただいて構わないです。

 

上記のように言うことで、登録した転職エージェントは使い倒せるのかが判断可能。

これで断ってくる程度の転職エージェントなら、ろくな求人がないので、ほかの転職エージェントを使った方がいいからです。

上記のように言っても、紹介してくれる転職エージェントなら、求人の質が上がっていきますし、あおられません。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
前提条件をつけるのは、転職エージェント相手だけじゃなく、色んな交渉で役に立ちますよ。

 

方法③紹介案件以外も探す

紹介案件以外も探す

転職活動では、書類通過しないこともありますし、転職エージェントからの紹介案件だけでは候補企業が足りないことも。

そんな時、紹介案件以外の求人も探すことが、転職エージェントを使い倒すコツ。

 

具体的には、以下の方法で探しましょう。

  • Myページから検索
  • 転職サイトと併用して探す

 

会員情報のMyページ転職サイトには、載っている求人情報がずらっと並んでいます。

そこで、希望条件を入力して絞り込めば、意外と自分が求める企業があるもの。

 

いい企業を見つけたら、転職エージェントに後押ししてもらうように依頼して応募しましょう。

『自分で探した企業の応募について、転職エージェントが後押しするの忘れた』ということがないよう、念のために伝えておくことが大事。

なお、転職エージェントから紹介された企業の応募なら、転職エージェントも後押しするので問題ないです。

 

方法④応募する時は転職エージェントから後押しさせる

企業に交渉してくれる

転職エージェントのメリットは、企業に交渉できること。

特に、機械的に応募するよりも、転職エージェントからの推薦という形の方が面接にも通りやすいですし、年収交渉もやりやすいです。

Myページや転職サイトを使って自分で探した求人も、転職エージェント経由で応募することが、転職エージェントを使い倒すコツ。

具体的には、

  1. 転職エージェントから紹介された企業以外に良い会社を見つけた
  2. 転職エージェントに伝える
  3. 転職エージェントからの紹介求人という形で応募

という流れで行えばOKです。

企業と1対1でやり取りするよりも、転職エージェントを使って2対1で戦いましょう。

 

方法⑤わからないことは聞きまくる

わからないことは聞きまくる

転職エージェントから紹介された企業の中には、

  • 意外な求人
  • 微妙に見える求人

があります。

また、求人票やホームページを見ても、どんな会社なのかよくわからなかったり、仕事内容がイメージできないことも。

そんな時、わからないことは聞きまくることが、転職エージェントを使い倒すポイント。

 

ぼく自身、BtoCの営業しかやったことがない状態で、BtoB営業のIT業界を紹介されました。

意外な求人だったので、紹介した理由を実際に転職エージェントに聞いてみると、

転職エージェント
転職エージェント
ポチのすけさんの経験やスキルを考えると、積極性や自ら学ぶ力があるので、未経験であっても伸びている業界が良いと思い、IT業界を勧めました。

とのこと。

 

ただ、当時はIT業界なんて考えてもいませんでした。

ぼく自身、パソコンでコピーやペーストを右クリックでやっていたITの超ド素人。

ポチのすけ
ポチのすけ
「ctrl + C」や「ctrl + V」を覚えたのが30歳の頃ですし(笑)

 

ただ、説明に納得感があったので、試しにIT業界の求人を多めに受けてみました。

すると、けっこう面接にも通りましたし、IT企業から内定をもらうことができて転職成功!

今では、IT業界こそが自分に最も合っていると思えるぐらい、毎日楽しんで仕事ができています。

一人で転職活動をしているわけではないので、転職エージェントにわからないことを聞きまくることで、疑問点をつぶしていきましょう。

 

方法⑥不採用の理由を聞いて次に活かす

不採用になった場合の本当の理由がわかる

転職では、面接でうまくいっても、不採用になってしまうことがあります。

特に第一志望の会社で、面接対策もバッチリやったのに不採用の知らせが来ると、ショックでかなりへこむことに。。

 

自分一人で転職活動をしていると、不採用の理由も、

「厳正に検討した結果、お見送りとさせていただきます。」

みたいなテンプレのお祈りメールが届くだけ。

ポチのすけ
ポチのすけ
これだと、「どの部分を検討したんだよ!これじゃ何が悪かったのかわからない!」ってなりますよね。

しかも、お見送りの理由には回答してくれない始末。。

 

かなりショックなのに理由もわからないと、

「次も同じように落とされてしまうかもしれない。。」

と立ち直れなくなってしまうことも。

 

そこで、不採用になった理由を詳しく聞くことが、転職エージェントを使い倒すコツ。

ちゃんと調べて不採用の理由を教えてくれるので、うまくいかなかったとしても次に活かすことができます。

転職エージェントを利用して、不採用になった理由を聞いてみると、

  • 未経験だから年齢が若い人を採用した
  • 人柄などは非常に良かったが、求めているスキルをより持っている人の方を採用した
  • 緊張していたのか、暗い印象を受けた
  • 志望動機がイマイチ伝わってこなかった

など、不採用の本当の理由がわかります。

 

不採用の本当の理由がわかれば、

  • 面接で修正すればよいのか
  • 話の組み立てで修正すればいいのか
  • どうしようもなかったのか

という部分がハッキリするので、たとえ不採用でも次に活かせるのです。

なので、転職エージェントを使い倒すことで、転職活動のPDCAを回していくのは超大事。

 

スポンサーリンク

うざい・むかつく転職エージェントに当たったら即チェンジでOK

うざい・むかつく転職エージェントに当たったら即チェンジでOK

転職は、準備などいろいろと大変なので、良い会社に短い期間で転職できる方がいいです。

むかつく転職エージェント・うざい転職エージェントに付き合っているほど、暇じゃありません。

貴重な時間を失うわけにはいかないので、うざい・むかつく転職エージェントに当たったら、即チェンジでOK。

方法としては、以下の2つ。

  1. 担当者を変える
  2. 転職エージェントを変える

 

ぼく自身は、むかつく転職エージェントに当たった時は、転職エージェントの会社自体を変えていました。

3回転職した経験上、転職エージェントの会社自体を変えた方が、やり方やサポート内容も大きく変わるので良い方向に転がりやすいです。

 

「どうしても転職エージェントの担当者だけがしっくりこない。。」

という場合、担当者を変えるようにしましょう。

担当者を変えるときのポイントは、担当者本人に言うのではなく、転職エージェントの会社自体に以下のような内容で問い合わせすること。

 

問い合わせで書く内容

 

  • 担当の○○さんには、非常に丁寧に対応していただいているものの、未経験の業界への転職ということでもう少し詳しい情報がほしい
  • 未経験の○○の業界に詳しい方と一度打ち合わせさせてほしい
  • 急な申し出で恐縮ですが、よろしくお願いします

 

詳しい話を聞かせてほしいという形で、情報提供してもらう形で面談し、その場で担当をしてほしい旨を伝えればOKです。

 

スポンサーリンク

丁寧に対応してくれるおすすめの転職エージェント

おすすめ転職エージェント

うざい・むかつく転職エージェントに当たる確率が低い、良い転職エージェントをご紹介します。

ぼく自身も使ってみて、丁寧に対応してくれた転職エージェントなので、非常におすすめ。

 

なお、転職エージェントを使う際は、2~3社は必ず登録しましょう。

1社の転職エージェントだけだと、

  • 偉そうな転職エージェントを引く可能性がある
  • 求人の取りこぼしが起きる可能性が高い

というリスクがあるからです。

 

転職は、自分の人生の転換期になる重要なこと。

転職エージェントを複数登録して使い倒すことで、リスクを減らすことができます。

転職エージェントといってもたくさんの会社があるので、ここからは、

  • 多くの方におすすめの転職エージェント
  • エンジニアの方におすすめの転職エージェント

についてご紹介していきます。

 

多くの方におすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェント

営業など、多くの方におすすめの転職エージェントは、

です。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくが使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントなので、特に営業職なら是非とも登録して利用するべきです。

多くの方にとって、dodaもtype転職エージェントもマイナビエージェントも求人は多いため、見つけやすくなっています。

もちろん、全部無料で登録・利用できます!

 

doda

 

dodaは、業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • dodaだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 全国の求人に対応
  • 転職エージェントが書類作成から面接対策まで親身にアドバイスしてくれる
  • スケジュール調整や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる

 

dodaは、転職エージェントに迷ったらdoda!というぐらい安定の転職エージェント。

デメリットは、迷惑メールかと思うくらい求人メールが届くことと、求人紹介の幅が広いので自分に合わない求人が含まれていることです。

ただ、「多くの求人情報を漏れなく紹介してくれる」と発想を変えることで、そこまで気にすることなく転職活動に取り組めます。

状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

type転職エージェント

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていない、隠れた優良企業を多く持っている転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • type転職エージェントだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 特にIT・Web系の会社に強い
  • 東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に対応
  • 求人情報のほとんどに求人企業の競合情報まで載せてくれている
  • 転職エージェントが、企業ごとに面接の重要ポイントを親身にアドバイスしてくれる
  • 年収交渉や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、dodaと合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)特化のため、それ以外の地域で転職を検討している場合は極端に求人が少ないことと、dodaなどの大手と比べると求人が少ないことです。

ただ、dodaなどの大手転職エージェントで拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、東京圏の方はdodaと合わせて利用すると弱点をカバーして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

dodaとtype転職エージェントの詳細記事はこちら

 

マイナビエージェント

 

マイナビエージェントは、マイナビしか持っていないような優れた中小企業の求人が多い転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビエージェントでしか手に入らない非公開求人が多い
  • 良い中小企業の求人が多数ある
  • 転職希望者を丁寧にサポートしてくれる
  • 第二新卒含めた20代の転職に強い
  • 全国の求人に対応

 

マイナビエージェントは独自の営業網により、dodaやtype転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、20代の転職にかなり力を入れていることもあって30代以降の求人はあまり多くないことと、返事(レスポンス)が早いため対応が多くなり、人によっては疲れてしまうこと。

ただ、dodaやtype転職エージェントが拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、dodaやtype転職エージェントと合わせて利用すると、求人の見逃しをなくして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

マイナビエージェントの無料登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

マイナビエージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

中小企業に強いマイナビエージェントの詳細記事はこちら

 

エンジニアの方におすすめの転職エージェント

エンジニアの方におすすめの転職エージェント

エンジニアの方におすすめの転職エージェントは、エンジニア転職に強く、多くの求人をカバーしている、マイナビIT AGENTレバテックキャリアがおすすめ。

上記転職エージェントは、全部無料で登録・利用できます!

 

マイナビIT AGENT

 

マイナビIT AGENTは、業界大手のマイナビが運営するITエンジニア専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビだけがもっている優良求人・非公開求人が多い(紹介の80%は非公開求人)
  • 特に、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の優良企業の求人が豊富
  • 北海道・名古屋・大阪・福岡にも対応しているので安心
  • IT業界に精通したキャリアアドバイザーから書類添削や面接対策も受けられる

 

特に、20代~30代のITエンジニア転職に強いため、20代~30代の方にはおすすめの転職エージェント。

デメリットは、大都市圏以外の地方にはそこまで強くないというところです。

ただ、まったく求人がないわけではないので、転職を考えている場合、まずは登録して探してみましょう。

思わぬ掘り出し求人が出てくることも。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう!

TRY NOW

マイナビIT AGENTの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

レバテックキャリア

 

レバテックキャリアは、日本マーケティングリサーチ機構の調査結果によると、ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれている、ITエンジニア経験者専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • 持っている求人情報7,000件以上のうち、80%以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  • 持っている求人は、大手IT企業からWeb系企業、スタートアップ企業までを幅広く網羅
  • 首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)、関西圏(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)、福岡に対応
  • 年間3,000回以上の企業訪問によって得られた、鮮度の高い情報の提供が受けられる
  • 専門のアドバイザーには、具体的な悩みをわかっている元エンジニアのエージェントもおり、サポート体制は万全
  • 複数回の推薦文や書類添削、年収交渉で年収アップ率は77%
  • 2021年1月にはサービス利用者数20万人突破!

 

特に、元ITエンジニアのエージェントがいるので技術的な話が通じるのと、元ITエンジニアだからこそわかる悩みを理解して、転職希望者にマッチする企業を提案してくれる転職エージェント。

デメリットは、首都圏、関西圏、福岡以外の求人はほぼないというところと、50代以上だと求人がないことです。

 

ただ、20代~40代の上記の地域に当てはまるエンジニアの方で転職を考えている場合、まずは登録して探してみるのがおすすめ。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

レバテックキャリアの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

まとめ:うざい・むかつく転職エージェントは即チェンジして使い倒そう

 

お話してきたことをまとめます。

転職エージェントがむかつく!うざい!!と感じる理由は、以下の5つです。

  1. 超上から目線で偉そうな態度
  2. 親身に相談に乗ってくれない
  3. 連絡がつながらない
  4. 内定すると転職決定をあおる
  5. 役に立たない

 

それでも、転職エージェントのサービス自体は転職時に最も使えるのは間違いありません。

なので、転職エージェントは、以下のやり方で徹底的に使い倒すべき。

  1. 年収や残業時間などを遠慮せずに意思をしっかり伝える
  2. 求人の前提条件を付けてあおらせない
  3. 紹介案件以外も探す
  4. 応募する時は転職エージェントから後押しさせる
  5. わからないことは聞きまくる
  6. 不採用の理由を聞いて次に活かす

 

もし、うざい・むかつく転職エージェントに当たったら、以下の方法で即チェンジしてOK。

  1. 担当者を変える
  2. 転職エージェントを変える

 

なお、ぼく自身の経験上は転職エージェントの会社自体を変えた方がよかったので、まともな転職エージェントに複数登録するのがおすすめ。

 

転職エージェントのサービス自体は利用価値が高いです。

なので、うざい・むかつく転職エージェントがいたら、即チェンジして良い転職エージェントを捕まえて使い倒しましょう!

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

dodaの無料登録はこちらから

 

type転職エージェントの無料登録はこちらから

 

マイナビエージェントの無料登録はこちらから

マイナビIT AGENTの無料登録はこちらから

 

 

レバテックキャリアの無料登録はこちらから

 

転職エージェントが偉そうでも転職時には利用した方がいい4つの価値の詳細記事はこちら

偉そうにしている転職エージェントに腹が立つ!それでも転職時に利用した方がいい4つの価値
偉そうにしている転職エージェントに腹が立つ!それでも転職時に利用した方がいい4つの価値偉そうな転職エージェントは自分の保身ばかりでクソすぎますよね。本記事では、「転職エージェントが偉そうなのはなぜか?」「偉そうな転職エージェントに当たってしまって腹が立つ。。」「偉そうな転職エージェントに支援してもらいたくない!」とお悩みについて、転職を3回したぼくの経験から解説しています。...

 

転職エージェントに見捨てられない方法とポイ捨てされてしまった時の解決方法の詳細記事はこちら

市場価値が低いと転職エージェントに見捨てられる?ポイ捨てされてしまった時の解決方法も紹介
市場価値が低いと転職エージェントに見捨てられる?ポイ捨てされてしまった時の解決方法も紹介転職エージェントから見捨てられてしまっていると、本当に転職できるのか不安に感じるもの。 本記事では、転職エージェントに見捨てられてしまう原因、転職エージェントに見捨てられない方法、転職エージェントに見捨てられてしまった時の対処法について解説しています。...

 

転職エージェントが信用できない時に乗り切る方法の詳細記事はこちら

【迷う必要なし】転職エージェントが信用できない。。そんな時は即チェンジして乗り切るべき!
【迷う必要なし】転職エージェントが信用できない。。そんな時は即チェンジして乗り切るべき!信用していたはずの転職エージェントが信用できないと、本当に転職できるのか不安に感じるもの。ぼく自身も3回の転職の中で経験しました。 本記事では、転職エージェントに不信感を感じた時に、ぼくが実践していた具体的な対処法について紹介しています。...

 

転職で失敗しない方法の詳細記事はこちら

転職が怖い。。と不安な方へ伝えたい転職3回の経験から得た失敗しない方法
転職が怖い。。と不安な方へ伝えたい転職3回の経験から得た失敗しない方法転職は環境も大きく変わりますし、転職自体も確実に成功するわけではないので、怖いですし不安になりますよね。 本記事では、転職を3回経験したぼくの実体験から得た、転職で失敗しないための方法や具体例をまとめています。 怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...