仕事について紹介

システムエンジニアの年収は低いのか?給料を上げるために取るべき方法を解説します

システムエンジニアの年収は低いのか?給料を上げるために取るべき方法を解説します
システムエンジニア
システムエンジニア
システムエンジニア(SE)って、年収高いイメージ持っていたんだけど、現状はあんまり年収が高くない。。もしかして年収が上がりにくい仕事だったのかな??
ポチのすけ
ポチのすけ
給料高めなイメージのシステムエンジニア(SE)で給料が低いと、今後心配になりますよね。。

 

IT企業で営業として、システムエンジニアと一緒に働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

システムエンジニア(SE)の部長やマネージャーの人たちからは、配下のメンバーに何を求めているか、どのように育てていきたいかを、常に共有されています。

 

システムエンジニア(SE)は、アプリなどのソフトや企業で使うシステムなど、ITに関わる部分を作るためにも欠かせない存在です。

現時点でも人手不足で、今後もさらに足りなくなると言われているのに、年収が低いと将来が不安になるもの。

 

本記事では、

システムエンジニア(SE)の年収は低いのか?今後も低いままなのか?について解説していきます。

 

結論から言うと、自身のスキル会社のスタンスによって大きく変わるため、自分の行動次第で年収を大きく上げることが可能な仕事です。

 

給料を上げるために取るべき方法についても、合わせて解説していきます。

それでは、ご覧ください。

 

システムエンジニアの年収は低いのか?

年収

冒頭でもお伝えしたので、繰り返しになりますが、システムエンジニアの年収は以下の2点によって、大きく変わります。

  1. スキル
  2. 会社のスタンス

 

年収は本当にピンキリです。

200万円台のシステムエンジニア(SE)もいれば、1,500万円クラスのシステムエンジニア(SE)もいます。

 

何故ここまで年収で差がつくかというと、システムエンジニア(SE)は専門職のためです。

専門職に求められるのは、あの人は「このようなスキルがある凄い人」というスキル。

何もシステムエンジニア(SE)に限った話ではないのですが、専門職の年収はスキルとセットになっています。

 

スキルとは、

  • できる仕事が多い
  • 特定の分野でスペシャリストである

などのこと。

 

上記のようなスキルがあれば、基本的には年収は高くなります。

逆に、上記のスキルが足りないと、その時点では年収は低くなります。

 

また、スキル以外の面では、会社のスタンスで年収は変わってきます。

極端な話、システムエンジニア(SE)の年収をおさえてこき使ってやろうと考える経営者の元では、スキルが上がっても年収が上がりにくく低いままということはあります。

 

なので、システムエンジニア(SE)の年収が低いかどうかは、

  1. スキル(できる仕事が多い・特定の分野でスペシャリストである
  2. 会社のスタンス

によって変わってきます。

 

スポンサーリンク

システムエンジニアが年収を上げるために取るべき方法

年収を上げる

システムエンジニア(SE)が年収を上げるために取るべき方法は下記の2点です。

  1. スキルアップして、自社でステップアップ
  2. 給料が高めの会社に転職

 

システムエンジニアの年収が低い時に上げる方法として、まずは、スキルアップして、自社でステップアップにチャレンジしましょう。

現時点では年収が低くても、スキルアップしてできることを増やしたり、特定の分野でスペシャリストになれれば、年収は上がりますし、現実的なところ。

 

ただ、会社のビジネスモデルにあまり強みがない仕事であったり、システムエンジニア(SE)に価値を認めないような会社のスタンスだと、給料が劇的に上がっていく可能性は低いです。

なので、そのような場合は、給料が高めの会社に転職して年収を上げつつ、スキルも磨いていくことで更なる年収アップを狙うのがおすすめです。

では、具体的に何をするべきなのか、見ていきましょう。

 

方法①スキルアップして自社でステップアップ

システムエンジニア(SE)が年収を上げていくために取るべき方法の1つ目は、スキルアップして自社でステップアップすることです。

 

システムエンジニア(SE)は専門職になるので、自分は何ができるのかといったスキルが最も重要。

周りのエンジニアを見ていても、下記のことができると、仕事ができる人として、役職がついて年収が上がっていきます。

  • できる仕事が多い
  • 特定の分野でスペシャリストである

 

できる仕事が多いというところを掘り下げると、下記のようなことができることになります。

  • 〇〇というプロジェクトで、〇〇を構築した経験がある
  • 自社サービスで開発を担当した経験がある(スマホアプリのサービスを作ったことがある、など)
  • 手を動かす開発だけでなく、プロジェクトのマネジメント(PM)経験が豊富
  • メンバーのマネジメントができる
  • 難易度が高いシステムの知見や経験がある
  • 技術的な視点で提案活動ができる

など、コードを書くような手を動かす作業以外でもやれることが多いと、できる仕事が多いので、年収が上がっていきます。

※意外かもしれませんが、技術的な視点で提案活動もできると、ものすごく価値が上がります。

 

特定の分野でスペシャリストであるというところを掘り下げると、下記のようなことができることになります。

  • ERPの領域で技術的な知見がある
  • 実際にコードを書いてERPを利用したシステムを構築できる
  • 会計システムの構築に強い
  • 実際にコードを書いて会計システムを構築できる
  • AIに対して技術的な知見がある
  • 実際にコードを書いてAIを利用したシステムを構築できる
  • IoTに対して技術的な知見がある
  • 実際にコードを書いてIoTのシステムを構築できる

などのように、特定の分野の知見やシステム構築の実績があると、その価値が認められて年収が上がっていきます。

 

人は死ぬまで成長できるもの。

システムエンジニア(SE)として、現時点ではスキルや経験値が足りなくても、粘り強く学んで失敗を経験に変えていくことで、成長できます。

また、世の中の流れを読みながら、必要とされるスキルを戦略を立てて身につけるのもおすすめ。

成長=スキルアップすることで、自社でステップアップして年収を上げていけます。

 

方法②給料が高めの会社に転職

システムエンジニア(SE)が年収を上げていくために取るべき方法の2つ目は、給料が高めの会社に転職することです。

 

今の会社の仕組みが、あまり年収が上がらないような仕組みになっていたら、良い会社への転職が必須。

残念ながら会社によっては、システムエンジニア(SE)へ払う給料を抑えているところもあったり、システムエンジニア(SE)から見て評価体制が不利な会社もあるためです。

 

IT業界は今後も伸びていく業界。

また、システムエンジニア(SE)は、現時点でも以下の経済産業省のデータからも分かる通り人手不足なので、スキルがあれば引く手数多。

経済産業省が出している以下のデータからも、IT人材は2015年の時点ですでに17万人不足しており、2030年には59万人が不足するであろうと予測されています。

IT人材(エンジニア)は不足する

参照:経済産業省『IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果』

もちろん、IT業界で働いているぼく自身も、エンジニア不足を日々痛感しています。

お客さんから、

「このスケジュールでサービスをリリースしたい!」

と言われますが、エンジニア不足で人をアサインできないため、少し予定を遅らせてもらうこともあるくらいです。

 

なので、システムエンジニア(SE)の方は、評価される会社に行きつつ能力を磨き続けていれば、年収を上げていけます。

 

具体的には、

年収300万ぐらいなら、まずは転職で年収を伸ばした方が早いです。

年収700万や、それ以上を目指す場合はスキルが必要になるので、仕事の中でスキルアップしつつ、評価してくれる会社に転職する戦略がおすすめです。

 

転職する時は、エンジニア転職に強く、多くの求人をカバーしている転職エージェントである、ワークポートレバテックキャリアがおすすめです。

自分のスキルに自信がある方は、ハイスキルエンジニア向けのBINARもおすすめです。

 

ワークポートは、IT業界とのつながりが多く、非公開求人も多く持っています。

全業種合わせて常時15,000件以上の求人を持っているほど。

全国の求人に対応しているので、どんな人にもおすすめです。

 

レバテックキャリアは、首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)、関西圏(大阪・兵庫・京都)、福岡に求人が集中しているものの、たくさんの企業の求人を持っています。

また、担当者が定期的に企業訪問をしているので鮮度の高い情報が手に入ります。

その他、元エンジニアのエージェントもおり、具体的な悩みをわかってくれるので、サポート体制もバッチリです。

 

BINARは、ハイスキルを持ちながら年収が低いと悩んでいるエンジニアの方向けのおすすめの転職エージェントサービス。

スカウトが来る企業は、年収1,000万円以上を提示できるようなハイクラスの求人だけなので、年収を上げていきたいエンジニアの方にとってピッタリです。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

BINARの特徴・メリットについてIT業界で働く視点を入れて解説します
BINARの特徴・メリットについてIT業界で働く視点を入れて解説しますBINARは、あのビズリーチがリリースしているハイスキルITエンジニアに特化した転職サエージェントサービス。 自分のスキルに自信があって、もっと年収を上げていきたいITエンジニアにおすすめ! 本記事では特徴・メリット・利用した方が良い人について紹介しています。...

 

基本的にはるワークポートレバテックキャリアに登録しておき、自分のスキルに自信がある方はBINARにも登録するのがおすすめ。

求人状況は刻一刻と変わるので、興味があれば最新情報を仕入れるためにも、早めに登録しておきましょう。

ワークポートの無料登録はこちらから

 

レバテックキャリアの無料登録はこちらから

 

BINARの無料登録はこちらから

 

 

スポンサーリンク

システムエンジニアの年収は低いのかまとめ

お話してきたことをまとめます。

システムエンジニア(SE)の年収は、本当にピンキリで、下記の2点で大きく変わります。

  1. スキル(できる仕事が多い・特定の分野でスペシャリストである
  2. 会社のスタンス

なので、現時点では年収が低くても、スキルアップしてできることを増やしたり、特定の分野でスペシャリストになれれば、年収は上がります。

 

ただ、システムエンジニア(SE)に価値を認めないような会社のスタンスだと、年収は低いままの危険があるので、給料を高めに出している会社に転職することで年収を上げることができます。

転職を手助けしてくれるエンジニア転職に強い転職エージェントは、以下になります。

 

現時点で年収が低い。。とお悩みのシステムエンジニア(SE)の方にとって、参考になれば嬉しいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

ワークポートの無料登録はこちらから

 

レバテックキャリアの無料登録はこちらから

 

BINARの無料登録はこちらから

 

 

ぼくが経験した会社の業務内容や年収についてのまとめ記事はこちら

仕事が合わないと感じた時に知っておきたい他の会社の業務内容や年収について。3つの業界を経験したぼくの実体験を紹介
仕事が合わないと感じた時に知っておきたい他の会社の業務内容や年収について。3つの業界を経験したぼくの実体験を紹介仕事が合わない。。と感じている人は、他の会社を知っておくことで選択肢が広がるのでキャリアに有利になります。 本記事では、ぼくが経験した4つの仕事とITエンジニアについて紹介しています。 是非、ご覧ください。...