仕事について紹介

システムエンジニアの年収は低いのか?給料を上げるために取るべき方法を解説します

システムエンジニアの年収は低いのか?給料を上げるために取るべき方法を解説します
システムエンジニア
システムエンジニア
システムエンジニア(SE)って、年収高いイメージ持っていたんだけど、現状はあんまり年収が高くない。。もしかして年収が上がりにくい仕事だったのかな??
ポチのすけ
ポチのすけ
給料高めなイメージのシステムエンジニア(SE)で給料が低いと、今後心配になりますよね。。

 

IT企業の営業として、システムエンジニアと一緒に働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

システムエンジニア(SE)の部長やマネージャー、一般職の方々から給料事情を聞いているため、システムエンジニア(SE)の給料についてよく知っています。

 

システムエンジニア(SE)は、アプリなどのソフトや企業で使うシステムなど、ITに関わる部分を作るためにも欠かせない存在です。

現時点でも人手不足で、今後もさらに足りなくなると言われているのに、年収が低いと将来が不安になるもの。

 

本記事では、

  • システムエンジニア(SE)の年収は低いのか?
  • 低い場合、今後も低いままなのか?

について解説していきます。

 

結論から言うと、自身のスキル会社のスタンスによって年収は大きく変わるため、システムエンジニア(SE)は自分の行動次第で年収を大きく上げることが可能な仕事です。

現時点で年収が低い場合、年収を上げるために取るべき方法についても、合わせて解説していきます。

それでは、ご覧ください。

 

システムエンジニアの年収は低いのか?

年収

冒頭でもお伝えしたので、繰り返しになりますが、システムエンジニアの年収は以下の2点によって、大きく変わります。

  1. スキル
  2. 会社のスタンス

 

年収は本当にピンキリ

200万円台のシステムエンジニア(SE)もいれば、1,500万円クラスのシステムエンジニア(SE)もいます。

 

何故ここまで年収で差がつくかというと、システムエンジニア(SE)は専門職のためです。

専門職に求められるのは、あの人は「このようなスキルがある凄い人」というスキル。

何もシステムエンジニア(SE)に限った話ではないのですが、専門職の年収はスキルとセットになっています。

 

スキルとは、

  • できる仕事が多い
  • 特定の分野でスペシャリストである

などのこと。

 

上記のようなスキルがあれば、基本的には年収は高くなります。

逆に、上記のスキルが足りないと、その時点では年収は低くなります。

 

また、スキル以外の面では、会社のスタンスで年収は変わってきます。

極端な話、システムエンジニア(SE)の年収をおさえてこき使ってやろうと考える経営者の元では、スキルが上がっても年収が上がりにくく低いままということはあります。

 

なので、システムエンジニア(SE)の年収が低いかどうかは、

  1. スキル(できる仕事が多い・特定の分野でスペシャリストである
  2. 会社のスタンス

によって変わってきます。

 

スポンサーリンク

システムエンジニアが年収を上げるために取るべき方法

年収を上げる

システムエンジニア(SE)が年収を上げるために取るべき方法は、下記の3点です。

  1. IoTやAIの知識や技術を身に着ける
  2. スキルアップして自社でステップアップ
  3. 給料が高めの会社に転職

 

システムエンジニア(SE)は専門職になるため、年収を上げるためには専門性を高めてスペシャリストになることが必須。

IoTやAIなどをはじめとして、様々な技術を身に着けることで専門性を高めると、年収が上がりやすくなります。

IoT(アイオーティー)

・・・モノとインターネットがつながる技術の総称で、最近ではスマート家電などで話題の技術です。

まだまだ技術者が少ないので、技術を身に着けると、周りとの差別化が可能。

現時点では年収が低くても、特定の分野でスペシャリストになれれば年収は上がります。

 

自社でステップアップできれば一番良いですが、

  • 会社のビジネスモデルにあまり強みがない
  • システムエンジニア(SE)に価値を認めないような会社のスタンス

だと、給料が劇的に上がっていく可能性は低いです。

 

なので、そのような場合は、給料が高めの会社に転職して年収を上げつつ、スキルも磨いていくことで更なる年収アップを狙うのがおすすめ。

では、具体的に何をするべきなのか、見ていきましょう。

 

方法①IoTやAIの知識や技術を身に着ける

システムエンジニア(SE)が年収を上げていくために取るべき方法の1つ目は、IoTやAIの知識や技術を身に着けることです。

 

システムエンジニアの年収が低い時、年収を上げる方法として一番の近道は、希少価値の高い人材になること。

希少価値の高い人材になることで、自社でステップアップするにしても転職でステップアップするにしても、年収を上げやすくなります。

具体的には、どんどん広がっていく領域であるIoTやAIの知識や技術を身に着けること。

IT業界に身を置いているぼく自身、色んなシステム案件をやっていますが、最近は工場のIoT案件や、企業の購買システムなどにAIを導入するような案件がどんどん増えています。

今後もIoTやAIを使ったサービスやシステムは、企業向け個人向けを問わず、どんどん増えるのは間違いない流れ。

 

IoTやAIの知識や技術を身に着けるには、社内研修プログラミングスクールを使って身に着けるのがおすすめです。

社内研修

 

自社で研修があれば、積極的に受けに行きましょう。

費用がかからないことも多く、費用がかかったとしても会社負担で済むからです。

自社内で開催される研修もあれば、社外で行っている研修に参加できる場合もあります。

今一度、会社内の研修内容を見直しましょう。

 

プログラミングスクール

 

費用がかかるものの、自分が学びたい言語や技術を学ぶのに向いています。

独学では不明点があった時に挫折しがちなところも、講師に聞けるのですぐに解決!

通う必要なくオンラインで完結できるプログラミングスクールもあり、おすすめは以下の2つ。

 

TechAcademy(テックアカデミー)

ポイントは以下の通り。

料金:有料(最安値99,000円~)

学び方:オンライン型

年齢制限:なし

学べる言語・スキルRuby、Ruby on Rails、Git、GitHub、HTML5、CSS3、Bootstrap、SQL、Heroku、PHP、Python、Laravel、Swift、Java、Kotlin、Solidity、Scala、JavaScript、jQuery、Unity、C#、ブロックチェーン

学ぶ期間:4週間~16週間で柔軟に選択可能(約1ヶ月~約4ヶ月)

主な特徴:パーソナルメンターがついてサポート!

こんな人におすすめ!:通学せずに自宅から好きな時に勉強したい人

デメリット:通学がないため、強い意志がないといくらでサボれてしまう

 

TechAcademy(テックアカデミー)は、年齢制限がなく現役エンジニアである専属のパーソナルメンターが、学習の目標達成まで徹底サポートしてくれるので安心。

AIの開発に欠かせないPython(パイソン)もありますし、それ以外にも学べる言語も多いため、新たに知識を身に着けたい方にピッタリです。

1週間の無料体験コースもありますので、まずはこちらから体験して、一歩を踏み出しましょう。

TRY NOW

TechAcademy(テックアカデミー)無料キャリアカウンセリング

 

 

Tech Boost(テックブースト)

ポイントは以下の通り。

料金:有料

<通学>

  • 入学金(税別):269,800円(学生199,800円)
  • 月額(税別) :29,800円

<オンライン>

  • 入学金(税別):184,800円(学生147,800円)
  • 月額(税別) :29,800円

学び方:通い型・オンライン型の両方可能

年齢制限:なし

学べる言語・スキル:HTML、CSS、Ruby/Ruby on Rails、PHP、Laravel、jQuery、JavaScript、Python、ブロックチェーン、IoT

学ぶ期間:3ヶ月~

主な特徴:通学・オンライン(ネット)の両方から選べて、オーダーメイドの学習プランを立てれて、AI、ブロックチェーン、IoTが学べる!

こんな人におすすめ!:ネット(オンライン)でもオフラインでも現役エンジニアの講師に質問しながらAI、ブロックチェーン、IoTを学びたい人

デメリット:通う場合は東京にしか教室がないこと、就職サポートは東京都内のみ

アクセス:■東京都渋谷区円山町28-3 いちご渋谷道玄坂ビル5F

 

Tech Boost(テックブースト)は、あらかじめ用意されたコースだけでなく自分に合った学習プランを立てて学ぶことが可能。

また、AIの開発に欠かせないPython(パイソン)だけでなく、プログラミングスクールの中では珍しくIoT(アイオーティー)の学習も可能。

卒業後もテキストの閲覧ができるので、卒業しても継続的に学び続けられます。

まずはこちらから無料カウンセリングを受けて始めてみましょう。

TRY NOW

プログラミングスクール【Tech Boost】無料カウンセリング体験プロモーション

 

 

方法②スキルアップして自社でステップアップ

システムエンジニア(SE)が年収を上げていくために取るべき方法の2つ目は、スキルアップして自社でステップアップすることです。

 

システムエンジニア(SE)は専門職になるので、自分は何ができるのかといったスキルが最も重要。

周りのエンジニアを見ていても、下記のことができると、仕事ができる人として、役職がついて年収が上がっていきます。

  • できる仕事が多い
  • 特定の分野でスペシャリストである

 

できる仕事が多いというところを掘り下げると、下記のようなことができることになります。

 

  • 〇〇というプロジェクトで、〇〇を構築した経験がある
  • 自社サービスで開発を担当した経験がある(スマホアプリのサービスを作ったことがある、など)
  • 手を動かす開発だけでなく、プロジェクトのマネジメント(PM)経験が豊富
  • メンバーのマネジメントができる
  • 難易度が高いシステムの知見や経験がある
  • 技術的な視点で提案活動ができる

 

上記のように、コードを書くような手を動かす作業以外でもやれることが多いと、できる仕事が多いので年収が上がっていきます。

※意外かもしれませんが、技術的な視点で提案活動もできると、ものすごく価値が上がります。

 

特定の分野でスペシャリストであるというところを掘り下げると、下記のようなことができることになります。

 

  • ERPの領域で技術的な知見がある
  • 実際にコードを書いてERPを利用したシステムを構築できる
  • 会計システムの構築に強い
  • 実際にコードを書いて会計システムを構築できる
  • AIに対して技術的な知見がある
  • 実際にコードを書いてAIを利用したシステムを構築できる
  • IoTに対して技術的な知見がある
  • 実際にコードを書いてIoTのシステムを構築できる

 

上記のように、特定の分野の知見やシステム構築の実績があると、その価値が認められて年収が上がっていきます。

 

人は死ぬまで成長できるもの。

システムエンジニア(SE)として現時点ではスキルや経験値が足りなくても、仕事の中で粘り強く学んで失敗を経験に変えていくことで、成長できます。

なお、仕事の中で学ぶ際は、社内の有識者に聞いてナレッジ(経験)を共有してもらうと早く吸収可能。

社内で使えるものは積極的に使って学んでいきましょう。

また、スキルアップするには、先ほどご紹介した

  • 社内研修
  • プログラミングスクール

以外だと、自己学習によってもスキルアップ可能。

例えば、OracleやMicrosoftの資格を取得するために勉強する、など。

 

評価の証明としておすすめの資格については、以下の記事でまとめていますので、合わせてご覧ください。

システムエンジニア向けのおすすめ資格の詳細記事はこちら

 

方法③給料が高めの会社に転職

システムエンジニア(SE)が年収を上げていくために取るべき方法の3つ目は、給料が高めの会社に転職することです。

 

今の会社の仕組みが、あまり年収が上がらないような仕組みになっていたら、良い会社への転職が必須。

残念ながら会社によっては、システムエンジニア(SE)へ払う給料を抑えているところもあったり、システムエンジニア(SE)から見て評価体制が不利な会社もあるためです。

 

IT業界は今後も伸びていく業界。

また、システムエンジニア(SE)は、現時点でも以下の経済産業省のデータからも分かる通り人手不足なので、スキルがあれば引く手数多。

経済産業省が出している以下のデータからも、IT人材は2015年の時点ですでに17万人不足しており、2030年には59万人が不足するであろうと予測されています。

IT人材(エンジニア)は不足する

参照:経済産業省『IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果』

もちろん、IT業界で働いているぼく自身も、エンジニア不足を日々痛感しています。

お客さんから、

「このスケジュールでサービスをリリースしたい!」

と言われますが、エンジニア不足で人をアサインできないため、少し予定を遅らせてもらうこともあるくらいです。

 

なので、システムエンジニア(SE)の方は、評価される会社に行きつつ能力を磨き続けていれば、年収を上げていけます。

具体的には、

年収300万ぐらいなら、まずは転職で年収を伸ばした方が早いです。

年収700万や、それ以上を目指す場合はスキルが必要になるので、仕事の中でスキルアップしつつ、評価してくれる会社に転職する戦略がおすすめ。

 

なお、失敗しないためには転職エージェントをうまく活用するのが必須。

希望の転職先に行くためには、募集があるのかと、自分の考えに合う会社を見つける必要があり、それを助けてくれるのが転職エージェントだからです。

転職エージェントは、無料で以下のようなサービスを受けられるので、使わない手はありません。

  • 非公開求人含め多くの求人を紹介してくれる
  • 書類や面接対策について親身にアドバイスしてくれる
  • 企業に交渉してくれる

 

また、求人情報は水物。

採用が決まれば募集終了になってしまうので、情報収集を早めに行い、良い会社の求人を見逃さないようにしましょう。

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するようにしましょう。

1社の転職エージェントだけだと、求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になるからです。

 

システムエンジニア(SE)の方におすすめの転職エージェントは、エンジニア転職に強く、多くの求人をカバーしている、マイナビIT AGENTレバテックキャリアがおすすめ。

上記転職エージェントは、全部無料で登録・利用できます!

 

マイナビIT AGENT

 

マイナビIT AGENTは、業界大手のマイナビが運営するITエンジニア専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビだけがもっている優良求人・非公開求人が多い(紹介の80%は非公開求人)
  • 特に、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の優良企業の求人が豊富
  • 北海道・名古屋・大阪・福岡にも対応しているので安心
  • IT業界に精通したキャリアアドバイザーから書類添削や面接対策も受けられる

 

特に、20代~30代のITエンジニア転職に強いため、20代~30代の方にはおすすめの転職エージェント。

デメリットは、大都市圏以外の地方にはそこまで強くないというところです。

ただ、まったく求人がないわけではないので、転職を考えている場合、まずは登録して探してみましょう。

思わぬ掘り出し求人が出てくることも。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう!

TRY NOW

マイナビIT AGENTの登録はこちら(公式サイト)

 

 

レバテックキャリア

 

レバテックキャリアは、IT・Webに特化した専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • レバテックキャリアだけが持っている優良求人・非公開求人が多い
  • 首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)、関西圏(大阪・兵庫・京都)、福岡に対応
  • 年間3,000回以上の企業訪問によって得られた、鮮度の高い情報の提供が受けられる
  • 専門のアドバイザーには、具体的な悩みをわかっている元エンジニアのエージェントもおり、サポート体制は万全

 

特に、元ITエンジニアのエージェントがいるので技術的な話が通じるのと、元ITエンジニアだからこそわかる悩みを理解して提案してくれる転職エージェント。

デメリットは、首都圏、関西圏、福岡以外の求人が豊富ではないというところです。

ただ、まったく求人がないわけではないので、転職を考えている場合、まずは登録して探してみるのがおすすめ。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

レバテックキャリアの登録はこちら(公式サイト)

 

 

スポンサーリンク

システムエンジニアの年収は低いのかまとめ

お話してきたことをまとめます。

システムエンジニア(SE)の年収は、本当にピンキリで、下記の2点で大きく変わります。

  1. スキル(できる仕事が多い・特定の分野でスペシャリストである
  2. 会社のスタンス

 

そのため、システムエンジニア(SE)が年収を上げるために取るべき方法は、下記の3点。

  1. IoTやAIの知識や技術を身に着ける
  2. スキルアップして自社でステップアップ
  3. 給料が高めの会社に転職

 

現時点で年収が低い。。とお悩みのシステムエンジニア(SE)の方にとって、参考になれば嬉しいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

TechAcademy(テックアカデミー)無料キャリアカウンセリングはこちらから

 

 

TECH BOOST無料カウンセリングはこちらから

 

マイナビIT AGENTの無料登録はこちらから

 

レバテックキャリアの無料登録はこちらから

 

 

システムエンジニアの仕事がきつい理由と改善する方法の詳細記事はこちら

システムエンジニアの仕事がきつい理由と改善する方法をSEと一緒に動いている立場から解説「システムエンジニアの仕事がきつい。。」とお悩みの方に、仕事がきつい理由と改善する方法をご紹介します。 いつも様々な立場のシステムエンジニアと一緒に働いているため、入ってくる多くの情報をもとにお伝えしていきます。 是非、ご覧ください。...

 

ぼくが経験した会社の業務内容や年収についてのまとめ記事はこちら

仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!【ぼくが経験した業界の体験談も紹介】
仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!【ぼくが経験した業界の体験談も紹介】仕事の考え方や進め方が合わない時、そのまま頑張ってもうまくいかず、ストレスが溜まってしまい、最悪の場合、鬱(うつ)になってしまう可能性があるので、非常にマズいです。 本記事では、ぼくが経験した業界の体験談と会う仕事を探せる方法について紹介しています。 是非、ご覧ください。...