仕事についての紹介

手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由

手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由
手に職をつけたい人
手に職をつけたい人
手に職をつけたいと考えているんだけど、ITエンジニアっていいのかな?今後も伸びていく業界な気がするんだけど・・・
ポチのすけ
ポチのすけ
日々のニュースを見ても、IT業界って今後も伸びそうに見えますよね。

 

IT業界で営業として、ITエンジニアと協力しながら働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

ぼくはITエンジニアではありませんが、いつも一緒に働いているため、いろんなことがわかってきました。

結論からお伝えすると、興味があることが前提になりますが、手に職をつけるおすすめの仕事は、ITエンジニア(プログラマー)になります。

IT業界で働いているからこそですが、IT業界は日々のニュースの通り、現在も今後も伸びていく業界だと思っています。

ポチのすけ
ポチのすけ
なので、とてもおすすめですよ♪

 

本記事では、ぼくがIT業界で働いてわかったITエンジニアの仕事や、手に職をつけるおすすめの仕事である5つの理由、ITエンジニアになる方法をご紹介します。

それではご覧ください。

 

▼ITエンジニアへの転職はこちらから!

TRY NOW

GEEK JOB無料説明会はこちら(公式サイト)

 

ITエンジニアとは

ITエンジニア

 

ITエンジニアとは、IT(情報技術)の技術者たち全体をあらわす職業になります。

 

ITエンジニアは、理系の人がする仕事だと思われていますが、実際は文系の人でもなりやすい職業です。

コミュニケーション能力や、わかりやすく伝える文章力も必要だからです。(職場でも文系の人います)

そのためITエンジニアは、コンピューターに興味があったり、好きであれば理系・文系関係なく目指すことができる仕事になります。

 

ITエンジニアとは、大きく分けて、3種類に分けられます。

  1. システムエンジニア(SE)/プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. マークアップエンジニア

 

ただ、明確な定義があるわけではなく、会社によって呼び方が違ってきたりします。
インフラエンジニアはシステムエンジニアの一種でもあるので、システムエンジニアとも呼ばれます。

ここでは、理解のために簡単にご説明します。

 

①システムエンジニア(SE)/プログラマー

・・・目に見える画面推移や処理の部分を作成します。

 

システムの設計・製造・テストに一貫して携わり、 ソフトウェア製作の指揮を監督的な立場で行うのが、システムエンジニアです。

プログラマーは、システムエンジニアが考えたシステムやアプリケーションの設計に基づいて、 プログラミング作業を行う仕事です。

 

特にシステムエンジニアは、お客さんの要望にズレがないようにしなくてはいけませんし、プログラマーに正確にお客さんの要望を伝えなくてはならないため、コミュニケーション能力や論理的な文章能力も必要になるオールラウンダーとも言える仕事です。

そのため、文系の方も多いと言えます。

 

もちろんプログラマーも、プログラミングだけでなく、修正が必要なところがあったならそれに気づいて指摘することや相応の知識も求められます。

 

②インフラエンジニア(サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、データベースエンジニアなど)

・・・目に見えない基盤の構築を行います。

 

コンピューターを動かしているサーバーや通信に必要なネットワークの構築や保守を行います。

幅広い知識が求められます。

 

③Webデザイナー(マークアップエンジニア、コーダー、フロントエンドエンジニアなど)

・・・目に見える文字や構成部分を作成します。

 

Webデザインの作成などが多いため、技術だけでなく、わかりやすいデザインにするセンスも求められます。

 

スポンサーリンク

ITエンジニアがおすすめである5つの理由

おすすめ

 

手に職をつける仕事で、ITエンジニアがおすすめの理由は以下の5つになります。

 

  1. 今後伸びていく可能性が高い業界である
  2. 現在進行形で圧倒的に人手が足りていない
  3. 未経験でもなれる
  4. 転職前提で考えることで、良い会社にたどり着ける
  5. 万が一の時に、スキルを活かして職種を変えられる

 

それでは、一つずつ見ていきましょう。

 

おすすめの理由①今後伸びていく可能性が非常に高い業界である

 

IT業界は、時代の流れに乗って、現在も今後も伸びていく可能性が非常に高い業界です。

人々が便利で暮らしやすい世の中を求めている以上、止まることなく、すごいスピードで進化し続ける業界と言ってよいです。

 

今後も伸びていく可能性が非常に高いということは、新しいサービスも増えていくということです。

つまり、サービスを作り出す人であったり、サービスを安定して運営していくためには、ITエンジニアが必要です。

世の中の変化により、まわりに必要とされなくなり、仕事がなくなる可能性が極めて低い業界です。

 

おすすめの理由②現在進行形で圧倒的に人手が足りていない

 

現在、IT業界にいるぼくが肌で感じていることですが、ITエンジニアは現在進行形で圧倒的に人手が足りていません。

 

早く機能をアップデートしてサービスを出したくても、ITエンジニアの人手が足りないので、「調整に時間がかかっており、アップデートの時期は未定です。」と何度もお客さんに説明しているくらいです。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
さすがに、ITエンジニアの人が足りないのですぐに対応できません。とは言えない。。

 

どの会社もITエンジニアが足りていないと言えるレベルです。

 

また、サービスがどんどん進化することで、今後もますます人手が足りなくなる可能性が高いです。

つまり、ITエンジニアになりたい人にとっては、有利な立場にあります。

 

おすすめの理由③未経験でもなれる

 

ITエンジニアがおすすめなのは、未経験でもなれることです。

どういうことかというと、ITエンジニアになるには、パソコン経験などは特に必要ありません。

これから学んでいくという熱意と正しい努力があればなれるのです。

 

事実、ぼくがいる会社にも、まったくの未経験からITエンジニアとして入社してくる人もいます。

男性だけでなく、女性もです。

 

普通、手に職の仕事というと、過去に近しい仕事をした経験であったり、専門学校や大学を出ていないとなれないと考えているのではないでしょうか。

事実、そのような仕事は多いです。

 

ただ、ITエンジニアに関しては、

  • ITの知識がない
  • 専門学校に行ったことがない
  • ましてやパソコンも得意なわけではない

という状態でもなることができる、珍しい職業です。

 

未経験でもITエンジニアになれる理由は、さきほどお伝えしたように、IT業界が伸びていく業界なのと、現在進行形で圧倒的に人手が足りていないからです。

なので、今までパソコンが苦手な人であっても、興味があって、成長したい熱意があればウェルカムの状態です。

人間誰もが最初は未経験です。学ぶことで経験者に変わるだけです。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
なので、安心して下さい。心配しなくて大丈夫ですよ。

 

もちろん、いきなりITエンジニアとして転職するよりも、基礎があった方がのちのち有利なので、無料のプログラミングスクールに通ってから転職するのがおすすめです。

詳しくは、後述する『手に職をつけられるITエンジニアになる方法』で解説していますので、ご覧ください。

 

おすすめの理由④転職前提で考えることで、良い会社にたどり着ける

 

ITエンジニアは転職を重ねて、良い待遇で働くことが多いです。

手に職をつけるために、最初に入った会社にずっといる必要はありません。

 

転職前提で考えて、スキルアップするために努力することで、

 

⇒スキルアップするので、自分の価値が上がる

 

⇒良い待遇の会社に転職することで、給料アップや働きやすさが上がる

 

というプラスのサイクルができます。

 

どこの会社も優秀なITエンジニアがほしいため、大手企業や有名な企業ほど、

  • 給料がすごく高い
  • 労働時間が短い
  • 福利厚生が充実

のように、条件が良いので働きやすいです。

そのため、手に職をつけるだけでなく、転職前提で考えてスキルアップすることで、良い会社にたどり着けます。

 

おすすめの理由⑤万が一の時に、スキルを活かして職種を変えられる

 

IT業界には、プリセールス(別名セールスエンジニア)と呼ばれる仕事があります。

 

プリセールス(セールスエンジニア)は、ITエンジニアとしての専門知識を持ちつつ、営業をメインで行う職種です。

 

ぼくのような営業マンに同行してお客さんのところへ訪問し、技術面から交渉や調整のアドバイスをしながら、製品を提案したり販売していく仕事です。

 

通常の営業マンだけでは技術的な細かい知識が追いつかないこともあり、プリセールス(セールスエンジニア)が技術面の知識をもって手助けしています。

 

万が一、会社がなくなってしまったり、職種を変えたい場合でも、ITエンジニアならプリセールス(セールスエンジニア)としてスキルを活かして働けます。

 

スポンサーリンク

手に職をつけられるITエンジニアへ転職する方法

ITエンジニアになる方法

 

ITエンジニアにな転職する方法は、以下の3パターンです。

  1. 独学で学ぶ(本、Webサイト、動画などを利用)
  2. 学校で学ぶ(プログラミングスクール、塾、大学、専門学校などに通う)
  3. 会社に入って、仕事を通じて学ぶ

 

それぞれの良しあしがあるので、自分に合う方法でITエンジニアになっていただくのが良いのですが、ぼくがおすすめする戦略は、次の3段階をふんでステップアップすることです。

 

第1段階

まずは、無料のプログラミングスクールで基礎を学びつつ、今後のキャリア戦略を練って、ITエンジニアとして転職します。

約2ヶ月で基礎を学べて、キャリア戦略も練れて、転職の手助けまでしてくれる、GEEK JOBがおすすめです。(ただし、20代のみで、一都三県での転職希望者対象です)

 

第2段階

ITエンジニアとして入社したら、会社の仕事を通じて、スキルアップしていきます。

どの仕事にも言えますが、仕事の中で経験するのが、なによりも力がつく場です。

イレギュラーが起きることも多いと思いますが、自分の経験としてスキルアップできます。

 

第3段階

会社で仕事をしつつ、わからないことや、自分に足りないことを独学で学びます。

本、Webサイト、動画などを利用して調べると、多くの情報がありますので、良いものを選んでさらにスキルアップします。

人によっては、スキルの証明として、資格に挑戦しても良いと思います。

 

第3段階までクリアできれば、未経験からスタートしたとしても、スキルがある経験者になっていますので、さらに良い待遇を得るための転職がしやすくなります。

第3段階まで到達して転職する時のおすすめは、

経験年数が1~2年など短期であったら、dodaなどの大手転職サイトがおすすめです。

スキルが一定以上になってきたら、ITエンジニア特化のレバテックキャリアや、ワークポートがおすすめです。

 

まとめると、手に職をつけられるITエンジニアになるためには、まずは第1段階が最も重要です。

プログラミングの基礎を学んで、かつITエンジニアとして転職して会社に入る部分です。

 

今は、無料で基礎の部分が学べるプログラミングスクールがあるので、そちらをうまく活用しましょう。

「リスクを取って有料のプログラミングスクールを受けましょう!」と勧める方がいますが、まったくおすすめできません。

 

「手に職をつけたい!」と考える方にとって、いきなりお金を出すというハードルが高すぎるからです。

 

また、無料のプログラミングスクールも色々ありますが、3か月や半年もかかってしまうのも考えものです。

無料のプログラミングスクールに通っている間の生活費はかかるわけですし、何もかも覚えようとしたら半年あっても時間が足りないので効率が悪いです。

 

先ほどもご説明しているので繰り返しになりますが、実際に仕事をしながら覚えていくのが最も力がつくので効率的です。

 

以上のことから、無料のプログラミングスクールの中で、基礎を学びつつ、今後の戦略が練れて、転職して入社するまで約2ヶ月で済むGEEK JOBがおすすめです。

TRY NOW

GEEK JOB無料説明会はこちら(公式サイト)

 

※ただし、GEEK JOBは20代のみで、一都三県での転職希望者が対象になります。

30代以上であったり、地方のお住まいの方であれば、無料プログラミングスクール11選を徹底比較!未経験者にもおすすめな教室をまとめました!という記事にまとまっていますので、こちらをご覧ください。

 

上記記事は、プログラミングを学んだ経験がある、ぶんたさんが運営しているブログになります。

 

スポンサーリンク

手に職おすすめのITエンジニアまとめ

 

お話してきたことをまとめます。

興味があることが前提になりますが、手に職をつけるおすすめの仕事は、ITエンジニア(プログラマー)になります。

 

ITエンジニアとは、IT(情報技術)の技術者たち全体をあらわす職業になります。

大きく分けて、3種類に分けられます。

  1. システムエンジニア(SE)/プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. マークアップエンジニア

 

手に職をつける仕事で、ITエンジニアがおすすめの理由は以下の5つになります。

  1. 今後伸びていく可能性が高い業界である
  2. 現在進行形で圧倒的に人手が足りていない
  3. 未経験でもなれる
  4. 転職前提で考えることで、良い会社にたどり着ける
  5. 万が一の時に、スキルを活かして職種を変えられる

 

ITエンジニアになる方法で一番のおすすめは、無料のプログラミングスクールを利用することです。

おすすめはGEEK JOBになります。

 

 

手に職をつけるための大切な考え方や方法については、以下の記事でもまとめています。

手に職をつけたい方の手助けになったら嬉しいです。

手に職をつける専門学校の詳細記事はこちら

手に職をつけるための専門学校で 失敗しないために大切な3つの考え方
手に職をつけるための専門学校で失敗しないために大切な3つの考え方手に職をつけるために、学習と就職(転職)支援をセットで行える専門学校(専門スクール)に通う時や通っている時に大切な3つのことについて紹介しています。 失敗談も紹介しているので、専門学校選びや就職で失敗したくない方は是非ご覧ください。...

 

GEEK JOBの詳細記事はこちら

GEEK JOBの運営会社に話を聞いてみてわかった5つのメリット
GEEK JOBの運営会社に話を聞いてみてわかった5つのメリットGEEK JOB(ギークジョブ)キャンプを運営するGROOVE GEAR(グルーヴ・ギア)株式会社に訪問して、話を聞いてみてわかった5つのメリットについて紹介しています。 どのような考え方をするとうまくいくのか、といったことや、注意すべき点も合わせて解説しています。 是非ご覧ください。...

 

手に職をつける方法の詳細記事はこちら

手に職をつけるための方法は2つ。 学習と職場の紹介をもらうこと
手に職をつけるための方法は2つ。学習と職場の紹介をもらうこと手に職をつけるための2つの方法について解説しています。 学習すること、働ける職場の紹介をしてもらうことが必要になります。手に職をつけるための具体例も紹介しています。 是非ご覧ください。...

 

また、ぼくの会社は、毎月のようにエンジニアで転職してくる人が多いので、いろんな人にどのような経緯で転職しているのか常に情報収集しています。

今後も最新の情報を入手したら随時更新していきますので、ご期待ください。

 

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

TRY NOW

GEEK JOB無料説明会はこちら(公式サイト)