仕事について紹介

プログラマーの仕事は将来なくなる?どうキャリアプランを描けばいいかIT企業で働く人の実例から紹介

プログラマーの仕事は将来なくなる?どうキャリアプランを描けばいいかIT企業で働く人の実例から紹介
プログラマーになりたい人
プログラマーになりたい人
プログラマーって、手に職の仕事だと思うんだけど将来も安心して働ける?
プログラマーの人
プログラマーの人
今後AIが本格的に普及したら、仕事なくなっちゃう気がして心配。。これからどうキャリアを歩んでいけばいいのか悩んでる。。
ポチのすけ
ポチのすけ
将来、急に職を失うかもという情報を見てしまうと、恐怖ですよね。。

 

IT企業で営業として、プログラマーと一緒に働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

働いている会社には自社の社員だけではなく、協力会社の人もおり、様々なキャリアのパターンを見てきています。

 

AIが今後普及すると言われており、気になるのがプログラマーの将来性。

がんばって勉強してプログラマーになったのに、将来性ないとか言われると、すごく不安ですよね。

今後も安心して仕事を続けるためにも、今からできることを知って対処していきたいもの。

 

本記事では、

プログラマーの仕事は将来なくなるのか?

というお悩みについて解説していきます。

 

結論から言うと、

現時点ですぐに仕事がなくなることはないものの、将来的にはプログラマーの仕事がなくなる可能性があります。

とはいえ、キャリアプランを描いて行動することで、将来も働き続けることが可能。

そのためには、スキルを身につけることが不可欠。

 

本記事後半では、ぼくが働きながら見てきた、プログラマーになった方のキャリアプランの実例をご紹介していきます。

どうやってキャリアを築いていけばいいか不安な方は、是非最後までご覧ください。

 

プログラマーの仕事は将来なくなる可能性がある

仕事が減る

冒頭でもお伝えしましたが、プログラマーの仕事は、将来なくなる可能性があります。

厳密には、仕事がなくなるとはいかなくても、仕事が大幅に減る可能性があるということ。

 

どういうプログラムにするのかという設計が終わっていれば、コードを書くプログラミングの部分は、AIによって自動化される可能性があるためです。

ちなみに、プログラマーとSE(システムエンジニア)は、厳格に役割分担がされているわけではないですが、大枠は違っています。

 

SE(システムエンジニア):ソフトウェアの製作や、システム構築プロジェクトの監督的な立場で指揮をする

プログラマー:SE(システムエンジニア)が考えたシステムや、アプリケーションの設計に基づいてプログラミング作業を行う

 

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由
手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由手に職をつける仕事の一つであるITエンジニア(プログラマー)がおすすめである5つの理由を紹介しています。 現在、IT業界でITエンジニア(プログラマー)と一緒に働いているからこそわかる、おすすめの理由になります。 手に職をつけたい方は、是非ご覧ください。...

 

ただ、実際は急にプログラマーの仕事はなくならないです。

自動化する部分というのは、決まった作業である定型業務から始まるので、プログラミングよりも事務作業の方が先に自動化されます。

なので、事務職の人の方が、AIの発達によって仕事がなくなるのが早いです。

 

決まった作業ではないプログラミングだと、

  • バグが発生する
  • 設計や設定がミスっていてやり直し
  • お客さんの要望が変わって修正が入る

などもありますし。

ソフトウェアメーカーなど、自社でソフトを作るのであれば、どのようなものにしたいのかを、営業担当側とも話し合って決めていきます。

そのため、臨機応変にプログラミングをすることが必要。

SIerであれば、お客さんの要件に合わせてシステムを作り上げるので、お客さんとよく話し合って決めていきます。

お客さんの要望も、決まったパターンがあるわけではないので、要望をきちんと汲み取って臨機応変にプログラミングすることが必要。

 

プログラマー
プログラマー
じゃあ、まだしばらくは、プログラミングをする仕事であるプログラマーも安泰ってこと?
ポチのすけ
ポチのすけ
そうですね。臨機応変に対応できるAIが出てこない限りは、急に仕事がなくなるとは考えにくいです。

 

なお、現時点でもAIではないですが、プログラミング無しで使えるサービスはあります。

例えば営業系のシステムでいうと、サイボウズ社のkintone(キントーン)は、プログラミングをしなくても、使うアプリを自分たちで作り込むことが可能。

マウス操作で直観的に作ることができるように設計されています。

 

他にも、WordPress(ワードプレス)など、プログラミング自動化のサービスがあるので、利用したい人にとっては便利になってはきています。

また、最近はノーコードという、難しいプログラミングが不要でアプリを作成できるようなものもあります。

 

※ただ、プログラミング無しで誰でも作ることができるサービス自体を作るには、プログラミングして作る必要があるので、現時点ではプログラマーの需要もちゃんとあります。

ITの技術は流れが早いので、IT業界に身を置いている立場としては、今後も最新情報をつかんでいくつもりです。

 

スポンサーリンク

プログラマーはどうキャリアプランを描けばいいか

プログラマーはどうキャリアプランを描けばいいか

プログラマーは、将来的には仕事が大幅に減る可能性があるものの、現時点ではすぐに仕事がなくなるわけではありません。

とはいえ、将来の不安をなくすためにも、今からキャリアプランを描いて行動することが必須。

 

プログラマーの方のキャリアプランの方向性は、大きく分けると以下の2通りに分かれます。

プログラマーの方向性
  • マネジメントをする管理者
  • 現場の第一線で活躍するスペシャリスト

 

管理者もスペシャリストも、どっちが良いということはなく、それぞれの良さがあります。

管理者はチームとして動きながら、より経営者目線で仕事ができます。

部下の育成にも携われます。

スペシャリストは、最新技術をシステム上で反映させるためにどうしたらいいのかということを突き詰めるので、楽しく仕事をすることが可能。

なお、自分が管理者とスペシャリストのどちらがよいかは、自分の希望だけでなく、その人自身の性格や向き不向きもあります。

 

プログラマー初心者
プログラマー初心者
キャリアプランって言われても、よくわからないけど、とりあえず働いていれば見えてくるものじゃないの?
ポチのすけ
ポチのすけ
それもありますが、スキルを身に着けることを意識しながら仕事をすることで、キャリアプランがより具体的に見えてくるものです。

 

常にスキルを身に着けることを意識しながら仕事をすることで、自分ができることが増えていきます。

自分のできることが増えると、管理者とスペシャリストの方向性も見えてきますし、

自分が求めている未来に対して、

  • 今どの段階にいるのか
  • 何が足りないのか
  • 求めるスキルを身につける方法は、どのようにするのが効率的か
  • 求めるスキルが身につくと、自分の立ち位置や給料はどのぐらいになるのか

を把握しながら働けるため、漠然と仕事をする時と比べてスキルの習得度合も違います。

 

専門職であるプログラマーの方の武器はスキルです。

スキルによって、

  • 仕事内容
  • 給料

に明らかに差が出る仕事がプログラマー。

 

なので、日々スキルを身に着けることを意識しながら仕事をすることで、キャリアプランがより具体的に見えてきますし、AIが発達しても仕事がなくなることなく生き残れます。

 

スポンサーリンク

【実例】プログラマーの方が将来も働き続けるための3つのキャリアプラン

【実例】プログラマーの方が将来も働き続けるための3つのキャリアプラン

ここからは、プログラマーの方向けに、ぼくが周りの人たちに見聞きしたキャリアプラン3パターンをご紹介します。

プログラマーの方が将来も働き続けるためのキャリアプランは、以下の3つ。

  1. 転職しながらキャリアアップ
  2. 同じ会社でキャリアアップ
  3. 独立してキャリアアップ

スキルを身につけることを意識して、できる仕事を増やすことで、

  • 管理者
  • スペシャリスト

の、いずれの方向でも、キャリアアップしていけます。

 

キャリアプラン①転職しながらキャリアアップ

転職しながらキャリアアップ

キャリアプランの1つ目は、転職前提でスキルを身につけながらキャリアアップしていくこと。

現実的かつ、一番おすすめのキャリアプランになります。

 

最初から

  • 福利厚生がしっかりしている
  • 求めるスキルを身につけやすい
  • 色んな経験を積める

という環境の会社に入ることは難しいです。

※最初から理想の会社に行けた場合は、その会社でキャリアアップをすればOK。

プログラマーやシステムエンジニアなど、いわゆるITエンジニアは、転職するのが当たり前というほど、みんな動きます。

ぼくのいる会社でも、前の会社で色々な経験を積んでから転職してくる人も多いのが実情。

業界は違いますが、料理人の方が、色んな店舗を渡り歩いて経験を積んでいくのと似ているところがありますね。

 

なので、プログラマーの方が転職前提でキャリアアップするのは一般的です。

今の会社が給料などの条件が悪くても、悲観的にならなくてOK。

 

入った会社でスキルアップして経験を積んだら、

  • 良い条件の会社に転職する
  • さらにレベルアップできそうな会社に転職する

ことで、キャリアアップしていきましょう。

 

転職しながらキャリアアップする方法の、おおまかな流れは以下の通り。

転職しながらキャリアアップする方法

 

  1. プログラミングスクールで勉強してプログラマーになる
  2. 会社で仕事をしながら経験を積んでスキルアップ
  3. 転職して新たな仕事でスキルを身に着けつつ、待遇もアップ
  4. 資格の勉強や、違う言語の習得などでできることの幅を広げる
  5. もっと待遇が良く色んな事ができる職場に転職

 

プログラミングスクール

おすすめのプログラミングスクール

これからプログラマーになろうとしている方や、プログラマーとして普段の仕事以外にも学びたい方は、プログラミングスクールで学びましょう。

 

プログラミングスクールは、ゼロからプログラマーになる場合だけではなく、スキルを身に着けるために、わからないことを聞けるのが大きなメリット。

プログラミングスクールによって、以下の内容が変わってくるため、自分に当てはまるプログラミングスクールを選んで学びましょう。

  • 料金(有料・無料)
  • 学び方(通い・オンライン)
  • 年齢制限(あり・なし)
  • 学べる言語
  • 学ぶ期間(1ヶ月~半年くらい)

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

おすすめのプログラミングスクールの詳細記事はこちら

プログラミングスクールの選び方とおすすめ6つをエンジニア集団の会社で働く視点で解説【無料あり】
プログラミングスクールの選び方とおすすめ6つをエンジニア集団の会社で働く視点で解説【無料あり】世の中にたくさんあるプログラミングスクールの選び方とおすすめ6つを厳選して紹介しています。 エンジニア集団の会社で働く視点から、おすすめスクール6つそれぞれの隠れたおすすめポイントも解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

仕事の中でスキルを身に着ける

スキルが身につく

一番スキルが身につくのは、何といっても実際の案件をやること。

教科書的なことだけでなく、案件によって様々な条件があり、それぞれで対応する必要があります。

例えば、案件によって構築する内容は同じでも、紐づいてるシステムが別ということも。

それによって、かかる工数(時間)が多くなったり少なくなったりするので、時間の割り振り方も変わります。

このように、色んなケースに対応することで、様々な案件をこなすことができるようになっていきます。

また、会社で仕事をすることで、自分のスキルを上げるだけでなく、プロジェクト経験としてアピールできることにもつながります。

 

転職する方法

エンジニアの方におすすめの転職エージェント

転職して新たな仕事をすることで、新しいスキルを身に着けることも可能ですし、待遇アップも可能。

転職するには、転職エージェントをフル活用しましょう。

 

なお、プログラマーの転職については、ITに強い転職エージェントを使うのがおすすめです。

  • 自分で良い会社を見つけるのは困難
  • ITに強い転職エージェントは良い非公開求人をたくさん持っている

というのが理由。

 

※プログラマーの転職先というのは、一般の転職以上に名前が知られていない会社も多いです。

※また、一般には公開されていない非公開求人を多く持っている転職エージェントだと、より理想の会社への転職が近づきます。

 

ITに強いおすすめの転職エージェントは、エンジニア転職に強く、多くの求人をカバーしているマイナビIT AGENTレバテックキャリア

上記転職エージェントは、全部無料で登録・利用できます!

 

マイナビIT AGENT

 

マイナビIT AGENTは、業界大手のマイナビが運営するITエンジニア専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビだけがもっている優良求人・非公開求人が多い(紹介の80%は非公開求人)
  • 特に、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の優良企業の求人が豊富
  • 北海道・名古屋・大阪・福岡にも対応しているので安心
  • IT業界に精通したキャリアアドバイザーから書類添削や面接対策も受けられる

 

特に、20代~30代のITエンジニア転職に強いため、20代~30代の方にはおすすめの転職エージェント。

デメリットは、大都市圏以外の地方にはそこまで強くないというところです。

ただ、まったく求人がないわけではないので、転職を考えている場合、まずは登録して探してみましょう。

思わぬ掘り出し求人が出てくることも。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう!

TRY NOW

マイナビIT AGENTの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

レバテックキャリア

 

レバテックキャリアは、日本マーケティングリサーチ機構の調査結果によると、ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれている、ITエンジニア経験者専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • 持っている求人情報7,000件以上のうち、80%以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  • 持っている求人は、大手IT企業からWeb系企業、スタートアップ企業までを幅広く網羅
  • 首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)、関西圏(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)、福岡に対応
  • 年間3,000回以上の企業訪問によって得られた、鮮度の高い情報の提供が受けられる
  • 専門のアドバイザーには、具体的な悩みをわかっている元エンジニアのエージェントもおり、サポート体制は万全
  • 複数回の推薦文や書類添削、年収交渉で年収アップ率は77%
  • 2021年1月にはサービス利用者数20万人突破!

 

特に、元ITエンジニアのエージェントがいるので技術的な話が通じるのと、元ITエンジニアだからこそわかる悩みを理解して、転職希望者にマッチする企業を提案してくれる転職エージェント。

デメリットは、首都圏、関西圏、福岡以外の求人はほぼないというところと、50代以上だと求人がないことです。

 

ただ、20代~40代の上記の地域に当てはまるエンジニアの方で転職を考えている場合、まずは登録して探してみるのがおすすめ。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

レバテックキャリアの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

資格の勉強や、違う言語の習得などでできることの幅を広げる

資格の勉強や、違う言語の習得などでできることの幅を広げる

スキルアップしながら転職したら、さらなるキャリアアップのために、資格の勉強や違う言語の習得などでできることを広げるのもポイント。

資格を見ても、スペシャリストとして極めていくのか、管理者の方向に進みたいのかでも変わってきます。

資格については、以下の記事でまとめていますので、合わせてご覧ください。

ITエンジニア向けのおすすめ資格の詳細記事はこちら

エンジニアにIT資格はいらない?取っても役に立たない⁈業界で働くぼくが実情を解説
エンジニアにIT資格はいらない?取っても役に立たない⁈業界で働くぼくが実情を解説ITエンジニアは資格なんかよりも現場の経験が大事なんじゃないか?と考える方も多いため、エンジニアにIT資格はいらないのでは?IT資格を取っても役に立たないんじゃないか?と思われることも多いです。 本記事では、IT業界でITエンジニアと一緒に働いているぼくが、IT資格の実情をご紹介します。...

 

また、違う言語を身につけるとできることがふえるので、自分の価値をさらに上げることが可能です。

話題のワードにひもづく言語を例として上げると、

  • 人工知能(AI)関連なら、Python(パイソン)
  • ビッグデータ関連なら、SQL(エスキューエル)

など。

 

今後自分がどうなりたいのかを考えて、プログラミングスクールなどを利用して、必要な言語を習得していくのがおすすめ。

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

おすすめのプログラミングスクールの詳細記事はこちら

プログラミングスクールの選び方とおすすめ6つをエンジニア集団の会社で働く視点で解説【無料あり】
プログラミングスクールの選び方とおすすめ6つをエンジニア集団の会社で働く視点で解説【無料あり】世の中にたくさんあるプログラミングスクールの選び方とおすすめ6つを厳選して紹介しています。 エンジニア集団の会社で働く視点から、おすすめスクール6つそれぞれの隠れたおすすめポイントも解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

キャリアプラン②同じ会社でキャリアアップ

同じ会社でキャリアアップ

キャリアプランの2つ目は、同じ会社でスキルを身につけながらキャリアアップしていくこと。

最初からたまたま良いと思える会社に入れた時や、何度か転職して自分が求める条件に合う会社に入った時のキャリアプランになります。

 

同じ会社でキャリアアップするための、おおまかな流れは以下の通り。

同じ会社でキャリアアップする方法

 

  1. プログラミングスクールで勉強してプログラマーになる
  2. 会社で仕事をしながら経験を積んでスキルアップ
  3. 資格の勉強や、違う言語の習得などでできることの幅を広げる

 

前述した、転職してキャリアアップする方法から、『転職する』という部分がなくなったのが違いです。

 

キャリアプラン③独立してキャリアアップ

独立してキャリアアップ

キャリアプランの3つ目は、スキルを身につけたら独立してキャリアアップしていくこと。

プログラマー初心者の方がいきなり独立するのは無謀ですが、現にぼくの会社でも、スキルを身につけてから独立する方は一定数います。

 

独立してフリーランスとしてうまくいくと、

  • 高年収
  • 自分の時間を多く持てる

などのメリットがあります。

 

半面、以下のようなデメリットがあります。

フリーランスとして働くデメリット

 

  • クビにされるリスク
  • 保険料が高くなる
  • 税金関連をすべて自分でやる
  • 損害を与えてしまった場合、全て自己責任
  • プログラミング以外の仕事を任せられないことが多い

 

そのため、メリットデメリットを比べて、独立してフリーランスになるメリットが大きいと感じたのであれば、逆算して一つずつ階段を上っていくべき。

考えがまとまらないうちは焦って決める必要はなく、まずは会社で働きながら考えるのが良いです。

 

独立してキャリアアップする方法の、おおまかな流れは以下の通り。

独立してキャリアアップする方法

 

  1. プログラミングスクールで勉強してプログラマーになる
  2. 会社で仕事をしながら経験を積んでスキルアップ
  3. 必要に応じて転職する
  4. 働いている会社で求められるスキルを身につけておく
  5. 資格の勉強や、違う言語の習得などでできることの幅を広げる
  6. フリーランスになる準備をする
  7. フリーランスとして働く

上記は、最初から独立を目指してやる方も、途中で独立を視野に入れる方も、両方に通じるキャリアプランになります。

前述した、転職してキャリアアップする方法に、

  • 働いている会社で求められるスキルを身につけておく
  • フリーランスになる準備をする
  • フリーランスとして働く

という部分が追加されているのが違いのため、その部分を解説します。

 

働いている会社で求められるスキルを身につけておく

働いている会社で求められるスキルを身につけておく

今働いている会社で必要とされるスキルを身に着けておくと、独立した時にも声をかけてもらえるので仕事が安定します。

 

実際、ぼくがいる会社には、元社員で独立したフリーランスの方も働いています。

元の会社で求められるスキルのレベルが高いため、独立しても元の会社から必要とされているレベル。

そのため、今働いている会社で必要とされるスキルを身に着けておくと、

  • 仕事が安定する
  • 稼げる

という良い見本になっています。

 

フリーランスになって元々働いていた会社から仕事を取ってくるのも、良い方法。

選択肢を増やすためにも、スキルを身に着けておき、元の会社とのパイプは作っておきましょう。

 

フリーランスになる準備をする

事前準備

フリーランスとして働く前には、スキルアップや実務経験以外に、以下のような事前の準備が必須。

フリーランスになるための事前準備

 

  • 税金面の知識
  • 契約面の知識
  • フリーランスエージェントに登録
  • 賠償に備えた保険に加入

 

確定申告を自分で行う必要があるので、税金面の知識をつけましょう。

また、仕事をもらえるようにMidworksなどのフリーランスエージェントに登録するのも忘れずに。

 

見落としがちなのが、契約面の知識や賠償に備えた保険への加入

会社員であれば、契約は営業担当がやってくれますし、賠償があっても会社の方で対処してくれます。

独立してフリーランスになると、すべてが自己責任になるため、事前にしっかり準備しておきましょう。

 

フリーランスとして働く

フリーランスとして働く

上記で説明してきた準備が万端であれば、フリーランスとして働いていきながら、自分が求めるものを手にしていきましょう。

仕事を取ってくるには、

クラウドワークスランサーズを使って、仕事をこなして実績を積み上げること。

実績がある方や、実績を積み上げた方は、Midworksなどのフリーランス向けエージェントを使って、単価が高い良い仕事をしていく方法もあります。

 

万が一、行き詰まってしまったときなどは、また会社員に戻ってやり直すのもありです。

スキルや経験があれば、条件も良く転職できるでしょう。

 

スポンサーリンク

プログラマーは自分のスキルや経歴を記録しておくべき

プログラマーは自分のスキルや経歴を記録しておくべき

プログラマーに限った話ではありませんが、自分が望むキャリアを歩むためには、

  • 自分が何をしてきたのか
  • どういうスキルがあるのか

といったことをきちんと記録しておくことが大切です。

 

キャリアプランはそれぞれでも、良い条件を求めるためには、自分自身の棚卸が必要不可欠。

会社で上司が作成してくれるところもありますが、基本的には自分でスキルシートに記録していって何ができるのかを把握しておきましょう。

スキルシートがあると、

  • 転職する
  • 同じ会社で評価面談をする
  • 独立してフリーランスとして働く

いずれの場合でも、アピールする時の証明になります。

 

まとめ:プログラマーの仕事がなくなっても生き残るためにスキルを身に着けよう!

お話してきたことをまとめます。

AIが今後普及しても、現時点ですぐにプログラマーの仕事がなくなることはないです。

自動化する部分というのは、決まった作業である定型業務から始まるので、プログラミングよりも先に自動化されるのは事務作業の方。

 

ただし、将来的にはプログラマーの仕事が大幅に減る可能性があります。

そのため、将来の不安をなくすためにも、今からキャリアプランを描いて行動することが必須。

 

プログラマーの方のキャリアプランの方向性は、大きく分けると以下の2通りに分かれます。

  • マネジメントをする管理者
  • 現場の第一線で活躍するスペシャリスト

 

プログラマーの方のキャリアプランは、日々スキルを身に着けることを意識しながら仕事をすることで、より具体的に見えてきます。

また、スキルを身に着けていくと、AIが発達しても仕事がなくなることなく生き残れます。

 

プログラマーの方がキャリアアップするための方法は、以下の3つ。

  1. 転職しながらキャリアアップ
  2. 同じ会社でキャリアアップ
  3. 独立してキャリアアップ

プログラマーの仕事がなくなる不安を消すためには、スキルを身に着けることを意識しながら働くこと。

ご紹介してきた方法で、キャリアアップに向けて取り組んでもらえると嬉しいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

プログラマーの年収を上げる方法の詳細記事はこちら

プログラマーの年収は低いのか?給料を上げるために必要な事と方法を解説します
プログラマーの年収は低いのか?給料を上げるために必要な事と方法を解説しますプログラマーは今後のITの伸びにともない注目されている職業。 しかし、実際のプログラマーの年収は低いこともあります。 本記事では、プログラマーの年収は低いのか?低い場合、今後も低いままなのか?について、IT業界で働くぼくの視点で解説していきます。...

 

プログラマーの仕事がきつい理由と改善する方法の詳細記事はこちら

プログラマーの仕事がきつい理由と改善する方法をIT企業で共に働く立場から紹介
プログラマーの仕事がきつい理由と改善する方法をIT企業で共に働く立場から紹介プログラマーの仕事を毎日一生懸命頑張ってるんだけど、仕事が全然終わらなくてきつい。。とお悩みの方に、IT業界でいろんなプログラマーを見てきているぼくが、仕事がきつい理由と改善する方法をご紹介します。...

 

AIについても学べるプログラミングスクールの詳細記事はこちら

プログラミングスクールの選び方とおすすめ6つをエンジニア集団の会社で働く視点で解説【無料あり】
プログラミングスクールの選び方とおすすめ6つをエンジニア集団の会社で働く視点で解説【無料あり】世の中にたくさんあるプログラミングスクールの選び方とおすすめ6つを厳選して紹介しています。 エンジニア集団の会社で働く視点から、おすすめスクール6つそれぞれの隠れたおすすめポイントも解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

ぼくが経験した会社の業務内容や年収についての紹介記事はこちら

【4社の体験談あり】仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!
【4社の体験談あり】仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!仕事の考え方や進め方が合わない時、そのまま頑張ってもうまくいかず、ストレスが溜まってしまい、最悪の場合、鬱(うつ)になってしまう可能性があるので、非常にマズいです。 本記事では、ぼくが経験した業界の体験談と会う仕事を探せる方法について紹介しています。...

 

仕事の悩みについてまとめた記事はこちら

【逃げていい】仕事で地獄のような日々。。 辛いし辞めたい時は耐える必要なし!
【逃げていい】仕事で地獄のような日々。。 辛いし辞めたい時は耐える必要なし!仕事が毎日地獄のような日々だと、辛い。早く辞めたい。。としか思えないですよね。 本記事では、仕事が地獄と化す原因と、地獄としか言えない環境から転職する時、失敗しない方法について解説しています。...