スキルアップ

エンジニアにIT資格はいらない?取っても役に立たない⁈業界で働くぼくが実情を解説

エンジニアにIT資格はいらない?取っても役に立たない⁈業界で働くぼくが実情を解説
ITエンジニア希望者
ITエンジニア希望者
IT業界は今後も伸びていくって聞くし、ITエンジニアって面白そう。でも、ITって資格が必要な気がするんだけど、ないとやっていけないのかな?逆にスキルがあれば資格なんて不要ってこともあるの??
ITエンジニア
ITエンジニア
会社から資格取れって言われるけど、資格によっては役に立たないような気がする。。
ポチのすけ
ポチのすけ
資格って取ることを目的にしている資格マニアも多いので、ITの資格が意味あるのか、役に立つのか不安になりますよね。

 

IT業界で営業として働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

色んな背景を持つITエンジニアと一緒に働いており、ぼくがいる会社のITエンジニアの方もエンジニア向けの色んな資格を取得しています。

 

ITエンジニア向けの資格はとても多いです。

ただ、資格は取るのも大変ですし、ITエンジニアは資格なんかよりも現場の経験が大事なんじゃないか?と考える方も多いもの。

そうなると、会社から資格を取るといいよ!と言われても、

「資格を取ってもに役に立たないのでは?」

「資格なんていらなくね?」

と考えてしまい、迷ってしまうものです。

 

そこで本記事では、

  • エンジニアにIT資格はいらないのか?
  • IT資格を取っても役に立たないのか?

について、IT業界でITエンジニアと一緒に働いているぼくが、実情をご紹介します。

 

結論から言うと、スキルを伸ばすための勉強の証として、資格取得は役に立つので、IT資格がいらないということはないです。

本記事を最後までご覧になっていただくと、ITエンジニアの方におすすめの資格についても具体的にご紹介しているので、ご自身の興味や今後のキャリアに沿った資格がわかります。

それでは、見ていきましょう。

 

エンジニアにIT資格はいらないのか

資格はいらないのか?

ITエンジニア(システムエンジニア・プログラマー)は、IT資格がいるかどうかですが、IT資格はあった方がいいです。

決して、ITの資格を取っても役に立たないということはありません。

ITエンジニアは、専門職。

知識や技術を期待されている職種です。

一番大事なのは技術や経験になるので、資格がなくてもやっていけるものではあります。

ただ、技術や経験の基になる知識を現場で身に着けるだけでなく、資格取得の勉強を通じて身に着けるというのも一つの方法。

つまり、自分のスキルを伸ばすための勉強の証として、資格取得は役に立つということ。

プロジェクトに参画する基準として、資格があるから最低限の知識はあるだろうと、期待されてプロジェクトに入れることも。

そのため、資格があることで仕事に有利に働くこともあるのです。

 

ちなみに、「IT資格がいらない」と言われがちなのは、資格取得をすることが目的になってしまう時。

どんな資格でもそうですが、資格取得が目的になってしまうと、資格を取るために学んだ知識を活かせません。

資格を取るために学んだ知識は、実戦で活かしてこそ。

どんな資格であっても、実戦で活かすことができれば、役に立ちます。

 

ITの資格はレベルごとに内容も難易度も違いますが、広く浅い範囲を学ぶITパスポートであっても、ちゃんと勉強すれば仕事に役立ちます。

 

もちろん、難易度が高い資格を取れれば応用的な知識も身につくため、システム構築の際に検討できる幅も広がりますし、良い提案・良いシステム構築をすることが可能。

自分のスキルを伸ばすためにも、資格取得を目指してみてください。

 

スポンサーリンク

ITエンジニア向けおすすめの国家資格一覧

国家資格

 

ここからは、ITエンジニア向けのおすすめの資格についてご紹介していきます。

まず、ITエンジニアにおすすめする資格は、IPAと呼ばれる「独立行政法人情報処理推進機構」が試験を行っている国家資格。

ITパスポートがレベル1となっており、レベル4まであります。

 

おすすめ国家資格一覧

 

レベル1:ITパスポート

レベル2:基本情報技術者

レベル3:応用情報技術者

レベル4:エンジニア関連と、現場を束ねるマネージャ関連の資格があります。

 

エンジニア関連

  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • ネットワークスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト
  • エンベデッドシステムスペシャリスト
  • システムアーキテクト

 

マネージャ関連

  • ITストラテジスト
  • システム監査技術者
  • ITサービスマネージャ
  • プロジェクトマネージャ

 

 

このレベルというのは、IPAが策定したIT人材のスキル体系に基づいています。

下記のページの31ページに記載があります。

引用:IPA ITスキル標準はやわかり

 

資格は簡単には取れないので勉強は必須ですが、しっかり勉強することでスキルアップにもなるため、自分の価値を高められます。

それでは見ていきましょう。

 

レベル1:ITパスポート

レベル1

 

ITパスポートは、すべての社会人が備えておくべきIT基礎知識を証明することができる国家資格。

ITに携わる仕事に就きたい人におすすめの資格です。

 

試験方式はCBT(Computer Based Testing)方式で、受験者はコンピュータに表示された試験問題をキーボードやマウスを用いて解答していきます。

 

分野としては、テクノロジ系(IT技術)、マネジメント系(IT管理)、ストラテジ系(経営全般)の3つに分けられています。

2019年4月から試験のシラバスが改訂され、用語の追加や見直しが行われます。

 

参照:ITパスポート試験

 

おすすめ参考書はこちらです。

 

レベル2:基本情報技術者

レベル2

 

基本情報技術者は、最もベーシックな情報処理の資格。

情報技術全般に関する基本的な知識・技能をもつ人や、プログラム設計書を作成し、プログラム開発~単体テストまでの一連のプロセスを担当する人のための国家資格です。

テクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系の各分野から幅広く出題されます。

 

受験者数は毎年10万人以上にもなり、システムエンジニアの基礎資格と言われています。

マネジメントレベルの問題も出題されるので、マネジメントスキルの基礎を固めるのにも役立ちます。

 

参照:基本情報技術者試験

 

おすすめ参考書はこちらです。

 

レベル3:応用情報技術者

レベル3

 

応用情報技術者は、高度IT人材として企業戦略を立てて実行するために、応用的知識・技術・方向性を確立した人を対象にした国家資格。

  • 情報技術を活用した戦略の立案
  • 経営戦略・情報戦略の策定に際して経営者の方針を理解し、経営を取り巻く外部環境を正確に捉えて同行や事例を収集
  • 定められたモニタリング指標に基づき、差異分析などを行える

などの技術水準が求められます。

 

内容としては「基礎情報技術者」と同じにはなりますが、企業戦略に関わるレベルを求めるため、難易度は高くなります。

 

参照:応用情報技術者

 

おすすめ参考書はこちらです。

 

レベル4:情報セキュリティスペシャリスト【エンジニア関連】

レベル4

 

情報セキュリティスペシャリストは、情報システムの基盤を整備し、専門家として情報セキュリティ管理を支援する人のための国家資格です。

 

参照:情報セキュリティスペシャリスト

 

おすすめ参考書はこちらです。

 

レベル4:ネットワークスペシャリスト【エンジニア関連】

 

レベル4

 

ネットワークスペシャリストは、情報通信ネットワークの設計・運用を担当します。

ネットワークに関して、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う人のための国家資格です。

 

ネットワークに関係する固有の技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守で中心的な役割を果たします。

 

参照:ネットワークスペシャリスト

 

おすすめ参考書はこちらです。

 

レベル4:データベーススペシャリスト【エンジニア関連】

レベル4

 

データベーススペシャリストは、データベースの固有技術を活かします。

データベースに関して、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う人のための国家資格です。

 

データベースに関係する固有の技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たします。

 

参照:データベーススペシャリスト

 

おすすめ参考書はこちらです。

 

レベル4:エンベデッドシステムスペシャリスト【エンジニア関連】

レベル4

 

エンベデッドシステムスペシャリストは、組込みシステム開発の主導をします。

エンベデッドシステムとは、

  • 携帯電話
  • スマートフォン
  • デジタルカメラ
  • 炊飯器
  • エアコン

など、あらゆるものに組み込まれているシステムのことです。

 

エンベデッドシステムスペシャリストは、組込みシステムの設計・構築・製造を主導的に行う人のための国家資格。

組込みシステム開発に関係する幅広い知識や技能を活用して、最適な組込みシステム開発基盤の構築や、設計以降を主導します。

 

参照:エンベデッドシステムスペシャリスト

 

おすすめ参考書はこちらです。

 

レベル4:システムアーキテクト【エンジニア関連】

レベル4

 

システムアーキテクトは、アーキテクチャを設計します。

ITストラテジストからの提案を受けて、要件定義~アーキテクチャ設計~開発までを主導します。

それらを行う人を対象にした国家資格。

 

参照:システムアーキテクト

 

おすすめ参考書はこちらです。

 

レベル4:ITストラテジスト【マネージャ関連】

 

レベル4

 

ITストラテジストは、業務改革推進などの部門で活躍できる国家資格。

企業の経営戦略に基づいて、ITを使ってビジネスモデルや特定の業務の改革や最適化を行います。

具体的には、基本戦略の策定~提案~推進を行います。

なので、エンジニアというよりは、ITコンサルタントに近い内容

 

参照:ITストラテジスト

 

おすすめ参考書はこちらです。

 

レベル4:システム監査技術者【マネージャ関連】

レベル4

 

システム監査技術者は、情報システムの監査に関する知識を問われる資格です。

情報システムや組込みシステム、通信ネットワークなど幅広い領域に関する監査知識が問われます。

 

システム監査は上場企業にのみ義務付けられていますが、内部統制に関する知識など上場企業以外のエンジニアにも役立つ内容です。

 

参照:システム監査技術者

 

おすすめ参考書はこちらです。

 

レベル4:ITサービスマネージャ【マネージャ関連】

 

レベル4

 

ITサービスマネージャは、情報システム全体について、品質とコスト効率の向上を目指します。

情報システム全体の、

  • 安定稼働の確保
  • 障害発生時における被害の最小化
  • 継続的な改善
  • 品質管理

など、安全性と信頼性の高いサービスの提供を行います。

 

参照:ITサービスマネージャ

 

おすすめ参考書はこちらです。

 

レベル4:プロジェクトマネージャ【マネージャ関連】

レベル4

 

プロジェクトマネージャは、プロジェクト全体の意思決定を実行する開発プロジェクトの責任者。

品質・コスト・納期に全責任をもち、前提・制約条件の中でプロジェクトを確実に成功に導くことが求められます。

プロジェクトメンバを成長させるマネージャーを目指す方におすすめの国家資格です。

 

参照:プロジェクトマネージャ

 

おすすめ参考書はこちらです。

 

スポンサーリンク

【参考】上記紹介以外のITエンジニアのおすすめ資格

資格

参考までに、国家資格以外のITエンジニア向けのおすすめ資格をご紹介します。

おすすめ資格は以下の通り。

おすすめ資格

 

  • PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)
  • ORACLE MASTER(オラクルマスター)
  • Microsoft Azure(マイクロソフトアジュール)
  • 日商簿記1級

 

どれも簡単には取れないので勉強は必須ですが、しっかり勉強することでスキルアップにもなるため、自分の価値を高められます。

 

PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)

 

PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)は、PMIという機関が認定している国際資格。

この資格は、プロジェクトマネジメントに関する十分な経験や知識があり、プロジェクトマネージャーとしてプロフェッショナルなレベルであるかを計る目的で実施されています。

以下のように受験資格がとても細かいです。

  • プロジェクトマネジメントの指揮や監督の経験が一定時間必要

※高卒者の場合、試験を受ける8年前までに4500時間の実務経験が必須

※大卒者の場合は4500時間の実務経験が必須

  • PMI支部や認定機関、大学などで35時間の公式的なプロジェクトマネジメント研修を受けることが必須

また、3年ごとに更新が必要になる資格なので、資格を取ったらずっと保持できるわけではありません。

そのため、取得も大変ですし資格を維持するのも大変ですが、それだけ価値がある資格。

ぼくの会社にもPMP保持者が転職してきていますが、PMPは転職にも大きなアピールになります。

PMPは取得した後の保持も大変なので、採用する側もプロジェクトマネージャー(PM)の素養があると会社側に証明できるので良いのです。

ポチのすけ
ポチのすけ
つまり、PMPは転職にも有利!

 

参考:PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)

 

おすすめ参考書はこちらです。

 

ORACLE MASTER(オラクルマスター)

ORACLE MASTER(オラクルマスター)は、Oracle Database(オラクルデータベース)の管理スキルを証明する資格。

ビッグデータやDX(デジタルトランスフォーメーション)などで、データの利活用はより注目されています。

データを活用するには、データベースの知識は必須のため、企業で利用の多いOracle Database(オラクルデータベース)の資格は役に立ちます。

ランクとして、以下の3つがあります。

  1. Gold
  2. Silver
  3. Bronze

参考:ORACLE MASTER(オラクルマスター)

 

おすすめ参考書はこちらです。

 

Microsoft Azure(マイクロソフトアジュール)

Microsoft Azure(マイクロソフトアジュール)は、マイクロソフトが認定するITプロフェッショナルと開発者の技術的・専門的知識をはかる資格。

認定資格は以下の3つのレベルがあります。

  1. Fundamental
  2. Associate
  3. Expert

 

近年、サーバーをクラウドに上げようとする動きが進み、Azure(アジュール)を選ぶ会社がとても多くなっています。

システム構築を円滑に進めるためにも取得しておくと便利です。

参考:Microsoft Azure認定資格

 

おすすめ参考書はこちらです。

 

日商簿記1級

日商簿記1級は、経営管理や経営分析を行うために求められるレベルであり、非常に難しい資格。

合格すると税理士試験の受験資格が得られることから、公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門と言われています。

試験科目は、以下の4つそれぞれ40%以上は正解し、全体の70%以上の正解が求められます。

  • 商業簿記
  • 会計学
  • 工業簿記
  • 原価計算

 

ITエンジニアの方が会計システムの構築をする際、日商簿記検定一級の資格を持っていると、どのようにシステム設計したらいいのかが手に取るようにわかるので、持っていると顧客に相当安心される資格。

参考:日商簿記検定一級

 

おすすめ参考書はこちらです。

 

スポンサーリンク

エンジニアにIT資格はいらないのかまとめ

 

お話してきたことをまとめます。

ITエンジニアは専門職であり、スキルや経験が大事なので、

  • IT資格の取得はいらないのでは?
  • 資格なんて役に立たない

と思われることもあるかと思いますが、IT資格が不要ということはありません。

スキルを伸ばすための勉強の証として資格取得は役に立つので、IT資格がいらないということはないです。

 

難易度の高い資格ほど、応用的な知識が求められるので、システム構築の際に検討できる幅も広がります。

ただし、資格取得をすることが目的になってしまうと、実戦で活かせなくて「IT資格がいらない」となってしまうので、注意しましょう。

 

また、ITエンジニアのおすすめ資格は、IPAと呼ばれる「独立行政法人情報処理推進機構」が試験を行っている国家資格。

ITパスポートがレベル1となっており、レベル4まであります。

 

レベル1:ITパスポート

レベル2:基本情報技術者

レベル3:応用情報技術者

レベル4:エンジニア関連と、現場を束ねるマネージャ関連の資格があります。

 

エンジニア関連

  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • ネットワークスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト
  • エンベデッドシステムスペシャリスト
  • システムアーキテクト

 

マネージャ関連

  • ITストラテジスト
  • システム監査技術者
  • ITサービスマネージャ
  • プロジェクトマネージャ

 

その他、以下のようなおすすめ資格もあるので、興味があるものがあれば、積極的に取り組んでみましょう。

  • PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)
  • ORACLE MASTER(オラクルマスター)
  • Microsoft Azure(マイクロソフトアジュール)
  • 日商簿記1級

 

エンジニアにITの資格なんていらなくね?役に立たないんじゃ。。とお悩みの方の解決になれば嬉しいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

手に職をつけたい時に資格はいらないのかの詳細記事はこちら

手に職をつけたい時、資格は不要? 本質は自分の価値を高めることです
手に職をつけたい時、資格は不要?本質は自分の価値を高めることです手に職をつければ資格は不要なのかどうかについて解説しています。 手に職をつけるために資格についてどう考えるべきなのかと、本質である自分の価値を高めることについて解説しています。 資格を取るべきか悩んでいる方にもおすすめの内容です。 ぜひご覧ください。...

 

初心者からITエンジニアになる方法の詳細記事はこちら

手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由
手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由手に職をつける仕事の一つであるITエンジニア(プログラマー)がおすすめである5つの理由を紹介しています。 現在、IT業界でITエンジニア(プログラマー)と一緒に働いているからこそわかる、おすすめの理由になります。 手に職をつけたい方は是非ご覧ください。...