転職で失敗しない方法

35歳未経験だとプログラミングをやるのは遅い?IT業界の現状からプログラマーになるための方法と考え方を紹介

35歳未経験だとプログラミングをやるのは遅い?IT業界の現状からプログラマーになるための方法と考え方を紹介
プログラミング未経験の35歳
プログラミング未経験の35歳
今の仕事では将来が不安だから、今後のために技術を身につけたくてプログラミングを学んでプログラマーになりたいんだけど、35歳で未経験だとさすがにプログラマーに転職するのは無謀なのかな??
プログラマー未経験の36歳
プログラマー未経験の36歳
60歳を超えても長く働くために、プログラマーを目指したいんだけど、さすがに36歳とかの30代半ば以降からプログラミングをやるのは遅い??
ポチのすけ
ポチのすけ
30代前半まではプログラミング未経験でも良いとしても、さすがに30代半ば以降からのキャリアチェンジとなると、不安になりますよね。。

 

IT企業で営業として、プログラマー(エンジニア)と一緒に働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

会社ではプログラマー(エンジニア)が多数を占めるため、色んな経歴を持った人がおり、多くの情報を得ることができています。

 

プログラマーでなくても、35歳など30代半ば以降で未経験の仕事にキャリアチェンジするとなると、不安になるもの。

「プログラマーが足りない!」

と聞いたことはあっても、あくまで20代とか30代前半くらいまでの若い人向けの話であって、

「さすがに35歳未経験は対象外なんじゃないか。。」

と考えてしまう不安な気持ちはよくわかります。

 

ただそれでも、世の中がデジタル化していく中で、プログラミング技術を身に着けてプログラマーとしてやっていけるのであれば、方法を知りたいですよね。

 

本記事では、

35歳でプログラミング未経験の方が、プログラマーになるためにはどのような方法を取ったらいいのかと、持っておくべき考え方をお伝えします。

 

結論からお伝えすると、プログラミング未経験の35歳の方は、相当な覚悟と準備をすればプログラマーになることは可能

決して、30代半ばからプログラミングを始めても遅いということはありません。

戦略なしに最初から正社員に転職はできないので、転職まで支援してくれるプログラミングスクールで学びつつ、戦略的に転職する必要があります。

それでは、見ていきましょう。

 

ITエンジニア(プログラマー)がおすすめの理由の詳細記事はこちら

手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由
手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由手に職をつける仕事の一つであるITエンジニア(プログラマー)がおすすめである5つの理由を紹介しています。 現在、IT業界でITエンジニア(プログラマー)と一緒に働いているからこそわかる、おすすめの理由になります。 手に職をつけたい方は、是非ご覧ください。...

 

35歳未経験だとプログラミングをやるのは遅い?未経験の方が持っておくべき考え方

考え方

冒頭でもお伝えした通り、35歳でプログラミング未経験でもプログラマーになるのは遅くありません。

理由は、企業のIT投資が進んでいるにもかかわらず、プログラマーの仕事であるシステム構築であったり、Web画面作成やアプリ作成の人手が圧倒的に足りていないため。

 

ぼく自身、営業としてエンジニアをプロジェクトに入れる提案をしていますが、どこの会社でも、

「とにかく人手が欲しい」

という要望が多く、早い順で人の取り合いになっているのが現状。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくがいる会社でも、プログラマーの人が足りなくて、希望している時期にシステムの構築ができないことも多いです。。

そのぐらい人が足りないため、35歳からプログラミングを身に着けるのは遅い、ということはありません。

 

また、最近では60歳定年ではなく、65歳とか70歳まで働くことが普通になっています。

35歳だとまだ折り返し地点でしかなく、労働期間で見たら、あと35年近くあるので時間も充分。

そうなると、35歳とかでプログラミングを始める年齢としてはむしろ、若いぐらいです。

 

ただし、35歳未経験の方の場合、以下のことを頭に入れておく必要があります。

  1. 戦略なしに正社員として転職はできない
  2. プログラミングスクールで学んでから転職することが前提
  3. 入念な準備が必要
  4. かなり大変なので、相当な覚悟を持つ

 

20代や30代前半の方と違い、かなり大きなキャリアチェンジになるため、勢いでやってしまうと失敗しますし、取り返すのが大変です。

なので、通常の転職とは別物だと割り切ることが必要。

 

考え方①戦略なしに正社員として転職はできない

 

35歳以上でプログラマー未経験だと、いくら人が足りないといっても、通常の転職のように、転職サイトや転職エージェントに登録して応募しても転職はできません。

 

会社として人手が足りないといっても、会社側もこれからの会社を支える若手を取りたがります。

20代や30代前半であれば、全くの未経験でも会社に入ってから学ばせて戦力にしようと考えます。

しかし、現時点で35歳で未経験であれば、会社に入ってから学んでもらうではなく、すでに学んだ状態でいることが必須。

 

そのため、20代や30代前半と同じように転職しようとするのではなく、戦略的に転職をする必要があります。

戦略的に転職するというのは、プログラミングスクールでしっかり学んでから転職するということ。

それでは、詳しく見ていきましょう。

 

考え方②プログラミングスクールで学んでから転職することが前提

 

35歳など30代後半で未経験からプログラマーになる場合は、プログラミングスクールでしっかり学んでから転職することが前提です。

前述した通り、戦略なしに転職活動をしていきなり未経験から正社員になるのはできないというのが理由。

しっかりと基礎を身に着けて、自分ができることを増やしてからでないと門前払いを食らってしまいます。

なので、しっかりとプログラミングスクールで学んでから転職するようにしましょう。

 

また、プログラミングスクールでは、コードを書く以外のIT知識についても何を学べばいいのかもわかるので、やることが明確になるというメリットもあります。

 

35歳からプログラミングを始める方の中には、

  • IT業界が初めて
  • パソコンにとりわけ詳しいわけではない
  • ITの知識もこれから勉強

という方もいると思います。

 

そのため、自分がこれから何をやればいいのかについても、プログラミングスクールで相談してやるべきことを洗い出しましょう。

そうでないと、無駄な時間を過ごしてしまうので、有効活用しましょう。

 

考え方③入念な準備が必要

 

35歳など30代後半で未経験からプログラマーになる場合は、家庭環境もあるでしょうし、勢いで転職するのはおすすめできません。

前述の通り、転職する前にはプログラミングスクールで学んでスキルをつけることが必須。

そのため、プログラマーになりたいと思っても、1か月後すぐにキャリアチェンジはできないからです。

 

そうなると、働いて収入を維持しながら勉強するのが現実的。

そのぐらいしっかりと準備してから転職する方が、失敗しません。

ただし、今の仕事がブラックすぎて今すぐにでも転職した方がいいという場合であれば、仕事を辞めてすぐにプログラミングスクールで学んで最短で転職するのはアリです。

 

考え方④かなり大変なので、相当な覚悟を持つ

 

35歳など30代後半で未経験からプログラマーになる場合は、決して楽ではありません。

かなり大変です。

上記でお伝えしたことを含め、以下の点があるためです。

  • 通常の転職のようにすぐに正社員として転職は無理
  • プログラミングスクールで学んでから転職するのが必須
  • しかも、基本は仕事をつづけながら学んだ方がいい(収入を減らさないため
  • もちろん、勉強する時間を作り出すのは大変
  • 転職しても最初は給料が高くはない

特に、お金の面と、時間を作り出すことが大変。

なので、相当な覚悟を持つ必要があります。

 

お金面

35歳など30代後半ともなれば、多くの方がある程度の年収を得ている年代です。

800万円や1,000万円を越える人だっているでしょう。

それが、未経験の職種に転職するとなると、どうしても同じレベルの年収を維持するのが難しくなります。

 

そのため、最初の数年は年収が下がることも覚悟する必要があります。

実績を積んでいくことで、2~3年で年収を上げて巻き返していくという長期スパンで考えましょう。

 

時間面

収入を維持しながらプログラミングスクールで学ぶには、時間を作り出さないといけません。

どうしても自分の時間を削ってでもやらないと難しいです。

プログラミングスクールで学ぶために仕事を辞めてしまっては、収入がゼロになるのでハイリスク。

『ブラック企業すぎて今にでも逃げ出したい』という場合を除き、今までの仕事を続けながら勉強をしていく必要があります。

 

ただ、IT市場はこれからも伸び続けることが予想され、プログラマーは常に足りていないので、35歳など30代後半の未経験の方でも全然チャンスがあります。

最初は苦労しますが、興味があって心を燃やすような強い意志で頑張れるのであれば、まずはやってみることが大事。

 

スポンサーリンク

35歳など30代後半で未経験からプログラマーになる方法

プログラマーになる方法

35歳など30代後半で未経験からプログラマーになるためには、プログラミングスクールで学んでから転職することが必須。

ただ、どのプログラミングスクールでもよいわけではなく、35歳など30代後半でも受講可能なプログラミングスクールを選ぶ必要があります。

 

20代や30代前半であれば、未経験であっても会社で教えてもらえるかもしれません。

それが35歳など30代後半となると、基礎だけは押さえておかないと会社も採用しづらいですし、あなた自身も仕事をする前の段階でつまづいてしまいます。

そのため、多少金額はかかりますが、2ヶ月~6か月ほどはプログラミングスクールで基礎を学んでから転職するのが王道。

 

35歳など30代後半の人にもおすすめのプログラミングスクールは、以下の通り。

20代半ばまでが限定のプログラミングスクールも多い中、どれも35歳以上も対象としているプログラミングスクールになります。

 

ネット(オンライン)完結できるプログラミングスクールなら・・・

ネット(オンライン)で受講できるTechAcademy [テックアカデミー]がおすすめ。

特長は以下の通り。

TechAcademy

 

  • 受講はオンライン(ネット)のみ
  • Web系(RubyPHP)やアプリ系、機械学習のPythonなど、受講コースが充実
  • 価格も、最安値で99,000円と破格
  • 年齢制限なし
  • 学ぶ期間は4週間~16週間(約1ヶ月~約4ヶ月)
  • 転職サポート付き
  • パーソナルメンターがついてサポート

 

特に、Python(パイソン)はかなりおすすめ。

YouTube(ユーチューブ)やInstagram(インスタグラム)もPythonで作られており、人工知能や機械学習といった、いわゆるAI関連に興味があるのなら必須の言語です。

特に、機械学習については今後の伸びが予想されているにも関わらず人手が圧倒的に足りていないという、需要に供給が追い付いていない状況。

 

ぼくがいる会社でも、今後必要になるということで、社員のプログラマーに習得を推奨している言語。

すでにほかの言語を書けるプログラマーが新しく勉強しているくらいなので、35歳など30代後半で未経験の人でも学び始めは一緒です。

大変にはなりますが本当に頑張って案件をこなしていけば、価値が高まることは間違いないです。

 

TechAcademyは有料ではあるものの、オンラインで好きな時間に勉強できるのがメリット

地方に住んでいて近くにプログラミングスクールがない方や、通いの時間が取れない方は、通学せずに自宅から好きな時に勉強できるので非常におすすめです!

 

デメリットは、通学して勉強するという強制力がない分、強い気持ちがないといくらでもサボれてしまうこと。

ただ、35歳など30代後半で未経験からプログラマーを目指すと決めている方であれば、乗り越えられるはずです。

まずは、無料キャリアカウンセリングから始めてみましょう。

TRY NOW

TechAcademy [テックアカデミー]無料キャリアカウンセリング

※説明会は参加無料!

 

AI開発と提案力を重点的に学びたいなら・・・

AI開発などPythonを重点的に学びたい方は、.Pro(ドットプロ) を利用しましょう。

今後伸びていくこと間違いなしのAI開発であるPythonコースという特化のコースで学ぶことができます!

特長は以下の通り。

.Pro(ドットプロ)

 

  • 受講は通い(オフライン)のみ
  • Web系(PHP)や、機械学習のPythonなど、受講コースは絞っている
  • 料金は有料(498,000円)
  • 年齢制限なし
  • 学ぶ期間は約6ヶ月
  • パーソナルメンターがついてサポート
  • 少人数制
  • プログラミングだけでなく、プレゼンの実践力をつけられる
  • 提携している人材会社と一緒に転職サポートもしてくれる

通常のプログラミングだけではなく、実際の仕事を想定した提案型の講習を受けられるのがポイント。

プログラミングは興味があるけど、それを人に説明するプレゼンが苦手・・・という方の助けになる内容となっています。

また、講師も全員現役のエンジニアのため、質問がしやすく学びやすいのもメリット

 

デメリットは、通学しかないため、東京圏に住んでいない方や通学の時間が取れない方が学ぶのが難しいのと、受講料:498,000円(税別)と少々金額が高いこと。

受講可能な方は積極的にチャレンジしてみてください!

TRY NOW

未経験からProになる【.Pro(ドットプロ) プログラミングスクール】

※説明会は参加無料!

 

自分に合ったオーダーメイドプランで学びたいなら・・・

あらかじめ用意されたコースではなく、自分に合った学習プランを立てて学びたい人は、Tech Boost(テックブースト)を利用しましょう。

特長は以下の通り。

Tech Boost(テックブースト)

 

  • 受講は通い型とオンライン(ネット)の両方から選べる
  • Ruby/Ruby on RailsといったWeb系(PHP)や、機械学習のPythonIoT(アイオーティー)の学習など受講できるコースの選択肢が多い
  • 料金は有料で入学金と月額に分かれており、通学とオンラインで料金が違う
  • 通学の料金(入学金:269,800円、月額29,800円)
  • オンラインの料金(入学金:184,800円、月額29,800円)
  • 年齢制限なし
  • 学ぶ期間は約3ヶ月
  • サポートする講師は全員現役のエンジニア
  • オンラインではZoomで画面共有をしてくれるので、通学さながらのサポート
  • 転職サポートやキャリアの相談にも乗ってくれる
  • 卒業してもテキストの閲覧が可能なので継続的に勉強できる

ネット(オンライン)でもオフラインでも現役エンジニアの講師に質問ができるようになっているので、自分ではどうしてもわからない部分を聞くことができ、安心して学習に取り組めます。

なお、プログラミングスクールの中では珍しくIoT(アイオーティー)の学習も可能なのと、卒業後もテキストの閲覧が可能なので、卒業しても勉強のために利用できます。

IoT(アイオーティー)

・・・モノとインターネットがつながる技術の総称で、最近ではスマート家電などで話題の技術です。

 

また、平日だけでなく、土日祝も教室の利用が可能。

質問ができる時間帯は以下の通り。

  • オンライン質問 10:00~22:00
  • 直接質問/教室利用 平日は、15:00~22:00、土日祝は、13:00〜19:00

 

デメリットは、通う場合は東京にしか教室がないこと、就職・転職サポートは東京都内のみというところ。

ただ、通学にもオンラインにも対応しており、料金もそこそこのため、まずは無料カウンセリングから始めてみましょう。

TRY NOW

プログラミングスクール【Tech Boost】無料カウンセリング体験プロモーション

※説明会は参加無料!

 

インフラ周りについて学びたいなら・・・

アマゾンが提供しているクラウドサービスであるAWS(エーダブリューエス)など、システムのインフラ周りについて学びたい場合、RaiseTech(レイズテック)がおすすめ。

AWSを専門に扱っている唯一のプログラミングスクールであり、年齢制限や居住地制限がないので、やる気とパソコンがあれば、誰でも受講できます!

また、大手企業の仕事を請け負っている会社が運営しているため、卒業後にプロジェクトの現場を紹介したり、転職&就職サポートまで寄り添ってくれます。

 

AWSのコースは、

  1. AWSフルコース:一から現場で通用するレベルまで学習するコース
  2. AWS自動化コース:すでに経験がある人がさらに自分の価値を高めたい場合のコース

と、2つありますが、初めての方はAWSフルコースで学びましょう。

 

AWSフルコースの金額や受講期間は以下になります。

AWSフルコース

 

受講料:398,000円(税込)

※学割価格だと238,000円(税込)

※講義が開催される月より早く申し込むと早割で割引あり

授業回数:16週間(週1回 / 1回あたり120分)

オンライン質問対応:10:00 ~ 24:00(月曜日 ~ 日曜日)

 

★早割…開講月のふたつ前の月のうちに本申し込みした方は表示価格から10%割引!(学割との併用は不可)
例:4月に開講する講座であれば2月28日まで

 

RaiseTechのメリットデメリットや注意点をまとめると、以下の通り。

 

メリット

 

  1. 現場主義でプログラミング以外のIT知識も教える
  2. 講師は現役のエンジニア
  3. 年齢制限なし
  4. オンラインで授業ができるので全国どこでも学べる
  5. 学習サポートが充実しており、補講やマンツーマンサポートあり
  6. 就職・転職するまでサポート
  7. 2週間のトライアル受講も可能
  8. 受講期間が終わってもオンラインのコミュニティに参加し続けられる
  9. 受講期間が終わっても講師に相談できる

 

デメリットや注意点

 

  1. 有料なので、ある程度のお金はかかる
  2. 学習時間は200~300時間は必要なので、それなりの時間がかかる
  3. 教えてもらうのではなく、学びに行く姿勢が必要

 

RaiseTechは、AWSだけでなく、

  • デザインコース
  • WordPress副業コース
  • Javaフルコース
  • Javaフレームワークコース

があるので、説明会を聞いてみて、興味があるものを選べます。

また、各フルコースでは2週間の体験期間(トライアル受講)があり、この期間内であれば全額返金保証なので、まずはどのようなものなのか体験することが可能。

 

現場で通用するエンジニアになって転職するためには、受け身ではなく自ら学びに行く姿勢が必要ですが、「自分で自分の人生を変えるんだ!」という強い気持ちがあれば大丈夫。

まずは、こちらから無料体験・説明会を受けてみましょう。

ただ、大変人気があるため、早めに登録しておかないと枠が埋まってしまうことも。

TRY NOW

RaiseTech無料説明会はこちら(公式サイト)

※説明会は参加無料!

 

自分に合うプログラミングスクールを選んだら、フル活用してプログラマーとしてのキャリアをスタートさせましょう!

転職できたら、自分が求めるスキルを身につけるために、案件をこなしてスキルアップして、次のステップに進む形になります。

プログラマーのキャリアプランについては、以下の記事で、ぼくが会社で見てきた実例から紹介しています。

プログラマーのキャリアプランの詳細記事はこちら

プログラマーにおすすめのキャリアプランをIT企業で働く人の実例から紹介
プログラマーにおすすめのキャリアプランをIT企業で働く人の実例から紹介プログラマーになりたい人が、今後どのようなキャリアプラン(キャリアパス)を描けばいいのかを、IT企業で働くぼくが見てきた実例から紹介します。 転職前提、同じ会社、独立と3つのパターンで解説します。 是非ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

まとめ:35歳未経験からプログラミングを学んで転職するのは遅くない!

 

お話してきたことをまとめます。

プログラマー未経験の35歳の人であっても、相当な覚悟と準備をすれば転職することは可能

35歳などの30代後半からのプログラミングは、決して遅くありません。

ただし、以下の現実があるので、考え方として持っておきましょう。

  1. 戦略なしに正社員として転職はできない
  2. プログラミングスクールで学んでから転職することが前提
  3. 入念な準備が必要
  4. かなり大変なので、相当な覚悟を持つ

 

35歳など30代後半で未経験の人がプログラマーとして働く場合、20代や30代前半の人と違って会社で学ぶ前提での転職はできないので、プログラミングスクールで学んでから転職する必要があります。

おすすめのプログラミングスクールは以下の通り。

 

35歳など30代後半で未経験の方がプログラマーになるのは、かなり大変な道のりですが、最初を乗り越えれば人生が変わる仕事。

プログラマー市場は需要に供給が追い付いていない状況なので、30代後半で未経験の方であっても、決して遅くありません。

なので、興味がある方はまずはほんの少しで良いのでアクションを起こし、プログラミングスクールの説明を聞くところから始めましょう。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

TechAcademy(テックアカデミー)無料キャリアカウンセリングはこちらから

 

.Pro(ドットプロ) 個別相談会はこちらから

 

TECH BOOST無料カウンセリングはこちらから

 

RaiseTech(レイズテック)無料説明会はこちらから

 

ITエンジニア(プログラマー)がおすすめの理由の詳細記事はこちら

手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由
手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由手に職をつける仕事の一つであるITエンジニア(プログラマー)がおすすめである5つの理由を紹介しています。 現在、IT業界でITエンジニア(プログラマー)と一緒に働いているからこそわかる、おすすめの理由になります。 手に職をつけたい方は、是非ご覧ください。...

 

転職で失敗しない方法のまとめ記事はこちら

転職が怖いと不安な方へ。 転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法
転職が怖いと不安な方へ。転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法転職が怖いと不安な方へ、転職3回のぼくの経験から失敗しないための方法や具体例をまとめています。 怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...