転職の悩み

手に職をつけたい20代女性向けの長く続けられる仕事の選び方

手に職をつけたい20代女性向けの 長く続けられる仕事の選び方
20代女性
20代女性
今の仕事を続けていても、将来が不安…。結婚後も長く働けるような、手に職をつけた仕事がしたい。だけど、女性が長く続けられるような仕事ってあるのかな。。
ポチのすけ
ポチのすけ
自分たちの母親の世代と違い、今は女性が結婚後も働くことが当たり前になってきてますし、長く働くために手に職をつけるって大事ですよね。

 

ポチのすけは手に職とまではいきませんが、ずっと営業職をしており、一つの職種をやり続けています。

また、IT企業であるポチのすけの職場には、手に職をつけて働いている女性社員が多くいます。

 

現在は、世の中の流れが早くて将来がどうなるかわからなくなっていることもあり、
手に職をつけたいと考える女性がふえていると感じます。

 

ただし、手に職をつける仕事といっても、結婚後も長く続けられる仕事でないと長続きしません。

また、20代女性の職業は

  • 営業職
  • 内勤職
  • 事務職
  • 派遣社員
  • フリーター

のように、様々です。

 

なので本記事では、手に職をつけたいと考える20代女性が、現在の仕事が何であっても、長く続けられるような仕事の選び方について紹介します。

資格の考え方についても合わせてお伝えしています。

それではご覧ください。

 

20代女性が手に職をつける仕事を選ぶポイント4つ

仕事の選び方

 

20代女性が手に職をつけたい!と思った時、仕事の選び方はとても重要です。

ポイントは次の4つです。

 

  1. 給料がそれなりで今後上がっていきやすい
  2. 結婚や子育ての時に融通が利く
  3. 自分が興味がある
  4. 今後伸びていく業界である

 

①給料がそれなりで今後上がっていきやすい

についてですが、

20代女性は色々とお金を使うことが多いと思いますし、低賃金よりは給料がそれなりで今後上がっていきやすい方が報われます。

手に職をつける仕事すべてが、必ずしも給料が良いわけではないので、どのくらいもらえるのかはよく見た方が良いです。

 

②結婚や子育ての時に融通が利く

についてですが、

これからは、女性も60~70歳まで働かざるを得ない可能性が高いですし、結婚や子育ての時も融通が利く柔軟な仕事でないと、家庭との両立が超大変です。

 

女性におすすめの手に職をつける仕事は、ネットにたくさん載っていますが、

低賃金だったり、長時間労働だったりで、結婚してからも長く働けるイメージを持ちにくいものが多いと感じます。

 

また、アロマテラピーやエスティシャンのようなサービス系の職業も人気が高いですが、

客商売になるので不意な予定が入った時の融通が利きにくい点もあります。

 

もちろん、低賃金でも長時間労働でも、サービス系の仕事でも、その仕事が好きであるのなら素晴らしいことです。

しかし、そうでないならストレスがたまる原因になります。

 

なので、できる限り長く働けるであろう仕事を選ぶ必要がありますし、結婚や子育ての時も融通が利きやすい柔軟な仕事の方が続けやすいです。

 

③自分が興味がある

④今後伸びていく業界である

については、20代女性に限らず、重要なことになります。

 

まず、仕事に対して興味がなければ長続きしませんし、今後伸びない業界であれば、せっかく身につけたスキルが活かせなくなるリスクがあるからです。

詳しくは、以下の記事で紹介しているので合わせてご覧ください。

 

ご紹介した仕事の選び方のポイント4つは、全部重要なので、すべてを満たす仕事であるのが望ましいです。

 

スポンサーリンク

手に職をつける方法

手に職をつける方法

 

手に職をつける方法は2つあると考えています。

それは、

  1. 学習すること
  2. 職場を紹介してもらうこと

になります。

 

職業によって、多少変わってはきますが、基本的には両方とも必要です。

 

手に職をつけるためには、知識がゼロではできないため、学習していくことが大切です。

また、学びつつ、働ける職場を紹介してくれるところがないと働けないため、専門学校や、専門スクールに行くのが近道です。

 

詳しくは、以下の記事で紹介していますので、合わせてお読みください。

 

スポンサーリンク

手に職をつけるために資格は必要?

必要とする

 

手に職をつけるというと、資格が必要だと考える方も多いと思います。

確かに、資格は一つの証明にはなりますが、仕事によっては必須ではありません。

 

手に職をつけるためには、資格が必要だと考えている女性は多く見かけますが、

手に職をつけるというのは、資格以上にスキルが重要です。

 

もちろん、仕事によっては、資格が必須のものはあります。

調理師や美容師などは、免許という資格が必要です。

 

ただ、手に職をつけるという本質は、スキルを身につけて、自分の価値を高めることです。

そのため、資格を取るのであれば、スキルを伸ばすために資格を取るというのが、目指すべきところです。

資格コレクターにならないように気をつけましょう。

 

スキルは、現時点で持っていなくても、熱意をもって学んで実践することで、身につけることができます。

 

手に職をつけるという意味についてと、資格がいるのかどうかについては、以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせてお読みください。

 

 

スポンサーリンク

20代女性が手に職をつけるためのおすすめの仕事

おすすめの仕事

 

20代女性が手に職をつける仕事について、選び方や方法をお伝えしてきました。

それを踏まえたおすすめの仕事は、ITエンジニアになります。

 

ITエンジニアは、IT業界に関わる技術者のことで、一般的にはシステムエンジニア(SE)とか、プログラマーなどがよく聞く名前でしょうか。

 

ITエンジニアは、給料もそれなりで、IT技術の発展により、今後も給料が上がっていきやすい仕事です。

また、良い会社がふえてきているので、結婚や子育ての時に融通が利きやすいです。

万が一、入った会社が良い会社でなかった場合も、スキルを磨くことで転職しやすいです。

なので、スキルを磨いて良い会社に移ればOKです。

よく、ITエンジニアはフリーランスになれば、年収1,000万円を狙えます!

という記事を見ますが、鵜呑みにしないように気をつけましょう。

 

会社員と違い、

  • 時間の管理が難しい
  • 子供の発熱など、急病の時に対処が大変
  • 仕事を取ってくる営業力が必要
  • 収入が不安定になるため、メンタル削られる

と求められるものがふえて難易度が上がるからです。

 

もちろん、自分で時間をコントロールできたり、スキルがずば抜けていれば年収が激増するメリットはあるため、上記を理解した上でフリーランスになるのはOKです。

 

個人的には在宅勤務、リモートワーク、有給休暇などの柔軟性があるので、ひとまずは会社員がおすすめです。

 

IT業界は、現在も伸びていますし、今後も伸びていく可能性が高い業界です。

 

また、ポチのすけがIT企業で営業として働いているからこそわかるのですが、

ITエンジニアは現在進行形で圧倒的に人手が足りていません。

なので未経験者であっても、興味があって、学ぶ意欲があれば、ITエンジニアになることができます。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくの会社でも、前職はカフェ店員をやっていたという女性エンジニアもいます。

 

特に、20代と若い女性であれば引く手あまたなので、興味があれば、IT業界に飛び込んできて下さい!

ポチのすけ
ポチのすけ
待ってます!

 

また、ITエンジニアがおすすめの理由は、以下の記事でくわしく解説しています。

ITエンジニアになってからの、おすすめキャリアプランも書いていますので、あわせてお読みください。

 

 

まとめ

 

お話してきたことをまとめます。

20代女性が手に職をつけたい!と思った時、仕事の選び方のポイントは次の4つです。

  1. 給料がそれなりで今後上がっていきやすい
  2. 結婚や子育ての時に融通が利く
  3. 自分が興味がある
  4. 今後伸びていく業界である

 

手に職をつける方法は2つあり、

  1. 学習すること
  2. 職場を紹介してもらうこと

です。

 

手に職をつけるというと、資格が必要だと考える方も多いですが、仕事によっては必須ではありません。

手に職をつけるというのは、資格以上にスキルが重要です。

 

以上を踏まえたおすすめの仕事は、ITエンジニアになります。

 

 

手に職をつけたい20代女性の方にとって、参考になれば嬉しいです。