転職で失敗しない方法

手に職をつけるための専門学校で失敗しないために大切な3つの考え方

手に職をつけるための専門学校で 失敗しないために大切な3つの考え方
手に職をつけたい人
手に職をつけたい人
手に職って専門職だから、専門学校やスクールなどの学ぶ場所で失敗したくない。。。選び方や大切な考え方ってあるのかな?
ポチのすけ
ポチのすけ
専門学校は、つぶしがきくわけではないので、選び方は難しいですよね。。。ぼくも専門学校に行っていましたが、その専門分野ではうまくいかないことがわかり、最終的に専門分野とは違う業界に就職しています。

 

ポチのすけはフリーターをやったのち、専門学校に行っていますが、最終的に専門分野とは違う業界である住宅関連の会社に就職しています。

 

「手に職をつけたい!」

と考えた時、専門学校で学ぶというのは理にかなっていますが、一般的な大学と

違い、つぶしがきくわけではないので考え方がとても大切になります。

 

本記事では、手に職をつけるための専門学校(専門スクール)に通う時や通っている時に大切な考え方について紹介していきます。

ポチのすけの失敗談も合わせてご紹介します。

それではご覧ください。

 

専門学校で失敗しないための3つの考え方

失敗しない考え方

 

専門学校(専門スクール)に通う時や通っている時、失敗しないために持っておくべき大切な3つの考え方は以下になります。

  1. その仕事を本当にやりたいのか
  2. 専門学校に通うときの費用は高すぎないか
  3. 主体性を持っているか

 

①その仕事を本当にやりたいのか

 

専門学校(専門スクール)を選ぶ時に一番重要な考え方が、その仕事を本当にやりたいのかどうか、です。

 

その仕事を本当にやりたいのかどうかは、

  • 興味があるのか
  • 業界は伸びていくのか

ということを含みます。

 

自分が興味があって、憧れている仕事だったとしても、実は給料が安くて長時間労働だった、というのはよくある話です。

給料が安くても、あこがれの仕事をできるのであれば幸せだという場合は、それで全く問題ありません。

興味があるのかと、業界が伸びていくのかをきちんと判断した上で、その仕事を本当にやりたいというのであれば、専門学校(専門スクール)選びで失敗しません。

 

ただし、興味がすごくある仕事だけど、給料もそれなりに欲しいという場合、業界についてきちんと調べる必要があります。

 

ポチのすけは専門学校選びの時に、興味がすごくある仕事でしたが、給料が低い業界であること閉鎖的であまり伸びていかない業界であることを見抜けなかったため、最終的に専門分野と違う業界に就職しました。

興味があって、かつ業界も伸びていくから就職もしやすく給料もそれなりにもらえる、という仕事であれば、専門学校(専門スクール)選びで失敗しません。

 

手に職の仕事を選ぶ目安については、以下の記事でも解説しています。

 

②専門学校に通うときの費用は高すぎないか

 

専門学校は費用が高いことが多いです。基本的にお金さえ出せば入れるところが多いため、本当に妥当な金額かどうか、高すぎないか、よく考えましょう。

 

専門学校の費用に関しては、社会人になってからや、フリーターの時に、手に職を得たいと考える時も同じです。

 

社会人やフリーターの場合、時間がないためお金で時間を買おうとすることもあるかもしれませんが、有料であれば必ずしも費用対効果が高いとは限りません。

 

例えば、手に職として最近人気のITエンジニアは、プログラミングスクールに行ってから転職することが多いですが、有料プログラミングスクールであればよいとは限りません。

無料であっても良質のものがありますし、自分の頑張り次第でスキルアップできるので、本当にお金をかけるべきなのか、よく考えるべきでしょう。

 

ITエンジニアの場合、むしろプログラミングスクールは無料の方が良いと言えます。

有料の金額を払うハードルが高いのと、有料だから良いところに転職できるわけではないからです。

有料であっても無料であっても、本人の主体的に学ぶ意欲によって左右される部分があります。

そのため、無料であっても、自分でプログラミングスクールを利用するという気持ちで学ぶと、スキルアップが早いですし、転職もうまくいきやすいです。

結果、費用対効果が高いため、おすすめです。

 

ITエンジニアになる方法や、ITエンジニアになったあとのおすすめのキャリア形成については、以下の記事でも解説しています。

 

 

③主体性を持っているか

 

専門学校に入った後、学ぶ上で大切な考え方が、主体性を持っているかどうかです。

言われたままに勉強していたり過ごしていると、せっかくの学べる環境を有効活用できず、機会損失になります。

 

また、最低限のことしかやらないくせがついてしまう可能性があり、学ぶスピードが遅くなります。

 

世の中は変化しますし、変化に対応するためには主体性を持って自ら学んでいく姿勢が大切です。

 

スポンサーリンク

【体験談】専門学校で失敗したらどうなるか

失敗した場合

専門学校で失敗すると、方向転換が大変なのと、つぎ込んできた時間を失います。

 

ポチのすけはフリーターをやったのち、専門学校に入りましたが、その専門分野ではうまくいかないことがわかり、最終的に専門分野とは違う業界である住宅関連の会社に就職しています。

一生懸命頑張って勉強はしていたので、体験自体は無駄にはなりませんでしたが、方向転換は大変でした。

全く違う業界になるため、知識で言うとゼロからのスタートになるからです。

 

もちろん、専門学校の2年間でつぎ込んできた時間を失ってしまったため、同じ時間を必要なことへの勉強につぎ込んできた人とは差がついています。

まったくの無駄とは思いませんが、時間のロスはけっこうな痛手です。

 

この記事を読んでくれている方が、専門学校で失敗しないでほしいと願っています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

お話してきたことをまとめます。

専門学校(専門スクール)に通う時や通っている時、失敗しないために持っておくべき大切な3つの考え方は以下になります。

 

  1. その仕事を本当にやりたいのか
  2. 専門学校に通うときの費用は高すぎないか
  3. 主体性を持っているか

 

専門学校で失敗すると、方向転換が大変なのと、つぎ込んできた時間を失います。

 

専門学校に通う前にしっかり考えることと、通った後には主体性を持って学びましょう。