仕事について紹介

【知ることが大事】手に職をつけるメリット・デメリットについて。おすすめの仕事も紹介

【知ることが大事】手に職をつけるメリット・デメリットについて。おすすめの仕事も紹介
手に職に興味ある人
手に職に興味ある人
手に職をつけるって聞いたことあるけど、実際どうなんだろう?メリットやデメリットを知りたい !

という疑問にお答えします。

 

手に職とまでは言えませんが、ずっと営業職をやっており、一つの職種をやり続けているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

また、IT業界の営業として、手に職のITエンジニアと一緒に働いています。

 

昔から「手に職をつけなさい」という言葉がありますし、メガバンクが人員削減を発表したり、富士通が45歳以上のリストラに踏み切ったりする世の中。

そのため、手に職をつけることについて興味を持つ人がふえてきていると感じます。

 

そんな中で、

  • 手に職をつける時のメリット
  • 手に職をつける時のデメリット
  • どんな仕事がおすすめなのか

を知っておくことで、選択肢を増やしていきたいですよね。

 

本記事では、

手に職をつける時の

  • メリット
  • デメリット
  • どんな仕事がおすすめなのか

というお悩みに対し、ぼくの経験から得た事例をもとに紹介していきます。

 

結論から言うと、

手に職をつけるメリットは、仕事に困らなくなること。

手に職をつけるデメリットは、スキルによっては時代にマッチしないことや、給料が低いものもあるということ。

 

おすすめの仕事は、

  • ITエンジニア
  • 建設関連

になります。

本記事後半では、手に職をつける時の選び方についても解説しているので、是非最後までご覧ください。

 

手に職をつけるとは

手に職をつけるとは

手に職をつけるとは、一定水準以上のスキルによって生計を立てられる状態のことです。

 

手に職をつけると言える具体的な状態は、次の2つです。

  1. 資格を持っている
  2. 資格はないが、一定水準以上のスキルがある

 

資格を持っている

資格を持っている

スキルを身につけた証しとして、資格を持っている状態は、手に職をつけていると言えます。

具体的には、次のような仕事ですね。

  • 医者
  • 弁護士
  • 税理士
  • 会計士
  • 美容師
  • 調理師
  • 保育士
  • 教員

 

これらの仕事は免許が必要なので、資格がないと働くことができない仕事。

資格を取るまで、時間とお金がかかるため、周りと比べて一歩リードできるとも言えます。

 

資格はないが、一定水準以上のスキルがある

一定水準以上のスキルがある

資格はなくとも、一定水準以上のスキルがあれば、手に職をつけていると言えます。

具体的には、以下のような仕事が挙げられます。

  • ITエンジニア
  • デザイナー
  • 大工
  • 職人

 

一定水準以上のスキルを証明するものとしては、

  • 経験年数
  • 作り上げた作品(成果物)

があります。

 

中でも経験年数は、わかりやすい物差し

たとえば、

「ITエンジニア歴3か月!」

よりも、

「ITエンジニア歴10年!」

の方が凄そうですよね。

 

もちろん、経験年数が浅くても作り上げた作品(成果物)が素晴らしければ、一定水準以上のスキルがあるという証明になるので、手に職をつけていると言えます。

一定水準以上のスキルを身につけるには、ある程度の時間がかかるため、良いことも悪いことも経験したことが手に職をつけることにつながるのです。

 

また、手に職をつけているというのは、広い意味で言うと、コンサルタントや営業マンなども入ってくるでしょう。

経験年数や結果によって、一定水準以上のスキルの証明になり、生計を立てられるからです。

 

スポンサーリンク

手に職をつけるメリット

メリット

手に職をつけるメリットは、仕事に困らなくなることです。

 

先ほどお伝えした通り、手に職をつけるとは、一定水準以上のスキルによって生計を立てられる状態のこと。

つまり、勤め先がなくなっても、自分のスキルによって、転職が簡単になります。

スキルがずば抜けていれば、起業することだってできますよね。

 

会社員でリストラや会社の倒産があった時、スキルをアピールできない場合、

  • 次の仕事を探すのが大変
  • 良い仕事につくのが難しい

ということが起こります。

そこで、手に職をつけていると、転職が簡単になりますし、そもそも職を失うようなリスクも減ります。

 

冒頭でもお伝えしたので繰り返しになりますが、今はメガバンクや富士通のような大企業であっても、リストラが起きる時代

絶対につぶれないと思われる企業であっても、会社が生き残るために人員削減などは起こりえます。

つまり、会社が安定するのと、自分のキャリアが安定するのは別の話なのです。

 

自分の身は自分で守らなくてはいけない時代に、もっとも自分を守ることができるのは、スキルです。

手に職をつけるというのは、そのスキルが一定水準以上ということなので、自分を守ることにもつながりますね。

 

スポンサーリンク

手に職をつけるデメリット

デメリット

手に職をつけるというのは、デメリットもあります。

 

デメリットは次の3つになります。

 

  1. 技術の進歩などで、自分のスキルが求められなくなることがある
  2. 手に職=給料が高いとは限らない
  3. スキルを手に入れるまでにお金と時間がかかる

 

は、正確にはデメリットというよりも考え方の問題であったりしますが、一応デメリットとして説明します。

 

デメリット①技術の進歩などで、自分のスキルが求められなくなることがある

技術の進歩などで、自分のスキルが求められなくなることがある

手に職をつけるときのデメリットで一番のものは、技術の進歩などで、自分のスキルが求められなくなること

 

一定水準以上のスキルを身につけるには、時間がかかるものです。

そうやって頑張ってやってきたのに、自分のスキルが必要とされなくなってしまうのは、生活が厳しくなるだけでなく、精神的にも苦しいものです。

 

ただ、今の時代は流れがとても早いため、流行るものもすぐにコロコロ変わっていきます。

 

その中で、生き残っていくために大切なのは、

  • そもそも生き残りやすい仕事を選ぶことと、
  • 世の中のニーズ(求められること)に対して、自分のスキルを応用させていくこと

になります。

 

常に社会の流れを見て、自分のスキルを活かすところを見極める目は持っておきましょう。

 

デメリット②手に職=給料が高いとは限らない

手に職=給料が高いとは限らない

手に職をつければ、仕事には困らなくなりますが、必ずしも給料が高いわけではありません。

もちろん、仕事はお金じゃないという方は、デメリットにはなりませんので、考え方によります。

 

給料は業界によって変わってきます。

よく新聞にも出ていますが、介護業界などは給料が低いと言われています。

 

お金はとても大切です。

手に職をつければ安心!という考え方ではなく、生活のためにはちゃんと給料をもらえるのかどうかまできちんと見極めておく必要があります。

 

デメリット③スキルを手に入れるまでにお金と時間がかかる

スキルを手に入れるまでにお金と時間がかかる

これは手に職をつけることだけでなく全てのことに通じますが、スキルを手に入れるには、お金と時間がかかります。

 

資格がないとできない仕事などは、

  • 専門学校に通う
  • 大学の指定の学部で学ぶ

という必要があるため、ある程度の時間とお金がかかります。

 

特に、

時間がかかる = 継続して学ぶ

ことになるため、結構大変。

 

なので、自分が興味がある仕事でないと辛抱できなくなってしまいます。

本当にその仕事をやりたいのかどうか、よく考えることは必須。

 

スポンサーリンク

手に職の仕事を選ぶ時の2つの目安

手に職の仕事を選ぶ時の2つの目安

手に職の仕事を選ぶ際、どういう目安で選んだらいいのかについて、ご紹介します。

目安は以下の2つ。

  1. 自分がその仕事に興味があるか
  2. 今後伸びていく業界かどうか

この2つは、どちらかが欠けてしまうと少し苦しくなるため、両方とも満たしている仕事を見つけるのが良いです。

 

先ほど、それぞれの目安のところでお伝えしていますが、

いくら自分が興味がある業界・仕事だったとしても、今後伸びない可能性が高い業界であれば、ゆくゆく業界の市場が小さくなってリストラがおき、仕事がなくなる可能性があるからです。

 

そのため、手に職の仕事を選ぶ目安2つとして、

  1. 自分がその仕事に興味があるか
  2. 今後伸びていく業界かどうか

は両方ともあった方が、仕事が長続きしますし、安定します。

 

 

それでは見ていきましょう。

 

目安①自分がその仕事に興味があるか

自分が興味がある仕事

手に職の仕事を選ぶ時、その仕事に興味があるというのは、とても重要。

 

今後盛り上がる業界や給料が良い業界であっても、自分がその仕事に興味がなかったら、

  • 勉強する意欲がわかない
  • スキルアップのスピードが遅くなる
  • 仕事がつまらなくてすぐに辞めてしまう

という可能性があり、長続きしないからです。

 

また、必ず仕事のことを学ばなくてはいけません

嫌いなことや興味がないことについて、勉強するのはしんどいもの。

手に職をつけるために簡単な仕事ってなかなかありませんが、仕事に興味があるのなら、勉強するのも苦にならないはずです。

 

仕事に興味があるかどうかを知るためには、仕事内容を聞いた時、

「その仕事についてもっと知りたい!」

「詳しくなりたい!」

と思えるかどうかが大切。

 

ぼくの場合、今まで、

  • 住宅リフォーム
  • 店舗向けサービス
  • IT

と転職するたびに業界を変えてきました。

 

なぜ業界を変えているのかというと、業界の今後の伸びしろや会社の待遇もありますが、一番はその仕事に興味があるかどうかでした。

 

現在は3回目の転職で業界を変えずにIT業界に転職していますが、新しい会社の仕事に興味があって、

「もっとその仕事について知りたい!」

「詳しくなりたい!」

と思えたのが大きかったです。

 

目安②今後伸びていく業界かどうか

業界に対して良く調べて正しい認識を持つこと

手に職の仕事を選ぶ時、今後伸びていく業界かどうかを見極めるのも大切です。

いくら自分が興味がある業界・仕事だったとしても、今後伸びない可能性が高い業界であれば、仕事がなくなるリスクがあります。

 

今後伸びない可能性が高い業界だと、

  • 業界の市場が小さくなってリストラがおきる
  • 仕事がなくなる
  • 手に職を持っていてもスキルを活かせない

というデメリットがあるからです。

 

せっかく手に職をつけたのに、スキルが活かせなくなるのは避けたいですよね?

もちろん、今は、世の中の流れが速いため、100%大丈夫だと言える業界というのはありません。

大切なのは、今後伸びていく可能性が高い業界を選ぶことと、万が一の時にも対応出来るスキルが身につくであろう業界を選ぶことが大切です。

 

今後伸びていく業界であれば、会社がダメになったとしても、スキルが身についているため、転職する時のハードルがグッと下がります。

 

どの業界が良いのかは、新聞やネットなどで世の中の流れを見ながら自分で判断することにはなりますが、ぼくの経験からわかるおすすめ業界はIT業界。

IT業界の手に職と言えば、ITエンジニア。

おすすめの理由は、以下の記事で詳しく解説しています。

ITエンジニアがおすすめの理由のの詳細記事はこちら

手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由
手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由手に職をつける仕事の一つであるITエンジニア(プログラマー)がおすすめである5つの理由を紹介しています。 現在、IT業界でITエンジニア(プログラマー)と一緒に働いているからこそわかる、おすすめの理由になります。 手に職をつけたい方は、是非ご覧ください。...

 

手に職をつけるおすすめな仕事2つ

手に職のおすすめの仕事

手に職をつける仕事の中で、ぼくがおすすめする仕事2つを紹介していきます。

おすすめ順に、

  1. ITエンジニア
  2. 建設関連

になります。

 

ITエンジニア

手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由

ITエンジニアは、IT(情報技術)の技術者たち全体をあらわす職業。

簡単に言うと、ITに関わるソフトの設計や開発、保守を行う仕事です。

ポチのすけ
ポチのすけ
手に職をつける仕事の中で、もっともおすすめなのは、ITエンジニアです!

 

ITエンジニアがおすすめの理由については、以下の記事でも詳しく解説しています。

ITエンジニアの詳細記事はこちら

手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由
手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由手に職をつける仕事の一つであるITエンジニア(プログラマー)がおすすめである5つの理由を紹介しています。 現在、IT業界でITエンジニア(プログラマー)と一緒に働いているからこそわかる、おすすめの理由になります。 手に職をつけたい方は、是非ご覧ください。...

 

ぼくが、IT業界で営業として働いているからこそ感じるのですが、ITエンジニアは現在進行形で圧倒的に人が足りていません。

また、多くの企業がITを活用して、新しいサービスを生み出そうとしていることもあり、スピード感をもって仕事をしたいと考えています。

スピード感をもって仕事をするには、ITエンジニアがいないと、サービス提供まで時間がかかってしまうため、ITエンジニアはいくらいても困らない状態。

 

なので、

「今までパソコンに親しんでいないし、ちょっと苦手。。」

「未経験からITエンジニアになるのはきついんじゃないの?」

という場合でも、興味があって成長したい熱意があれば、ウェルカムの状況です。

 

ただし、未経験からITエンジニアになるには覚えることが多いです。

決して簡単ではないため、正しい努力と学び方を行いましょう。

未経験からITエンジニアになる方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

未経験からITエンジニアになる方法の詳細記事はこちら

ITエンジニアになるのはきついのか?業界で働くぼくが見てきた3つの方法を紹介します
ITエンジニアになるのはきついのか?業界で働くぼくが見てきた3つの方法を紹介します初めてITエンジニアになろうとしたらきついのも事実。 ただ、正しい努力と学び方で初心者でもITエンジニアになることは可能です。 本記事で理由と方法を詳しく紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

建設関連

建設関連もおすすめ

他には、建設関連もおすすめです。

高度経済成長の時に作られた道路などのインフラが老朽化しているのと、オリンピックに向けて相当な需要が発生しており、人手が足りていないからです。

また、給料がそれなりに高いのも人気の理由の一つです。

 

手に職をつけるための方法

手に職をつける方法

 

手に職をつける方法は、以下の2つ。

  1. 学習すること
  2. 職場の紹介をもらうこと

この2つは、両方とも必要となります。

 

詳しくは、以下の記事で紹介しているので、合わせてご覧ください。

手に職をつける方法の詳細記事はこちら

手に職をつけるための方法は2つ。 学習と職場の紹介をもらうこと
手に職をつけるための方法は2つ。学習と職場の紹介をもらうこと手に職をつけるための2つの方法について解説しています。 学習すること、働ける職場の紹介をしてもらうことが必要になります。手に職をつけるための具体例も紹介しています。 是非ご覧ください。...

 

手に職をつけるメリット・デメリットまとめ

 

お話してきたことをまとめます。

手に職をつけるとは、一定水準以上のスキルによって生計を立てられる状態のこと。

手に職をつけると言える具体的な状態は、

  1. 資格を持っている
  2. 資格はないが、一定水準以上のスキルがある

になります。

手に職をつけるメリットは、仕事に困らなくなること

 

ただし、手に職をつけるというのは、次の3つのデメリットもあります。

  1. 技術の進歩などで、自分のスキルが求められなくなることがある
  2. 手に職=給料が高いとは限らない
  3. スキルを手に入れるまでにお金と時間がかかる

 

手に職をつける時、仕事を選ぶ目安は以下の2つ。

  1. 自分がその仕事に興味があるか
  2. 今後伸びていく業界かどうか

手に職をつける仕事の中で、ぼくがおすすめする仕事は、以下の2つ。

  1. ITエンジニア
  2. 建設関連

 

これからは手に職をつけたい方だけでなく、誰であっても自分のスキルを高めることが求められる時代。

手に職をつけたい方の参考になれば嬉しいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

ITエンジニアがおすすめの理由の詳細記事はこちら

手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由
手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由手に職をつける仕事の一つであるITエンジニア(プログラマー)がおすすめである5つの理由を紹介しています。 現在、IT業界でITエンジニア(プログラマー)と一緒に働いているからこそわかる、おすすめの理由になります。 手に職をつけたい方は、是非ご覧ください。...

 

未経験からITエンジニアになる方法の詳細記事はこちら

ITエンジニアになるのはきついのか?業界で働くぼくが見てきた3つの方法を紹介します
ITエンジニアになるのはきついのか?業界で働くぼくが見てきた3つの方法を紹介します初めてITエンジニアになろうとしたらきついのも事実。 ただ、正しい努力と学び方で初心者でもITエンジニアになることは可能です。 本記事で理由と方法を詳しく紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

ぼくが経験した会社の業務内容や年収についての紹介記事はこちら

【4社の体験談あり】仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!
【4社の体験談あり】仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!仕事の考え方や進め方が合わない時、そのまま頑張ってもうまくいかず、ストレスが溜まってしまい、最悪の場合、鬱(うつ)になってしまう可能性があるので、非常にマズいです。 本記事では、ぼくが経験した業界の体験談と会う仕事を探せる方法について紹介しています。...

 

仕事がつまらないのは当たり前?これからの働き方についてまとめた詳細記事はこちら

仕事がつまらないのは当たり前?内容によってはマジで楽しくないのですぐに動こう
仕事がつまらないのは当たり前?内容によってはマジで楽しくないのですぐに動こう「毎日の仕事がつまらない。。これって当たり前なの?」「仕事がつまらないという理由で辞めていい?」「そもそも楽しい仕事なんてあるの?」というお悩みについて解説しています。 仕事を楽しくする様々な方法も紹介しています。...