仕事について紹介

SEの仕事は今後なくなるのか?将来も働き続けるために必要なスキルをエンジニアとタッグ組んで働く立場で解説します

SEの仕事は今後なくなるのか?将来も働き続けるために必要なスキルをエンジニアとタッグ組んで働く立場で解説します
SEに興味ある人
SEに興味ある人
SEって、手に職の仕事だと思うんだけど将来も安心して働けるの?
SEで働いている人
SEで働いている人
SEって今後AIが本格的に普及したら、仕事なくなっちゃうのかな?
ポチのすけ
ポチのすけ
技術職であるSEで、今後は仕事がなくなると言われたら不安になりますよね。

 

IT業界のSIerで働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

会社では営業として、SEの部長・マネージャー・メンバーの人たちと一緒に行動してプロジェクトを進めています。

 

SE(システムエンジニア)は、アプリなどのソフトや企業で使うシステムを作るには欠かせない存在です。

そんなIT業界を支える開発者なのに、AIなどの発達によって、将来は仕事がなくなると言われたら心配になるもの。

 

本記事では、

SEという仕事が、今後なくなるのか?について、IT業界でエンジニアと一緒に動いている立場から解説していきます。

結論から言うと、SEはなくなる仕事ではないです。

 

ただ、将来も働き続けるために必要なスキルはあるため、そのあたりも合わせて解説していきます。

それでは、ご覧ください。

 

SEはなくなる仕事ではない理由

理由

ぼく自身、IT業界でSEと一緒に動いており、SEはITの世界において超重要な役割を担っていることを常日頃感じています。

そのため、今後AIが発達したとしてもSEは今後なくなる仕事ではないと断言できます。

SEが今後なくなる仕事ではない理由は以下の2つ。

  1. システムやソフトの設計を考えるのが超重要のため
  2. プロジェクトを動かすのは人のため

 

理由①システムやソフトの設計を考えるのが超重要のため

SEはなくなる仕事ではない1つ目の理由は、システムやソフトの設計を考えるのが超重要のためです。

 

どんなシステムやソフトでも、使い勝手が悪かったり機能が足りていないと、せっかく作ってもあまり利用されません。

使い勝手が悪かったり、機能が足りていないというのは、設計の段階でゴールを描けていないとよく起こります。

身近なシステムで、使い勝手が悪いと評判が悪かった例を挙げると、東京オリンピックのサイト

特に、以下のようなことが起きて不評を買いました。

  • サーバーが弱く、アクセス集中に耐えられない
  • アクセス集中に耐えられないので、ネットなのに順番待ちが起きる
  • どこに何のタブがあるのか凄まじくわかりにくい
  • どう進めれば登録できるのか、チケットを買えるのか凄まじくわかりにくい

 

設計の段階で見通しが甘いと、いざシステムを世の中に出した時に、上記のことが起こりえます。

設計の段階で、サーバーの処理速度が十分なスペックになるよう、過去のイベントなどのデータを集めて準備することはできたはず。

また、使いやすいサイトになるように設計すれば結果は違っていたはずです。

 

そのため、システムやソフトは設計段階で、

  • システムやソフトを使ってどうするのが目的なのか
  • 目的を達成するために、どのようなシステムやソフトにするのか
  • 目指すシステムやソフトをどのように作れば実現できるのか

を考えるのが必須。

 

お客さん先に納めるシステムであれば、お客さんを巻き込んで考えていく必要があります。

 

SEは、プログラミングだけが仕事ではありません。

むしろ、プログラミング以上に、システムやソフトをどのように作っていくのかを考えるのが仕事だと言ってもいいです。

もちろん、考えたことをお客さんや社内の人に伝えるコミュニケーション力も求められます。

 

システムやソフトをどのように作っていくのかを考えて、周りに伝えるコミュニケーション力というのは、たとえAIが発達したとしても代替するのは難しいもの。

これが、SEがなくなる仕事ではない1つ目の理由です。

 

理由②プロジェクトを動かすのは人のため

SEはなくなる仕事ではない2つ目の理由は、プロジェクトを動かすのは人のためです。

 

システムやソフトを作る時、チームを組んで作るのがほとんど。

大規模なプロジェクトになると、全部を自社で行うことが難しいため、他の会社と役割分担をしながら作り上げます。

自社社員以外のメンバーにも、誰がどう動いてプロジェクトを進めていくのか、指示するのもSEの仕事。

お客さんに納めるシステムであれば、お客さんに用意してもらうものはお客さんに依頼するのもSEの仕事です。

 

人を動かすのは予想以上に難しく、メンバーの中には、自分の思うように動かなかったり、お客さんを惑わすような言い方をしてしまう人もいます。

なので、どういうメンバーなのかを把握してうまく動かすようにする必要があります。

 

また、お客さんにもわかりやすく伝えつつ、準備が遅れるとスケジュールが遅れてしまうことを丁寧に伝える必要があります。

特に、お客さんに依頼する部分はゴールから逆算して早め早めに伝えないと、炎上する原因になるので、注意が必要。

また、言い方も気をつける必要があります。

 

プロジェクトで人を動かすには、それぐらい気を遣う必要があり、AIですぐに代替できるものではないのです。

これが、SEがなくなる仕事ではない2つ目の理由です。

 

スポンサーリンク

プログラマーは仕事がなくなる可能性はある

仕事なくなる

SEは今後もなくなる仕事ではないと解説してきましたが、プログラマーの方は、仕事がなくなるとまではいかなくても、仕事が減る可能性があります。

どういうプログラムにするのか設計が終わっていれば、コードを書くプログラミングの部分は、AIによって自動化される可能性があるためです。

 

SEとプログラマーは、厳格に役割分担がされているわけではないですが、大枠は違っています。

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由
手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由手に職をつける仕事の一つであるITエンジニア(プログラマー)がおすすめである5つの理由を紹介しています。 現在、IT業界でITエンジニア(プログラマー)と一緒に働いているからこそわかる、おすすめの理由になります。 手に職をつけたい方は是非ご覧ください。...

 

ただ、現実的に、急にプログラマーの仕事がなくなるとは思えません。

ソフトを作るのであれば、どのようなものにしたいのかを、営業担当側とも話し合って決めていきます。

そのため、臨機応変にプログラミングをする必要があるからです。

 

SIerであれば、お客さんの要件に合わせてシステムを作り上げるので、お客さんとよく話し合って決めていきます。

お客さんの要望も、決まったパターンがあるわけではないので、要望をきちんと汲み取って臨機応変にプログラミングする必要があります。

 

SEで働いている人
SEで働いている人
じゃあ、まだしばらくは、プログラミングをする仕事であるプログラマーも安泰ってこと?
ポチのすけ
ポチのすけ
そうですね。臨機応変に対応できるAIが出てこない限り急に仕事がなくなるとは考えにくいです。

 

なお、現時点でもAIではないですが、プログラミング無しで使えるサービスはあります。

例えば営業系のシステムでいうと、サイボウズ社のkintone(キントーン)は、プログラミングをしなくても、使うアプリを自分たちで作り込むことが可能。

マウス操作で直観的に作ることができるように設計されています。

 

他にも、WordPress(ワードプレス)など、プログラミング自動化のサービスがあるので、利用したい人にとっては便利になってはきています。

 

※ただ、プログラミング無しで誰でも作ることができるサービス自体を作るには、プログラミングして作る必要があるので、現時点ではプログラマーの需要もちゃんとあります。

 

スポンサーリンク

SEとして将来も働き続けるためのスキルについて

SEに必要なスキル

AIが発展したとしても、SEとして将来も働き続けるためには、以下のようなスキルが求められます。

  1. 技術面での知識を活かした提案・コンサルスキル
  2. プロジェクトを動かすスキル
  3. エンジニアのマネジメントスキル
  4. AI関連のスキル

どれも、現時点でも必要とされるスキルです。

 

スキル①技術面での知識を活かした提案・コンサルスキル

SEに将来も求められるスキルは、技術面の知識を活かした提案スキル・コンサルスキルです。

 

自分たちでソフトを作る時や、お客さんの社内で使うシステムを作る時、目指すシステムやソフトをどのように作れば実現できるのか、を技術面で提案します。

また、目的を達成するために、どのようなシステムやソフトを作るのがいいのかどうやってITを活用していけばいいのかをコンサルすることも求められます。

 

そのため、SEでもプログラマーでも、利用者が使いやすいようにシステムやソフトを作るには、下記の目線が欠かせません。

  • プログラミングの結果、どのようなものが作られるのか
  • 作るには技術的にどのように実装すればいいのか
  • 持っているデータなどの資産をどのように活かせばいいのか

 

スキル②プロジェクトを動かすスキル

SEに将来も求められるスキルは、プロジェクトを動かすスキルです。

 

プロジェクトを動かすためには、ゴールから逆算して段取りをしっかり行うことが必須。

特に、スケジュールについては色んな可能性を考慮して組み立てないと、スケジュール通りに進みません。

また、大事なことなので繰り返しになりますが、プロジェクトを動かすにはシステムやソフトをどのように作っていくのかを考えて、周りに伝えるコミュニケーション力も必須。

 

スキル③エンジニアのマネジメントスキル

SEに将来も求められるスキルは、エンジニアのマネジメントスキルです。

プロジェクト中だけでなく、プロジェクトに誰をどのぐらいの期間アサインするのかをマネジメントするのもできると良いです。

  • プロジェクトに求められるスキルレベルを見極めて、適切なメンバーをアサインする
  • メンバーのスキルがどのぐらいなのかをきちんと把握する
  • メンバーを遊ばせておくことが無いように、仕事を割り振る

 

実際はマネージャークラスのエンジニアがやることが多い仕事ですが、マネジメントまで見据えて仕事ができるようになると、自分自身の価値も上がります。

 

スキル④AI関連のスキル

SEに将来も求められるスキルは、AI関連のスキルです。

AIによって、自動化されていくのなら、AIをコントロールする側に回ってしまおうという発想です。

AIは今後どんどん伸びていくことが予想されており、仕事や生活の一部をどんどん自動化していこうとする流れは止まらないでしょう。

 

AI関連の言語と言えば、Python。

Pythonが扱えるSEは数が多くなく、今後の需要も見込まれているので、身につけておくと周りと差をつけることも可能。

Pythonを通学で学べるプログラミングスクールなら、.Pro(ドットプロ)

オンライン(ネット上)で学ぶのなら、TechAcademy [テックアカデミー]がおすすめ。

 

料金など、詳しくは以下の記事で紹介しています。

AIについても学べるプログラミングスクールはこちら

プログラミングスクールの選び方とおすすめ5つをエンジニア集団の会社で働く視点で解説【無料あり】
プログラミングスクールの選び方とおすすめ5つをエンジニア集団の会社で働く視点で解説【無料あり】世の中にたくさんあるプログラミングスクールの選び方とおすすめ5つを厳選して紹介しています。 エンジニア集団の会社で働く視点から、おすすめスクール5つそれぞれの隠れたおすすめポイントも解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

SEの仕事は今後なくなるのかまとめ

お話してきたことをまとめます。

SEはITの世界において超重要な役割を担っており、今後AIが発達したとしてもSEは今後なくなる仕事ではないと断言できます。

SEが今後なくなる仕事ではない理由は以下の2つ。

  1. システムやソフトの設計を考えるのが超重要のため
  2. プロジェクトを動かすのは人のため

ただ、コードを書くプログラミングの部分はAIによって自動化される可能性があるため、プログラマーの方は仕事が減る可能性があります。

 

今後、AIが発展したとしても、SEとして将来も働き続けるためには、以下のようなスキルが求められます。

  1. 技術面での知識を活かした提案・コンサルスキル
  2. プロジェクトを動かすスキル
  3. エンジニアのマネジメントスキル
  4. AI関連のスキル

 

SEに興味がある方や、SEで働いている方にとって、参考になれば嬉しいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

TechAcademy(テックアカデミー)無料キャリアカウンセリングはこちらから

 

 

.Pro(ドットプロ) 個別相談会はこちらから

 

 

システムエンジニアの年収は低いのかについての詳細記事はこちら

システムエンジニアの年収は低いのか?給料を上げるために取るべき方法を解説します
システムエンジニアの年収は低いのか?給料を上げるために取るべき方法を解説します色んな立場のシステムエンジニア(SE)を見てきている立場から、システムエンジニア(SE)の年収は低いのか?今後も低いままなのか?といった悩みについて解説しています。 年収を上げていくための方法についても解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

システムエンジニアの仕事がきつい理由と改善する方法の詳細記事はこちら

システムエンジニアの仕事がきつい理由と改善する方法をSEと一緒に動いている立場から解説「システムエンジニアの仕事がきつい。。」とお悩みの方に、仕事がきつい理由と改善する方法をご紹介します。 いつも様々な立場のシステムエンジニアと一緒に働いているため、入ってくる多くの情報をもとにお伝えしていきます。 是非、ご覧ください。...

 

AIについても学べるプログラミングスクールの詳細記事はこちら

プログラミングスクールの選び方とおすすめ5つをエンジニア集団の会社で働く視点で解説【無料あり】
プログラミングスクールの選び方とおすすめ5つをエンジニア集団の会社で働く視点で解説【無料あり】世の中にたくさんあるプログラミングスクールの選び方とおすすめ5つを厳選して紹介しています。 エンジニア集団の会社で働く視点から、おすすめスクール5つそれぞれの隠れたおすすめポイントも解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

ぼくが経験した会社の業務内容や年収についてのまとめ記事はこちら

仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!【ぼくが経験した業界の体験談も紹介】
仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!【ぼくが経験した業界の体験談も紹介】仕事の考え方や進め方が合わない時、そのまま頑張ってもうまくいかず、ストレスが溜まってしまい、最悪の場合、鬱(うつ)になってしまう可能性があるので、非常にマズいです。 本記事では、ぼくが経験した業界の体験談と会う仕事を探せる方法について紹介しています。 是非、ご覧ください。...