仕事についての紹介

IT営業の年収・メリット・デメリット【ソフトウェアメーカー勤務の体験談】

IT営業の年収・メリット・デメリット【ソフトウェアメーカー勤務の体験談】
ITの営業に興味ある人
ITの営業に興味ある人
IT業界って面白そうだし、給料も高そう。IT営業っていいのかな?
ITの営業に興味ある人
ITの営業に興味ある人
スマホで使うアプリとかもそうだし、IT業界は今後も伸びていくだろうから、メリットが多い気がするけど、実際はどうなんだろう?
ポチのすけ
ポチのすけ
身近なところで言うとスマホのアプリなど、ITは生活の中に浸透しているのもあって、IT業界の営業って儲かりそうですよね。

 

社会人になって3社目で、IT業界に入ったポチのすけ(@pochinosuke1)です。

入った会社はソフトウェアメーカーだったので、自社ソフトウェアの提案営業をやっていました。

 

ソフトウェアというのは、ざっくりいうと、パソコンとかスマホで使うソフト全般のこと。

パソコンやルーター、スマホなど目に見えるものをハードウェアと言うのに対し、目に見えないものがソフトウェアになります。

 

ソフトウェアを具体的に言うと、

  • 会計ソフト
  • 画像編集ソフト
  • 表計算ソフト
  • ゲーム
  • ハードウェアをコントロールするOS(WindowsやMac)

などがあります。

 

本記事では、ソフトウェアメーカーの営業をやっていたぼくの経験から、IT営業の年収・メリット・デメリット・やりがい・身につくスキルを紹介していきます。

その中で、自分に向いているのかどうかの参考にしてもらえればと思います。

それでは、ご覧ください。

 

▼IT営業に転職するならこちらから!

TRY NOW

dodaの登録はこちら(公式サイト)

 

TRY NOW

type転職エージェントの登録はこちら(公式サイト)

 

もくじ

IT営業の年収【ソフトウェアメーカーの場合】

年収

 

ソフトウェアメーカーの営業の年収は、

約350万円~約900万円

と、ある程度高めになります。

 

もちろん、年収は会社にもあなたの能力にもよってきますが、利益率が高いこともあり、それなりの額が出ることも。

 

ソフトウェアメーカーの営業は、未経験からでもなれるため、最初は給料が低いこともありますが、のちのち上がりやすい仕事と言えます。

 

給料体系は月給制か年俸制のどちらかの給料体系になっていることがほとんど。(どちらも年2回のボーナスはあることが多い)

ソフトウェアメーカーでは、営業会社でよくあるインセンティブがつくことはほぼないと言っていいです。

理由は、提案から契約までのスパンが長いことが多く、インセンティブの制度に合わないからですね。

インセンティブ

 

歩合(ぶあい)給とも言われます。

簡単に言うと、契約の金額もしくは粗利(あらり)に応じて基本給にプラスされて支払われるお金です。

契約を取れば取るほどインセンティブがつき、稼げます。

 

年収の上がり方

 

年収の上がり方は、営業成績だけでなく、行動基準など複数の項目によって評価されて決まります。

 

営業なので、基本的には成績が良くないと年収は上がっていかないのですが、成績だけではなく、普段の行動も加味されて昇給額が決まります。

なので、業務効率を上げるような提案と実行など、チームを良くするアイディアがあれば、積極的に実行するのが良いでしょう。

 

もちろん、年収の上がり幅は会社によって変わるのですが、昇給の仕方は会社が儲かっているかどうかと、会社が社員をどう見ているのかのスタンスによって変わります。

年間で5,000円くらいしか昇給していかない会社もあれば、1万円以上昇給する会社も。

 

あとは、役職がついた方が年収が上がりやすいです。

平社員の年収だと350万円~500万円くらいですが、

役職者の年収でいうと、

  • 主任まで上がると、500万円~600万円くらい
  • 係長になると、500万円後半~700万円くらい
  • 課長までいくと、800万円~900万円くらい

まで上がります。

 

年収のベースはどうしても経験によって変わってきます。

新卒の方は、基本給が低めに設定されていることが多いですが、転職した中途採用組は、最初の年収交渉で高めの給料を伝えられると、スタートが高めになります。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくは、type転職エージェントをうまく活用したのもあって、年収を60万ほど上げることができました!

 

type転職エージェントは、ぼくがおすすめしている2つの転職エージェントのうちの1つです。

おすすめの理由は、以下の記事で紹介しています。

合わせてご覧ください。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

僕が3回の転職で使ってみて本当に良かった転職エージェントのおすすめはこの2つ!
僕が3回の転職で使ってみて本当に良かった転職エージェントのおすすめはこの2つ!【2019年7月12日更新】転職エージェントを選ぶ時、3回の転職で実際に利用した経験から、使って本当に良かったおすすめ転職エージェント2つを紹介しています。業界が変わるような転職もできた体験から、自信をもっておすすめできます。 ぜひご覧ください。...

 

ボーナスについて

 

ボーナスは会社によって変わってくるのですが、ぼくのいた会社は年2回のボーナスがありました。

また、業績が良いと、会社の期末に決算賞与という、臨時ボーナスが出ます。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
つまり、ボーナスが年に3回出るということです。嬉しいですね!

 

ソフトウェアメーカーは利益率が高いこともあり、業績が良いと、貢献度の高い社員にボーナスで還元する傾向が強いです。

なので、ボーナスは人によってけっこう差がつくことも。。

営業は、成績や行動評価が高いと、ボーナスも高くなります。

 

スポンサーリンク

IT営業のメリット【ソフトウェアメーカーの場合】

 

メリット

 

ソフトウェアメーカー営業のメリットは、つぎの7つです。

  1. 営業未経験でもなれる
  2. BtoBの会社が多く、カレンダー通りに働ける
  3. ビジネスマナーやメールの出し方など、基礎的なスキルが身につく
  4. マーケティング感覚が磨かれる
  5. IT業界の営業の流れがわかる
  6. 売って終わりではなく、自社製品を常に良くしていくサイクルで働ける
  7. ITツールを活用した業務効率化をしている会社が多い
  8. 万が一、社風が合わなくても転職しやすい

 

メリット①営業未経験でもなれる

 

ソフトウェアメーカー営業の1つ目のメリットは、

営業未経験でもなれることです。

 

ソフトウェアメーカー営業は、気合と根性で契約を取っていくものではなく、大切なのはコミュニケーション。

そのため、過去に営業経験がなくても、適性があれば営業職としてキャリアを始められます。

ぼくがいた会社でも、営業経験がない方が営業として実際に活躍しており、未経験者はお断りという形ではないのがソフトウェアメーカー営業の良いところです。

 

また、女性営業の方も活躍しています。

割合で言えば、現実にはまだまだ男性よりは低いのですが、少しずつ女性営業の方も増えてきている印象を受けます。

 

メリット②BtoBの会社が多く、カレンダー通りに働ける

 

ソフトウェアメーカー営業の2つ目のメリットは、

法人向けのビジネスをやっている会社が多く、カレンダー通りに休めることです。

会社によって個人向けにビジネスをやっているのか、法人向けにビジネスをやっているのかで変わってくるのですが、ぼくの肌感覚で言うと、ソフトウェアメーカーはBtoB(法人向けのビジネス)が多い印象です。

 

BtoBだと、会社相手にビジネスをするので、基本的には土日祝は休みです。

また、お互いに働いている時間に訪問のアポをとるため、朝早すぎたり夜遅すぎたりといった勤務時間外のアポは、ほぼありません。

 

なので、先々の予定が立てやすく、働きやすいと思っています。

これが個人向けのビジネスだと、アポの日にちが土日になってしまったり、夜遅い時間でないとアポが取れなかったりして、かなり大変に。。

 

メリット③ビジネスマナーやメールの出し方など、基礎的なスキルが身につく

 

ソフトウェアメーカー営業3つ目のメリットは、

社会人としての基礎的なスキルが身につくことです。

 

サラリーマン
サラリーマン
いやいや、ビジネスマナーくらいどの会社にいても身につくでしょ。

と思う方もいるかもしれませんが、

世の中には、細かいビジネスマナーなどを特に必要としない仕事もあり、なんとなくマナーがわかっていれば仕事になってしまうこともあるのです。

 

細かいビジネスマナーなどを特に必要としない仕事だけするのならいいのですが、転職が当たり前になっている現在では、ビジネスマナーなどの基礎的なスキルは早めに身につけておいた方が良いです。

 

具体的に言うと、

ソフトウェアメーカー営業では、お客さんと連絡をする時の基本はメールになりますし、会社対会社の付き合いになるので、営業は相手に失礼のないような振る舞いが求められます。

 

そのため、メールの書き方や出し方などは最初に指導されることが多いですし、訪問先でのやり取りなども指導されます。

 

結果、ビジネスマンとして相手に失礼のないメールの書き方や出し方、ビジネスマナーなどが身につきます。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
細かいビジネスマナーなどは、どこに行っても常に求められるため、きちんと身につけられるのが良いですね。

 

メリット④マーケティング感覚が磨かれる

 

ソフトウェアメーカー営業4つ目のメリットは、

ごり押しの営業力ではなく、マーケティング感覚が磨かれることです。

 

ソフトウェアメーカーは、自社製品をどうやって売っていくか、拡販していくのかということを小さな視点だけでなく、全体的な視点でも考えて戦略的に動きます。

 

ソフトウェアは、提案先の会社のシステムとして使うという製品的な部分から見ても、ごり押しで売れるようなものではありません。

そのため、市場や競合などを全体的な視点で見ながら、自社はどう動くのか、販売店などの味方をどううまく動かすのかを常に考えるため、マーケティング感覚が磨かれます。

 

メリット⑤IT業界の営業の流れがわかる

 

ソフトウェアメーカー営業5つ目のメリットは、

IT業界の営業の流れがわかることです。

 

IT業界の営業の流れがわかると、自社はどう動けばよいのか、その中で自分はどう動けばよいのかがわかるので、適切な行動を取ることが可能に。

自社のやり方だけでなく、競合他社のやり方もリサーチすることで、営業の流れを理解できます。

 

IT業界では、自社だけでお客さんとやり取りする会社は少なく、色んな会社が絡み合っています。

 

例えば、

  • 契約は親会社がして、実際にシステムを使うのは子会社のシステム会社
  • 案件を紹介してくれた販売会社は、このお客さんと付き合いが長い
  • SI案件は専門会社にやってもらう

などです。

 

SI(システムインテグレーションの略で、エスアイと読みます)

 

システムインテグレーションとは、企業の情報システムの企画、設計、開発、構築、導入、保守、運用などを一貫して請け負うサービスです。

これらの工程のうちのシステムの構築だけをやったり、開発だけをやったりするなど、いくつかを請け負う場合もあります。

 

そのため、案件を紹介してくれたA社はこのサービスに強いとか、B社ならこの部分の開発を任せられそう、など営業の流れを理解できます。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくは、今まで個人向けの営業をやっていたのでわからなかったことであり、ソフトウェアメーカー営業として仕事をすることで、IT業界の流れを理解することができ、どう行動すればいいのかわかってきました。

 

メリット⑥売って終わりではなく、自社製品を常に良くしていくサイクルで働ける

 

ソフトウェアメーカー営業6つ目のメリットは、

商品を売って終わりではなく、お客さんのニーズを拾いながらアップデートをしていくなど、自社製品を常に良くしていくサイクルの中で働けることです。

 

普段使っているスマホのアプリが、アップデートする経験をしたことはあると思いますが、ソフトウェアは、商品を販売後もアップデートを繰り返してより良い商品にしていくもの。

そのため、お客さんに商品を販売した後も、お客さんが求めていることをヒアリングして商品に反映させるなど、お客さんと長い付き合いをしながら自社製品をより良くしていくという、サイクルの中で働けます。

 

メリット⑦ITツールを活用した業務効率化をしている会社が多い

 

ソフトウェアメーカー営業7つ目のメリットは、

業務効率化につながるツールを活用している会社が多く、効率よく働けることです。

 

日本社会でずっと問題になってきた長時間労働や生産性の低さは、効率が悪いことをやってきてしまっていることが原因です。

 

ソフトウェアメーカーは、営業の案件管理や情報共有にITツールを使う会社が多いため、業務効率化につながっています。

もちろん、まだまだ無駄を削ることは可能なので、今後さらに働きやすくなっていくはず!

 

メリット⑧万が一、社風が合わなくても転職しやすい

 

ソフトウェアメーカー営業8つ目のメリットは、

同じIT業界内で転職がしやすいことです。

 

ソフトウェアメーカーは、色んな会社があり、会社の数だけ社風があります。

会社の社風との相性はすごく重要で、能力があっても相性が悪いと活躍しづらいもの。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
会社と合わないな。。と感じた時、ソフトウェアメーカー営業の経験があれば同じIT業界内で転職がしやすいです。

 

ITの基本的な知識があったり、IT業界の営業のやり方がわかっているためです。

なので、ソフトウェアメーカーでの経験は、いざというときに自分を守ってくれるので、大きなメリットになります。

 

スポンサーリンク

IT営業のデメリット【ソフトウェアメーカーの場合】

デメリット

ソフトウェアメーカー営業のデメリットは以下の4つになります。

  1. 提案~契約まで時間がかかる
  2. 流行り廃りが激しいため、ライバルがどんどん出てくる
  3. 販売代理店を通すパートナー営業が難しい
  4. 製品力が弱くても、自社製品で何とかするしかない

 

デメリット①提案~契約まで時間がかかる

 

ソフトウェアメーカー営業のデメリットは、提案してから契約をもらうまで、時間がかかることです。

1か月くらい~半年くらいかかることも。。

なぜこんなに時間がかかるかというと、

ソフトウェアは、提案後は評価版(お試し版)を使用して、ソフトの動作を確認してから契約をすることがほとんどだからです。

 

きちんと動作するのかわからないソフトを導入するのは怖いですよね?

なので、本格導入の前にテストをする期間が必要なのです。

 

ただ営業の立場からすると、提案してから契約までの時間が長いと、お客さんの気が変わってしまったり、状況が変わってしまうリスクがありますし、なかなか成果に結びつかないというのはしんどいもの。

 

そのため、ソフトウェアの提案は契約まで時間がかかるものだと認識し、営業マンを長期目線で見てくれるスタンスの会社を選ぶのが、デメリットを和らげるポイントですね。

プレッシャーばかりかけてくる会社だと、かなり消耗するので気をつけましょう。

 

デメリット②流行り廃りが激しいため、ライバルがどんどん出てくる

 

これは営業と言うよりソフトウェアメーカーのデメリットになりますが、ソフトウェアは新しい会社やサービスがどんどん出てきます。

そのため、ある日から急にシェアを奪われることも。

ソフトウェアメーカーは、ヒットした商品があったとしても安泰ということはなく、技術の進歩によってライバル社の素晴らしい商品がどんどん出てきます。

そのため、成功にあぐらをかいていると、急にシェアを奪われることも実際にあります。

 

そうならないように、

  • 市場がどうなっているのか
  • 今は何が求められているのか
  • 今後、どのような世界になっていきそうか

を常に考えて、商品のアップデートを計画するなどの行動をし続けることが大事です。

 

デメリット③販売代理店を通すパートナー営業が難しい

 

ソフトウェアメーカー営業は、基本的に販売代理店を通して商品を販売します。

商品を利用するお客さんに直接販売する時と比べて、販売代理店を通すパートナー営業は、また違った難しさがあります。

 

ソフトウェアメーカーはエンジニアの人数は多いですが、営業マンの数は少ない傾向が。

そのため、販売代理店と協力しながら商品を販売します。

 

商品を利用するお客さんに直接販売するのが決して簡単だという話ではないのですが、

間に販売代理店を通すことで、お客さんだけでなく、販売代理店の会社のメリットも考えた上で商品を提案する必要があるので、難易度が上がります。

 

例えば、見積を出すにしても、いくらでお客さんに提案するのかだけでなく、販売代理店にも仕切値を出さなければならないので、自社の利益率も気にしながら提案する必要があります。

 

販売代理店は、自分たちの味方ではあるものの別の会社になるため、自分たちの都合の良いように使ってしまうと、今後の取引にも響いてしまうので、慎重に進めなくてはなりません。

かといって、仕切値を下げすぎると、自社の商品の利益率が下がるため、そのバランスを取るのが難しいところです。

 

なので、パートナー営業に関しては経験を積んで、バランス感覚を身につけていくしかないと思っています。

IT業界だけの話ではありませんが、商品を利用するお客さんをエンドユーザーと呼ぶことが多いです。

間に販売代理店を挟むため、誰が商品を利用するのかを明確にするためにそう呼んでいます。

ソフトウェアメーカーなどのIT業界に興味がある人は覚えておきましょう。

 

デメリット④製品力が弱くても、自社製品で何とかするしかない

 

ソフトウェアメーカー営業は、仮に自社の製品力が弱くても、他社の商品を売るわけにはいかないため、色々と手段を考えて自社製品を何とか売れるようにするしかありません。

ソフトウェアメーカーは、販売代理店と違って、自社製品をどうやって市場に浸透させていくのかが目標になります。

そのため、うまくいかないからといって簡単に商品を切り捨てることはできず、アップデートなどをして何とか商品力を上げていく必要があります。

 

商品力を上げるために営業ができることは、市場が求めていることをいち早く察知して、そのニーズをエンジニアに伝えて、一緒に良い商品を作っていくことになります。

 

ソフトが売れなくなってから動き出すのではなく、ソフトが売れている時から次の手を打って、自社商品を売りやすくすることが大事です。

 

スポンサーリンク

IT営業のやりがい【ソフトウェアメーカーの場合】

やりがい

ソフトウェアメーカー営業のやりがいは、自分たちの商品を世の中に広められることです。

 

ソフトウェアメーカーは小さな会社であっても、商品力がついてくると、よく聞く有名な会社にも自分たちの商品を導入してもらえるため、とてもやりがいを感じます。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも、テレビCMをやっている会社に商品を導入してもらったことをたくさん経験しました。有名な会社をはじめ、色んな会社の業務を自社製品が支えているというのは、とても嬉しいものです。

 

IT営業のスキル面【ソフトウェアメーカーの場合】

身につくスキル

 

ソフトウェアメーカー営業では、身につくスキルと身につかないスキルがあります。

身につくスキル

 

身につくスキルは、

  • IT知識
  • 基本的なビジネススキル
  • マーケティング感覚

です。

 

メリットの解説部分でお伝えしていますが、IT業界の知識や営業方法を知ることができるので、スキルとして残ります。

そのため、いざ転職する時も転職しやすいです。

 

また、ビジネスマナーやメールの書き方・出し方など基本的なビジネススキルも身につきます。

 

ただ目の前のお客さんに商品を売るのではなく、世の中に自社商品を広めるには

どうしたらいいのかを考えるため、マーケティング感覚が身につきます。

 

身につかないスキル

 

逆に、身につかないスキルは、

  • プッシュ営業のスキル
  • 打たれ強いメンタル

になります。

 

ソフトウェアメーカー営業は、プル営業がメインになります。

効率が良いのですが、こちらからアプローチするプッシュ営業のような粘り強いスキルは身につきません。

 

また、お客さんの考えを変えるような営業は行わないため、お客さんの考えを変えるようなスキルは身につかないと言っていいです。

 

プッシュ営業が少ないことに紐づきますが、打たれ強いメンタルも身につかないです。

こちらからアプローチする機会が少ないため、バンバン断られることがないからです。

 

なので、ちょっとトラブルが起きると、心を痛めてしまったりストレスを感じてしまう人が多いように見えます。

 

IT営業はこんな人におすすめ!【ソフトウェアメーカーの場合】

おすすめ

ソフトウェアメーカー営業は、

  • IT業界で働いてみたい人
  • 売って終わりではなく、自社製品を常に良くしていくサイクルで働きたい人
  • 働きやすい環境で仕事をしたい人
  • マーケティングの感覚を身につけたい人

にとって、とても向いているのでおすすめの仕事です。

 

IT営業に就職する方法【ソフトウェアメーカーの場合】

就職する方法

 

ソフトウェアメーカー営業に就職する方法は、

  • 転職サイトに登録して探す
  • 転職エージェントから紹介してもらう

の2つになります。

 

転職サイトを使って自分で検索するのも良いのですが、

基本的には、転職エージェントに希望を伝えて求人を紹介してもらうのがおすすめ!

 

転職エージェントを使うことで、企業の募集状況を教えてくれたり、書類が通りやすいなどのメリットがあるため、一人では手が回らない部分を強力にサポートしてくれます。

 

おすすめは、多くの求人をカバーしているdodaと、隠れた優良企業が見つかるtype転職エージェントです。

ぼくも、dodaとtype転職エージェントを使って転職に成功!

 

ソフトウェアメーカーの営業の場合、dodaもtype転職エージェントも求人は多いため、見つけやすくなっています。

ポチのすけ
ポチのすけ
ほかの転職エージェントと比べても本当に良かったので、dodaとtype転職エージェントなら間違いないです!

この機会に、是非登録しておきましょう。

 

TRY NOW

dodaの登録はこちら(公式サイト)

 

TRY NOW

type転職エージェントの登録はこちら(公式サイト)

 

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由は、以下の記事で詳しく解説しています。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

僕が3回の転職で使ってみて本当に良かった転職エージェントのおすすめはこの2つ!
僕が3回の転職で使ってみて本当に良かった転職エージェントのおすすめはこの2つ!【2019年7月12日更新】転職エージェントを選ぶ時、3回の転職で実際に利用した経験から、使って本当に良かったおすすめ転職エージェント2つを紹介しています。業界が変わるような転職もできた体験から、自信をもっておすすめできます。 ぜひご覧ください。...

 

IT営業の年収・メリット・デメリットまとめ

 

お話してきたことをまとめます。

ソフトウェアメーカーの営業は、

  • IT業界で働いてみたい人
  • 売って終わりではなく、自社製品を常に良くしていくサイクルで働きたい人
  • 働きやすい環境で仕事をしたい人
  • マーケティングの感覚を身につけたい人

に向いている仕事です。

 

ソフトウェアメーカー営業のメリットは、つぎの8つです。

  1. 営業未経験でもなれる
  2. BtoBの会社が多く、カレンダー通りに働ける
  3. ビジネスマナーやメールの出し方など、基礎的なスキルが身につく
  4. マーケティング感覚が磨かれる
  5. IT業界の営業の流れがわかる
  6. 売って終わりではなく、自社製品を常に良くしていくサイクルで働ける
  7. ITツールを活用した業務効率化をしている会社が多い
  8. 万が一、社風が合わなくても転職しやすい

 

ソフトウェアメーカー営業のデメリットは以下の4つになります。

  1. 提案~契約まで時間がかかる
  2. 流行り廃りが激しいため、ライバルがどんどん出てくる
  3. 販売代理店を通すパートナー営業が難しい
  4. 製品力が弱くても、自社製品で何とかするしかない

 

ソフトウェアメーカーの営業で身につくスキルは、

  • IT知識
  • 基本的なビジネススキル
  • マーケティング感覚

になります。

逆に身につかないスキルは、

  • プッシュ営業のスキル
  • 打たれ強いメンタル

です。

 

ソフトウェアメーカーの営業は、自社製品を世の中に広められるというやりがいがある仕事です。

 

ソフトウェアメーカーの営業に就職するおすすめの方法は、多くの求人をカバーしているdodaと、隠れた優良企業が見つかるtype転職エージェントを使って探すことです。

 

TRY NOW

dodaの登録はこちら(公式サイト)

 

TRY NOW

type転職エージェントの登録はこちら(公式サイト)

 

また、ソフトウェアメーカーの仕事内容や勤務時間、休日などについては、以下の記事でも紹介しています。

こちらも合わせてご覧ください。

ソフトウェアメーカーの仕事の詳細記事はこちら

IT営業ってどんな仕事?内容~休日までソフトウェアメーカー勤務の体験談
IT営業ってどんな仕事?内容~休日までソフトウェアメーカー勤務の体験談IT営業の仕事内容や残業時間、休日まで実際にソフトウェアメーカーで働いて体験したことを紹介します。 IT業界の中で、ソフトウェアに興味がある方は、是非ご覧ください!...

 

ソフトウェアメーカー営業に興味がある人にとって、参考になれば嬉しいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~