転職で失敗しない方法

僕が3回の転職で使ってみて本当に良かった転職エージェントのおすすめはこの2つ!

僕が3回の転職で使ってみて本当に良かった転職エージェントのおすすめはこの2つ!
転職希望者
転職希望者
転職する時は、転職サイトに登録するだけじゃなく転職エージェントも利用するのがいいって聞くけど、そもそもどの転職エージェントに、いくつくらい登録したらいいのかわからない・・・
転職希望者
転職希望者
転職サイトと転職エージェントにたくさん登録したけど、逆に情報が多すぎて訳が分からなくなってきた。。。
ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも、最初の転職の時なんかは、転職エージェントから連絡が来たら来た分だけ片っ端から面談して進めてしまい、面接前に疲れてしまった経験があります。

 

転職を3回経験して現在4社目で働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

転職を経験していくうちに、どの転職エージェントを使えばうまくいくのかがわかってきたため、今の会社より条件が良い会社に行くことができています。

 

在職中に転職をする場合など、多くの人にとって、転職活動はとにかく時間がありません。

そのため、本記事では企業選びや面接対策など、転職活動で肝心な部分に時間を使えるよう、ぼくが使って本当に良かったおすすめの転職エージェントについて紹介します。

 

結論を先にお伝えすると、

がおすすめです。

 

「doda(キャリアアドバイザー)」「type転職エージェント」は業界を変える場合の転職でも、十分な対応が可能なため、そういう場合でもおすすめです。

それでは、ご覧ください。

 

TRY NOW

 

TRY NOW

 

転職エージェントを選ぶポイント

大切なこと

 

ぼくは、転職エージェントを選ぶ時のポイントがあると考えており、それは以下の3つ。

  1. 紹介できる求人案件数が多い(非公開含む)
  2. 転職エージェントが親身にアドバイスしてくれる
  3. 企業に交渉してくれる

 

ポイント①紹介できる求人案件数が多い(非公開含む)

 

転職エージェントをたくさんあるサービスの中から選ぶ際、非公開求人案件を含めた求人案件を多く持っているのが重要です。

また、転職希望者に合った求人を探して紹介してくれる数が多いのも重要です。

 

転職は多くの人の場合、たくさんの求人から絞り込まれていくもの。

どうしても、一定数の求人案件がないと、転職活動が苦しくなります。

そのため、案件を豊富に抱えていて、紹介してくれる転職エージェントを選びましょう。

特に、企業がホームページに採用を載せていないような非公開求人を持っている転職エージェントは価値が高いです。

 

転職エージェントが雑だと、転職希望者にとって合わない求人ばかり持ってくるため、応募しようという気になりません。

なので、きちんと転職希望者のかなえたいことをヒアリングした上で求人を紹介してくれて、さらに転職エージェント独自の観点からおすすめする求人も紹介してくれるベストです。

 

ポイント②転職エージェントが親身にアドバイスしてくれる

 

転職エージェントが親身にアドバイス、サポートしてくれる会社だと転職の時にやりやすいのでおすすめです。

 

転職エージェントは、

  • 履歴書の書き方
  • 面接の練習

など、1人1人に寄り添ったサポートをしてくれます。

 

最終的には転職エージェント個人の力量や相性にはなりますが、転職エージェントの運営会社をきちんと選べばそんなに大きくは外れません。

 

転職エージェントにしてみれば、数あるお客さんの一人でも、転職希望者にとって転職は人生の一大イベントなのですから、親身になってくれる転職エージェントがいるサービスを選ぶのが大切。

 

また、転職は応募したら全部受かるわけではなく、不採用になることも多いです。

ぼくもそうでしたが、不採用が続くとどうすればいいのかわからなくなります。

そんな時につらい気持ちをわかってくれて、親身になって対応してくれる転職エージェントの方には何度も助けられました。

そのため、親身になってくれる転職エージェントを選ぶのはとても大切です。

 

ポイント③企業に交渉してくれる

 

転職エージェントは転職希望者の担当者だけでなく、直接的もしくは間接的に企業と交渉する立場でもあるため、交渉能力も大きなポイントです。

企業との交渉は、

  • 年収交渉
  • 面接日調整の交渉
  • 内定の返事を出すまでの期間の交渉

など。

 

年収については、自分一人で交渉するよりも、転職エージェントに任せた方が上がりやすいです。

この交渉力がある転職エージェントの方が転職活動で得をします。

 

また、意外に大事なのが、面接の日程調整。

企業の言うことを鵜呑みにするような転職エージェントだと、日程調整が大変です。

なので、面接の日程調整をちゃんと交渉してくれる転職エージェントを選びましょう。

 

もちろん、転職希望者のすべての要望をかなえるのは難しいですが、企業と交渉する能力が低いと転職希望者が苦労しますので、転職エージェントには、交渉してくれる力が必要です。

 

転職エージェントおすすめその1:doda(キャリアアドバイザー)

おすすめはdoda転職エージェント!

 

転職エージェントおすすめの1つはdoda(キャリアアドバイザー)です。

「doda(キャリアアドバイザー)」は、転職エージェントを選ぶポイントである下記をすべて満たしています。

 

  • 紹介できる求人案件数が多い(非公開含む)
  • 転職エージェントが親身にアドバイスしてくれる
  • 企業に交渉してくれる

 

また、「doda(キャリアアドバイザー)」の特長は以下です。

  • 非公開案件含めて、取扱っている求人が豊富
  • 転職エージェントがきちんとフォローしてくれる
  • 企業に交渉してくれる

 

ちなみに、dodaには、

  • キャリアアドバイザー
  • 採用プロジェクト担当

という2つのエージェントがいますが、今回おすすめしているのはキャリアアドバイザーになります。

キャリアアドバイザーは、他社含めて一般的によく言われる転職エージェントのことです。転職希望者の希望条件などをヒアリングしたうえで、応募する企業を探してたくさん提案してくれます。

採用プロジェクト担当とは、企業ごとについている担当者です。転職希望者に担当している企業をおすすめして問い合わせをもらったら、転職希望者と企業の間に立って、やり取りを行います。

採用プロジェクト担当が特定企業についているのに対し、キャリアアドバイザーは特定の企業にはつかず、転職希望者により合うものを選んでくれるのが違いです。

 

自分にとって合う企業を提案してもらうには、キャリアアドバイザー側も、あなたがどんな人なのか、転職で求めることは何なのかを知る必要がありますので、まずは会いに行って相談してみましょう!

登録もサービスを受けるのも最初から最後まで無料です。

 

TRY NOW

dodaの登録はこちら(公式サイト)

 

おすすめ理由①非公開案件含めて、取扱っている求人が豊富

 

まず、「doda(キャリアアドバイザー)」をおすすめする理由1つ目は、非公開案件をふくむ圧倒的な企業数の多さ。

 

営業力があり、かなりの企業数を網羅してくれるため、「doda(キャリアアドバイザー)」さえあれば、ほとんどの企業は調べられると思います。

 

どのような企業が求人を出しているのか傾向もわかりますし、他の大手転職エージェントと比べても、一般公開されていない非公開求人案件が多いので、転職するなら登録必須です。

サイト自体も全体的に探しやすいですし、情報もある程度正確なため、とても信用できます。

 

おすすめ理由②転職エージェントがきちんとフォローしてくれる

 

「doda(キャリアアドバイザー)」をおすすめする理由2つ目は、転職エージェントがきちんとフォローしてくれるところ。

 

自分がどのような仕事がしたいのか、ぼんやりとした考えしかなくても、doda(キャリアアドバイザー)の転職エージェントなら、要望をうまくくみ取りつつ、良いキャリアを築くための長年の経験から的確なアドバイスをしてくれます。

 

ぼくは転職ごとに業界が変わっていますが、自分が積み上げてきたものを業界が変わっても活かすための伝え方など、何度もレクチャーしてもらえました。

また、転職理由についてのアドバイスも自分に合ったものを考えてくれて、非常に納得できるものでした。(面接では企業側も納得していました。)

また、職種を変えた方がいいのかの悩みに対しても、条件面と今後の人生プランを踏まえた上で考えると、変えない方がいい、と的確なアドバイスで、とても納得できました。

面接対策も気軽に行えます。

さらに面接のフィードバックや、伝え方が論理的であるかどうかなど、細かい部分まできちんと見てくれるため、とても良かったです!

 

おすすめ理由③企業に交渉してくれる

 

doda(キャリアアドバイザー)をおすすめする理由3つ目は、企業への交渉も行ってくれるところ。

 

特に、スケジュール調整はきちんと行ってもらえるので、在職中で時間に限りがある中での転職活動も理解して、スケジュール調整をしてくれます。

ぼくは、有給休暇が3日しか残っていないという中でのスケジュール調整を依頼しましたが、きちんと調整してスケジュールを組み立ててくれたため、ちゃんと面接を受けることができ、無事に内定をもらっています。

 

doda(キャリアアドバイザー)のデメリット

 

doda(キャリアアドバイザー)のデメリットは以下です。

  • おすすめ求人という形で超頻繁にメールが来るので、スパムメールかと思うくらい、メールが多い(笑)
  • 幅広く求人を紹介してくるので、自分と合わない求人がどうしてもいくつか含まれる

 

人によっては、送られてくるメールの数の多さがちょっとうっとおしいと感じる人もいるかもしれません。

慣れてしまえば消すだけなので、不要なメールはゲーム感覚で消しておきましょう。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
スマホの受信ボックスの数がすごいことになっていると思ったら、半分くらいdodaからのメールだったことがあります(笑)

 

また、紹介してくれる求人数が多いのもあり、自分に合わないものもいくつかありました。

ここは発想を変えて、多くの情報をあますことなく送ってくれると考えるとよかったです。

気になる求人はブックマークして、選考状況を見ながら確認していました。

 

転職エージェントおすすめその2:type転職エージェント

おすすめはtype転職エージェント!

 

転職サイトのもう一つのおすすめは「type転職エージェント」です。

「type転職エージェント」も、転職サイトを選ぶポイントである下記をすべて満たしています。

 

  • 紹介できる求人案件数が多い(非公開含む)
  • 転職エージェントが親身にアドバイスしてくれる
  • 企業に交渉してくれる

 

また、「type転職エージェント」の特長は以下です。

  • ITやWeb関連の企業に強く、独占求人も多い
  • 面接における重要ポイントなどを事前にレクチャーしてくれる
  • 企業に交渉してくれる

 

紹介してもらう求人の中で、自分にとって合う企業を提案してもらうには、type転職エージェント側も、あなたがどんな人なのか、転職で求めることは何なのかを知る必要がありますので、まずは会いに行って相談してみましょう!

登録もサービスを受けるのも最初から最後まで無料です。

 

TRY NOW

type転職エージェントの登録はこちら(公式サイト)

 

おすすめ理由①ITやWeb関連の企業に強く、独占求人も多い

 

type転職エージェントをおすすめする理由1つ目は、ITやWeb関連企業の求人が多く、独占求人も多いこと。

 

type転職エージェントは、ITやWeb関連企業といった、今後伸びていくであろう業界の求人が多いです。

ITやWeb関連企業へ、業界が変わる場合での転職を考えている場合でも、利用するべきです。

 

また、大手企業にはなくtype転職エージェントにしかない求人もあるため、登録して求人を探す価値が大いにあります。

さらに、求人自体も大手や老舗企業から、今を時めくベンチャー企業も含んでいるため、企業の質の良さも挙げられます。

「doda」ほどではないにしても、非公開案件も多く、企業についてかなり細かく記載しています。

 

また、「type転職エージェント」は、とにかくサイトが見やすく、検索しやすかったです。

 

特にブックマークした後、検索一覧に戻るのも簡単だったため、時間がない中サクサクと検索できました。

 

また、企業情報を詳しく載せてくれており、多くの求人で企業の競合情報まで載せていてくれたのは、とても役に立ちました。

志望動機で「なぜうちを選んだのか」と聞かれた際に、競合と比べた時の優位性があるという言い方ができ、助かりました。

 

おすすめ理由②面接における重要ポイントなどを事前にレクチャーしてくれる

 

type転職エージェントをおすすめする理由2つ目は、面接における重要ポイントなどを事前にレクチャーしてくれるところ。

type転職エージェントは企業毎に担当者がついており、過去にその企業の面接を受けた人の情報を蓄積しています。

その情報を活かし、面接で重要なポイントなどを、事前にレクチャーしてくれます。

 

面接前は電話で何度もアドバイスをもらったこともあり、業界が変わった転職でも、無事に入社まで進むことができました。

さらに面接のフィードバックもきちんと見てくれるため、とても良かったです!

 

ぼくの場合、転職ごと業界が変わっていますが、自分が積み上げてきたものを業界が変わっても活かすための伝え方など、何度もレクチャーしてもらえました。

また、転職理由についてのアドバイスも自分に合ったものを考えてくれて、非常に納得できるものでした。(面接では企業側も納得していました。)

 

おすすめ理由③企業に交渉してくれる

 

type転職エージェントをおすすめする理由3つ目は、企業への交渉も行ってくれるところ。

特に、年収交渉はかなり頑張ってくれます。

ぼくはtype転職エージェントのおかげで60万円ほどの年収アップを実現!

もちろん、非現実的な交渉は難しいと思いますが、ある程度であれば交渉してくれるため、面接での立ち振る舞いなども合わせてアドバイスしてくれます。

積極的に利用しましょう!!

 

type転職エージェントのデメリット

 

「type転職エージェント」のデメリットは以下です。

  • 「type転職エージェント」は東京圏特化なので、それ以外の地域で転職を検討している場合は極端に求人が少ない
  • dodaなどの大手ほど求人が多いわけではない

 

「type転職エージェント」で、デメリットというか気をつける点は、東京・神奈川・埼玉・千葉の一都三県に特化している転職エージェントのため、東京圏で探していない人にはあまり参考にならないことです。

また、dodaなど大手ほど求人が多いわけではありません

 

ただ、これをあまりデメリットと考えずに、発想を変えてみると良いです。

  • 一都三県で転職を探しているのであれば、必ず登録しておき、それ以外の地域での転職の場合は利用しない
  • 全体を「doda」で網羅して、「doda」で拾えない非公開独占求人を狙って利用する

 

ここまでする価値のある転職エージェントですので、「doda」と合わせて登録しておきましょう。

 

dodaとtype転職エージェントは業界変わる場合でも頼りになる

業界変わる

 

「doda」と「type転職エージェント」は、非公開案件を含む取り扱いの求人が多く、転職エージェントもかなり親身になって対応してくれるため、業界が変わる場合でも役立つアドバイスをしてくれます。

 

ぼくの場合、

住宅リフォーム(外壁塗装営業がメイン)

→店舗向け提案サービス

→IT(ソフトウェアメーカー)

と転職するたびに業界を変えていました。

 

転職するたびに業界が変わるようなぼくの場合でも、「doda」と「type転職エージェント」が多くの求人を紹介してくれたため、様々な可能性を考えることができました。

また、考え方や面接での伝え方などを転職エージェントから教えてもらうことで、本当に助かりました。

伝え方とは、今までの経験からうまく志望動機につなげるような言い回しや、転職理由から志望動機へのロジックの組み立てなど。

 

「doda」と「type転職エージェント」は業界が変わる転職というケースでも頼りになります。

 

転職エージェントの登録が2つで良い理由

2つで良い理由

さて、ここまでおすすめの転職エージェントとして、「doda」と「type転職エージェント」をおすすめしてきましたが、2つだと少なく感じる方もいるかもしれません。

少なくとも3つくらいはあった方がいいと感じる方もいるでしょう。

 

これは転職時のぼくの経験ですが、転職サイト同様、転職エージェントはたくさん登録するとうまくいきません。

 

うまくいかない理由は以下の通り。

  • 利用する転職エージェントが多くなりすぎると、同じ企業が重複していたりするなどの手間が多く発生して、案件を管理できなくなる
  • 3つ以上の転職エージェントを使うと、あまりの検索の多さに案件を探すのもしんどくなってきて、転職活動で気が滅入る

 

人間誰もが「3」という数字が好きなように、転職エージェントも3つ登録しようという方が多いですが「doda」、「type転職エージェント」を選んでいれば、3つ目の転職エージェントで調べても求人がかぶることが多いです。

そのため、転職エージェントをたくさん利用しても、次第に2つくらいの転職エージェントで探すようになります。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも1回目の転職、2回目の転職の両方とも3つ以上の転職エージェントを利用していましたが、結局使うのは2つくらいなんですね(笑)
ポチのすけ
ポチのすけ
 1回目の転職なんて、よくわからなかったので、5つくらい使ってました。そしてハズレばかりでした。。。

 

なので、ここまで読んでくれた方には、ぼくのように転職エージェント選びで消耗しないためにも、転職エージェントは2つにしぼって探していただくのを強くおすすめします。

もちろん、ぼくのおすすめは「doda」「type転職エージェント」の2つです。

 

「doda」、「type転職エージェント」を使ってもどうしてもお目当ての会社が見つからない場合だけ、3つ目の転職エージェントを利用しましょう。

 

その時はリクルートエージェントなど3つ目のサイト登録をすればよいです。

 

たくさんの転職エージェントや転職サイトを使わない方がいい理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

たくさんのサービスを使わない方がいい理由の詳細記事はこちら

複数の大手転職サイトに登録しない方が良い3つの理由【やると大変】
複数の大手転職サイトに登録しない方が良い3つの理由【やると大変】転職する時に大手転職サイトに登録する方は多いですが、複数の大手転職サイトに登録すると大変になる3つの理由を、体験談から紹介しています。...

 

スポンサーリンク

転職エージェントとは、一度顔を合わせて話をしよう

顔を合わせる

 

転職エージェントをうまく活用するためには、自分の担当がどんな人なのかの確認も含め、転職エージェントに合って話をしに行きましょう。

ぼくも転職の方向性や悩みを聞いてもらって作戦を立てるためにも、すぐに転職エージェントに会いに行っていました。

 

転職エージェントとは、自分と相性がいいかどうかも重要ですし、求人状況は刻一刻と変わっていくので、早めに登録して、情報を受け取ることが超重要

 

転職エージェントとは一度面談することで、現在の求人情報など、非公開求人含めた情報が手に入ります。

 

不安なこと・今後どうしていきたいのかを素直に話して相談するためにも、一度顔を合わせておきましょう。

面接を受ける企業には言えないことがあっても、転職エージェントは転職したい人の味方のため、親身な方に相談すると色々アドバイスしてくれます。

こちらから、是非相談してみて下さい。

 

TRY NOW

dodaの登録はこちら(公式サイト)

 

TRY NOW

type転職エージェントの登録はこちら(公式サイト)

 

おすすめ転職エージェントまとめ

 

お話ししてきたことをまとめます。

まとめ

 

  • おすすめ転職エージェントは「doda」「type転職エージェント」
  • 転職エージェントを選ぶポイントは、案件数が多く、親身になって対応してくれること、企業と交渉してくれること
  • 「doda」「type転職エージェント」は業界変わる場合でも役立つ
  • 転職サイトを3つ以上にすると、応募企業の重複が起きて管理が大変になるので、利用は「doda」「type転職エージェント」の2つで良い
  • 転職エージェントは、担当者との相性もあるのと、非公開求人含めた現在の求人情報を手に入れるためにも、早めに面談するのが超重要

 

転職の際は、「doda」と「type転職エージェント」に早めに相談して具体的に転職を進めていくと、成功の確率がグッと高まります。

こちらから、是非相談してみて下さい。

 

TRY NOW

 

TRY NOW

 

転職で失敗しない方法の詳細記事はこちら

転職が怖いと不安な方へ。 転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法
転職が怖いと不安な方へ。転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法転職が怖いと不安な方へ、転職3回のぼくの経験から失敗しないための方法を書いています。怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...