仕事について紹介

SIerに向いてない人・向いている人を現役営業マンが解説。自分との相性を把握しよう

SIerに向いてない人・向いている人を現役営業マンが解説。自分との相性を把握しよう
SIerで働く人
SIerで働く人
SIerって、色んな会社があるのはわかるんだけど、しんどいことが多いし、ぼくは向いていないのかな。。
ポチのすけ
ポチのすけ
SIerはやりがいもあれば、大変なこともあるので、向き不向きはありますよね。

 

IT業界のSIerの会社で働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

SIerの会社では営業として、エンジニアの人たちと一緒にプロジェクトを進めています。

 

SIerに限らずですが、誰しも仕事には向き不向きがあります。

仕事をするのなら、自分の能力を最大限活かしつつ、能力を伸ばしていきたいですよね?

 

SIer(エスアイアー/エスアイヤー)とは、

システムインテグレーター(System Integrator)の略で、システムを構築する会社のことです。

 

会社で使うシステム(会計システムや業務システムなど様々)の

  • コンサルティング
  • 設計
  • 開発
  • 運用
  • 保守

などを、一括で請け負って構築します。

SIer1社で完結することもあれば、部分部分を他社へ依頼して構築することもあります。

 

本記事では、

SIerで営業マンとして働くぼくが、SIerに向いていない人向いている人についてご紹介します。

SIerも色々な会社があるので、本記事を参考にしたら、転職エージェントから求人を見せてもらいましょう。

 

それではご覧下さい。

 

SIerに向いていない人

向いていない

SIerに向いていない人は、営業であってもエンジニアであっても、次のような人になります。

  • 自社商品を取り扱いたい人
  • 新しい商品を世の中に出したい人
  • とにかくコードを書きたい人
  • コミュニケーションを取るのが苦手な人
  • BtoCのビジネスモデルで働きたい人

 

自社商品を取り扱いたい人

自社商品を取り扱いたい人は、SIerに向いていません。

具体的には、ハードウェアメーカーやソフトウェアメーカー側で働きたい人。

 

営業であれば、

自社商品を販売したい意欲が強い人は、SIerに向いていません。

ハードウェアメーカーやソフトウェアメーカーが向いています。

 

ただ、IT業界では競争が激しいため、他社製品やサービスも取り扱わないと難しくなるケースもあります。

そのため、自社商品も持ちながら他社商品も取り扱う会社もあります。

 

エンジニアであれば、

自分たちの会社の商品(ソフトウェア)を開発したり、改良していきたい人は、SIerに向いていません。

ソフトウェアメーカーのエンジニアとして、自社商品の開発や改良に携わるのが向いています。

 

これはSIerとしての仕事のやり方、進め方によってきます。

そのため、自社商品を取り扱いたい人はSIerではなく、ハードウェアやソフトウェアのメーカー側に行って働く方が満足度が高くなります。

 

新しい商品を世の中に出したい人

新しい商品を世の中に出したい人もSIerに向いていません。

 

先程の自社商品を取り扱いたい人とも似ていますが、自分たちで新しい商品を作って世の中に出したいという要望が強い人は、ハードウェアメーカーやソフトウェアメーカー側で働く方が満足度が高くなります。

営業であれば、

世の中のニーズに応えられるような商品を作れるように、ヒアリングして商品開発に生かす動きができます。

エンジニアであれば、

自分たちで新しい商品を作るというワクワク感を持ちながら仕事をすることが可能。

 

SIerでも自社製品とまでは言えなくても、自社サービスを出すことはあります。

ただ、現状では、SIerは既存の商品を組み合わせて提案することがほとんどなので、新しい商品を世の中に出したい人には向かない仕事。

なので、新しい商品を作って世の中に出したい人は、SIerではなくメーカー側で働くのがおすすめです。

 

とにかくコードを書きたい人

エンジニアが対象になりますが、とにかくコードを書きたい人もSIerに向いていません。

 

SIerは、お客さんと打ち合わせをするのも仕事

そのため、とにかくコードを書きたい、プログラミングしたいという人にとっては、余計な仕事のように感じることも。

 

もちろん、プログラマーとしてプロジェクトにアサインされる人は、ある程度はコードを書くことができますが、

ひたすらコードを書いて、良い商品を作りたい!

コードを書くのが楽しい!

という人にとっては、それ以外にやることが色々と発生するため、SIerではなくソフトウェアメーカーで働く方が楽しめるためおすすめです。

 

コミュニケーションを取るのが苦手な人

コミュニケーションを取るのが苦手な人もSIerに向いていません。

 

SIerは、営業だけでなくエンジニアも、お客さんと打ち合わせをしたり、仕様の説明をする機会が多くあります。

また、お客さんだけでなく、プロジェクトで関わる他社SIerともコミュニケーションが必須。

 

なぜなら、お客さんの要望や予算に合わせてシステムを作り上げる必要があるからです。

自分たちの作りたいものを作るのではなく、お客さんがほしいものを作らないと、意味がありません。

 

そのため、お客さんやプロジェクトに関わるSIerに、お客さんの要望に応えるシステムを作るにはどのようにすればいいのかを、技術的な視点で回答することが求められます。

それぐらいコミュニケーションを取ることがあるため、コミュニケーションを取るのが苦手な人には向いていないと言えます。

 

ただ、コミュニケーションについては、慣れによって克服できるものなので、苦手でも頑張りたい人なら大丈夫です。

 

また、要望や予算に合わせてシステムを構築するという考え方は、SIerに限った話ではないです。

自社商品を出しているソフトウェアメーカーも、世の中の要望や自社の予算に合わせて商品を作る必要があるので、その認識は持っておきましょう。

 

BtoCのビジネスモデルで働きたい人

BtoCのビジネスモデルで働きたい人もSIerに向いていません。

 

冒頭でもお伝えしていますが、SIerは、企業のシステムを構築するのが仕事です。

個人向けのサービスを展開したい場合は、ソフトウェアメーカーの中で、個人向けのサービスを展開している企業を探しましょう。

 

スポンサーリンク

SIerに向いている人

おすすめ

逆にSIerが向いている人は、営業であってもエンジニアであっても、次のような人になります。

  • 大規模システムの構築に携わりたい人
  • 大企業や官公庁を相手に仕事をしたい人
  • プロジェクトを動かしたい人
  • お客さんの課題をITで解決したい人
  • 色んな会社と連携しながら働きたい人

 

僕自身、SIerの仕事が楽しいと思って働けているので、向いていると思っています。

 

SIerが向いている人は、楽しいと感じることができます。

SIerが楽しい理由については、以下の記事で詳しく解説しています。

SIerが楽しい理由についての詳細記事はこちら

SIerは楽しい仕事の一つである理由を現役営業マンのぼくが解説します
SIerは楽しい仕事の一つである理由を現役営業マンのぼくが解説しますSIerはつまらない!やめとけ!と言われることも多いですが、楽しい仕事です。 本記事では、SIerで働くぼくが感じているSIerが楽しい理由について紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

SIer営業の仕事内容の詳細記事はこちら

SIerの営業ってどんな仕事?内容~休日までを開発会社で働いてわかった体験から紹介!
SIerの営業ってどんな仕事?内容~休日までを開発会社で働いてわかった体験から紹介!SIerの営業の仕事内容や残業時間、休日まで実際に開発会社で働いて体験していることを紹介します。 IT業界の中で、SIerの営業に興味がある方は、是非ご覧ください!...

 

SIerの年収は低いのかについての詳細記事はこちら

SIerの年収は低いのか?開発会社で働いてわかった実際の金額について
SIerの年収は低いのか?開発会社で働いてわかった実際の金額についてSIerの年収は低いのか?について開発会社で働いてわかった実際の金額をお伝えします。 営業マンだけでなく、SEなどの開発者の年収もお伝えしています。 メリット・デメリット・身につくスキル・やりがいなども、合わせてご紹介します。 是非、ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

SIerに向いていない人がとるべき方法

方法

SIerに向いていない人は、自分がもっと輝くために、SIer以外の会社に転職を検討しましょう。

大事なのは、自分が何をしたいのかよく考えること。

IT業界にこだわる必要はありません。

 

営業の場合

 

営業の転職先だと、

ソフトウェアメーカーなど、自社サービスを展開する会社が一つの選択肢。

 

ただ、IT業界以外でも、業界はたくさんあり、同じ営業でもたくさんの仕事があります。

製造業でも金融業でも、自分のスキルを活かすことができれば、良い転職ができます。

 

また、30歳くらいまでなら、一からキャリアチェンジすることも可能。

営業の方におすすめの転職エージェントは、多くの求人をカバーしているdodaと、隠れた優良企業が見つかるtype転職エージェントです。

おすすめの理由は、以下の記事で詳しく解説しています。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい人はまず仕事から。僕が3回の転職で使って本当に良かった転職エージェントのおすすめ2つ!
環境を変えたい人はまず仕事から。僕が3回の転職で使って本当に良かった転職エージェントのおすすめ2つ!今の仕事がつらい時や、人間関係でのしがらみを断ち切りたい。。環境を変えたい!と言う人は転職エージェントを有効活用しましょう。 本記事では、3回の転職で実際に使って本当に良かったおすすめ転職エージェント2つを紹介しています。 業界が変わるような転職もできた体験から、自信をもっておすすめできます。 ぜひご覧ください。...

 

エンジニアの場合

 

エンジニアの転職先だと、

営業同様、ソフトウェアメーカーなど、自社サービスを展開する会社が一つの選択肢。

コードをガリガリ書くことができ、新しいサービスを自分の手で生み出すことができます。

 

また、IT業界以外でも、社内のIT部門(社内SE)に転職するという手もあります。

製造業でも金融業でも、IT化はどんどん進んでおり、社内のIT部門で自分のスキルを活かすことができれば、良い転職ができます。

エンジニアの方におすすめの転職エージェントは、多くの求人をカバーしているワークポートレバテックキャリアです。

自分のスキルに自信がある方は、ハイスキルエンジニア向けのBINARもおすすめです。

 

上記転職エージェントについては、SIerを辞めたい時の方法を書いている記事で、詳しく紹介しています。

SIerを辞めたいと思った時に考えてほしいこととおすすめの転職エージェントの詳細記事はこちら

SIerを辞めたいと思った時に考えてほしい3つのこと【現場で働く営業マンが解説】
SIerを辞めたいと思った時に考えてほしい3つのこと【現場で働く営業マンが解説】SIerを辞めたいと思った時、「すぐに転職してやる」となる前に考えてほしい3つのことについて紹介しています。 転職する前にやれることはあるので、本記事を参考にまずは試してみて下さい。...

 

スポンサーリンク

SIerに向いていない人・向いている人まとめ

お話してきたことをまとめます。

SIerに向いていない人は以下のような人です。

  • 自社サービスを取り扱いたい人
  • 新しいサービスを世の中に出したい人
  • とにかくコードを書きたい人
  • コミュニケーションを取るのが苦手な人
  • BtoCのビジネスモデルで働きたい人

 

SIerに向いている人は以下のような人です。

  • 大規模システムの構築に携わりたい人
  • 大企業や官公庁を相手に仕事をしたい人
  • プロジェクトを動かしたい人
  • お客さんの課題をITで解決したい人
  • 色んな会社と連携しながら働きたい人

 

SIerの会社数は多いので、会社による部分はあるものの、営業・エンジニアどちらの場合でも向き不向きはあります。

自分の能力を最大限に活かせるところで働いていきましょう。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

SIerを辞めたいと思った時に考えてほしいことの詳細記事はこちら

SIerを辞めたいと思った時に考えてほしい3つのこと【現場で働く営業マンが解説】
SIerを辞めたいと思った時に考えてほしい3つのこと【現場で働く営業マンが解説】SIerを辞めたいと思った時、「すぐに転職してやる」となる前に考えてほしい3つのことについて紹介しています。 転職する前にやれることはあるので、本記事を参考にまずは試してみて下さい。...

 

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい人はまず仕事から。僕が3回の転職で使って本当に良かった転職エージェントのおすすめ2つ!
環境を変えたい人はまず仕事から。僕が3回の転職で使って本当に良かった転職エージェントのおすすめ2つ!今の仕事がつらい時や、人間関係でのしがらみを断ち切りたい。。環境を変えたい!と言う人は転職エージェントを有効活用しましょう。 本記事では、3回の転職で実際に使って本当に良かったおすすめ転職エージェント2つを紹介しています。 業界が変わるような転職もできた体験から、自信をもっておすすめできます。 ぜひご覧ください。...

 

SIerについて良いところも悪いところもまとめた詳細記事はこちら

SIerについてブログで紹介!現役で働いているぼくの体験談まとめ
SIerについてブログで紹介!現役で働いているぼくの体験談まとめSIerで働くぼくが、SIerの良いところも悪いところもブログにまとめています。 ほかにも、SIer営業の仕事内容や向いている人・向いていない人、年収やSIer業界の今後についても分かります。 SIerに興味がある人は、是非ご覧ください!...

 

ぼくが経験した会社の業務内容や年収についてのまとめ記事はこちら

仕事が合わないと感じた時に知っておきたい他の会社の業務内容や年収について。3つの業界を経験したぼくの実体験を紹介
仕事が合わないと感じた時に知っておきたい他の会社の業務内容や年収について。3つの業界を経験したぼくの実体験を紹介仕事が合わない。。と感じている人は、他の会社を知っておくことで選択肢が広がるのでキャリアに有利になります。 本記事では、ぼくが経験した4つの仕事とITエンジニアについて紹介しています。 是非、ご覧ください。...