仕事について紹介

【相性を把握】SIerに向いてない人・向いている人を現役営業マンが解説

【相性を把握】SIerに向いてない人・向いている人を現役営業マンが解説
SIerで働く人
SIerで働く人
SIerって会社次第なのはわかるんだけど、今の仕事はしんどいことが多い。ぼくは向いていないのかな。。
SIerに興味がある人
SIerに興味がある人
転職先にSIerがいいって聞いたから、SIerに興味があるんだけど、自分には向いているのか知りたい!

という疑問にお答えします。

 

IT業界のSIerで営業として働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

SIerの営業の仕事だけでなく、エンジニアの人たちと一緒にプロジェクトを進めているので、エンジニアの仕事もよく知っています。

SIer(エスアイアー/エスアイヤー)とは、

システムインテグレーター(System Integrator)の略で、システムを構築する会社のことです。

 

会社で使うシステム(会計システムや業務システムなど様々)の

  • コンサルティング
  • 設計
  • 開発
  • 運用
  • 保守

などを、一括で請け負って構築します。

SIer1社で完結することもあれば、部分部分を他社へ依頼して構築することもあります。

 

IT業界の中で、結構な数の会社があるSIer。

色々な会社があるので、いい会社も悪い会社もあります。

 

SIerに限らずですが、誰しもが仕事で起こりうる向き不向き

自分はSIerに向いているのかどうかを、今一度確認しておくことで、SIerで働くべきなのか判断できます。

ポチのすけ
ポチのすけ
仕事をするのなら、自分の能力を最大限活かしつつ、能力を伸ばしていきたいですよね。

 

本記事では、

SIerで働いている方や、SIerに興味を持った方に対し、

  • SIerに向いていない人
  • SIerに向いている人

がどのような方なのか、SIerで働く現役営業マンのぼくが、特徴についてご紹介していきます。

 

結論から言うと、

SIerに向いていない人は以下のような人です。

  • 自社サービスを取り扱いたい人
  • 新しいサービスを世の中に出したい人
  • とにかくコードを書きたい人
  • コミュニケーションを取るのが苦手な人
  • BtoCのビジネスモデルで働きたい人

 

逆に、SIerに向いている人は以下のような人。

  • 大規模システムの構築に携わりたい人
  • 大企業や官公庁を相手に仕事をしたい人
  • プロジェクトを動かしたい人
  • お客さんの課題をITで解決したい人
  • 色んな会社と連携しながら働きたい人

SIerも色々な会社があるので、

  • 自分がSIerに向いているのか
  • SIerに向いていないのか

を把握したら、より自分に合う会社で働けるように動きましょう。

 

本記事後半では、より自分に合う会社に出会うための方法についても書いているので、是非最後までご覧ください。

 

SIerに向いていない人

SIerに向いていない人

SIerに向いていない人は、営業であってもエンジニアであっても、次のような人になります。

SIerに向いていない人

 

  • 自社商品を取り扱いたい人
  • 新しい商品を世の中に出したい人
  • とにかくコードを書きたい人
  • コミュニケーションを取るのが苦手な人
  • BtoCのビジネスモデルで働きたい人

 

自社商品を取り扱いたい人

自社商品を取り扱いたい人

自社商品を取り扱いたい人は、SIerに向いていません。

具体的には、ハードウェアメーカーやソフトウェアメーカー側で働きたい人。

 

営業であれば、

自社商品を販売したい意欲が強い人は、SIerに向いていません。

ハードウェアメーカーやソフトウェアメーカーが向いています。

 

ただ、IT業界では競争が激しいため、他社製品やサービスも取り扱わないと難しくなるケースもあります。

そのため、自社商品も持ちながら他社商品も取り扱う会社もあります。

 

エンジニアであれば、

自分たちの会社の商品(ソフトウェア)を開発したり、改良していきたい人は、SIerに向いていません。

ソフトウェアメーカーのエンジニアとして、自社商品の開発や改良に携わるのが向いています。

 

これはSIerとしての仕事のやり方、進め方によってきます。

そのため、自社商品を取り扱いたい人はSIerではなく、ハードウェアやソフトウェアのメーカー側に行って働く方が満足度が高くなります。

 

新しい商品を世の中に出したい人

新しい商品を世の中に出したい人

新しい商品を世の中に出したい人もSIerに向いていません。

 

先程の自社商品を取り扱いたい人とも似ていますが、自分たちで新しい商品を作って世の中に出したいという要望が強い人は、ハードウェアメーカーやソフトウェアメーカー側で働く方が満足度が高くなります。

営業であれば、

世の中のニーズに応えられるような商品を作れるように、ヒアリングして商品開発に生かす動きができます。

エンジニアであれば、

自分たちで新しい商品を作るというワクワク感を持ちながら仕事をすることが可能。

 

SIerでも自社製品とまでは言えなくても、自社サービスを出すことはあります。

ただ、現状では、SIerは既存の商品を組み合わせて提案することがほとんどなので、新しい商品を世の中に出したい人には向かない仕事。

なので、新しい商品を作って世の中に出したい人は、SIerではなくメーカー側で働くのがおすすめです。

 

とにかくコードを書きたい人

とにかくコードを書きたい人

エンジニアが対象になりますが、とにかくコードを書きたい人もSIerに向いていません。

 

SIerは、お客さんと打ち合わせをするのも仕事

そのため、とにかくコードを書きたい、プログラミングしたいという人にとっては、余計な仕事のように感じることも。

 

もちろん、プログラマーとしてプロジェクトにアサインされる人は、ある程度はコードを書くことができますが、

「ひたすらコードを書いて、良い商品を作りたい!」

「コードを書くのが楽しい!」

という人にとっては、それ以外にやることが色々と発生するため、SIerではなくソフトウェアメーカーで働く方が楽しめるためおすすめです。

 

コミュニケーションを取るのが苦手な人

コミュニケーションを取るのが苦手な人

コミュニケーションを取るのが苦手な人もSIerに向いていません。

 

SIerは、営業だけでなくエンジニアも、お客さんと打ち合わせをしたり、仕様の説明をする機会が多くあります。

また、お客さんだけでなく、プロジェクトで関わる他社SIerともコミュニケーションが必須。

 

なぜなら、お客さんの要望や予算に合わせてシステムを作り上げる必要があるからです。

自分たちの作りたいものを作るのではなく、お客さんがほしいものを作らないと、意味がありません。

 

そのため、お客さんやプロジェクトに関わるSIerに、お客さんの要望に応えるシステムを作るにはどのようにすればいいのかを、技術的な視点で回答することが求められます。

それぐらいコミュニケーションを取ることがあるため、コミュニケーションを取るのが苦手な人には向いていないと言えます。

 

ただ、コミュニケーションについては、慣れによって克服できるものなので、苦手でも頑張りたい人なら大丈夫。

また、要望や予算に合わせてシステムを構築するという考え方は、SIerに限った話ではないです。

自社商品を出しているソフトウェアメーカーも、世の中の要望や自社の予算に合わせて商品を作る必要があるので、その認識は持っておきましょう。

 

BtoCのビジネスモデルで働きたい人

BtoCのビジネスモデルで働きたい人

BtoCのビジネスモデルで働きたい人もSIerに向いていません。

 

冒頭でもお伝えしていますが、SIerは企業のシステムを構築するのが仕事です。

個人向けのサービスを展開したい場合は、ソフトウェアメーカーの中で、個人向けのサービスを展開している企業を探しましょう。

 

スポンサーリンク

SIerに向いている人

SIerに向いている人

逆にSIerが向いている人は、営業であってもエンジニアであっても、次のような人になります。

SIerに向いている人

 

  • 大規模システムの構築に携わりたい人
  • 大企業や官公庁を相手に仕事をしたい人
  • プロジェクトを動かしたい人
  • お客さんの課題をITで解決したい人
  • 色んな会社と連携しながら働きたい人

 

SIerが向いている人は、仕事が楽しいと感じることができます。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身も、上記に当てはまるのでSIerに向いていますし、毎日楽しく働けています!

SIerが楽しい理由については、以下の記事で詳しく解説しています。

SIerが楽しい理由についての詳細記事はこちら

SIerは楽しい仕事である5つの理由を現役営業マンが解説【ITの中でもおすすめ】
SIerは楽しい仕事である5つの理由を現役営業マンが解説【ITの中でもおすすめ】SIerはつまらない!やめとけ!と言われることも多いですが、楽しい仕事です。 本記事では、SIerで営業として働くぼくが感じているSIerが楽しい5つの理由について紹介しています。...

 

SIer営業の仕事内容の詳細記事はこちら

SIerの営業ってどんな仕事?内容~休日までを開発会社で働いてわかった体験から紹介!
SIerの営業ってどんな仕事?内容~休日までを開発会社で働いてわかった体験から紹介!「SIerの営業って実際にどういう仕事内容なのか、いまいちピンと来ない。。」という方にSIerの営業の仕事内容や残業時間、休日まで実際に開発会社で働いて体験していることを紹介します。 IT業界の中で、SIerの営業に興味がある方は、是非ご覧ください!...

 

SIerの年収は低いのかについての詳細記事はこちら

【現役社員が解説】SIerの年収は低いのか?実際の金額について知ることで判断しよう
【現役社員が解説】SIerの年収は低いのか?実際の金額について知ることで判断しよう営業の方も、SE・プログラマーなどのITエンジニアの方も気になる「SIerの年収は低いのか?」について現役社員が実際の金額をお伝えします。 メリット・デメリット・身につくスキル・やりがいなども、合わせてご紹介します。...

 

スポンサーリンク

SIerに向いていない人が取るべき方法【自分に合う会社で働こう】

SIerに向いていない人が取るべき方法【自分に合う会社で働こう】

SIerに向いていない人は、自分がもっと輝くために、SIer以外の会社に転職を検討しましょう。

大事なのは、自分が何をしたいのかよく考えること。

IT業界にこだわる必要はありません。

 

ここからは、

  • 営業の場合
  • エンジニア・プリセールスの場合

のそれぞれについて紹介していきます。

 

営業の場合

おすすめの転職エージェント

営業の転職先だと、

IT業界で言えば、強みを持っているSIer大手SIerが一つの選択肢。

また、ソフトウェアメーカーなどの自社サービスを展開する会社もおすすめです。

 

ただ、IT業界以外でも業界はたくさんあるので、同じ営業でもたくさんの仕事があります。

製造業でも金融業でも、自分のスキルを活かすことができれば、良い転職ができます。

また、30歳くらいまでなら、一からキャリアチェンジすることも可能。

 

そこで、自分に合う良い会社を探すためには、転職エージェントをうまく活用するのが必須。

希望の転職先に行くためには、

  • 募集がある会社を探す必要がある
  • 自分の考えに合う会社を見つける必要がある

のですが、会社探しをサポートしてくれるのが転職エージェントだからです。

転職エージェントは無料で以下のようなメリットを受けられるので、使わない手はありません。

転職エージェントを使うメリット

 

  • 今の会社以外に選択肢があると知ることができる
  • ブラック企業で苦しむ方の話をちゃんと聞いてくれる
  • 企業が出している求人情報や背景について情報をもらうことができるので、求人倍率の予測がつく
  • 自分の能力とかみ合うのか、企業とのマッチングでミスがないのか客観的な意見をもらえる
  • 転職希望者を企業に推薦してくれるので、転職の成功率が上がる

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ。

1社の転職エージェントだけだと、

  • 求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になる
  • 良くない転職エージェントから見捨てられてしまう可能性がある

からです。

 

営業の方におすすめの転職エージェントは、

です。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくが使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントなので、営業職なら是非とも登録して利用するべきです。

営業の方の場合、dodaもtype転職エージェントもマイナビエージェントも求人は多いため、見つけやすくなっています。

もちろん、全部無料で登録・利用できます!

 

doda

 

dodaは、業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • dodaだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 全国の求人に対応
  • 転職エージェントが書類作成から面接対策まで親身にアドバイスしてくれる
  • スケジュール調整や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる
  • 業界を変える転職や、結婚後の転職であっても丁寧に対応してくれる

 

dodaは、「転職エージェントに迷ったらdoda!」というぐらい安定の転職エージェントです。

転職3回中、2回目と3回目でdodaを使ったぼくの経験から言っても、ネットの書き込みにある「dodaのエージェントがひどい」というのは嘘。

むしろ、非常に丁寧な対応をしてくれる転職エージェントなので、絶対に使った方がいい転職エージェントです。

また、仮に担当が良くない担当者の場合でも、dodaは担当者変更にもちゃんと応じてくれるので安心。

 

デメリットは、迷惑メールかと思うくらい求人メールが届くことと、求人紹介の幅が広いので自分に合わない求人が含まれていること。

ただ、「多くの求人情報を漏れなく紹介してくれる」と発想を変えることで、そこまで気にすることなく転職活動に取り組めます。

状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

type転職エージェント

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていない、隠れた優良企業を多く持っている転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • type転職エージェントだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 特にIT・Web系の会社に強い
  • 東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に対応
  • 求人情報のほとんどに求人企業の競合情報まで載せてくれている
  • 転職エージェントが、企業ごとに面接の重要ポイントを親身にアドバイスしてくれる
  • 年収交渉や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、dodaと合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)特化のため、それ以外の地域で転職を検討している場合は極端に求人が少ないことと、dodaなどの大手と比べると求人が少ないことです。

ただ、dodaなどの大手転職エージェントで拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、東京圏の方はdodaと合わせて利用すると弱点をカバーして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介
環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介今の仕事から環境を変えたい!場合、転職は有効な手段です。 本記事では、転職で環境を変えるのが有効な理由と、転職の不安を解消する方法、ぼくの3回の転職経験で使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントについて、具体的なエピソードを交えて紹介しています。 ぜひご覧ください。...

 

マイナビエージェント

 

マイナビエージェントは、マイナビしか持っていないような優れた中小企業の求人が多い転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビエージェントでしか手に入らない非公開求人が多い
  • 良い中小企業の求人が多数ある
  • 転職希望者を丁寧にサポートしてくれる
  • 第二新卒含めた20代の転職に強い
  • 全国の求人に対応

 

マイナビエージェントは独自の営業網により、dodaやtype転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、20代の転職にかなり力を入れていることもあって30代以降の求人はあまり多くないことと、返事(レスポンス)が早いため対応が多くなり、人によっては疲れてしまうこと。

ただ、dodaやtype転職エージェントが拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、dodaやtype転職エージェントと合わせて利用すると、求人の見逃しをなくして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

マイナビエージェントの無料登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

マイナビエージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

中小企業に強いマイナビエージェントの詳細記事はこちら

中小企業に行きたくない・向いていないと選択肢を狭めるのはもったいない!【良い会社の探し方を紹介】
中小企業に行きたくない・向いていないと選択肢を狭めるのはもったいない!【良い会社の探し方を紹介】転職する時、「できれば中小企業には行きたくない」と考えることは多いです。 本記事では、そのように思っている方に、大企業も中小企業も経験したぼくが、中小企業を選択肢に入れた方が良い理由や良い中小企業を探すためのポイントをご紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

エンジニア・プリセールスの場合

エンジニアの方におすすめの転職エージェント

エンジニア・プリセールスの転職先だと、

IT業界で言えば営業同様、強みを持っているSIer大手SIerが一つの選択肢。

また、ソフトウェアメーカーなど自社サービスを展開する会社もおすすめです。

 

IT業界以外でも、社内のIT部門(社内SE)に転職するという手もあります。

製造業でも金融業でもIT化はどんどん進んでおり、社内の新しいIT部門など、自分のスキルを活かすことができれば良い転職が可能。

 

そこで、自分に合う良い会社を探すためには、転職エージェントをうまく活用するのが必須。

希望の転職先に行くためには、

  • 募集がある会社を探す必要がある
  • 自分の考えに合う会社を見つける必要がある

のですが、会社探しをサポートしてくれるのが転職エージェントだからです。

転職エージェントは無料で以下のようなメリットを受けられるので、使わない手はありません。

転職エージェントを使うメリット

 

  • 今の会社以外に選択肢があると知ることができる
  • ブラック企業で苦しむ方の話をちゃんと聞いてくれる
  • 企業が出している求人情報や背景について情報をもらうことができるので、求人倍率の予測がつく
  • 自分の能力とかみ合うのか、企業とのマッチングでミスがないのか客観的な意見をもらえる
  • 転職希望者を企業に推薦してくれるので、転職の成功率が上がる

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ。

1社の転職エージェントだけだと、

  • 求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になる
  • 良くない転職エージェントから見捨てられてしまう可能性がある

からです。

 

エンジニア・プリセールスの方におすすめの転職エージェントは、エンジニア転職に強く、多くの求人をカバーしている、マイナビIT AGENTレバテックキャリアがおすすめ。

上記転職エージェントは、全部無料で登録・利用できます!

 

マイナビIT AGENT

 

マイナビIT AGENTは、業界大手のマイナビが運営するITエンジニア専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビだけがもっている優良求人・非公開求人が多い(紹介の80%は非公開求人)
  • 特に、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の優良企業の求人が豊富
  • 北海道・名古屋・大阪・福岡にも対応しているので安心
  • IT業界に精通したキャリアアドバイザーから書類添削や面接対策も受けられる

 

特に、20代~30代のITエンジニア転職に強いため、20代~30代の方にはおすすめの転職エージェント。

デメリットは、大都市圏以外の地方にはそこまで強くないというところです。

ただ、まったく求人がないわけではないので、転職を考えている場合、まずは登録して探してみましょう。

思わぬ掘り出し求人が出てくることも。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう!

TRY NOW

マイナビIT AGENTの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

レバテックキャリア

 

レバテックキャリアは、日本マーケティングリサーチ機構の調査結果によると、ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれている、ITエンジニア経験者専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • 持っている求人情報7,000件以上のうち、80%以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  • 持っている求人は、大手IT企業からWeb系企業、スタートアップ企業までを幅広く網羅
  • 首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)、関西圏(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)、福岡に対応
  • 年間3,000回以上の企業訪問によって得られた、鮮度の高い情報の提供が受けられる
  • 専門のアドバイザーには、具体的な悩みをわかっている元エンジニアのエージェントもおり、サポート体制は万全
  • 複数回の推薦文や書類添削、年収交渉で年収アップ率は77%
  • 2021年1月にはサービス利用者数20万人突破!

 

特に、元ITエンジニアのエージェントがいるので技術的な話が通じるのと、元ITエンジニアだからこそわかる悩みを理解して、転職希望者にマッチする企業を提案してくれる転職エージェント。

デメリットは、首都圏、関西圏、福岡以外の求人はほぼないというところと、50代以上だと求人がないことです。

 

ただ、20代~40代の上記の地域に当てはまるエンジニアの方で転職を考えている場合、まずは登録して探してみるのがおすすめ。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

レバテックキャリアの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

スポンサーリンク

SIerに向いていない人・向いている人まとめ

お話してきたことをまとめます。

SIerに向いていない人は以下のような人です。

  • 自社サービスを取り扱いたい人
  • 新しいサービスを世の中に出したい人
  • とにかくコードを書きたい人
  • コミュニケーションを取るのが苦手な人
  • BtoCのビジネスモデルで働きたい人

 

SIerに向いている人は以下のような人です。

  • 大規模システムの構築に携わりたい人
  • 大企業や官公庁を相手に仕事をしたい人
  • プロジェクトを動かしたい人
  • お客さんの課題をITで解決したい人
  • 色んな会社と連携しながら働きたい人

 

SIerの会社数は多いので、会社による部分はあるものの、営業・エンジニアどちらの場合でも向き不向きはあります。

自分の能力を最大限に活かせるところで働いていきましょう。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

マイナビIT AGENTの無料登録はこちらから

 

レバテックキャリアの無料登録はこちらから

 

SIerを辞めたいと思った時に考えてほしいことの詳細記事はこちら

SIerを辞めたい時に考えた方がいい3つのこととおすすめの転職先を現場で働いている立場から解説
「SIerを辞めたい。。」やめる前にやるべきこととおすすめの転職先【現役社員が解説】仕事がつらくて、「SIerを辞めたい。。」と思った時、辞める前にやっておくべき3つのことと、おすすめの転職先について、SIerで働く現役営業マンの立場で解説しています。 『転職で失敗したくない!』という方は、是非ご覧ください。...

 

SIerについて良いところも悪いところもまとめた詳細記事はこちら

SIerについてブログで紹介!現役で働くぼくがリアル体験談を赤裸々にまとめてみた
SIerについてブログで紹介!現役で働くぼくがリアル体験談を赤裸々にまとめてみた「SIerって実際どうなの?いい仕事なの?」と興味がある方向けに、SIerで働くぼくが、SIerの仕事の良いところや悪いところのリアル体験談をブログにまとめています。 本記事を読むと、SIerの仕事内容や向いている人・向いていない人、年収やSIer業界の今後についても分かります。 是非ご覧ください!...

 

ぼくが経験した会社の業務内容や年収についての紹介記事はこちら

【4社の体験談あり】仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!
【4社の体験談あり】仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!仕事の考え方や進め方が合わない時、そのまま頑張ってもうまくいかず、ストレスが溜まってしまい、最悪の場合、鬱(うつ)になってしまう可能性があるので、非常にマズいです。 本記事では、ぼくが経験した業界の体験談と会う仕事を探せる方法について紹介しています。...