仕事の悩み

【判断を間違えない】新卒だけどSEに向いてないから辞めたい。。辛い原因を見極めてホワイト企業で働く方法

【判断を間違えない】新卒だけどSEに向いてないから辞めたい。。辛い原因を見極めてホワイト企業で働く方法
新卒1年目のSE
新卒1年目のSE
新卒でSEになったけど、仕事についていけないし、自分はSEに向いてない気がする。。
新卒1年目のSE
新卒1年目のSE
文系だからか、SEとして全然仕事ができない。研修も辛いし、新卒入社でまだ半年だけど、もう辞めたい。。
新卒1年目のSE
新卒1年目のSE
新卒でSEとして入った今の会社が向いてない。他のIT企業でおすすめのホワイト企業に行きたい。

というお悩みにお答えします。

 

SIerで営業・マーケティング・営業企画として、SEと一緒に働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

新卒・第二新卒・文系からSEとして転職してくる方や、他社に転職していく方をたくさん見てきたため、SE経験者のキャリアをよく知っています。

 

SEはいわゆるITエンジニアの呼び方の一つで、お客さんのシステム開発を行うエンジニアを指すことが多いです。

お客さん先に常駐したり、自社内での開発によって、

  • 会計システム
  • 基幹システム
  • 業務システム

など、お客さんのシステムを開発します。

IT業界での呼び方は曖昧なことが多いので、

  • お客さんのシステム開発をするエンジニア
  • 自社のサービスを開発するエンジニア
  • Webで動くサービス開発をするエンジニア
  • アプリ開発をするエンジニア

のすべてをシステムエンジニア(SE)と呼ぶこともあります。

 

SEはプログラムを書いたり、テストを行うシステム開発に関わる仕事が多く、人によって作業スピードがかなり変わります。

スキルによっても、

  • できる開発
  • できない開発

に分かれるため、できない開発が多いと「自分には向いてない」とへこんでしまうもの。

また、会社によってはブラックな働き方になってしまうこともあります。

 

とはいえ、SE1年目だと、

  • ここで見切りをつけて辞めてしまっていいのか
  • あと1~2年だけは頑張った方がいいのか

わからなくて悩んでしまいますよね。

 

本記事では、

  • 新卒1年目でもSEに向いてないなら、他の仕事をした方がいい?
  • SEに向いてない人におすすめの転職先を知りたい。
  • 新卒1年目のSEは転職できる?
  • ホワイトなIT企業に行く方法を知りたい

というお悩みについて解説していきます。

 

結論から言うと、

新卒入社して1年未満なら、SEへの適性があるかどうか判断するのは難しいです。

社会人一年目だと、今の会社で続けていくかどうかの判断はできても、SEを続けるかどうかの判断をするには知識や経験が足りないからです。

 

そのため、今の会社が良くなくてホワイト企業へ転職したいのなら、1年未満で転職するのはあり。

SEに向いているかどうかは、今の会社もしくは他の会社で、合計1年以上は続けてから判断するのがおすすめ。

今の会社もしくは他の会社で合計1年以上働いてみて、どうしてもSEに向いてないなら、SE以外の仕事にキャリアチェンジしましょう。

ポチのすけ
ポチのすけ
今の辛さはSEに向いてないからではなく、今の会社がブラックだから辛いだけという可能性もありますからね。

 

本記事後半では、

  • SEとしてホワイト企業に転職する方法
  • SEからキャリアチェンジする時のおすすめの仕事
  • SE以外の仕事に転職する方法

についても解説しているので、是非最後までご覧ください。

おすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェントはこちら!

 

新卒でSEに向いてないから辞めたいとなる理由

新卒でSEに向いてないから辞めたいとなる理由

SE(システムエンジニア)の仕事は技術職になるため、誰にでも向いているわけではありません。

自分に向いてないと、SEを辞めたいと思ってしまいます。

 

新卒1年目でSEに向いてなくて辞めたくなる理由は、以下の8つ。

  1. プログラミングが全くできない
  2. IT用語を覚えられない
  3. 周りの同期と差がついている
  4. システム保守の休日出勤がきつい
  5. 上司や先輩の仕事を見て頑張ろうと思えない
  6. 自ら学ぶ意欲がわかない
  7. 研修が辛い
  8. 客先常駐がつらい
ポチのすけ
ポチのすけ
自分に当てはまっているか、参考にしてみてください。

 

理由①プログラミングが全くできない

プログラミングが全くできない

新卒1年目でSEに向いてなくて辞めたくなる理由1つ目は、プログラミングが全くできないこと。

 

SEはシステム開発をする際、自分でコードを書くこともあれば、社内の人やお客さんが書いたコードを見ることもあります。

プログラミングは、

  • 身に着けているスキル
  • 開発に必要な言語
  • 表現したい内容

によってできる範囲が変わってきますが、全くできないレベルだときついです。

プロジェクトによっては自分でコードを書くだけではなく、お客さんが書いたコードを見て、何が原因でうまく作動しないのかを調べることもあります。

その際、プログラミングができないと、何がおかしいのか理解できないので仕事が進みません。

現在SIerで働いていて、開発作業(プログラミング)を下請けに出す会社だと、そもそもプログラミングする機会すらないので要注意。

下請けの会社に指示するだけで、プログラミングをしない会社だと、働いていてもプログラミングができるようになりません。

SIerでプログラミングできないと危険な理由の詳細記事はこちら

【警告】SIerでプログラミングできないと危険な4つの理由をエンジニア集団で働く現役社員が解説
【警告】SIerでプログラミングできないと危険な4つの理由をエンジニア集団で働く現役社員が解説SIerで働いているエンジニア(SE)なのに、プログラミングができないのはかなり危険です。 本記事では、SIerで働くぼくが、なぜプログラミングができないSIerにいるのが危険なのか、現場視点で解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

スキルアップには時間がかかるものなので、すべてを現時点で理解はできなくてもよいですが、

  • コードが書けない
  • コードが読めない

ことが多すぎる方は、プログラミングが全くできない状態なのでSEに不向きです。

もちろん、今はプログラミングが全くできない状態でも、努力ができるのであればSEに向いています。

 

理由②IT用語を覚えられない

IT用語を覚えられない

新卒1年目でSEに向いてなくて辞めたくなる理由2つ目は、IT用語を覚えられないこと。

 

SEはお客さんに納める色んなシステムを開発したり、技術的な提案をします。

システムの開発や提案には、プログラミングの知識やシステム自体の知識だけでなく、基本的なIT知識が不可欠。

IT用語の例を挙げると、

  • サーバー
  • OS
  • 仮想化
  • IPアドレス
  • ホットスタンバイ

などがありますが、初めての人には「なんのこっちゃ?」となる言葉も多いです。

理系・文系問わず、IT用語が覚えられないと、会話についていけないのでめちゃくちゃ大変。

しまいには、「わからないことがわからない。。」ということも。

ポチのすけ
ポチのすけ
IT知識については、営業でも覚えることはたくさんあるので、地道にやっていくしかありません。

 

IT用語を覚えられない方は前提知識が足りなさすぎるので、SEに不向きです。

とはいえ最初はだれでも未経験なので、現時点でIT用語を覚えられない方であっても、ITに関するやる気があるのなら大丈夫。

ITは時代とともに発展することはあっても、後退することはないので、身に着けた知識は役に立つことが多いですからね。

 

理由③周りの同期と差がついている

周りの同期と差がついている

新卒1年目でSEに向いてなくて辞めたくなる理由3つ目は、周りの同期と差がついていること。

SE1年目の方だと、同期入社の人がいることが多いです。

同期とはスタート地点が一緒ですが、1年目であってもスキルレベルによって、やる仕事の内容に差が出てくることも。

SEに向いてない方だと任せられる仕事の幅が狭いので、周りの同期と差がついてしまうんですね。

例えば、

「同期のメンバーは色々と開発できているのに、自分はテストばかりでまともな開発すらできない。。」

「同期は開発スピードが速いし、新しい技術も身に着けているのに、同期と比べても全然仕事できなくて置いてかれている。。」

「自分はExcelで集計作業したり、パワーポイントで資料作成ばかりさせられている。。」

「もはや、議事録係になってしまっている。。」

など。

周りの同期と差がついているというレベル感にもよりますが、新卒1年目であまりにも仕事ができていない方は、SEに不向きと言えます。

 

もちろん、成長スピードは人それぞれ。

初年度の壁を乗り越えれば、一気に成長するケースもあります。

現状にめげずにスキルアップに励めるのであれば、SEに向いています。

SEの仕事自体は頑張れそうだけど、今の会社には向いてないのであれば、もっと良い会社に転職して頑張るのがおすすめ。

良い会社に転職する方法は後述するので、是非最後までご覧ください。

 

理由④システム保守の休日出勤がきつい

システム保守の休日出勤がきつい

新卒1年目でSEに向いてなくて辞めたくなる理由4つ目は、システム保守の休日出勤がきついこと。

 

SEの仕事では、

  • システム保守
  • ソフトのバージョンアップ
  • システムのリプレイス
  • 本番環境のリリース

など、休日出勤をして対応する内容もあります。

もちろん、休日出勤したら平日のどこかで代休取得は可能ですが、休日出勤ゼロとは言い切れない仕事。

システムにバグが起きたりすると、突発的に残業になったり休日出勤して対応しないといけないこともあります。

 

システム保守で休日出勤がありうるのは、会社のビジネスモデルやプロジェクトにもよりますが、ゼロではないことを受け入れられないとSEには不向きです。

 

理由⑤上司や先輩の仕事を見て頑張ろうと思えない

上司や先輩の仕事を見て頑張ろうと思えない

新卒1年目でSEに向いてなくて辞めたくなる理由5つ目は、上司や先輩の仕事を見て頑張ろうと思えないこと。

 

SEに限った話ではありませんが、自分の仕事だけではなく上司や先輩の仕事ぶりを見ると、今後どのような仕事をしていくのかが見えてきます。

今はそこまで仕事ができなくても、頑張ってスキルを身に着けようと思えないと、かなりきついです。

例えば、

  • 上司や先輩は仕事ができるけど、残業だらけでプライベートがない
  • 上司や先輩はゴマすりばかりで仕事してない
  • 上司や先輩は業務外でもめちゃくちゃ勉強していて知識があるけど、自分はそこまでできない

など。

 

もっとスキルを身に着けたいと思って頑張れるのであれば、SEに向いています。

しかし、新卒1年目で上司や先輩の仕事を見て頑張ろうと思えない場合は、SEに不向き。

 

ただ、会社のビジネスモデルやプロジェクトが悪くて、上司や先輩みたいになりたくないと思う場合もあります。

その場合は、SEを辞めるのではなく、もっと良い会社にSEとして転職するのがおすすめです。

良い会社に転職する方法は、後述するので是非最後までご覧ください。

 

理由⑥自ら学ぶ意欲がわかない

自ら学ぶ意欲がわかない

新卒1年目でSEに向いてなくて辞めたくなる理由6つ目は、自ら学ぶ意欲がわかないこと。

 

IT業界は、次から次へと新しい技術や考え方が出てくる業界なので、技術職であるSEは自ら学んでいくことが求められます。

現時点でわからないことがあったり、できないことがあっても、自ら学ぶことで身に着くことは多いです。

また、文系の方で、

  • 中々技術が理解できない
  • 器用にこなせない

という場合でも、仕事へのモチベーションさえあれば苦手意識は克服可能。

SE1年目で周りよりも劣っていて、学ぶ意欲までない方だと、努力ができないので成長できません。

自ら学んで成長する意欲がない方は、スキルが身につかないのでSEには不向きです。

 

理由⑦研修が辛い

研修が辛い

新卒1年目でSEに向いてなくて辞めたくなる理由7つ目は、研修が辛いこと。

 

新卒入社すると、多くの会社で研修があります。

研修内容は会社によって様々ですが、座学だけではなくて、実際にプログラムを書くことも多いです。

そこで、

  • プログラミングが苦手で作業が遅い
  • そもそもコードの意味が理解できない
  • IT用語が覚えられなくて何といっているのかわからない

という方の場合、研修時点でかなりつらいです。

 

同期メンバーでプログラミング経験者だと、慣れていてスムーズかもしれませんが、そのような経験がないと大変。

また、研修では課題が出ることも多いのですが、課題が難しくてついていけなくてつらくなってしまうことも。。

ポチのすけ
ポチのすけ
課題が終わらないと帰れないルールとかだと、本当に全然終わらなくていつも帰宅が遅くなりますからね。

 

さらに、復習をしないと学んだことをすぐに忘れてしまいますが、平日にやる時間がなくて土日にやらなきゃいけないことも。

同期と和気あいあいと研修で学べると思いきや、ついていけない研修だと、しんどいので辞めたくなってしまいます。

 

理由⑧客先常駐がつらい

客先常駐がつらい

新卒1年目でSEに向いてなくて辞めたくなる理由8つ目は、客先常駐がつらいこと。

SEとして働く際、お客さん先に常駐してシステム構築をする、客先常駐の形態を取ることがあります。

客先常駐自体に以下のメリットがあるので、SEを客先常駐させる会社は存在します。

客先常駐のメリット

 

  • 常駐先のお客さんの業務を深く理解できる
  • 扱うツールに対して非常に詳しくなってスキルが身につく
  • 色んな会社で働く経験ができる

ただ、客先常駐するお客さん先によっては、以下のデメリットがあります。

客先常駐のデメリット

 

  • 常駐している会社同士の縄張り争いがしんどい
  • 常駐している会社同士で情報共有を阻害する
  • 自社内の社員同士でも常駐先の関係によって敵扱いされる
  • 稼働する下限時間が休まない前提になっているので休みにくい
  • 客先で孤独を感じる
  • 古いシステムの保守ばかりでスキルが伸びない
  • 個人の裁量はほぼない
  • 残業まみれになる
  • 常駐先の企業が無茶振りしてくる

また、常駐先が代わると、

  • 守秘義務の観点から作成した資料を残せなくてありものの資料を使いまわせないので非効率
  • タイムカードのやり方などを一から覚えないといけなくて面倒
  • 常駐先が変わるたびに転職しているようなものなので生活リズムが狂う

というデメリットもあります。

 

しかも嫌な仕事であっても、常駐メンバーになると、契約期間の縛りで簡単に抜けられないのがきついところ。

常駐先に配属されたら、稼働することで売上になる契約形態(履行割合型の準委任契約など)になっていることが多いからです。

SEとして入社してバリバリ働く想定だったのに、入社した会社の社員というより、常駐している客先の社員として働く感覚になることも。

入社した会社の制度の恩恵を受けられないこともあります。

 

客先常駐で良い会社に行ければよいですが、良い会社かどうかは運次第。

ポチのすけ
ポチのすけ
常駐先の良し悪しは常駐ガチャですし、常駐ばかりする部署もあるので配属ガチャにもなります。。

客先常駐が多い会社は基本的におすすめしないので、新卒で客先常駐がつらいと辞めたくなってしまいます。

SIerで客先常駐なしで働くためのポイントの詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】SIerで客先常駐なしで働ける?ホワイト企業を見極めるポイントを現役の立場から解説
【おすすめがわかる】SIerで客先常駐なしで働ける?ホワイト企業を見極めるポイントを現役の立場から解説「SIerで客先常駐がないところで働きたい」「客先常駐がないSIerがどんなところなのか知りたい」というお悩みについて、客先常駐がないSIerの特徴や、客先常駐がないSIerに転職する方法を解説しています。...

 

スポンサーリンク

新卒1年目でSEへの適性を判断するのは難しい

新卒1年目でSEへの適性を判断するのは難しい

新卒でSEになったけど、向いてないから辞めたいと感じることはあります。

ただ、新卒1年目でSEに向いてないから辞めてしまうのは、もったいないことも。

今の会社に向いてないだけで、SEの仕事自体には向いている場合もあるからです。

 

社会人一年目でも、今の会社に向いているかどうかぐらいはわかってくるので、

  • このまま続けるのか
  • 転職するのか

について、判断するのはそこまで難しくありません。

ただ、新卒入社してSE経験1年未満の方がSEに向いているかどうかを判断するのは難しいです。

自分がSEに向いているかどうかの判断をするには、社会人1年目だと知識や経験が足りないからです。

 

今の会社でやっている仕事が、

  • Excelばかりでプログラミングする機会がない
  • 議事録取るばかり
  • 資料作成ばかり
  • 打ち合わせばかりで開発できない
  • ブラック企業で長時間労働
  • 客先常駐ばかりで振り回される

などの場合、SEとして働いていても辞めたくなるのも当然。

ポチのすけ
ポチのすけ
SEの仕事の一部かもしれませんが、面白くないですからね。

 

大事なのは、自分が辛いと感じる原因を見極めることです。

会社によっては、1年目から色んなプロジェクトに参画できたり、新しい技術を使ったプロジェクトに入ることも可能。

SEという仕事が自分に向いているかどうかは、仕事で色んな経験をすることで見えてきます。

そのため、SEに向いているかどうかを判断するには、

  • 今の会社で1年以上は働く
  • もしくは他の会社に転職して働く

ことで、SEとして合計1年以上働いてから判断するのがおすすめ。

今の会社もしくは他の会社含めて合計1年以上働いてみて、どうしてもSEに向いてないなら、SE以外の仕事にキャリアチェンジしましょう。

ポチのすけ
ポチのすけ
SE以外のおすすめの仕事は後述するので、是非最後までご覧ください。

 

ただ、今の会社が良くなくてホワイト企業へ転職したいのなら、1年未満でSEとして転職するのはあり。

新卒1年目の若手なら第二新卒扱いになるので、ポテンシャル採用枠もありますし、キャリアのやり直しが効きますからね。

時間には限りがあるので、ブラック企業や自分に合わない会社で続けることは、時間の無駄でしかありません。

 

スポンサーリンク

SEとしてホワイト企業に転職する方法

転職する方法

新卒1年目であっても、今の会社が良くない場合は、ホワイト企業などのもっと良い会社に転職するのがおすすめ。

SEの仕事内容は多岐に渡るため、

  • たまたま今の会社の仕事に向いてないだけ
  • たまたまブラック企業にいるだけ

の可能性もあるからです。

 

悪い会社にいると、SEには向いているのに仕事自体が嫌いになってしまう可能性もあり、もったいないですからね。

仕事で成長したり、成功するために一番重要なのはモチベーション。

今の会社だと全くモチベーションがないけど、別の会社なら楽しいと感じて、モチベーションを高く保てることは普通にあります。

仕事のモチベーションが全くない時は転職した方がいい理由の詳細記事はこちら

仕事のモチベーションが全くない時は辞めて次の職場に移っていい5つの理由。人生を有意義に過ごそう
仕事のモチベーションが全くない時は辞めて次の職場に移っていい5つの理由。人生を有意義に過ごそう仕事へのモチベーションが全くないと、マイナスのことがどんどん増えるので、辞めたくなるものです。 そんな時は、早めに次の職場に移るのが大事。 本記事では、仕事のモチベーションが全くない時、仕事を辞めて次の職場に移っていい5つの理由について、ぼく自身の経験も踏まえてご紹介していきます。 是非、ご覧ください。...

 

なので、安易にSEを辞めるのではなく、もっと良い会社や自分に合う仕事ができる会社に転職しましょう。

今の会社の仕事は向いてないけれど、

  • ソフトやアプリを自社開発している会社(Web系企業)
  • 社内SE(情報システム部門のエンジニア)
  • 今の会社よりも良いSIer

といった会社なら向いていることも。

SIerだとダメとか、自社開発企業なら良い会社だと、一概に言えるものではありません。

自分が何をやりたいのかを考えた上で、多くの求人を見るべきです。

ポチのすけ
ポチのすけ
世の中には、自分が知らない良い会社がたくさんありますからね。

 

自分に合うSEの仕事に転職する方法は、

  • 良い転職エージェントを使う
  • 求人企業の口コミを見て真実を知る

こと。

転職エージェントをフル活用すれば、自分が知らない優良企業を探せます。

転職エージェントは無料で以下のようなメリットを受けられるので、使わない手はありません。

転職エージェントを使うメリット

 

  • 今の会社以外に選択肢があると知ることができる
  • ブラック企業で苦しむ方の話をちゃんと聞いてくれる
  • 企業が出している求人情報や背景について情報をもらうことができるので、求人倍率の予測がつく
  • 自分の能力とかみ合うのか、企業とのマッチングでミスがないのか客観的な意見をもらえる
  • 転職希望者を企業に推薦してくれるので、転職の成功率が上がる

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ。

1社の転職エージェントだけだと、

  • 求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になる
  • 良くない転職エージェントから見捨てられてしまう可能性がある

からです。

 

新卒1年目で転職する際、就活中にはわからなかった点を踏まえて、戦略的に行う必要があります。

そのためには、求人をたくさん紹介してもらって、的確にサポートしてもらうのが必須。

転職先によっては、需要がある言語の学びなおしが必要になるケースがあるものの、需要がある会社に若手枠で転職できるチャンスを活かしましょう。

 

おすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェント

今より良い会社を探せるおすすめの転職エージェントは、

です。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくが使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントなので、是非とも登録して利用するべきです!

もちろん、全部無料で登録・利用できます!

 

doda

 

dodaは、業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • dodaだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 全国の求人に対応
  • 転職エージェントが書類作成から面接対策まで親身にアドバイスしてくれる
  • スケジュール調整や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる
  • 業界を変える転職や、結婚後の転職であっても丁寧に対応してくれる

 

dodaは、「転職エージェントに迷ったらdoda!」というぐらい安定の転職エージェントです。

転職3回中、2回目と3回目でdodaを使ったぼくの経験から言っても、ネットの書き込みにある「dodaのエージェントがひどい」というのは嘘。

むしろ、非常に丁寧な対応をしてくれる転職エージェントなので、絶対に使った方がいい転職エージェントです。

また、仮に担当が良くない担当者の場合でも、dodaは担当者変更にもちゃんと応じてくれるので安心。

 

デメリットは、迷惑メールかと思うくらい求人メールが届くことと、求人紹介の幅が広いので自分に合わない求人が含まれていること。

ただ、「多くの求人情報を漏れなく紹介してくれる」と発想を変えることで、そこまで気にすることなく転職活動に取り組めます。

状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

type転職エージェント

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていない、隠れた優良企業を多く持っている転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • type転職エージェントだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 特にIT・Web系の会社に強い
  • 一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に対応
  • 求人情報のほとんどに求人企業の競合情報まで載せてくれている
  • 転職エージェントが、企業ごとに面接の重要ポイントを親身にアドバイスしてくれる
  • 年収交渉や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、dodaと合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)特化のため、それ以外の地域で転職を検討している場合は極端に求人が少ないことと、dodaなどの大手と比べると求人が少ないことです。

ただ、dodaなどの大手転職エージェントで拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、一都三県の方はdodaと合わせて利用すると弱点をカバーして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由の詳細記事はこちら

 

マイナビエージェント

 

マイナビエージェントは、マイナビしか持っていないような優れた中小企業の求人が多い転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビエージェントでしか手に入らない非公開求人が多い
  • 良い中小企業の求人が多数ある
  • 転職希望者を丁寧にサポートしてくれる
  • 第二新卒含めた20代の転職に強い
  • 全国の求人に対応

 

マイナビエージェントは独自の営業網により、dodaやtype転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、20代の転職にかなり力を入れていることもあって30代以降の求人はあまり多くないことと、返事(レスポンス)が早いため対応が多くなり、人によっては疲れてしまうこと。

ただ、dodaやtype転職エージェントが拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、dodaやtype転職エージェントと合わせて利用すると、求人の見逃しをなくして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

マイナビエージェントの無料登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

マイナビエージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

中小企業に強いマイナビエージェントの詳細記事はこちら

 

また、

など、転職でやるべきことを以下の記事でまとめています。

業界を変えながら転職3回を経験したぼくの経験になるので、転職エージェントから求人を引き出したら、こちらを見ながら準備してみてください。

転職で失敗しない方法を全部まとめた記事はこちら

転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】
転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】転職は環境も大きく変わりますし、確実に成功するわけではないので、怖いですし不安になるので動けないと感じてしまいますよね。 本記事では、転職を3回経験したぼくの実体験から得た、転職で失敗しないための方法や具体例をまとめています。 怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...

 

面接にぶっつけで挑まないために対策するべきことのまとめ記事はこちら

面接の練習しないでぶっつけ本番だと玉砕するので対策するべきことを転職3回の経験から解説
【対策がわかる】面接の練習しないでぶっつけ本番だと玉砕する!転職3回の経験からやることを解説面接の準備・練習なんて意味あるのか?ぶっつけにならないために面接対策するにしてもどうやってすればいいのか?と悩むことって多いと思います。 本記事では、面接前に対策するべきか、と面接対策でやるべきことについて3回の転職経験からご紹介します。 是非、ご覧ください。...

 

転職で何をするべきかを全部まとめた詳細記事はこちら

転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談
転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談転職3回で4社目で働くぼくが、転職で体験したことをブログでまとめています。 転職のきっかけから、転職で失敗しない方法、面接対策、退職の際にやるべきこと、といったスタートから終わりまでをまとめました。 是非、ご覧ください。...

 

口コミで真実を知る

口コミをフル活用する

また、合わせて絶対にやるべきなのが、口コミによる確認。

ホームページや求人情報だけでは、ブラック企業やしんどい仕事なのかどうか、判断することが難しいためです。

また、口コミを使うと、隠れ優良企業を見つけることも可能。

 

可能であれば、応募する企業について一度は口コミを確認しましょう。

時間がなくて厳しい時は、少なくとも書類が通った企業については、面接前に口コミを確認しておくのがおすすめ。

 

口コミをフル活用した方がいい理由は、以下の2つ。

  1. 口コミの内容はほぼ真実
  2. 入社後のミスマッチをなくせる

ぼく自身、1社目も2社目も3社目も4社目も、書いてあった大量の口コミは全て真実でした。

なので、実体験からも、口コミは正しいと言えます。

 

また、

  • 転職エージェントも企業に忖度する
  • 求人情報に載っている情報がすべてではない
  • 求人情報は必ずしも最新情報ではない

といった点からも、求人情報だけでは正しい情報をつかめないので、やばい会社かどうかは口コミで確認しましょう。

 

口コミを利用した会社の探し方については、以下の記事でも詳しく紹介しています。

口コミを利用した会社の探し方の詳細記事はこちら

 

また、隠れ優良企業は、口コミの確認以外に複数の転職エージェントを使うと探しやすくなります。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

隠れ優良企業の探し方の詳細記事はこちら

 

スポンサーリンク

SE以外のおすすめの仕事と転職する方法

SE以外のおすすめの仕事と転職する方法

SEとして働き始めて1年未満でSEを辞めるという判断をするのは難しいため、基本的には、

  • 今の会社で1年以上は働く
  • もしくは他の会社に転職して働く

ことで、SEとして合計1年以上働いてから判断するのがおすすめです。

ただ、あまりにもSEに向いてなくて、エンジニアとして働くモチベーションが全くないのであればSEには向いてないです。

 

SEとして合計1年以上働いたけどSEに向いてない方や、誰から見てもあまりにもSEに向いてないと分かる方であれば、SE以外の仕事に転職しましょう。

ポチのすけ
ポチのすけ
誰しも向き・不向きはありますし、世の中にSE以外の仕事はたくさんありますからね。

SE以外のおすすめの仕事は、以下のような仕事です。

SE以外のおすすめの仕事
  • IT営業
  • プリセールス
  • ITコンサル
  • インサイドセールス
  • カスタマーサポート
  • Webマーケター
  • Webデザイナー

上記の中でも、

  • IT営業
  • プリセールス
  • ITコンサル

などのIT関連の仕事は、SEとして働いていた技術面の知識が活かせるのでおすすめ。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくの同僚でも、元々SEをやっていましたが、営業として転職してきて活躍している人もいます。

SEには適性がなくて今の会社では評価されなくても、職種や会社を変えることで評価されることもありますからね。

 

SEから、

  • IT営業
  • プリセールス
  • ITコンサル
  • インサイドセールス
  • カスタマーサポート

に転職する方法は、転職エージェントと口コミをフル活用して良い会社を探すことが必須です。

WebマーケターやWebデザイナーについては、キャリアスクールで学んでキャリアチェンジするのがおすすめ。

 

SE以外のおすすめの仕事に転職する方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

2年目でSEに向いてないと悩む方におすすめの仕事と良い会社で働く方法の詳細記事はこちら

【我慢は不要】2年目でSEに向いてないと悩む方におすすめの仕事と良い会社で働く方法を紹介
【我慢は不要】2年目でSEに向いてないと悩む方におすすめの仕事と良い会社で働く方法を紹介「SE2年目で向いてないなら、SEをやめた方がいい?何の仕事がおすすめか知りたい」「新卒入社2年目のSEでも転職できる?」というお悩みについて、どのように行動していけばいいのか、具体的に解説しています。...

 

SE3年目で向いてない方におすすめの仕事と良い会社で働く方法の詳細記事はこちら

【悲報】SE3年目で向いてないなら適性なし!キャリアチェンジにおすすめの仕事と良い会社で働く方法
【悲報】SE3年目で向いてないなら適性なし!キャリアチェンジにおすすめの仕事と良い会社で働く方法「3年目でSEに向いてないなら、他の仕事をした方がいい?そもそも転職できる?」「SEに向いてない人におすすめの転職先を知りたい」というお悩みについて、何をしたらいいのか、具体的に解説しています。...

 

SEを辞めたい20代の方におすすめの仕事の詳細記事はこちら

【人生変わる】SEを辞めたい20代の方必見!働きやすいおすすめの仕事を紹介
【人生変わる】SEを辞めたい20代の方必見!働きやすいおすすめの仕事を紹介「SEやってる20代だけど、SEに向いてないから辞めたい。。20代のSEは転職できる?」「SEに向いてない人におすすめの転職先を知りたい。」とお悩みの方に、転職で失敗しない考え方とSE辞めたい方がどのように行動すればいいか、具体的に解説しています。...

 

SEが合わないから辞めたい方におすすめの仕事と転職する方法の詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】SEが合わないから辞めたい方は自分に合った仕事に転職するべき!
【おすすめがわかる】SEが合わないから辞めたい方は自分に合った仕事に転職するべき!「自分にはSEが合わないから辞めたいけど、どんな仕事をしたらいいのかわからない。。」「SEやエンジニアの仕事が合わない人におすすめの仕事って何?」というお悩みについて、おすすめの仕事や転職で失敗しない方法について解説しています。...

 

SEに向いてない人のおすすめの転職先についての詳細記事はこちら

【選択を間違えない】SEに向いてない人のおすすめの転職先7選!辞めたい理由とやりたいことを明らかにして転職しよう
【選択を間違えない】SEに向いてない人のおすすめの転職先7選!辞めたい理由とやりたいことを明らかにして転職しよう「自分にはSEが向いてないから転職したい」「SE向いてない人におすすめの転職先を知りたい」というお悩みについて、おすすめの転職先や転職する方法について解説しています。...

 

まとめ:新卒でSEに向いてないから辞めたい方は適切に判断しよう!

 

お話してきたことをまとめます。

SE(システムエンジニア)の仕事は技術職になるため、誰にでも向いているわけではありません。

新卒1年目でSEに向いてなくて辞めたくなる理由は、以下の8つ。

  1. プログラミングが全くできない
  2. IT用語を覚えられない
  3. 周りの同期と差がついている
  4. システム保守の休日出勤がきつい
  5. 上司や先輩の仕事を見て頑張ろうと思えない
  6. 自ら学ぶ意欲がわかない
  7. 研修が辛い
  8. 客先常駐がつらい

 

社会人一年目だと、今の会社で続けていくかどうかの判断は難しくありません。

ただ、SEへの適性があるかどうかを判断するには、知識や経験が足りなくて難しいです。

今の会社に向いてないだけで、SEの仕事自体には向いている場合もあるからです。

 

そのため、SEに向いているかどうかを判断するには、

  • 今の会社で1年以上は働く
  • もしくは他の会社に転職して働く

ことで、SEとして合計1年以上働いて、自分が辛いと感じる原因を見極めてから判断するのがおすすめ。

 

今の会社が良くない場合は、新卒1年目であっても、ホワイト企業などのもっと良い会社に転職するのがおすすめ。

転職する時は、

  • 転職エージェント
  • 口コミ

をフル活用するのが必須です。

 

今の会社もしくは他の会社で合計1年以上働いてみて、どうしてもSEに向いてないなら、SE以外の仕事にキャリアチェンジしましょう。

SE以外のおすすめの仕事は、以下のような仕事です。

  • IT営業
  • プリセールス
  • ITコンサル
  • インサイドセールス
  • カスタマーサポート
  • Webマーケター
  • Webデザイナー

 

新卒1年目だと、まだ仕事の全体像が見えてないことも多いので、焦ってSEを辞めてしまうと失敗する可能性があります。

今の会社がダメなだけなら、SEとして良い会社に転職することで自分の適性を見極めましょう。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

2年目でSEに向いてないと悩む方におすすめの仕事と良い会社で働く方法の詳細記事はこちら

【我慢は不要】2年目でSEに向いてないと悩む方におすすめの仕事と良い会社で働く方法を紹介
【我慢は不要】2年目でSEに向いてないと悩む方におすすめの仕事と良い会社で働く方法を紹介「SE2年目で向いてないなら、SEをやめた方がいい?何の仕事がおすすめか知りたい」「新卒入社2年目のSEでも転職できる?」というお悩みについて、どのように行動していけばいいのか、具体的に解説しています。...

 

SE3年目で向いてない方におすすめの仕事と良い会社で働く方法の詳細記事はこちら

【悲報】SE3年目で向いてないなら適性なし!キャリアチェンジにおすすめの仕事と良い会社で働く方法
【悲報】SE3年目で向いてないなら適性なし!キャリアチェンジにおすすめの仕事と良い会社で働く方法「3年目でSEに向いてないなら、他の仕事をした方がいい?そもそも転職できる?」「SEに向いてない人におすすめの転職先を知りたい」というお悩みについて、何をしたらいいのか、具体的に解説しています。...

 

SEを辞めたい20代の方におすすめの仕事の詳細記事はこちら

【人生変わる】SEを辞めたい20代の方必見!働きやすいおすすめの仕事を紹介
【人生変わる】SEを辞めたい20代の方必見!働きやすいおすすめの仕事を紹介「SEやってる20代だけど、SEに向いてないから辞めたい。。20代のSEは転職できる?」「SEに向いてない人におすすめの転職先を知りたい。」とお悩みの方に、転職で失敗しない考え方とSE辞めたい方がどのように行動すればいいか、具体的に解説しています。...

 

SEに向いてないし辞めたい女性が良い仕事に転職する方法の詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】SEに向いてないし辞めたい女性が良い仕事に転職する方法!新卒の方向けに判断基準も紹介「女性がSEとして働いていくのはきついから辞めたい。。」「SEを辞めたい女性におすすめの仕事が知りたい」「まだ新卒だけどSE辞めても大丈夫?」というお悩みについて、転職で失敗しない考え方とおすすめの仕事を解説しています。...

 

システムエンジニアの仕事がきつい理由と改善する方法についての詳細記事はこちら

システムエンジニア(SE)の仕事がきつい・つらい理由と改善する方法をエンジニアに詳しい立場から解説
システムエンジニア(SE)の仕事がきつい・つらい理由と改善する方法をエンジニアに詳しい立場から解説「システムエンジニアの仕事がきつい。。」とお悩みの方に、仕事がきつい理由と改善する方法をご紹介します。 いつも様々な立場のシステムエンジニアと一緒に働いているため、入ってくる多くの情報をもとにお伝えしていきます。 是非、ご覧ください。...

 

プログラマーの仕事がきつい理由と改善する方法の詳細記事はこちら

【Web系も必見】プログラマーはきつい・やめとけ?理由と改善する方法をIT企業で共に働く立場から解説
【Web系も必見】プログラマーはきつい・やめとけ?理由と改善する方法をIT企業で共に働く立場から解説「プログラマーの仕事がきつい。。」「プログラマーはやめとけ!」「プログラマーは目指していい仕事なの?」 というお悩みや疑問に対し、IT業界でいろんなプログラマーを見てきているぼくが、そのように言われる理由と改善する方法を解説していきます。...

 

メーカー系SIerはやめとけ?メリット・デメリットの詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】メーカー系SIerはやめとけ?強みやデメリットを知ってホワイト企業で働こう
【おすすめがわかる】メーカー系SIerはやめとけ?強みやデメリットを知ってホワイト企業で働こう「転職先候補だったけど、メーカー系SIerはやめとけって聞いたから不安。メーカー系SIerのメリット・デメリットを知りたい」「メーカー系SIerで働いている人は転職した方がいい?」とお悩みの方に、メーカー系SIerのメリット・デメリットとおすすめの会社について解説しています。...

 

ユーザー系SIerはきついからやめとけ?メリット・デメリットの詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】ユーザー系SIerはきついからやめとけ?不安な方はメリット・デメリットを知って優良企業で働こう
【おすすめがわかる】ユーザー系SIerはきついからやめとけ?不安な方はメリット・デメリットを知って優良企業で働こう「転職先の候補として、ユーザー系SIerはきついからやめとけって聞いたから不安。。」「ユーザー系SIerのメリット・デメリットを知りたい」「ユーザー系SIerで働いている人は転職した方がいい?」というお悩みの方に、ユーザー系SIerのメリット・デメリットとおすすめの会社について解説しています。...

 

独立系SIerはやめとけと言われて不安な方が優良企業で働く方法の詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】独立系SIerはやめとけ?迷って不安な方が優良企業で働く方法
【おすすめがわかる】独立系SIerはやめとけ?迷って不安な方が優良企業で働く方法「転職する時に独立系SIerはやめとけって聞いたから不安。独立系SIerより、ユーザー系SIerとかメーカー系SIerの方がいいの?」「独立系SIerの良い会社ってある?」「独立系SIerで働いている人は転職した方がいい?」というお悩みの方へ独立系SIerのメリット・デメリットと転職するべきかを解説しています。...

 

SIerについて良いところも悪いところもまとめた詳細記事はこちら

【やばいからやめとけ?】SIerについてブログにまとめました!現役で働くぼくが語る真実
【やばいからやめとけ?】SIerについてブログにまとめました!現役で働くぼくが語る真実「SIerに興味があるけど、やばいからやめとけって聞くから不安。。」というお悩みについて、現役でSIerで働くぼくの体験談をブログにまとめています。 本記事を読むと、SIerに興味がある方やSIerで働いていて不安に感じる方がどうするべきかがわかります。...

 

仕事が地獄だと感じる原因と対処法についての詳細記事はこちら

【秘策あり】仕事が地獄のような日々で辛い・辞めたい時の原因と解決方法
【秘策あり】仕事が地獄のような日々で辛い・辞めたい時の原因と解決方法仕事が毎日地獄のような日々だと、「辛すぎる。早く辞めたい。。」としか思えないですよね。 本記事では、仕事が地獄と化す原因と、地獄としか言えない環境の時に解決する方法を紹介しています。...

 

仕事がつまらないのは当たり前?これからの働き方についてまとめた詳細記事はこちら

仕事がつまらないのは当たり前?内容によってはマジで楽しくないのですぐに動こう
仕事がつまらないのは当たり前?内容によってはマジで楽しくないのですぐに動こう「毎日の仕事がつまらない。。これって当たり前なの?」「仕事がつまらないという理由で辞めていい?」「そもそも楽しい仕事なんてあるの?」というお悩みについて解説しています。 仕事を楽しくする様々な方法も紹介しています。...

 

転職のきっかけについてまとめた記事はこちら

仕事に死ぬほど行きたくない!家にいたい・辞めたいと思う6つの理由と対処法
仕事に死ぬほど行きたくない!家にいたい・辞めたいと思う6つの理由と対処法仕事のストレスがヤバい時など、「仕事に死ぬほど行きたくない。。」「仕事行かずに家にいたい。。」「仕事に行きたくないし、辞めたい。。」と思うもの。 本記事では、そう思う6つの理由と対処法について、ぼくの体験をもとに解説しています。...