仕事の悩み

SIerでプログラミングできないのはマジで危険!4つの理由をエンジニア集団で働く現役社員が解説

SIerでプログラミングできないのはマジで危険!4つの理由をエンジニア集団で働く現役社員が解説
SIerで働く人
SIerで働く人
IT企業でプログラミングがしたくてエンジニアとしてSIerに入ったけど、仕事で全然プログラミングする機会がない。。これって普通なの?もしかしてヤバイ??

というお悩みにお答えします。

 

IT業界のSIerの会社で働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

SIerの会社では営業として、エンジニアの人たちのスキルに応じて、企業のシステム開発プロジェクトに提案しています。

 

「IT企業でエンジニア(SE)として働いています!」

と言うと、パソコンに向かってプログラミングをしている仕事だと思うもの。

 

ただ、SIerによっては、プログラミングする部分を完全に他社に委託しているところもあり、入社してから全くプログラミングができないこともあり得ます。

その結果、エンジニア(SE)なのに、

  • エクセル作業
  • 資料作成

ばかりになることも。。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
仕事でプログラミングをやりたくてSIerに入ったのに、仕事で全然プログラミングをする機会がないと、違和感を感じますよね。

SIer(エスアイアー/エスアイヤー)とは、

システムインテグレーター(System Integrator)の略で、システムを構築する会社のこと。

 

会社で使うシステム(会計システムや業務システムなど様々)の

  • コンサルティング
  • 設計
  • 開発
  • 運用
  • 保守

などを、一括で請け負って構築します。

SIer1社で完結することもあれば、部分部分を他社へ依頼して構築することもあります。

 

本記事では、

  • エンジニアでありながら、SIerでプログラミングができないとやばいのか?

について、SIerで色んなエンジニアをプロジェクトに提案しているぼくの経験から解説していきます。

 

結論から言うと、プログラミングできない会社で働くと、マジで危険。

技術職なのに、技術がわからないエンジニアになってしまう危険があるからです。

 

なお、「エンジニアだけど全くプログラミングができない。。」

というヤバい会社にいる時に、どうしたらいいのかについても合わせて解説していきます。

それではご覧下さい。

 

SIerでプログラミングができないと危険な4つの理由

SIerでプログラミングができないと危険な4つの理由

エンジニア職でありながら、SIerでプログラミングができないと危険です。

 

理由として、

  • 最初から全くプログラミングできないSIer
  • もしくはほとんどプログラミングできないSIer

で働くと、技術職なのに技術がわからないエンジニアになってしまう危険があるためです。

 

SIerでプログラミングができないと危険な理由を具体的に言うと、以下の4つ。

  1. 書かれているコードの内容が理解できない
  2. 作業にどのぐらいの工数がかかるのか理解できない
  3. 技術的に対応可能かどうか判断できない
  4. エンジニア(SE)としての価値が上がりにくい

 

最初はプログラミングをしながらキャリアを積んで、ゆくゆくは

  • 管理職
  • プリセールス(セールスエンジニア)

など、プログラミングをしない仕事を目指すのはありです。

ただそれでも、キャリアの始めは、エンジニアとしてのプログラミング経験がないとマジで危険

では、詳しく見ていきましょう。

 

理由①書かれているコードの内容が理解できない

書かれているコードの内容が理解できない

SIerでプログラミングできないと危険な理由1つ目は、書かれているコードの内容が理解できないこと。

 

ソフトウェアのパフォーマンスに影響を与えるものの一つが、『プログラミング言語を正しく使えているか』です。

僕自身が担当した案件でも、エンジニア(SE)のコードの書き方が悪くてソフトウェアのパフォーマンスが悪くなるということを体験しました。

ソフトウェアのパフォーマンスが出ない場合、原因把握の一つの方法が、雑なコードの書き方をして開発していないかのチェック。

しかし、チェックする側の人がプログラミングができないと、コードを見ても内容が理解できません。

内容が理解できないと、コードの書き方が良いのか悪いのかも判断できないことに。

致命的ですね。

 

  • PM(プロジェクトマネージャー)
  • PL(プロジェクトリーダー)

がプログラミングを経験していなかったりすると、自分では判断できないので、わかる人に聞かないといけません。

そうなると、余計に工数もかかりますし、解決するまでに時間もかかります。

 

なお、ソフトウェアの動作を確認したりテストする時に、バグの一つもなく終わることは基本的にありません。

そのため、バグが起きた時に書かれているコードの内容がわからないと原因を特定できないので、解決までに時間がかかります。

プロジェクトで解決までに時間がかかってしまうと、無事に完了する上での大きな障害に。

なので、プログラミングがわからないというエンジニア(SE)だと、プロジェクトを進める上でとても危険です。

 

理由②作業にどのぐらいの工数がかかるのか理解できない

作業にどのぐらいの工数がかかるのか理解できない

SIerでプログラミングできないと危険な理由2つ目は、作業にどのぐらいの工数がかかるのか理解できないこと。

作業にどのぐらいの工数がかかるのかを算出するのは、プロジェクトの計画を立てる上で必須。

工数(こうすう)とは

 

作業量を表す概念で、その作業をするのに、どのぐらいの時間と人数がかかるのかを表します。

計算式は、時間×人数。

単位は人月(にんげつ)、人日(にんび)で、1人でやるとどのぐらいの時間がかかるのかを表します。

例)1人月→1人でやると1ヶ月かかる作業量。

 

感覚で適当に工数を算出すると、高額な金額になってしまったり、人手が足りなくて苦しむことになります。

そのため、

  • 開発するボリューム
  • システムの開発難易度

によって、かかる工数をロジカルに算出することが必須。

 

プログラミング初心者
プログラミング初心者
でも工数算出って、プログラミングができなくても、過去の実績からある程度は算出できるんじゃないの?
ポチのすけ
ポチのすけ
残念ながら、過去の実績だけだとロジカルな工数算出には不十分なんです。

 

特に、システムの開発難易度については、エンジニア自身が自分でわからないと、

  • どのエンジニア(プログラマー)を割り当てればいいのか
  • 割り当てるエンジニアのレベルならどのぐらいの工数がかかるのか

が判断できません。

また、工数算出の時に社内の実績から算出しようとしても、

  • エンジニアのレベルと作業の難易度を照らし合わせて算出する

といった判断もできません。

 

工数を積み過ぎてあまりに高額な見積もりになると、失注します。

反対に、

  • 工数を甘く見積もってしまって、人が足りなくてプロジェクトが回らない
  • だけど、お客さんの予算申請期間が終わってしまっていて人を増やせない

なんて地獄を見ることも。

 

なので、SIerでプログラミングができないと、作業における工数を正しく算出できないので危険です。

 

理由③技術的に対応可能かどうか判断できない

技術的に対応可能かどうか判断できない

SIerでプログラミングできないと危険な理由3つ目は、技術的に対応可能かどうか判断できないこと。

 

SIerのエンジニア(SE)は、お客さんとの打ち合わせに同席して、技術的な観点から話すことが多いです。

打ち合わせの際、SIerのエンジニア(SE)はお客さんの要望に対して、

  • 技術的に対応可能なのか
  • 技術的に対応可能だけど、作業の難易度が高いからその分費用が高額になる

などのアドバイスを行います。

 

技術的な観点からの回答は、プログラミングをやっていないと、なかなか回答が難しいもの。

お客さんが質問した時に、エンジニア(SE)が

「社内に持ち帰って確認します」

ばかりだと、「この人大丈夫か?」となってしまい、信用されなくなります。

 

なので、SIerでプログラミングができないと、技術的に対応可能かどうかが判断できないエンジニアになるので危険です。

 

理由④エンジニア(SE)としての価値が上がりにくい

エンジニア(SE)としての価値が上がりにくい

SIerでプログラミングできないと危険な理由4つ目は、エンジニアとしての価値が上がりにくいこと。

 

SIerでプログラミングできないと危険な理由として説明してきた、以下のようなスキルがエンジニア(SE)として価値を上げていくためのスキル。

エンジニア(SE)のスキル

 

  • 書かれているコードの内容を理解している
  • 作業にどのぐらいの工数がかかるのか理解している
  • 技術的に対応可能かどうか判断できる

 

プログラミングスキルだけではなく、

  • プログラミングをすることで得られる知識
  • 技術的な観点からの提案力
  • 技術的な観点からマネジメント力

が、エンジニアの価値を高めるということです。

 

確かに、マネジメントをするのが主な仕事になったり、プリセールス(セールスエンジニア)として提案活動が主な仕事になると、実際にプログラミングをする機会はほとんどありません。

ただ、それもプログラミングをしてきた経験による知識やノウハウがあってこそ。

エンジニア(SE)として入社したのに、エクセル作業や資料作成ばかりになっている方は、マジで危険な状況にあると認識しましょう。

 

スポンサーリンク

SIerでプログラミングできない時は転職するべき

転職は早い方が良い

前述したように、SIerでプログラミングができないと、技術がわからないエンジニアになってしまい、価値も上がっていきません。

そのため、SIerでプログラミングができない時は、すぐに以下の行動を取って転職するべきです。

SIerでプログラミングができない時

 

  • SIerでプログラミングができる会社に転職する
  • ソフトウェアメーカーなど、Web系企業に転職する
  • プログラミングスクールで学んでから転職する

 

基本的に、普段の仕事でスキルを身に着けていくべきものなので、

  • すぐに転職するのか
  • プログラミングスクールで学んでから転職するのか

という違いですね。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
基本的には環境を変えないとプログラミングができるようにならないので、すぐに転職するのがおすすめ!

 

プログラミングができる会社に転職する

プログラミングができる会社に転職する

すぐに転職する場合は、プログラミングができる会社に転職しましょう。

転職先は、SIerでも、ソフトウェアメーカーなどのWeb系の会社でも、どちらでもOK。

 

大手SIerでもプログラミングができる会社はあります。

中小以下のSIerはプログラミングが必須なので、あとは良い会社を探すだけです。

ソフトウェアメーカーなどのWeb系の会社はプログラミングが必須。

なので、自分が作りたいソフトがあったり、自分がやりたいと思える会社を探してみましょう。

 

技術がわからず、エンジニアとしての価値が上がらないまま、年齢を重ねることだけは、絶対に避けないといけません。

エンジニア(SE)という専門職で急なリストラ対象になる、なんてことだけは避けるためにも、すぐに転職するべき。

 

転職する際は、エンジニア転職に強い転職エージェントを活用するのが必須。

転職エージェントは、

  • プログラミングができる会社の非公開求人を多く持っている
  • エンジニア(SE)の方の強みを客観的に見てくれる

ので、転職で失敗しないためにも絶対にフル活用しましょう。

 

エンジニアの方におすすめの転職エージェントは、エンジニア転職に強く、多くの求人をカバーしている、マイナビIT AGENTレバテックキャリアがおすすめ。

上記転職エージェントは、全部無料で登録・利用できます!

 

マイナビIT AGENT

 

マイナビIT AGENTは、業界大手のマイナビが運営するITエンジニア専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビだけがもっている優良求人・非公開求人が多い(紹介の80%は非公開求人)
  • 特に、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の優良企業の求人が豊富
  • 北海道・名古屋・大阪・福岡にも対応しているので安心
  • IT業界に精通したキャリアアドバイザーから書類添削や面接対策も受けられる

 

特に、20代~30代のITエンジニア転職に強いため、20代~30代の方にはおすすめの転職エージェント。

デメリットは、大都市圏以外の地方にはそこまで強くないというところです。

ただ、まったく求人がないわけではないので、転職を考えている場合、まずは登録して探してみましょう。

思わぬ掘り出し求人が出てくることも。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう!

TRY NOW

マイナビIT AGENTの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

レバテックキャリア

 

レバテックキャリアは、日本マーケティングリサーチ機構の調査結果によると、ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれている、ITエンジニア経験者専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • 持っている求人情報7,000件以上のうち、80%以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  • 持っている求人は、大手IT企業からWeb系企業、スタートアップ企業までを幅広く網羅
  • 首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)、関西圏(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)、福岡に対応
  • 年間3,000回以上の企業訪問によって得られた、鮮度の高い情報の提供が受けられる
  • 専門のアドバイザーには、具体的な悩みをわかっている元エンジニアのエージェントもおり、サポート体制は万全
  • 複数回の推薦文や書類添削、年収交渉で年収アップ率は77%
  • 2021年1月にはサービス利用者数20万人突破!

 

特に、元ITエンジニアのエージェントがいるので技術的な話が通じるのと、元ITエンジニアだからこそわかる悩みを理解して、転職希望者にマッチする企業を提案してくれる転職エージェント。

デメリットは、首都圏、関西圏、福岡以外の求人はほぼないというところと、50代以上だと求人がないことです。

 

ただ、20代~40代の上記の地域に当てはまるエンジニアの方で転職を考えている場合、まずは登録して探してみるのがおすすめ。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

レバテックキャリアの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

プログラミングスクールで学んでから転職する

有料のプログラミングスクール

SIerでプログラミングができない場合、プログラミングスクールで学んでから転職するのも効果的。

プログラミングスクールで基礎を身につけることで、格段に転職しやすくなるからです。

 

また、IT業界の流れは早いため、新しい技術習得のために勉強は必須。

プログラミングを常日頃行っているエンジニアであっても、最新技術やニーズが高い言語の習得のために、プログラミングスクールで学ぶ人も増えているぐらいです。

なので、転職してから新たに学ぶというのもアリ。

 

プログラミングスクールは基本的に有料ですが、カウンセリングは無料なので、学びたいことや気になることは聞いてみましょう。

おすすめのプログラミングスクールについては、以下の記事で詳しく解説しています。

おすすめのプログラミングスクールについての詳細記事はこちら

プログラミングスクールの選び方とおすすめ6つをエンジニア集団の会社で働く視点で解説【無料あり】
プログラミングスクールの選び方とおすすめ6つをエンジニア集団の会社で働く視点で解説【無料あり】世の中にたくさんあるプログラミングスクールの選び方とおすすめ6つを厳選して紹介しています。 エンジニア集団の会社で働く視点から、おすすめスクール6つそれぞれの隠れたおすすめポイントも解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

まとめ:SIerでプログラミングできない会社はマジで危険!

 

お話ししてきたことをまとめます。

SIerにいるエンジニア(SE)の方で、プログラミングができないとマジで危険です。

 

危険な理由は以下の4つ。

  • 書かれているコードの内容が理解できない
  • 作業にどのぐらいの工数がかかるのか理解できない
  • 技術的に対応可能かどうか判断できない
  • エンジニア(SE)としての価値が上がりにくい

 

SIerでプログラミングができない人は、すぐに以下の行動を取って転職するべきです。

  • SIerでプログラミングができる会社に転職する
  • ソフトウェアメーカーなど、Web系企業に転職する
  • プログラミングスクールで学んでから転職する

 

SIerは会社数が多いので、大手SIerでも中小SIerでも会社の方針によって、プログラミングができるのかが変わります。

スキルアップをするためにも、まずはプログラミングができるSIerやソフトウェアメーカーなどで働いていきましょう。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

マイナビIT AGENTの無料登録はこちらから

 

レバテックキャリアの無料登録はこちらから

 

 

SIerを辞めたいと思った時に考えてほしいことの詳細記事はこちら

SIerを辞めたい時に考えた方がいい3つのこととおすすめの転職先を現場で働いている立場から解説
「SIerを辞めたい。。」やめる前にやるべきこととおすすめの転職先【現役社員が解説】仕事がつらくて、「SIerを辞めたい。。」と思った時、辞める前にやっておくべき3つのことと、おすすめの転職先について、SIerで働く現役営業マンの立場で解説しています。 『転職で失敗したくない!』という方は、是非ご覧ください。...

 

SIerはつまらないと思った時に面白くする方法の詳細記事はこちら

SIerがつまらない。。と思ったら面白くする3つの方法を試すべき【開発会社で働く視点で解説】
SIerがつまらない。。と思ったら面白くする3つの方法を試すべき【開発会社で働く視点で解説】「SIerがつまらない。。」と思った時、「すぐに転職してやる!」となる手段以外に、今の会社で面白くする方法を紹介しています。 SIerで働いている視点で、営業とエンジニア、プリセールスの方向けに役立つ情報になるため、是非ご覧ください。...

 

SIerはオワコンなのか?の詳細記事はこちら

SIerはオワコンなのか?今後の見通しを含めて現役営業マンが解説します
SIerはオワコンなのか?今後の見通しや生き残る方法を現役で働く立場から解説オワコン!ヤバい!と言われることも多いSIerですが、実際どうなのかを、SIerで働くぼくが将来性も含めた上で解説しています。 SIerの今後に不安がある方は、是非ご覧ください。...

 

SIerについて良いところも悪いところもまとめた詳細記事はこちら

SIerについてブログで紹介!現役で働くぼくがリアル体験談を赤裸々にまとめてみた
SIerについてブログで紹介!現役で働くぼくがリアル体験談を赤裸々にまとめてみた「SIerって実際どうなの?いい仕事なの?」と興味がある方向けに、SIerで働くぼくが、SIerの仕事の良いところや悪いところのリアル体験談をブログにまとめています。 本記事を読むと、SIerの仕事内容や向いている人・向いていない人、年収やSIer業界の今後についても分かります。 是非ご覧ください!...

 

仕事の悩みについてまとめた記事はこちら

【逃げていい】仕事で地獄のような日々。。 辛いし辞めたい時は耐える必要なし!
【逃げていい】仕事で地獄のような日々。。 辛いし辞めたい時は耐える必要なし!仕事が毎日地獄のような日々だと、辛い。早く辞めたい。。としか思えないですよね。 本記事では、仕事が地獄と化す原因と、地獄としか言えない環境から転職する時、失敗しない方法について解説しています。...