仕事について紹介

【おすすめがわかる】SIerで客先常駐なしで働ける?ホワイト企業を見極めるポイントを現役の立場から解説

【おすすめがわかる】SIerで客先常駐なしで働ける?ホワイト企業を見極めるポイントを現役の立場から解説
SIerで働く人
SIerで働く人
SIerで働いているけど、客先常駐の会社ばかり。常駐先の社員じゃないから、職場で孤独だと感じるし、客先常駐なしの会社で働きたい。
SIerで働く人
SIerで働く人
常駐先の環境次第で働きやすさが変わっちゃう常駐先ガチャだし、定期的に転職しているみたいで落ち着かない。客先常駐なんてない会社で安心して働きたい。

というお悩みにお答えします。

 

客先常駐が限りなく少ないSIerで、営業として働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

会社のITエンジニアのほとんどは客先常駐なしですが、客先常駐しているITエンジニアも少数いるので、客先常駐が少ないSIerのメリットについてよく知っています。

 

SIerはお客さんのシステム構築をするために、SE/プログラマーといったITエンジニアの稼働分のお金をもらうビジネス。

提案する内容によっては、お客さん先にITエンジニアを常駐させて仕事をさせる、客先常駐の形態を取ることがあります。

客先常駐自体に以下のメリットがあるので、ITエンジニアを客先常駐させる会社は存在するもの。

  • 常駐先のお客さんの業務を深く理解できる
  • 扱うツールに対して非常に詳しくなってスキルが身につく
  • 色んな会社で働く経験ができる

 

ただ、客先常駐するお客さん先によっては、

  • 常駐している会社同士の縄張り争いがしんどい
  • 常駐している会社同士で情報共有を阻害する
  • 自社内の社員同士でも常駐先の関係によって敵扱いされる
  • 稼働する下限時間が休まない前提になっているので休みにくい
  • 客先で孤独を感じる
  • 古いシステムの保守ばかりでスキルが伸びない
  • 個人の裁量はほぼない
  • 残業まみれになる
  • 常駐先の企業が無茶振りしてくる

というデメリットがありますし、常駐先が代わると、

  • 守秘義務の観点から作成した資料を残せなくてありものの資料を使いまわせないので非効率
  • タイムカードのやり方などを一から覚えないといけなくて面倒
  • 常駐先が変わるたびに転職しているようなものなので生活リズムが狂う

というデメリットもあります。

 

デメリットが多い客先常駐の案件に当たってしまうと、仕事が嫌になってしまうので、

「客先常駐なしのSIerで働きたい」

「色んな会社の支援をしたノウハウを蓄積したい」

「いっそのこと、SIerじゃない方が客先常駐しなくて済む?」

と考えてしまいますよね。

 

本記事では、

  • SIerで客先常駐がないところで働きたい
  • 客先常駐がないSIerについて知りたい
  • そもそも客先常駐がないSIerなんてある?

というお悩みについて、解説していきます。

 

結論から言うと、客先常駐が完全になしのSIerは少ないものの、限りなく少ないSIerはあります。

例えば、以下のようなSIer。

  1. 元請(プライム案件)が多いSIer
  2. テレワークを多く実施しているSIer
  3. ビッグデータやAIなどDX推進を支援するSIer

 

客先常駐するかどうかは所属しているSIer次第のところがあるので、客先常駐なしと言っていい、限りなく客先常駐が少ないSIerを探せれば大丈夫です。

 

本記事後半では、

  • 客先常駐が限りなく少ないSIer
  • 客先常駐なしのSIerに行く方法

についても詳しく解説しているので、是非最後までご覧ください。

 

良いSIerに転職したい人におすすめ!

エンジニア(SE/プログラマー)の方におすすめの転職エージェントはこちら!

 

客先常駐なしのSIerなんてある?【探せばある】

客先常駐なしのSIerなんてある?【探せばある】

完全に客先常駐なしのSIerは少ないものの、基本的に客先常駐をしないビジネスモデルになっているSIerなら、ほぼ客先常駐なしです。

客先常駐が限りなく少ないSIerは、以下の3つ。

  1. 元請(プライム案件)が多いSIer
  2. テレワークを多く実施しているSIer
  3. ビッグデータやAIなどDX推進を支援するSIer
ポチのすけ
ポチのすけ
客先常駐が限りなく少ないSIerは、これからのトレンドに乗っているので将来性豊かですし、働きやすい企業が多いです。

MicrosoftやOracleといったメーカーは、パートナー企業に開発を依頼するのでプロジェクトに入らないことが多いのですが、日本IBMなどは自分たちでお客さんの開発をやることが多いです。

日本IBMは客先常駐しているケースが多々あります。

なので、メーカー系企業だから客先常駐なしというわけではない点は頭に入れておきましょう。

 

①元請(プライム案件)が多いSIer

元請(プライム案件)が多いSIer

客先常駐が限りなく少ないSIer1つ目は、元請(プライム案件)が多いSIer。

 

お客さんとのプロジェクトの規模感にもよって変わりますが、大きいプロジェクトの場合は以下のように1社だけでなく、多くのSIerが絡んでプロジェクトを進めていくもの。

SIerの階層構造

システム開発をするお客さんと直接契約するSIerは、元請とかプライムベンダーと言われます。

 

元請(プライム案件)が多いSIerは大手SIerコンサル会社が多く、代表的な会社は以下のようなところです。

元請(プライム案件)が多いSIer

 

  • NTTデータ
  • NTTコミュニケーションズ
  • NEC
  • NECネクサソリューションズ
  • 日立ソリューションズ(HISOL)
  • 日鉄ソリューションズ(NSSOL)
  • 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)
  • 電通国際情報サービス(ISID)
  • TIS
  • SCSK
  • 横河ソリューションサービス(YJP)
  • デルテクノロジーズ
  • 大塚商会
  • アクセンチュア
  • アビームコンサルティング
  • PwCコンサルティング
  • 野村総合研究所(NRI)

など。

ポチのすけ
ポチのすけ
実際のプロジェクトでは、コンサルティング会社がプライムベンダーとして参画することも多いので、上記に入れています。

 

SIerにはメーカー系SIer・ユーザー系SIer・独立系SIerなどいくつか種類がありますが、元請(プライム案件)が多いSIerは大手SIerが多いです。

それぞれのSIerのメリットデメリットについて、以下の記事で詳しく解説しています。

 

メーカー系SIerのメリット・デメリットの詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】メーカー系SIerはやめとけ?強みやデメリットを知ってホワイト企業で働こう
【おすすめがわかる】メーカー系SIerはやめとけ?強みやデメリットを知ってホワイト企業で働こう「転職先候補だったけど、メーカー系SIerはやめとけって聞いたから不安。メーカー系SIerのメリット・デメリットを知りたい」「メーカー系SIerで働いている人は転職した方がいい?」とお悩みの方に、メーカー系SIerのメリット・デメリットとおすすめの会社について解説しています。...

 

ユーザー系SIerのメリット・デメリットの詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】ユーザー系SIerはきついからやめとけ?不安な方はメリット・デメリットを知って優良企業で働こう
【おすすめがわかる】ユーザー系SIerはきついからやめとけ?不安な方はメリット・デメリットを知って優良企業で働こう「転職先の候補として、ユーザー系SIerはきついからやめとけって聞いたから不安。。」「ユーザー系SIerのメリット・デメリットを知りたい」「ユーザー系SIerで働いている人は転職した方がいい?」というお悩みの方に、ユーザー系SIerのメリット・デメリットとおすすめの会社について解説しています。...

 

ユーザー系SIerでホワイト企業・穴場企業を探せる方法についての詳細記事はこちら

【良いとこ見つかる】ユーザー系SIerはホワイト企業が多い?誰でも優良企業を探せる方法を解説
【良いとこ見つかる】ユーザー系SIerはホワイト企業が多い?誰でも優良企業を探せる方法を解説「ユーザー系SIerはホワイト企業だから安心?ユーザー系SIerの将来性含めたメリット・デメリットを知りたい」「ユーザー系SIerのホワイト企業ランキングや穴場企業を知りたい」「ユーザー系SIerで働いている人は転職した方がいい?」というお悩みについて、ユーザー系SIerのホワイト企業を選ぶポイントなどを解説しています。...

 

独立系SIerのメリット・デメリットの詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】独立系SIerはやめとけ?迷って不安な方が優良企業で働く方法
【おすすめがわかる】独立系SIerはやめとけ?迷って不安な方が優良企業で働く方法「転職する時に独立系SIerはやめとけって聞いたから不安。独立系SIerより、ユーザー系SIerとかメーカー系SIerの方がいいの?」「独立系SIerの良い会社ってある?」「独立系SIerで働いている人は転職した方がいい?」というお悩みの方へ独立系SIerのメリット・デメリットと転職するべきかを解説しています。...

 

お客さんのセキュリティが極めて厳しい金融系案件や、プロジェクトの内容によっては客先常駐となるケースもあるものの、元請(プライム案件)が多いSIerなら客先常駐するケースはほぼありません。

むしろ下請けとなるSIerを自社に常駐させる立場になるので、元請(プライム案件)が多い大手SIerやコンサル会社であれば、限りなく客先常駐が少ない形で働けます。

 

②テレワークを多く実施しているSIer

テレワークを多く実施しているSIer

客先常駐が限りなく少ないSIer2つ目は、テレワークを多く実施しているSIer。

 

コロナ渦によって、一気にテレワーク(在宅勤務)が普及しました。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくの会社でも、コロナ渦以降は2年以上ずっとテレワーク(在宅勤務)メインで、在宅勤務率は90%越えです。

 

SIerによって、テレワーク(在宅勤務)メインの会社もあれば、通常通り出社する会社もあります。

テレワーク(在宅勤務)メインで業務を回しているSIerは、わざわざ客先に常駐しなくても業務が回るので、客先常駐がほぼない形で働けます。

わざわざお客さん先や元請(プライムベンダー)に常駐しなくても、家で仕事ができるなら客先常駐など不要ですからね。

 

テレワーク(在宅勤務)は効率的な働き方なので、めちゃくちゃおすすめ!

テレワーク(在宅勤務)のメリットデメリットについて、以下の記事でも詳しく解説しています。

テレワーク(在宅勤務)のメリット・デメリットについての詳細記事はこちら

 

もちろん、プロジェクトの内容によっては、お客さん先や元請(プライムベンダー)に訪問して働かないといけないこともあります。

テレワーク(在宅勤務)メインで働けるSIerであっても、プロジェクト次第で客先常駐になる可能性はある点は留意しておきましょう。

 

③ビッグデータやAIなどDX推進を支援するSIer

ビッグデータやAIなどDX推進を支援するSIer

客先常駐が限りなく少ないSIer3つ目は、ビッグデータやAIなどDX推進を支援するSIer。

紙をデジタルにするのではなく、ITの力を使ってビジネスを変革するのがDX(デジタルトランスフォーメーション)。

ZOZOがやっているネット通販などは、ITの力を使ってビジネスモデルを変革したので、まさにDXと言えるでしょう。

 

世の中の流れが早いこともあり、

  • 大量のデータ(ビッグデータ)を集約して分析
  • 機械学習や統計解析といったAI分野に力を入れる

ことでビジネスを変えていこうとしている会社も多いもの。

そこで、ビッグデータやAIなどのDX推進を支援するSIerも多くなっています。

 

お客さんのインフラやセキュリティ周りのシステムだと、社外に持ち出しが難しいことが多く、常駐することでお客さんの社員として働くことを求められます。

ただ、ビッグデータやAIなどの領域は、常駐まで求められないことがほとんど。

そのため、ビッグデータやAIなどDX推進を支援するSIerであれば、客先常駐が不要どころかテレワーク(在宅勤務)で働けることも多いです。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくの働いている会社はビッグデータやAIなどDX推進を支援するSIerなので、そもそもテレワーク(在宅勤務)で働けているので客先常駐も不要です。

 

もっというと、ビッグデータやAIなどDX推進のトレンドは、クラウド基盤での構築です。

例えば、

  • AWS(エーダブリューエス)
  • Azure(アジュール)
  • GCP(ジーシーピー)

など。

クラウド基盤は必要最小限のコンポーネントを組み合わせてシステム構築がしやすく、ミニマムスタートができることと将来的な拡張性があるので、多くの企業で導入が進んでいるのです。

物理的にサーバーを立てる必要があるオンプレ環境ではなく、クラウド基盤でのシステム構築がメインであれば、客先常駐しなくてもアクセスや開発が可能。

 

ビッグデータやAIなどDX推進を支援するSIerなら、クラウド基盤での構築というトレンドもあるため、客先常駐はほぼないのです。

特に独立系SIerは経営の自由度が高い分、会社によってはクラウド基盤での構築が多いところも。

独立系SIerのメリットについては、以下の記事でも解説しています。

独立系SIerのメリット・デメリットについての詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】独立系SIerはやめとけ?迷って不安な方が優良企業で働く方法
【おすすめがわかる】独立系SIerはやめとけ?迷って不安な方が優良企業で働く方法「転職する時に独立系SIerはやめとけって聞いたから不安。独立系SIerより、ユーザー系SIerとかメーカー系SIerの方がいいの?」「独立系SIerの良い会社ってある?」「独立系SIerで働いている人は転職した方がいい?」というお悩みの方へ独立系SIerのメリット・デメリットと転職するべきかを解説しています。...

 

スポンサーリンク

客先常駐なしのSIerを見極めるポイント【ホワイト企業もある】

客先常駐なしのSIerを見極めるポイント【ホワイト企業もある】

就活や転職活動を通して、客先常駐が限りなく少ないSIerを見極めるにはポイントがあります。

また、客先常駐が限りなく少ないSIerはホワイト企業も多いので、客先常駐が限りなく少ないSIerを見極められるとメリットは特大。

 

客先常駐が限りなく少ないSIerを見極めるポイントは、以下の5つ。

  1. 勤務地や勤務時間が明確になっている
  2. 在宅勤務がメイン
  3. 帰社日がない
  4. IT企業以外の取引先がある
  5. 最低年収が300万以上

上記のポイントは、求人票や口コミで確認して見極めましょう。

なお、ユーザー系SIerは親会社やグループ会社の仕事が多いので、客先常駐が少ないです。

ユーザー系SIerのメリット・デメリットの詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】ユーザー系SIerはきついからやめとけ?不安な方はメリット・デメリットを知って優良企業で働こう
【おすすめがわかる】ユーザー系SIerはきついからやめとけ?不安な方はメリット・デメリットを知って優良企業で働こう「転職先の候補として、ユーザー系SIerはきついからやめとけって聞いたから不安。。」「ユーザー系SIerのメリット・デメリットを知りたい」「ユーザー系SIerで働いている人は転職した方がいい?」というお悩みの方に、ユーザー系SIerのメリット・デメリットとおすすめの会社について解説しています。...

 

ユーザー系SIerでホワイト企業・穴場企業を探せる方法についての詳細記事はこちら

【良いとこ見つかる】ユーザー系SIerはホワイト企業が多い?誰でも優良企業を探せる方法を解説
【良いとこ見つかる】ユーザー系SIerはホワイト企業が多い?誰でも優良企業を探せる方法を解説「ユーザー系SIerはホワイト企業だから安心?ユーザー系SIerの将来性含めたメリット・デメリットを知りたい」「ユーザー系SIerのホワイト企業ランキングや穴場企業を知りたい」「ユーザー系SIerで働いている人は転職した方がいい?」というお悩みについて、ユーザー系SIerのホワイト企業を選ぶポイントなどを解説しています。...

 

ポイント①勤務地や勤務時間が明確になっている

勤務地や勤務時間が明確になっている

客先常駐が限りなく少ないSIerを見極めるポイント1つ目は、勤務地や勤務時間が明確になっていること。

所属している会社で自社勤務なら、勤務地や勤務時間は明確になるはずです。

所属している会社で自社勤務なら勤務地は、

  • 東京都○○区○○町○○-○○-○○ ○○ビル○○階

と、番地や建物名まで明確に記載できるはず。

 

また勤務時間も、

  • 9時~18時

のように明確になりますよね。

 

しかし、求人票を見ても、

  • 勤務地が明確になっていない
  • 勤務時間も明確になっていない

というのは、客先常駐させるビジネスモデルになっており、常駐させるお客さん先次第で変わるために明確にできないということ。

例えば、以下のような勤務地や勤務時間になっている会社は注意しましょう。

客先常駐させるSIerが記載している勤務地の例

  • 原則首都圏での勤務
  • プロジェクト先によって異なる
  • 大阪府周辺
  • 首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)

客先常駐させるSIerが記載している勤務時間の例

  • クライアントの勤務体系に準ずる
  • 客先の勤務時間に準ずる
  • プロジェクト先により異なる

 

ポイント②在宅勤務がメイン

在宅勤務がメイン

客先常駐が限りなく少ないSIerを見極めるポイント2つ目は、在宅勤務がメインなこと。

また、ある程度の規模のオフィスがあることです。

 

前述したように、在宅勤務(テレワーク)メインで働けるSIerは自宅での仕事で完結するので、客先常駐する必要がありません。

在宅勤務(テレワーク)自体、超効率的な働き方なので、めちゃくちゃおすすめです!

在宅勤務(テレワーク)ができるSIerは、優良なホワイト企業の可能性が高いので、求人票で見る時も確認するべき重要ポイント。

在宅勤務(テレワーク)のメリット・デメリットについての詳細記事はこちら

 

なので、在宅勤務(テレワーク)メインで働けるSIerなのか、確認することが重要です。

また、ある程度のオフィスの規模があることも、客先常駐が限りなく少ないSIerを見極めるポイント。

客先常駐メインのSIerは、オフィスがあっても使わないので、マンションの一室がオフィスという会社すらあります。

在宅勤務メインの会社もオフィスは縮小していますが、一定規模のオフィスの規模はあります。

在宅勤務メインのぼくの会社も、いくつもあるオフィスを閉鎖していくことはあっても、本社オフィスはある程度の規模になります。

 

このあたりは求人票だけで見極めることが難しいので、転職エージェントに確認させることと、口コミを確認することで真実を知っておきましょう。

おすすめの転職エージェントと口コミの使い方は、後述するので最後までご覧ください。

 

ポイント③帰社日がない

帰社日がない

客先常駐が限りなく少ないSIerを見極めるポイント3つ目は、帰社日がないこと。

 

客先常駐が限りなく少ないSIerなら、常に自社で働いているので、所属している会社に戻ってくる日なんてものはありません。

客先常駐している会社だと、所属している会社に戻って作業をする必要があり、帰社日が設定されていることがあります。

帰社日があるということは、お客さん先で働く「客先常駐」がメインということですからね。

 

また、そもそも在宅勤務(テレワーク)メインで働けるSIerであれば、自宅での仕事で完結するので自社に行く必要すらありません。

在宅勤務(テレワーク)自体、超効率的な働き方なので、めちゃくちゃおすすめ!

詳しくは以下の記事でも解説しています。

在宅勤務(テレワーク)のメリット・デメリットについての詳細記事はこちら

 

ポイント④IT企業以外の取引先がある

IT企業以外の取引先がある

客先常駐が限りなく少ないSIerを見極めるポイント4つ目は、IT企業以外の取引先があること。

SIerがシステム開発をするエンドユーザーと、直接の取引があるかということです。

 

客先常駐で多いのは、下請けのSIerが大手SIerなど元請(プライムベンダー)に常駐するパターン。

システム開発をするエンドユーザーへの客先常駐よりも、大手SIerに客先常駐することでビジネスをしていくパターンが多いです。

そうなると、下請けのSIerの取引先は大手SIerなどIT企業ばかりになり、システム開発をするエンドユーザーの名前は上がりません。

 

システム開発をするエンドユーザーと直接取引ができるのであれば、客先常駐なしで働けることも多いので、求人票にIT企業以外の取引先があるかどうかが客先常駐なしのSIerを見極めるポイント。

お客さんのセキュリティポリシーや意向によっては、お客さんと直接取引をしていたとしても、プロジェクト中は客先常駐となることもあります。

また、インフラなどの保守のために客先常駐を求められると、ずっと客先常駐することも。

なので、お客さんと直接取引をしているからといって、100%客先常駐なしというわけではない点は注意しておきましょう。

 

ポイント⑤最低年収が300万以上

最低年収が300万以上

客先常駐が限りなく少ないSIerを見極めるポイント5つ目は、最低年収が300万以上なこと。

 

システムエンジニアやプログラマーとしてキャリアをスタートさせたばかりであっても、ちゃんとしているSIerなら300万は出ます。

それが、

  • 年収230万~850万円
  • 基本給+ボーナス

という最低年収が200万円台や、あいまいな表現の場合は、客先常駐させるSIerである可能性大。

 

そもそも、300万円台の年収でも給料が低くてしんどいのに、200万円台は客先常駐とかを抜きにしても年収が低すぎます。

給料が低すぎると、

となってしまい、地獄です。

 

なので、求人を見る時は客先常駐かどうかに関わらず、最低年収が300万以上かどうかはよく見ておきましょう。

 

スポンサーリンク

客先常駐なしのSIerで働く方法【転職エージェントをフル活用】

やばいSIerから抜け出して良い会社に転職する方法

SIerのビジネスモデルは会社ごとに違っており、客先常駐させるやり方を自分の力で変えていくのはほぼ無理。

なので、客先常駐がほぼないSIerで働くには、客先常駐をしないSIerに転職するのが近道です。

 

客先常駐なしのSIerで働くには、転職エージェントをフル活用するのが必須。

転職エージェントは無料で以下のようなメリットを受けられるので、使わない手はありません。

転職エージェントを使うメリット

 

  • 今の会社以外に選択肢があると知ることができる
  • ブラック企業で苦しむ方の話をちゃんと聞いてくれる
  • 企業が出している求人情報や背景について情報をもらうことができるので、求人倍率の予測がつく
  • 自分の能力とかみ合うのか、企業とのマッチングでミスがないのか客観的な意見をもらえる
  • 転職希望者を企業に推薦してくれるので、転職の成功率が上がる

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ。

1社の転職エージェントだけだと、

  • 求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になる
  • 良くない転職エージェントから見捨てられてしまう可能性がある

からです。

 

ここからは、

  • ITエンジニアの方におすすめの転職エージェント
  • 口コミの利用方法

について紹介していきます。

ITエンジニア(SE・プログラマー)として働いている方で、今はそこまでスキルがないと思っていても、1年やっていれば経験者。

ITエンジニアは専門職なので、今後のキャリアを成功させるためには、エンジニア専門の転職エージェントを使うのがおすすめです。

今のスキルセットと目指すキャリアを考えて、戦略的に転職活動を行う必要があるので、的確にサポートしてもらう必要がありますからね。

 

転職先によっては、需要がある言語の学びなおしが必要になるケースがあるものの、需要がある会社に若手枠で転職できるチャンスを活用するべき。

 

ITエンジニアの方におすすめの転職エージェント

エンジニアの方におすすめの転職エージェント

ITエンジニアの方におすすめの転職エージェントは、

です。

上記転職エージェントは、全部無料で登録・利用できます!

 

ウィルオブ・テック

ウィルオブ・テックは、ゼネラルリサーチの調査結果によると、ITエンジニア転職の際、

  • スタッフ満足度
  • アフターフォロー満足度
  • 求人満足度

の全てで1位を獲得しており、満足度が高いITエンジニア経験者専門の転職エージェント。

 

特長は以下の通りです。

  • 専属2名体制による丁寧なサポートで圧倒的な内定率
  • 求人票ありきではなく、転職後のキャリアも見据えたサポートを実施
  • LINEで気軽に相談ができ、24時間365日対応してもらえる
  • ウィルオブ・テックだけがもっている優良求人・非公開求人が多い(約70%が非公開求人)
  • 転職による年収アップは当たり前
  • メルカリ・サイバーエージェント、Sansanなど伸びている会社の求人多数
  • 強いネットワークがあるので、2,000件以上の取引実績あり
  • 転職先の対象エリアは東京・千葉・埼玉・神奈川・大阪・京都・兵庫
  • 対象年齢は23歳~45歳
  • 転職回数は5回未満までが対象
  • ITエンジニアの業務経験が1年以上あり、離職後1年未満の方が対象

 

転職希望者に対し専属で2名の担当がついて、徹底サポートして年収アップを手助けしてくれるので、おすすめの転職エージェント。

ポチのすけ
ポチのすけ
求人情報には今を時めく企業が多数あり、年収も高い良質な求人が多いです。

 

デメリットは、大都市圏以外の地方にはそこまで強くないというところ。

ただ、ITエンジニアはリモートワークができる会社も多いため、地方に住んでいても大都市の会社で働くことは可能です。

「リモートワーク対応求人」として取り扱いもあるので、まずは登録して探してみると、思わぬ掘り出し求人が出てくることも。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう!

TRY NOW

ウィルオブ・テックの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで完全無料で利用できます!

 

マイナビIT AGENT

 

マイナビIT AGENTは、業界大手のマイナビが運営するITエンジニア専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビだけがもっている優良求人・非公開求人が多い(紹介の80%は非公開求人)
  • 特に、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の優良企業の求人が豊富
  • 北海道・名古屋・大阪・福岡にも対応しているので安心
  • IT業界に精通したキャリアアドバイザーから書類添削や面接対策も受けられる

 

特に、20代~30代のITエンジニア転職に強いため、20代~30代の方にはおすすめの転職エージェント。

デメリットは、大都市圏以外の地方にはそこまで強くないというところです。

ただ、まったく地方求人がないわけではないですし、ITエンジニアはリモートワークができる会社も多いです。

そのため、地方に住んでいても大都市の会社で働くことは可能。

思わぬ掘り出し求人が出てくることもありますし、求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないように早めに登録しておきましょう!

TRY NOW

マイナビIT AGENTの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

レバテックキャリア

 

レバテックキャリアは、日本マーケティングリサーチ機構の調査結果によると、

『ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1』

に選ばれている、ITエンジニア経験者専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • 持っている求人情報7,000件以上のうち、80%以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  • 持っている求人は、大手IT企業からWeb系企業、スタートアップ企業までを幅広く網羅
  • 首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)、東海圏(愛知県・三重県・岐阜県)、関西圏(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)、福岡に対応
  • 年間3,000回以上の企業訪問によって得られた、鮮度の高い情報の提供が受けられる
  • 専門のアドバイザーには、具体的な悩みをわかっている元エンジニアのエージェントもおり、サポート体制は万全
  • 複数回の推薦文や書類添削、年収交渉で年収アップ率は77%
  • 2021年1月にはサービス利用者数20万人突破!

 

特に、元ITエンジニアのエージェントなので、

  • 技術的な話が通じる
  • ITエンジニア経験があるからこそわかる、悩みを理解してくれる

ので、転職希望者にマッチする企業を提案してくれる転職エージェント。

 

デメリットは、首都圏・関西圏・東海圏・福岡以外の求人はほぼないというところと、50代以上だと求人がないことです。

 

ただ、20代~40代の上記の地域に当てはまるエンジニアの方で転職を考えている場合、まずは登録して探してみるのがおすすめ。

ITエンジニアはリモートワークができる会社も多いので、地方に住んでいても大都市の会社で働くことができますからね。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

レバテックキャリアの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

ITエンジニア(システムエンジニア・プログラマー含む)の方が給料を上げる方法と、おすすめ転職エージェントについては、以下の記事でも紹介しています。

システムエンジニアの給料を上げる方法やおすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

 

口コミの利用方法

口コミをフル活用する

また、合わせて絶対にやるべきなのが、口コミによる確認。

ホームページや求人情報だけでは、ブラック企業やしんどい仕事なのかどうか、判断することが難しいためです。

また、口コミを使うと、隠れ優良企業を見つけることも可能。

 

可能であれば応募する企業は、一度口コミを確認しましょう。

※時間がなくて厳しい時は、少なくとも書類が通った企業については、面接前に口コミを確認する形で対応しましょう。

 

口コミをフル活用した方がいい理由は、以下の2つ。

  1. 口コミの内容はほぼ真実
  2. 入社後のミスマッチをなくせる

ぼく自身、1社目も2社目も3社目も4社目も、書いてあった大量の口コミは全て真実でした。

なので、実体験からも、口コミは正しいと言えます。

 

また、

  • 転職エージェントも企業に忖度する
  • 求人情報に載っている情報がすべてではない
  • 求人情報は必ずしも最新情報ではない

といった点からも、求人情報だけでは正しい情報をつかめないので、やばい会社かどうかは口コミで確認しましょう。

 

口コミを利用した会社の探し方については、以下の記事でも詳しく紹介しています。

口コミを利用した会社の探し方の詳細記事はこちら

 

また、隠れ優良企業は、口コミの確認以外に複数の転職エージェントを使うと探しやすくなります。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

隠れ優良企業の探し方の詳細記事はこちら

 

スポンサーリンク

まとめ:客先常駐がほぼないSIerで働こう!

 

お話してきたことをまとめます。

SIerの提案する内容によっては、お客さん先にITエンジニアを常駐させて仕事をさせる、客先常駐の形態を取ることがあります。

ただ、客先常駐は色々とデメリットも多いため、

「客先常駐なしのSIerで働きたい」

「客先常駐がないSIerについて知りたい」

と考える方は多いです。

 

完全に客先常駐なしのSIerは少ないものの、基本的に客先常駐をしないビジネスモデルになっている以下のようなSIerなら、ほぼ客先常駐なしで働けます。

  1. 元請(プライム案件)が多いSIer
  2. テレワークを多く実施しているSIer
  3. ビッグデータやAIなどDX推進を支援するSIer

 

客先常駐が限りなく少ないSIerを見極めるポイントは、以下の5つ。

  1. 勤務地や勤務時間が明確になっている
  2. 在宅勤務がメイン
  3. 帰社日がない
  4. IT企業以外の取引先がある
  5. 最低年収が300万以上

 

客先常駐がほぼないSIerで働くには、客先常駐をしないSIerに転職するのが近道です。

 

客先常駐が限りなく少ないSIerであれば、安心して働けますし、先進的な取り組みをしているSIerも多いです。

今より良い会社でキャリアを積んでいきましょう。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

SIerについて良いところも悪いところもまとめた詳細記事はこちら

【やばいからやめとけ?】SIerについてブログにまとめました!現役で働くぼくが語る真実
【やばいからやめとけ?】SIerについてブログにまとめました!現役で働くぼくが語る真実「SIerに興味があるけど、やばいからやめとけって聞くから不安。。」というお悩みについて、現役でSIerで働くぼくの体験談をブログにまとめています。 本記事を読むと、SIerに興味がある方やSIerで働いていて不安に感じる方がどうするべきかがわかります。...

 

SIerの年収は低いのかについての詳細記事はこちら

【現役社員が解説】SIerの年収は低いのか?実際の金額について知ることで判断しよう
【現役社員が解説】SIerの年収は低いのか?実際の金額について知ることで判断しよう営業の方も、SE・プログラマーなどのITエンジニアの方も気になる「SIerの年収は低いのか?」について現役社員が実際の金額をお伝えします。 メリット・デメリット・身につくスキル・やりがいなども、合わせてご紹介します。...

 

SIerはつまらないと思った時に面白くする方法の詳細記事はこちら

【現役の視点】SIerがつまらない。。と思う方が面白くなる3つの方法を職種ごとに解説
【現役の視点】SIerがつまらない。。と思う方が面白くなる3つの方法を職種ごとに解説「SIerがつまらない。。」と思った時、「すぐに転職してやる!」となる手段以外に、今の会社で面白くする方法を紹介しています。 SIerで働いている視点で、営業とエンジニア、プリセールスの方向けに役立つ情報になるため、是非ご覧ください。...

 

SIerでプログラミングできないと危険な理由の詳細記事はこちら

【警告】SIerでプログラミングできないと危険な4つの理由をエンジニア集団で働く現役社員が解説
【警告】SIerでプログラミングできないと危険な4つの理由をエンジニア集団で働く現役社員が解説SIerで働いているエンジニア(SE)なのに、プログラミングができないのはかなり危険です。 本記事では、SIerで働くぼくが、なぜプログラミングができないSIerにいるのが危険なのか、現場視点で解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

SIerの下請けで地獄を見ないためにやるべきことの詳細記事はこちら

SIerの下請けで地獄を見ないためにやるべきことを業界で働く立場から解説します
SIerの下請けは地獄?やめたほうがいい??今すぐにやるべきことを業界で働く立場から解説します「SIerの下請けは地獄だから辞めた方がいいのか?」「SIerの下請けで働くときに何を気を付けた方がいいのか?」について、中小SIerで働く立場から解説しています。 昔よりも、堂々とものを言えるようになってきていますし、主張を通すための方法も解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

ぼくが経験した会社の業務内容や年収についての紹介記事はこちら

【4社の体験談あり】仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!
【4社の体験談あり】仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!仕事の考え方や進め方が合わない時、そのまま頑張ってもうまくいかず、ストレスが溜まってしまい、最悪の場合、鬱(うつ)になってしまう可能性があるので、非常にマズいです。 本記事では、ぼくが経験した業界の体験談と会う仕事を探せる方法について紹介しています。...

 

仕事が地獄だと感じる原因と対処法についての詳細記事はこちら

【秘策あり】仕事が地獄のような日々で辛い・辞めたい時の原因と解決方法
【秘策あり】仕事が地獄のような日々で辛い・辞めたい時の原因と解決方法仕事が毎日地獄のような日々だと、「辛すぎる。早く辞めたい。。」としか思えないですよね。 本記事では、仕事が地獄と化す原因と、地獄としか言えない環境の時に解決する方法を紹介しています。...