仕事の悩み

【選択を間違えない】SEに向いてない人のおすすめの転職先7選!辞めたい理由とやりたいことを明らかにして転職しよう

【選択を間違えない】SEに向いてない人のおすすめの転職先7選!辞めたい理由とやりたいことを明らかにして転職しよう
SE
SE
自分にはSEが向いてないから転職したいけど、IT業界以外の仕事が思いつかない。。SE向いてない人はどのような仕事に転職したのか、転職先が知りたい。
SE
SE
文系だからか、SEの仕事についていけない。エンジニアに向いてない気がするんだけど、そんな自分でもエンジニア以外にどんな仕事がおすすめなのか知りたい。
SE
SE
SEに向いてないから転職したいんだけど、2年目とか3年目だと、どんな仕事がおすすめ?

というお悩みにお答えします。

 

SIerで営業・マーケティング・営業企画として、SEと一緒に働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

SEとして転職してくる方や、他社に転職していくSEの方をたくさん見てきたため、SE経験者のキャリアをよく知っています。

 

SEの仕事はシステム開発にとどまらず、

  • システム設計
  • 技術的な視点での説明
  • 社内調整
  • お客さんとの調整
  • プロジェクトの段取り
  • プロジェクト管理
  • プログラマーの要員管理

など、仕事の幅が広いので、幅広いスキルを求められる仕事。

タスクが多いことや、求められるスキルが高いこともあり、仕事がうまくいかないこともあります。

また、会社によってはブラックな働き方になってしまって、長くは働けないと感じて辞めたくなることも。

とはいえ、

  • SEに向いてない場合はどんな仕事をしたらいいのか
  • そもそも転職できるのか

と、わからなくて悩んでしまいますよね。

 

本記事では、

  • 自分にはSEが向いてないから転職したい
  • SE向いてない人におすすめの転職先を知りたい
  • IT業界以外のおすすめの仕事が知りたい

というお悩みについて解説していきます。

 

結論から言うと、

人には向き・不向きがあるので、SEに向いてない人が無理にSEを続ける必要はありません。

不向きな仕事を続けるのは時間がもったいないですし、SE以外に選択肢はたくさんあるので、自分に合う仕事に転職するべき。

SEに向いてない方におすすめの仕事は、以下の7つ。

  1. 社内SE
  2. DX推進部門のエンジニア
  3. Web系エンジニア
  4. もっと良いSIerのSE
  5. IT営業
  6. プリセールス
  7. ITコンサル

SEには向いてなくても、自社ソフトを開発するエンジニアには向いている人もいますし、エンジニア以外の仕事が向いている人もいます。

ポチのすけ
ポチのすけ
中には、SEとしてホワイト企業に転職したら悩みが解決する人もいるので、転職先はちゃんと選びましょう。

 

本記事後半では、

  • SEにおすすめのエンジニアとしての転職先
  • エンジニア以外のおすすめの仕事と転職する方法

について具体的に解説しているので、是非最後までご覧ください。

おすすめの転職エージェント

エンジニア(SE/プログラマー)転職に強いおすすめの転職エージェントはこちら!

 

エンジニア以外の総合転職に強いおすすめの転職エージェントはこちら!

 

SEに向いてないと感じる6つの理由

SEに向いてないと感じる6つの理由

SE(システムエンジニア)の仕事は技術職になるため、誰にでも向いているわけではありません。

 

SEに向いてないと感じる理由は、以下の6つ。

  1. プログラミングが全くできない
  2. IT用語を覚えられない
  3. 周りの同期と差がついている
  4. システム保守の休日出勤がきつい
  5. 上司や先輩の仕事を見て頑張ろうと思えない
  6. 自ら学ぶ意欲がわかない
ポチのすけ
ポチのすけ
SEの方で自分に当てはまっているか、参考にしてみてください。

 

理由①プログラミングが全くできない

プログラミングが全くできない

SEに向いてないと感じる理由1つ目は、プログラミングが全くできないこと。

 

SEはシステム開発をする際、自分でコードを書くこともあれば、社内の人やお客さんが書いたコードを見ることもあります。

プログラミングは、

  • 身に着けているスキル
  • 開発に必要な言語
  • 表現したい内容

によってできる範囲が変わってきますが、全くできないレベルだときついです。

プロジェクトによっては自分でコードを書くだけではなく、お客さんが書いたコードを見て、何が原因でうまく作動しないのかを調べることもあります。

その際、プログラミングができないと、何がおかしいのか理解できないので仕事が進みません。

現在SIerで働いていて、開発作業(プログラミング)を下請けに出す会社だと、そもそもプログラミングする機会すらないので要注意。

下請けの会社に指示するだけで、プログラミングをしない会社だと、働いていてもプログラミングができるようになりません。

SIerでプログラミングできないと危険な理由の詳細記事はこちら

【警告】SIerでプログラミングできないと危険な4つの理由をエンジニア集団で働く現役社員が解説
【警告】SIerでプログラミングできないと危険な4つの理由をエンジニア集団で働く現役社員が解説SIerで働いているエンジニア(SE)なのに、プログラミングができないのはかなり危険です。 本記事では、SIerで働くぼくが、なぜプログラミングができないSIerにいるのが危険なのか、現場視点で解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

スキルアップには時間がかかるものなので、すべてを現時点で理解はできなくてもよいですが、

  • コードが書けない
  • コードが読めない

ことが多すぎる方は、プログラミングが全くできない状態なのでSEに不向きです。

もちろん、今はプログラミングが全くできない状態でも、努力ができるのであればSEに向いています。

 

理由②IT用語を覚えられない

IT用語を覚えられない

SEに向いてないと感じる理由2つ目は、IT用語を覚えられないこと。

 

SEはお客さんに納める色んなシステムを開発したり、技術的な提案をします。

システムの開発や提案には、プログラミングの知識やシステム自体の知識だけでなく、基本的なIT知識が不可欠。

IT用語の例を挙げると、

  • サーバー
  • OS
  • 仮想化
  • IPアドレス
  • ホットスタンバイ

などがありますが、初めての人には「なんのこっちゃ?」となる言葉も多いです。

理系・文系問わず、IT用語が覚えられないと、会話についていけないのでめちゃくちゃ大変。

しまいには、「わからないことがわからない。。」ということも。

ポチのすけ
ポチのすけ
IT知識については、営業でも覚えることはたくさんあるので、地道にやっていくしかありません。

 

IT用語を覚えられない方は前提知識が足りなさすぎるので、SEに不向きです。

とはいえ最初はだれでも未経験なので、現時点でIT用語を覚えられない方であっても、ITに関するやる気があるのなら大丈夫。

ITは時代とともに発展することはあっても、後退することはないので、身に着けた知識は役に立つことが多いですからね。

 

理由③周りの同期と差がついている

周りの同期と差がついている

SEに向いてないと感じる理由3つ目は、周りの同期と差がついていること。

20代のSEの方などは、同期入社の人がいることが多いです。

同期とはスタート地点が一緒ですが、3年目とかになると、やる仕事の内容に差が出てくるもの。

SEに向いてない方だと任せられる仕事の幅が狭いので、周りの同期と差がついてしまうんですね。

例えば、

「同期のメンバーは色々と開発できているのに、自分はテストばかりでまともな開発すらできない。。」

「同期は開発スピードが速いし、新しい技術も身に着けているのに、同期と比べても全然仕事できなくて置いてかれている。。」

「自分はExcelで集計作業したり、パワーポイントで資料作成ばかりさせられている。。」

「もはや、議事録係になってしまっている。。」

など。

周りの同期と差がついているというレベル感にもよりますが、あまりにも仕事ができていない方は、SEに不向きと言えます。

 

もちろん、成長スピードは人それぞれ。

2~3年は伸び悩んでいても、5年目ぐらいに一気に成長するケースもあります。

現状にめげずにスキルアップに励めるのであれば、SEに向いています。

SEの仕事自体は頑張れそうだけど、今の会社には向いてないのであれば、もっと良い会社に転職して頑張るのがおすすめ。

良い会社に転職する方法は後述するので、是非最後までご覧ください。

 

理由④システム保守の休日出勤がきつい

システム保守の休日出勤がきつい

SEに向いてないと感じる理由4つ目は、システム保守の休日出勤がきついこと。

 

SEの仕事では、

  • システム保守
  • ソフトのバージョンアップ
  • システムのリプレイス
  • 本番環境のリリース

など、休日出勤をして対応する内容もあります。

もちろん、休日出勤したら平日のどこかで代休取得は可能ですが、休日出勤ゼロとは言い切れない仕事。

システムにバグが起きたりすると、突発的に残業になったり休日出勤して対応しないといけないこともあります。

 

システム保守で休日出勤がありうるのは、会社のビジネスモデルやプロジェクトにもよりますが、ゼロではないことを受け入れられないとSEには不向きです。

 

理由⑤上司や先輩の仕事を見て頑張ろうと思えない

上司や先輩の仕事を見て頑張ろうと思えない

SEに向いてないと感じる理由5つ目は、上司や先輩の仕事を見て頑張ろうと思えないこと。

 

SEに限った話ではありませんが、自分の仕事だけではなく上司や先輩の仕事ぶりを見ると、今後どのような仕事をしていくのかが見えてきます。

今はそこまで仕事ができなくても、頑張ってスキルを身に着けようと思えないと、かなりきついです。

例えば、

  • 上司や先輩は仕事ができるけど、残業だらけでプライベートがない
  • 上司や先輩はゴマすりばかりで仕事してない
  • 上司や先輩は業務外でもめちゃくちゃ勉強していて知識があるけど、自分はそこまでできない

など。

 

もっとスキルを身に着けたいと思って頑張れるのであれば、SEに向いています。

しかし、上司や先輩の仕事を見て頑張ろうと思えない場合は、SEに不向き。

 

ただ、会社のビジネスモデルやプロジェクトが悪くて、上司や先輩みたいになりたくないと思う場合もあります。

その場合は、SEを辞めるのではなく、もっと良い会社にSEとして転職するのがおすすめです。

良い会社に転職する方法は、後述するので是非最後までご覧ください。

 

理由⑥自ら学ぶ意欲がわかない

自ら学ぶ意欲がわかない

SEに向いてないと感じる理由6つ目は、自ら学ぶ意欲がわかないこと。

 

IT業界は、次から次へと新しい技術や考え方が出てくる業界なので、技術職であるSEは自ら学んでいくことが求められます。

現時点でわからないことがあったり、できないことがあっても、自ら学ぶことで身に着くことは多いです。

また、文系の方で、

  • 中々技術が理解できない
  • 器用にこなせない

という場合でも、仕事へのモチベーションさえあれば苦手意識は克服可能。

周りよりも劣っていて、学ぶ意欲までない方だと、努力ができないので成長できません。

自ら学んで成長する意欲がない方は、スキルが身につかないのでSEには不向きです。

 

スポンサーリンク

SEに向いてない人の転職先の選び方

SEに向いてない人の転職先の選び方

人には向き・不向きがあるので、SEに向いてないと感じる方が無理にSEを続ける必要はありません。

不向きな仕事を続けてもキャリアにプラスにならないので、時間がもったいないですからね。

世の中にSE以外の仕事はたくさんありますし、SE経験を活かせる選択肢はたくさんあるので、自分に合う仕事に転職するべき。

 

SEに向いてないと感じる方が転職先を選ぶ時の重要なポイントは、自分がSEを辞めたい理由とやりたいことを整理することです。

ここを間違えると、転職したのに自分に向いてない仕事をやる可能性もあるので、ちゃんと整理するのが大事。

SEを辞めたい理由を整理する

SEを辞めたくなる原因として、以下のものが挙げられます。

SEを辞めたくなる原因
  • SEには向いているけれど、今の会社がブラックだから辞めたい
  • SEには向いてないけど、エンジニアの仕事には向いている
  • SEにもエンジニアにも向いてないから、SEやエンジニア以外の仕事をしたい

 

SEを辞めたくなる原因によって取るべき行動は全く変わってくるので、転職で失敗しないためにも、辞めたくなる原因を整理することは大事なのです。

SEにもエンジニアにも向いてない方で、つらくて仕事を辞めたいのなら、SEやエンジニア以外の仕事にキャリアチェンジするのが解決策。

一方で、SEもしくはエンジニアの仕事自体に向いている方なら、取るべき行動はキャリアチェンジではありません。

今の会社がブラックだったり、仕事内容が合わなくて辞めたい場合、今よりも良い会社・自分に合う会社にエンジニアとして転職することです。

エンジニアという職種は変えずに、今の会社から転職するだけで悩みが解決することはありますからね。

時間には限りがあるので、ブラック企業や自分に合わない会社で続けることは、時間の無駄でしかありません。

ポチのすけ
ポチのすけ
辞めたくなる原因の認識を間違えると、エンジニアには向いているのにエンジニア以外のまったく別の仕事にキャリアチェンジしてしまうミスが起こります。

 

自分がやりたいことを整理する

また、SEを辞めたい場合、やりたいことを整理することも大事。

例えば、SEは辞めたいけどエンジニア(技術者)として働いていきたい場合、どのような仕事をしたいのかで転職先は変わってきます。

決められた範囲の仕事だけではなく、ITに関して幅広く仕事をしたいのなら、社内SEが向いています。

社内のIT関連の仕事ほぼすべてに携われますからね。

新しいことにチャレンジしていきたい方なら、IT企業以外の会社のDX推進部門が向いています。

DX推進自体が新しい取り組みであり、エンジニア経験がある方だと経験を活かせるシーンが多いですからね。

自社製品を開発したい方なら、Web系の会社が向いています。

自社製品の開発なら、既存の製品を使ったシステム開発と違い、機能追加や新製品開発などの色んな開発ができますからね。

 

エンジニアを辞めたい場合は、

  • 営業がやりたい
  • マーケがやりたい
  • コンサルがやりたい

など、自分が何をやりたいのかを整理することで、自分に合う転職先が見えてきます。

 

スポンサーリンク

SEに向いてない人におすすめの転職先7選

SEに向いてない人におすすめの転職先7選

SEを辞めたい理由とやりたいことを整理できたら、できる限りSE経験を活かして転職するのがポイントです。

SE経験とは、

  • 技術的な知識
  • プログラミングスキル

だけでなく、

  • お客さんの業務要件の知識
  • プロジェクト管理経験

も含みます。

 

SEに向いてない人におすすめの転職先は、以下の7つ。

  1. 社内SE
  2. DX推進部門のエンジニア
  3. Web系エンジニア
  4. もっと良いSIerのSE
  5. IT営業
  6. プリセールス
  7. ITコンサル
ポチのすけ
ポチのすけ
どれも、SE経験を活かせる仕事なのでおすすめです。

 

上記以外のWebマーケターやWebデザイナーになりたい場合、エンジニアに関連しないキャリアになるため、学びなおしが必須。

WebマーケターやWebデザイナーになりたい方は、以下の記事で詳しく解説しています。

 

①社内SE

おすすめの仕事は社内SE

SEに向いてない人におすすめの転職先1つ目は、社内SE。

 

社内SEは、ほぼすべての会社にある、IT部門で働く形になります。

具体的には、主に情報システム部で勤務することになり、自社のITに関わるほぼすべての業務に携わります。

SIerと違って、

  • 決まったシステムだけでなく、社内の業務にかかわるITシステム全般に関われる
  • 社員のパソコンやスマホなどの選定や管理も行う

業務が幅広いのが特徴。

ポチのすけ
ポチのすけ
SEから見ると、今までやり取りしていたお客さん側に転職するということです。

 

社内SEのメリットは、以下のようなものが挙げられます。

社内SEのメリット
  • 労働時間はそれなりに調整しやすい
  • スキルを身に着けやすい
  • やる仕事の幅が広いので面白い

労働時間については、余裕で定時で帰れる会社もあれば、仕事量が多く残業が当たり前の会社も。

ただ、調整するのがお客さん相手ではなく社内になるため、時間の調整はしやすいです。

また、社内SEは何か一つのシステムをやるわけではなく、会社の業務に関わるIT全般を担当することになります。

なので、様々な視点で考えて開発したり、幅広いシステムを社内に取り入れることが多く、ITエンジニアの方にとって技術(スキル)や知識が身に付きやすいです。

また、会社をITで良くしていくために、新しいことにどんどん挑戦できるというメリットもあります。

 

気を付ける点は、

  • 給料を上げるのが難しい
  • 常にコスト削減を求められる
  • 仕事の幅が広いので、幅広い知識やスキルが必要

なこと。

なので、社内SEに対する理解がある会社を選ぶ必要があります。

後述する転職エージェントをうまく活用して、自分に合う会社を探しましょう。

 

②DX推進部門のエンジニア

DX推進部門のエンジニア

SEに向いてない人におすすめの転職先2つ目は、DX推進部門のエンジニア。

IT業界以外の会社に転職するというと、情報システム部(社内SE)への転職を思い浮かべることが多いですが、情報システム部(社内SE)ではなくてDX推進を行っている部署に転職するということです。

ポチのすけ
ポチのすけ
SEから見ると、今までやり取りしていたお客さん側に転職するということです。

 

最近はDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を検討している会社が増えてきていることもあり、情報システム部以外の部署を新設して、ITを活用しようという会社が増加中。

業界問わず、金融業製造業でもDXを推進しようとしている企業が増えています。

そこでは、ITエンジニアの経験が必要なので、自分のスキルを活かして転職するという選択肢になります。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

ざっくり言うと、デジタル技術(IT)を使って事業の変革を行うこと。

既存の仕組みや価値観をひっくり返すような、革命的な仕組みにより、社会全体に影響を及ぼして人々の生活を変えていく考え方です。

 

例えばZOZOは、アパレルのインターネット通販により急成長しました。

服を買う時は店舗に行って試着するのが一般的でしたが、若者に人気のあるブランドを揃えることで、服を試着できない通販であっても売り上げを急拡大することに成功しています。

(その後のZOZOスーツや、買収などのゴタゴタについては、割愛しますw)

実際、IT企業でなくても、自分たちの得意分野の知見を活かしたアプリを出すような会社が増えています。

例えば、

小田急電鉄が出している、EMot(エモット)というアプリ。

  • タクシーや電車を組み合わせた経路検索
  • 飲食店のサブスクリプション
  • 交通機関や施設のフリーパス

が行えます。

 

DX推進部門のメリットは、以下の点が挙げられます。

DX推進部門のメリット
  • 新しい技術(スキル)を身に着けられる
  • 新しいことに挑戦できるので楽しい
  • 世の中に影響を与えることもできる

IT業界以外の会社では、世の中に受け入れられるような新しいサービスを開発するために、最新技術を取り入れることも多いです。

そのため、ITエンジニアの方にとって技術(スキル)や知見が身に付きやすいです。

さらに新しいことにどんどん挑戦でき、サービス次第で世の中に影響を与えることも可能。

また、会社によっては、

  • リモートワークOK
  • フレックス制を導入している
  • チャットツールをフル活用して業務の無駄を省ける

と日本特有の慣習が少ないため、労働時間を調整しやすいですし、福利厚生が充実しているところも多いです。

ある程度の大企業でないと、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進を検討すらしていないので、募集自体が少ないです。

DX推進部門は新しい分野かつ、攻めのITということもあり、主体的に進める能力も必要。

また、システム要件だけではなくて、ビジネス的な要件も重要になってくるので難易度は高いです。

なので、後述する転職エージェントをうまく活用して、自分に合う募集があるのかを探しましょう。

 

③Web系エンジニア

Web系の会社

SEに向いてない人におすすめの転職先3つ目は、Web系エンジニア。

Web系の会社とは、

  • スマホアプリの開発
  • パソコンで使うソフトなどの開発
  • ブラウザでのサービスの開発

をしている会社を指します。

上記のような、Web系のエンジニアとして転職するということ。

 

Web系の会社は、創業から長い会社もあれば、ベンチャー企業まで幅広く存在しています。

よく、私服で出勤できるIT企業というイメージをされますが、それはこのWeb系の会社を指すことがほとんど。

ベンチャー企業だと若い方も多く、古いしがらみが無いという点で働きやすい会社が多いです。

 

多くのWeb系の会社に見られるメリットは以下の通り。

Web系の会社のメリット
  • 労働時間を調整しやすい
  • 新しい技術(スキル)を身に着けられる
  • 新しいことに挑戦できるので楽しい

世の中に受け入れられるようなサービスを開発するために、新しい技術を取り入れることも多く、ITエンジニアの方にとって技術(スキル)が身に付きやすいです。

下請けではなく、自分たちのサービスを開発している会社であれば、新しいことにどんどん挑戦できるというメリットも。

会社によっては、

  • リモートワークOK
  • フレックス制を導入している
  • チャットツールをフル活用して業務の無駄を省ける

と日本特有の慣習が少ないため、労働時間を調整しやすいです。

 

ぼく自身もソフトウェアメーカーにいたのでわかるのですが、Web系の会社はどこもITエンジニアの人手が足りていません。

世の中の流れが速く、ニーズに応えるためにはスピード感を持った開発が必要で、それにはITエンジニアが必要だからです。

お客さん先のシステムを構築するSEは向いてないけれど、エンジニアとして働きたいのであれば、自社開発ができるWeb系の会社にエンジニア転職をするのがおすすめ。

気を付ける点は、Web系の会社といっても会社の風土はピンからキリまであるので、

  • やり方が古臭い
  • スピード感がない

という場合、成長スピードが遅くなってしまいます。

ベンチャー企業の中にはイケイケなので楽しい部分はあったとしても、人数が足りなくて労働時間が長くなることも。

また、コードを書くのがメインになるので、SEとしてコードを書かずにキャリアを積んでいる方だと大変です。

なので、後述する転職エージェントをうまく活用して、自分に合う会社を探しましょう。

 

④もっと良いSIerのSE

もっと条件の良いSIer

SEに向いてない人におすすめの転職先4つ目は、もっと良いSIerのSE。

 

ぼく自身、SIerで働いているのでひしひしと感じますが、SIerは会社次第で天国にも地獄にもなるぐらい揺れ幅が本当に大きいということ。

SIerは、会社規模の大きさで良い悪いが決まることはなく、

  • 会社の風土や仕組みが今の時代に合っているか
  • 時代の先取りをできているか

で決まります。

条件の良いSIerでSEとして働けるのであれば、今までの経験を活かしながらステップアップが容易。

もっと条件の良いSIerのメリットは、以下の通りです。

もっと条件の良いSIerのメリット

 

  1. 労働時間が調整しやすい
  2. スキルが身につく
  3. 世の中を動かすような大きなプロジェクトもあり面白い
  4. マネジメント力がつく
  5. 年収が上がる
  6. 休みも取りやすい

良い条件のSIerだと、

  • リモートワークOK
  • フレックス制を導入している
  • チャットツールをフル活用して業務の無駄を省ける

と日本特有の慣習が少なく、労働時間を調整しやすいです。

AIやRPAなどの最先端の技術を取り入れて開発できるため、

  • 技術(スキル)が身に付きやすい
  • 新しい提案をどんどん行える

というメリットもあります。

また、社内外との調整を行いながらプロジェクトを進めるので、平社員のうちからマネジメント力をつけることが可能。

 

ぼく自身もSIerで働いているのでひしひしと感じるのですが、IT投資へ積極的な企業が増えているため、どのSIerもITエンジニアの人手が足りていません。

良い条件のSIerなら、なおさら競争率が高いです。

なので、後述する転職エージェントをうまく活用して、自分に合う会社を探しましょう。

 

メーカー系SIerのメリット・デメリットの詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】メーカー系SIerはやめとけ?強みやデメリットを知ってホワイト企業で働こう
【おすすめがわかる】メーカー系SIerはやめとけ?強みやデメリットを知ってホワイト企業で働こう「転職先候補だったけど、メーカー系SIerはやめとけって聞いたから不安。メーカー系SIerのメリット・デメリットを知りたい」「メーカー系SIerで働いている人は転職した方がいい?」とお悩みの方に、メーカー系SIerのメリット・デメリットとおすすめの会社について解説しています。...

 

ユーザー系SIerのメリット・デメリットの詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】ユーザー系SIerはきついからやめとけ?不安な方はメリット・デメリットを知って優良企業で働こう
【おすすめがわかる】ユーザー系SIerはきついからやめとけ?不安な方はメリット・デメリットを知って優良企業で働こう「転職先の候補として、ユーザー系SIerはきついからやめとけって聞いたから不安。。」「ユーザー系SIerのメリット・デメリットを知りたい」「ユーザー系SIerで働いている人は転職した方がいい?」というお悩みの方に、ユーザー系SIerのメリット・デメリットとおすすめの会社について解説しています。...

 

ユーザー系SIerでホワイト企業・穴場企業を探せる方法についての詳細記事はこちら

【良いとこ見つかる】ユーザー系SIerはホワイト企業が多い?誰でも優良企業を探せる方法を解説
【良いとこ見つかる】ユーザー系SIerはホワイト企業が多い?誰でも優良企業を探せる方法を解説「ユーザー系SIerはホワイト企業だから安心?ユーザー系SIerの将来性含めたメリット・デメリットを知りたい」「ユーザー系SIerのホワイト企業ランキングや穴場企業を知りたい」「ユーザー系SIerで働いている人は転職した方がいい?」というお悩みについて、ユーザー系SIerのホワイト企業を選ぶポイントなどを解説しています。...

 

独立系SIerのメリット・デメリットの詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】独立系SIerはやめとけ?迷って不安な方が優良企業で働く方法
【おすすめがわかる】独立系SIerはやめとけ?迷って不安な方が優良企業で働く方法「転職する時に独立系SIerはやめとけって聞いたから不安。独立系SIerより、ユーザー系SIerとかメーカー系SIerの方がいいの?」「独立系SIerの良い会社ってある?」「独立系SIerで働いている人は転職した方がいい?」というお悩みの方へ独立系SIerのメリット・デメリットと転職するべきかを解説しています。...

 

⑤IT営業

IT営業はおすすめ

SEに向いてない人におすすめの転職先5つ目は、IT営業。

同じIT業界で働くことになりますが、エンジニアから営業にキャリアチェンジするということです。

 

ソフトウェアメーカーで働く場合は、ソフトウェアの提案&販売がメイン。

IT営業(ソフトウェアメーカー)の仕事についての詳細記事はこちら

【真実を知る】IT営業の仕事はきつい・難しい?ついていけないから辞めたい?実際の仕事内容・メリット・デメリットについて体験談から紹介
【真実を知る】IT営業の仕事はきつい・難しい?ついていけないから辞めたい?実際の仕事内容・メリット・デメリットについて体験談から紹介「IT営業がきついし、難しい。。」「IT営業(ソリューション営業)についていけない。辞めたい。。」というお悩みについて、実際にIT営業として働いている立場から、仕事内容や残業時間、休日、メリット、デメリットの実態をお伝えします。 本記事では、ソフトウェアメーカーで働いて体験したことをメインで紹介します。 働きやすい会社で仕事をしたい方は、是非ご覧ください!...

SIerで働く場合は、SIerの営業として案件獲得のために全体提案の取りまとめをすることになります。

SIer営業の仕事内容の詳細記事はこちら

【価値を示せ】SIerの営業はいらない?仕事内容~休日までを開発会社で働いた体験から紹介
【価値を示せ】SIerの営業はいらない?仕事内容~休日までを開発会社で働いた体験から紹介「SIerの営業って実際にどういう仕事内容なのか、いまいちピンと来ない。。」「SIerの営業はいらないってホント?」という方にSIerの営業の仕事内容や残業時間、休日まで実際に開発会社で働いて体験していることを紹介します。 IT業界の中で、SIerの営業に興味がある方は、是非ご覧ください!...

 

IT業界の営業であれば、SEで経験した技術的な知識を活かして提案できるのが強み。

自分の長所が提案力やコミュニケーションスキルであれば、活躍できる可能性は高いですし、高いモチベーションを保てます。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくの同僚でも、元々SEをやっていましたが、営業として転職してきて活躍している人もいます。

 

営業の仕事自体、

  • 数字を基にした計画作成能力
  • 計画遂行能力
  • 結果から逆算した段取り力
  • 資料作成能力
  • 提案力
  • 交渉力
  • 社内調整力

といった、ビジネスで必要な様々なスキルが身につくのもメリット。

注意点としては、営業である以上、予算やKPIという名のノルマは必ずあること。

ノルマに追われるのが嫌な方や、コミュニケーションを取るのが苦手な方には向いてないです。

また、ブラック企業だと、残業まみれになりがちなので行かないようにしましょう。

 

営業も向き不向きはありますが、営業に向いていてやる気があるのならおすすめの仕事。

良い会社に転職するためには、後述する転職エージェントをうまく活用して、自分に合う会社を探しましょう。

 

⑥プリセールス

プリセールスはおすすめ

SEに向いてない人におすすめの転職先6つ目は、プリセールス。

セールスエンジニアとも呼ばれ、担当営業をサポートしながら技術的な観点でお客さんに提案をするのが仕事。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
プリセールスはIT営業とSEの中間のような役割のため、SEの方で実質的にはプリセールスとして動いている人もいます。

プリセールスはIT営業と同じく、IT業界で働くことになるのと、SIerで働くことが多いです。

SIer営業の仕事内容の詳細記事はこちら

【価値を示せ】SIerの営業はいらない?仕事内容~休日までを開発会社で働いた体験から紹介
【価値を示せ】SIerの営業はいらない?仕事内容~休日までを開発会社で働いた体験から紹介「SIerの営業って実際にどういう仕事内容なのか、いまいちピンと来ない。。」「SIerの営業はいらないってホント?」という方にSIerの営業の仕事内容や残業時間、休日まで実際に開発会社で働いて体験していることを紹介します。 IT業界の中で、SIerの営業に興味がある方は、是非ご覧ください!...

 

プリセールスであれば、SEで経験した技術的な知識を活かして提案できるのがメリット。

プロジェクトに入ることがほとんどなくなるので、お客さんとのやり取りで消耗することもなくなります。

自分の長所が開発よりも提案力やコミュニケーションスキルであれば、活躍できる可能性は高いですし、高いモチベーションを保てます。

 

注意点としては、技術的な提案をすることを求められるので、常に最新技術の動向を勉強して知っておく必要があること。

技術的な視点で提案することを求められているのに、技術が分からないと存在価値がなくなってしまいますからね。

また、提案だけではなく、メーカーアライアンスとして他社との協業もやることが多いです。

 

技術的な観点でわかりやすく提案することがやりたい方や、技術提案が向いている方にはおすすめの仕事。

良い会社に転職するためには、後述する転職エージェントをうまく活用して、自分に合う会社を探しましょう。

 

⑦ITコンサル

ITコンサルはおすすめ

SEに向いてない人におすすめの転職先7つ目は、ITコンサル。

コンサルティング会社で、技術的な観点を活かしたうえで、お客さんの業務改善の提案を行う仕事です。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
会社によっては、SEでありながらITコンサルのような仕事をしている人もいます。

ITコンサルは仕事の難易度が高いこともあり、年収が高いのがメリット。

また、お客さんの業務を根本から変えていくこともできるので、戦略にも携われるところに面白みを感じる方は向いています。

要件定義などの上流工程をメインでやっていたSEの方だと、システムの根本である設計部分を検討してシステムに落とし込んでいるので、SE経験を活かせます。

 

注意点としては技術的な観点だけではなく、お客さんの業務の理解もした上での提案を求められるので、難易度が高いこと。

「御社は○○という目的達成のために、○○という業務ができるようにするべきです。そのためには○○というシステム開発が必要です」

という提案が必要ですからね。

最新技術の動向を追うだけではなく、「どうあるべきか」という観点を持ちながら、お客さんの業務を改善することが求められます。

 

技術的な観点だけでなく、業務改善にまでつながる提案をしていきたい方にはおすすめの仕事。

良い会社に転職するためには、後述する転職エージェントをうまく活用して、自分に合う会社を探しましょう。

 

スポンサーリンク

おすすめの仕事にエンジニアとして転職する方法

転職する方法

SEに向いてない方で、今の会社が良くない場合は、

  • 社内SE
  • DX推進部門のエンジニア
  • Web系エンジニア
  • もっと良いSIerのSE

など、自分に合うもっと良い会社に転職するのがおすすめ。

 

悪い会社にいると、エンジニアには向いているのに仕事自体が嫌いになってしまう可能性もあり、もったいないですからね。

仕事で成長したり、成功するために一番重要なのはモチベーション。

今の会社だと全くモチベーションがないけど、別の会社なら楽しいと感じて、モチベーションを高く保てることは普通にあります。

仕事のモチベーションが全くない時は転職した方がいい理由の詳細記事はこちら

仕事のモチベーションが全くない時は辞めて次の職場に移っていい5つの理由。人生を有意義に過ごそう
仕事のモチベーションが全くない時は辞めて次の職場に移っていい5つの理由。人生を有意義に過ごそう仕事へのモチベーションが全くないと、マイナスのことがどんどん増えるので、辞めたくなるものです。 そんな時は、早めに次の職場に移るのが大事。 本記事では、仕事のモチベーションが全くない時、仕事を辞めて次の職場に移っていい5つの理由について、ぼく自身の経験も踏まえてご紹介していきます。 是非、ご覧ください。...

 

SEの方がエンジニアとして転職する方法は、

  • IT専門の転職エージェントを使う
  • 求人企業の口コミを見て真実を知る

こと。

転職エージェントをフル活用すれば、自分が知らない優良企業を探せます。

転職エージェントは無料で以下のようなメリットを受けられるので、使わない手はありません。

転職エージェントを使うメリット

 

  • 今の会社以外に選択肢があると知ることができる
  • ブラック企業で苦しむ方の話をちゃんと聞いてくれる
  • 企業が出している求人情報や背景について情報をもらうことができるので、求人倍率の予測がつく
  • 自分の能力とかみ合うのか、企業とのマッチングでミスがないのか客観的な意見をもらえる
  • 転職希望者を企業に推薦してくれるので、転職の成功率が上がる

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ。

1社の転職エージェントだけだと、

  • 求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になる
  • 良くない転職エージェントから見捨てられてしまう可能性がある

からです。

 

転職する際は、戦略的に転職を行う必要があります。

そのためには、求人をたくさん紹介してもらって、的確にサポートしてもらうのが必須。

転職先によっては、需要がある言語の学びなおしが必要になるケースがあるものの、需要がある会社に転職できるチャンスを活かしましょう。

 

おすすめの転職エージェント

エンジニアの方におすすめの転職エージェント

SEの方がエンジニアとして転職する方法は、ITエンジニアの転職に強い転職エージェントを利用するのがおすすめ。

ITエンジニアの方におすすめの転職エージェントは、

です。

上記転職エージェントは、全部無料で登録・利用できます!

 

ウィルオブ・テック

ウィルオブ・テックは、ゼネラルリサーチの調査結果によると、ITエンジニア転職の際、

  • スタッフ満足度
  • アフターフォロー満足度
  • 求人満足度

の全てで1位を獲得しており、満足度が高いITエンジニア経験者専門の転職エージェント。

 

特長は以下の通りです。

  • 専属2名体制による丁寧なサポートで圧倒的な内定率
  • 求人票ありきではなく、転職後のキャリアも見据えたサポートを実施
  • LINEで気軽に相談ができ、24時間365日対応してもらえる
  • ウィルオブ・テックだけがもっている優良求人・非公開求人が多い(約70%が非公開求人)
  • 転職による年収アップは当たり前
  • メルカリ・サイバーエージェント、Sansanなど伸びている会社の求人多数
  • 強いネットワークがあるので、2,000件以上の取引実績あり
  • 転職先の対象エリアは東京・千葉・埼玉・神奈川・大阪・京都・兵庫
  • 対象年齢は23歳~45歳
  • 転職回数は5回未満までが対象
  • ITエンジニアの業務経験が1年以上あり、離職後1年未満の方が対象

 

転職希望者に対し専属で2名の担当がついて、徹底サポートして年収アップを手助けしてくれるので、おすすめの転職エージェント。

ポチのすけ
ポチのすけ
求人情報には今を時めく企業が多数あり、年収も高い良質な求人が多いです。

 

デメリットは、大都市圏以外の地方にはそこまで強くないというところ。

ただ、ITエンジニアはリモートワークができる会社も多いため、地方に住んでいても大都市の会社で働くことは可能です。

「リモートワーク対応求人」として取り扱いもあるので、まずは登録して探してみると、思わぬ掘り出し求人が出てくることも。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう!

TRY NOW

ウィルオブ・テックの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで完全無料で利用できます!

 

マイナビIT AGENT

 

マイナビIT AGENTは、業界大手のマイナビが運営するITエンジニア専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビだけがもっている優良求人・非公開求人が多い(紹介の80%は非公開求人)
  • 特に、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の優良企業の求人が豊富
  • 北海道・名古屋・大阪・福岡にも対応しているので安心
  • IT業界に精通したキャリアアドバイザーから書類添削や面接対策も受けられる

 

特に、20代~30代のITエンジニア転職に強いため、20代~30代の方にはおすすめの転職エージェント。

デメリットは、大都市圏以外の地方にはそこまで強くないというところです。

ただ、まったく地方求人がないわけではないですし、ITエンジニアはリモートワークができる会社も多いです。

そのため、地方に住んでいても大都市の会社で働くことは可能。

思わぬ掘り出し求人が出てくることもありますし、求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないように早めに登録しておきましょう!

TRY NOW

マイナビIT AGENTの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

レバテックキャリア

 

レバテックキャリアは、日本マーケティングリサーチ機構の調査結果によると、

『ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1』

に選ばれている、ITエンジニア経験者専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • 持っている求人情報7,000件以上のうち、80%以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  • 持っている求人は、大手IT企業からWeb系企業、スタートアップ企業までを幅広く網羅
  • 首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)、東海圏(愛知県・三重県・岐阜県)、関西圏(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)、福岡に対応
  • 年間3,000回以上の企業訪問によって得られた、鮮度の高い情報の提供が受けられる
  • 専門のアドバイザーには、具体的な悩みをわかっている元エンジニアのエージェントもおり、サポート体制は万全
  • 複数回の推薦文や書類添削、年収交渉で年収アップ率は77%
  • 2021年1月にはサービス利用者数20万人突破!

 

特に、元ITエンジニアのエージェントなので、

  • 技術的な話が通じる
  • ITエンジニア経験があるからこそわかる、悩みを理解してくれる

ので、転職希望者にマッチする企業を提案してくれる転職エージェント。

 

デメリットは、首都圏・関西圏・東海圏・福岡以外の求人はほぼないというところと、50代以上だと求人がないことです。

 

ただ、20代~40代の上記の地域に当てはまるエンジニアの方で転職を考えている場合、まずは登録して探してみるのがおすすめ。

ITエンジニアはリモートワークができる会社も多いので、地方に住んでいても大都市の会社で働くことができますからね。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

レバテックキャリアの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

ITエンジニア(システムエンジニア・プログラマー含む)の方が給料を上げる方法と、おすすめ転職エージェントについては、以下の記事でも紹介しています。

システムエンジニアの給料を上げる方法やおすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

 

また、

など、転職でやるべきことを以下の記事でまとめています。

業界を変えながら転職3回を経験したぼくの経験になるので、転職エージェントから求人を引き出したら、こちらを見ながら準備してみてください。

転職で失敗しない方法を全部まとめた記事はこちら

転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】
転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】転職は環境も大きく変わりますし、確実に成功するわけではないので、怖いですし不安になるので動けないと感じてしまいますよね。 本記事では、転職を3回経験したぼくの実体験から得た、転職で失敗しないための方法や具体例をまとめています。 怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...

 

面接にぶっつけで挑まないために対策するべきことのまとめ記事はこちら

面接の練習しないでぶっつけ本番だと玉砕するので対策するべきことを転職3回の経験から解説
【対策がわかる】面接の練習しないでぶっつけ本番だと玉砕する!転職3回の経験からやることを解説面接の準備・練習なんて意味あるのか?ぶっつけにならないために面接対策するにしてもどうやってすればいいのか?と悩むことって多いと思います。 本記事では、面接前に対策するべきか、と面接対策でやるべきことについて3回の転職経験からご紹介します。 是非、ご覧ください。...

 

転職で何をするべきかを全部まとめた詳細記事はこちら

転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談
転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談転職3回で4社目で働くぼくが、転職で体験したことをブログでまとめています。 転職のきっかけから、転職で失敗しない方法、面接対策、退職の際にやるべきこと、といったスタートから終わりまでをまとめました。 是非、ご覧ください。...

 

口コミの利用方法

口コミをフル活用する

また、合わせて絶対にやるべきなのが、口コミによる確認。

ホームページや求人情報だけでは、ブラック企業やしんどい仕事なのかどうか、判断することが難しいためです。

また、口コミを使うと、隠れ優良企業を見つけることも可能。

 

可能であれば、応募する企業について一度は口コミを確認しましょう。

時間がなくて厳しい時は、少なくとも書類が通った企業については、面接前に口コミを確認しておくのがおすすめ。

 

口コミをフル活用した方がいい理由は、以下の2つ。

  1. 口コミの内容はほぼ真実
  2. 入社後のミスマッチをなくせる

ぼく自身、1社目も2社目も3社目も4社目も、書いてあった大量の口コミは全て真実でした。

なので、実体験からも、口コミは正しいと言えます。

 

また、

  • 転職エージェントも企業に忖度する
  • 求人情報に載っている情報がすべてではない
  • 求人情報は必ずしも最新情報ではない

といった点からも、求人情報だけでは正しい情報をつかめないので、やばい会社かどうかは口コミで確認しましょう。

 

口コミを利用した会社の探し方については、以下の記事でも詳しく紹介しています。

口コミを利用した会社の探し方の詳細記事はこちら

 

また、隠れ優良企業は、口コミの確認以外に複数の転職エージェントを使うと探しやすくなります。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

隠れ優良企業の探し方の詳細記事はこちら

 

エンジニア以外のおすすめの仕事に転職する方法

エンジニア以外のおすすめの仕事と転職する方法

SEに向いてない方で、エンジニア以外の仕事をしたい場合

  • IT営業
  • プリセールス
  • ITコンサル

に転職するのがおすすめ。

SEから、

  • IT営業
  • プリセールス
  • ITコンサル

に転職する方法は、転職エージェントと口コミをフル活用して良い会社を探すことが必須です。

転職エージェントをフル活用すれば、自分が知らない優良企業を探せます。

転職エージェントは無料で以下のようなメリットを受けられるので、使わない手はありません。

転職エージェントを使うメリット

 

  • 今の会社以外に選択肢があると知ることができる
  • ブラック企業で苦しむ方の話をちゃんと聞いてくれる
  • 企業が出している求人情報や背景について情報をもらうことができるので、求人倍率の予測がつく
  • 自分の能力とかみ合うのか、企業とのマッチングでミスがないのか客観的な意見をもらえる
  • 転職希望者を企業に推薦してくれるので、転職の成功率が上がる

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ。

1社の転職エージェントだけだと、

  • 求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になる
  • 良くない転職エージェントから見捨てられてしまう可能性がある

からです。

ここからは、

  • おすすめの転職エージェント
  • 口コミの活用方法

について紹介していきます。

 

おすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェント

今より良い会社を探せるおすすめの転職エージェントは、

です。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくが使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントなので、是非とも登録して利用するべきです!

もちろん、全部無料で登録・利用できます!

 

doda

 

dodaは、業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • dodaだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 全国の求人に対応
  • 転職エージェントが書類作成から面接対策まで親身にアドバイスしてくれる
  • スケジュール調整や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる
  • 業界を変える転職や、結婚後の転職であっても丁寧に対応してくれる

 

dodaは、「転職エージェントに迷ったらdoda!」というぐらい安定の転職エージェントです。

転職3回中、2回目と3回目でdodaを使ったぼくの経験から言っても、ネットの書き込みにある「dodaのエージェントがひどい」というのは嘘。

むしろ、非常に丁寧な対応をしてくれる転職エージェントなので、絶対に使った方がいい転職エージェントです。

また、仮に担当が良くない担当者の場合でも、dodaは担当者変更にもちゃんと応じてくれるので安心。

 

デメリットは、迷惑メールかと思うくらい求人メールが届くことと、求人紹介の幅が広いので自分に合わない求人が含まれていること。

ただ、「多くの求人情報を漏れなく紹介してくれる」と発想を変えることで、そこまで気にすることなく転職活動に取り組めます。

状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

type転職エージェント

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていない、隠れた優良企業を多く持っている転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • type転職エージェントだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 特にIT・Web系の会社に強い
  • 一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に対応
  • 求人情報のほとんどに求人企業の競合情報まで載せてくれている
  • 転職エージェントが、企業ごとに面接の重要ポイントを親身にアドバイスしてくれる
  • 年収交渉や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、dodaと合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)特化のため、それ以外の地域で転職を検討している場合は極端に求人が少ないことと、dodaなどの大手と比べると求人が少ないことです。

ただ、dodaなどの大手転職エージェントで拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、一都三県の方はdodaと合わせて利用すると弱点をカバーして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由の詳細記事はこちら

 

マイナビエージェント

 

マイナビエージェントは、マイナビしか持っていないような優れた中小企業の求人が多い転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビエージェントでしか手に入らない非公開求人が多い
  • 良い中小企業の求人が多数ある
  • 転職希望者を丁寧にサポートしてくれる
  • 第二新卒含めた20代の転職に強い
  • 全国の求人に対応

 

マイナビエージェントは独自の営業網により、dodaやtype転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、20代の転職にかなり力を入れていることもあって30代以降の求人はあまり多くないことと、返事(レスポンス)が早いため対応が多くなり、人によっては疲れてしまうこと。

ただ、dodaやtype転職エージェントが拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、dodaやtype転職エージェントと合わせて利用すると、求人の見逃しをなくして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

マイナビエージェントの無料登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

マイナビエージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

中小企業に強いマイナビエージェントの詳細記事はこちら

 

また、

など、転職でやるべきことを以下の記事でまとめています。

業界を変えながら転職3回を経験したぼくの経験になるので、転職エージェントから求人を引き出したら、こちらを見ながら準備してみてください。

転職で失敗しない方法を全部まとめた記事はこちら

転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】
転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】転職は環境も大きく変わりますし、確実に成功するわけではないので、怖いですし不安になるので動けないと感じてしまいますよね。 本記事では、転職を3回経験したぼくの実体験から得た、転職で失敗しないための方法や具体例をまとめています。 怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...

 

面接にぶっつけで挑まないために対策するべきことのまとめ記事はこちら

面接の練習しないでぶっつけ本番だと玉砕するので対策するべきことを転職3回の経験から解説
【対策がわかる】面接の練習しないでぶっつけ本番だと玉砕する!転職3回の経験からやることを解説面接の準備・練習なんて意味あるのか?ぶっつけにならないために面接対策するにしてもどうやってすればいいのか?と悩むことって多いと思います。 本記事では、面接前に対策するべきか、と面接対策でやるべきことについて3回の転職経験からご紹介します。 是非、ご覧ください。...

 

転職で何をするべきかを全部まとめた詳細記事はこちら

転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談
転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談転職3回で4社目で働くぼくが、転職で体験したことをブログでまとめています。 転職のきっかけから、転職で失敗しない方法、面接対策、退職の際にやるべきこと、といったスタートから終わりまでをまとめました。 是非、ご覧ください。...

 

口コミで真実を知る

口コミをフル活用する

また、合わせて絶対にやるべきなのが、口コミによる確認。

ホームページや求人情報だけでは、ブラック企業やしんどい仕事なのかどうか、判断することが難しいためです。

また、口コミを使うと、隠れ優良企業を見つけることも可能。

 

可能であれば、応募する企業について一度は口コミを確認しましょう。

時間がなくて厳しい時は、少なくとも書類が通った企業については、面接前に口コミを確認しておくのがおすすめ。

 

口コミをフル活用した方がいい理由は、以下の2つ。

  1. 口コミの内容はほぼ真実
  2. 入社後のミスマッチをなくせる

ぼく自身、1社目も2社目も3社目も4社目も、書いてあった大量の口コミは全て真実でした。

なので、実体験からも、口コミは正しいと言えます。

 

また、

  • 転職エージェントも企業に忖度する
  • 求人情報に載っている情報がすべてではない
  • 求人情報は必ずしも最新情報ではない

といった点からも、求人情報だけでは正しい情報をつかめないので、やばい会社かどうかは口コミで確認しましょう。

 

口コミを利用した会社の探し方については、以下の記事でも詳しく紹介しています。

口コミを利用した会社の探し方の詳細記事はこちら

 

また、隠れ優良企業は、口コミの確認以外に複数の転職エージェントを使うと探しやすくなります。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

隠れ優良企業の探し方の詳細記事はこちら

 

まとめ:SEに向いてない人は自分に合う仕事を選ぼう!

 

お話してきたことをまとめます。

SE(システムエンジニア)の仕事は技術職になるため、誰にでも向いているわけではありません。

SEに向いてないと感じる理由は、以下の6つ。

  1. プログラミングが全くできない
  2. IT用語を覚えられない
  3. 周りの同期と差がついている
  4. システム保守の休日出勤がきつい
  5. 上司や先輩の仕事を見て頑張ろうと思えない
  6. 自ら学ぶ意欲がわかない

 

SEに向いてないと感じる方が転職先を選ぶ時の重要なポイントは、自分がSEを辞めたい理由とやりたいことを整理することです。

SEにもエンジニアにも向いてない方で、つらくて仕事を辞めたいのなら、SEやエンジニア以外の仕事にキャリアチェンジするのが解決策。

一方で、SEもしくはエンジニアの仕事自体に向いている方なら、今よりも良い会社・自分に合う会社にエンジニアとして転職することです。

エンジニアを辞めたい場合、

  • エンジニア(技術者)として働いていきたい
  • 営業がやりたい
  • マーケがやりたい
  • コンサルがやりたい

などのやりたいことを整理することで、自分に合う転職先が見えてきます。

 

SEに向いてない人におすすめの転職先は、以下の7つ。

  1. 社内SE
  2. DX推進部門のエンジニア
  3. Web系エンジニア
  4. もっと良いSIerのSE
  5. IT営業
  6. プリセールス
  7. ITコンサル

 

転職する時は、

  • 転職エージェント
  • 口コミ

をフル活用するのが必須です。

 

SEに向いてなくても、SE経験を活かせる仕事はたくさんあります。

SEを辞めたい理由とやりたいことを整理して、自分に合った仕事に転職しましょう。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

SEを辞めてよかった7つのパターンの詳細記事はこちら

【キャリアアップ】SEを辞めてよかった7つのパターンを紹介!エンジニアを辞めた後の仕事の選択肢
【キャリアアップ】SEを辞めてよかった7つのパターンを紹介!エンジニアを辞めた後の仕事の選択肢「自分にはIT業界が合わないからSEを辞めたい」「SEを辞めた人におすすめの仕事や、SEを辞めてよかった例を知りたい」というお悩みについて、具体的に解説しています。...

 

SEを辞めたい20代の方におすすめの仕事の詳細記事はこちら

【人生変わる】SEを辞めたい20代の方必見!働きやすいおすすめの仕事を紹介
【人生変わる】SEを辞めたい20代の方必見!働きやすいおすすめの仕事を紹介「SEやってる20代だけど、SEに向いてないから辞めたい。。20代のSEは転職できる?」「SEに向いてない人におすすめの転職先を知りたい。」とお悩みの方に、転職で失敗しない考え方とSE辞めたい方がどのように行動すればいいか、具体的に解説しています。...

 

SEを辞めたい30代の方が経験を活かせる転職先の詳細記事はこちら

【選択を間違えない】SEを辞めたい30代の方必見!経験を活かせる転職先を紹介
【選択を間違えない】SEを辞めたい30代の方必見!経験を活かせる転職先を紹介「SEやってる30代だけど、SEに合わないから辞めたい。30代のSEはIT業界以外に転職できる?無理??」「SEからキャリアチェンジする時はどんな仕事が向いてる?」というお悩みについて、具体的なおすすめの仕事を解説しています。...

 

SEを辞めたい40代の方が経験を活かせるおすすめの仕事の詳細記事はこちら

【年齢の限界は無い】SEを辞めたい40代の方は経験を活かすべき!おすすめの仕事と転職する方法
【年齢の限界は無い】SEを辞めたい40代の方は経験を活かすべき!おすすめの仕事と転職する方法「今までのスキルが通用しないからSE辞めたいけど、40代SEは転職できる?それとも年齢の限界がある?」「40代SEにおすすめの仕事について知りたい」というお悩みについて、取るべき方法について具体的に解説しています。...

 

SEに向いてないし辞めたい女性が良い仕事に転職する方法の詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】SEに向いてないし辞めたい女性が良い仕事に転職する方法!新卒の方向けに判断基準も紹介「女性がSEとして働いていくのはきついから辞めたい。。」「SEを辞めたい女性におすすめの仕事が知りたい」「まだ新卒だけどSE辞めても大丈夫?」というお悩みについて、転職で失敗しない考え方とおすすめの仕事を解説しています。...

 

SEが合わないから辞めたい方におすすめの仕事と転職する方法の詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】SEが合わないから辞めたい方は自分に合った仕事に転職するべき!
【おすすめがわかる】SEが合わないから辞めたい方は自分に合った仕事に転職するべき!「自分にはSEが合わないから辞めたいけど、どんな仕事をしたらいいのかわからない。。」「SEやエンジニアの仕事が合わない人におすすめの仕事って何?」というお悩みについて、おすすめの仕事や転職で失敗しない方法について解説しています。...

 

SIerを辞めたい時にやめる前にやるべきこととおすすめの転職先の詳細記事はこちら

【これがおすすめ】SIerを辞めたい!スキルが身につかない・つらいと悩む方が辞める前にやるべきこと
【これがおすすめ】SIerを辞めたい!スキルが身につかない・つらいと悩む方が辞める前にやるべきこと「仕事がつらくてSIerを辞めたい。。」「SIerではスキルが身につかない。。」とお悩みの方に対し、SIerで働く現役営業マンの経験から辞める前にやっておくべきことと、おすすめの転職先について解説しています。 『転職で失敗したくない!』という方は、是非ご覧ください。...

 

新卒1年目でSEに向いてない方が辛い原因を見極めてホワイト企業で働く方法の詳細記事はこちら

【判断を間違えない】新卒だけどSEに向いてないから辞めたい。。辛い原因を見極めてホワイト企業で働く方法
【判断を間違えない】新卒だけどSEに向いてないから辞めたい。。辛い原因を見極めてホワイト企業で働く方法「新卒1年目でもSEに向いてないなら、他の仕事をした方がいい?SEに向いてない人におすすめの転職先を知りたい。」「新卒1年目のSEは転職できる?ホワイトなIT企業に行く方法を知りたい」というお悩みについて、どのように判断して行動したらいいのか具体的に解説しています。...

 

2年目でSEに向いてないと悩む方におすすめの仕事と良い会社で働く方法の詳細記事はこちら

【我慢は不要】2年目でSEに向いてないと悩む方におすすめの仕事と良い会社で働く方法を紹介
【我慢は不要】2年目でSEに向いてないと悩む方におすすめの仕事と良い会社で働く方法を紹介「SE2年目で向いてないなら、SEをやめた方がいい?何の仕事がおすすめか知りたい」「新卒入社2年目のSEでも転職できる?」というお悩みについて、どのように行動していけばいいのか、具体的に解説しています。...

 

SE3年目で向いてない方におすすめの仕事と良い会社で働く方法の詳細記事はこちら

【悲報】SE3年目で向いてないなら適性なし!キャリアチェンジにおすすめの仕事と良い会社で働く方法
【悲報】SE3年目で向いてないなら適性なし!キャリアチェンジにおすすめの仕事と良い会社で働く方法「3年目でSEに向いてないなら、他の仕事をした方がいい?そもそも転職できる?」「SEに向いてない人におすすめの転職先を知りたい」というお悩みについて、何をしたらいいのか、具体的に解説しています。...

 

システムエンジニアの仕事がきつい理由と改善する方法についての詳細記事はこちら

システムエンジニア(SE)の仕事がきつい・つらい理由と改善する方法をエンジニアに詳しい立場から解説
システムエンジニア(SE)の仕事がきつい・つらい理由と改善する方法をエンジニアに詳しい立場から解説「システムエンジニアの仕事がきつい。。」とお悩みの方に、仕事がきつい理由と改善する方法をご紹介します。 いつも様々な立場のシステムエンジニアと一緒に働いているため、入ってくる多くの情報をもとにお伝えしていきます。 是非、ご覧ください。...

 

プログラマーの仕事がきつい理由と改善する方法の詳細記事はこちら

【Web系も必見】プログラマーはきつい・やめとけ?理由と改善する方法をIT企業で共に働く立場から解説
【Web系も必見】プログラマーはきつい・やめとけ?理由と改善する方法をIT企業で共に働く立場から解説「プログラマーの仕事がきつい。。」「プログラマーはやめとけ!」「プログラマーは目指していい仕事なの?」 というお悩みや疑問に対し、IT業界でいろんなプログラマーを見てきているぼくが、そのように言われる理由と改善する方法を解説していきます。...

 

SIerについて良いところも悪いところもまとめた詳細記事はこちら

【やばいからやめとけ?】SIerについてブログにまとめました!現役で働くぼくが語る真実
【やばいからやめとけ?】SIerについてブログにまとめました!現役で働くぼくが語る真実「SIerに興味があるけど、やばいからやめとけって聞くから不安。。」というお悩みについて、現役でSIerで働くぼくの体験談をブログにまとめています。 本記事を読むと、SIerに興味がある方やSIerで働いていて不安に感じる方がどうするべきかがわかります。...

 

仕事が地獄だと感じる原因と対処法についての詳細記事はこちら

【秘策あり】仕事が地獄のような日々で辛い・辞めたい時の原因と解決方法
【秘策あり】仕事が地獄のような日々で辛い・辞めたい時の原因と解決方法仕事が毎日地獄のような日々だと、「辛すぎる。早く辞めたい。。」としか思えないですよね。 本記事では、仕事が地獄と化す原因と、地獄としか言えない環境の時に解決する方法を紹介しています。...

 

仕事がつまらないのは当たり前?これからの働き方についてまとめた詳細記事はこちら

仕事がつまらないのは当たり前?内容によってはマジで楽しくないのですぐに動こう
仕事がつまらないのは当たり前?内容によってはマジで楽しくないのですぐに動こう「毎日の仕事がつまらない。。これって当たり前なの?」「仕事がつまらないという理由で辞めていい?」「そもそも楽しい仕事なんてあるの?」というお悩みについて解説しています。 仕事を楽しくする様々な方法も紹介しています。...

 

転職のきっかけについてまとめた記事はこちら

仕事に死ぬほど行きたくない!家にいたい・辞めたいと思う6つの理由と対処法
仕事に死ぬほど行きたくない!家にいたい・辞めたいと思う6つの理由と対処法仕事のストレスがヤバい時など、「仕事に死ぬほど行きたくない。。」「仕事行かずに家にいたい。。」「仕事に行きたくないし、辞めたい。。」と思うもの。 本記事では、そう思う6つの理由と対処法について、ぼくの体験をもとに解説しています。...