仕事について紹介

SIerの営業ってどんな仕事?内容~休日までを開発会社で働いてわかった体験から紹介!

SIerの営業ってどんな仕事?内容~休日までを開発会社で働いてわかった体験から紹介!
SIerの営業に興味ある人
SIerの営業に興味ある人
転職サイトを見ていると、SIerの営業職って求人をよく見るな。実際はどんな仕事をするんだろう。休みはちゃんと取れるんだろうか?
ポチのすけ
ポチのすけ
転職サイトもそうですし、転職エージェントから紹介される案件も、SIerの営業職って求人が多い印象ですが、実際にどんな仕事をするのかわかりにくいことって多いですよね。

 

IT業界のSIerの会社で働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

SIerの会社では営業として、エンジニアの人たちと一緒にプロジェクトを進めています。

SIer(エスアイアー/エスアイヤー)とは、

システムインテグレーター(System Integrator)の略で、システムを構築する会社のこと。

 

会社で使うシステム(基幹システム、会計システムや業務システムなど様々)の

  • コンサルティング
  • 設計
  • 開発
  • 運用
  • 保守

などを、一括で請け負って構築します。

SIer1社で完結することもあれば、複数の会社がかかわりながらシステム構築することも。

 

SIerは、求人数が多いこともあり、多くの人にIT業界の仕事として目に留まることも多いもの。

ただ、「SIerの営業って実際にどういう仕事をするのか、いまいちピンと来ない。。」という方も多いのではないでしょうか?

SIerで働くぼく自身、求人票を見ただけだと何をするのかよくわからないことも多く、働いてみて初めてわかってきた仕事内容もありました。

 

本記事では、

SIerで営業をやっているぼくの経験から、SIer営業の

  • 仕事内容
  • 営業スタイル
  • 残業時間
  • 休日

について紹介していきます。

 

結論から言うと、

SIer営業はフレックス制度や在宅勤務が導入されていたり、働きやすい環境の会社が多いため、おすすめの仕事です!

 

ただ、SIerといっても会社によるので、

  • 伸びている会社
  • 柔軟な働き方ができる会社

に入ることが大事。

また、後述しますが、SIerの営業も

  • アカウント営業(フィールドセールス)
  • プリセールス(ソリューション営業)

と別れていることも多いので、仕事内容も変わってきます。

なお、SIer営業の年収について知りたい方は、以下の記事で紹介しています。

SIerの年収についての詳細記事はこちら

【現役社員が解説】SIerの年収は低いのか?実際の金額について知ることで判断しよう
【現役社員が解説】SIerの年収は低いのか?実際の金額について知ることで判断しよう営業の方も、SE・プログラマーなどのITエンジニアの方も気になる「SIerの年収は低いのか?」について現役社員が実際の金額をお伝えします。 メリット・デメリット・身につくスキル・やりがいなども、合わせてご紹介します。...

 

それでは、ご覧ください。

 

SIer営業の仕事内容

SIer営業の仕事内容

SIerの営業の仕事内容について、

  • 仕事の概要
  • 営業スタイル
  • 提案~契約までの受注期間

に分けてご紹介していきます。

 

SIerの営業といっても、

  • アカウント営業(フィールドセールス)
  • プリセールス(ソリューション営業)

に分かれていることも多いです。

アカウント営業(フィールドセールス)は、

顧客ごとに担当営業として窓口に立ちます。

プリセールス(ソリューション営業)やITエンジニア(SE/プログラマー)と連携して、提案内容の取りまとめや契約ごとについて、全体の調整と管理をしながら進めていきます。

プリセールス(ソリューション営業)は、

システム構築のための技術的な提案を中心に行います。

会社によっては、ITエンジニア(SE/プログラマー)のマネージャークラスの人材が、プリセールス(ソリューション営業)の仕事を兼ねていることもあります。

ポチのすけ
ポチのすけ
ちなみにぼくは、アカウント営業(フィールドセールス)になります。

なので、

  • アカウント営業(フィールドセールス)
  • プリセールス(ソリューション営業)

それぞれの内容についても、解説していきます。

 

仕事の概要

仕事の概要

SIerの営業でやる仕事は、お客さんが求めるシステムを構築するための提案になります。

 

アカウント営業(フィールドセールス)は、提案内容の取りまとめや契約ごとなど、全体の調整と管理をしながら進めていきます。

プリセールス(ソリューション営業)は、システム構築のための技術的な提案を中心に行います。

 

冒頭でもお伝えしましたが、会社のシステムは会計システムや基幹システムなど様々で、会社運営に欠かせないものになります。

SIerの営業は、ソフトウェアやハードウェアを売っておしまいではなく、お客さんが求めるシステムは何かを把握して、最適なシステム構築のための提案をすることが求められます。

なお、SIerのビジネスの基本は、構築するための開発費用(エンジニアの人件費)をイニシャル費用で請求します。

例:エンジニアの人月単価130万円×3人月=390万円

上記の例だと、お客さんにシステム構築のための開発費用(よくSI費用と言われます)として、390万円を提案します。

 

ソフトウェアライセンスを販売する時や、保守契約をする時は、

  • 毎月いくら
  • もしくは毎年いくら

という形で更新するような、サブスクリプションの形で契約します。

人月(にんげつ)とは、人が1ヶ月間稼働する時の単位。

 

1人が、1ヶ月丸々稼働したら1人月です。

半月の稼働なら0.5人月。

1人が3か月間稼働するか、3人体制で3人とも1ヶ月稼働すると3人月です。

 

なお、最適なシステム構築には、SIerの階層構造のどの立場にいるのかによって、やることが変わってきます。

SIerの階層構造
SIerの階層構造

 

大手SIer(プライムベンダー)

 

お客さんと直接やり取りするSIerです。

大手SIerが多く、代表的なところで言うと、NTT系の会社やNEC系、日立系の会社など。

営業(アカウント営業・フィールドセールス)の仕事としては、

  • ハードウェアやソフトウェアの選定
  • 自社でどこまでやるのかの判断と自社の開発メンバーのアサイン
  • 自社でできない時に何を他社SIerに任せるのかの判断
  • システム構築を任せる他社SIerの選定
  • システム全体の見積もり提案
  • スケジュール管理
  • お客さんと、システム構築を任せる他社SIerの管理
  • 構築後の保守提案

となります。

 

中小SIer

 

大手SIerとやり取りするSIerです

多くの方にとって、ここの中小SIerに属することがほとんど。

中小SIerは、特定の開発分野に強みを持っており、大手SIerから依頼を受けたら、大手SIerの手が回らない部分を構築します。

一部のOS部分、一部のネットワーク部分、一部のソフトウェア部分の構築など、大手SIerができないところを補うのが仕事です。

 

その中で中小SIerの営業(アカウント営業・フィールドセールス)の仕事としては、

  • 大手SIerから自社に依頼された仕事の範囲を明確にする
  • 自社に依頼された仕事において、技術的なアドバイスをできるプリセールスと調整して大手SIerに提案
  • 自社でどこまでやるのかの判断と自社の開発メンバーのアサイン
  • 自社でできない時に何を協力会社に任せるのかの判断
  • システム構築を任せる協力会社の選定
  • 自社に依頼された仕事の見積もり提案
  • スケジュール管理
  • 大手SIerと仕事を依頼する協力会社とのやり取り
  • 構築後の保守提案

となります。

 

協力会社

 

中小SIerとやり取りする会社です。

協力会社は、ほぼエンジニアの人で構成されるため、営業が所属することはあまり多くありません。

協力会社は、特定の開発分野に強みを持っており、中小SIerの手が回らない部分を中小SIerの指示のもとに構築します。

一部のOS部分、一部のネットワーク部分、一部のソフトウェア部分の構築など、中小SIerでも手が回らないところを補うのが仕事です。

 

その中で協力会社の営業(アカウント営業・フィールドセールス)の仕事としては、

  • 自社に依頼された仕事の範囲を明確にする
  • 自社に依頼された仕事において、自社の開発メンバーのアサイン
  • 自社に依頼された仕事の見積もり提案

となります。

 

なお、システム構築は企業に対して行うので、BtoB向けの営業になります。

営業エリアは自分たちの営業エリア内でやることが基本。

ぼくのいる会社は東京にあるので東京圏が中心ですが、中部や関西方面含めて全国の会社を手掛けています。

ぼくのいる会社は日本国内だけをターゲットにしていますが、会社によっては海外も対象にビジネスをやる場合もあります。

 

営業スタイル

営業スタイル

SIerの営業スタイルは、問い合わせなどの引き合いをもらってからシステム構築を提案するプル営業がメインになります。

新規と既存の割合で言うと、

新規開拓:70%

既存顧客への営業:30%

くらいです。

 

新規開拓で顧客を獲得して、システム構築で信用をもらえれば、追加開発の依頼や保守などで継続的に注文をもらえます。

ただ、

  • 一度契約したお客さんが次回の発注をしてくれないこともある
  • システム構築後、自分たちでできるメンテナンスなどは自分たちでやるというお客さんもいる

ので、新規開拓は常にし続ける必要があります。

経験年数を重ねてくると新規の割合は60%くらいに減っていきますが、それでも新たな顧客開拓は必須。

 

アカウント営業(フィールドセールス)は、

引き合いを受け取って社内で提案体制の調整を行います。

初回はアカウント営業(フィールドセールス)のみで要件をヒアリングして、自方向性を決めることもありますし、初回からはプリセールス(ソリューション営業)と一緒に提案することもあります。

案件の引き合いを増やすための活動が肝になるので、他の会社とのアライアンス(協業)を進めることが必須。

プリセールス(ソリューション営業)は、

アカウント営業(フィールドセールス)から依頼を受けたら、お客さんの課題を解決するシステム構築のための技術的な提案が中心。

自社だけで解決できるツールを使う提案をするのか、自社だけだと難しい部分は他社と協業して提案するのかを判断します。

 

営業スタイルは、SIerの会社の規模によっても多少変わってきます。

大手SIerだと、主な営業方法は以下の通り。

  • Web問合せからの対応
  • 電話問い合わせからの対応
  • ソフトウェアやハードウェアのメーカーの紹介
  • 会社内の他部署からの紹介
  • 既存顧客からの紹介
  • 展示会やセミナーから集客
  • 各自で施策を行ってアプローチ

 

また、中小SIerや、協力会社だと以下の流れが基本です。

  • Web問合せからの対応
  • 電話問い合わせからの対応
  • 大手SIer(中小SIer)からの紹介
  • ソフトウェアやハードウェアのメーカーの紹介
  • 既存顧客からの紹介
  • 展示会やセミナーから集客

※基本的には、中小SIerは、大手SIerやソフトウェアやハードウェアメーカーから仕事をもらうことで案件を獲得します。

 

内容をそれぞれを簡単に説明すると、以下の通り。

Web問合せからの対応

一番多い引き合いですが、会社のホームページを見て問い合わせをしてくるお客さんにアポを取って、訪問⇒商談をします。

 

電話問い合わせからの対応

直接電話でソフト(ハード)について問い合わせをしてくるお客さんに対して、そのまま商談をするか、アポを取って、後日訪問して商談をします。

 

大手SIer(中小SIer)からの紹介

中小SIerやその下に位置する協力会社が対象ですが、大手SIerから一部のシステム構築の依頼を受けて打ち合わせします。

 

ソフトウェアやハードウェアのメーカーの紹介

ソフトウェアやハードウェアのメーカーから、直接お客さんを紹介してもらって打ち合わせ(商談)します。

 

会社内の他部署からの紹介

会社内の違う部署から、お客さんを紹介してもらって商談します。

 

既存顧客からの紹介

すでに契約済みの既存のお客さんから、別のお客さんや同じ会社の別部署を紹介してもらい、商談します。

 

展示会やセミナーから集客

JAPAN IT WEEKなどの展示会に出展して、そこでお客さんを集めて名刺交換をして、のちの商談につなげます。

セミナーの場合、会場を借りてセミナーを実施したり、Zoom(ズーム)などのオンラインセミナーを実施して集客します。

セミナー申し込み時に、企業情報や申込者の情報を入力してもらい、セミナー後にアンケートを書いてもらうので、入力情報をもとにフォローして案件獲得につなげます。

 

各自で施策を行ってアプローチ

営業個人で期間限定キャンペーンなどの施策を行って、お客さんにアプローチします。

 

やらない営業スタイル
  • 飛び込み営業は効率が悪いこともあり、まったくやりません
  • また、まったくの新規顧客に対してテレアポをすることもありません

 

そのため、どうやって問い合わせをふやすのか、引き合いをふやすのかを戦略的に考える必要があります。

 

提案~契約までの受注期間

提案~契約までの受注期間

SIerの営業の提案~契約までの受注期間は、1か月~半年くらいになります。

アカウント営業(フィールドセールス)も、プリセールス(ソリューション営業)も、協力しながら提案を進めるので期間は同じ。

 

SIerの営業で、商談したその場で契約をすることはほとんどありません。

金額が100万以下の少額だったり、急ぎの案件であれば1ヶ月くらいで決まりますが、基本的には2ヶ月以上かかることが多いです。

ポチのすけ
ポチのすけ
長い時は、半年とか1年くらいかかるものもあります。

 

提案~契約までの受注期間が長い理由として、以下のものが挙げられます。

  • 金額が大きいことが多い
  • 競合他社とのコンペになることが多く、お客さんの中で比較検討の時間が必要
  • 複雑な提案も多いので、SIerの提案までの時間もかかる

 

金額が大きいことが多い

金額は、

  • 安くても300万~500万円
  • 高いと、1億~10億を超える

と高額になることが多いので、お客さんの中でも社内承認や稟議申請など、時間がかかることが多いです。

これだけ高額だと、即決するのは難しいですよね。

 

競合他社とのコンペになることが多く、お客さんの中で比較検討の時間が必要

さらに、他社とのコンペになることも多いので、どのSIerの提案を選ぶのか、お客さんの社内で比較検討の時間も必要です。

多い時は、10社ぐらいを見比べることもあるほど。

そうなると、時間もかかりますよね。

 

複雑な提案も多いので、SIerの提案までの時間もかかる

また、お客さんの課題を解決するためのシステム構築は、ツールを紹介するだけの提案ではありません。

  • 課題に対して、どのようなアプローチをするのか
  • なぜそのツールを選定したのか?という部分の説明
  • システム構築のための役割分担の取り決め
  • システム構築のスケジュール
  • 提案費用

なども提案資料に盛り込む必要があるので、SIerの社内で提案を取りまとめるのは、それなりに時間もかかります。

 

SIerの営業は提案~契約までの受注期間が長いので、案件を多く抱えて動かないと、必要な時に売上が上がりません。

月末にあわてても、どうにもならないことがほとんど。

また、自社だけではなく多くの会社がかかわると、他社への確認だけでも時間がかかるので、提案のスケジュールは常に先を見越す必要があります。

契約をもらうポイントは、

  • お金を出すことを決める決済者が誰なのかを早く見極める
  • 決済者からOKをもらう
  • 社内外の関係者との調整を段取りを立てて進める

こと。

 

担当者がシステムを入れたがっていても、お金を出すことを決める決裁者がOKとならないと、その商談は先に進まないので注意が必要。

また、社内外の登場人物が多いので、『関わる登場人物がいつ動けるのかというスケジュール』を意識して調整することが大事です。

 

スポンサーリンク

SIerの営業の勤務時間

勤務時間

SIerの営業の、

  • 勤務時間
  • 残業時間
  • 休日出勤

について、体験談をお伝えします。

ちなみに、アカウント営業(フィールドセールス)も、プリセールス(ソリューション営業)も同じです。

 

勤務時間について

勤務時間について

ぼくが勤めてる会社だとSIerの営業の勤務時間は、

10時~19時(内、1時間が昼休憩)です。

ただし、フレックス制のため実際はだいぶゆるく働けています。

他の会社では、9時~18時(内、1時間が昼休憩)とかが多いです。

 

ぼくが働いている会社はフレックス制で朝礼もないため、絶対に10時に出社する必要はなく、家やカフェで仕事をしてもOK。

プライベートを仕事中に入れるのも暗黙の了解でOKとなっており、仕事さえしていれば自由に働けます。

もちろん、休憩はいつでもOK。

「昼休みは12時~13時」のような固定はされていないので、仕事しやすいです。

上記のように書くと、サボり放題の自由な会社のように見えますが、

時期によってはかなり忙しいので、労働時間がとても長くなることもあります。

 

さらに、コロナ渦をきっかけに在宅勤務に移行したので、営業であってもずっと家で仕事ができています。

必要に応じて出社することや、お客さん先へ訪問することもありますが、ほぼ在宅勤務。

ポチのすけ
ポチのすけ
在宅勤務はずるいと言われるのもわかるぐらい、楽です(笑)

ぼくの会社だけでなく、協業しているSIerも在宅勤務している会社が多いので、SIerは在宅勤務ができる会社が多いと感じています。

社内外の打ち合わせは、Zoom(ズーム)やTeams(チームズ)を使ったWeb会議ですし。

 

在宅勤務だと、会社や訪問先への移動時間がないので、平日でも勤務時間以外の時間は自由度が高いです。

在宅勤務のメリット・デメリットについては、以下の記事で解説しています。

在宅勤務のメリット・デメリットについてまとめた詳細記事はこちら

在宅勤務だとずるいって?不満・不公平が出るのはわかります【実際めちゃくちゃ楽だし超効率的だから】
在宅勤務だとずるいって?不満・不公平が出るのはわかります【実際めちゃくちゃ楽だし超効率的だから】在宅勤務はずるい!という不平・不満について、実際に在宅勤務をしている立場から解説しています。 本記事では、体験してわかった在宅勤務のメリット・デメリットについて網羅しており、デメリットへの対処法もわかります。...

 

残業時間

残業時間

SIerの営業の残業時間は、それなりに多いです。

 

20時間くらいの時もあれば、50時間くらいの時も。

案件が立て続けに来ている時など、忙しい時は本当に忙しいので、月の残業時間が50時間くらいになることもあります。

ただ、

  • フレックス制で働けるので、残業した次の日は昼過ぎ出社ができる
  • 在宅勤務で移動時間がいらない

など、時間の調整は可能なため、うまくスケジュールを立てることで、働きやすくすることは可能。

 

また、残業代は会社によって、1分単位で支払われるのか、一定時間まで固定残業代なのかは変わります。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくが働いている会社は、フレックス制ということもあり、一定時間までは固定残業代が支払われています。

 

残業代は全額支払いが最高だという意見もありますが、基本給が低く、残業代に頼るような場合は、必ずしも良いと言えないことも。

ぼくの場合は、

  • 自由に働けた方がいい
  • 残業代よりも時間がほしい

ので、固定残業代が出る今の形態の方が向いていると感じています。

 

残業代が固定と全額支給のどちらが良いのかは、以下の記事で詳しく解説しています。

残業代の違いについての詳細記事はこちら

残業代全額支給の企業はホワイト確定?みなし残業だとやばい??残業との向き合い方について解説「残業代全額支給の会社はホワイト企業確定なのか?」「みなし残業の会社はブラック企業でやばいのか?」「結局、残業代の支払いってどっちがいいの?」 というお悩みについて、両方の残業代支給の会社で働いたぼくの経験から解説しています。...

 

休日出勤

休日出勤

SIerの営業は、基本的に休日出勤はありません。

なので、休みは副業や家族との時間、趣味に充てることができるので、有意義に過ごすことができます。

 

スポンサーリンク

SIerの営業の休みについて

SIerの営業の休みについて

 

SIerの営業の

  • 休日数(長期休暇含む)
  • 有給休暇

について、体験談をお伝えします。

ちなみに、アカウント営業(フィールドセールス)も、プリセールス(ソリューション営業)も同じです。

 

休日数(長期休暇含む)

休日数

通常の休日は、土日祝

カレンダー通りの休みになります。

年間休日は120日ほど

 

長期休暇でいうと、

  • ゴールデンウィークはカレンダー通り
  • 夏休みは、7月~10月の間で好きなタイミングで5日間取れる
  • 年末年始は7日間ほど休み

と、通常の会社と同様。

 

ちなみに、ぼくのいる会社は夏休みを好きなタイミングで取れるため、遊びに行きたい時に混んでいるお盆を外して休めます。

SIerによっては、夏休みが固定の会社もあります。

 

有給休暇

有給休暇

有給休暇は、取りやすいです。

理由を言わなくても、好きな時に有給休暇を取得可能。

会社全体としても、有給休暇を奨励しているため、休みやすいです。

 

多くの方がやっていますが、

  • 連休の前後に有給休暇をくっつけて連休を長くする
  • 木曜日や火曜日に祝日がある時は、金曜日や月曜日に有給休暇を取って、連休にする

など、やりたい放題(笑)

 

他のSIerでも、有給休暇は取りやすくなってきているので、かなり進んでいる業界だと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

SIerの営業はこんな人におすすめ!

SIerの営業はこんな人におすすめ!

SIerの営業は、

  • 大規模システムの構築に携わりたい人
  • 大企業や官公庁を相手に仕事をしたい人
  • プロジェクトを動かしたい人
  • お客さんの課題をITで解決したい人
  • 色んな会社と連携しながら働きたい人

にとって、とても向いているのでおすすめの仕事です。

 

SIerが楽しい理由や、年収、メリット・デメリットについては、以下の記事でも紹介していますので、合わせてご覧ください。

 

SIerが楽しい理由についての詳細記事はこちら

SIerは楽しい仕事である5つの理由を現役営業マンが解説【ITの中でもおすすめ】
SIerは楽しい仕事である5つの理由を現役営業マンが解説【ITの中でもおすすめ】SIerはつまらない!やめとけ!と言われることも多いですが、楽しい仕事です。 本記事では、SIerで営業として働くぼくが感じているSIerが楽しい5つの理由について紹介しています。...

 

SIerの年収は低いのかについての詳細記事はこちら

【現役社員が解説】SIerの年収は低いのか?実際の金額について知ることで判断しよう
【現役社員が解説】SIerの年収は低いのか?実際の金額について知ることで判断しよう営業の方も、SE・プログラマーなどのITエンジニアの方も気になる「SIerの年収は低いのか?」について現役社員が実際の金額をお伝えします。 メリット・デメリット・身につくスキル・やりがいなども、合わせてご紹介します。...

 

SIerのメリット・デメリットの詳細記事はこちら

【現役営業マンが語る】SIerのメリット・デメリットについて知って自分に合うか見極めよう
【現役営業マンが語る】SIerのメリット・デメリットについて知って自分に合うか見極めようSIerのメリット・デメリットについて、現役営業マンの立場でご紹介しています。 営業の場合でもITエンジニアの場合でも、SIerで働くメリット・デメリットがわかります。 是非、ご覧ください。...

 

SIerの営業に転職(就職)する方法

転職する方法

SIerの営業に転職(就職)する方法は、以下の3つすべてを実行することです。

  1. 転職サイトに登録
  2. 転職エージェントと面談
  3. 口コミを見ながら、自分の考えに合う企業かどうか確認する

 

ちなみに、転職サイト転職エージェントの使い方として、おすすめの進め方は以下の通り。

おすすめの転職の進め方

 

  • 転職サイトを使って求人検索 ⇒ 良いと思った企業を転職エージェント経由で応募
  • 転職エージェントから紹介してもらう ⇒ 良いと思った企業を転職エージェントの依頼して応募
ポチのすけ
ポチのすけ
転職する際は、転職サイトと転職エージェントを併用して、口コミを見ながら判断するのが鉄板!

 

転職サイトと転職エージェントの両方を使うのがベストですが、転職時に両方とも使って確認する時間がない場合、少なくとも転職エージェントは利用しましょう。

転職エージェントは無料で以下のようなメリットを受けられるので、使わない手はありません。

転職エージェントを使うメリット

 

  • 今の会社以外に選択肢があると知ることができる
  • ブラック企業で苦しむ方の話をちゃんと聞いてくれる
  • 企業が出している求人情報や背景について情報をもらうことができるので、求人倍率の予測がつく
  • 自分の能力とかみ合うのか、企業とのマッチングでミスがないのか客観的な意見をもらえる
  • 転職希望者を企業に推薦してくれるので、転職の成功率が上がる

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ。

1社の転職エージェントだけだと、

  • 求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になる
  • 良くない転職エージェントから見捨てられてしまう可能性がある

からです。

 

ここからは、

  • アカウント営業(フィールドセールス)の方におすすめの転職エージェント
  • プリセールス(ソリューション営業)の方におすすめの転職エージェント
  • 口コミの利用方法

について紹介していきます。

 

アカウント営業(フィールドセールス)の方におすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェント

アカウント営業(フィールドセールス)の方におすすめの転職エージェントは、

です。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくが使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントなので、営業職なら是非とも登録して利用するべきです。

営業の方の場合、dodaもtype転職エージェントもマイナビエージェントも求人は多いため、見つけやすくなっています。

もちろん、全部無料で登録・利用できます!

 

doda

 

dodaは、業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • dodaだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 全国の求人に対応
  • 転職エージェントが書類作成から面接対策まで親身にアドバイスしてくれる
  • スケジュール調整や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる
  • 業界を変える転職や、結婚後の転職であっても丁寧に対応してくれる

 

dodaは、「転職エージェントに迷ったらdoda!」というぐらい安定の転職エージェントです。

転職3回中、2回目と3回目でdodaを使ったぼくの経験から言っても、ネットの書き込みにある「dodaのエージェントがひどい」というのは嘘。

むしろ、非常に丁寧な対応をしてくれる転職エージェントなので、絶対に使った方がいい転職エージェントです。

また、仮に担当が良くない担当者の場合でも、dodaは担当者変更にもちゃんと応じてくれるので安心。

 

デメリットは、迷惑メールかと思うくらい求人メールが届くことと、求人紹介の幅が広いので自分に合わない求人が含まれていること。

ただ、「多くの求人情報を漏れなく紹介してくれる」と発想を変えることで、そこまで気にすることなく転職活動に取り組めます。

状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

type転職エージェント

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていない、隠れた優良企業を多く持っている転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • type転職エージェントだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 特にIT・Web系の会社に強い
  • 東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に対応
  • 求人情報のほとんどに求人企業の競合情報まで載せてくれている
  • 転職エージェントが、企業ごとに面接の重要ポイントを親身にアドバイスしてくれる
  • 年収交渉や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、dodaと合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)特化のため、それ以外の地域で転職を検討している場合は極端に求人が少ないことと、dodaなどの大手と比べると求人が少ないことです。

ただ、dodaなどの大手転職エージェントで拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、東京圏の方はdodaと合わせて利用すると弱点をカバーして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介
環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介今の仕事から環境を変えたい!場合、転職は有効な手段です。 本記事では、転職で環境を変えるのが有効な理由と、転職の不安を解消する方法、ぼくの3回の転職経験で使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントについて、具体的なエピソードを交えて紹介しています。 ぜひご覧ください。...

 

マイナビエージェント

 

マイナビエージェントは、マイナビしか持っていないような優れた中小企業の求人が多い転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビエージェントでしか手に入らない非公開求人が多い
  • 良い中小企業の求人が多数ある
  • 転職希望者を丁寧にサポートしてくれる
  • 第二新卒含めた20代の転職に強い
  • 全国の求人に対応

 

マイナビエージェントは独自の営業網により、dodaやtype転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、20代の転職にかなり力を入れていることもあって30代以降の求人はあまり多くないことと、返事(レスポンス)が早いため対応が多くなり、人によっては疲れてしまうこと。

ただ、dodaやtype転職エージェントが拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、dodaやtype転職エージェントと合わせて利用すると、求人の見逃しをなくして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

マイナビエージェントの無料登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

マイナビエージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

中小企業に強いマイナビエージェントの詳細記事はこちら

中小企業に行きたくない・向いていないと選択肢を狭めるのはもったいない!【良い会社の探し方を紹介】
中小企業に行きたくない・向いていないと選択肢を狭めるのはもったいない!【良い会社の探し方を紹介】転職する時、「できれば中小企業には行きたくない」と考えることは多いです。 本記事では、そのように思っている方に、大企業も中小企業も経験したぼくが、中小企業を選択肢に入れた方が良い理由や良い中小企業を探すためのポイントをご紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

プリセールス(ソリューション営業)の方におすすめの転職エージェント

エンジニアの方におすすめの転職エージェント

プリセールス(ソリューション営業)の方におすすめの転職エージェントは、

エンジニア転職に強く、多くの求人をカバーしているマイナビIT AGENTレバテックキャリアがおすすめ。

上記転職エージェントは、全部無料で登録・利用できます!

 

マイナビIT AGENT

 

マイナビIT AGENTは、業界大手のマイナビが運営するITエンジニア専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビだけがもっている優良求人・非公開求人が多い(紹介の80%は非公開求人)
  • 特に、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の優良企業の求人が豊富
  • 北海道・名古屋・大阪・福岡にも対応しているので安心
  • IT業界に精通したキャリアアドバイザーから書類添削や面接対策も受けられる

 

特に、20代~30代のITエンジニア転職に強いため、20代~30代の方にはおすすめの転職エージェント。

デメリットは、大都市圏以外の地方にはそこまで強くないというところです。

ただ、まったく求人がないわけではないので、転職を考えている場合、まずは登録して探してみましょう。

思わぬ掘り出し求人が出てくることも。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう!

TRY NOW

マイナビIT AGENTの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

レバテックキャリア

 

レバテックキャリアは、日本マーケティングリサーチ機構の調査結果によると、ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれている、ITエンジニア経験者専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • 持っている求人情報7,000件以上のうち、80%以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  • 持っている求人は、大手IT企業からWeb系企業、スタートアップ企業までを幅広く網羅
  • 首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)、関西圏(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)、福岡に対応
  • 年間3,000回以上の企業訪問によって得られた、鮮度の高い情報の提供が受けられる
  • 専門のアドバイザーには、具体的な悩みをわかっている元エンジニアのエージェントもおり、サポート体制は万全
  • 複数回の推薦文や書類添削、年収交渉で年収アップ率は77%
  • 2021年1月にはサービス利用者数20万人突破!

 

特に、元ITエンジニアのエージェントがいるので技術的な話が通じるのと、元ITエンジニアだからこそわかる悩みを理解して、転職希望者にマッチする企業を提案してくれる転職エージェント。

デメリットは、首都圏、関西圏、福岡以外の求人はほぼないというところと、50代以上だと求人がないことです。

 

ただ、20代~40代の上記の地域に当てはまるプリセールス(ソリューション営業)の方で転職を考えている場合、まずは登録して探してみるのがおすすめ。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

レバテックキャリアの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

口コミの利用方法

口コミをフル活用する

また、合わせて絶対にやるべきなのが、口コミによる確認。

ホームページや求人情報だけでは、ブラック企業やしんどい仕事なのかどうか、判断することが難しいためです。

また、口コミを使うと、隠れ優良企業を見つけることも可能。

 

可能であれば応募する企業は、一度口コミを確認しましょう。

※時間がなくて厳しい時は、少なくとも書類が通った企業については、面接前に口コミを確認する形で対応しましょう。

 

口コミをフル活用した方がいい理由は、以下の2つ。

  1. 口コミの内容はほぼ真実
  2. 入社後のミスマッチをなくせる

ぼく自身、1社目も2社目も3社目も4社目も、書いてあった大量の口コミは全て真実でした。

なので、実体験からも、口コミは正しいと言えます。

 

また、

  • 転職エージェントも企業に忖度する
  • 求人情報に載っている情報がすべてではない
  • 求人情報は必ずしも最新情報ではない

といった点からも、求人情報だけでは正しい情報をつかめないので、やばい会社かどうかは口コミで確認しましょう。

口コミを利用した会社の探し方については、以下の記事でも詳しく紹介しています。

口コミを利用した会社の探し方の詳細記事はこちら

【評判は本物】いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!
【評判は本物】いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!転職で今より悪い会社に入ってしまわないように、いい会社と悪い会社を見極める方法について紹介しています。 特に口コミの利用は、悪い評判の会社を見極めるのに必須!実際にぼくが使っていた口コミサイトもご紹介しています。是非、ご覧ください。...

 

SIerの営業の仕事内容まとめ

 

お話してきたことをまとめます。

IT営業の中で、SIerの営業でやる仕事は、お客さんが求めるシステムを構築するための提案

システム構築するための開発費用(エンジニアの人件費)を、提案します。

 

アカウント営業(フィールドセールス)は、顧客ごとに担当営業として窓口に立ち、提案内容の取りまとめや契約ごとなど、全体の調整と管理をしながら進めていきます。

プリセールス(ソリューション営業)は、システム構築のための技術的な提案を中心に行います。

 

SIerの営業スタイルは、問い合わせなどの引き合いをもらってから提案するプル営業がメイン。

新規と既存の割合は、

  • 新規開拓:70%
  • 既存顧客への営業:30%

くらいです。

 

SIer営業の主な営業方法は以下の通り。

  • Web問合せからの対応
  • 電話問い合わせからの対応
  • ソフトウェアやハードウェアのメーカーの紹介
  • 大手SIer(中小SIer)からの紹介
  • 会社内の他部署からの紹介
  • 既存顧客からの紹介
  • 展示会やセミナーから集客
  • 各自で施策を行ってアプローチ

 

SIerの提案~契約までの受注期間は、1か月~半年くらいになるため、数多くの案件を長期で管理してコントロールする必要があります。

 

IT営業の中で、SIerの営業はBtoB向けになりますし、

  • フレックス制が多い
  • 在宅勤務で働ける会社が多い
  • 休みもちゃんと取れる

という点から、働きやすい会社が多いと感じます。

興味がある方は、是非色んな会社を探してみて下さい。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

dodaの無料登録はこちらから

 

type転職エージェントの無料登録はこちらから

 

マイナビエージェントの無料登録はこちらから

 

SIerの年収は低いのかについての詳細記事はこちら

【現役社員が解説】SIerの年収は低いのか?実際の金額について知ることで判断しよう
【現役社員が解説】SIerの年収は低いのか?実際の金額について知ることで判断しよう営業の方も、SE・プログラマーなどのITエンジニアの方も気になる「SIerの年収は低いのか?」について現役社員が実際の金額をお伝えします。 メリット・デメリット・身につくスキル・やりがいなども、合わせてご紹介します。...

 

SIerのメリット・デメリットの詳細記事はこちら

【現役営業マンが語る】SIerのメリット・デメリットについて知って自分に合うか見極めよう
【現役営業マンが語る】SIerのメリット・デメリットについて知って自分に合うか見極めようSIerのメリット・デメリットについて、現役営業マンの立場でご紹介しています。 営業の場合でもITエンジニアの場合でも、SIerで働くメリット・デメリットがわかります。 是非、ご覧ください。...

 

SIerが楽しい理由についての詳細記事はこちら

SIerは楽しい仕事である5つの理由を現役営業マンが解説【ITの中でもおすすめ】
SIerは楽しい仕事である5つの理由を現役営業マンが解説【ITの中でもおすすめ】SIerはつまらない!やめとけ!と言われることも多いですが、楽しい仕事です。 本記事では、SIerで営業として働くぼくが感じているSIerが楽しい5つの理由について紹介しています。...

 

SIerについて良いところも悪いところもまとめた詳細記事はこちら

SIerについてブログで紹介!現役で働くぼくがリアル体験談を赤裸々にまとめてみた
SIerについてブログで紹介!現役で働くぼくがリアル体験談を赤裸々にまとめてみた「SIerって実際どうなの?いい仕事なの?」と興味がある方向けに、SIerで働くぼくが、SIerの仕事の良いところや悪いところのリアル体験談をブログにまとめています。 本記事を読むと、SIerの仕事内容や向いている人・向いていない人、年収やSIer業界の今後についても分かります。 是非ご覧ください!...

 

ぼくが経験した会社の業務内容や年収についての紹介記事はこちら

【4社の体験談あり】仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!
【4社の体験談あり】仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!仕事の考え方や進め方が合わない時、そのまま頑張ってもうまくいかず、ストレスが溜まってしまい、最悪の場合、鬱(うつ)になってしまう可能性があるので、非常にマズいです。 本記事では、ぼくが経験した業界の体験談と会う仕事を探せる方法について紹介しています。...