仕事について紹介

【これが真実】SIerはオワコン・時代遅れで将来性がない?現役で働くぼくが今後の見通しと生き残る方法を解説

【これが真実】SIerはオワコン・時代遅れで将来性がない?現役で働くぼくが今後の見通しと生き残る方法を解説
SIerに興味ある人
SIerに興味ある人
IT業界の中でSIerって、オワコンとか時代遅れって聞くけど実際はどうなの?興味はあるんだけど、将来性がないなら行かない方がいいよね。
SIerで働く人
SIerで働く人
SIerで働いているけど、オワコンかもしれないと将来が不安に感じる今日この頃。。

というお悩みについてお答えします。

 

現在、IT業界のSIerで営業として働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

仕事で多くのお客さんのDX推進支援に携わり、多くのSIerとも一緒に働くため、SIerの将来性についてもよく知っています。

 

SIer(エスアイアー/エスアイヤー)とは、

System Integrator(システムインテグレーター)の略で、システムを構築する会社のこと。

 

会社で使うシステム(会計システムや業務システムなど様々)の

  • コンサルティング
  • 設計
  • 開発
  • 運用
  • 保守

などを、一括で請け負って構築します。

SIer1社で完結することもあれば、部分部分を他社へ依頼して構築することも。

 

SIerは、

「SIerはオワコンで時代遅れ」

「SIerとか終わってる仕事すんの?将来なくなるよ」

「エンジニアとかプログラマーやりたいなら、自社開発のWeb系でしょ」

などと、ネットでマイナスイメージで書かれることが多い仕事。

 

営業やエンジニア/プログラマーの転職先の候補にSIerが上がることも多いので、オワコンとか書かれていると、

  • このままSIerで働き続けていいのか
  • SIerに転職していいのか

不安になりますよね。

ポチのすけ
ポチのすけ
誰でも、オワコンの業界よりも成長している業界で働きたいので、「SIerはオワコン」と言われると、不安になる気持ちはよくわかります。

 

本記事では、

  • SIerはオワコンで時代遅れ?
  • IT業界は伸びていくと聞くけど、SIerは将来性がない?

というお悩みについてお答えします。

 

結論から言うと、SIerはオワコンでも時代遅れでもありません。

むしろ、世の中のIT化やDX(デジタルトランスフォーメーション)推進には欠かせない存在です。

世の中のニーズに応えられるSIerであれば、お客さんである企業から支援を求められているので、将来性も抜群。

 

SIerの中にはオワコンになっている会社もありますが、SIerで現役で働くぼくに言わせれば、

「SIerはオワコン」

と一括りにしている人は、現場の真実をわかっていません。

自社サービスを展開しているWeb系の会社に行けば、万事解決するような単純な話ではありませんからね。

本記事後半では、

  • 良いSIerに転職する方法
  • 働いているSIerがオワコンだった時に良い会社に転職する方法

についても詳しく解説しているので、是非最後までご覧ください。

 

SIerがオワコンと言われる3つの理由

SIerがオワコンと言われる理由

ネットを見ると、

  • SIerはオワコン
  • SIerは時代遅れ
  • SIerは将来性がない

などのように、マイナスに言われることがあります。

 

SIerがオワコンだと言われる理由は以下の3つ。

SIerがオワコンと言われる理由

 

  1. 最新の技術についていけていない
  2. 考え方や働き方が古い
  3. 内製化するからSIer不要

 

理由①最新の技術についていけていない

最新の技術についていけていない

SIerがオワコンと言われる理由として、最新の技術についていけていないというのがよく挙げられます。

 

ITの進歩は凄まじく早く、顧客の要望に応えるために新しい技術がどんどん出てきているので、最新技術に対応できないSIerは取り残されます。

わかりやすいのが、社内のインフラ基盤のクラウド化。

今まではオンプレ環境にシステム構築をしていたのが、サーバーの保守期限切れなどをきっかけに、

  • AWS(エーダブリューエス)
  • Azure(アジュール)
  • GCP(ジーシーピー)

などのクラウド環境に移行する会社が増えています。

 

クラウドは必要なコンポーネントを組み合わせてシステム構築できるので、

  • 小さな規模から始められる
  • システムの拡張性がある
  • 管理の手間がかからない

というメリットがあり、大企業でも導入が進んでいる状況。

なので、SIerにクラウド基盤への対応を求める会社は多いです。

しかし、最新技術についていけないSIerは、オンプレでのシステム構築一択しか提案できません。

お客さんの要望・ニーズによっては、

  • オンプレの方がマッチする
  • クラウドの方がマッチする

と色んなパターンがあります。

そこで最新技術であるクラウドへの対応ができないSIerだと、オンプレの提案しかできないので仕事も取れませんし、システム構築もできません。

オンプレでも構築でき、クラウドでも構築できる方が、お客さんの要望・ニーズにマッチします。

その中でも最新技術であるクラウド基盤構築ができると、お客さんの要望・ニーズに応えられるので、オワコンになりません。

例えば、

リアルタイムでものすごい量の情報を取りたい時、1秒に100ファイルぐらいの膨大なデータを処理しないといけません。

 

そのような時、

「AWS(エーダブリューエス)のLambda(ラムダ)を使うことで、膨大なデータを超並列処理して実現する」

など新しい技術で実現するという方法もあります。

このような新しい技術に対して、しっかり取り組んでシステム構築ができるSIerは重宝されるもの。

 

ただ、変化が激しいIT業界では時代の変化に適応した会社が生き残るので、歴史がある会社であっても変化してきているのが見られます。

今までコピー機(複合機)をメインで売っている会社であっても、時代の変化に適応しようとする時代。

最近では、コピー機(複合機)を売る会社のイメージではなく、システムをクラウド化するような新しいサービスを提案したり、時代の変化に適応しようとしていますからね。

 

なので、最新技術や時代の流れについていけないSIerは脱落していきますが、

  • 時代の変化に適用し続ける会社
  • 最新技術を使った新しいサービスを提供するような会社

は生き残ります。

お客さんのニーズは、時代の変化に合わせて変わってくるもの。

とはいえ、ニーズに応えられるだけの最新技術をもったSIerは、コンペになった時も提案の幅が広いので選ばれやすいです。

 

理由②考え方や働き方が古い

考え方や働き方が古い

SIerがオワコンと言われる理由として、考え方や働き方が古いというのも挙げられます。

 

考え方が古い会社の場合

新しい技術を導入するよりも、古い自社サービスの方をおすすめするという、オワコンなサービスを勧めることを平気でやっています。

  • 古くても自社サービスの方が利益になる
  • 査定で自分の評価が上がる

というのが理由。

 

具体的には以下のような形で、新しい技術を入れたいお客さんの要望に対して、古い自社サービスを入れたいSIerが邪魔するようなことも実際に起きています。

お客さん
お客さん
AWSやAzureなどの、最新のクラウド技術を使ったサービスを入れたいと思っています。
SIer
SIer
最新技術を使ったサービスを入れるなら、我々がやっていた保守サポートはやめますよ。

上記のような感じで、長年保守をやって既存取引をしているSIerがオンプレのシステムを販売したいがために、クラウド移行を妨げることも。

こういうSIerは足を引っ張っているだけで、お客さんと揉める原因を作っているので、今後の取引にも影響が出ます。

 

働き方が古い会社の場合

また、

  • 労働時間が長い
  • 客先常駐が多い
  • 在宅勤務を認めない

などの、働き方に自由が少ない会社があるため、SIerはオワコンというイメージにつながっている部分も。

コロナ渦においても、働き方が一向に変わらないようなSIerはオワコンと言われても仕方ありません。

 

ただ、働き方についても本当に会社次第。

ぼくが働いている会社は中小SIerですが、以下のような働き方ができるので、むしろ時代を先取りしている感すらあります。

ポチのすけの会社の場合

 

  • 勤務体系がフレックス制なので融通が利きやすい
  • 客先常駐が少ない
  • コロナ禍以降はテレワーク(在宅勤務)中心でテレワーク率90%越えを継続
  • 週一の出社すら不要でテレワークで業務が回る
  • 有給休暇も取りやすい
  • 会議はWeb会議がメイン
  • 社内はチャットを駆使してコミュニケーションを効率化

 

エンジニアの客先常駐についても、営業の交渉次第である程度はコントロールは可能。

最近はテレワークに寛容な会社が増えてきているので、リモートで支援するのも当たり前になってきており、交渉しやすくなっています。

システムをきちんと構築するというゴールのために、どこで開発するのかは手段でしかないので、

  • 自社内
  • もしくはテレワーク

で開発するメリットをきちんと伝えれば、納得してもらえるもの。

 

また、基本的に客先常駐をしないビジネスモデルになっている以下のようなSIerなら、ほぼ客先常駐なしで働けます。

  1. 元請(プライム案件)が多いSIer
  2. テレワークを多く実施しているSIer
  3. ビッグデータやAIなどDX推進を支援するSIer

 

客先常駐が限りなく少ないSIerを見極めるポイントは、以下の5つ。

  1. 勤務地や勤務時間が明確になっている
  2. 在宅勤務がメイン
  3. 帰社日がない
  4. IT企業以外の取引先がある
  5. 最低年収が300万以上

客先常駐がほぼないSIerで働くには、客先常駐をしないSIerに転職するのが近道です。

詳しくは以下の記事で解説しています。

SIerで客先常駐なしで働くためのポイントの詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】SIerで客先常駐なしで働ける?ホワイト企業を見極めるポイントを現役の立場から解説
【おすすめがわかる】SIerで客先常駐なしで働ける?ホワイト企業を見極めるポイントを現役の立場から解説「SIerで客先常駐がないところで働きたい」「客先常駐がないSIerがどんなところなのか知りたい」というお悩みについて、客先常駐がないSIerの特徴や、客先常駐がないSIerに転職する方法を解説しています。...

 

理由③内製化するからSIer不要

内製化するからSIer不要

SIerがオワコンと言われる理由に、今後は自社でシステム構築していく(内製化する)からSIer不要というものもあります。

 

この手の意見は、「アメリカにSIerはいない。だから日本でもSIerはオワコンになるに決まってる」という考え。

理由として、アメリカ企業は日本企業よりも数年~10年先に進んでいると言われるから、ゆくゆくは日本もアメリカと同じようにSIerはオワコンになるというものです。

ただ、アメリカにSIerがほとんどいない理由は、アメリカの雇用体系が終身雇用ではなく、専門性を持ったプロたちが流動的に動く仕組みであるため。

システム構築のプロは、製造業にも金融業にも会社に直接雇われています。

そのため、日本でSIerがやる仕事を社内でやってしまうんですね。

 

日本もアメリカみたいに自社で内製するには、ジョブ型の雇用で必要な時にプロを雇えばできるかもしれません。

ただ、日本がそこまでやるとは思えないんですよね。

日本で自社内でシステムを内製しようとすると、以下の点で文化に合わないことがほとんど。

  • 人手不足
  • うまく育成できない
  • 自分たちでプロジェクトを決めてコントロールできない
  • コア事業以外に予算や人を割くぐらいなら、外注する経営方針

なので、SIerに依頼することが多いのです。

 

また、ぼくがSIerで働いてみて感じるのは、

現在の日本の社内SEは大企業であっても、ゴールまでのスケジュール管理をきちんと頭に思い描けて動ける人は少ないということ。

ぼくらの提案したスケジュールでは、余裕を持たせてスケジュールを引いていても、

  • 人手不足で期限までに必要な機材や情報を準備できない
  • 優柔不断で決められない
  • 社内決裁に時間がかかりすぎ

などで、スケジュール通りに進まないことが本当に多いんです。

ポチのすけ
ポチのすけ
なので、内製化とか無理だろ。。と感じますね。

 

実際の現場で何が起こっているかというと、

ぼくたちSIerが何度も何度も依頼して、ようやくプロジェクトが前に進んでいるのが現実。

内製化をしようとした時には、ゴールまでの段取りまで意識しながらきちんとプロジェクトを進める必要があります。

しかし、現状そうはなっていないため、内製化は難しいのが現実。

また、

「社内で内製化しようとして失敗したので、技術支援をしてほしい」

という依頼もよく受けます。

 

なので、

「日本ではSIer抜きでシステム構築するのは現実的ではない」

というのが現状のため、SIerが完全に不要とはならないでしょう。

 

スポンサーリンク

SIer全部がオワコンではない3つの理由

SIer全部がオワコンではない

ひと昔前までは、オワコンと言われるSIerが多かったのは事実。

ただ、昨今の

  • 働き方改革
  • コロナ渦
  • 世の中のDX推進

により、考え方や働き方が急速に変わってきており、SIerはオワコンだと一括りに言い切れない部分が多くなっています。

なので、SIerがオワコンというのは誤解で実際は会社による、というのが正しい認識。

DX(デジタルトランスフォーメーション)

 

ざっくり言うと、デジタル技術(IT)を使って事業の変革を行うこと。

紙を電子化するようなデジタル化ではなく、IT技術を使ってビジネス自体を変えていくことになります。

既存の仕組みや価値観をひっくり返すような革命的な仕組みにより、社会全体に影響を及ぼして、人々の生活を変えていく考え方として流行っている言葉。

 

SIer全部がオワコンではない理由は、以下の3つ。

  1. 最新技術に強くて開発も柔軟なSIerは増えている
  2. 柔軟に働けるSIerは増えている
  3. お客さんはSIerの力を必要としている

 

理由①最新技術に強くて開発も柔軟なSIerは増えている

最新技術に強くて開発も柔軟なSIerは増えている

SIer全部がオワコンではない理由1つ目は、最新技術に強くて開発も柔軟なSIerは増えているため。

 

SIerに限らずビジネスで大事なのは、相手のニーズに応えるということ。

お客さんが求めている

  • 最新技術に強い
  • 開発体制が柔軟である

というSIerは重宝されます。

また、社員が求める働き方などの環境整備も含めて、きちんと応えていけるSIerはオワコンにならずに生き残ります。

逆に言うと、ネットで称賛されているWeb系の会社であっても、

  • 世の中のニーズに応える商品やサービスを提供できない
  • 社員が求める働きやすさを提供できない

と、オワコンまっしぐら

 

SIerは物売りではなく、お客さんが求める最適なシステムを構築して提供するのが仕事。

そのためには、問題を解決する柔軟な提案ができるように、最新情報をつかんで知識を身につけて、変わっていかないといけません。

お客さんが基盤のクラウド化を求めているのなら、

  • AWS(エーダブリューエス)
  • Azure(アジュール)
  • GCP(ジーシーピー)

などの提案&構築ができるSIerは、非常に価値があります。

また、

  • まず要件定義やって
  • 設計して
  • 開発して
  • テストして
  • 本番リリース

という、ウォーターフォール型の開発だけではなく、まずモノを作って修正していくアジャイル型の開発を進めるSIerも増えています。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくの会社は、アジャイル型でプロジェクトを進めることが多いです。

アジャイル型なら、成果物(もしくは作成予定物)となるゴールを早めにお客さんとすり合わせて柔軟に開発を進められるので、向いているプロジェクトも多いのです。

 

開発体制が柔軟だと、後々お客さんと揉めることも少ないので、オワコンにならないためにも大事。

 

SIerの中には、最新の技術を身につけようと、

  • 優秀なエンジニアを多く雇ってナレッジの共有をする
  • 研修を充実させて新しい技術を身に着ける
  • 最新技術を自社の提案商品に取り入れる

という形で努力しているSIerもあります。

特に親会社やグループ会社の方針に縛られない独立系SIerは、良い会社だと最新技術を身に着けやすいです。

独立系SIerはやめとけと言われて不安な方が優良企業で働く方法の詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】独立系SIerはやめとけ?迷って不安な方が優良企業で働く方法
【おすすめがわかる】独立系SIerはやめとけ?迷って不安な方が優良企業で働く方法「転職する時に独立系SIerはやめとけって聞いたから不安。独立系SIerより、ユーザー系SIerとかメーカー系SIerの方がいいの?」「独立系SIerの良い会社ってある?」「独立系SIerで働いている人は転職した方がいい?」というお悩みの方へ独立系SIerのメリット・デメリットと転職するべきかを解説しています。...

 

最新技術に強くて開発も柔軟なSIerは増えているので、SIer全部がオワコンではないのです。

 

理由②柔軟に働けるSIerは増えている

柔軟に働けるSIerは増えている

SIer全部がオワコンではない理由2つ目は、柔軟に働けるSIerは増えているため。

 

昔の多くのSIerでは、

  • お客さん先に常駐して開発する
  • 出社前提で開発する
  • 長時間労働前提で開発する

という会社が多かったです。

今は、働き方改革が進んだことやITエンジニア不足ということもあり、

  • 働きやすい環境
  • 柔軟に働ける環境
  • 最新技術を扱って成長できる環境

改善しているSIerが増えています。

 

ITエンジニアは超がつくほどに人手不足なので、どのSIerも競うように労働環境の改善に取り組んでいるほど。

わざわざクソな会社を選ぶ必要はないので、ITエンジニアに選ばれる会社になるためにも、労働環境の改善は大事です。

 

ぼくの会社も、以下のような会社なので、だいぶ働きやすいです。

  • 勤務体系はフレックス制で融通が利きやすい
  • 客先常駐が少ない
  • 在宅勤務中心で全社の在宅勤務率は90%越えを継続
  • 通勤手当廃止で在宅勤務手当支給
  • 週一の出社すら不要でテレワークで業務が回る
  • 使わないオフィスは閉鎖
  • 有給休暇も取りやすい
  • 会議はWeb会議がメイン
  • 社内はチャットを駆使してコミュニケーションを効率化

 

柔軟に働けるSIerは増えているので、SIer全部がオワコンではないのです。

ホワイト企業が多いユーザー系SIerのメリット・デメリットの詳細記事はこちら

【おすすめがわかる】ユーザー系SIerはきついからやめとけ?不安な方はメリット・デメリットを知って優良企業で働こう
【おすすめがわかる】ユーザー系SIerはきついからやめとけ?不安な方はメリット・デメリットを知って優良企業で働こう「転職先の候補として、ユーザー系SIerはきついからやめとけって聞いたから不安。。」「ユーザー系SIerのメリット・デメリットを知りたい」「ユーザー系SIerで働いている人は転職した方がいい?」というお悩みの方に、ユーザー系SIerのメリット・デメリットとおすすめの会社について解説しています。...

 

ユーザー系SIerでホワイト企業・穴場企業を探せる方法についての詳細記事はこちら

【良いとこ見つかる】ユーザー系SIerはホワイト企業が多い?誰でも優良企業を探せる方法を解説
【良いとこ見つかる】ユーザー系SIerはホワイト企業が多い?誰でも優良企業を探せる方法を解説「ユーザー系SIerはホワイト企業だから安心?ユーザー系SIerの将来性含めたメリット・デメリットを知りたい」「ユーザー系SIerのホワイト企業ランキングや穴場企業を知りたい」「ユーザー系SIerで働いている人は転職した方がいい?」というお悩みについて、ユーザー系SIerのホワイト企業を選ぶポイントなどを解説しています。...

 

理由③お客さんはSIerの力を必要としている

お客さんはSIerの力を必要としている

SIer全部がオワコンではない理由3つ目は、お客さんはSIerの力を必要としているため。

 

DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉が流行っているように、ITを使うことで業務自体を変えていこうとする世の中の流れは止まりません。

ITで自社ビジネスを変えていくのなら、

  • 膨大なデータを処理
  • 機械学習や統計解析などで予測

などもやる必要があり、やるべきタスクは膨大

そうなると、自社内製だけで全てできるわけがありません。

実際、2021年1月にデルテクノロジーズが企業のDXプロジェクトにおけるSIerの必要性について調べた「第2回 DX動向調査」によると、驚きの結果が出ました。

  • 企業の23.4%は「SIerがいないと(業務が)回らない」
  • 企業の39.2%は「SIerがいないと今後のIT関連の計画が立てられない」

と回答。

結果として、6割超(62.6%)の企業がSIerの存在は包括的な意味で「絶対必要」と考えていることが分かりました。

SIerが必要な企業の割合

調査前の予想として、顧客企業がSIerに求めるのは、

  • 内製開発のスキルやクラウド利用によるWebベースでの開発
  • 自律的な開発環境の整備フェーズでのノウハウ
  • SIerに任せる業務は、SES(システムエンジニアリングサービス)の運用・保守・管理などが多い

だろうと想定していたそうです。

それがこの結果なので、内製化するからSIer不要というのは少数派であることが明らかですね。

引用:ITメディア『DXを狙う企業の62.6%は「SIerが不可欠」』

 

ぼくの感覚値から言っても、SIer含めたIT企業ですらエンジニアの人手不足に悩んでいるのに、ITシステムを使うユーザー企業はもっと人手不足

ポチのすけ
ポチのすけ
SIer含めたIT企業でも採用に苦戦しているので、未経験者を採用して育てようとしているのが現実。ユーザー企業がエンジニア採用で苦戦するのも当然ですよね。

 

SIerは不要どころか、お客さんに求められているので、ニーズに応えられるSIerならオワコンではないのです。

 

スポンサーリンク

働いているSIerがオワコンだった場合【良い会社に転職する方法】

方法

もし、働いてるSIerがオワコンだった場合、最も効果的で即効性がある生き残り方法は転職すること。

前述してきたように、SIerがオワコンかどうかは、会社の考え方や働き方によって大きく変わります。

もし、自分が働いている会社がオワコンだったら

  • スキルが上がらない
  • 働き方も古い
  • 貴重な時間を失う

ということに。

オワコンの会社に期待しても変わらないので、期待するのは辞めて転職しましょう。

 

転職する際、営業とエンジニアやプリセールスに共通するやるべきことは、以下の2つ。

  1. 良い転職エージェントを使って自分に合った求人を引き出す
  2. 口コミを見て会社の現実を把握する

 

希望の転職先に行くためには、

  • まずは求人募集があるのか
  • 自分の考えに合う会社を見つける

を整理して探す必要がありますが、それを助けてくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントは無料で以下のようなメリットを受けられるので、使わない手はありません。

転職エージェントを使うメリット

 

  • 今の会社以外に選択肢があると知ることができる
  • ブラック企業で苦しむ方の話をちゃんと聞いてくれる
  • 企業が出している求人情報や背景について情報をもらうことができるので、求人倍率の予測がつく
  • 自分の能力とかみ合うのか、企業とのマッチングでミスがないのか客観的な意見をもらえる
  • 転職希望者を企業に推薦してくれるので、転職の成功率が上がる

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ。

1社の転職エージェントだけだと、

  • 求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になる
  • 良くない転職エージェントから見捨てられてしまう可能性がある

からです。

また、求人情報は水物。

採用が決まれば募集終了になってしまうので、情報収集を早めに行って、良い会社の求人を見逃さないようにしましょう。

 

ここからは、

  • エンジニア・プリセールスの方におすすめの転職エージェント
  • 営業の方におすすめの転職エージェント
  • 口コミの利用方法

について見ていきましょう。

ITエンジニア(SE・プログラマー)として働いている方で、今はそこまでスキルがないと思っていても、1年やっていれば経験者。

ITエンジニアは専門職なので、今後のキャリアを成功させるためには、エンジニア専門の転職エージェントを使うのがおすすめです。

今のスキルセットと目指すキャリアを考えて、戦略的に転職活動を行う必要があるので、的確にサポートしてもらう必要がありますからね。

 

転職先によっては、需要がある言語の学びなおしが必要になるケースがあるものの、需要がある会社に若手枠で転職できるチャンスを活用するべき。

 

エンジニア・プリセールスの方におすすめの転職エージェント

エンジニアの方におすすめの転職エージェント

エンジニア・プリセールスの方におすすめの転職エージェントは、

です。

上記転職エージェントは、全部無料で登録・利用できます!

 

ウィルオブ・テック

ウィルオブ・テックは、ゼネラルリサーチの調査結果によると、ITエンジニア転職の際、

  • スタッフ満足度
  • アフターフォロー満足度
  • 求人満足度

の全てで1位を獲得しており、満足度が高いITエンジニア経験者専門の転職エージェント。

 

特長は以下の通りです。

  • 専属2名体制による丁寧なサポートで圧倒的な内定率
  • 求人票ありきではなく、転職後のキャリアも見据えたサポートを実施
  • LINEで気軽に相談ができ、24時間365日対応してもらえる
  • ウィルオブ・テックだけがもっている優良求人・非公開求人が多い(約70%が非公開求人)
  • 転職による年収アップは当たり前
  • メルカリ・サイバーエージェント、Sansanなど伸びている会社の求人多数
  • 強いネットワークがあるので、2,000件以上の取引実績あり
  • 転職先の対象エリアは東京・千葉・埼玉・神奈川・大阪・京都・兵庫
  • 対象年齢は23歳~45歳
  • 転職回数は5回未満までが対象
  • ITエンジニアの業務経験が1年以上あり、離職後1年未満の方が対象

 

転職希望者に対し専属で2名の担当がついて、徹底サポートして年収アップを手助けしてくれるので、おすすめの転職エージェント。

ポチのすけ
ポチのすけ
求人情報には今を時めく企業が多数あり、年収も高い良質な求人が多いです。

 

デメリットは、大都市圏以外の地方にはそこまで強くないというところ。

ただ、ITエンジニアはリモートワークができる会社も多いため、地方に住んでいても大都市の会社で働くことは可能です。

「リモートワーク対応求人」として取り扱いもあるので、まずは登録して探してみると、思わぬ掘り出し求人が出てくることも。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう!

TRY NOW

ウィルオブ・テックの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで完全無料で利用できます!

 

マイナビIT AGENT

 

マイナビIT AGENTは、業界大手のマイナビが運営するITエンジニア専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビだけがもっている優良求人・非公開求人が多い(紹介の80%は非公開求人)
  • 特に、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の優良企業の求人が豊富
  • 北海道・名古屋・大阪・福岡にも対応しているので安心
  • IT業界に精通したキャリアアドバイザーから書類添削や面接対策も受けられる

 

特に、20代~30代のITエンジニア転職に強いため、20代~30代の方にはおすすめの転職エージェント。

デメリットは、大都市圏以外の地方にはそこまで強くないというところです。

ただ、まったく地方求人がないわけではないですし、ITエンジニアはリモートワークができる会社も多いです。

そのため、地方に住んでいても大都市の会社で働くことは可能。

思わぬ掘り出し求人が出てくることもありますし、求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないように早めに登録しておきましょう!

TRY NOW

マイナビIT AGENTの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

レバテックキャリア

 

レバテックキャリアは、日本マーケティングリサーチ機構の調査結果によると、

『ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1』

に選ばれている、ITエンジニア経験者専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • 持っている求人情報7,000件以上のうち、80%以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  • 持っている求人は、大手IT企業からWeb系企業、スタートアップ企業までを幅広く網羅
  • 首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)、東海圏(愛知県・三重県・岐阜県)、関西圏(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)、福岡に対応
  • 年間3,000回以上の企業訪問によって得られた、鮮度の高い情報の提供が受けられる
  • 専門のアドバイザーには、具体的な悩みをわかっている元エンジニアのエージェントもおり、サポート体制は万全
  • 複数回の推薦文や書類添削、年収交渉で年収アップ率は77%
  • 2021年1月にはサービス利用者数20万人突破!

 

特に、元ITエンジニアのエージェントなので、

  • 技術的な話が通じる
  • ITエンジニア経験があるからこそわかる、悩みを理解してくれる

ので、転職希望者にマッチする企業を提案してくれる転職エージェント。

 

デメリットは、首都圏・関西圏・東海圏・福岡以外の求人はほぼないというところと、50代以上だと求人がないことです。

 

ただ、20代~40代の上記の地域に当てはまるエンジニアの方で転職を考えている場合、まずは登録して探してみるのがおすすめ。

ITエンジニアはリモートワークができる会社も多いので、地方に住んでいても大都市の会社で働くことができますからね。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

レバテックキャリアの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

ITエンジニア(システムエンジニア・プログラマー含む)の方が給料を上げる方法と、おすすめ転職エージェントについては、以下の記事でも紹介しています。

システムエンジニアの給料を上げる方法やおすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

システムエンジニアの年収は低いのか?給料を上げるために取るべき方法を解説します
システムエンジニアの年収は低いのか?給料を上げるために取るべき方法を解説します色んな立場のシステムエンジニア(SE)を見てきている立場から、システムエンジニア(SE)の年収は低いのか?今後も低いままなのか?といった悩みについて解説しています。 年収を上げていくための方法についても解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

営業の方におすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェント

営業の方におすすめの転職エージェントは、

です。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくが使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントなので、営業職なら是非とも登録して利用するべきです。

営業の方の場合、dodaもtype転職エージェントもマイナビエージェントも求人は多いため、見つけやすくなっています。

もちろん、全部無料で登録・利用できます!

 

doda

 

dodaは、業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • dodaだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 全国の求人に対応
  • 転職エージェントが書類作成から面接対策まで親身にアドバイスしてくれる
  • スケジュール調整や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる
  • 業界を変える転職や、結婚後の転職であっても丁寧に対応してくれる

 

dodaは、「転職エージェントに迷ったらdoda!」というぐらい安定の転職エージェントです。

転職3回中、2回目と3回目でdodaを使ったぼくの経験から言っても、ネットの書き込みにある「dodaのエージェントがひどい」というのは嘘。

むしろ、非常に丁寧な対応をしてくれる転職エージェントなので、絶対に使った方がいい転職エージェントです。

また、仮に担当が良くない担当者の場合でも、dodaは担当者変更にもちゃんと応じてくれるので安心。

 

デメリットは、迷惑メールかと思うくらい求人メールが届くことと、求人紹介の幅が広いので自分に合わない求人が含まれていること。

ただ、「多くの求人情報を漏れなく紹介してくれる」と発想を変えることで、そこまで気にすることなく転職活動に取り組めます。

状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

type転職エージェント

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていない、隠れた優良企業を多く持っている転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • type転職エージェントだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 特にIT・Web系の会社に強い
  • 一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に対応
  • 求人情報のほとんどに求人企業の競合情報まで載せてくれている
  • 転職エージェントが、企業ごとに面接の重要ポイントを親身にアドバイスしてくれる
  • 年収交渉や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、dodaと合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)特化のため、それ以外の地域で転職を検討している場合は極端に求人が少ないことと、dodaなどの大手と比べると求人が少ないことです。

ただ、dodaなどの大手転職エージェントで拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、一都三県の方はdodaと合わせて利用すると弱点をカバーして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由の詳細記事はこちら

 

マイナビエージェント

 

マイナビエージェントは、マイナビしか持っていないような優れた中小企業の求人が多い転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビエージェントでしか手に入らない非公開求人が多い
  • 良い中小企業の求人が多数ある
  • 転職希望者を丁寧にサポートしてくれる
  • 第二新卒含めた20代の転職に強い
  • 全国の求人に対応

 

マイナビエージェントは独自の営業網により、dodaやtype転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、20代の転職にかなり力を入れていることもあって30代以降の求人はあまり多くないことと、返事(レスポンス)が早いため対応が多くなり、人によっては疲れてしまうこと。

ただ、dodaやtype転職エージェントが拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、dodaやtype転職エージェントと合わせて利用すると、求人の見逃しをなくして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

マイナビエージェントの無料登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

マイナビエージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

中小企業に強いマイナビエージェントの詳細記事はこちら

 

口コミの利用方法

口コミをフル活用する

また、合わせて絶対にやるべきなのが、口コミによる確認。

ホームページや求人情報だけでは、ブラック企業やしんどい仕事なのかどうか、判断することが難しいためです。

また、口コミを使うと、隠れ優良企業を見つけることも可能。

 

可能であれば応募する企業は、一度口コミを確認しましょう。

※時間がなくて厳しい時は、少なくとも書類が通った企業については、面接前に口コミを確認する形で対応しましょう。

 

口コミをフル活用した方がいい理由は、以下の2つ。

  1. 口コミの内容はほぼ真実
  2. 入社後のミスマッチをなくせる

ぼく自身、1社目も2社目も3社目も4社目も、書いてあった大量の口コミは全て真実でした。

なので、実体験からも、口コミは正しいと言えます。

 

また、

  • 転職エージェントも企業に忖度する
  • 求人情報に載っている情報がすべてではない
  • 求人情報は必ずしも最新情報ではない

といった点からも、求人情報だけでは正しい情報をつかめないので、やばい会社かどうかは口コミで確認しましょう。

 

口コミを利用した会社の探し方については、以下の記事でも詳しく紹介しています。

口コミを利用した会社の探し方の詳細記事はこちら

【評判は本物】いい会社と悪い会社は口コミを最大限活用することで見分けられる!使うタイミングも解説
【評判は本物】いい会社と悪い会社は口コミを最大限活用することで見分けられる!使うタイミングも解説転職で今より悪い会社に入ってしまわないように、いい会社と悪い会社を見極める方法について紹介しています。 特に口コミの利用は、悪い評判の会社を見極めるのに必須!実際にぼくが使っていた口コミサイトもご紹介しています。是非、ご覧ください。...

 

また、隠れ優良企業は、口コミの確認以外に複数の転職エージェントを使うと探しやすくなります。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

隠れ優良企業の探し方の詳細記事はこちら

【裏技】隠れ優良企業なんてどこにある?隠れてない??探し方は存在します
【裏技】隠れ優良企業なんてどこにある?隠れてない??探し方は存在します「隠れ優良企業なんて隠れてない!」「そもそもそんないい会社なんてあるの?」「隠れ優良企業の探し方が知りたい」とお悩みの方に、隠れ優良企業で働くぼくが、隠れ優良企業の探し方について解説しています。 倍率が低くて良い会社に転職したい方は、是非ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

まとめ:SIerはオワコンどころか将来性豊かな仕事

 

お話してきたことをまとめます。

SIerは、以下のような理由からオワコンと言われることが多いです。

  1. 最新の技術についていけていない
  2. 考え方や働き方が古い
  3. 今後は自社でシステム構築していく(内製化する)からSIer不要

 

終わってるSIerもありますが、SIer全部がオワコンではありません。

理由は以下の3つ。

  1. 最新技術に強くて開発も柔軟なSIerは増えている
  2. 柔軟に働けるSIerは増えている
  3. お客さんはSIerの力を必要としている

 

SIerはオワコンでも時代遅れでもなく、むしろ世の中のIT化やDX(デジタルトランスフォーメーション)推進には欠かせない存在。

世の中のニーズに応えられるSIerであれば、お客さんである企業から支援を求められているので、将来性も抜群です。

 

自分が働いているSIerがオワコンだった場合、自分ではどうにもならないことの方が多いので、転職して良い会社に行くのがおすすめ。

 

SIerもどんどん進化しているため、オワコンになることはないので大丈夫。

あとは良い会社で働いて、より良いキャリアを築いていきましょう。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

SIerを辞めたいと思った時に取るべき方法の詳細記事はこちら

【現状維持NG】SIerを辞めたい!スキルが身につかないと悩む方が辞める前にやるべきこと
【現状維持NG】SIerを辞めたい!スキルが身につかないと悩む方が辞める前にやるべきこと「仕事がつらくてSIerを辞めたい。。」「SIerではスキルが身につかない。。」とお悩みの方に対し、SIerで働く現役営業マンの経験から辞める前にやっておくべきことと、おすすめの転職先について解説しています。 『転職で失敗したくない!』という方は、是非ご覧ください。...

 

SIerはつまらないと思った時に面白くする方法の詳細記事はこちら

【現役の視点】SIerがつまらない。。と思う方が面白くなる3つの方法を職種ごとに解説
【現役の視点】SIerがつまらない。。と思う方が面白くなる3つの方法を職種ごとに解説「SIerがつまらない。。」と思った時、「すぐに転職してやる!」となる手段以外に、今の会社で面白くする方法を紹介しています。 SIerで働いている視点で、営業とエンジニア、プリセールスの方向けに役立つ情報になるため、是非ご覧ください。...

 

SIerの年収は低いのかについての詳細記事はこちら

【現役社員が解説】SIerの年収は低いのか?実際の金額について知ることで判断しよう
【現役社員が解説】SIerの年収は低いのか?実際の金額について知ることで判断しよう営業の方も、SE・プログラマーなどのITエンジニアの方も気になる「SIerの年収は低いのか?」について現役社員が実際の金額をお伝えします。 メリット・デメリット・身につくスキル・やりがいなども、合わせてご紹介します。...

 

SIerについて良いところも悪いところもまとめた詳細記事はこちら

【やばいからやめとけ?】SIerについてブログにまとめました!現役で働くぼくが語る真実
【やばいからやめとけ?】SIerについてブログにまとめました!現役で働くぼくが語る真実「SIerに興味があるけど、やばいからやめとけって聞くから不安。。」というお悩みについて、現役でSIerで働くぼくの体験談をブログにまとめています。 本記事を読むと、SIerに興味がある方やSIerで働いていて不安に感じる方がどうするべきかがわかります。...

 

ぼくが経験した会社の業務内容や年収についての紹介記事はこちら

【4社の体験談あり】仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!
【4社の体験談あり】仕事が合わないとストレスが溜まってうつになることも。自分に合う会社を探そう!仕事の考え方や進め方が合わない時、そのまま頑張ってもうまくいかず、ストレスが溜まってしまい、最悪の場合、鬱(うつ)になってしまう可能性があるので、非常にマズいです。 本記事では、ぼくが経験した業界の体験談と会う仕事を探せる方法について紹介しています。...

 

仕事が地獄だと感じる原因と対処法についての詳細記事はこちら

【秘策あり】仕事が地獄のような日々で辛い・辞めたい時の原因と解決方法
【秘策あり】仕事が地獄のような日々で辛い・辞めたい時の原因と解決方法仕事が毎日地獄のような日々だと、「辛すぎる。早く辞めたい。。」としか思えないですよね。 本記事では、仕事が地獄と化す原因と、地獄としか言えない環境の時に解決する方法を紹介しています。...