仕事について紹介

SIerはオワコンなのか?今後の見通しを含めて現役営業マンが解説します

SIerはオワコンなのか?今後の見通しを含めて現役営業マンが解説します
SIerに興味ある人
SIerに興味ある人
IT業界の中でSIerって、ヤバいとかオワコンってよく聞くけど実際どうなんだろう?。。あんまり行かない方がいいのかなぁ。
ポチのすけ
ポチのすけ
SIerはオワコン!Web系の会社に行くのがおすすめ!っていう意見がネットに多いので、マイナスイメージを持ちやすいですよね。

 

IT業界のSIerの会社で働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

SIerの会社では営業として、エンジニアの人たちと一緒にプロジェクトを進めています。

 

SIerは、「やり方が古い」「最新の技術についていけていない」などの様々な理由により、オワコンとか、将来はなくなるんじゃないか、などとマイナスのことをよく書かれる仕事。

SIerで働くぼく自身、自社以外の他社のSIerとも関わって仕事をしているので、そのように思う人がいるのもわかるな、と感じています。

 

SIer(エスアイアー/エスアイヤー)とは、

システムインテグレーター(System Integrator)の略で、システムを構築する会社のことです。

 

会社で使うシステム(会計システムや業務システムなど様々)の

  • コンサルティング
  • 設計
  • 開発
  • 運用
  • 保守

などを、一括で請け負って構築します。

SIer1社で完結することもあれば、部分部分を他社へ依頼して構築することもあります。

 

本記事では、

SIerで営業をやっているぼくの経験から、SIerはオワコンなのか?について、今後の見通しも含めて解説します。

 

結論から言うと、オワコンかどうかは、SIer全体の話ではなく会社によるというのと、世の中のニーズに応えられるかで決まります。

 

自社サービスを展開しているWeb系の会社に行くことで、万事解決するような単純な話ではないことは確かです。

それでは、ご覧ください。

 

SIerがオワコンと言われる理由

理由

 

SIerで働いている人やSIerで働いた経験者から、SIerがオワコンだと言われる理由は以下の3つに分けられます。

  1. 最新の技術についていけていない
  2. 考え方や働き方が古い
  3. 今後は自社でシステム構築していく(内製化する)からSIer不要

 

ひと昔前までは、このような意見も多かったと思いますが、昨今の働き方改革で急速に変わってきている部分もあり、誤解されている部分も多いと思います。

 

SIerに興味ある人
SIerに興味ある人
あれ?つまり上記の理由って会社によるってこと?
ポチのすけ
ポチのすけ
おっしゃる通り、歴史ある企業であっても新しい会社であっても、オワコンになるかどうかは会社次第です。

 

理由①最新の技術についていけていない

SIerがオワコンと言われる理由として、最新の技術についていけていないというのがよく挙げられます。

結論から言うと、時代の変化に適用し続ける会社や、最新技術を使った新しいサービスを提供するような会社は生き残るので、誤解されている部分も多いと思います。

 

有名どころの日立製作所や、野村総合研究所(NRI)などは、50年~100年くらいの歴史があります。

会社の歴史が長いと、

「やり方が古いんじゃないか?」

「最新の技術についていけていないんじゃないか?」

「斬新なアイディアが出づらくてイノベーションが起きないんじゃないか?」

という、イメージがつくことで変化の激しいIT業界で生き残れないのでオワコンだと思う人が多いのではないでしょうか。

 

確かに会社によっては、新しいサービスよりも、古い自社サービスをずっと展開しようとしているところもあります。

ただ、変化が激しいIT業界では、時代の変化に適応した会社が生き残るので、歴史がある会社であっても、変化してきているのが見られます。

最近では、今までコピー機をメインで売っている会社でも時代の変化に適応しようと、システムをクラウド化するような新しいサービスを展開しようとしていますからね。

 

また、お客さんのニーズも時代の変化に合わせて変わってくるので、ニーズに応えられる会社が、コンペになった時に選ばれる傾向が強くなってきていると感じます。

 

理由②考え方や働き方が古い

SIerがオワコンと言われる理由として、考え方や働き方が古いというのも挙げられます。

結論から言うと、最新技術をうまく活用する新興企業の存在や、昨今の働き方改革やより変化がみられるため、結局は会社次第です。

 

確かに、考え方が古い会社だと、新しい技術よりも古い自社サービスの方をおすすめする会社もあります。

理由として、

  • 古くても自社サービスの方が利益になる
  • 査定で自分の評価が上がる

というようなもの。

 

具体的には以下のような形で、古い自社サービスを入れたいSIerが、邪魔するようなことも起きています。

お客さん
お客さん
最新技術を使ったサービスを入れたいと思っています。
SIer
SIer
最新技術を使ったサービスを入れるなら、我々がやっていた保守サポートはやめますよ。

こうなると、お客さんとSIerが揉めるので、今後の取引にも影響が出ることもあります。

 

また、労働時間が長いとか、客先常駐が多いなどの、働き方に自由が少ないという実情が、SIerはオワコンというイメージにつながっている部分もあります。

ただ、ここも本当に会社次第でして、最近では勤務体系をフレックス制にして、ある程度の自由が利く会社も増えてきています。

エンジニアの客先常駐についても、営業の交渉次第である程度はコントロールは可能。

ぼく自身、できる限り客先常駐ではなく、自社内で開発できるようにお客さんと話をしています。

システムをきちんと構築するというゴールのために、どこで開発するのかは手段でしかないので、きちんと自社で開発するメリットを伝えれば、納得してもらえますよ。

 

理由③今後は自社でシステム構築していく(内製化する)からSIer不要

SIerがオワコンと言われる理由として、今後は自社でシステム構築していく(内製化する)からSIer不要という意見もあります。

結論から言うと、日本では、SIer抜きでシステム構築をするのは難しいため、SIerが完全に不要とはならないでしょう。

 

この手の意見では、「アメリカにSIerはいない。日本でもオワコン化するに決まってる」という考えです。

理由として、アメリカ企業が日本企業よりも先を行っているからSIerが不要で、ゆくゆくは日本でも同じようにSIerがオワコン化するというもの。

 

ただ、アメリカにSIerがほとんどいないのは、アメリカの雇用体系が終身雇用ではなく、専門性を持ったプロたちが流動的に動く仕組みであることが理由です。

システム構築のプロは、製造業にも金融業にも会社に直接雇われています。

そのため、日本でSIerがやる仕事を社内でやってしまう部分があります。

 

日本もアメリカみたいに自社で内製するには、終身雇用ではなく、その時その時で人を雇えばできるかもしれませんが、日本がそこまでやるとは思えないんですよね。

日本で、自社内でシステムを内製しようとすると、

  • 人手不足
  • うまく育成できない
  • コア事業以外に予算や人を割くぐらいなら、外注する経営方針

などにより、文化に合わない気がします。

 

なので、SIerに依頼するんですよね。

 

しかも、ぼくが働いてみて感じるのは、

現在の日本の社内SEは、大企業であっても、ゴールまでのスケジュール管理をきちんと頭に思い描けて動ける人は少ないということ。

 

ぼくらの提案したスケジュールでは、余裕を持たせてスケジュールを引いていても、

  • 期限までに必要な機材や情報を準備できない
  • 優柔不断で決められない

などで、スケジュール通りに進まないことが多いんです。

 

ぼくらSIerが、何度も何度も依頼して、ようやくプロジェクトが前に進んでいるのが現実。

内製化をしようとした時には、ゴールまでの段取りまで意識しながらきちんとプロジェクトを進める必要がありますが、現状そうは見えないため、内製化は現実的に難しいと思います。

また、社内で内製化しようとして失敗したので、技術支援をしてほしいという依頼もよく受けます。

 

なので、日本では、SIer抜きでシステム構築するのは現実的ではないと、ぼくは思います。

 

スポンサーリンク

SIer全部がオワコンということではない

大丈夫

前述してきたように、SIerがオワコンっていうのは誤解で、実際は会社によるというのが正しいです。

SIerに限らずビジネスで大事なのは、相手のニーズに応えるということ。

 

お客さんが求めていることに、きちんと応える提案をできるSIerが、オワコンにならずに生き残っていくと思います。

逆に言うと、ネットで称賛されているWeb系の会社であっても、世の中のニーズに応えられていない商品やサービスを提供できないと、オワコンになります。

 

SIerは物売りではなく、お客さんが求める最適なシステムを構築して提供するのが仕事。

そのためには、問題を解決する柔軟な提案ができるように、最新情報をつかんで知識を身につけて、変わっていかないといけません。

お客さんが基盤のクラウド化を求めているのなら、AWSやAzureなどの提案をする必要があります。

業務効率化を求めているのなら、RPAやデータベースの構築などシステムの自動化が必要です。

 

実際、多くのSIerは、時代の変化に合わせて変わってきており、以下のように進化していっています。

  1. 最新の技術についていこうとするSIer
  2. 考え方や働き方を変えていっているSIer

 

最新の技術を身につけようと、優秀なエンジニアを多く雇ったり、自社の提案商品に取り入れるSIerも増えてきています。

例えば、最近は色んなものがオンプレミスからクラウドに移行されており、世の中のニーズに合わせてSIerも提案商品を変えるなど、変化してきています。

また、優秀な人材を集めるためには、働きやすさや報酬などが魅力的であるのも大事なため、考え方や働き方を変えようとしているSIerも増えてきています。

 

なので、SIer全部がオワコンというわけでは決してなく、会社によって全然違ってくるんです。

 

スポンサーリンク

SIerはオワコンなのか?まとめ

 

お話してきたことをまとめます。

SIerは、以下のような理由からオワコンと言われることが多いですが、SIerは、オワコンではありません。

  1. 最新の技術についていけていない
  2. 考え方や働き方が古い
  3. 今後は自社でシステム構築していく(内製化する)からSIer不要

オワコンかどうかは、SIer全体の話ではなく会社によるのと、世の中のニーズに応えられるかで決まります。

 

なので、SIerであっても、Web系の会社であっても、世の中のニーズに応えられるように変化し続けられるかが、オワコンにならないための大事なことです。

 

SIerはオワコンだと思っている方にとって、参考になれば嬉しいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

SIerを辞めたいと思った時に考えてほしいことの詳細記事はこちら

SIerを辞めたいと思った時に考えてほしい3つのこと【現場で働く営業マンが解説】
SIerを辞めたいと思った時に考えてほしい3つのこと【現場で働く営業マンが解説】SIerを辞めたいと思った時、「すぐに転職してやる」となる前に考えてほしい3つのことについて紹介しています。 転職する前にやれることはあるので、本記事を参考にまずは試してみて下さい。...

 

SIerはつまらないと思った時に面白くする方法の詳細記事はこちら

SIerはつまらないと思った時に面白くする方法を開発会社で働く視点で解説
SIerはつまらないと思った時に面白くする方法を開発会社で働く視点で解説SIerがつまらないと思った時、「すぐに転職してやる!」となる前に今の会社で面白くする方法を書いています。 SIerで働いている視点で、営業とエンジニア両方の方法を紹介しているので、まずは今の会社で試してみてほしいと思います。 是非、ご覧ください。...

 

SIerの年収は低いのかについての詳細記事はこちら

SIerの年収は低いのか?開発会社で働いてわかった実際の金額について
SIerの年収は低いのか?開発会社で働いてわかった実際の金額についてSIerの年収は低いのか?について開発会社で働いてわかった実際の金額をお伝えします。 営業マンだけでなく、SEなどの開発者の年収もお伝えしています。 メリット・デメリット・身につくスキル・やりがいなども、合わせてご紹介します。 是非、ご覧ください。...

 

SIerのメリット・デメリットの詳細記事はこちら

SIerのメリット・デメリットについて。開発会社で働くぼくの体験談
SIerのメリット・デメリットについて。開発会社で働くぼくの体験談SIerのメリット・デメリットについて、開発会社で働くぼくの勤務経験から紹介しています。 営業の場合になりますが、SIerはメリットが多いため、おすすめの仕事です。 是非、ご覧ください。...

 

SIer営業の仕事内容の詳細記事はこちら

SIerの営業ってどんな仕事?内容~休日までを開発会社で働いてわかった体験から紹介!
SIerの営業ってどんな仕事?内容~休日までを開発会社で働いてわかった体験から紹介!SIerの営業の仕事内容や残業時間、休日まで実際に開発会社で働いて体験していることを紹介します。 IT業界の中で、SIerの営業に興味がある方は、是非ご覧ください!...

 

SIerが楽しい理由についての詳細記事はこちら

SIerは楽しい仕事の一つである理由を現役営業マンのぼくが解説します
SIerは楽しい仕事の一つである理由を現役営業マンのぼくが解説しますSIerはつまらない!やめとけ!と言われることも多いですが、楽しい仕事です。 本記事では、SIerで働くぼくが感じているSIerが楽しい理由について紹介しています。 是非、ご覧ください。...