転職で失敗しない方法

ニートからITに行くのならインフラエンジニアがおすすめの一つ!業界で働く詳しい立場から解説

ニートからITに行くのならインフラエンジニアがおすすめの一つ!業界で働く詳しい立場から解説
ニートの人
ニートの人
ニート生活が続いてたんだけど、IT業界の中でインフラエンジニアがいいって聞くから興味がある。ただ、ニートだった人でもなれるものなの?
ニートの人
ニートの人
ニート生活が長かったから、手に職をつけて働きたいと思ってて、インフラエンジニアになれれば食っていけそう。ニートからでもインフラエンジニアになる方法があれば知りたい!
ポチのすけ
ポチのすけ
インフラエンジニアやプログラマーが足りない!と聞いたことはあっても、仕事をしていないと自分は対象なのかどうか不安になりますよね。

 

IT企業で営業として、プログラマー(エンジニア)と一緒に働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

会社では、システム構築のインフラ部分の提案をすることもあるため、インフラエンジニアの需要に対して詳しい立場にいます。

 

デジタル化とか、ITという響きから、プログラマーインフラエンジニアに興味を持つ人が増えています。

とりわけコロナ禍により、ITを活用できているかどうかが企業の明暗を分けている部分もあり、ITを推進するためのプログラマーやインフラエンジニアの需要が旺盛なのは確か。

 

ただし、仕事をしていない状態でプログラマーやインフラエンジニアになれるのかどうか、不安になりますよね。

 

そこで本記事では、

  • ニートの方は、インフラエンジニアになれるのか?
  • インフラエンジニアになるためにはどのような方法を取ったらいいのか?

について、IT業界で働いている立場から解説します。

 

結論からお伝えすると、プログラミング未経験でニートの方であっても、インフラエンジニアになることは可能。

ただし、決して簡単な道ではないので、相当な覚悟と正しい準備は必須です。

特に、戦略なしに最初から正社員に転職はできないので、転職まで支援してくれるプログラミングスクールで学びつつ、戦略的に転職する必要があります。

 

それでは、見ていきましょう。

 

ニートでもインフラエンジニアになれる理由

理由

冒頭でもお伝えした通り、プログラミング未経験のニートの方でもインフラエンジニアになるのは可能です。

 

理由は、企業がITに対する投資を進めているにも関わらず、インフラエンジニアの仕事であるシステム構築の人手が圧倒的に足りていないため。

 

コロナ禍によって、ITを活用して経営戦略を練って実行していけるかどうかが企業の将来を決めるといっても過言ではないぐらいITは重要なので、多くの企業がIT投資をしている(これからしようとしている)んですね。

 

今まではIT投資といっても、昔から運用していたシステムの保守など守りのために多額のお金を使っていました。

それが、これからはビジネスを大きくするために攻めのIT投資が不可欠になってきています。

そこで、攻めのIT投資をする費用を生み出すためにも、今まで守りの部分であったインフラ部分などのシステム保守をクラウド化することで、費用を抑える方向になってきています。

 

※クラウド化を超ざっくり言うと、今まで物理的なサーバーをドーンとおいてコンピューターの処理をさせていたところを、インターネット上で処理できるサービスを使って置き換えることです。クラウド化はインターネット上で処理できるので、費用をかなり安く抑えることが可能。

※インフラ部分のクラウド化を具体的に言うと、

  • Amazon(アマゾン)のAWS(エーダブリューエス)
  • Microsoft(マイクロソフト)のAzure(アジュール)
  • Google(グーグル)のGCP(ジーシーピー)

が挙げられます。

 

インフラ部分のシステムをクラウド化に置き換えるには、インフラエンジニアがシステム構築をする必要があるので、需要があるということです。

 

ぼく自身、会社の営業としてインフラエンジニアをプロジェクトに入れる提案をしていますが、どこの会社でも、

「とにかく人手が欲しい」

という要望が多く、早い順で人の取り合いになっているのが現状。

そのぐらい人が足りないため、やる気があって一定以上のレベルのインフラエンジニアであれば、過去にニートの期間があろうが、関係ありません。

大事なのはスキルです。

 

なお、コロナ禍でリモートワーク(在宅勤務)オンライン飲み会などが普及したように、今までの常識がITの力で大きく変わったことからも、今後もIT需要は伸びていくことは間違いないです。

もちろん、今だけではなく、今後もプログラマーやエンジニア(インフラエンジニア)は足りなくなると政府も危機感を持っています。

経済産業省が出している以下のデータからも、IT人材(インフラエンジニアやプログラマー)は2015年の時点ですでに17万人不足しており、2030年には59万人が不足するであろうと予測されています。

IT人材(エンジニア)は不足する

 

なので、インフラエンジニアは人手不足によって需要が高く、今後も需要が伸びていく職業。

やる気とスキルが重要なので、現在がニートであっても関係ありません。

また、スキルが上がれば年収も上がっていきやすいです。

 

スポンサーリンク

ニートでもインフラエンジニアになれるけど簡単じゃない

プログラマーは大変

前述した通り、プログラミング未経験のニートの方でもインフラエンジニアになれますが、決して簡単ではありません。

理由は、以下の通り。

  1. IT知識が必要
  2. コミュニケーション能力も必要
  3. 働くということに対する壁もある
  4. 戦略なしに正社員として転職はできない
  5. プログラミングスクールで学んでから転職することが前提

考えなしにインフラエンジニアになろうとすると地獄を見るので、何が求められているのかを理解しましょう。

 

理由①IT知識が必要

IT知識が必要

ニートの方がインフラエンジニアになるのが簡単ではない理由は、プログラミングだけではなく、そもそものIT知識も求められるためです。

 

まず、インフラエンジニアは、パソコンに向かってカタカタやっているだけの仕事ではありません。

プログラミングだけではなく、基本的なITの知識も必要です。

基礎的なものを上げると、

  • サーバー
  • 仮想環境
  • IPアドレス
  • コールドスタンバイ
  • DB
  • POC

など。

はじめて聞くと、「なんのこっちゃ?」ですよね。

 

プログラムを書くための前提知識として頻繁にIT用語は飛び交います。

営業マンのぼくも、覚えることがたくさんあるくらいITの知識面は必須

特に、文字通りITを利用するためのインフラ部分のシステム構築や、保守をするインフラエンジニアは、インフラの部分が周りのシステムに及ぼす影響も知っておかないといけません。

 

なので、プログラミングだけではなく、基本的なIT勉強が必要なのは認識しておきましょう。

なお、IT用語や単語、プログラムの決まりは、身近なところで使われているものと関連付けて覚えていくといいです。

 

理由②コミュニケーション能力も必要

コミュニケーションスキル

ニートの方インフラエンジニアになるのが簡単ではない理由は、プログラミングだけではなくコミュニケーション能力も求められるためです。

 

インフラエンジニアは、人としゃべらなくても仕事ができるように思われがちですが、最低限のコミュニケーション能力は必要です。

最初はコミュニケーション能力が高くなくても大丈夫ですが、ゆくゆくは必要。

お客さんのインフラに関連するシステム周りをどうするのか、お客さんと会話して了承を取りながら進めたり、お客さんに見せる仕様書をわかりやすく書くことも求められるためです。

 

「しゃべるのが苦手。。」という方は、少しずつ上達することを目指しましょう。

 

理由③働くということに対する壁もある

働くということに対する壁

ニートの方がインフラエンジニアになるのが簡単ではない理由は、そもそも働くということに対する壁があるためです。

 

一定期間働いていなかったという部分については、不安もあるでしょう。

「働き続けられるのか。。」という心配はあって当然。

 

ただ、今のまま一生同じではいけないと思い、本記事にたどり着いたはず。

大事なのは一気に何もかもやらないこと。

一つずつコツコツと積み上げていくことが大事です。

未経験からでも、インフラエンジニアになりたいと思う気持ちを忘れずに、昨日の自分を超えるよう1センチでも前に進められれば大丈夫。

 

理由④戦略なしに正社員として転職はできない

正社員として転職するには戦略が必要

ニートの方がインフラエンジニアになるのが簡単ではない理由は、戦略なしに正社員として転職はできないためです。

つまり、『転職サイトや転職エージェントに登録してそこから正社員になる』という通常の転職のやり方ではなく、戦略を立てて転職しないと正社員にはなれません。

 

会社としてのインフラエンジニアの人手が足りないといっても、基本的には会社側も、多少なりともプログラミング経験がある人を取りたがります。

もしあなたが20代であれば、全くの未経験でも入社してから学ばせて戦力にしようと考えてくれる会社もあるかもしれませんが、少数です。

基本は、全くの未経験で転職するのではなく、すでにプログラミングを学んだ状態でいることが必須。

 

そのため、通常の転職ではなく、戦略的に転職をする必要があります。

戦略的に転職するというのは、プログラミングスクールでしっかり学んでから転職するということ。

 

理由⑤プログラミングスクールで学んでから転職することが前提

プログラミングスクールで勉強が必須

ニートの方がインフラエンジニアになるのが簡単ではない理由は、プログラミングスクールで学んでから転職することが前提ということです。

つまり、基本的には転職する前に学ぶ時間とお金が必要。

 

前述した通り、戦略なしに転職活動をしていきなり未経験から正社員になるのはできないというのが理由。

しっかりと基礎を身に着けて、自分ができることを増やしてからでないと門前払いを食らってしまいます。

なので、しっかりとプログラミングスクールで学んでから転職するようにしましょう。

どのプログラミングスクールで学べばいいのかは、本記事の後半で解説しています。

また、プログラミングスクールでは、コードを書く以外のIT知識についても何を学べばいいのかもわかるので、やることが明確になるというメリットもあります。

 

プログラミングを始める方の中には、

  • IT業界が初めて
  • パソコンにとりわけ詳しいわけではない
  • ITの知識もこれから勉強

という方もいると思います。

 

そのため、自分がこれから何をやればいいのかについても、プログラミングスクールで相談してやるべきことを洗い出しましょう。

そうでないと、無駄な時間を過ごしてしまうので、有効活用しましょう。

 

スポンサーリンク

ニートでもインフラエンジニアに向いている人

おすすめ

ニートの方でもインフラエンジニアに向いている人は、ITに興味があって、最初は大変でも頑張れる覚悟がある人です。

また、

  • 1つのことに夢中になれる人
  • 手に職をつけたい人

も向いていると言えます。

 

インフラエンジニアはおすすめの仕事ですが、前述してきたように、正直いってかなり大変。

  • 転職する前に勉強する時間を作り出すのが大変
  • プログラミングスクールはお金もかかるところがほとんど
  • 転職しても最初は給料が高くはない

なので、相当な覚悟を持つ必要があります。

それが難しいのであれば、インフラエンジニアになるのはおすすめできません。

 

さらに、インフラエンジニアは年収が上がっていきやすい仕事ですが、最初は年収は高くないので転職してからが本番。

インフラエンジニアになりたての頃は、年収300万台の方が多いのが現実なので。

 

ただ、スキルアップして仕事ができるようになってくれば、給料アップできる仕事。

プログラミングスクールでお金がかかるといっても、インフラエンジニアになって頑張って仕事をしていけば安すぎる投資と言えます。

IT市場はこれからも伸び続けることが予想され、インフラエンジニアは常に足りていないので、未経験のニートの方でもチャンスは充分。

最初は苦労しますが、興味があって心を燃やすような強い意志で頑張れるのであれば、まずはやってみることが大事です。

 

スポンサーリンク

ニートからインフラエンジニアになる方法

プログラマーになる方法

ニートの方が、未経験からインフラエンジニアになるための方法は次の手順です。

  • プログラミングスクールで基礎から学ぶ
  • 転職してまずは仕事をしていく

 

まずは、需要が急増していて今後も伸びていくこと間違いなしのAWS(エーダブリューエス)が学べるプログラミングスクールで学んでから転職することが必須。

独学では不可能なレベルなのと、転職支援も受けないとインフラエンジニアになれないからです。

なお、年齢によっては、無料で受けられるプログラミングスクールもあるので、条件に合えばお金がかからずにインフラエンジニアとしてスタートできるので非常におすすめ。

 

先ほどもお伝えした通り、

基本的には全くの未経験で入社してから学ぶのではなく、少なくとも基礎だけは押さえておかないと会社も採用しづらいですし、あなた自身も仕事をする前の段階でつまづいてしまいます。

そのため、多少金額がかかったとしても、2ヶ月~6か月ほどはプログラミングスクールで基礎を学んでから転職するのが王道。

 

ニートの方にもおすすめのプログラミングスクールは、以下の通り。

19歳~28歳の場合

GEEK JOB(ギークジョブ)

 

28歳以上の場合

RaiseTech(レイズテック)

 

19歳~28歳の方なら・・・

東京・神奈川・埼玉・千葉に住んでいる19歳~28歳であれば、無料で基礎から学べて転職までできるプログラミングスクールであるGEEK JOB(ギークジョブ)がおすすめ。

無料(スピード転職コース)で学ぶためには以下のような条件がありますが、条件を満たしている場合は、非常におすすめです!

 

GEEK JOBを無料で学ぶ条件

 

  • 対象年齢:19歳~28歳
  • エリア:就職希望先は一都三県
  • 現住所:日本国内のみ
  • 国籍:日本国籍のみ
  • 半年以内に転職意欲がある人

 

GEEK JOB(ギークジョブ)は、未経験からITエンジニア正社員への転職率が驚異の97.8%!

頑張り次第ですが、最短22日で転職まで行けますし、最短でなくても約2ヶ月で転職まで行けるスピード感も魅力の一つ。

また、オンライン(ネット上)で学べるので、通学の必要もありません。

GEEK JOBのメリットデメリットや注意点をまとめると、以下の通り。

 

メリット

 

  1. 審査を通れば無料でプログラミングの基礎を学べる
  2. IT業界への転職支援をしてくれる
  3. 約2ヶ月で学び~転職まで持っていける
  4. 社会人としての大切なことも学べる
  5. キャリア戦略を練れる
  6. オンライン(ネット上)で全部行える

 

デメリットや注意点

 

  1. 年齢制限がある(19歳~28歳まで)
  2. 就職先は東京圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)のみ
  3. 教えてもらうのではなく、学びに行く姿勢が必要

 

GEEK JOBは、AWSだけでなく、世の中のニーズが高い言語であるJavaや、無料のプログラミングスクールではほとんど学べないPHPRubyも学ぶことができます。

「Webサービスを作りたい!」

と思った時は、PHPとRubyが鉄板の言語であり、需要も多いです。

スピード転職するためには、受け身ではなく自ら学びに行く姿勢が必要ですが、自分で自分の人生を変えるんだ!という強い気持ちがあれば大丈夫。

まずは、こちらから無料体験・説明会を受けてみましょう。

ただ、大変人気があるため、早めに登録しておかないと枠が埋まってしまうことも。

TRY NOW

GEEK JOB無料説明会はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

また、GEEK JOBについて、詳しくは以下の記事で解説しています。

GEEK JOB(ギークジョブ)の6つのメリットを運営会社であるGROOVE GEAR(グルーヴ・ギア)に話を聞いてまとめました
GEEK JOB(ギークジョブ)の6つのメリットを運営会社であるGROOVE GEAR(グルーヴ・ギア)に話を聞いてまとめましたGEEK JOB(ギークジョブ)キャンプを運営するGROOVE GEAR(グルーヴ・ギア)株式会社に訪問して、話を聞いてみてわかった6つのメリットについて紹介しています。 どのような考え方をするとうまくいくのか、といったことや、デメリットや注意点も合わせて解説しています。 是非ご覧ください。...

 

28歳以上の方なら・・・

28歳以上の方や、東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)に住んでいない方は、有料にはなりますが、RaiseTech(レイズテック)がおすすめ。

AWSを専門に扱っている唯一のプログラミングスクールであり、年齢制限や居住地制限がないので、やる気とパソコンがあれば、誰でも受講できます!

また、大手企業の仕事を請け負っている会社が運営しているため、卒業後にプロジェクトの現場を紹介したり、転職&就職サポートまで寄り添ってくれます。

 

AWSのコースは、

  1. AWSフルコース:一から現場で通用するレベルまで学習するコース
  2. AWS自動化コース:すでに経験がある人がさらに自分の価値を高めたい場合のコース

と、2つありますが、初めての方はAWSフルコースで学びましょう。

 

AWSフルコースの金額や受講期間は以下になります。

AWSフルコース

 

受講料:398,000円(税込)

※学割価格だと238,000円(税込)

※講義が開催される月より早く申し込むと早割で割引あり

授業回数:16週間(週1回 / 1回あたり120分)

オンライン質問対応:10:00 ~ 24:00(月曜日 ~ 日曜日)

 

★早割…開講月のふたつ前の月のうちに本申し込みした方は表示価格から10%割引!(学割との併用は不可)
例:4月に開講する講座であれば2月28日まで

 

RaiseTechのメリットデメリットや注意点をまとめると、以下の通り。

 

メリット

 

  1. 現場主義でプログラミング以外のIT知識も教える
  2. 講師は現役のエンジニア
  3. 年齢制限なし
  4. オンラインで授業ができるので全国どこでも学べる
  5. 学習サポートが充実しており、補講やマンツーマンサポートあり
  6. 就職・転職するまでサポート
  7. 2週間のトライアル受講も可能
  8. 受講期間が終わってもオンラインのコミュニティに参加し続けられる
  9. 受講期間が終わっても講師に相談できる

 

デメリットや注意点

 

  1. 有料なので、ある程度のお金はかかる
  2. 学習時間は200~300時間は必要なので、それなりの時間がかかる
  3. 教えてもらうのではなく、学びに行く姿勢が必要

 

RaiseTechは、AWSだけでなく、

  • デザインコース
  • WordPress副業コース
  • Javaフルコース
  • Javaフレームワークコース

があるので、説明会を聞いてみて、興味があるものを選べます。

また、各フルコースでは2週間の体験期間(トライアル受講)があり、この期間内であれば全額返金保証なので、まずはどのようなものなのか体験することが可能。

 

現場で通用するエンジニアになって転職するためには、受け身ではなく自ら学びに行く姿勢が必要ですが、「自分で自分の人生を変えるんだ!」という強い気持ちがあれば大丈夫。

トライアルもできるので、自分の人生を変えていきたい方は、チャレンジしていきましょう。

大変人気があり、早めに登録しておかないと枠が埋まってしまうこともあるので、お申込みはお早めに。

TRY NOW

RaiseTechお申込みはこちら(公式サイト)

※2週間のトライアル受講可能!

 

まとめ:ニートの方でも正しい準備をすればインフラエンジニアになれる!

 

お話してきたことをまとめます。

ニートの方であっても、相当な覚悟と準備をすれば未経験からインフラエンジニアに転職することは可能です

人手不足が慢性的な業界なので、チャンスは充分。

 

ただし、ニートの方がインフラエンジニアになるのは決して簡単ではありません。

理由は以下になります。

  1. IT知識が必要
  2. コミュニケーション能力も必要
  3. 働くということに対する壁もある
  4. 戦略なしに正社員として転職はできない
  5. プログラミングスクールで学んでから転職することが前提

 

ニート方でもインフラエンジニアに向いている人は、ITに興味があって、最初は大変でも頑張れる覚悟がある人です。

また、

  • 1つのことに夢中になれる人
  • 手に職をつけたい人

も向いています。

 

ニートの方が、未経験からインフラエンジニアになるための方法は次の手順です。

  • AWS(エーダブリューエス)が学べるプログラミングスクールで基礎から学ぶ
  • 転職してまずは仕事をしていく

 

おすすめのプログラミングスクールは以下の通り。

 

ニートの方が未経験からインフラエンジニアになるのは、かなり大変な道のりですが、最初を乗り越えれば人生が変わる仕事。

エンジニア市場は需要に供給が追い付いていない状況なので、たとえ未経験の方であっても、チャンスは充分あります。

なので、興味がある方はまずはほんの少しで良いのでアクションを起こし、プログラミングスクールの説明を聞くところから始めましょう。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

無料で学べるGEEK JOB(ギークジョブ)の説明会はこちらから

 

RaiseTech(レイズテック)お申込みはこちらから

 

転職で失敗しない方法のまとめ記事はこちら

転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】
転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】転職は環境も大きく変わりますし、確実に成功するわけではないので、怖いですし不安になるので動けないと感じてしまいますよね。 本記事では、転職を3回経験したぼくの実体験から得た、転職で失敗しないための方法や具体例をまとめています。 怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...