仕事の悩み

仕事に行く前から帰りたい人がやるべき4つの事。自分の時間と体を大事にしよう!

仕事に行く前から帰りたい人がやるべき4つの事。自分の時間と体を大事にしよう!
会社員
会社員
毎日の仕事がしんどい。疲れがたまりすぎているし、会社には嫌な人いるし…これから仕事だけど、もはや仕事行く前から家に帰りたい。。
ポチのすけ
ポチのすけ
仕事がしんどかったり、辛いことが多いと、仕事に行く前から今日はもう帰りたい。。って思いますよね。

 

以前、ブラック企業で働いていたポチのすけ(@pochinosuke1)です。

朝、仕事に行く前から早く帰りたいと思ったことが何度もあります。

 

仕事がしんどくても、生活のためには出社しないといけないのですが、しんどいと早く帰りたいと感じてしまいます。

そういった生活が続くと、仕事の最中に帰りたいと思うだけでなく、朝の出社前の家にいる時から「早く家に帰りたい」と思ってしまうもの。

 

本記事では、

「仕事に行く前から帰りたい。。」と感じている人がやるべき4つのことについてご紹介します。

結論から言うと、やるべき4つのことは以下の通り。

  1. 上司に言ってその日は帰る
  2. 定時ダッシュする
  3. 他の職場を知る
  4. 退職代行を使う

それではご覧ください。

 

仕事に行く前から帰りたい理由

理由

「仕事に行く前から帰りたい。。」

そこまで思うのは理由があり、以下の6つです。

  1. 仕事がしんどい
  2. 体がだるい(疲れがたまりすぎている)
  3. 仕事がつまらない
  4. 職場に苦手な人(上司)がいる
  5. 給料が低い
  6. プライベートの方が優先

総じて、仕事でのやる気が出ないために起こります。

 

会社員
会社員
わかるなぁ。仕事のやる気が出ないんだよね。
ポチのすけ
ポチのすけ
これだけ理由があると、帰りたくなりますよね。では、一緒に見ていきましょう。

 

理由①仕事がしんどい

「仕事に行く前から帰りたい。。」と感じる1つ目の理由は、仕事がしんどいというもの。

大変な仕事やストレスのかかる仕事など、仕事がしんどい理由はたくさんありますが、仕事がしんどいと感じていると、仕事に行く前から憂鬱な気分になります。

「仕事に行ったら、またしんどい思いをすることになる。。」と、マイナスの未来を想像してしまうからですね。

そうなると、

「仕事に行きたくない」

「仕事の時間とか早く終われ」

「もはや仕事に行く前から帰りたい」

と考えてしまうのも無理はありません。

 

なので、仕事がしんどいと、「仕事に行く前から帰りたい。。」と感じてしまいます。

 

理由②体がだるい(疲れがたまりすぎている)

「仕事に行く前から帰りたい。。」と感じる2つ目の理由は、体がだるい(疲れがたまりすぎている)というもの。

 

残業が多い仕事などでは、疲れがかなり溜まってしまいます。

疲れが溜まりすぎると、体がだるくなり、体調的に仕事をする以前の問題になります。

体調が悪いときは、とっとと早退したいぐらい仕事をするのがつらいもの。

そうなると当然、

「仕事に行きたくない」

「仕事の時間とか早く終われ」

「もはや仕事に行く前から帰りたい」

と考えてしまうのも無理はありません。

 

なので、体がだるい(疲れがたまりすぎている)と「仕事に行く前から帰りたい。。」と感じてしまいます。

 

理由③仕事がつまらない

「仕事に行く前から帰りたい。。」と感じる3つ目の理由は、仕事がつまらないというもの。

 

毎日の仕事がつまらないと、モチベーションが保てなくなり、仕事に行く気が失せます。

例えば、

「また、会議室の調整で周りの承認を取りに駆けずり回るような、くだらないことをしないといけないのか」

「周りのお伺いばかりで、何の意味があるんだ」

など、仕事がつまらないと感じていると、「仕事に行きたくない。。」と思ってしまいます。

 

理由④職場に苦手な人(上司)がいる

「仕事に行く前から帰りたい。。」と感じる4つ目の理由は、職場に苦手な人(上司)がいるというもの。

 

世の中の人全員とうまくやれたらいいですが、どうしても苦手意識を持ってしまう人はいるものです。

職場に苦手な人や、嫌な上司がいると、顔を合わせたり話すのがしんどいので、仕事に行くのが嫌になることに。

そうなると、

「仕事に行きたくないし、今日も仕事の時間が早く終われ」

「仕事に行く前から帰りたい。。」

と感じてしまいます。

 

なので、職場に苦手な人(上司)がいると「仕事に行く前から帰りたい。。」と感じてしまいます。

 

理由⑤給料が低い

「仕事に行く前から帰りたい。。」と感じる5つ目の理由は、給料が低いというもの。

 

働いた対価として給料をもらうわけですが、給料が低いと、やる気を保つのは難しいもの。

給料が低いと、

「今日頑張って明日も頑張って1か月頑張っても、もらえる給料はたかが知れているよなぁ。」

と仕事に行く気が失せます。

そうなると、仕事に行きたくないし、仕事に行く前から帰りたい、と感じてしまうのも無理はありません。

 

理由⑥プライベートの方が優先

「仕事に行く前から帰りたい。。」と感じる6つ目の理由は、プライベートの方が優先というもの。

 

プライベートを充実させたい!と考えるのはとても素敵なことです。

人生を振り返った時に、よい人生だったと感じるためには、プライベートの充実は欠かせません。

もちろん、プライベートを充実させるには働いてお金を得る必要がありますが、残業や休日出勤があるような職場だと、プライベートの充実に対して邪魔になります。

プライベートを優先したいのに、仕事に邪魔されるというのはストレスそのもの。

そうなると、「仕事に行きたくない」「仕事に行く前から帰りたい。。」と感じてしまっても無理はありません。

 

スポンサーリンク

仕事に行く前から帰りたい人がやるべき対処法

やるべきこと

「仕事に行く前から帰りたい。。」という状態のまま放置するのは、よくないです。

マイナスのことばかり連想され、やる気がないまま過ごすのは、自分の人生にとってまったくプラスになりません。

そのため、「仕事に行く前から帰りたい。。」という人は、以下のやるべき対処法のうち、自分に合うものを選んですぐに実行しましょう。

 

  1. 上司に言ってその日は帰る
  2. 定時ダッシュする
  3. 他の職場を知る
  4. 退職代行を使う

 

対処法①上司に言ってその日は帰る

仕事に行く前から帰りたい人がやるべき対処法1つ目は、上司に言ってその日は帰ることです。

 

「仕事に行く前から帰りたい。。」という状態の時、そのまま出社して仕事をしてもモチベーションは全然ない状態ですし、仕事もはかどりません。

そうなると、精神的にもつらいだけなので、上司に言ってその日は帰るべきです。

上司に言う時の理由は何でもよいですが、無難なのは、

「体調が悪い」

「気分がすぐれない」

という健康関連の言い訳をして帰ること。

ストレートに、「仕事が嫌で、帰りたいので帰ります」だと、無駄にもめたりして面倒なので。

 

「そうは言っても帰れない。。」という方もいるかと思います。

それでも、体調が悪ければ仕事にならないのと同じように、「仕事に行く前から帰りたい。。」という状態の時は、仕事になりません。

その日は無理することなく、上司に言って帰るようにしましょう。

 

対処法②定時ダッシュする

仕事に行く前から帰りたい人がやるべき対処法2つ目は、定時ダッシュすることです。

 

「仕事に行く前から帰りたい。。」という状態の時、何とか出勤できても無理は禁物。

必ず定時ダッシュできるように、仕事配分を考えておきましょう。

つらいことでも、終わりが見えているものについては、何とか踏ん張れるもの。

なので、必ず定時ダッシュするようにしましょう。

 

以下に、定時ダッシュする方法について記載します。

こちらは、「仕事に行く前から帰りたい。。」という状態以外でも、使える方法になります。

  1. 1日のタスクを把握する
  2. 週単位・月単位のタスクを把握する
  3. 仕事の納期を把握する
  4. 優先順位をつける
  5. 作業の無駄をなくすのと、自身のスピードアップを意識する
  6. プライベートを優先させるという固い意志を持つ

 

①1日のタスクを把握する

 

まずは、1日のタスクを把握して、やるべきことを把握しましょう。

裏紙やパソコンのメモ帳に「タスク」として箇条書きで書き出していくと、何をするべきか、優先順位が高いものは何かが一目でわかります。

例えば、

タスク

  • A社に見積もり
  • B社に体験版のフォロー連絡
  • C社にアポ調整のメール
  • 社内へ企画のための情報提供の依頼メール

など。

 

予定を書いておける社内システムを導入している会社であれば、ログインしてメモ帳として書き込んで管理してみましょう。

 

②週単位・月単位のタスクを把握する

 

次は、週単位・月単位でのタスクの把握。

今週やるべきタスクを裏紙の別の紙や、パソコンのメモ帳に書き出しておきます。

予定を書いておける社内システムを導入している会社であれば、ログインしてメモ帳として週単位・月単位で書き込んで管理してみましょう。

 

例えば、

2月1日週のタスク

  • 2月4日までにA社に質問への回答連絡
  • 2月3日にB社へ提案の回答をもらう
  • 2月5日にC社に訪問予定なので、資料作成

など。

終わったタスクは消しておきましょう。

 

③仕事の納期を把握する

 

それぞれのタスクは納期が違います。

つまり、いつまでにその仕事をやればいいのか、ということを把握するということ。

  • 今日中なのか
  • 明日の午前中までなのか
  • 今月中なるべく早めになのか

 

いつまでに仕事をやるべきかがわかれば、優先順位をつけやすくなりますので、効率よく仕事を進められます。

タスクを行うのに期限がわからなければ、関係している人に聞くのもよいです。

 

④優先順位をつける

 

やるべきタスクと納期を確認したら、優先順位をつけていきます。

 

例えば、今日のタスクが、

  • A社に見積もり
  • B社に体験版のフォロー連絡
  • C社にアポ調整のメール
  • 社内へ企画のための情報提供の依頼メール

だとします。

この中から、優先順位が高いものをピックアップして取り組んでいくということ。

どのくらいの時間がかかるかということも予測して、優先順位をつけていきます。

 

先ほどの今日のタスクに優先順位をつけていきます。

かかる時間や納期を計算してみて、例えば以下のように優先順位をつけます。

 

  1. C社にアポ調整のメール
  2. A社に見積もり
  3. B社に体験版のフォロー連絡
  4. 社内へ企画のための情報提供の依頼メール

 

優先順位をつけたら、あとは1番目のものから実際に行動してみて、タスクを完了していく形になります。

この時、納期も考えながら仕事をしておくと、本当にこれは今日やるべきなのか?という判断もできます。

そのため、急ぐ必要がないものは、無理に行わずに明日に持ち越すことで、早く帰ることができます。

 

⑤作業の無駄をなくすのと、自身のスピードアップを意識する

 

早く帰るために、やるべきタスクと納期、優先順位をつけたら、あとは実行していくこと

その際、作業の無駄をなくして、自分自身の作業スピードも速くしていく必要があります。

 

作業の無駄をなくすには、定型文などのテンプレを作っておき、うまく使いまわすことで時間の短縮を図れます。

例えば、メールなど同じ文章の使い回しが多いのなら、

 

「お疲れ様です。

○○です。

~ 本文 ~

以上です。

何卒、よろしくお願いいたします。」

 

というような、下書きのメモを作っておき、使うときはコピペして本文を埋めるだけですぐに送れます。

 

作業スピードに関しては、慣れの部分も大きいです。

ぼくも、当初はタイピングが遅すぎて時間がかかってしまいましたが、ずっとやり続けたことで、同じような文書は手が勝手に動くようになり、だいぶ早くなりました。

 

⑥プライベートを優先させるという固い意志を持つ

 

早く帰るための考え方になりますが、周りに流されずに自分の考えを優先する姿勢も大切です。

例えば、プライベートを優先するという姿勢。

 

他の人が帰っていないから、とりあえず自分も残っているという訳がわからないことをやっているのなら、すぐに帰ることで、残業をしない人というポジションをとっておきましょう。

変な同調意識をもってしまうと、貴重な時間を失います。

ぼくの場合、仕事の後は「自分の時間としてやりたいことがあるから早く帰る」という固い意志を持つことで、周りの目を気にせずに早く帰ることができました。

 

対処法③他の職場を知る

仕事に行く前から帰りたい人がやるべき対処法3つ目は、他の職場を知ることです。

 

「仕事に行く前から帰りたい。。」という状態が、1日だけならまだしも、長く続く場合は特に注意しましょう。

そのまま出社して仕事をしても、モチベーションは全然ないので成長することは難しく、スキルも付きにくいです。

その状態のまま仕事をするのは、自分のキャリアにおいてもったいない時間を過ごすことになるため、その時は他の職場を知って良い職場なら移る(部署異動・転職)のがおすすめ。

「仕事に行く前から帰りたい」のはあくまで、今の仕事だからそう思うのであって、環境を変えれば大きく変わります。

 

社内の部署移動

 

まず検討するべきなのは、社内の部署異動。

自分のスキルが活かせて、しんどくない部署に異動願いを出すこと。

部署異動で解決できるのなら、一番良いです。

 

転職

 

今の会社内で解決することが難しい場合、転職エージェントを使って、社外の職場を知ることで、自分に最も合う会社に転職することを検討しましょう。

希望する部署異動ができる会社ばかりではないですし、会社を変えることで環境が変わった方がうまくいくことも多いからです。

希望の転職先に行くためには、募集があるのかと、自分の考えに合う会社を見つけるためにも、転職エージェントを使い倒しましょう。

転職エージェントは、無料で以下のようなサービスを受けられるので、使わない手はありません。

  • 非公開求人含め多くの求人を紹介してくれる
  • 書類や面接対策について親身にアドバイスしてくれる
  • 企業に交渉してくれる

なお、転職エージェントは、2社は登録するのがおすすめ。

1社の転職エージェントだけだと、求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になるからです。

結果的に転職しない場合であっても、「世の中にはこんな会社があるんだ」と知っておくだけでかなり違います。

 

多くの方におすすめの転職エージェント

多くの方におすすめの転職エージェントは、多くの求人をカバーしているdodaと、隠れた優良企業が見つかるtype転職エージェントです。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも、dodaとtype転職エージェントを使って転職に成功!

営業の方など多くの方にとって、dodaもtype転職エージェントも求人は多いため、見つけやすくなっています。

もちろん、全部無料で登録・利用できます!

 

doda

 

dodaは、業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • dodaだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 全国の求人に対応
  • 転職エージェントが書類作成から面接対策まで親身にアドバイスしてくれる
  • スケジュール調整や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる

 

dodaは、転職エージェントに迷ったらdoda!というぐらい安定の転職エージェント。

デメリットは、迷惑メールかと思うくらい求人メールが届くことと、求人紹介の幅が広いので自分に合わない求人が含まれていることです。

ただ、「多くの求人情報を漏れなく紹介してくれる」と発想を変えることで、そこまで気にすることなく転職活動に取り組めます。

状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

 

 

type転職エージェント

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていない、隠れた優良企業を多く持っている転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • type転職エージェントだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 特にIT・Web系の会社に強い
  • 東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に対応
  • 求人情報のほとんどに求人企業の競合情報まで載せてくれている
  • 転職エージェントが、企業ごとに面接の重要ポイントを親身にアドバイスしてくれる
  • 年収交渉や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、dodaと合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)特化のため、それ以外の地域で転職を検討している場合は極端に求人が少ないことと、dodaなどの大手と比べると求人が少ないことです。

ただ、dodaなどの大手転職エージェントで拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、東京圏の方はdodaと合わせて利用すると弱点をカバーして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

 

 

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介
環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介今の仕事から環境を変えたい!場合、転職は有効な手段です。 本記事では、転職で環境を変えるのが有効な理由と、転職の不安を解消する方法、ぼくの3回の転職経験で使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントについて、具体的なエピソードを交えて紹介しています。 ぜひご覧ください。...

 

エンジニアの方におすすめの転職エージェント

 

エンジニアの方におすすめの転職エージェントは、エンジニア転職に強く、多くの求人をカバーしている、マイナビエージェント×ITレバテックキャリアがおすすめ。

上記転職エージェントも、全部無料で登録・利用できます!

 

マイナビエージェント×IT

 

マイナビエージェント×ITは、業界大手のマイナビが運営するITエンジニア専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビだけがもっている優良求人・非公開求人が多い(紹介の80%は非公開求人)
  • 特に、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の優良企業の求人が豊富
  • 北海道・名古屋・大阪・福岡にも対応しているので安心
  • IT業界に精通したキャリアアドバイザーから書類添削や面接対策も受けられる

 

特に、20代~30代のITエンジニア転職に強いため、20代~30代の方にはおすすめの転職エージェント。

デメリットは、大都市圏以外の地方にはそこまで強くないというところです。

ただ、まったく求人がないわけではないので、転職を考えている場合、まずは登録して探してみましょう。

思わぬ掘り出し求人が出てくることも。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう!

TRY NOW

マイナビエージェント×ITの登録はこちら(公式サイト)

 

 

レバテックキャリア

 

レバテックキャリアは、IT・Webに特化した専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • レバテックキャリアだけが持っている優良求人・非公開求人が多い
  • 首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)、関西圏(大阪・兵庫・京都)、福岡に対応
  • 年間3,000回以上の企業訪問によって得られた、鮮度の高い情報の提供が受けられる
  • 専門のアドバイザーには、具体的な悩みをわかっている元エンジニアのエージェントもおり、サポート体制は万全

 

特に、元ITエンジニアのエージェントがいるので技術的な話が通じるのと、元ITエンジニアだからこそわかる悩みを理解して提案してくれる転職エージェント。

デメリットは、首都圏、関西圏、福岡以外の求人が豊富ではないというところです。

ただ、まったく求人がないわけではないので、転職を考えている場合、まずは登録して探してみるのがおすすめ。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

レバテックキャリアの登録はこちら(公式サイト)

 

 

対処法④退職代行を使う

仕事に行く前から帰りたい人がやるべき対処法4つ目は、退職代行を使うことです。

 

「仕事に行く前から帰りたい。。」という状態があまりにひどく、部署異動や転職をする元気や勇気もない場合、退職代行を使ってでもすぐに会社を辞めた方がよいです。

そのまま出社して仕事をしても、モチベーションは全然ないので成長することは難しいですし、ストレスがたまる一方。

最悪のケースだと鬱(うつ)にある可能性もあるので、そうなる前に退職代行を使ってでもすぐに会社を辞めて、いったん休息してから転職するのがおすすめです。

退職代行とはその名の通り、退職したい人の代わりに業者が会社とやり取りを代行してくれて、退職までをやってくれるサービス。

上司が怖くて自分から退職を言いだせない人や、ストレスの限界を突破しそうな人にピッタリのサービスです。

 

退職代行の中でもおすすめは、退職代行SARABA

退職代行SARABAは、数ある退職代行業者の中で利用者数NO.1価格もリーズナブルです。

退職代行SARABAの特徴

 

  • 労働組合が対応するため交渉が可能(弁護士法違反の心配なし)
  • 即日退職可能
  • 利用料金は一律税込27,000円(追加料金なし)
  • 万が一退職できなかった場合、全額返金保証付
  • 行政書士監修+行政書士監修の退職届付き
  • 電話、LINE、メールに24時間即対応

 

TRY NOW

退職代行SARABAはこちら(公式サイト)

 

 

詳しくは、以下の記事でも紹介しています。

退職代行SARABAの詳細記事はこちら

仕事を辞めさせてくれないからバックレたいという時に使うべき退職代行を紹介【次の職場にスムーズに動ける】
仕事を辞めさせてくれないからバックレたいという時に使うべき退職代行を紹介【次の職場にスムーズに動ける】「会社を辞めれない、辞めさせてくれない。。それなら、いっそのことバックレたい!」とまで考えている方は、迷わず退職代行サービスを使うべき。 本記事では、仕事を辞めさせてくれない。バックレたいという時に使うべきおすすめNO.1退職代行SARABAについて詳しく紹介しています。...

 

もし、有給休暇の取得や未払い残業代も請求したい!という場合は、弁護士による退職代行サービスである、弁護士法人みやびを使いましょう。

弁護士法人みやびは労働問題に強く、弁護士でないとできない業務(有給休暇の取得や未払い残業代の請求など)を行ってくれて、価格も破格です。

弁護士法人みやびの特徴

 

  • 弁護士でないと交渉すらできない業務を行える(弁護士法違反の心配なし)
  • 他社の代行サービスで断られた困難なケースでも対応可能
  • 退職希望者の権利を交渉・請求してくれる(有給休暇・残業代・退職金・未払い金など
  • 即日退職可能
  • 出社無しで引き継ぎ&私物引き取りもOK
  • 全国どこでも対応可能
  • 相談は無料で行える
  • 着手金は弁護士依頼では破格の税込55,000円
  • LINE、メールで24時間対応

 

TRY NOW

弁護士法人みやびへの無料相談はこちら(公式サイト)

 

 

詳しくは、こちらの記事で紹介しています。

弁護士法人みやびの詳細記事はこちら

「仕事を辞めさせてくれない。。」人手不足で有給休暇も取れないような職場でやるべきたった一つのこと「人手不足を理由に仕事を辞めさせてくれない。。有給休暇も取れない。。」という状態はつらいものです。 本記事では、人手不足などの理由で仕事を辞めさせてくれないとお悩みの方が取るべき、たった一つのことについてご紹介します。 是非、ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

仕事に行く前から帰りたいまとめ

 

お話してきたことをまとめます。

「仕事に行く前から帰りたい。。」と思うくらい、仕事がつらい時はあります。

そこまで思うのは理由は以下の6つ。

  1. 仕事がしんどい
  2. 体がだるい(疲れがたまりすぎている)
  3. 仕事がつまらない
  4. 職場に苦手な人(上司)がいる
  5. 給料が低い
  6. プライベートの方が優先

 

「仕事に行く前から帰りたい。。」という人がやるべき対処法は以下の4つです。

  1. 上司に言ってその日は帰る
  2. 定時ダッシュする
  3. 他の職場を知る
  4. 退職代行を使う

 

仕事行く前から家に帰りたい。。という方はの参考になれたら嬉しいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

 

TRY NOW

マイナビエージェント×ITの登録はこちら(公式サイト)

 

 

TRY NOW

レバテックキャリアの登録はこちら(公式サイト)

 

 

TRY NOW

退職代行SARABAはこちら(公式サイト)

 

 

TRY NOW

弁護士法人みやびへの無料相談はこちら(公式サイト)

 

 

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介
環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介今の仕事から環境を変えたい!場合、転職は有効な手段です。 本記事では、転職で環境を変えるのが有効な理由と、転職の不安を解消する方法、ぼくの3回の転職経験で使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントについて、具体的なエピソードを交えて紹介しています。 ぜひご覧ください。...

 

退職代行SARABAの詳細記事はこちら

仕事を辞めさせてくれないからバックレたいという時に使うべき退職代行を紹介【次の職場にスムーズに動ける】
仕事を辞めさせてくれないからバックレたいという時に使うべき退職代行を紹介【次の職場にスムーズに動ける】「会社を辞めれない、辞めさせてくれない。。それなら、いっそのことバックレたい!」とまで考えている方は、迷わず退職代行サービスを使うべき。 本記事では、仕事を辞めさせてくれない。バックレたいという時に使うべきおすすめNO.1退職代行SARABAについて詳しく紹介しています。...

 

弁護士法人みやびの詳細記事はこちら

「仕事を辞めさせてくれない。。」人手不足で有給休暇も取れないような職場でやるべきたった一つのこと「人手不足を理由に仕事を辞めさせてくれない。。有給休暇も取れない。。」という状態はつらいものです。 本記事では、人手不足などの理由で仕事を辞めさせてくれないとお悩みの方が取るべき、たった一つのことについてご紹介します。 是非、ご覧ください。...