転職のきっかけ

残業するのが当たり前というおかしい職場で働く人の解決方法を4社を経験した営業マンが解説します

残業するのが当たり前というおかしい職場で働く人の解決方法を4社を経験した営業マンが解説します
会社員
会社員
定時で帰ってる人いなくて、残業が当たり前の雰囲気になってしまっているし、僕自身も毎日残業続きで定時で帰れた試しがないんだけど、これっておかしくない??
会社員
会社員
平日の仕事終わりの時間を有効に使いたいから、残業が当たり前になっているのを何とかしたい。。
転職活動中の人
転職活動中の人
残業がない職場を探しているけど、どこも残業当たり前と言っているんだけど、これって普通なの?おかしくない??
ポチのすけ
ポチのすけ
残業が当たり前だと体力的にもきついですし、平日に何もできなくなるのでキツイですよね。

 

今まで4社で働いてきて、残業が当たり前の会社で働いた経験があるポチのすけ(@pochinosuke1)です。

ぼく自身、残業が当たり前なのはおかしいと思い行動した結果、今の会社では「残業当たり前だから」という働き方ではなく、時間をコントロールしながら働くことができています。

 

今の時代、仕事とプライベートの両立をしながら、ワークライフバランスを取った方が人生が充実します。

平日の仕事終わりに時間があると、

  • 自分の趣味
  • 勉強
  • 副業
  • 子育て

など、様々なことをやることが可能です。

そのため、できれば残業せずにとっとと帰りたいもの。

 

しかし、会社の体質や業務量によっては、残業するのが当たり前になってしまっており、なかなか帰れないということがあります。

また、転職活動をしている方にとっても、残業が当たり前の職場ばかりだと、良い会社が見つからなくて困ってしまいますよね。

 

本記事では、

  • なんで残業するのが当たり前なの?おかしい!!

と感じている方向けに、4社で働いて様々な会社のやり方を経験したぼくが、残業が当たり前の職場がおかしい理由や解決方法についてご紹介していきます。

 

結論から言うと、残業が当たり前なのがおかしい理由は、キャパシティを超える量の仕事をさせているからです。

そのような残業当たり前の職場で早く帰るための方法は、

  1. 空気を読まずに帰る
  2. 仕事の効率化
  3. 転職

の3つです。

早く帰れない生活から抜け出すことで、平日の自由時間を増やせて人生が充実します。

それでは、詳しく見ていきましょう。

 

残業が当たり前の職場がおかしいと言える理由

理由

冒頭でもお伝えしましたが、残業が当たり前の職場がおかしいと言える理由を一言で言うと、会社が社員にキャパシティを超える量の仕事をさせているから、です。

1日の所定の労働時間は、ほとんどの会社では8時間。

それを超えると残業代が発生することを踏まえても、通常は残業などなく仕事が終わるように設定して進めるべきなのです。

それが、残業が発生するのが当たり前になっている職場では、以下のような状況になっています。

残業が当たり前の職場で起きること

 

  • 社員へ割り振る業務量が多すぎる
  • 売上目標が高すぎて無理させている
  • 残業前提でだらだら仕事をしてしまう

 

例えば、ぼくが経験したことで言うと、

店舗に飛び込み営業をする仕事をしていた時、料金未払いの回収業務まで営業の仕事とされていたので余計な業務が非常に多く、残業が当たり前になってしまっていました。

 

結局、残業前提で仕事をするハメになると、

「日中に早く仕事をしても、結局長時間労働になるのだから、手を抜きながら仕事をして体力温存しよう」

と考えてしまい、だらだら仕事をするクセがついてしまい、後々の仕事の進め方でも苦労しました。

 

このように、

  • 社員への業務量が多すぎる
  • 社員の売上目標が高すぎて無理させる

ようなことをしていると、自分のキャパシティを超える仕事をこなすために、残業が当たり前になってしまうおかしい状況に陥ります。

そうなると、「どうせ残業しないといけないなら、日中は疲れないように手を抜いてしまえ」と考えてしまい、仕事の処理スピードが遅くなる悪循環にハマってしまいます。

 

スポンサーリンク

残業が当たり前だと人生損します

損する

 

残業が当たり前の職場で働いていると、人生損します。

理由は、以下の通り。

  • 平日の自分の時間が減る(人生を楽しめない)
  • 体力をかなり削られる(睡眠不足になる)
  • ストレスが半端ない
  • 仕事のスピードが落ちる(効率的にこなせなくなる)

 

プライベートの時間が減るだけでなく、仕事の能力も落ちるというマイナス面があり、非常にマズいです。

詳しく見ていきましょう。

 

理由①平日の自分の時間が減る(人生を楽しめない)

残業が当たり前の職場で働いていると人生損する理由1つ目は、平日の自分の時間が減る(人生を楽しめない)ことです。

 

残業して21時~22時、ひどいときには日付が変わるぐらいまで残業していると、仕事が終わって帰ったら、夜飯食って風呂入って寝るというだけの生活になってしまいます。

平日の夜に4時間とか5時間とかの時間があれば、

  • 自分の趣味
  • 勉強
  • 副業
  • 子育て
  • 家事

など、様々なことをする時間にあてられます。

それが残業が当たり前の職場だと、そもそもの時間がなさ過ぎて、平日夜の時間を使って何かしようという気すら起きないことも。

 

そうなると、やりたいことは休日にしかできなくなってしまい、1週間あるうちの5日間は楽しむことができず、人生損することになってしまいます。

 

理由②体力をかなり削られる(睡眠不足になる)

残業が当たり前の職場で働いていると人生損する理由2つ目は、体力をかなり削られる(睡眠不足になる)ことです。

 

ぼく自身も経験していますが、22時とかそれ以降も残って残業するような生活をすると、必然的に帰りが遅くなるので、寝る時間が遅くなります。

帰ってから夜飯食べたり、お風呂入ったり洗濯するのは必須なので、寝るのが2時とか3時になることも。

それでいて、次の日は9時出勤という鬼畜コースなので、たまったもんじゃないですよね。

ポチのすけ
ポチのすけ
寝る時間ない。。

 

寝る時間が削られて体力が削られると、平日がつらいだけでなく、休日にもしわ寄せがきます。

平日の疲れを休日に寝て回復する、というパターンに。

 

せっかくの休日を寝るだけで過ごす、というのはもったいないですし、平日のマイナスを休日でゼロにするだけの生活は虚しいもの。

平日の疲れは平日で解消して、休日は自分の好きなことや、やりたいことをする時間にあてていくプラスの生活にしていきましょう。

 

理由③ストレスが半端ない

残業が当たり前の職場で働いていると人生損する理由3つ目は、ストレスが半端ないことです。

 

前述したように、平日のプライベートが皆無で、寝る時間まで削られるような生活が続くとストレスが半端ないです。

ぼく自身、ブラック企業で働いていた時、残業当たり前の長時間労働が続いていたので、毎日イライラしていました。

毎朝、「今日も仕事行きたくない。。」と苛立ちながら仕事に向かうという生活に。

人によっては、うつ状態になってもおかしくないぐらい、超マイナスの影響が出ます。

 

ストレスが半端ないと、周りに気を配る余裕もなくなり、自分のことだけで精一杯になってしまいます。

 

理由④仕事のスピードが落ちる(効率的にこなせなくなる)

残業が当たり前の職場で働いていると人生損する理由4つ目は、仕事のスピードが落ちる(効率的にこなせなくなる)ことです。

 

残業が当たり前の職場で働いていると、プライベートにマイナスなだけでなく、仕事の能力にもマイナスです。

 

「今日も残業かぁ。。」

となれば、体力温存をしようと考えて、手抜きをしながら仕事をしてしまっても無理はありません。

また、残業が当たり前の職場では、早く仕事を終わらせようとしてもさらに仕事が増えるという、えげつないことをするところもあります。

そうなると、効率的に仕事をしようという気が起きなくなって、ダラダラと仕事をするのが普通になり、仕事の処理スピードが落ちてしまいます。

 

これからの時代、効率的に仕事を行って成果を出すことが一層求められることになるため、仕事の処理スピードが落ちていくのは致命的。

早急に効率的な仕事をするように、意識改革をする必要があります。

 

スポンサーリンク

残業が当たり前の職場での解決方法3つ

方法

 

残業が当たり前の職場にいる場合、早急に改善する必要があります。

早く帰るための解決方法は以下の3つ。

  1. 空気を読まずに帰る
  2. 仕事の効率化
  3. 転職

 

なお、転職活動中の方は、

  • 良い転職エージェントを使うこと
  • 口コミを利用すること

で、良い会社を見つけられるようにすることが必須。

 

それでは、見ていきましょう。

 

方法①空気を読まずに帰る

残業が当たり前の職場でよくあるのは、「周りが誰も帰っていないから帰りづらい。。」というもの。

定時で誰も帰っていなくて、自分だけ「お先に失礼します」と言いづらいのはわかります。

 

ただ、仕事が終わっているのに周りに合わせてダラダラ残業してしまうと、平日の貴重な時間を失って人生損します。

明日に回せる仕事は明日やればよいのです。

 

なので、「定時で帰れるけれど、周りの目を気にして帰りづらい。。」という場合、空気なんて読まずに帰りましょう。

空気を読んで残業しても、自分の人生にプラスになることはありません。

というか、マイナスにしかならないです。

 

空気を読んで人生を損しないように、明日でよい仕事は明日に回して、空気を読まずにとっとと帰りましょう。

 

方法②仕事の効率化

残業が当たり前の職場で早く帰るためには、仕事の効率化も必須。

極端な話、ほかの人が1時間でできる仕事に3時間かかるぐらいあまりに遅いスピードだと、どうやっても残業せざるを得ない状況になるからです。

 

ぼくがやっている、仕事を効率化する方法は以下の通り。

  • 1週間単位でタスクを割り振って管理
  • タスクの優先順位をつけて行動スケジュールに組み込む
  • 今日無理なタスクは明日に回す
  • ボールを相手に渡して自分のタスクをなくす
  • メールやチャットで関係者全員に返信して共有する

 

大事なのは、タスクを見える化して何をすればいいのか把握することで効率良く動くことです。

「なんかよくわからないけど、忙しい。。」という状況をなくしましょう。

スケジュールとタスクにかかる時間を先読みしながら動くことで、仕事を効率的にこなすことが可能。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

仕事を早く終わらせて帰る方法の詳細記事はこちら

みなし残業で早く帰るのは大丈夫?残業代分をお得にするための方法を実践中の営業マンが解説
みなし残業で早く帰るのは大丈夫?残業代分をお得にするための方法を実践中の営業マンが解説みなし残業の会社はけっこう多いので、「みなし残業の会社で早く帰るのっていいの?」「みなし残業の会社で早く帰る方法はどのようにすればいいの?」とお悩みの方に、早く帰る方法を実践しているぼくの経験から解説しています。...

 

方法③転職

残業が当たり前の職場にいる場合、一番効果があって手っ取り早いのは、転職して環境自体を変えてしまうこと。

会社によっては、

  • 業務効率化をしても、それを超えるような業務量を割り振ってくるような会社
  • 営業ノルマが異常に高くて、短期間で成果を求められる会社

もたくさんあるからです。

そうなると、通常の業務時間だけではタスクを終わらせることができず、残業するのが当たり前になってしまうということに。。

これは、会社のビジネスモデルの問題です。

 

自分の努力だけではどうにもならないような会社は世の中にあるので、その場合は転職して会社のビジネスモデルを変えてしまった方が早いですし、効果大。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身も、3回の転職を通して環境を変えるだけで、早く帰れるようになったり働きやすくなったので、一番おすすめです!

なお、新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務(テレワーク)を取り入れるような働き方をしている会社も増えているので、求人を見てみるのがおすすめ。

 

これから転職をする方や、現時点で転職活動中の方が、転職で失敗しないように良い会社を見つけるためには、

  • 転職エージェントをうまく使い倒すこと
  • 口コミを確認すること

が必須です。

特に、転職エージェントは無料で以下のようなサービスを受けられるので、使わない手はありません。

  • 非公開求人含め多くの求人を紹介してくれる
  • 書類や面接対策について親身にアドバイスしてくれる
  • 企業に交渉してくれる

 

また、求人情報は水物。

採用が決まれば募集終了になってしまうので、情報収集を早めに行い、良い会社の求人を見逃さないようにしましょう。

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するようにしましょう。

1社の転職エージェントだけだと、求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になるからです。

 

営業の方におすすめの転職エージェントは、以下の記事で解説しているので、良い求人を見つけたい方はぜひご覧ください。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介
環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介今の仕事から環境を変えたい!場合、転職は有効な手段です。 本記事では、転職で環境を変えるのが有効な理由と、転職の不安を解消する方法、ぼくの3回の転職経験で使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントについて、具体的なエピソードを交えて紹介しています。 ぜひご覧ください。...

 

中小企業に強い転職エージェントの詳細記事はこちら

中小企業に行きたくないと選択肢を狭める前に自分にとって向いていない・向いているを考えてから判断しよう転職する時、「できれば中小企業には行きたくない」と考えることは多いです。 本記事では、そのように思っている方に、大企業も中小企業も経験したぼくが、中小企業を選択肢に入れた方が良い理由や良い中小企業を探すためのポイントをご紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

SEなどITエンジニアの方におすすめの転職エージェントは、以下の記事で解説しているので、エンジニアの方はぜひご覧ください。

システムエンジニアの年収を上げるために取るべき方法の詳細記事はこちら

システムエンジニアの年収は低いのか?給料を上げるために取るべき方法を解説します
システムエンジニアの年収は低いのか?給料を上げるために取るべき方法を解説します色んな立場のシステムエンジニア(SE)を見てきている立場から、システムエンジニア(SE)の年収は低いのか?今後も低いままなのか?といった悩みについて解説しています。 年収を上げていくための方法についても解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

また、会社の現実を知るためには口コミの利用は必須。

求人票やホームページに書いていることを鵜呑みにすることなく、現実を知っておくのが転職で失敗しないコツです。

口コミを使った会社の探し方のポイントや、おすすめ口コミサイトについては、以下の記事でも詳しく紹介しています。

口コミを使った会社の探し方の詳細記事はこちら

いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!3回の転職でやっていた方法を紹介
いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!3回の転職でやっていた方法を紹介転職で今より悪い会社に入ってしまわないように、いい会社と悪い会社を見極める方法について紹介しています。 特に口コミの利用は必須だど考えており、ぼくが使っていた口コミサイトもお伝えしています。 是非、ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

まとめ:残業が当たり前はおかしいので早急に解決しよう

 

お話ししてきたことをまとめます。

残業するのが当たり前になってしまっている会社はおかしい会社。

残業するのが当たり前になっている理由は、社員にキャパシティを超える量の仕事をさせているからです。

 

残業するのが当たり前の会社で働いていると、人生損します。

理由は以下の通り。

  • 平日の自分の時間が減る(人生を楽しめない)
  • 体力をかなり削られる(睡眠不足になる)
  • ストレスが半端ない
  • 仕事のスピードが落ちる(効率的にこなせなくなる)

 

なので、残業当たり前の職場で働いている場合、早急に解決する必要があります。

解決方法は、以下の3つ。

  1. 空気を読まずに帰る
  2. 仕事の効率化
  3. 転職

 

なお、転職する場合や、現時点で転職活動中の方は、

  • 良い転職エージェントを使うこと
  • 口コミを利用すること

で、良い会社を見つけられるようにすることが必須です。

残業当たり前という、早く帰れない生活から抜け出すことで、平日の自由時間を増やせて人生が充実します。

仕事とプライベートの両立をするための参考になれば嬉しいです。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介
環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介今の仕事から環境を変えたい!場合、転職は有効な手段です。 本記事では、転職で環境を変えるのが有効な理由と、転職の不安を解消する方法、ぼくの3回の転職経験で使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントについて、具体的なエピソードを交えて紹介しています。 ぜひご覧ください。...

 

中小企業に強い転職エージェントの詳細記事はこちら

中小企業に行きたくないと選択肢を狭める前に自分にとって向いていない・向いているを考えてから判断しよう転職する時、「できれば中小企業には行きたくない」と考えることは多いです。 本記事では、そのように思っている方に、大企業も中小企業も経験したぼくが、中小企業を選択肢に入れた方が良い理由や良い中小企業を探すためのポイントをご紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

システムエンジニアの年収を上げるために取るべき方法の詳細記事はこちら

システムエンジニアの年収は低いのか?給料を上げるために取るべき方法を解説します
システムエンジニアの年収は低いのか?給料を上げるために取るべき方法を解説します色んな立場のシステムエンジニア(SE)を見てきている立場から、システムエンジニア(SE)の年収は低いのか?今後も低いままなのか?といった悩みについて解説しています。 年収を上げていくための方法についても解説しています。 是非、ご覧ください。...

 

口コミを使った会社の探し方の詳細記事はこちら

いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!3回の転職でやっていた方法を紹介
いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!3回の転職でやっていた方法を紹介転職で今より悪い会社に入ってしまわないように、いい会社と悪い会社を見極める方法について紹介しています。 特に口コミの利用は必須だど考えており、ぼくが使っていた口コミサイトもお伝えしています。 是非、ご覧ください。...

 

平日に暇でやることない人におすすめのことの紹介記事はこちら

一人暮らしだと暇で平日にやることない。。という人でも毎日楽しくなる3つのおすすめを紹介
一人暮らしだと暇で平日にやることない。。という人でも毎日楽しくなる3つのおすすめを紹介一人暮らしだと特に平日が暇だと感じることはあると思います。寂しさを感じたり、時間を有意義に使えていない。。と悩むことも。 本記事では、そのようなお悩みを持つ方に、毎日が楽しくなる3つのおすすめについて紹介します。...