仕事の悩み

【辞めていい】転職後2年で退職してOK?次の仕事を長く続けるための方法を紹介

【辞めていい】転職後2年で退職してOK?次の仕事を長く続けるための方法を紹介

なので、

転職希望者
転職希望者
今の会社に転職して2年経つんだけど、仕事がうまくいかないし、人間関係も悩んでいるから辞めたい。でも、転職して3年も経ってないのに、また転職するのは早すぎる?
転職希望者
転職希望者
転職して2年で退職するような場合でも、転職先でうまくいくのか心配。。転職を繰り返すことになっても、うまくいく方法があるなら知りたい!

というお悩みについてお答えします。

 

3回転職して4社目で働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

3回の転職の中では、転職してから2年で退職して次の会社に行ったことがあります。

 

転職は企業研究などで情報収集をしたり、志望動機の作成などでエネルギーを使いますし、準備も必要なので大変です。

できることなら、短期間で何度も転職するのは避けたいもの。

 

ただ、どうしても転職先でうまくいかなくて、

「2年しか働いてないけど、次の会社に転職したい!」

と思っても、

「すぐに辞める奴だと思われるかも。。」

と、転職を繰り返すことに対して悩んでしまいますよね。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身も、3社目は2年勤めて転職する形になったので、3年働かずに辞める時はすごく悩みました。

なので、転職してから2年で退職する時に、

  • 3年経たずに辞めていいのか?
  • 転職を繰り返してもうまくいくのか?

と不安になる気持ちはよくわかります。

 

本記事では、

  • 転職後2年で退職したら、さすがに早すぎる?
  • 転職後2年でまた転職しても、うまくいくの?うまくいく方法があるなら知りたい!

というお悩みについて、解説していきます。

 

結論から言うと、

転職後2年で退職しても、決して早すぎることはありません。

転職後2年しか経たなくても、良い会社に転職できます。

 

「石の上にも三年」という観念にとらわれて、だらだらと仕事を続けるのは時間の無駄。

転職を成功させる方法はあるので、むしろ、3年やらずに早めに転職するべきです。

本記事後半では、転職を成功させる方法についても解説しているので、是非最後までご覧ください。

それでは、見ていきましょう。

 

転職後2年で退職しても問題ない2つの理由

転職は早い方が良い

転職後2年で退職しても問題ありません。

理由は以下の2つ。

  1. 時間は有限
  2. 1歳でも若い方が転職で有利

 

理由①時間は有限

時間は有限

転職後2年で退職しても問題ない理由1つ目は、時間は有限なため。

 

人生には限りがあります。

20代の今日は二度とやってきませんし、30代・40代の日々も一度きり。

そこで、

  • スキルが身につかない
  • スキルが発揮できない
  • ストレスがたまる

という日々を過ごしていると、人生の時間が無駄になります。

せっかくの一度きりの人生、良い職場で自分のスキルを発揮した方がいいに決まっています。

 

もちろん、人生では回り道したからこそ、見えてくるものというのはあります。

ただ、回り道したとしても、2年という月日はその職場で続けるかどうかを判断するには十分な時間。

「回り道してしまった。。」

「自分の能力とかみ合う職場はここじゃない」

と感じたら、3年~4年とダラダラ過ごすことなく、次のステージへ進みましょう。

 

理由②1歳でも若い方が転職で有利

若手を欲しがる

転職後2年で退職しても問題ない理由2つ目は、1歳でも若い方が転職で有利なため。

企業は、若い人材を求めていることがほとんど。

  • 考え方が凝り固まっていない
  • 柔軟性がある
  • 今後の伸びしろがある

という人材は、年齢が高い人よりも若い人だという認識が企業の中にあるからですね。

 

本記事を読んでいるあなたが、

  • 特別なスキルを持っている
  • 圧倒的な実績がある

のであれば話は別ですが、多くの場合、能力が同じ人が二人いたら選ばれるのは年齢が若い人。

 

転職が怖くて現状維持してしまうと、その分転職時の年齢が上がってしまうので、それだけで難易度が上がってしまいます。

例えば、今は転職するのが怖いということで、悩んだ結果、転職活動を始めたのが3年後だと、3年前よりも転職の難易度は上がります。

また、世の中の流れが早い現在は、3歳の差どころか1歳でも若い方が有利になる傾向も。

よく、会社をこのまま続けていてもいいのかと疑問をもった時、「石の上にも三年」と言われることがあります。

しかし、仕事で石の上にも三年と真に受けて継続するのは、以下の理由により危険

  1. モチベーションが低い仕事ではスキルが上がらない
  2. 若い時の1年は超貴重
  3. 転職にはタイミングがある

 

転職するべきか迷う方もいますが、以下のような仕事であれば3年も続けるのは時間の無駄なので、ぐに転職してOK

  • つまらない仕事
  • やりたくない仕事
  • 成長している実感がない仕事
  • 得意ではない仕事
  • ブラック企業での仕事

詳しくは、以下の記事で解説しています。

仕事で石の上にも三年を真に受けて継続するのが危険な3つの理由の詳細記事はこちら

【悲報】仕事で石の上にも三年は自分に合う会社だけ。真に受けて継続するのが危険な3つの理由
【悲報】仕事で石の上にも三年は自分に合う会社だけ。真に受けて継続するのが危険な3つの理由会社や仕事に対して、このまま続けていてもいいのかと疑問をもった時、「仕事は石の上にも三年」という意見と、「転職は早い方がいい」という意見はどっちが正解なのか?というお悩みについて、3回の転職が全て3年未満の在籍期間である経験から解説していきます。...

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくは、1歳の年の差でお見送りになったことがあります。。

26歳よりも25歳の方が有利ですし、31歳よりも30歳の方が転職に有利です。

 

なので、

「転職が怖い。。」

と悩む気持ちはすごくわかるのですが、悩んで時間ばかり過ぎてしまうと、自分の今後の人生がもっと怖くなってしまうことも。

 

スポンサーリンク

転職後2年で退職しても問題ない会社の5つの特徴

転職後2年で退職しても問題ない会社の5つの特徴

転職後2年で退職するのは、決してあなたが原因だというわけではありません。

むしろ、「この会社なら、転職してきても2年で辞めるだろうな。。」と納得するレベルの会社であることが多いです。

転職後2年で退職しても、問題ない会社の特徴は以下のようなもの。

転職後2年で退職しても問題ない会社の特徴

 

  1. ブラック企業
  2. 社風や求めるスキルが自分に合わない会社
  3. スキルが身につかない会社
  4. 実際の仕事が求人内容と違う
  5. 人間関係が悪い

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ちなみにぼくが3社目を2年で退職した理由は、社風や求めるスキルが自分に合わない会社だったためです。

 

特徴①ブラック企業

ブラック企業で理不尽なことが多い

ブラック企業に入ってしまうと、超ストレスがたまります。

 

ブラック企業は理不尽なことが多く、超ストレスでメンタルがやられることが多いです。

ぼくが経験したことだけでも、以下のように16個もあります。

ブラック企業での経験談

 

  1. 社員に自腹を切らせる
  2. 業務に必要なところにお金を使わない
  3. 社員の行動を制限・監視する
  4. 長時間労働
  5. サービス残業の常態化
  6. 残業代を払わない
  7. 勤怠の記録をつけない
  8. 離職率が高い
  9. 簡単に辞めさせない
  10. 朝礼が宗教化している
  11. パワハラをはじめとしたハラスメントが横行
  12. 達成できないようなノルマを課す
  13. 社員に不利な給料体系
  14. 有給休暇が取りづらい
  15. 権利を主張する前に義務を果たせを連発
  16. その他、悪天候時の強制出勤や給料の遅延
ポチのすけ
ポチのすけ
これは、つらかった。。

さらに、言葉巧みに社員を洗脳してくるので、騙されてしまうことも。

 

ぼく自身、ブラック企業で経験したことを疑問に思っていましたが、転職したらやはりおかしかったと確信できました。

なので、今の会社がブラック企業なら早く脱出するのが必須です。

ぼく自身のブラック企業の体験談については、以下の記事でまとめていますので、自分の会社に当てはまっていないか確認しましょう。

ブラック企業の特徴の詳細記事はこちら

【要注意】ブラック企業があなたを洗脳しようとする16の特徴。ご自身の会社は大丈夫?
【要注意】ブラック企業があなたを洗脳しようとする16の特徴。ご自身の会社は大丈夫?社員を洗脳しようとするブラック企業の特徴16個について、ぼく自身の体験から紹介しています。 ご自身の会社に、謎ルールや納得できないやり方があったり、ブラック企業に入ってしまっ方の対処法も書いています。 当てはまりそうな方は、是非ご覧ください。...

 

特徴②社風や求めるスキルが自分に合わない会社

会社の社風や自分のスキルと合わない

社風や求めるスキルが自分に合わない会社だと、自分のスキルをフルに発揮できません。

自分のスキルをフルに発揮できないと、仕事でのミスも増えますし、評価されません。

評価されないと、昇給も難しいので年収が上がりません。

 

人生の大半を過ごす会社で、自分に合わない会社で過ごすのは不幸への道まっしぐらです。

自分のスキルを活かせる会社や、自分の考え方に合う会社で働けた方が毎日楽しいですし、人生が充実します。

 

ちなみにぼくは、3社目のIT企業が社風や求めるスキルが自分に合わない会社だったため、2年で退職して今の会社に転職しました。

3社目のIT企業は、

  • 有給休暇が取りやすい
  • 残業代がしっかり支払われる

など、今までの2社に比べて働きやすくなった環境ではありました。

 

しかし、

  • 毎朝、朝礼がある
  • 夏場で暑くてもジャケット必須
  • 寒がりな人に合わせられて職場が暑い
  • 中小企業なのに経営陣との風通しが悪い
  • 考え方が保守的でスピード感がない

といった点があり、自分の考えと合わない点が多かったです。

 

経営陣も60代後半から70代で、朝礼などで

「マスクしてしゃべることは失礼なので外しなさい」

とか言っているぐらいだったので、IT企業なのにコロナ渦でも在宅勤務へ移行できなかったのだろうと思われます。

 

あとは、3社目はソフトウェアメーカーのため、自社サービスをどうやって売るかという部分が自分のスキルと合いませんでした。

自社サービスを売る会社は、狭く深く知識をつける必要があります。

反対に、SIerや販売代理店などは、様々なメーカーの製品を取り扱うため、広く浅く知識が必要。

 

ぼく自身は、色んなメーカーの製品を売ることができる

  • SIer
  • 販売代理店

など、今の立場での仕事の方が合っていることに気づいたことも、転職して2年で退職することにつながりました。

ポチのすけ
ポチのすけ
自分のスキルにハマる会社の方が活躍できますからね。

 

もちろん、ソフトウェアメーカーとは、あくまでぼく自身が合わなかっただけで、当然人によってはスキルがぴったりハマることもあります。

逆に、SIerや販売代理店などのように、色んなメーカーの製品を取り扱いする方が合わない人もいます。

こればかりは働かないとわからないことも多いので、1~2年ぐらい働いてみて、自分がどういう会社に合うのか判断するのがおすすめです。

 

特徴③スキルが身につかない会社

スキルが上がらない

スキルが身につかない会社だと、仕事をする上で苦労します。

 

仕事で、

  • 年収アップ
  • やりたいことをやる
  • 社会が激変する時も仕事に困らない
  • リストラの恐怖に怯えずに精神的に安定

ということのために、必要なものはスキル。

 

しかし、スキルが身につかない会社だと

  • 新しいことができない
  • 機械に取って代わられるリスクがある
  • 転職すると今までの経験が役に立たない
  • 年収も上がらない
  • 転職先の候補も激減

と、リスクばかり。

なので、スキルが身につかない毎日を過ごしているのは、やばいです。

そのような会社にいるのなら、転職後2年しか経っていなくても、退職して問題ないです。

 

特徴④実際の仕事が求人内容と違う

実際の仕事が求人内容と違う

求人票で書いてある仕事と、実際の仕事の内容が違っていると、活躍できなくなることが多いです。

 

既存顧客への営業だと思ったら、

実際は、テレアポや飛び込み営業というゴリゴリの新規開拓営業だった。。というぐらい、実際の仕事内容が求人内容と違うことってあります。

 

自分が得意な仕事だと思って入社したのに、仕事内容が違ったら

「話が違う!」

となるのは当然。

運よく会社から求められているスキルと、自分の持っているスキルが嚙み合えばいいですが、認識相違があるとスキルを発揮できなくて活躍できないことがほとんど。

ポチのすけ
ポチのすけ
そりゃ、求人内容と実際の仕事が違ったらキツイですよね。

 

なので、実際の仕事が求人内容と違う会社なら、転職後2年どころか1年で辞めた方がいいレベル。

 

特徴⑤人間関係が悪い

人間関係が悪い

転職した先の職場の人間関係が悪いと、苦労します。

例えば、

  • むだな根回しが多々発生する
  • 人によっていちいち表現を変えるなどの配慮

など、手間が増えたり、無駄に気を遣うことが多くてストレスがたまるからです。

 

人間関係が悪いところが良くなるのを期待するのは、ギャンブルと同じ。

自分の働く場所を変えた方が、手っ取り早いです。

なので、転職した先の職場の人間関係が悪い場合、転職後2年でまた転職してOK。

 

スポンサーリンク

転職後2年で退職する時に気をつける4つのこと

転職後2年で退職する時に気をつける4つのこと

転職して2年でまた転職しても全然OKなのですが、何も考えずに転職してしまうと、次のところでも同じようにすぐに転職を考えることになります。

 

そのため、転職後2年で退職する時、以下の4つを気を付けましょう。

転職後2年で退職する時に気をつける4つのこと

 

  1. 自分の希望条件を明確にする
  2. 自分に合う会社を徹底的に探す
  3. 転職理由をロジカルに説明できるようにする
  4. 志望動機を転職理由とつなげて話す

 

ポチのすけ
ポチのすけ
上記4つは、上から順番に考えていくのがおすすめ!

 

①自分の希望条件を明確にする

自分の希望条件を明確にする

まずは、転職して長続きしなかったという事実を受け止め、逆にどんな会社なら長く続けられるのかを考えることが大事。

自分のせいであったり、会社と合わなかったり、色んな原因がありますが、次の会社は長く続けたいですよね。

なので、自分が会社(仕事)に何を求めているのかを整理して明確にしましょう。

 

自分が会社(仕事)に求めることというのは、例えば、

  • 年収の高さ
  • 休日数の多さ
  • 有給休暇が取りやすそう
  • 残業少ない
  • 在宅勤務ができる会社
  • 自分でも活躍できそう
  • 成長産業の会社
  • いい人が多い
  • スキルアップできそう

など。

 

なんとなく

  • ホワイト企業だから決めた
  • 知名度がある会社だから安心

というふわっとした状態で転職すると、

「こんなはずじゃなかった。。」と、自分と合わない会社に入社して転職を繰り返すことも。。

なので、自分が何を求めているのかを明確にしてから転職活動をするべき。

 

②自分に合う会社を徹底的に探す

自分に合う会社を探す

自分の希望条件が分かってきたら、自分に合う良い会社を徹底的に探しましょう。

リサーチ不足で良い会社を見落としていると、非常にもったいないです。

ポチのすけ
ポチのすけ
転職を繰り返さないようにするためには、良い会社を探すのが超重要!

 

良い会社を探すには、求人を徹底的に見ることになりますが、以下の3つすべてを実行することです。

  1. 転職サイトに登録
  2. 転職エージェントと面談
  3. 口コミを見ながら、自分の考えに合う企業かどうか確認する

 

ちなみに、転職サイト転職エージェントの使い方として、おすすめの進め方は以下の通り。

おすすめの転職の進め方

 

  • 転職サイトを使って求人検索 ⇒ 良いと思った企業を転職エージェント経由で応募
  • 転職エージェントから紹介してもらう ⇒ 良いと思った企業を転職エージェントの依頼して応募
ポチのすけ
ポチのすけ
転職する際は、転職サイトと転職エージェントを併用して、口コミを見ながら判断するのが鉄板!

詳しくは、本記事後半で解説しますので、是非ご覧ください。

 

③転職理由をロジカルに説明できるようにする

転職理由となっている事柄を解消できる説明

転職後2年でまた転職するという時、『すぐに会社を辞める人』という見られ方をすると転職で不利になります。

そのため、転職先の企業が納得するような転職理由を伝えることが必須。

 

時間がある時は、転職エージェントに相談してうまく使い倒すことで、良い転職理由を作りましょう。

時間がない時は、志望動機をひっくり返すことで転職理由が完成します。

 

例えば、良い会社だと思って志望動機を考えた際、志望動機と転職理由は以下のように作ることができます。

志望動機

 

御社は、AIの活用という時代の最先端の領域における先駆けとして事業を行っており、そこに身を置くことで、時代の最先端で働けると感じたためです。

また、変化のスピードが早いため、自分自身の成長を加速させられそうだと思っています。

上記の志望動機をひっくり返すと、、、

転職理由

 

デジタル化やITの活用がどんどん進んでいく世の中で、ITを提供される側ではなく、提供する側に立って働きたいと考えるようになりました。

ポチのすけ
ポチのすけ
転職理由は、志望動機をひっくり返すことで、転職理由⇒志望動機とつながりが持てて納得感が増します!

 

なお、転職理由についての本音は、

  • 給料低い
  • 残業多い
  • 休み少ない
  • 上司がウザい

など、いろいろありますが、周りのせいにするような愚痴っぽい言い方にならないように、言い方には気を付けましょう。

モノは言いようですからね。

詳しくは以下の記事でも解説しています。

転職理由の伝え方など、面接準備の時間がない時のやるべきことの詳細記事はこちら

明日面接なのに何もしてない。。というピンチな人は最低限これだけやればOK!
明日面接なのに何もしてない。。というピンチな人は最低限これだけやればOK!面接の準備はついつい後回しにしがち。気づけば明日面接でヤバい。。 そんなピンチを乗り越えてきた僕の経験から最低限やるべきことをお伝えします。...

 

④志望動機を転職理由とつなげて話す

志望動機

自分が何を求めているのかが明確になって、良い会社が見つかったら、あとは面接の場で志望動機をうまく話すだけ。

その際、志望動機を転職理由とつなげて話すことも大事です。

転職後2年でまた転職する時、納得できる志望動機を話せると、面接も通りやすくなりますからね。

 

志望動機を面接官にうまく伝えられる言い方は、以下の以下の4つの流れでロジカルに伝えることです。

  1. この業界・会社なら転職理由を解消できる
  2. こういう理由でこの業界、会社に興味を持った
  3. 自分は将来このようなものを目指している
  4. 自分の強みはこれだから御社に貢献できる

 

もし、

「志望動機なんてねーよ!」

「業界を変える転職だから、志望動機なんて言われても困る。。」

という方は、志望動機の伝え方について、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

志望動機の伝え方の詳細記事はこちら

【具体例あり】志望動機なんてねーよ!と困った時の伝え方を2回も業界を変えたぼくの転職例から解説
【具体例あり】志望動機なんてねーよ!と困った時の伝え方を2回も業界を変えたぼくの転職例から解説面接で志望動機を聞かれるけど、「志望動機なんてねーよ!」「志望動機を聞かれたらなんて答えればいい?」「業界を変える転職の時の志望動機どうする?」とお困りの方へ、面接で志望動機をどのように伝えたらいいのかについて、転職3回の経験から具体例をご紹介します。...

 

スポンサーリンク

次の仕事を長く続けるための方法【転職エージェントをフル活用】

転職エージェントは複数登録して使い倒せ

次の仕事を長く続けるための方法は、頑張るというよりも、良い会社を探すこと。

ポチのすけ
ポチのすけ
良い会社に入れると、ぼくのように一つの会社で3年働いたことがない人でも、続けられるようになります。

 

良い会社を探すためには、転職エージェントをフル活用して良い会社を探すこと。

また、口コミをフル活用することで企業の本当の姿がわかるので、併用するのも必須です。

 

転職エージェントは無料で以下のようなメリットを受けられるので、使わない手はありません。

転職エージェントを使うメリット

 

  • 今の会社以外に選択肢があると知ることができる
  • ブラック企業で苦しむ方の話をちゃんと聞いてくれる
  • 企業が出している求人情報や背景について情報をもらうことができるので、求人倍率の予測がつく
  • 自分の能力とかみ合うのか、企業とのマッチングでミスがないのか客観的な意見をもらえる
  • 転職希望者を企業に推薦してくれるので、転職の成功率が上がる

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ。

1社の転職エージェントだけだと、

  • 求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になる
  • 良くない転職エージェントから見捨てられてしまう可能性がある

からです。

 

ここからは、

  • おすすめの転職エージェント
  • ITエンジニアの方におすすめの転職エージェント
  • 口コミの利用方法

について紹介していきます。

 

おすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェントは、

です。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくが使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントなので、是非とも登録して利用するべきです。

dodaもtype転職エージェントもマイナビエージェントも求人は多いため、見つけやすくなっています。

もちろん、全部無料で登録・利用できます!

 

doda

 

dodaは、業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • dodaだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 全国の求人に対応
  • 転職エージェントが書類作成から面接対策まで親身にアドバイスしてくれる
  • スケジュール調整や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる
  • 業界を変える転職や、結婚後の転職であっても丁寧に対応してくれる

 

dodaは、「転職エージェントに迷ったらdoda!」というぐらい安定の転職エージェントです。

転職3回中、2回目と3回目でdodaを使ったぼくの経験から言っても、ネットの書き込みにある「dodaのエージェントがひどい」というのは嘘。

むしろ、非常に丁寧な対応をしてくれる転職エージェントなので、絶対に使った方がいい転職エージェントです。

また、仮に担当が良くない担当者の場合でも、dodaは担当者変更にもちゃんと応じてくれるので安心。

 

デメリットは、迷惑メールかと思うくらい求人メールが届くことと、求人紹介の幅が広いので自分に合わない求人が含まれていること。

ただ、「多くの求人情報を漏れなく紹介してくれる」と発想を変えることで、そこまで気にすることなく転職活動に取り組めます。

状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

type転職エージェント

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていない、隠れた優良企業を多く持っている転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • type転職エージェントだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 特にIT・Web系の会社に強い
  • 東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に対応
  • 求人情報のほとんどに求人企業の競合情報まで載せてくれている
  • 転職エージェントが、企業ごとに面接の重要ポイントを親身にアドバイスしてくれる
  • 年収交渉や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、dodaと合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)特化のため、それ以外の地域で転職を検討している場合は極端に求人が少ないことと、dodaなどの大手と比べると求人が少ないことです。

ただ、dodaなどの大手転職エージェントで拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、東京圏の方はdodaと合わせて利用すると弱点をカバーして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介
環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介今の仕事から環境を変えたい!場合、転職は有効な手段です。 本記事では、転職で環境を変えるのが有効な理由と、転職の不安を解消する方法、ぼくの3回の転職経験で使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントについて、具体的なエピソードを交えて紹介しています。 ぜひご覧ください。...

 

マイナビエージェント

 

マイナビエージェントは、マイナビしか持っていないような優れた中小企業の求人が多い転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビエージェントでしか手に入らない非公開求人が多い
  • 良い中小企業の求人が多数ある
  • 転職希望者を丁寧にサポートしてくれる
  • 第二新卒含めた20代の転職に強い
  • 全国の求人に対応

 

マイナビエージェントは独自の営業網により、dodaやtype転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、20代の転職にかなり力を入れていることもあって30代以降の求人はあまり多くないことと、返事(レスポンス)が早いため対応が多くなり、人によっては疲れてしまうこと。

ただ、dodaやtype転職エージェントが拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、dodaやtype転職エージェントと合わせて利用すると、求人の見逃しをなくして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

マイナビエージェントの無料登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

マイナビエージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

中小企業に強いマイナビエージェントの詳細記事はこちら

中小企業に行きたくない・向いていないと選択肢を狭めるのはもったいない!【良い会社の探し方を紹介】
中小企業に行きたくない・向いていないと選択肢を狭めるのはもったいない!【良い会社の探し方を紹介】転職する時、「できれば中小企業には行きたくない」と考えることは多いです。 本記事では、そのように思っている方に、大企業も中小企業も経験したぼくが、中小企業を選択肢に入れた方が良い理由や良い中小企業を探すためのポイントをご紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

ITエンジニアの方におすすめの転職エージェント

エンジニアの方におすすめの転職エージェント

ITエンジニアの方におすすめの転職エージェントは、

エンジニア転職に強く、多くの求人をカバーしているマイナビIT AGENTレバテックキャリアがおすすめ。

上記転職エージェントは、全部無料で登録・利用できます!

 

マイナビIT AGENT

 

マイナビIT AGENTは、業界大手のマイナビが運営するITエンジニア専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビだけがもっている優良求人・非公開求人が多い(紹介の80%は非公開求人)
  • 特に、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の優良企業の求人が豊富
  • 北海道・名古屋・大阪・福岡にも対応しているので安心
  • IT業界に精通したキャリアアドバイザーから書類添削や面接対策も受けられる

 

特に、20代~30代のITエンジニア転職に強いため、20代~30代の方にはおすすめの転職エージェント。

デメリットは、大都市圏以外の地方にはそこまで強くないというところです。

ただ、まったく求人がないわけではないので、転職を考えている場合、まずは登録して探してみましょう。

思わぬ掘り出し求人が出てくることも。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう!

TRY NOW

マイナビIT AGENTの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

レバテックキャリア

 

レバテックキャリアは、日本マーケティングリサーチ機構の調査結果によると、ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれている、ITエンジニア経験者専門の転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • 持っている求人情報7,000件以上のうち、80%以上が年収600万円以上のハイクラス求人
  • 持っている求人は、大手IT企業からWeb系企業、スタートアップ企業までを幅広く網羅
  • 首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)、関西圏(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)、福岡に対応
  • 年間3,000回以上の企業訪問によって得られた、鮮度の高い情報の提供が受けられる
  • 専門のアドバイザーには、具体的な悩みをわかっている元エンジニアのエージェントもおり、サポート体制は万全
  • 複数回の推薦文や書類添削、年収交渉で年収アップ率は77%
  • 2021年1月にはサービス利用者数20万人突破!

 

特に、元ITエンジニアのエージェントがいるので技術的な話が通じるのと、元ITエンジニアだからこそわかる悩みを理解して、転職希望者にマッチする企業を提案してくれる転職エージェント。

デメリットは、首都圏、関西圏、福岡以外の求人はほぼないというところと、50代以上だと求人がないことです。

 

ただ、20代~40代の上記の地域に当てはまるプリセールス(ソリューション営業)の方で転職を考えている場合、まずは登録して探してみるのがおすすめ。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

レバテックキャリアの登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

口コミの利用方法

口コミをフル活用する

また、合わせて絶対にやるべきなのが、口コミによる確認。

ホームページや求人情報だけでは、ブラック企業やしんどい仕事なのかどうか、判断することが難しいためです。

また、口コミを使うと、隠れ優良企業を見つけることも可能。

 

可能であれば応募する企業は、一度口コミを確認しましょう。

※時間がなくて厳しい時は、少なくとも書類が通った企業については、面接前に口コミを確認する形で対応しましょう。

 

口コミをフル活用した方がいい理由は、以下の2つ。

  1. 口コミの内容はほぼ真実
  2. 入社後のミスマッチをなくせる

ぼく自身、1社目も2社目も3社目も4社目も、書いてあった大量の口コミは全て真実でした。

なので、実体験からも、口コミは正しいと言えます。

 

また、

  • 転職エージェントも企業に忖度する
  • 求人情報に載っている情報がすべてではない
  • 求人情報は必ずしも最新情報ではない

といった点からも、求人情報だけでは正しい情報をつかめないので、やばい会社かどうかは口コミで確認しましょう。

口コミを利用した会社の探し方については、以下の記事でも詳しく紹介しています。

口コミを利用した会社の探し方の詳細記事はこちら

【評判は本物】いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!
【評判は本物】いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!転職で今より悪い会社に入ってしまわないように、いい会社と悪い会社を見極める方法について紹介しています。 特に口コミの利用は、悪い評判の会社を見極めるのに必須!実際にぼくが使っていた口コミサイトもご紹介しています。是非、ご覧ください。...

 

あまりにも今の職場がきつければ退職代行を使おう

どうしても、まず辞めたい人は退職代行を使う

良い会社を探すために、今の職場にいながら転職活動ができれば、それに越したことはありません。

しかし、中にはあまりにも今の職場がきつすぎるので、

「とにかく辞めたい」

「まずは辞めてから考えたいけど、なかなか辞められない。。」

という方もいますよね。

 

「どうしても今の職場がきつすぎて、転職のことを考えられない。。」

という方の場合、退職代行を使ってでもすぐに会社を辞めて、いったん休息してから転職するのがおすすめです。

「今の職場を辞めたいのに辞められない。。」とずるずる続けるより、スパッと辞めて次のステージに行った方が明らかに有意義だからです。

退職代行とはその名の通り、退職したい人の代わりに業者が会社とやり取りを代行してくれて、退職までをやってくれるサービス。

上司が怖くて自分から退職を言いだせない人や、ストレスの限界を突破しそうな人にピッタリのサービスです。

 

「会社に行くのが怖くなってしまった。。」

というぐらい、精神的苦痛を感じている方であれば、ストレスで大変なことになる前に退職代行を使って辞めた方がよいです。

なお、退職代行もいろんな種類があり、弁護士法に違反しているような、使うとまずい会社というのも存在します。

 

そのため、安心して使える退職代行サービスをつかうべき。

おすすめは以下の2つです。

  • 退職代行SARABA
  • 弁護士法人みやび

 

退職代行SARABAは、退職代行サービスの中で総合力トップのサービス内容利用者数NO.1を誇ります。

以下のような人にはおすすめです。

退職代行SARABAを使った方がいい人

 

  • 転職先が決まっているのに辞めさせてくれない
  • 退職を伝えたのに受け入れてもらえなかった
  • 上司や社長が怖すぎて言い出せない
  • 仕事のストレスで精神的にしんどすぎる
  • パワハラを受けている
  • ブラック企業で体力的に限界

詳しくは以下の記事で紹介しています。

退職代行SARABAの詳細記事はこちら

仕事を辞めさせてくれないからバックレたいという時に使うべき退職代行を紹介【次の職場にスムーズに動ける】
仕事を辞めさせてくれないからバックレたいという時に使うべき退職代行を紹介【次の職場にスムーズに動ける】「会社を辞めれない、辞めさせてくれない。。それなら、いっそのことバックレたい!」とまで考えている方は、迷わず退職代行サービスを使うべき。 本記事では、仕事を辞めさせてくれない。バックレたいという時に使うべきおすすめNO.1退職代行SARABAについて詳しく紹介しています。...

 

弁護士法人みやびは、労働問題に強く、弁護士でないとできないような業務である

  • 有給休暇取得
  • 残業代請求
  • 退職金請求
  • 未払い金請求

を行ってくれて、価格も破格な退職代行サービス。

 

以下のような人にはおすすめです。

弁護士法人みやびを使った方がいい人

 

  • 転職先が決まっているのに辞めさせてくれない
  • 退職を伝えたのに受け入れてもらえなかった
  • 上司や社長が怖すぎて言い出せない
  • 仕事のストレスで精神的にしんどすぎる
  • パワハラを受けている
  • ブラック企業で体力的に限界
  • 有給休暇を取得して辞めたい
  • 未払い残業代を請求したい
  • 退職金の支払いを請求したい
  • 未払いの給料を請求したい

詳しくは以下の記事で紹介しています。

弁護士法人みやびの詳細記事はこちら

「仕事を辞めさせてくれない。。」人手不足で有給休暇も取れないような職場でやるべきたった一つのこと「人手不足を理由に仕事を辞めさせてくれない。。有給休暇も取れない。。」という状態はつらいものです。 本記事では、人手不足などの理由で仕事を辞めさせてくれないとお悩みの方が取るべき、たった一つのことについてご紹介します。 是非、ご覧ください。...

 

まとめ:転職後2年で退職しても全然OK!

 

お話してきたことをまとめます。

転職後2年でまた転職する場合

「さすがに早すぎるかも。。」

「うまくいくのか心配。。」

と不安になるものです。

 

ただ、実際は転職後2年で退職しても全く問題ありません。

理由は以下の2つです。

  1. 時間は有限
  2. 1歳でも若い方が転職で有利

 

世の中には、転職後2年で退職しても問題ない会社というのもあり、以下のような特徴があります。

  1. ブラック企業
  2. 社風や求めるスキルが自分に合わない会社
  3. スキルが身につかない会社
  4. 実際の仕事が求人内容と違う
  5. 人間関係が悪い

 

とはいえ、何も考えずに転職してしまうと次のところでも同じようにすぐに転職を考えることになります。

なので、転職後2年で退職する時は以下の4つを気を付けましょう。

  1. 自分の希望条件を明確にする
  2. 自分に合う会社を徹底的に探す
  3. 転職理由をロジカルに説明できるようにする
  4. 志望動機を転職理由とつなげて話す

 

次の仕事を長く続けるための方法は、頑張るというよりも、良い会社を探すこと。

良い会社を探すためには、以下の形で使えるものを使いましょう。

  • 転職エージェントをフル活用
  • 口コミもフル活用
  • どうしてもきつい場合は、退職代行を使ってから転職

 

転職して2年しか経っていなくても、自分に合っていない仕事なら、石の上にも三年と耐える必要は全くありません。

自分が最も輝ける場所で頑張りましょう。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

仕事で石の上にも三年を真に受けて継続するのが危険な3つの理由の詳細記事はこちら

【悲報】仕事で石の上にも三年は自分に合う会社だけ。真に受けて継続するのが危険な3つの理由
【悲報】仕事で石の上にも三年は自分に合う会社だけ。真に受けて継続するのが危険な3つの理由会社や仕事に対して、このまま続けていてもいいのかと疑問をもった時、「仕事は石の上にも三年」という意見と、「転職は早い方がいい」という意見はどっちが正解なのか?というお悩みについて、3回の転職が全て3年未満の在籍期間である経験から解説していきます。...

 

転職で失敗しない方法の詳細記事はこちら

転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】
転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】転職は環境も大きく変わりますし、確実に成功するわけではないので、怖いですし不安になるので動けないと感じてしまいますよね。 本記事では、転職を3回経験したぼくの実体験から得た、転職で失敗しないための方法や具体例をまとめています。 怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...

 

転職で何をするべきかを全部まとめた詳細記事はこちら

転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談
転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談転職3回で4社目で働くぼくが、転職で体験したことをブログでまとめています。 転職のきっかけから、転職で失敗しない方法、面接対策、退職の際にやるべきこと、といったスタートから終わりまでをまとめました。 是非、ご覧ください。...