転職のきっかけ

【辞めてOK】テレアポ営業がきつい・つらいから辞めたい。。マジでやりたくないとメンタル病む前に取るべき方法

【辞めてOK】テレアポ営業がきつい・つらいから辞めたい。。マジでやりたくないとメンタル病む前に取るべき方法
電話営業やってる人
電話営業やってる人
営業でテレアポばかりやらされるけど、まともに話を聞いてもらえないから全然アポも取れなくてつらすぎ。マジでテレアポとかやりたくないし、早く辞めたい。。
電話営業やってる人
電話営業やってる人
お客さんからきつい対応されるし、アポ取れなくて上司から詰められるし、メンタルやられる。。

というお悩みについてお答えします。

 

2社目のお店への営業をしていた3年弱、テレアポで営業をした経験があるポチのすけ(@pochinosuke1)です。

その後は業界を変える転職をすることで、今はテレアポをしなくても商談ができる会社に転職できているので、電話営業をせずに営業活動をすることができています。

 

テレアポはテレフォンアポインターの略で、アポイント獲得を目的にした電話営業のこと。

リストをもとにガンガン電話営業をしていくのですが、テレアポはアポ取り時点でめちゃくちゃきついです。

個人へ電話営業するBtoCでも、企業へ電話するBtoBでも、

  • めちゃくちゃ断られる
  • 全然アポ取れない
  • アポ取れないと支店長など上司から詰められる
  • アポ取れないと評価もされない

ので、ストレスがたまります。

 

テレアポはひたすら電話し続けるのもつらいですし、アポを取るのもきつい営業方法なので、うまくいかないと辞めたいと思ってしまいますよね。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身もテレアポで営業するのがきつくて悩んでいたので、テレアポを辞めたくなる気持ちはよくわかります。

 

本記事では、

  • テレアポ営業がきついし、つらい。。
  • テレアポとかやりたくない。早く辞めたい。。
  • テレアポばかりやっててメンタルやられる。。

というお悩みについて、解説していきます。

 

結論から言うと、テレアポのようなプッシュ型の営業スタイルは、向いてないときついので辞めてOK。

メンタルやられて病む前に、さっさと転職して自分に向いている仕事を始めた方が人生は有意義になります。

テレアポ以外に営業方法はたくさんありますし、営業以外の仕事もたくさんあるので、自分が活躍しやすい仕事に転職してキャリアの可能性を広げましょう。

本記事後半では、

  • テレアポ以外の営業方法
  • テレアポ以外の会社に転職する方法

についても紹介しているので、是非最後までご覧ください。

 

【辞めたいのは当然】テレアポ営業がきつい・つらいと感じる9つの理由

【辞めたいのは当然】テレアポ営業がきつい・つらいと感じる9つの理由

テレアポ営業は、こちらからアプローチするブッシュ型の営業方法のため、かなりきつい営業方法。

つらくなって辞めたくなるのも当然です。

 

テレアポ営業がきつい・つらいと感じる理由は以下の9つ。

  1. 全然話を聞いてもらえなくて提案すらできない
  2. 無駄が多い
  3. 迷惑だと怒られる
  4. 断られすぎてメンタルやられる
  5. 相手が嫌なことをする罪悪感
  6. アポ取りのノルマがきつい
  7. 上司から詰められる
  8. 会社からの扱いが使い捨ての兵隊
  9. 同じことの繰り返しでつまらない
ポチのすけ
ポチのすけ
テレアポ営業は、BtoCでもBtoBでもきつくてストレスがたまるので、誰でも辞めたくなってしまうものです。

 

理由①全然話を聞いてもらえなくて提案すらできない

ニーズが不明の状態でアプローチしても取れない

テレアポ営業がきつい・つらいと感じて辞めたくなる理由1つ目は、全然話を聞いてもらえなくて提案すらできないこと。

 

営業をして契約を取るには、お客さんに提案をしないといけません。

提案をして契約までたどり着くのは大変なのですが、テレアポ営業はそもそも提案に至るまでのハードルが高い営業スタイル。

 

お客さんに提案をするためにはアポを取る必要があるのですが、テレアポ営業の場合

  • いきなり電話してもお客さんが会社にいない
  • 営業電話だとわかると受付で断られる
  • タイミングが合わないと留守電になる
  • 興味がないと留守電になってから折り返しこない
  • お客さんにつながっても興味がないと即切りされる

という形で、そもそも全然話を聞いてもらえず、アポすら取れなくて提案すらできないことも多いです。

 

それもそのはず、自分が抱える課題を解決したい時にちゃんとしている人なら、

  • 自分で調べて連絡する
  • セミナーに参加する

からです。

ポチのすけ
ポチのすけ
セミナーに参加したお客さんの中で、詳しく話聞きたいとアンケートに書いているのなら、テレアポは有効。ただ、それ以外はテレアポしても無駄足になることが多いです。

 

また、ある製品やサービスにちょうど興味がある場合、

  • 話を聞くのなら事前にアポを取った上で聞きたい
  • テレアポ営業するってことは怪しい商品・サービスなんじゃないか

と考えるもの。

個人でも法人でも、お客さんだって予定がありますし、クソ商品は買いたくないですからね。

テレアポ営業をしてくる時点でマイナスのくくりで見られることが多いので、全然話を聞いてもらえなくて提案すらできないのが現実。

なので、テレアポ営業がきつい・つらいと感じて辞めたくなるのは当然です。

 

理由②無駄が多い

テレワークの普及でアプローチ先の人が会社にいない

テレアポ営業がきつい・つらいと感じて辞めたくなる理由2つ目は、無駄が多いこと。

 

テレアポ営業は飛び込み営業と違って、リストが用意されていれば電話をかけてアプローチができます。

しかし、電話先のお客さんにニーズがあるかどうか、わからないのがきついところ。

ニーズがなければ話も聞いてもらえないですし、商談になりません。

商談にならないということは、お客さんにニーズがあるか全くわからない状態でテレアポをしても、時間を無駄にしてしまうことも多いのです。

お客さんの事情も不明な状態で電話営業するわけですし、在宅勤務率が高くて会社にいなくてつながらないことも。

ポチのすけ
ポチのすけ
興味がない1,000人に声をかけても、見向きもされないのは当然ですよね。

 

さらに、BtoCやお店への営業で多いのが、ただ話したい人に捕まって時間を取られること。

興味がないのにただ話したいという理由で捕まると、時間だけ持っていかれるので無駄です。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくが飲食店などのお店に営業をしていた時、ただただ話したい年配の方につかまって20分以上の時間を持っていかれた挙句、アポにもつながらないことがありました。。

 

また、BtoBでは長時間の保留となり待たされてしまい、無駄な待機時間があることも。

こちらから電話していることもあり、無下に切ることもできず、保留が長時間になるのは無駄そのものです。

 

営業できる時間は限られていますし、提案するためにはまずアポを取らないといけないので、見込みがあるお客さんに効率的に営業していきたいもの。

無駄が多い営業スタイルだと、かけた時間に見合わない結果しか出ないので、ノルマ達成ができずにさらにつらくなります。

以下の記事でも詳しく解説しています。

テレアポ(電話営業)が時代遅れかつ迷惑である理由と対処法についての詳細記事はこちら

【意味ない】テレアポ(電話営業)は時代遅れのオワコン!やり方間違うと無駄で迷惑かけるだけ
【意味ない】テレアポ(電話営業)は時代遅れのオワコン!やり方間違うと無駄で迷惑かけるだけ「電話営業でアポ取りするのは時代遅れ?」「テレアポは無駄が多いのにアポ取れなくて意味ないし、お客さんに迷惑かけてる?」というお悩みについて、テレアポの実態と迷惑をかけない対処法について解説しています。...

 

理由③迷惑だと怒られる

お客さんの時間を奪う

テレアポ営業がきつい・つらいと感じて辞めたくなる理由3つ目は、迷惑だと怒られること。

 

テレアポ営業は時代遅れの営業スタイルというだけでなく、お客さんにも迷惑をかけてしまって怒られるのがきついところ。

理由は以下の通りです。

テレアポ(電話営業)が迷惑な理由

 

  1. お客さんの時間を奪う
  2. テレアポで紹介される商品・サービスがクソ

 

個人向けのBtoCでも法人向けのBtoBでも、迷惑だと怒られることも多いので、メンタルもやられてしまいます。。

特に予定がある中で急に電話がかかってくるというのは、忙しい時はマジで迷惑ですからね。

 

見込み客を集客して、事前にアポを取って提案するのが今の営業スタイル。

テレアポ営業をすることで迷惑だと思われ、怒られると契約にならないことも多いので、つらいですよね。

詳しくは以下の記事でも解説しています。

テレアポ(電話営業)が時代遅れかつ迷惑である理由と対処法についての詳細記事はこちら

【意味ない】テレアポ(電話営業)は時代遅れのオワコン!やり方間違うと無駄で迷惑かけるだけ
【意味ない】テレアポ(電話営業)は時代遅れのオワコン!やり方間違うと無駄で迷惑かけるだけ「電話営業でアポ取りするのは時代遅れ?」「テレアポは無駄が多いのにアポ取れなくて意味ないし、お客さんに迷惑かけてる?」というお悩みについて、テレアポの実態と迷惑をかけない対処法について解説しています。...

 

理由④断られすぎてメンタルやられる

メンタルやられる

テレアポ営業がきつい・つらいと感じて辞めたくなる理由4つ目は、断られすぎてメンタルやられること。

 

テレアポ(電話営業)は、相手に興味やニーズがあるかわからない状態でアプローチします。

そのため、めちゃくちゃ断られるのが普通。

ぼくの経験上、「100件電話かけたら90件は断られる」という確率ですし、挨拶しかけた瞬間に、

「結構です!!」

「営業電話ならいらない」

などと瞬殺されてしまうこともしばしば。

 

中には、

「二度と電話してくるな!」

「消費者センターに連絡します」

などと、クレームをもらうことも。。

 

個人へテレアポ(電話営業)だと、知らない番号からの電話は出ない人も多いですし、
法人向けのテレアポ(電話営業)でも受付や事務の人を突破できないことが多いです。

1~2件なら断られても大丈夫なものですが、これが10件~20件続いたり、100件電話してもひたすら断られてしまうとメンタルやられます。。

ポチのすけ
ポチのすけ
一生懸命頑張っているのに、あまりにも断られると人格否定されていると感じることも。

 

電話しても電話しても断られ、メンタルがやられてしまうと営業どころではありません。

契約するためにはアポ取って提案しないといけないのですが、テレアポ(電話営業)は提案前に断られすぎてメンタルやられるので無駄ばかり。

提案前にメンタルがボロボロになってしまう営業スタイルは、時代遅れの何物でもありません。

きつくてつらいと感じて辞めたくなるのも当然。

心が壊れる仕事で限界になる前にやるべき3つのことの詳細記事はこちら

心が壊れる仕事で限界になる前にやるべき3つのこと。真面目な人ほど気をつけよう
心が壊れる仕事で限界になる前にやるべき3つのこと。真面目な人ほど気をつけよう仕事のストレスで心が壊れてしまう原因と、心と体が壊れる前にやるべき3つのことについて実体験から紹介しています。 仕事がつらい方は、限界になる前に、是非ご覧ください。...

 

理由⑤相手が嫌なことをする罪悪感

相手が嫌なことをする罪悪感

テレアポ営業がきつい・つらいと感じて辞めたくなる理由5つ目は、相手が嫌なことをする罪悪感。

 

テレアポ営業は、とにかく数多くお客さんになるだろう人や会社に当たって、興味やニーズがあるお客さんを探すところから始めないといけません。

数を当たらないといけないとなると、相手が忙しいかどうかなどは考えず、まずは電話してから判断しようとなります。

そうなると、

「今忙しいんで」

と断られたり、あからさまな断りの保留を使われたり、めちゃくちゃ怒られることも。

 

断られたり怒られることが続くと、

「自分がやっていることは、お客さんへの嫌がらせなんじゃないか」

「ゴミ商品を売りつけるという、詐欺に加担しているんじゃないか」

罪悪感を感じてしまいます。

 

お客さんを喜ばせることではなく、自社の利益のことだけを考えて感情を無くして動けるサイコパスならともかく、真面目な人ほど罪悪感を感じてしまうのがテレアポ営業。

つらくなって辞めたくなるのも当然です。

営業が売りたくないものを売る罪悪感から解放する方法の詳細記事はこちら

営業は売りたくないものを売る必要なんてない!罪悪感に襲われる自分を解放する方法を解説
営業は売りたくないものを売る必要なんてない!罪悪感に襲われる自分を解放する方法を解説営業やるのなら、自分の売る製品やサービスに自信をもって売りたいですよね。 なので、営業は売りたくないものを売る必要はありません。 本記事では、営業が売りたくないものを売る必要がない理由と罪悪感から解放するための方法について解説しています。...

 

理由⑥アポ取りのノルマがきつい

アポ取りのノルマがきつい

テレアポ営業がきつい・つらいと感じて辞めたくなる理由6つ目は、アポ取りのノルマがきついこと。

 

テレアポ営業は、なかなか契約を取れません。

テレアポ営業でなかなか契約を取れない理由は、アポの取得率が低いのが原因。

 

営業で契約を取る(商談が成約する)ためには、以下の数式が成り立つのですが、テレアポ営業はアポ取得率が低いのできついのです。

営業の成約数

成約数=アプローチ数×アポ取得率×商談への移行率×成約率

 

ぼくの経験上、テレアポ営業はアポ取得率が1%前後のことが多いため、100件電話して1件アポを取れるかどうか。

商談への移行率(アポの中で商談まで至る率)を50%、成約率を60%として上記の数式にあてはめると、成約1件を取るために必要なアプローチ数が分かってきます。

成約数1件≒333件×1%×50%×60%

 

商談への移行率と成約率をそこそこ高めに設定しても、1件成約するには333件も電話しないといけないのです。。

ポチのすけ
ポチのすけ
しかも、月に1件成約すればいいわけではないので、もっとアプローチしないといけません。

また、

  • アポ取れない
  • クソアポばかりで商談に至らない
  • 商談しても成約しない

という形で上記の数字が下がる場合、全然契約を取れなくなるのでつらいところです。

 

テレアポ営業では、

  1. 全然話を聞いてもらえなくて提案すらできない
  2. 無駄が多い
  3. 迷惑だと怒られる
  4. 断られすぎてメンタルやられる
  5. 相手が嫌なことをする罪悪感
  6. 上司から詰められる
  7. 会社からの扱いが使い捨ての兵隊
  8. 同じことの繰り返しでつまらない

というハンデを背負いながら、1件の成約のために電話し続けないといけないので、きつくてつらいのも当然。

そりゃ、辞めたくなりますよね。

営業のノルマが未達成だとやばいのかについての詳細記事はこちら

営業のノルマが未達成だとやばい?ストレスを感じる必要なんてない3つの理由
営業のノルマが未達成だとやばい?ストレスを感じる必要なんてない3つの理由営業マンとノルマは切り離せません。本記事では、「営業ノルマが未達成になってしまう原因」「営業ノルマが未達成のままだとやばいのか?」「営業のノルマ未達成のストレスから自分を解放する方法」について、解説しています。...

 

「営業成績が最下位。。」と悩む方がやるべきことの詳細記事はこちら

「営業成績が最下位。。」と悩むあなたが契約を取るためにやるべきことをぼくの実体験から紹介!
「営業成績が最下位。。」と悩むあなたが契約を取るためにやるべきことをぼくの実体験から紹介!営業成績が最下位だと、周りからの視線やプレッシャーなどで悩んでしまい、精神的につらくなります。 本記事では、営業成績が最下位だとお悩みの方が、契約を取るためにやるべきことをぼくの実体験からご紹介します。...

 

営業成績が悪いから辞めたいと悩んでいる方が取るべき方法の詳細記事はこちら

営業成績が悪いから辞めたいと悩んでいる方が取るべき方法【4社を経験した営業マンが解説】
営業成績が悪いから辞めたいと悩んでいる方が取るべき方法【4社を経験した営業マンが解説】営業マンとして働いている中で営業成績が悪いと、色々つらいですよね。 ぼく自身も営業成績が悪かったことがあるので、すごくわかります。 本記事では、営業成績が悪くて辞めたいと悩んでいる方が取るべき方法について紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

また、テレアポのノルマが達成できない時は、

  • もっと電話をかけるために新たなリスト作成をする
  • 電話する前にロープレをする

などをしないといけなくなる可能性も。

そうなると、ノルマ達成のために、必然的に残業まみれの長時間労働になってしまうのでしんどいところです。

営業が当たり前のように残業してしまう理由と解決方法の詳細記事はこちら

営業は残業するの当たり前?つらい営業マンは仕事をコントロールできる会社に行くべき
営業は残業するの当たり前?つらい営業マンは仕事をコントロールできる会社に行くべき多くの営業マンの悩みである、「営業だと残業は当たり前なのか?」 という疑問について、4社を経験した現役営業マンが解説していきます。 本記事を読むと、『営業の残業は当たり前ではない』という事実と、残業が当たり前の現状を変える方法がわかります。...

 

理由⑦上司から詰められる

上司から詰められる

テレアポ営業がきつい・つらいと感じて辞めたくなる理由7つ目は、上司から詰められること。

 

テレアポ営業の目的は、まずアポを取ること。

しかも月にアポ1件で充分ということはないので、何件もアポを取らないといけません。

ポチのすけ
ポチのすけ
さらには、アポを取っても契約までたどり着かないと意味がないので、契約しやすくするためにできる限りのヒアリングも必要です。

 

しかし、テレアポ営業でアポを取るのは大変。

その上、アポが取れないと支店長などの上司から以下のように詰められるので、つらくて辞めたくなります。

「今月、全然アポ取れてないけど、どうしてくれるんだ」

「全然アポ取れてないけど、何でここにいるの?」

「お前、やる気あんの?」

「アポ取れてないのに、休めると思う?」

「アポ取れるレベルになるまで、ロープレやるからな」

お客さんからめちゃくちゃ断られてつらい思いをしているのに、支店長などの上司からも詰められると辞めたくなるのは当然。

上司のことも嫌になりますし、仕事へのモチベーションもダダ下がりですよね。

上司ガチャがハズレだった場合に引き直す方法の詳細記事はこちら

【リセマラ推奨】上司ガチャの当たり外れでキャリアは変わる!引き直す2つの方法
【リセマラ推奨】上司ガチャの当たり外れでキャリアは変わる!引き直す2つの方法キャリアや成長スピードに関わる、上司ガチャについて詳しく解説しています。 上司ガチャは当たりと外れがあるので、外れを引いた場合にどうしたらいいのかがわかります。...

 

営業でロープレが無駄な理由とロープレよりも重要なことの詳細記事はこちら

【無駄】営業でロープレを苦痛と感じるのは当然!もっと大事なことがあるのでマジで意味ない
【無駄】営業でロープレを苦痛と感じるのは当然!もっと大事なことがあるのでマジで意味ない「ロープレやっても営業成績が上がらないからマジで意味ない。ロープレの方が緊張しちゃって苦痛。。」「接客や商談ではどうせロープレ通りに進まないから無駄でしょ?」というお悩みについて、対処法について解説しています。...

 

仕事のモチベーションが全くない時は転職した方がいい理由の詳細記事はこちら

仕事のモチベーションが全くない時は辞めて次の職場に移っていい5つの理由。人生を有意義に過ごそう
仕事のモチベーションが全くない時は辞めて次の職場に移っていい5つの理由。人生を有意義に過ごそう仕事へのモチベーションが全くないと、マイナスのことがどんどん増えるので、辞めたくなるものです。 そんな時は、早めに次の職場に移るのが大事。 本記事では、仕事のモチベーションが全くない時、仕事を辞めて次の職場に移っていい5つの理由について、ぼく自身の経験も踏まえてご紹介していきます。 是非、ご覧ください。...

 

理由⑧会社からの扱いが使い捨ての兵隊

会社からの扱いが使い捨ての兵隊

テレアポ営業がきつい・つらいと感じて辞めたくなる理由8つ目は、会社からの扱いが使い捨ての兵隊であること。

 

今の時代にテレアポ営業がメインの会社は時代遅れなのですが、そのような時代遅れの会社だと、社員を使い捨ての兵隊として扱います。

テレアポ(電話営業)が時代遅れかつ迷惑である理由と対処法についての詳細記事はこちら

【意味ない】テレアポ(電話営業)は時代遅れのオワコン!やり方間違うと無駄で迷惑かけるだけ
【意味ない】テレアポ(電話営業)は時代遅れのオワコン!やり方間違うと無駄で迷惑かけるだけ「電話営業でアポ取りするのは時代遅れ?」「テレアポは無駄が多いのにアポ取れなくて意味ないし、お客さんに迷惑かけてる?」というお悩みについて、テレアポの実態と迷惑をかけない対処法について解説しています。...

 

テレアポ営業をさせる会社だと、

「成果を出さない営業は成果が出るまで行動させればいい」

と考えるので、

  • アポ取るまで帰るの禁止
  • アポ取れない時は業務時間後にリスト作成させる

という形で、長時間労働確定で奴隷のように扱うことも。。

そうなると、

  • 残業まみれで体調が悪い
  • 終電で帰宅する毎日なので、平日は趣味も副業も何もできない
  • 休日出勤までさせられて人生つまんない。。

と超やばいことになります。

 

会社からの扱いがひどいと、モチベーションはダダ下がり。

つらくて辞めたくなるのも当然です。

 

営業が当たり前のように残業してしまう理由と解決方法の詳細記事はこちら

営業は残業するの当たり前?つらい営業マンは仕事をコントロールできる会社に行くべき
営業は残業するの当たり前?つらい営業マンは仕事をコントロールできる会社に行くべき多くの営業マンの悩みである、「営業だと残業は当たり前なのか?」 という疑問について、4社を経験した現役営業マンが解説していきます。 本記事を読むと、『営業の残業は当たり前ではない』という事実と、残業が当たり前の現状を変える方法がわかります。...

 

仕事のモチベーションが全くない時は転職した方がいい理由の詳細記事はこちら

仕事のモチベーションが全くない時は辞めて次の職場に移っていい5つの理由。人生を有意義に過ごそう
仕事のモチベーションが全くない時は辞めて次の職場に移っていい5つの理由。人生を有意義に過ごそう仕事へのモチベーションが全くないと、マイナスのことがどんどん増えるので、辞めたくなるものです。 そんな時は、早めに次の職場に移るのが大事。 本記事では、仕事のモチベーションが全くない時、仕事を辞めて次の職場に移っていい5つの理由について、ぼく自身の経験も踏まえてご紹介していきます。 是非、ご覧ください。...

 

理由⑨同じことの繰り返しでつまらない

単純作業でつまらない

テレアポ営業がきつい・つらいと感じて辞めたくなる理由9つ目は、同じことの繰り返しでつまらないこと。

 

テレアポ営業がメインの仕事になると、やることはアポを取るためにひたすら電話営業することになります。

お客さんについてあらかじめ調べることができれば、仮説を立ててヒアリングすることはあっても、基本的にはリストの上から順に電話するのが仕事。

用意されたトークスクリプトを流しながら、時には工夫をすることはあっても、やることは電話することだけ。

 

そうなると、毎日が同じことの繰り返しになるので、つまらないと感じてしまいます。

ポチのすけ
ポチのすけ
色んなことを経験したい人にとっては、あまりにも変化がない毎日で刺激が足りないと感じてしまうものです。

 

つまらない仕事を続けていても、スキルは身につきませんし、働くモチベーションも低下。

つまらない仕事を毎日毎日続けるのは苦痛そのものなので、テレアポ営業を辞めたくなるのも当然です。

 

スポンサーリンク

営業でテレアポばかりするデメリット【メンタル病む】

営業でテレアポばかりするデメリット【メンタル病む】

前述したように、テレアポ営業はめちゃくちゃきついですし、つらくて辞めたくなることが多いです。

ただ、

  • プライドがある
  • 他の業界とかよくわからない
  • やりたいことがない

という方だと、そのままテレアポ営業を続けてしまうことも。

 

テレアポがつらい・やりたくないと思いながら、テレアポ営業を続けるデメリットは以下の3つです。

テレアポ営業を続けるデメリット

 

  1. テレアポ営業以外の営業で使う基礎スキルが身につかない
  2. ヒアリングスキルや提案スキルが身につかない
  3. 残業まみれになる

 

営業活動がテレアポばかりだと、デメリットが多いのでメンタル病みます。。

 

デメリット①テレアポ営業以外の営業で使う基礎スキルが身につかない

テレアポ営業以外の営業で使う基礎スキルが身につかない

テレアポ営業を続けるデメリット1つ目は、テレアポ営業以外の営業で使う基礎スキルが身につかないこと。

 

テレアポ営業以外の営業で使う基礎スキルとは、

  • メール処理能力
  • ビジネスマナー
  • 提案書作成能力

など。

上記の基礎スキルは、テレアポ営業以外の営業でも使いますし、営業以外の仕事でも使います。

 

しかし、テレアポ営業では個人宅やお店や会社に電話してアポを取るのがメイン。

お客さんごとに提案書を作ることもないですし、メールすら使わない仕事なので、テレアポ営業以外の仕事で使う基礎スキルは身につきません。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身、飛び込み営業やテレアポしかやらなかった外壁塗装営業やお店への営業をしていた時は、上記のスキルは全く使わなかったので身に付きませんでした。

 

60~70歳までテレアポ営業を続けるのなら、上記のスキルは不要ですが、60~70歳までテレアポ営業を続けないのならすぐに身に着けた方がいいです。

50歳にもなって、

  • メールも出せません
  • 提案書も作れません

だとマジでヤバいです。

 

デメリット②ヒアリングスキルや提案スキルが身につかない

ヒアリングスキルや提案スキルが身につかない

テレアポ営業を続けるデメリット2つ目は、ヒアリングスキルや提案スキルが身につかないこと。

 

営業で大事なスキルは、ヒアリングスキルや提案スキル。

契約まで導くためには、お客さんから、

  • 課題は何か
  • 何をしたいのか
  • いつまでに達成したいのか
  • 予算はどのぐらいか
  • 決裁者は誰か

などをヒアリングし、最適な提案を行う必要があるからです。

提案時には、製品紹介資料やサービス紹介資料を見せたり、お客さん用に提案書を作成する必要もあります。

 

ただでさえ提案をして契約までたどり着くのは大変なのですが、テレアポ営業はそもそも提案に至るまでのハードルが高い営業スタイル。

テレアポ営業では、そもそもお客さんに話を聞いてもらうところから始めないといけないからです。

ポチのすけ
ポチのすけ
電話するばっかりで、落ち着いてヒアリングできないので無駄ばかり。。

 

大事なことなので繰り返しになりますが、営業で大事なスキルは、ヒアリングスキルや提案スキルです。

転職が当たり前の時代に、ヒアリングスキルや提案スキルが身につかないと、

  • お客さんの課題に気づかずに的外れな提案をする
  • 情報収集レベルのお客さんに熱心に電話して時間を使うがあっさり断られる
  • 決裁者を見誤ってあっさり失注

ということしかできなくなるので、同じ営業であっても転職先が少なくなってしまいます。

一刻も早くスキルが身につく仕事に転職した方がいいです。

 

デメリット③残業まみれになる

営業の残業が当たり前になってしまっている理由

テレアポ営業を続けるデメリット3つ目は、残業まみれになること。

 

テレアポ営業は、

  • お客さんにニーズがあるかどうか全くわからない
  • お客さんの事情もわからない
  • そもそも会社にいるかもわからない
  • 受付で保留にされて待たされる
  • ただ話したい人につかまって時間を持っていかれる

ので、色々と無駄が多いです。

 

無駄が多い中で成果を出そうとすると、数をこなさないといけません。

数をこなしても電話する先がなければ新たにリスト作成しないといけませんが、日中は電話営業をするので、リスト作成するのは夜の業務時間後になることも。。

そうなると、ノルマ達成のために作業量がどんどん増えてしまいます。

結果、残業まみれの長時間労働コース確定。。

 

営業で残業が当たり前だと、以下の4つのデメリットがあるので、早急に改善が必要です。

営業の残業のデメリット

 

  1. 平日の自分の時間が減る(人生を楽しめない)
  2. 体力をかなり削られる(睡眠不足になる)
  3. ストレスが半端ない
  4. 仕事のスピードが落ちる(効率的にこなせなくなる)

 

健康で毎日を過ごしつつ、平日に趣味や副業をする生活をできると、人生が充実して毎日楽しいです。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくは残業が減って、平日にできることが増えたので、毎日ハッピーです♪

営業で残業するデメリットについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

営業が残業まみれになるデメリットと対策の詳細記事はこちら

営業は残業するの当たり前?つらい営業マンは仕事をコントロールできる会社に行くべき
営業は残業するの当たり前?つらい営業マンは仕事をコントロールできる会社に行くべき多くの営業マンの悩みである、「営業だと残業は当たり前なのか?」 という疑問について、4社を経験した現役営業マンが解説していきます。 本記事を読むと、『営業の残業は当たり前ではない』という事実と、残業が当たり前の現状を変える方法がわかります。...

 

スポンサーリンク

テレアポ営業がつらい・きつい時の対処法【自分の可能性を広げよう】

テレアポ営業がつらい・きつい時の対処法【自分の可能性を広げよう】

テレアポ営業がきつい方、つらい方は無理して続ける必要はありません。

テレアポ営業がつらい・きつい時の対処法は、テレアポ営業を辞めて他の仕事をすることです。

他の仕事というのは、テレアポ営業以外の営業の仕事だけでなく、営業以外の仕事でもOK。

 

テレアポ営業がつらい・きつい時の具体的な対処法は、以下の3つ。

  1. テレアポ営業以外の仕事について知る
  2. 部署異動する
  3. 転職する

 

対処法①テレアポ営業以外の仕事について知る

テレアポをしない営業について

世の中に仕事はたくさんあるので、まずはテレアポ営業以外の仕事について知っておきましょう。

 

世の中にはいろんな仕事があり、営業の仕事だけ見ても、テレアポ以外の方法はあります。

例えば、

  • 飛び込み営業
  • 反響営業
  • 紹介営業

など。

ポチのすけ
ポチのすけ
テレアポ(電話営業)以外の営業方法があると知っていると、視野が広くなるので、転職する選択肢が広がります。

 

飛び込み営業

飛び込み営業はその名の通り、アポなしで個人や企業に訪問して営業する手法。

訪問販売とも呼ばれ、足で回って1件1件訪問して、アポを取ったり商談に持ち込みます。

こちらから訪問して営業するプッシュ営業になるので、頑張り次第でアポをたくさん取ることができ、成約数を増やすことができます。

 

反響営業

反響営業は、問い合わせを引き出して営業する方法のこと。

飛び込み営業やテレアポといった、こっちから営業するプッシュ営業の逆でプル営業がありますが、反響営業はプル営業のメインの方法です。

例えば、

  • 自社のオウンドメディアやリスティング広告を打ってホームページから集客
  • セミナーや展示会出展をして集客
  • 電話問い合わせからの対応

など。

反響営業は、課題を解決したいお客さんが集まるので、アポが取りやすい営業方法。

マーケティングを駆使して集客し続けることで、安定して引き合いを増やせるので、提案活動に集中できます。

 

紹介営業

紹介営業は、他の会社と協業して紹介しあう営業のこと。

  • メーカーの立場なら、販売代理店からの紹介
  • 販売代理店の立場なら、メーカーからの紹介
  • 自社内の他部署からの紹介
  • 既存顧客からの紹介

など、紹介を受けて提案する営業です。

他社との利害関係の調整をして、信頼関係を築くのは大変ですが、アポは確実で案件の確度が高い営業方法。

お互いの会社にWin-Winとなる関係を築けると、案件の獲得がしやすく、提案活動に集中できます。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ソフトウェアメーカーやSIerなどのIT業界だと、テレアポ(電話営業)をしないので、テレアポ(電話営業)以外の営業をしたい人にはおすすめです。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

IT営業(ソフトウェアメーカー)の仕事についての詳細記事はこちら

IT営業の仕事はきつい?実際の仕事内容についてソフトウェアメーカー勤務の体験から紹介!
IT営業の仕事はきつい?実際の仕事内容についてソフトウェアメーカー勤務の体験から紹介!IT営業がきついのかどうかについて、実際にIT[営業として働いている立場から、仕事内容や残業時間、休日、メリット、デメリットの実態をお伝えします。 本記事では、ソフトウェアメーカーで働いて体験したことをメインで紹介します。 働きやすい会社で仕事をしたい方は、是非ご覧ください!...

 

SIer営業の仕事内容の詳細記事はこちら

SIerの営業ってどんな仕事?内容~休日までを開発会社で働いてわかった体験から紹介!
SIerの営業ってどんな仕事?内容~休日までを開発会社で働いてわかった体験から紹介!「SIerの営業って実際にどういう仕事内容なのか、いまいちピンと来ない。。」という方にSIerの営業の仕事内容や残業時間、休日まで実際に開発会社で働いて体験していることを紹介します。 IT業界の中で、SIerの営業に興味がある方は、是非ご覧ください!...

 

また、営業以外の仕事だと以下のような仕事があります。

営業以外の仕事の一例

 

  • 事務職
  • 広報
  • 人事
  • 法務
  • 経理
  • 購買
  • 経営企画
  • 公務員
  • SE/プログラマー
  • マーケター

 

テレアポ営業以外の営業の仕事をしたり、営業以外の仕事をするには、以下のどちらかの方法で実現できます。

  1. 部署異動
  2. 転職
ポチのすけ
ポチのすけ
では、詳しく見ていきましょう。

 

対処法②部署異動する

部署異動する

テレアポ営業以外の仕事をするために、部署異動する方法があります。

会社によっては、キャリア自己申告制度があるので、それを使って異動しましょう。

ただし、ほとんどの会社の場合、他の部署は人が足りているので異動できないことがほとんど。

また、異動できる部署すらないこともあります。

 

そもそもテレアポ営業をやる会社は、兵隊である営業マンをコキ使いたいので、テレアポ営業の頭数を減らしたいとは考えていません。

テレアポ営業はつらくてきつい仕事なので辞める人も多いので、むしろ常に人が足りない状態です。

テレアポ営業のメンバーを増やすことはあっても、減らすことはほぼないのが現実。

なので、異動できないことがほとんどなので、転職する方が早いです。

 

対処法③転職する

すぐに転職するべき

テレアポ営業以外の仕事をしたい人の99%以上は、転職するのが一番楽。

時代遅れのテレアポ営業で成績を上げようとする会社には早めに見切りをつけて、もっと良い会社に転職した方が、圧倒的に人生充実します。

 

テレアポ営業をしていて、

  • つらい。。
  • きついから辞めたい。。
  • もうやりたくない。。
  • メンタルやられる。。
  • 心が病みそう。。

という人は、1日でも早くテレアポ営業以外の会社に転職するべき。

テレアポ営業は、大変な割にはあまり評価されない営業スタイルなので、若いうちにさっさと転職した方がいいです。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身も、飛び込み営業やテレアポ(電話営業)の経験しかない状態で転職活動しましたが、大して評価されなくて大苦戦しました。。

 

テレアポ(電話営業)しか経験したことがないと、

  • お客さんとの名刺交換
  • メールの書き方

などのプル営業の基礎スキルさえ身に着けてないと見なされるので、大して評価されないからです。

基礎スキルから教えないといけないと見なされると、テレアポ(電話営業)スキルがあっても、未経験の人と一緒。

 

それならば、未経験枠で入れるうちに、転職してスキルを身に着ける方が今後のキャリアで圧倒的に有利。

石の上に三年もいる必要はありません。

今の仕事を辞めて転職して仕事を変えると人生楽しすぎるので、時間の無駄になる前にヤバい会社なら辞めるべき。

ぼく自身、つらい会社を辞めて転職をしたら人生変わったので、マジで仕事を辞めて正解でした。

前向きに行動することで、仕事を辞めてしまっても何とかなりますからね。

 

また、「お金がないから今の仕事を辞めれない。。」というのも間違い。

以下の理由により、転職して良い会社に行けば問題ありません。

  1. そもそもお金がないのは給料が低いから
  2. 働きながら転職活動をすれば問題ない
  3. 転職にはほぼお金がかからない
  4. 失業保険もある

 

詳しくは、以下の記事でも解説しています。

ポチのすけ
ポチのすけ
では、テレアポ営業以外の会社に転職する方法について、詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

テレアポをやりたくない・辞めたい人向け【電話営業をしない会社に転職する方法】

テレアポ(電話営業)をしない仕事をする方法

テレアポ営業以外の会社に転職するには、転職エージェントを使い倒すことで、今よりもっと良い会社を探せます。

また、口コミをフル活用することで企業の本当の姿がわかるので、併用するのも必須。

ポチのすけ
ポチのすけ
転職したのに、またテレアポ営業の会社だと意味ないですからね。

 

転職エージェントをフル活用できると、

  • テレアポ営業以外の営業ができる会社に転職
  • 今より働きやすい会社に転職

できますし、転職エージェントは無料で以下のようなメリットを受けられるので、使わない手はありません。

転職エージェントを使うメリット

 

  • 今の会社以外に選択肢があると知ることができる
  • ブラック企業で苦しむ方の話をちゃんと聞いてくれる
  • 企業が出している求人情報や背景について情報をもらうことができるので、求人倍率の予測がつく
  • 自分の能力とかみ合うのか、企業とのマッチングでミスがないのか客観的な意見をもらえる
  • 転職希望者を企業に推薦してくれるので、転職の成功率が上がる

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ。

1社の転職エージェントだけだと、

  • 求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になる
  • 良くない転職エージェントから見捨てられてしまう可能性がある

からです。

 

また、

など、転職でやるべきことを以下の記事でまとめています。

業界を変えながら転職3回を経験したぼくの経験になるので、転職エージェントから求人を引き出したら、こちらを見ながら準備してみてください。

転職で失敗しない方法を全部まとめた記事はこちら

転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】
転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】転職は環境も大きく変わりますし、確実に成功するわけではないので、怖いですし不安になるので動けないと感じてしまいますよね。 本記事では、転職を3回経験したぼくの実体験から得た、転職で失敗しないための方法や具体例をまとめています。 怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...

 

面接にぶっつけで挑まないために対策するべきことのまとめ記事はこちら

面接の練習しないでぶっつけ本番だと玉砕するので対策するべきことを転職3回の経験から解説
【対策がわかる】面接の練習しないでぶっつけ本番だと玉砕する!転職3回の経験からやることを解説面接の準備・練習なんて意味あるのか?ぶっつけにならないために面接対策するにしてもどうやってすればいいのか?と悩むことって多いと思います。 本記事では、面接前に対策するべきか、と面接対策でやるべきことについて3回の転職経験からご紹介します。 是非、ご覧ください。...

 

転職で何をするべきかを全部まとめた詳細記事はこちら

転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談
転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談転職3回で4社目で働くぼくが、転職で体験したことをブログでまとめています。 転職のきっかけから、転職で失敗しない方法、面接対策、退職の際にやるべきこと、といったスタートから終わりまでをまとめました。 是非、ご覧ください。...

 

おすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェント

今より良い会社を探せるおすすめの転職エージェントは、

です。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくが使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントなので、是非とも登録して利用するべきです!

もちろん、全部無料で登録・利用できます!

 

doda

 

dodaは、業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • dodaだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 全国の求人に対応
  • 転職エージェントが書類作成から面接対策まで親身にアドバイスしてくれる
  • スケジュール調整や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる
  • 業界を変える転職や、結婚後の転職であっても丁寧に対応してくれる

 

dodaは、「転職エージェントに迷ったらdoda!」というぐらい安定の転職エージェントです。

転職3回中、2回目と3回目でdodaを使ったぼくの経験から言っても、ネットの書き込みにある「dodaのエージェントがひどい」というのは嘘。

むしろ、非常に丁寧な対応をしてくれる転職エージェントなので、絶対に使った方がいい転職エージェントです。

また、仮に担当が良くない担当者の場合でも、dodaは担当者変更にもちゃんと応じてくれるので安心。

 

デメリットは、迷惑メールかと思うくらい求人メールが届くことと、求人紹介の幅が広いので自分に合わない求人が含まれていること。

ただ、「多くの求人情報を漏れなく紹介してくれる」と発想を変えることで、そこまで気にすることなく転職活動に取り組めます。

状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

type転職エージェント

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていない、隠れた優良企業を多く持っている転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • type転職エージェントだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 特にIT・Web系の会社に強い
  • 一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に対応
  • 求人情報のほとんどに求人企業の競合情報まで載せてくれている
  • 転職エージェントが、企業ごとに面接の重要ポイントを親身にアドバイスしてくれる
  • 年収交渉や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、dodaと合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)特化のため、それ以外の地域で転職を検討している場合は極端に求人が少ないことと、dodaなどの大手と比べると求人が少ないことです。

ただ、dodaなどの大手転職エージェントで拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、一都三県の方はdodaと合わせて利用すると弱点をカバーして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由の詳細記事はこちら

 

マイナビエージェント

 

マイナビエージェントは、マイナビしか持っていないような優れた中小企業の求人が多い転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビエージェントでしか手に入らない非公開求人が多い
  • 良い中小企業の求人が多数ある
  • 転職希望者を丁寧にサポートしてくれる
  • 第二新卒含めた20代の転職に強い
  • 全国の求人に対応

 

マイナビエージェントは独自の営業網により、dodaやtype転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、20代の転職にかなり力を入れていることもあって30代以降の求人はあまり多くないことと、返事(レスポンス)が早いため対応が多くなり、人によっては疲れてしまうこと。

ただ、dodaやtype転職エージェントが拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、dodaやtype転職エージェントと合わせて利用すると、求人の見逃しをなくして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

マイナビエージェントの無料登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

マイナビエージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

中小企業に強いマイナビエージェントの詳細記事はこちら

 

口コミで探す

口コミをフル活用する

また、合わせて絶対にやるべきなのが、口コミによる確認。

ホームページや求人情報だけでは、ブラック企業やしんどい仕事なのかどうか、判断することが難しいためです。

また、口コミを使うと、隠れ優良企業を見つけることも可能。

 

可能であれば応募する企業は、一度口コミを確認しましょう。

※時間がなくて厳しい時は、少なくとも書類が通った企業については、面接前に口コミを確認する形で対応しましょう。

 

口コミをフル活用した方がいい理由は、以下の2つ。

  1. 口コミの内容はほぼ真実
  2. 入社後のミスマッチをなくせる

ぼく自身、1社目も2社目も3社目も4社目も、書いてあった大量の口コミは全て真実でした。

なので、実体験からも、口コミは正しいと言えます。

 

また、

  • 転職エージェントも企業に忖度する
  • 求人情報に載っている情報がすべてではない
  • 求人情報は必ずしも最新情報ではない

といった点からも、求人情報だけでは正しい情報をつかめないので、やばい会社かどうかは口コミで確認しましょう。

 

口コミを利用した会社の探し方については、以下の記事でも詳しく紹介しています。

口コミを利用した会社の探し方の詳細記事はこちら

 

また、隠れ優良企業は、口コミの確認以外に複数の転職エージェントを使うと探しやすくなります。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

隠れ優良企業の探し方の詳細記事はこちら

 

まとめ:テレアポ営業を辞めたいなら早く転職するべき!

 

お話してきたことをまとめます。

テレアポ営業は、こちらからアプローチするブッシュ型の営業方法のため、つらくなって辞めたくなるのも当然です。

テレアポ営業がきつい・つらいと感じる理由は以下の9つ。

  1. 全然話を聞いてもらえなくて提案すらできない
  2. 無駄が多い
  3. 迷惑だと怒られる
  4. 断られすぎてメンタルやられる
  5. 相手が嫌なことをする罪悪感
  6. アポ取りのノルマがきつい
  7. 上司から詰められる
  8. 会社からの扱いが使い捨ての兵隊
  9. 同じことの繰り返しでつまらない

 

テレアポ営業を続けると、以下の3つのデメリットがあります。

  1. テレアポ営業以外の営業で使う基礎スキルが身につかない
  2. ヒアリングスキルや提案スキルが身につかない
  3. 残業まみれになる

 

テレアポ営業がつらい・きつい時の対処法は、テレアポ営業を辞めて他の仕事をすることです。

具体的な対処法は、以下の3つ。

  1. テレアポ営業以外の仕事について知る
  2. 部署異動する
  3. 転職する

他の仕事というのは、テレアポ営業以外の営業の仕事だけでなく、営業以外の仕事でもOK。

テレアポ営業は、向いてない人が続けるメリットはありません。

営業としてキャリアを積む場合でも、営業以外の仕事をする場合でも、早めに自分に合う仕事に転職することが未来を切り開きます。

1日でも早く、自分に向いた仕事をしていきましょう。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~