仕事の悩み

営業は売りたくないものを売る必要なんてない!罪悪感に襲われる自分を解放する方法を解説

営業は売りたくないものを売る必要なんてない!罪悪感に襲われる自分を解放する方法を解説
営業マン
営業マン
自社製品が他社よりも全然ダメなのはわかってるけど、自分の評価にも響くから売りたくなくても売らないといけない…自社製品を好きになれって言われるけど、無理。。
営業マン
営業マン
会社から売れって言われるから仕方なく販売してるけど、このサービスはお客さんにとって全然良い選択肢じゃない。。良くないものを売ってるなんて詐欺師みたいで罪悪感がある…

というお悩みにお答えします。

 

社会人になってから色んな営業を経験してきたポチのすけ(@pochinosuke1)です。

有形商材も無形商材も売ったことがあり、BtoB、BtoCの営業も経験した中で、売りたくないものを売っていたことがあります。

 

営業は売上だけではなく、注力商材という名目で、特定の商品やサービスを販売することもノルマになることがあります。

会社の方針なので提案はするものの、中には販売ノルマになっている商品やサービスの質が悪くて、お客さんのためにならないこともしばしば。

 

そうなると、真面目な人ほど

「販売しないと自分の評価が下がるから仕方なく販売しているけど、本当は良くないことなんじゃないか。。」

と心を痛めるぐらい悩んでしまいますよね。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身も自分の評価やインセンティブのために、お客さんに不要なサービスを売ってしまった経験があるので、気持ちはすごくわかります。

 

本記事では、

  • 営業は売りたくないものを売らないといけないのか?
  • 自社商品を好きにならないといけないのか?
  • 無理くりでも売らないといけなくて、罪悪感に襲われる自分を解放したい

というお悩みについて、解説していきます。

 

結論から言うと、

営業は会社が勧める商材を売らないといけないことは確かですが、罪悪感を持つような商品やサービスまで売る必要はありません。

無理やり売ってもメンタルもきついですし、ニーズに対する提案ができない営業はスキルがつかずにどんどん厳しくなっていくからです。

 

なので、「売りたくないものを売らないといけない。。」

という罪悪感に襲われることから解放するためには、自分たちの製品やサービスに、誇りをもって提案(販売)できる仕事に転職すること。

自分が自信をもっておすすめできる製品やサービスを提案できた方が、営業の仕事も楽しく行えます。

では、見ていきましょう。

 

営業は売りたくないものを無理やり売る必要なんてない!

営業は売りたくないものを無理やり売る必要なんてない!

営業は自社製品の販売をノルマにされることもありますが、良い商品だったら提案するべきです。

まずいのは、自社製品が良くない製品だった場合。

営業は、そんな売りたくないものを無理やり売る必要なんてありません。

 

営業が売りたくないものを無理やり売る必要がない理由は、以下の3つ。

  1. 営業が売ることに罪悪感を感じるクソ製品の販売は心が壊れる
  2. 無理やり販売&押し売りだとスキルも身につかず長く続かない
  3. お客さんに無理難題を押し付けられる

 

理由①営業が売ることに罪悪感を感じるクソ製品の販売は心が壊れる

ストレスが半端ない

営業が売りたくないものを無理やり売る必要がない理由1つ目は、営業が売ることに罪悪感を感じるクソ製品の販売は心が壊れるため。

 

他社よりも良くない自社のクソ製品を売ってしまうと、提案をして契約してもらったあとに、

「やっぱり良くなかったんじゃないか。。」

と心にシコリが残ります。

特に、

  • 真面目な人
  • 優しい人

ほど、心を痛めることに。。

 

モヤモヤが残ったまま仕事をしていくと、自分がやっていることが良いと思えなくなってきてしまい、

  • 明日が嫌すぎて夜寝れない
  • 朝起きるのが苦痛
  • 会社に行きたくない
  • 嫌いな上司に顔を合わせたくない

というように、ストレスがたまりすぎて毎日負の感情だらけで過ごさなくてはなりません。

 

そうなると、「自分は何のために生きているんだろう。。」と人生が虚しくなってしまい、心が壊れてしまいます。

 

また、「自社製品や自社サービスを好きになれば罪悪感なんて感じないよ!」という意見もあります。

これもおかしな話で、この世のすべてを好きになるのは無理なように、誰もが好き嫌いなどの好みがあるのが普通。

 

ビジネスで大事なのは、好きか嫌いかではなく、お客さんにとって価値を提供すること。

お客さんにメリットがあるかどうかです。

 

なので、製品やサービスを好きになる必要もないですし、製品やサービスは好きにならなくても営業には差し支えないです。

本当に良いと思えたら、熱量が上がってお客さんに伝わるもの。

売りたくないものを売ることで精神的に病むぐらいストレスを感じてしまうのは、絶対に避けなければなりません。

 

理由②無理やり販売&押し売りだとスキルも身につかず長く続かない

スキルが上がらない

営業が売りたくないものを無理やり売る必要がない理由2つ目は、無理やり販売&押し売りだとスキルも身につかず長く続かないため。

 

仕事で、

  • 年収アップ
  • やりたいことをやる
  • 社会が激変する時も仕事に困らない
  • リストラの恐怖に怯えずに精神的に安定

ということのために必要なものはスキル。

しかし、無理やり販売&押し売りしてばかりの営業だと、スキルは身に付きません。

 

売りたくないものを無理やり売るものとして、よく挙げられるのは、

  • 生命保険
  • コンビニの恵方巻

など。

なかなか売れないのですが、会社から売れと言われるので、ノルマ達成のために家族や友達に押し売りして、売り上げや販売数を稼ぐ形になります。

ただ、いらない生命保険やコンビニの恵方巻を売りつけられた側からすると、迷惑でしかない行為。

家族や友達との関係性を考えると、いつまでも彼らに販売するのは無理ですよね。

そうなると、家族や友達以外のお客さんに販売していかないといけません。

しかし、押し売りしかしてこなかった営業は、相手のニーズを把握して最適な提案をするスキルが身についていないので、ずっと苦労することになります。

 

また、『自社製品が他社よりも良くないのを説得するために、営業が必要』という意見も間違い。

嘘を並べるのはNGですし、他社よりもプラスの要素をおすすめして、お客さんのニーズに応えていかないといけません。

 

お客さんのニーズを把握して、最適な提案をするスキルこそが営業に必要なスキル。

他社よりも良くない製品を説得して売るスキルは、本来身に着けるスキルじゃないんですね。

 

スキルが身につかないと、年収も上がっていかないですし、転職先の候補も激減。

なので、無理やり販売&押し売りばかりで、スキルが身につかない毎日を過ごしているのはやばいです。

 

理由③お客さんに無理難題を押し付けられる

お客さんに無理難題を押し付けられる

営業が売りたくないものを無理やり売る必要がない理由3つ目は、お客さんに無理難題を押し付けられるため。

 

営業が無理やり売ろうとする時、よくあるのがお客さんの値下げ要求通りに無理やり値引きして安値で売ること。

確かに、無理やりでも値引きして安くすれば売れるでしょう。

ただ、無理やり値引きして販売するのは誰でもできるので、スキルも身に付きませんし、利益が出なくて営業の意味がなくなります。

また、「お客さんに買ってもらわないと帰れないんです」

同情を買うようにして無理やり契約しても、無理難題を押し付けられます。

無理やり契約したとしても、お客さんは製品やサービスに納得したのではなく、根負けして買っただけ。

そうなると、納得していない以上、契約後もクレームを言ってきます。

無理やり売ってクレームだらけになってしまうと、営業活動する時間がなくなりますし、精神的にも疲弊する最悪なことに。

 

さらに、営業は一度売って終わりではありません。

既存顧客ということで、クロスセルやアップセルをしないといけないことが多いです。

そうなると、無理やり売ったお客さんにも営業をしないとならず、

  • めちゃくちゃな値引き依頼
  • めちゃくちゃな納期依頼
  • 休日対応の依頼

というような、無理難題を押し付けられることが多くなります。

 

無理やり販売した結果、お客さんの無理難題への対応でいっぱいいっぱいになり、営業できないので、

  • 成績下がる
  • 精神的に疲労して心折れる

負のスパイラルにはまります。

お客さんからの無理難題を押し付けられないためにも、無理やり販売するのはやめましょう。

 

スポンサーリンク

売りたくないもの売っている自分の仕事を自信持って言えるのか?

売りたくないもの売っている自分の仕事を自信持って言えるのか?

売りたくないものを売っている仕事をしていると、心が壊れてしまったり、スキルが身につきません。

 

そうなると、家族や友達に今の仕事について、

  • 自信をもって言えない
  • 仕事について正直に言えないために、見栄を張って本当の仕事を言わない

なんてことも。

家族や友達に会ったときに、「今○○の仕事をやってるんだ~」と自信を持って言える仕事をしたいですよね。

なので、売りたくないものを売っている仕事からは脱出する必要があります。

 

スポンサーリンク

心が壊れる前に転職するべき

転職は早い方が良い

口先でお客さんをだまして悪い商品を契約させても、罪悪感に襲われるだけです。

 

  • 悪い製品
  • 良くないサービス

だとわかっていて、「売りたくはないけど売らないといけない。。」ということが続いていくと、

  • 狂ったキチガイになる
  • 良心が痛んで心が壊れる

のどちらかしか道はありません。

ポチのすけ
ポチのすけ
どっちも嫌ですよね。

 

今から転職をすれば、どちらの道にも行かず、自分が心から良いと思える製品やサービスを提案する道へ進めます。

どうせ営業をやるのなら、自分が心から良いと思える商品(製品)やサービスを売れる会社で頑張るべき。

嫌々提案するような製品やサービスよりも、自分が心から良いと思える製品やサービスの方が熱意を込めて提案できるのは間違いありません。

また、罪悪感からも解放されて楽しく働けます。

日常生活でも、超おいしいラーメン屋があったり、超おいしいスイーツがあったら、

友達に「この店、めっちゃ美味しいからおすすめだよ!」

と熱弁することってありますよね。

仕事でも同様に、お客さんにも熱い思いが伝わるものなので、自分が心から良いと思える製品やサービスなら、多少価格が高くても、買ってもらえる可能性が上がります。

 

会社の営業のやり方はそうそう変わりません。

なので、今の時点で会社が変わらないのなら、自分が心から良いと思える製品やサービスを提案する道へ進みましょう。

ちなみに、今の働いている業界では自分が心から良いと思える製品やサービスがない場合、業界を変える転職も有効な選択肢。

ぼく自身、転職3回のうち、2回は業界を変える転職をしていますし、業界を変えることで得られるメリットは絶大。

 

業界を変える転職では、未経験の業界に変わることにより不安になることもあるかもしれませんが、誰もが最初は未経験なので怖がらなくて大丈夫です。

未経験でも本人の努力次第で何とでもなるので、おすすめですよ。

業界を変える転職のメリットについては、以下の記事でぼくの実体験から詳しく書いています。

業界を変える転職の詳細記事はこちら

転職で業界変えるのは不安なあなたに伝えたい実際の体験から得たメリット5つ
転職で業界変えるのは不安なあなたに伝えたい実際の体験から得たメリット5つ転職で業界変えるのは不安が多いと思います。そんなあなたに、3回の転職のうち2回は業界を変える転職したぼくが、実際の体験から得たメリット5つを紹介します。 現状を変えたい方は是非お読みください。...

 

自分が心から良いと思える製品や、サービスを提案できる会社を見つける方法は、以下の2つ。

  1. 転職エージェントから良い求人をもらう
  2. 口コミで実態を確認

特に、失敗しないためには転職エージェントをうまく活用するのが必須。

希望の転職先に行くためには、募集があるのかと、自分の考えに合う会社を見つける必要があり、それを助けてくれるのが転職エージェントだからです。

転職エージェントは、無料で以下のようなサービスを受けられるので、使わない手はありません。

  • 非公開求人含め多くの求人を紹介してくれる
  • 書類や面接対策について親身にアドバイスしてくれる
  • 企業に交渉してくれる

 

また、求人情報は水物。

採用が決まれば募集終了になってしまうので、情報収集を早めに行い、良い会社の求人を見逃さないようにしましょう。

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するようにしましょう。

1社の転職エージェントだけだと、求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になるからです。

 

営業の方におすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェント

営業の方におすすめの転職エージェントは、多くの求人をカバーしているdodaと、隠れた優良企業が見つかるtype転職エージェント中小企業の求人に強いマイナビエージェントです。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくが使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントなので、営業職なら是非とも登録して利用するべきです。

営業の方の場合、dodaもtype転職エージェントもマイナビエージェントも求人は多いため、見つけやすくなっています。

もちろん、全部無料で登録・利用できます!

 

doda

 

dodaは、業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • dodaだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 全国の求人に対応
  • 転職エージェントが書類作成から面接対策まで親身にアドバイスしてくれる
  • スケジュール調整や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる

 

dodaは、転職エージェントに迷ったらdoda!というぐらい安定の転職エージェント。

デメリットは、迷惑メールかと思うくらい求人メールが届くことと、求人紹介の幅が広いので自分に合わない求人が含まれていることです。

ただ、「多くの求人情報を漏れなく紹介してくれる」と発想を変えることで、そこまで気にすることなく転職活動に取り組めます。

状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

type転職エージェント

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていない、隠れた優良企業を多く持っている転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • type転職エージェントだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 特にIT・Web系の会社に強い
  • 東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に対応
  • 求人情報のほとんどに求人企業の競合情報まで載せてくれている
  • 転職エージェントが、企業ごとに面接の重要ポイントを親身にアドバイスしてくれる
  • 年収交渉や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、dodaと合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)特化のため、それ以外の地域で転職を検討している場合は極端に求人が少ないことと、dodaなどの大手と比べると求人が少ないことです。

ただ、dodaなどの大手転職エージェントで拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、東京圏の方はdodaと合わせて利用すると弱点をカバーして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介
環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介今の仕事から環境を変えたい!場合、転職は有効な手段です。 本記事では、転職で環境を変えるのが有効な理由と、転職の不安を解消する方法、ぼくの3回の転職経験で使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントについて、具体的なエピソードを交えて紹介しています。 ぜひご覧ください。...

 

マイナビエージェント

 

マイナビエージェントは、マイナビしか持っていないような優れた中小企業の求人が多い転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビエージェントでしか手に入らない非公開求人が多い
  • 良い中小企業の求人が多数ある
  • 転職希望者を丁寧にサポートしてくれる
  • 第二新卒含めた20代の転職に強い
  • 全国の求人に対応

 

マイナビエージェントは独自の営業網により、dodaやtype転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、20代の転職にかなり力を入れていることもあって30代以降の求人はあまり多くないことと、返事(レスポンス)が早いため対応が多くなり、人によっては疲れてしまうこと。

ただ、dodaやtype転職エージェントが拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、dodaやtype転職エージェントと合わせて利用すると、求人の見逃しをなくして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

マイナビエージェントの無料登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

マイナビエージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

中小企業に強いマイナビエージェントの詳細記事はこちら

 

中小企業に行きたくない・向いていないと選択肢を狭めるのはもったいない!【良い会社の探し方を紹介】
中小企業に行きたくない・向いていないと選択肢を狭めるのはもったいない!【良い会社の探し方を紹介】転職する時、「できれば中小企業には行きたくない」と考えることは多いです。 本記事では、そのように思っている方に、大企業も中小企業も経験したぼくが、中小企業を選択肢に入れた方が良い理由や良い中小企業を探すためのポイントをご紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

口コミの利用方法

口コミをフル活用する

また、合わせて絶対にやるべきなのが、口コミによる確認。

ホームページや求人情報だけでは、ブラック企業かどうか判断することが難しいためです。

可能であれば応募する企業は、一度口コミを確認しましょう。

※時間がなくて厳しい時は、少なくとも書類が通った企業については、面接前に口コミを確認する形で対応しましょう。

 

口コミを利用した会社の探し方については、以下の記事でも詳しく紹介しています。

口コミを利用した会社の探し方の詳細記事はこちら

いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!3回の転職でやっていた方法を紹介
いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!3回の転職でやっていた方法を紹介転職で今より悪い会社に入ってしまわないように、いい会社と悪い会社を見極める方法について紹介しています。 特に口コミの利用は必須だど考えており、ぼくが使っていた口コミサイトもお伝えしています。 是非、ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

まとめ:売りたくないものを売る罪悪感から解放するためには即転職!

 

お話してきたことをまとめます。

営業は会社が勧める商材を売らないといけないことは確かですが、罪悪感を持つような商品やサービスまで売る必要はありません。

営業が売りたくないものを無理やり売る必要がない理由は、以下の3つ。

  1. 営業が売ることに罪悪感を感じるクソ製品の販売は心が壊れる
  2. 無理やり販売&押し売りだとスキルも身につかず長く続かない
  3. お客さんに無理難題を押し付けられる

 

どうせ営業をやるのなら、自分の仕事に自信をもって周りの人に言える仕事をしたいものです。

なので、「売りたくないものを売らないといけない。。」

という罪悪感に襲われることから解放するためには、自分たちの製品やサービスに、誇りをもって提案(販売)できる仕事に転職すること。

 

自分が心から良いと思える製品や、サービスを提案できる会社を見つける方法は、以下の2つ。

  1. 転職エージェントから良い求人をもらう
  2. 口コミで実態を確認

 

営業をやるのなら、自分が心から良いと思える商品(製品)やサービスを売れる会社で頑張りましょう。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

転職で何をするべきかを全部まとめた詳細記事はこちら

転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談
転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談転職3回で4社目で働くぼくが、転職で体験したことをブログでまとめています。 転職のきっかけから、転職で失敗しない方法、面接対策、退職の際にやるべきこと、といったスタートから終わりまでをまとめました。 是非、ご覧ください。...

 

営業なんてもうやりたくない!給料下がるのも嫌!という場合におすすめの仕事の詳細記事はこちら

営業なんてもうやりたくない!という人が即転職するべき4つの理由と給料下がるのが嫌な場合におすすめの仕事
営業なんてもうやりたくない!という人が即転職するべき4つの理由と給料下がるのが嫌な場合におすすめの仕事やりたくない営業の仕事を続けていても、マイナス点ばかり。即転職するべきです。 本記事では、営業やりたくない場合、即転職した方がよい理由と、転職する場合に給料が下がらないおすすめの仕事について、解説していきます。...

 

営業に向いてない人が転職した成功例を紹介している詳細記事はこちら

営業に向いてない。。と感じて転職した人が逆に良いキャリアを歩んでいる好例を紹介
営業に向いてない。。と感じて転職した人が逆に良いキャリアを歩んでいる好例を紹介営業に向いていない状態で働き続けるのは、非常に危険です。本記事では、「営業が向いてない、つらい。。」と感じる時、無理に続ける必要は全くない理由と、営業は向いてないけど転職して逆に良いキャリアを送れている好例について、ご紹介していきます。...