仕事の悩み

サラリーマンの飲み会幹事が面倒でもフル活用するべき4つのメリット

サラリーマンの飲み会幹事が面倒でも フル活用するべき4つのメリット
サラリーマン
サラリーマン
新人歓迎会の幹事になった。。この前の慰労会でも幹事だったし、仕事の合間にやらなきゃいけないから面倒だ・・・
ポチのすけ
ポチのすけ
友達との飲み会と違って、職場の飲み会の幹事だと、色々と面倒ですよね。

 

会社で、よく飲み会の幹事をやっているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

 

働いていると、歓迎会や、慰労会、忘年会や新年会など、多くの飲み会があると思います。

参加するだけならいいのですが、幹事になると、準備など色々と取り仕切らなくてはならないため、面倒なことも。。

ただ、それでも飲み会の幹事は仕事の一環のようなものなので、やらなくてはいけません。

 

そこで本記事では、飲み会幹事が面倒であっても、フル活用するべき4つのメリットについてご紹介します。

 

4つのメリットは以下の通り。

  1. ネット予約でポイントが貯まる
  2. 支払いでもポイントが貯まる
  3. 普段話さない人ともコミュニケーションを取れる
  4. 日程調整のコツがつかめる

 

また、ネット予約はこちらから行えます!

 

ぐるなびの予約はこちらから(公式ページ)

 

食べログの予約はこちらから(公式ページ)

 

ホットペッパーの予約はこちらから(公式ページ)

 

それでは、見ていきましょう。

 

サラリーマンの飲み会幹事が面倒な理由

飲み会幹事が面倒な理由

 

 

そもそも、飲み会の幹事が面倒な理由はなんでしょうか?

ぼく自身の経験上、面倒な理由は以下の5つだと思っています。

 

  1. 仕事が一つ増えるようなもの
  2. 参加者の日程調整が大変
  3. 人数が多いと、店選びが大変
  4. 店選びに注文をつけてくる人がいる
  5. 参加費回収に気を遣う

 

それでは、見ていきましょう。

 

理由①仕事が一つ増えるようなもの

飲み会の幹事が面倒な理由1つ目は、仕事が一つ増えるようなものだからです。

 

飲み会幹事の役目は多くの人が関わるため、すっぽかすわけにはいかず、急に仕事が一つ増えるようなものです。

特に利益を生むわけではないので後回しにしがちですが、放置しすぎると、店の予約ができなくなるなんてことも・・・

なので、後回しにしすぎることなく、やるべきことをやらないといけません。

  • 参加者の確認
  • 参加者の日程調整
  • 一人当たりの金額確認
  • 店の予約
  • 飲み会場所や時間、金額を参加者に通知
  • お金を回収

など、細々とやることがあるので、地味に時間がかかります。

 

なので、仕事が一つ増えてしまうような感覚になるんですね。

 

理由②参加者の日程調整が大変

飲み会の幹事が面倒な理由2つ目は、参加者の日程調整が大変なところです。

 

飲み会に参加するのが一人二人ならいいのですが、8人とか10人以上などの人数になってくると、日程がなかなか合わない。。なんてことも。

それでも、日程調整をしないといけないので、都合がつきやすい人の元々の予定をずらしてもらったり、そもそも早めに日程を確定させてしまうなど、いろんな人に交渉する必要もあります。

これが地味に大変です。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
課長と係長は大丈夫だけど、部長の予定が合わない。。どうしようか・・・

となることも。

早めに日程を抑えておくのが正解で、難しい場合は説得ですね。

 

理由③人数が多いと、店選びが大変

飲み会の幹事が面倒な理由3つ目は、店選びが大変なところです。

 

人数が少なければそこまで難しくないのですが、10人以上などの人数になると、そもそも収容できるお店は限られます。

しかも、多くの飲み会で候補になる金曜日は、みんな同じことを考えるのですぐに予約が埋まってしまうことも。

お店が限られる中でも良いお店を選ぶ必要があるので、お店を選ぶだけで結構時間がかかってしまうことも多いです。

 

理由④店選びに注文をつけてくる人がいる

飲み会の幹事が面倒な理由4つ目は、店選びに注文をつけてくる人がいることです。

 

もちろん、アレルギーなどで食べれないものがあったり、歓迎会などの主役が嫌いな食べ物があるお店は選ぶべきではありません。

ただ、そうでない場合、店選びに注文を付けてくる人がいると、面倒です。

 

だいたいは上司の方からですが、

  • チェーン店は嫌だとか、
  • それでいて予算4,000円以内で納めろとか、
  • この日本酒がある店がいい、
  • もっとおしゃれな店がいい、

などを言ってくるものです。

 

それだけ言っておいて、店選びは部下に丸投げする。。

ポチのすけ
ポチのすけ
そこまで言うなら、自分で選べばいいのに。。と何度思ったことか(笑)

 

面倒かもしれませんが、そういう人がいる場合、先に要望を聞いておいてやり過ごすのが無難ですね。

 

理由⑤参加費回収に気を遣う

飲み会の幹事が面倒な理由5つ目は、参加費回収に気を遣うことです。

 

多くの飲み会では、幹事が立て替え払いをするか、参加費をその場で回収して支払います。

飲み会の場ですぐに支払いをしてくれればいいのですが、そうでない場合、後日に参加費を回収しなくてはいけません。

 

その場でお金を持ってきていない人が悪いのですが、参加費回収は、借金の取り立てみたいで気が引けます。

また、参加費が4000円なのに、タチが悪い人は万札しか持っていないことがあり、なぜか回収する側の幹事がお金を崩しておいて、お釣りを渡さなければならないことも。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
後から支払うんなら、せめて参加費は崩した状態できちっと用意してくれ!と心の中で叫びました(笑)

 

飲み会の参加費については、ゆくゆくはスマホ決済の送金機能で解決した方がいいのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

サラリーマンの飲み会幹事のメリット4つ

メリット

 

サラリーマンの飲み会幹事は前述した通り面倒なことも多いのですが、それでもフル活用するべきメリットが4つもあるので、ぼくはやった方がいいと考えています。

メリット4つは以下の通り。

  1. ネット予約でポイントが貯まる
  2. 支払いでもポイントが貯まる
  3. 普段話さない人ともコミュニケーションを取れる
  4. 日程調整のコツがつかめる

 

では、一つずつ見ていきましょう。

 

メリット①ネット予約でポイントが貯まる

飲み会の幹事のメリット1つ目は、ネット予約をすることでポイントを貯められることです。

 

最近の飲食店を掲載しているサイトでは、ネット予約でポイントが貯まるようになっています。

例えば、

食べログでネット予約をして来店すると、予約した人に人数に応じたTポイントがもらえるようになっています。

ぐるなびでは、同じようにネット予約してから来店すると、人数に応じた楽天ポイントがもらえます。

ホットペッパーでは、同様にネット予約してから来店すると、人数に応じたPontaポイントがもらえます。

あまりなじみがないかもしれませんが、Yahoo!ダイニングでは、人数に応じたTポイントがもらえます。

 

つまり、電話で予約するよりも、ネット予約して飲み会に行くだけでポイントがもらえるという、幹事だけの特権ということです。

活用しない手はありませんね。

 

ちなみにぼくは、楽天ポイントを貯めたいと思っているので、食べログやホットペッパーでお店を見つけたとしても、ぐるなびでネット予約ができるかどうかを必ず見てます。

で、ぐるなびでネット予約ができれば、楽天ポイントGET!

 

自分以外のお金も使いながらポイントが貯めれるということです。

ぐるなびでネット予約ができない場合は、食べログで探すようにしています。

 

ぐるなびの予約はこちらから(公式ページ)

 

食べログの予約はこちらから(公式ページ)

 

ホットペッパーの予約はこちらから(公式ページ)

注意しなくてはいけないのは、食べログやぐるなびに載っていたとしても、ネット予約ができないお店ではこの手段は使えません。

行こうとしているお店でネット予約できるのかどうかは、きちんと確認しましょう。

 

メリット②支払いでもポイントが貯まる

飲み会の幹事をやる2つ目のメリットは、支払いでクレジットカードやスマホ決済を使うことで、ポイントが貯まることです。

 

飲み会当日に参加者から現金で参加費を回収。

→飲み会の精算でPayPayや楽天ペイのようなスマホ決済が使えれば使えるもので支払う。スマホ決済に対応していない場合は、クレジットカードで支払う。

→回収した現金をスマホ決済やクレジットカードの支払い口座に振り込む。

という形で無理なくポイントを貯められます。

しかも、自分の支払いは一人分で済み、参加者分のポイントをGET!

これも飲み会幹事の特権なので、是非やりましょう。

 

ちなみに、スマホ決済の多くはチャージしてから使う先払いなのと、対応しているお店が多くないので、支払いの多くはクレジットカードがメインになると思います。

(PayPayやLINE Payは基本的に先払い、楽天ペイは後払い)

 

ぼくが使っているおすすめのクレジットカードについては、以下の記事で紹介しています。

楽天カードの詳細記事はこちら

楽天カードを使ってわかったメリット7つ。 ポイントたくさんもらえる方法も紹介
楽天カードを使ってわかったメリット7つ。ポイントたくさんもらえる方法も紹介クレジットカードがたくさんある中で、楽天カードを実際に使ってみて、わかったメリット6つを紹介します。口コミになります。 楽天カードでポイントをたくさんもらう方法や、デメリットも合わせて紹介していきます。...

 

エポスカードの詳細記事はこちら

エポスカードを使ってわかったメリットを3つに絞って紹介!【お得な使い方も必見】
エポスカードを使ってわかったメリットを3つに絞って紹介!【お得な使い方も必見】エポスカードを3年ほど使ってみてわかったメリットを、3つに絞って紹介しています。 お得な使い方についても合わせて紹介しており、どのクレジットカードにしようか迷っている人にわかりやすく書きました。 是非、ご覧ください。...

 

メリット③普段話さない人ともコミュニケーションを取れる

飲み会の幹事のメリット3つ目は、普段話さない人ともコミュニケーションを取れることです。

 

部長とかでない限り、普段、仕事で絡む人はある程度限定されることが多いです。

同じ社内にいて、席が近くであっても、仕事で絡むことが全然なくて話したことがないという場合も。

 

それが、飲み会で幹事をすることで、参加者と強制的にコミュニケーションを取らざるを得ないことになるので、

「顔と名前はわかるけど、どういう人かわからない。」

という人とも、まずはメールなどでコミュニケーションを取れます。

 

その後、今まで話したことがない人に参加費回収や飲み会当日に話しかけると、どういう人なのか少しだけでもわかるので、今後の仕事がやりやすい!

会社の人数が100人を超えてくると、誰か誰だかわからなくなりがちなので、飲み会幹事をきっかけに普段話さない人とも積極的にコミュニケーションを取っていきましょう。

 

メリット④日程調整のコツがつかめる

飲み会の幹事のメリット4つ目は、日程調整のコツがつかめることです。

飲み会の日程調整は大変ではありますが、スキルアップの機会だととらえましょう。

 

実際、自分だけでなく、多くの人が絡む時のスケジュール調整は、様々な場面で役立ちます。

  • 営業での訪問の日程調整(社内の参加者やお客さんとの調整)
  • 会議での日程調整(参加者や会議室の調整)
  • イベントの日程調整(場所や参加者との調整)

など。

 

営業だけでなく、どんな職種でも役に立ちますし、スケジュール調整がうまいと、仕事の段取りもうまくなるのでどんどん仕事のスピードが上がります。

飲み会の日程調整を通して、スキルアップしてしまいましょう!

 

スポンサーリンク

サラリーマンの飲み会幹事まとめ

 

お話してきたことをまとめます。

飲み会の幹事は面倒がられる理由が多いものです。

理由は以下の5つ。

  1. 仕事が一つ増えるようなもの
  2. 参加者の日程調整が大変
  3. 人数が多いと、店選びが大変
  4. 店選びに注文をつけてくる人がいる
  5. 参加費回収に気を遣う

 

ただ、それでも飲み会幹事はメリットがあるので、その立場をフル活用するべきです。

メリットはつぎの4つ。

  1. ネット予約でポイントが貯まる
  2. 支払いでもポイントが貯まる
  3. 普段話さない人ともコミュニケーションを取れる
  4. 日程調整のコツがつかめる

 

ネット予約はこちらから行えます。

 

ぐるなびの予約はこちらから(公式ページ)

 

食べログの予約はこちらから(公式ページ)

 

ホットペッパーの予約はこちらから(公式ページ)

 

飲み会幹事は面倒かもしれませんが、ポイントを貯めつつ、スキルアップできる良い機会だとポジティブに考えてフル活用していきましょう!

 

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~