クレジットカード

楽天カードを使ってわかったメリット7つ。ポイントたくさんもらえる方法も紹介

楽天カードを使ってわかったメリット7つ。 ポイントたくさんもらえる方法も紹介
社会人
社会人
クレジットカードは使っているけど、あまり深く考えずに使っていたんだよね。楽天カードって、CMも多いからよく聞くけど、実際、お得なクレジットカードなのかな?
ポチのすけ
ポチのすけ
楽天カードはCMでもよく聞くので、実際はお得なのかどうか、気になりますよね。

 

楽天カードをメインのクレジットカードとして使っているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

楽天カードをメインカードにしてから、ポイントがどんどん貯まっているので、もらえるポイントが多い、とてもお得なクレジットカードだと感じています。

 

本記事では、楽天カードを使ったらどうだったのか、ぼくが実際に使ってみてわかったメリット7つを紹介していきます。

合わせて、ポイントをたくさんもらえる方法や、デメリットもお伝えします。

それでは、ご覧ください。

 

TRY NOW

楽天カード公式サイトへ

 

楽天カードのメリット7つ

メリット

楽天カードを使ってみてわかったメリットは7つです。

楽天カードのメリット
  1. ポイント還元率が最低でも1%
  2. ポイントの使い道が豊富
  3. 年会費無料
  4. ポイント有効期限が実質無期限
  5. 楽天カードの引き落とし口座に楽天銀行を選ぶと、最低でも3ポイントもらえる
  6. 楽天のサービスと合わせて使うことで、ポイントがたくさんもらえる
  7. 投資信託を楽天カードで決済できる(ポイントが貯まる)

 

メリット①ポイント還元率が最低でも1%

 

楽天カードを使ってみて、一番のメリットだなと感じたのは、ポイント還元率の高さ

長らく使っていたクレディセゾンでは、0.1%でした。

もちろん、ポイントの交換レートが違うので、一概に比べられませんが、1,000円で1ポイントもらえるより、100円で1ポイントもらえた方が、わかりやすかったです。

 

楽天カードでもらえるポイントは、1ポイント = 1円として利用できるのも、わかりやすいところでした。

 

メリット②ポイントの使い道が豊富

 

クレジットカードを使うメリットは、ポイントをためて、ポイントでサービスを利用するところがお得だからだと思います。

楽天カードにして良かったのは、ポイントの使い道が豊富なことでした。

使い道が多いので、ポイントはあるけど使い道がなくて困る・・・ということがなかったのが大きかったです。

 

楽天カードを利用することでもらえる楽天ポイントは、例えば、以下のような使い道があります。

楽天ポイントの使い道
  • 楽天市場の買い物でポイントを使う
  • 楽天Edyに充当することで、日々の買い物の支払いにあてる
  • ふるさと納税で買うときにポイントを使う
  • マックの支払いでポイントを使う
  • 投資信託をポイントで買う

 

ぼくは、投資信託をポイントで買ったり、ふるさと納税やマックで使うことが多いです。

ポイントの使い道については、以下の記事でも紹介しています。

楽天ポイント投資の詳細記事はこちら

楽天ポイント投資でお金をふやそう!メリットを徹底解説
楽天ポイント投資でお金をふやそう!メリットを徹底解説【2019年7月1日更新】楽天ポイントを使って投資ができるメリットについて解説しています。うまく運用することで、何もないところからお金をふやすことも可能です。注意点も合わせて紹介しています。...

 

楽天期間限定ポイントの使い道の詳細記事はこちら

楽天の期間限定ポイントの使い道は?おすすめの使い方3つ!
楽天の期間限定ポイントの使い道は?おすすめの使い方3つ!楽天ポイントの中で、たくさんもらえる期間限定ポイントについて、おすすめの使い道3つを紹介しています。3つ以外の使い道も紹介していますので、ぜひご覧ください。...

 

メリット③年会費無料

 

楽天カードは、年会費無料です。持っているだけで維持費がかかることはないので、安心して所持できます。

楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードは、ポイント還元率が上がったり優遇がある分、年会費がかかりますが、通常の楽天カードは年会費無料です。

 

収入が多くなったら、楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードを検討しても良いと思いますが、通常の楽天カードで充分メリットを得られるため、年会費無料は大きなメリットです。

 

年会費永年無料の楽天カードはこちらから申し込めます。

TRY NOW

楽天カード公式サイトへ

 

メリット④ポイント有効期限が実質無期限

 

楽天カードで決済してもらえる楽天ポイントは、有効期限が実質無期限です。

楽天カードに限らず、楽天のサービスで手に入れた楽天ポイントは、最後にポイントを獲得した月を含めて1年間という有効期限はあるものの、1年間で1度でもポイントをもらうと、有効期限がまた1年延長されます。

そのため、楽天カードを毎月の固定費支払いにでも使っていれば、ずっと有効期限が延長されるため、実質的に有効期限はないようなものです。

 

キャンペーンやSPU(スーパーポイントアッププログラム)によって獲得した期間限定ポイントは、期限延長の対象とはならないので、注意しましょう。

参照:楽天 ポイントの有効期限について

 

メリット⑤楽天カードの引き落とし口座に楽天銀行を選ぶと、最低でも3ポイントもらえる

 

楽天カードに限りませんが、クレジットカードを利用すると、銀行口座からお金を引き落とすことになります。

その銀行口座に楽天銀行を指定すると、最低でも楽天ポイントが3ポイントもらえます。

クレジットカードの引き落としは月に1回あると思いますので、楽天カード払いでもらえるポイントとは別で、3ポイントはもらえるということです。

 

楽天銀行は、こちらから申し込みできます。

TRY NOW

楽天銀行公式サイトへ

 

最低でも3ポイントもらえるということは、楽天銀行のランクが上がれば、最大9ポイントがもらえます。

 

メリット⑥楽天のサービスと合わせて使うことで、ポイントがたくさんもらえる

 

楽天カードを使うことでもらえる楽天ポイントは、何も楽天カードでしかたまらないわけではなく、楽天のサービスを使うことで、合わせてどんどん溜まっていきます。

楽天カードだけでなく、楽天のサービスで自分に合うものをどんどん使っていくことで、楽天のサービスからも楽天ポイントがたくさんもらえるため、ポイントがふえるということをより実感できました。

 

ぼくは、楽天カードだけでなく、楽天銀行、楽天証券も日常的に使っており、ちょくちょく楽天市場も使うようになりました。

おかげで、ポイントをもらえる機会がふえましたし、楽天市場で買い物をする時に、SPU(スーパーポイントアッププログラム)によって、大量のポイントをもらうことができるようになりました。

 

楽天SPUについては、以下の記事で詳しく解説しています。

楽天SPUの詳細記事はこちら

楽天SPUとは?現実的なポイント還元率5~7%を狙おう!
楽天SPUとは?現実的なポイント還元率5~7%を狙おう!【2019年6月4日更新】楽天SPUについて、とにかくわかりやすく解説しています。楽天SPUは最大15%還元ですが、現実的に狙えるポイント還元率やポイントを増やす裏技も合わせて紹介中! 是非ご覧ください。...

 

メリット⑦投資信託を楽天カードで決済できる(ポイントが貯まる)

 

ぼくは、資産運用で投資信託をメインとして買っていますが、投資信託を買うときに楽天カードでも買っています。(まだ少額ですが)

実は楽天カードは、投資信託をクレジットカード決済できる数少ないサービスの一つであり、投資信託を買ってポイントがつくんです。

ここでも楽天カードのメリットを感じることができました。

 

楽天カードのクレジット決済については、以下の記事をご覧ください。

投資信託のクレジット決済比較の詳細記事はこちら

投資信託の購入をクレジットカード決済!サービスを徹底比較
投資信託の購入をクレジットカード決済!サービスを徹底比較【2019年8月15日更新】投資信託をクレジットカードで買うことができる証券会社について、徹底的に比較しています。 ポイント還元率や変える商品など、どれがお得かわかります。 是非ご覧ください。...

 

楽天カードで投資信託を買う詳細記事はこちら

楽天カードで投資信託買うと楽天ポイントもらえる!メリットと注意点を押さえよう
楽天カードで投資信託買うと楽天ポイントもらえる!メリットと注意点を押さえよう【2019年8月15日更新】楽天カードを使って楽天証券で投資信託を買うと楽天ポイントがもらえます。 メリットや注意点、神仕様の使い方もご紹介! 是非、ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

楽天カードでポイントをたくさんもらう方法7つ

ポイントたくさんもらう方法

 

楽天カードはとってもお得なクレジットカードなので、ぼくは最大限の効果を発揮させる方法を考えました。

結果、現在ぼくがやっている、ポイントをたくさんもらえる方法が7つあったのでご紹介します。

 

楽天カードでポイントをたくさんもらう方法7つ

 

  1. 固定費の支払いで使う
  2. 食料品や日用品などの日々の支払いで使う
  3. 大型の買い物で使う
  4. キャンペーンを活用してポイントをたくさんもらう
  5. 楽天市場で使う
  6. 引き落とし口座を楽天銀行にする
  7. 投資信託を楽天カードで買う

 

方法①固定費の支払いで使う

 

まずはクレジットカードの使い方の鉄板である、固定費の支払いで使っています。

家賃は更新費用のポイント払いのため、エポスカードを使っていますが、それ以外の以下の固定費は楽天カードです。

  • 光熱費
  • スマホ代
  • ネット代
  • 日経新聞代

 

方法②食料品や日用品などの日々の支払いで使う

 

ぼくは、週末に買い出しに出かけていますが、その際、すべての買い物で楽天カード払いをしています。

毎月3万円くらいは使っているので、300ポイントくらいはもらえます。

 

方法③大型の買い物で使う

 

美容院で髪を切る時や、旅行などの大きなお金が動く時も、楽天カードで払っています。

旅行などでは、10万円を超えることもあるため、言うまでもなくポイントがたくさんもらえます。

 

方法④キャンペーンを活用してポイントをたくさんもらう

 

楽天カードは、申し込むだけで5,000ポイントもらえます。

申し込みはこちらからになります。

TRY NOW

楽天カード公式サイトへ

 

また、定期的にキャンペーンを行っています。

例えば、

  • 期間内に楽天カードで一定額(3,000円くらい)し払うとポイントがもらえる!
    などです。

メールで届くので、キャンペーンが自分に合っているものであれば、エントリーしておきましょう。

 

方法⑤楽天市場で使う

 

楽天市場で買うものがあれば、楽天市場で買うようにしています。

たまったポイントを利用できるのと、SPU(スーパーポイントアッププログラム)という制度によって、買い物でもらえるポイントが飛躍的に増大するからです。

 

また楽天市場では、買い物でポイントがたくさんもらえるイベントを定期的に行っています。

  • お買い物マラソン・・・楽天ポイントがたくさんもらえるイベント
  • スポンサーをやっているチーム(FCバルセロナ、ヴィッセル神戸、楽天イーグルス)が勝つと、楽天ポイントがたくさんもらえる

そのため、定期的に楽天市場を見ています。

 

方法⑥引き落とし口座を楽天銀行にする

 

メリット④でも紹介しているので繰り返しにはなりますが、楽天カードの引き落とし口座に楽天銀行を選んでいます。

楽天カードの支払いで、楽天銀行から引き落とされるだけで3ポイントもらえました。

 

方法⑦投資信託を楽天カードで買う

 

こちらもメリット⑥で紹介しているので繰り返しにはなりますが、投資信託を楽天カードで決済してポイントをもらっています。

現在はまだ少額ですが、ゆくゆくは上限である月5万円分の投資信託を、楽天カードで買って、毎月500ポイントをもらうつもりです。

 

スポンサーリンク

楽天カードのデメリット

デメリット

 

楽天カードを使ってみた結果、メリットだらけだったので逆にデメリットがないのか、思い起こしてみました。

結論から言うと、デメリットらしいデメリットは特にありませんでした。

 

しいて言えば、

  • 楽天からのメールが大量に届くので面倒
  • FCバルセロナのデザインだと、マスターカードかJCBしか選べない

くらいです。

 

以前は、デザインがださいという理由で楽天カードを選ばない人もいたそうですが、今はFCバルセロナのデザインや、楽天イーグルスのデザインも選べるようになっています。

 

サッカー大好きで、バルセロナのファンでもあるぼくの場合、FCバルセロナのデザインを見て、格好良かったので即決しました!

メッシ、スアレス、イニエスタ、ピケ、ラキティッチの5人のやつです。

 

楽天カード
ぼくの場合、2023年までは使えるので、使うたびにウキウキするクレジットカードです。

ポチのすけ
ポチのすけ
2023年時点でも、楽天がバルセロナのスポンサーでありますように。

 

FCバルセロナのデザインは、マスターカードかJCBしか選べないのですが、ぼくはマスターカードにしました。

JCBは、まれに利用できない店舗やサービスがあるためです。

 

マスターカードかVISAなら利用するのに問題ないと考えているため、マスターカードにしています。

 

スポンサーリンク

楽天カードのメリットまとめ

 

お話してきたことをまとめます。

楽天カードのメリットは7つです。

  1. ポイント還元率が最低でも1%
  2. ポイントの使い道が豊富
  3. 年会費無料
  4. ポイント有効期限が実質無期限
  5. 楽天カードの引き落とし口座に楽天銀行を選ぶと、最低でも3ポイントもらえる
  6. 楽天のサービスと合わせて使うことで、ポイントがたくさんもらえる
  7. 投資信託を楽天カードで決済できる(ポイントが貯まる)

 

楽天カードでポイントをたくさんもらう方法は以下の7つです。

 

  1. 固定費の支払いで使う
  2. 食料品や日用品などの日々の支払いで使う
  3. 大型の買い物で使う
  4. キャンペーンを活用してポイントをたくさんもらう
  5. 楽天市場で使う
  6. 引き落とし口座を楽天銀行にする
  7. 投資信託を楽天カードで買う

 

楽天カードは、デメリットらしいデメリットは特にありません。

 

楽天カードはメリットだらけで、使わない理由が特にないほどのおすすめクレジットカードです。

年会費も無料で、新規申し込みで5,000ポイントもらえるため、まだ持ってない方は、こちらから申し込んでおきましょう!

TRY NOW

楽天カード公式サイトへ

 

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~