クレジットカード

エポスカードを使ってわかったメリットを3つに絞って紹介!【お得な使い方も必見】

エポスカードを使ってわかったメリットを3つに絞って紹介!【お得な使い方も必見】
エポスカードに興味ある人
エポスカードに興味ある人
エポスカードのメリットは色んなサイトにお得って載っているけど、実際のところどうなんだろう?
これはおすすめって言えるメリットが知りたい!
ポチのすけ
ポチのすけ
エポスカードのメリットは色んなサイトに載っていますが、とにかくたくさん書いてあるので、本当にメリットと言えるのが何なのかわかりにくいですよね。

 

ポチのすけは、エポスカードをメインカードの一つとして3年ほど使っています。

 

エポスカードは、エポスポイントがたまるだけでなく、割引や無料サービスなど様々なサービスがある優れたクレジットカードです。

その中でメリットを絞ると、つぎの3つだと考えています。

 

  1. ポイントで家賃の更新手数料に充てられる
  2. VISAカードになるため、使えるお店が多い
  3. エポトクプラザで色んなお店で優待がある

 

本記事では、3つに絞ったエポスカードのメリットだけでなく、一般的に言われるメリットや、さらにお得になる使い方について紹介していきます。

デメリットについても、合わせてご覧ください。

 

エポスカードのメリットを3つに絞って紹介

メリット

 

ポチのすけが、エポスカードを使って分かったメリットを3つに絞って紹介します。

冒頭でもお伝えしましたが、メリットはつぎの3つだと考えています。

 

  1. ポイントで家賃の更新手数料に充てられる
  2. VISAカードになるため、使えるお店が多い
  3. エポトクプラザを活用することで、色んなお店で優待が受けられる

 

メリット①ポイントで家賃の更新手数料に充てられる

 

エポスカードには、『保証人おまかせプランROOM iD』というサービスがあります。

かんたんに説明すると、以下のような特徴があります。

 

  • エポスカードを保証代わりにできるため、保証人不要
  • エポスカードで家賃の支払いができてポイントがたまる
  • たまったポイントで家賃保証料を支払える

 

賃貸物件では、家賃支払いをクレジットカード払いできない物件もありますし、対応していてもエポスカードのみ対応という物件も多いんです。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくが住んでいる賃貸物件はクレジットカード払いができるのですが、エポスカードのみの対応になっているので、エポスカードを持っているのが大きなメリットになっています。

 

エポスカードの支払いは、銀行口座引き落としと同じように引き落とされるだけですが、ポイントが貯まる分、銀行口座引き落としよりも超お得です!

 

ポイントは200円で1ポイントつくので、割り合いでいうと0.5%になりますね。

 

また、貯まったポイントを家賃保証料の支払いに充てることができます。

月6万円の家賃であれば毎月300ポイント貯まるので、年間3,600ポイントが貯まります。

家賃保証料は8,000円くらいかかるため、上記の例で言うと、半分くらいはポイントで支払えるので、だいぶ楽になります。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも最初はクレジットカードが怖くて銀行口座引き落としにしていたのですが、ポイントが貯まるのと、貯まったポイントで家賃の保証料を抑えられるメリットがあったのでエポスカードを作りました。

 

メリット②VISAカードになるため、使えるお店が多い

 

エポスカードはVISAカードのみになります。

JCBやマスターカード、アメックスはないのですが、VISAカードは多くのお店で使える優れたカードです。

そのため、JCB・マスターカード・アメックスが使えないお店に行った時でも、VISAが使えるエポスカードならクレジットカード払いができるので安心です。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
エポスカードなら、いざカードが使えない!とならないようにリスクヘッジできますね!

 

余談ですが、VISAとマスターカードだけ使えるお店って意外と多いです。

クレジットカードの営業をしたことがあるのでわかるのですが、VISAとマスターカードは、お店が払う手数料が安いからなんです。

そのため、全部のクレジットカードに対応するのは難しくても、VISAかマスターカードなら対応しているお店は多いので、VISAを使えるエポスカードはメリットが大きいということになります。

 

メリット③エポトクプラザを活用することで、色んなお店で優待が受けられる

 

エポスカードでは、エポトクプラザという優待サービスがあります。

これは、全国7,000店舗ほどの店舗で、割引やポイントが何倍ももらえたり、レストランでトッピングがもらえるサービスです。

お店によってサービスは様々ですが、エポスカードで支払うだけでなく、エポスカードを提示するだけで優待が受けられるお店もあります。

 

ポチのすけが使ってみて良いと思ったお店の例を挙げると、

  • ジョイポリス
  • ビッグエコー
  • モンテローザ系の居酒屋

あたりでした。

 

ジョイポリス

ジョイポリスでエポスカードを提示するだけで、300円引きで遊べます。

そこまで大幅値引きではないものの、カードを見せるだけで安くなるのでお得です。

 

ビッグエコー

ビッグエコーでエポスカードを提示するだけで、ルーム料金30%OFFかドリンクバー付き飲み放題コース10%OFFになります。

多くのビッグエコーのお店で適用になっています。

ビッグエコー会員割り引きとの併用はできないものの、その場のノリでカラオケ行こう!となった時、ビッグエコー会員でなくても割引できるのは大きいです。

 

モンテローザ系の居酒屋

ポチのすけはたまに笑笑などに行くのですが、モンテローザ系の居酒屋ではエポスカードに対応しているお店が多いです。

モンテローザ系の居酒屋では、エポスカードで支払うと会計から10%OFF!

地味に嬉しい特典ですね。

 

もちろん、飲食店はエポトクプラザに対応しているお店が多く、他の飲食店でも割り引きやトッピングサービスがあります。

エポトクプラザはチェーン店が多く、サイトから一つ一つ探すのは大変なので、自分が行くお店がエポトクプラザ対応点なのか、ピンポイントで調べるのがおすすめです。

カード提示だけでサービスを受けられるお店と、エポスカードで支払うことでサービスを受けられるお店に分かれるので、きちんと事前に見ておきましょう。

 

参照:エポトクプラザ

 

スポンサーリンク

エポスカードのメリット【その他】

メリットその他

ここでは、一般的に言われるエポスカードのメリットをご紹介します。

 

  • 年会費無料
  • マルイのマルコとマルオの7日間で10%OFFになる(年4回)
  • 海外旅行傷害保険が元からついている
  • 楽天Edyへのチャージでポイントたまる

 

年会費無料

クレジットカードの年会費がかからず、無料なのは素直に嬉しいですね。

 

マルイのマルコとマルオの7日間で10%OFFになる(年4回)

よくメールが来ますし広告も打っていますが、マルイでは年4回、『マルコとマルオの7日間』で10%OFFで買い物ができるんです!

よくマルイで買い物をする方は、年間で28日間も10%OFFという衝撃・・・

マルイで買い物をすることが多い方は確実に持っておいた方がいいですね。

 

海外旅行傷害保険が元からついている

エポスカードでは、海外旅行傷害保険がもとからついています。

凄いのは、治療費で下りる保険金額の多さです。

以下の金額をご覧ください。

傷害死亡・後遺障害・・・最高500万円

傷害治療費用・・・200万円(1事故の限度額)

疾病治療費用・・・270万円(1疾病の限度額)

賠償責任(免責なし)・・・2000万円(1事故の限度額)

救援者費用・・・100万円(1旅行・保険期間中の限度額)

携行品損害(免責3,000円)・・・20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

 

ポチのすけは海外旅行に行くときは掛け捨ての保険に入る派なのですが、掛け捨ての保険に入りたくない方は、少なくともエポスカードを持っていれば安心できますね。

 

楽天Edyへのチャージでポイントたまる

楽天Edyへエポスカードからチャージすると、1,000円で5ポイントのエポスポイントが貯まります。(200円で1ポイントなので)

チャージするだけでポイントが貯まるのはいいですね!

もちろん、楽天Edyを使った時は200円で1ポイント分の楽天ポイントがもらえるので、ポイントの2重取りができるということです。

楽天Edyをよく使う方は、連携させておきましょう。

 

そのほかのエポスカードのメリットについては、下記の公式ページをご覧ください。

 

エポスカード(公式ページ)

 

スポンサーリンク

エポスカードのデメリット

デメリット

エポスカードのデメリットは、以下の3つです。

  1. ポイント還元率は高くない
  2. マルイを使わない人や、家賃の更新手数料にポイントを充てられない場合はそこまで利用価値がない
  3. tsumiki証券から勧誘がある

 

デメリット①ポイント還元率は高くない

エポスポイントの還元率は0.5%となっており、200円で1ポイントが貯まります。

楽天カードなど還元率が1%になっていることを考えると、完全なメインカードとして使うには物足りません。

そのため、あくまでメインカードの一つとして家賃支払いやマルイの買い物に限定するなど、サブ的な使い方がおすすめです。

 

デメリット②マルイを使わない人や、家賃の更新手数料にポイントを充てられない場合はそこまで利用価値がない

 

マルイを使わない人、家賃の更新手数料にポイントを充てられない人にとっては、わざわざエポスカードを使うメリットはそこまでないです。

ただ、ゴールドカードになっておけば、空港でラウンジが利用できるので、ひとまずゴールドカードを目指しておきましょう。

 

デメリット③tsumiki証券から勧誘がある

 

エポスカードを使っていると、tsumiki証券からたびたび勧誘があります。

tsumiki証券は、理念は素晴らしいのですが、

この記事を書いている2019年5月13日時点では、まだtsumiki証券ではつみたてNISAなどの積み立てをやらない方がいいです。

 

理由は、同じようにクレジットカードで投資信託を買うことができる楽天証券と比べると、完全に下位互換となってしまっているサービスだからです。

いや、楽天ポイントをためる必要ないから~という方もいるかもしれません。
それでもまだtsumiki証券をやらない方がいい最大の理由は、選べる商品が良くないからなんです。

 

そこまで言う理由は、2019年5月10日時点ではtsumiki証券で選べる商品は4つしかなく、

  • 利回りがそれほどでもない
  • でもリスクは高め
  • 手数料も高め

という商品しかないからです。

 

投資でお金をふやしづらいことを、わざわざやる必要はないですよね?

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも、tsumiki証券で買う商品を選んで!と言われたら、選ぶのに困ると思います。。

 

tsumiki証券の理念自体はすばらしいため、

  • 楽天が嫌い
  • エポスポイントにまとめたい

という人は、良い商品が出てくるのを待ちましょう!

 

それまでは、楽天証券やSBI証券で代用しておくのがよいでしょう。

 

tsumiki証券についてはこちらの記事で詳しく書いています。

 

クレジットカードを使って投資をするなら楽天証券がおすすめです。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

 

スポンサーリンク

エポスカードのお得な使い方について

お得な使い方

 

エポスカードのメリット・デメリットについて紹介してきたところで、ポチのすけが考えるおすすめの使い方を紹介します。

 

それは、

  • 家賃の支払いにのみピンポイントで使う
  • VISAじゃないと使えない店でいざという時に使う
  • エポトクプラザで優待を受ける

といった、メインカードの一つではあるものの、使い方を限定したサブ的なクレジットカードとしての使い方です。

 

エポスカードはポイント還元率が高くないため、日々の支払いに使うには少しもったいないです。

なので、家賃支払いのように大きめの額の支払いで使いましょう。

 

さきほど、メリットでお伝えしたように、エポスカードは家賃支払いができる物件があり、貯めたポイントを保証料に充てられるので負担を減らせるからです。

また、家賃の支払いをおすすめする理由は、エポスゴールドカードに無料でグレードアップしやすいからなんですね。

 

家賃の支払いでエポスカードを使うと多くの場合、年間の支払額が50万円を超えてきます。

 

ポチのすけ自身の経験と、周りの友達に聞いた感覚値ですが、年間支払額が50万円を超えてくると、エポスゴールドカードに無料でグレードアップできる招待状が届きます。

 

エポスゴールドカードは、エポスカードよりも優待の幅が広がるため、さらにお得になります。

 

ゴールドカードだと、以下のような特徴があります。

  • ポイントの有効期限がない
  • エポトクプラザの優待のお店がふえる
  • 空港でラウンジが使える
  • 海外旅行傷害保険が自動でついてくる(通常のエポスカードよりも保証金額が多い)

 

特に空港でラウンジが使えるのが大きなメリットです。

成田空港ならビールかウイスキーが1杯無料で、ソフトドリンク飲み放題、柿の種食べ放題でコンセント有りのソファでくつろげます。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくはビールが大好きなので、飛行機に乗る時は必ずラウンジに行って、ビールを飲んでのほほんとくつろいでいます(笑)

 

エポスゴールドカードで空港でラウンジが使えることについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

 

まとめ

 

お話してきたことをまとめます。

ポチのすけが、エポスカードを使って分かったメリットはつぎの3つだと考えています。

 

  1. ポイントで家賃の更新手数料に充てられる
  2. VISAカードになるため、使えるお店が多い
  3. エポトクプラザを活用することで、色んなお店で優待が受けられる

 

一般的に言われるエポスカードのメリットは以下になります。

  • 年会費無料
  • マルイのマルコとマルオの7日間で10%OFFになる(年4回)
  • 海外旅行傷害保険が元からついている
  • 楽天Edyへのチャージでポイントたまる

 

エポスカードのデメリットは、以下の3つです。

 

  1. ポイント還元率は高くない
  2. マルイを使わない人や、家賃の更新手数料にポイントを充てられない場合はそこまで利用価値がない
  3. tsumiki証券から勧誘がある

 

エポスカードのおすすめの使い方は、メインカードの一つではあるものの、使い方を限定したサブ的なクレジットカードとしての使い方です。

特に家賃の支払いは、年間支払金額が50万円ほどになり、エポスゴールドカードに無料でグレードアップしやすいため、おすすめです。

 

エポスカードはメリットが多く優れたクレジットカードです。

メインのクレジットカードを持っている人でも、サブクレジットカードとして使えますので、この機会に2枚目を作っておきましょう。

 

エポスカードの申し込み(無料)はこちら