投資信託

tsumiki(つみき)証券のデメリットは?クレジット決済投資をしているぼくがメリットと合わせて解説!

tsumiki(つみき)証券のデメリットは?クレジット決済投資をしているぼくがメリットと合わせて解説!
投資家
投資家
tsumiki(つみき)証券だと、クレジット払いで投資信託のつみたてができるって聞いたけど、おすすめなのかな?メリットやデメリットを知りたい!
ポチのすけ
ポチのすけ
tsumiki(つみき)証券は、なかなか聞きなれない名前なので、メリット・デメリットをきちんと確認しておきたいですよね。

 

毎月、クレジットカード払いで投資信託を買っているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

クレジットカード払いで投資信託を買う時、いろんな証券会社を比較して始めたので、証券会社ごとのメリット・デメリットに詳しくなりました。

 

tsumiki(つみき)証券は、積み立て投資をすることで、エポスポイントがたまる証券会社。

エポスカードを使っている人は、利用する選択肢に入るので、メリット・デメリットを押さえたいですよね。

 

本記事では、

クレジットカード払いで投資信託を買うことができる、tsumiki(つみき)証券のメリットデメリットについてご紹介します。

結論から言うと、

  • エポスカードをメインカードとして使っている
  • 高コストの商品を買うことを受け入れられる

という人にはおすすめ。

年間0.1%~0.5%のエポスポイントがもらえるからです。

 

逆に、上記に当てはまらない人は、ほかの証券会社でクレジット決済投資をした方がいいです。

それでは、見ていきましょう。

 

tsumiki(つみき)証券の特徴

tsumiki証券

まずは、tsumiki(つみき)証券について確認しておきましょう。

tsumiki(つみき)証券とは、丸井グループがスタートさせた証券会社で、投資信託の積み立て専門の証券会社。

「こつこつ・ゆっくり・自分のペース」の積立投資を行ってほしいという思いから「積み木」=tsumikiという名前にしたそうです。

tsumiki証券:会社概要>メッセージ

 

すばらしい理念!

ではtsumiki(つみき)証券がどういうサービスなのかというと、特徴は以下の3つです。

  1. 月に購入可能な投資信託は3,000円~50,000円の範囲内で上限は50,000円
  2. ポイント還元率は、1年目は積立金額の0.1%、2年目は0.2%、3年目は0.3%、4年目は0.4%、5年目以降は0.5%
  3. 購入できる投資信託は4種類のみ

 

特徴①:月に購入可能な金額が3,000円~50,000円

 

tsumiki(つみき)証券で、投資信託を月に購入可能なのは3,000円~50,000円の範囲内。

購入可能な金額が月に50,000円までということは、年に600,000円まで投資できるということです。

 

特徴②:ポイント還元率が変動する

 

tsumiki(つみき)証券で、もらえるポイントは毎月のクレジットカード決済のたびにもらえるのではなく、クレジット決済をし続けて1年後にはじめてもらえます。

 

ポイント還元率の推移は以下の通り。

 

  • 1年目は積立金額の0.1%
  • 2年目は0.2%
  • 3年目は0.3%
  • 4年目は0.4%
  • 5年目以降は0.5%

つまり、0.5%もらうには、5年間は購入し続ける必要があるということです。

 

特徴③:購入できる投資信託は4種類のみ

 

資産運用でもっとも重要な商品選択ですが、tsumiki(つみき)証券では投資信託の種類が4種類に絞られており、おすすめなものを選びぬいたそうです。

内容を見てみましょう。

 

tsumiki証券の取り扱い投資信託

 

  1. セゾン・バンガード・グローバルバランス(セゾン投信):信託報酬 0.71%
  2. セゾン資産形成の達人(セゾン投信):信託報酬 1.55%
  3. コモンズ30(コモンズ投信):信託報酬 1.06%
  4. ひふみプラス(レオス・キャピタルワークス):信託報酬 1.06%

 

残念ながら、手数料(信託報酬)が0.71%~1.55%の高コストの投資信託のみとなっております。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくがtsumiki(つみき)証券で買うものを選べと言われたら、かなり悩むと思います。。

 

スポンサーリンク

tsumiki(つみき)証券を利用するデメリット

デメリット

先にtsumiki(つみき)証券のデメリットからご紹介します。

 

tsumiki(つみき)証券デメリット

 

  1. 肝心の商品ラインナップから選べるものがない
  2. ポイントが毎月もらえず、ポイントがもらえるのは年に1回だけ
  3. もらえるポイントが少ない
  4. 楽天証券の完全な下位互換

 

デメリット①肝心の商品ラインナップから選べるものがない

 

最大のデメリットは、厳選したはずの4本の投資信託から選びたい商品がないことです。

tsumiki(つみき)証券のラインナップ

 

  1. セゾン・バンガード・グローバルバランス(セゾン投信):信託報酬 0.71%
  2. セゾン資産形成の達人(セゾン投信):信託報酬 1.55%
  3. コモンズ30(コモンズ投信):信託報酬 1.06%
  4. ひふみプラス(レオス・キャピタルワークス):信託報酬 1.06%

残念ながら、手数料(信託報酬)が0.71%~1.55%の高コストの投資信託のみとなっています。。

手数料1%が高いと思わない方もいるかも知れませんが、投資信託で狙うリターンは5%前後が基本なので、そこに1%前後も取られたらかなり厳しいです。

ぼくは、良い商品で手数料が0.1%~0.3%くらいの投資信託で運用するのが良いと考えておりますし、実際に自分で運用しているのも手数料が安く優秀な商品のみです。

ポチのすけ
ポチのすけ
この中から買うものを選べと言われたら、かなり厳しい・・・

 

ぼくは、長期的な視点ではアメリカ株への投資が、最もリスクが低く最もリターンが望めると考えています。

具体的には、楽天VTIeMAXIS slimシリーズなどですね。

資産運用はtsumiki(つみき)証券の理念通り、コツコツとゆっくり長期的に積み上げていくもの。

当然ながら高コストな商品では利益が減ってしまうため、おすすめできません。

 

ちなみに、おすすめ投資信託についての選び方や商品については、以下の記事で詳しく紹介しています。

おすすめ投資信託の詳細記事はこちら

楽天証券の投資信託おすすめ10本!選ぶ基準と合わせて紹介
【2021年】楽天証券の投資信託おすすめ10本!選ぶ基準と合わせて紹介楽天証券で投資信託を買う場合のおすすめ投資信託10本を紹介しています。 投資信託を選ぶ6つの基準・根拠も解説しています。 ぜひ、ご覧ください。...

 

デメリット②ポイントが毎月もらえず、ポイントがもらえるのは年に1回だけ

 

tsumiki(つみき)証券のポイント還元は、毎月ではなく購入し続けて1年経ったら保有している積み立て金額に対してエポスポイントがつきます。

年に1回だけしかポイントがもらえないのがデメリット

 

Tポイントなどポイントを貯めている方なら経験があると思いますが、ポイントはすぐにもらえないと、ポイントをもらえるメリットなど忘れてしまうもの。

ポイントもらえるのが1年後だと、なおさらポイントをもらっていることすら忘れてしまうことに。。

 

デメリット③もらえるポイントが少ない

tsumiki(つみき)証券では、もらえるポイントが少ないのもデメリット

繰り返しになりますが、tsumiki(つみき)証券でもらえるエポスポイントの還元率は以下の通り。

  • 1年目は積立金額の0.1%
  • 2年目は0.2%
  • 3年目は0.3%
  • 4年目は0.4%
  • 5年目以降は0.5%

初年度は0.1%のポイント還元。

5年目以降でようやく0.5%のポイント還元です。

 

同じようなサービスの楽天証券では初年度から1%のポイント還元を受けられるので、tsumiki(つみき)証券ポイント還元が少ないことが目立ってしまっています。

同様のサービスである楽天証券との比較になってしまいますが、エポスカードで支払ってもらえるポイントは少ないです。

 

デメリット④楽天証券の完全な下位互換

 

tsumiki(つみき)証券は競合がいなければ良いサービスかもしれませんが、同様のサービスを出している楽天証券の完全な下位互換となっています。

 

残念ながら、

  • 購入できる投資信託の種類
  • ポイント還元率
  • ポイントをもらえる時期

など全てにおいて下位互換です。。

 

なお、楽天証券とtsumiki(つみき)証券の比較については、以下の記事で詳しく解説しています。

投資信託のクレジットカード決済比較の詳細記事はこちら

投資信託の購入をクレジットカード決済!サービスを徹底比較
投資信託の購入をクレジットカード決済!サービスを徹底比較投資信託をクレジットカードで買うことができる証券会社について、徹底的に比較しています。 ポイント還元率や変える商品など、どれがお得かわかります。 是非ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

tsumiki(つみき)証券を利用するメリット

メリット

投資信託の種類やポイント還元率では、完全に楽天証券の下位互換となってしまっているtsumiki(つみき)証券ですが、メリットは以下になります。

tsumiki(つみき)証券メリット

 

  1. 楽天が嫌な人への選択肢
  2. エポスカードでポイントを貯めれる

 

大の楽天嫌いの方であれば、エポスカードを使ってtsumiki(つみき)証券で資産運用するのがおすすめ!

 

スポンサーリンク

tsumiki(つみき)証券のメリット・デメリットまとめ

 

お話してきたことをまとめます。

tsumiki(つみき)証券は理念は素晴らしいのですが、デメリットが多すぎるので、わざわざ投資信託を買うのはやめた方がいいというレベル。

デメリットは以下の4つ。

  1. 肝心の商品ラインナップから選べるものがない
  2. ポイントが毎月もらえず、ポイントがもらえるのは年に1回だけ
  3. もらえるポイントが少ない
  4. 楽天証券の完全な下位互換

どうしても楽天証券と比べてしまうと、勝てる要素がありません。

 

ちなみに、メリットは以下になります。

  1. 楽天が嫌な人への選択肢
  2. エポスカードでポイントを貯めれる

 

エポスカードがメインカードであり、高コストの商品を買うことを受け入れられる人にとっては、tsumiki(つみき)証券は年間0.1%~0.5%のエポスポイントがもらえるのでおすすめ。

それ以外の方は、クレジット決済ができる証券会社は他にもあるので、別の証券会社で投資をするのが良いです。

tsumiki(つみき)証券も先行者として投資信託を多くの人に広めてくれたのですから、今後の改善に期待しましょう!

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

楽天カードを使って楽天証券で投資信託を買うメリットの詳細記事はこちら

楽天証券でクレジット決済するメリット・デメリットは?楽天ポイントをお得にためるコツも解説
楽天証券でクレジット決済するメリット・デメリットは?楽天ポイントをお得にためるコツも解説楽天証券でクレジット決済するときのメリット・デメリットについてご紹介しています。 デメリットを理解してメリットを享受するのがおすすめ!是非、ご覧ください。...

 

投資信託をクレジット決済するときの比較についての詳細記事はこちら

投資信託の購入をクレジットカード決済!サービスを徹底比較
投資信託の購入をクレジットカード決済!サービスを徹底比較投資信託をクレジットカードで買うことができる証券会社について、徹底的に比較しています。 ポイント還元率や変える商品など、どれがお得かわかります。 是非ご覧ください。...