仕事の悩み

営業に向いてない。。と感じて転職した人が逆に良いキャリアを歩んでいる好例を紹介

営業に向いてない。。と感じて転職した人が逆に良いキャリアを歩んでいる好例を紹介
営業マン
営業マン
全然契約取れないし、会社からお荷物扱いされてる。営業向いてないと思うし、このままずっとこんな日々が続くと思うと憂鬱。。
営業マン
営業マン
営業がつらいし、全然楽しくないから向いてないんだと思う。早くやめたいんだけど、自分が何をしたらいいのかわからない。。

というお悩みにお答えします。

 

社会人になってから、色んな営業を経験してきたポチのすけ(@pochinosuke1)です。

ぼく自身、営業に向いているかと言ったらあまり向いていないのですが、営業に向いていなくても働ける会社に転職しているため、今では在宅勤務で毎日楽しく働けています。

 

営業に限らないのですが、仕事には向き不向きがあります。

  • 働く人のスキル
  • 性格

は人それぞれなので、

  • 営業に向いている人
  • 営業に向いていない人

もいて当然。

 

ただ、巷では、

「営業に向いていないのではなく、本人の心の持ちよう」

「向いているかどうかは、一生懸命やらないと判断できない」

「向いているかどうかは、売れる先輩を真似して死ぬ気でやってから言え」

と厳しい意見が非常に多すぎて、逆に追い詰められてしまいますよね。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身、「営業に向いていないのは自分が悪いんだ。。」と自分を責めて苦しんだことが何度もあったので、気持ちはすごくわかります。

 

本記事では、

  • 営業で結果が出なくてつらい
  • 営業の仕事が向いていないと感じるけど、仕事を辞めるのも怖い
  • 営業に向いてない時、どんな仕事をしたらいいのか

というお悩みについて、解説していきます。

 

結論から言うと、

3回転職した僕の経験から言っても、営業に向いてない場合、無理に続ける必要は全くないです。

自分が最も力を発揮できる場所で輝くべき。

苦手なことを一生懸命することは効率も悪いですし、本人のキャリアのためにもなりません。

 

なお、営業に向いていなくても、仕事はたくさんあります。

ぼくが働いている会社のように、営業に向いていなくても営業として働きやすい会社はありますし、営業以外の

  • ITエンジニア
  • Webマーケター

のように、給料が高めの仕事もおすすめ。

 

「営業に向いてないから転職した」という方で、逆に良いキャリアを歩んでいる好例も紹介していきますので、是非最後までご覧ください。

 

営業に向いていないのはいたって普通

営業をやりたくないと思う3つの理由

うまく成果が出ないことが続くと、「自分は営業に向いていない。。」と感じてしまう方は多いのではないでしょうか。

しかし、営業に向いていないのはいたって普通。

理由は以下の3つです。

  1. 営業は多くの能力を求められる
  2. 本屋には常に営業ノウハウ本がたくさんある
  3. 営業代行すらある

 

①営業は多くの能力を求められる

営業に向いていないのはいたって普通な理由は、営業に向いている人は色んな能力を求められてしまうからです。

営業に向いている人ということで色々ググってみると、

  • コミュニケーション力が高い
  • 打たれ強い
  • 粘り強い
  • 傾聴力がある
  • 熱意がある
  • ロジカルに話すことができる
  • 気配りができる

など、どんだけ求めるんだw

というぐらい、必要な能力が多いですよね。

 

こんなに色んな能力を持っている人って、たくさんいますか?という話。

もちろん、ぼく自身も上記の一つや二つぐらいは持ってますが、コミュニケーションスキルは高くないですし、傾聴力があるわけでもないので、決して営業に向いているとは思いません。

 

②本屋には常に営業ノウハウ本がたくさんある

また、本屋に行っても、『トップセールスマンの営業の極意』みたいな本はたくさん売っています。

世の中に営業に向いている人が多いのなら需要はないはずですが、実際はいつも本屋には何かしらか営業ノウハウ本がありますよね。

それだけ、世の中の営業マンで結果が出なくて悩んでいる人が多いからこそ、営業ノウハウ本が出続けるわけです。

 

③営業代行すらある

他には、世の中には営業代行という仕事もあります。

文字通り、営業の仕事を代行する仕事。

 

営業に向いている人がこの世に多いのなら、営業代行なんていらないですよね。

自前で営業すればいいわけですから。

それが営業代行にわざわざ依頼するということは、世の中には営業に向いている人が多くないことの裏返し。

 

以上のように、営業に向いていないのは、いたって普通です。

営業に向いていない人の方が世の中には多いので、

「自分は営業に向いていないダメな人間なんだ。。」

と落ち込むことなんてないので安心してください。

 

スポンサーリンク

向いてない営業を続けるのは人生が壊れる危険がある

向いてない営業を続けるのは人生が壊れる危険がある

営業に向いていないのは、いたって普通です。

 

そのような、営業に向いていない状態でも楽しく働けるのであればよいのですが、そうでないのであれば非常に危険です。

特に、

  1. 自分を責めすぎて心が壊れてしまう
  2. スキルが上がらない

という2点が超危険な理由。

 

放置すると、人生が壊れてしまいかねないので、絶対に避けなければなりません。

 

理由①自分を責めすぎて心が壊れてしまう

ストレスが半端ない

営業に向いていない状態で続けるのが危険な理由1つ目が、自分を責めすぎて心が壊れてしまうこと。

 

  • 営業成績が上がらない
  • ノルマを達成できない
  • クレームを起こしてしまった
  • 失注が連続してしまっている
  • 事務作業でもミス連発

など、苦しい状態は誰にでもあるものです。

もちろん一定の反省は必要ですが、根が真面目な方ほど、自分を責めすぎて心が壊れてしまうことも。

 

ブラック企業やクソ上司だと、

「他責にするな!何が原因か自分を見つめなおせ!」

という意見もありますが、自分ではどうにでもならないことって普通にありますからね。

 

例えば、

  • 他社が自社では出せない価格で値引きしてきた
  • 先輩が良い顧客を契約した後の荒れ地エリアを引き継いだので、見込み客がいない
  • コロナのようなコントロールできない事象が起きて失注

など。

 

自分を責めすぎるぐらい真面目な方は、転職することが逃げだと思い込んで躊躇してしまうことも。

そうなると、ますます負のスパイラルにはまってしまい、疲弊しすぎて正常な判断ができなくなります。

心が壊れる前に決断しましょう。

 

理由②スキルが上がらない

スキルが上がらない

営業に向いていない状態で続けるのが危険な理由2つ目が、スキルが上がらないこと。

 

仕事で、

  • 年収アップ
  • やりたいことをやる
  • 社会が激変する時も仕事に困らない
  • リストラの恐怖に怯えずに精神的に安定

ということのために必要なものはスキル。

 

営業では、業界の知識や、

  • 数字を基にした計画作成能力
  • 計画遂行能力
  • 結果から逆算した段取り力
  • 資料作成能力
  • 提案力
  • 交渉力
  • 社内調整力

というビジネスで必要なスキルが磨かれるのは確か。

 

しかし、営業に向いていないと感じて日々を過ごしている状態だと、モチベーションが高くありません。

モチベーションが高くないと、自ら学ぶ意欲がわきません。

自ら学ぶ意欲がわかないと、スキルがなかなか上がらずに現状維持が精一杯。

 

コロナ渦で先行き不透明になった世の中では、自分や大切な人の将来を守るためにも、スキルが必要。

なので、スキルが上がらないまま歳を重ねていくのも非常に危険です。

 

スポンサーリンク

営業から転職した人の成功例

営業から転職した人の成功例

冒頭でもお伝えしたので繰り返しになりますが、営業に限らず、仕事には向き不向きがあります。

 

人間だれしも得意不得意があって当たり前で、全パラメータMAXの会社員なんていませんし。

なので、自分が最も力を発揮できる場所で輝くべき。

しんどい職場から転職するのは、逃げでもなんでもないです。

 

実際、ぼくが働いている会社ではITエンジニアの方が多いのですが、「前職では営業やってました」という人がたくさんいます。

営業には向いていなかったと言っているので、まさに「営業に向いていないから転職」した人ですが、今では、

  • ITエンジニアとして生き生きと働いている
  • 新しい技術を学びながらスキルアップしている
  • 大きなプロジェクトを何度も成功させてマネージャークラスに昇進

と逆に、営業から転職して良いキャリアを歩んでいます。

 

さらに、営業でお客さんと会話した経験があるため、

  • ツールの使い方の説明を苦にしない
  • お客さんと技術的なことで会話することを苦にしない

という今までの営業経験すらプラスに変える成功者になっています。

 

営業が向いていないために転職したITエンジニアの方は、置かれた場所で無理に咲こうとせずに、

  • 自分が興味があること
  • 自分が学びたいこと
  • 自分が最も力を発揮できること

キャリアを変更したからこそ、輝いているんですね。

 

営業時代は、営業に向いてないと失格の烙印を押されていたかもしれませんが、過去がどうであっても、良い未来のために営業から転身して逆に良いキャリアを歩んでいる好例です。

 

なお、ITエンジニア給料が比較的高めのため、未経験の最初だけは給料が低くても、営業と同等以上に給料が上がっていきやすい職種。

スキルが上がれば、転職もしやすい手に職ですし。

なので、「営業から転職できたけど給料下がって逆につらいです。。」という悩みとも無縁。

初心者からITエンジニアになる方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

初心者がITエンジニアになる方法の詳細記事はこちら

ITエンジニアになるのはきついのか?業界で働くぼくが見てきた3つの方法を紹介します
ITエンジニアになるのはきついのか?業界で働くぼくが見てきた3つの方法を紹介します初めてITエンジニアになろうとしたらきついのも事実。 ただ、正しい努力と学び方で初心者でもITエンジニアになることは可能です。 本記事で理由と方法を詳しく紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

営業に向いてないから転職は逃げじゃない!【おすすめはこの3つ】

営業やりたくないけど給料が下がるのも嫌という人におすすめの仕事はこの3つ!

「営業に向いてない。。」と感じて転職することは、決して逃げではありません。

 

ぼくの好きな言葉でもあるのですが、予備校講師&タレントの林先生も以下のように言っています。

「勝てる場所で誰よりも努力する。それが勝つための最強の法則」

 

大事なのは、勝てる場所で誰よりも努力することです。

営業に向いていないのであれば、自分に向いている場所に移動(転職)して誰よりも努力すること。

営業で勝つことが人生の目標ではなく、

自分が勝てるところでスキルを発揮してお金を稼ぐこと

が、人生で大事なことですから。

 

営業から転職する時のおすすめの仕事は、どれもITの仕事で以下の3つ。

  1. ITエンジニア
  2. Webマーケター
  3. SIerの営業

 

ぼく自身が現役でIT企業で働いている当事者ということもあり、業界の事情に詳しいですし、

  • ITエンジニア
  • Webマーケター
  • SIerの営業

のどの仕事をとっても、本当におすすめだと感じています。

 

営業マン
営業マン
営業がやりたくないと言ってるのに、営業の仕事が入ってるじゃねーか!

と指摘する方もいるかもしれません。

 

実は、世の中には営業職だけど嫌にならない仕事というのもあり、嫌にならない営業の仕事の一つがSIerの営業

SIer(エスアイアー/エスアイヤー)とは、

システムインテグレーター(System Integrator)の略で、システムを構築する会社のこと。

 

会社で使うシステム(会計システムや業務システムなど様々)の

  • コンサルティング
  • 設計
  • 開発
  • 運用
  • 保守

などを、一括で請け負って構築します。

SIer1社で完結することもあれば、部分部分を他社へ依頼して構築することも。

 

SIerの営業がどんな仕事をするのかについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

SIerの営業ってどんな仕事なのかの詳細記事はこちら

SIerの営業ってどんな仕事?内容~休日までを開発会社で働いてわかった体験から紹介!
SIerの営業ってどんな仕事?内容~休日までを開発会社で働いてわかった体験から紹介!SIerの営業の仕事内容や残業時間、休日まで実際に開発会社で働いて体験していることを紹介します。 IT業界の中で、SIerの営業に興味がある方は、是非ご覧ください!...

 

コロナ渦を経て在宅勤務ができるようになった会社が多く、フレックス制で働けるなど、働き方が柔軟な会社が多いというのも特徴。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身、1年以上ずっと在宅勤務で最高です♪

それでは見ていきましょう。

 

おすすめの仕事①ITエンジニア

おすすめの仕事はITエンジニア

ITエンジニアとは、IT(情報技術)の技術者たち全体をあらわす職業。

ITエンジニアは、理系の人がする仕事だと思われていますが、実際は文系の人でもなりやすい仕事です。

なぜなら、

  • コミュニケーション能力
  • わかりやすく伝える文章力

も必要だからです。

ポチのすけ
ポチのすけ
実際に、ぼくの職場でも文系のITエンジニアの人はたくさんいます。

 

そのためITエンジニアは、

  • コンピューターに興味がある
  • ITに興味がある
  • コンピュータが好き

という人であれば、理系・文系関係なく目指すことができる仕事。

なお、ITエンジニアと言っても幅広いため、具体的な名称を上げると以下になります。

  • システムエンジニア(SE)
  • プログラマー
  • インフラエンジニア
  • マークアップエンジニア

 

ITエンジニアがおすすめの理由は、以下の5つになります。

  1. 今後伸びていく可能性が高い業界である
  2. 現在進行形で圧倒的に人手が足りていない
  3. 未経験でもなれる
  4. 転職前提で考えることで、良い会社にたどり着ける
  5. 万が一の時に、スキルを活かして職種を変えられる

 

詳しくは、以下の記事で解説しています。

ITエンジニアがおすすめの理由の詳細記事はこちら

手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由
手に職のおすすめはITエンジニア。業界で働いてわかった5つの理由手に職をつける仕事の一つであるITエンジニア(プログラマー)がおすすめである5つの理由を紹介しています。 現在、IT業界でITエンジニア(プログラマー)と一緒に働いているからこそわかる、おすすめの理由になります。 手に職をつけたい方は、是非ご覧ください。...

 

なお、コロナ渦においても、IT企業は業績が好調の会社が多いです。

社会情勢が変わって、業務やサービスのIT化を進める会社が多いことにより、ニーズが増えているのが理由ですね。

いつまでもアナログな対応をしていると、ライバルに勝てなくなっているので、ITへのニーズはうなぎ上り。

つまり、IT業界は現在進行形で伸びている業界ということです。

 

ただ、ITを取り入れたい企業やITのサービスを提供する会社共通の悩みが、システムを構築したりプログラムを書ける人材の不足。

しかも、圧倒的な人材不足です。

 

経済産業省が出している以下のデータからも、IT人材(ITエンジニア)は2015年の時点ですでに17万人不足しており、2030年には59万人が不足するであろうと予測されています。

IT人材(エンジニア)は不足する

 

また、現場の最前線で働くぼくの立場で見ても、本当に人が足りていません。

 

ぼく自身、会社の営業としてプログラマー(ITエンジニア)をプロジェクトに入れる提案をしていますが、どこの会社でも、

「とにかく人手が欲しい」

という要望が多く、早い順で人の取り合いになっているのが現状。

 

ぼくがいる会社でも、プログラマーの人が足りなくて、希望している時期にシステムの構築ができないことも多いです。。

そうなると、

ポチのすけ
ポチのすけ
すみません、人がいないので、再来月以降で調整させてもらえませんか?

という感じで、普通にお客さんに説明しているようなレベル。

 

しかも、再来月以降なら確定ではなく、再来月以降で調整という言い方なので、プロジェクトによっては再来月の確約もできないぐらい、人が足りていません。

 

そのぐらい人が足りないため、やる気があって一定以上のレベルのプログラマーであれば、

  • 文系の人
  • 過去にフリーターの期間がある
  • 過去にニートしてた

という人であっても関係ありません。

スキルがあれば、ずっと仕事がある状態ですし、年収も高くなっていきます。

営業よりも年収が高いITエンジニアもざらにいるので、スキルを上げれば稼ぎやすいです。

 

このぐらい需要がある仕事なので、興味があれば、まずは一歩を踏み出すのが大事。

なお、ITエンジニアになる方法は、以下の3パターンです。

ITエンジニアになる方法

 

  1. 独学で学ぶ(本、Webサイト、動画などを利用)
  2. 学校(プログラミングスクール)で学ぶ
  3. 会社に入って、仕事を通じて学ぶ

 

それぞれの良しあしがありますが、IT業界で働くぼくの目で見ても、プログラミングスクールで学んでから転職するのが王道の成功パターン。

未経験からでもITエンジニアとして採用してくれる会社はありますが、年齢などの制限があるため、基礎だけでも学んでおくと転職の可能性が広がります。

また、プログラミングスクールは、ただプログラミングの勉強をするだけではなく、転職のサポートもしてくれるのも良いところ。

ポチのすけ
ポチのすけ
とはいえ、プログラミングスクールはほとんどが有料で、学ぶ期間も必要。どうしてもお金や勉強の時間がない場合は、転職エージェントを使って、未経験からでも採用してくれる会社を探しましょう。

 

初心者からITエンジニアになる方法は、以下の記事でまとめています。

初心者がITエンジニアになる方法の詳細記事はこちら

ITエンジニアになるのはきついのか?業界で働くぼくが見てきた3つの方法を紹介します
ITエンジニアになるのはきついのか?業界で働くぼくが見てきた3つの方法を紹介します初めてITエンジニアになろうとしたらきついのも事実。 ただ、正しい努力と学び方で初心者でもITエンジニアになることは可能です。 本記事で理由と方法を詳しく紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

おすすめの仕事②Webマーケター

おすすめの仕事はWebマーケター

どの会社であっても、売上を上げるためには、営業案件の引き合いをどうやって引っ張ってくるかが重要です。

そこで、重要なのがマーケティング。

とりわけ、インターネット広告市場が凄まじく伸びている時代なので、Webマーケティングは非常に重要。

そして、Webマーケティングを実行するWebマーケターは非常におすすめの仕事の一つです。

 

Webマーケティング

 

マーケティングの中でも、

  • アプリ
  • Webサイト
  • SNS

などインターネット上のあらゆるものを活用し、

  • アクセス数
  • ユーザー動向
  • 画面の滞在時間

などのデータを参考にして、商品やサービスへの購入または利用を促すこと。

Webマーケターは上記の活動を通し、効果が最大化される方法を企画立案し改善、施策実行する仕事です。

 

最近では多くの会社で、新規事業を立ち上げて新しい収益の柱に育てようとする動きが多いです。

新規事業は認知度もないため、成功させるには案件創出をどうやるかが大きな課題。

 

そこで、Webマーケティングの知見があるWebマーケターであれば、

  • 会社のホームページから集客
  • ブログを立ち上げてSEO対策を施して集客
  • 広告運用で集客
  • SNS運用で集客

などの提案と実行ができるので、会社にとってすごく価値があるわけです。

実際、営業に負けないぐらいの給料になる人や、営業以上の給料の人もいます。

少なくとも、全体の平均給料よりも高いのがいいところ

 

しかし、Webマーケティングは非常に重要である仕事にもかかわらず、会社によってはできる人がいないことも。

ポチのすけ
ポチのすけ
実際、ぼくの会社では、残念ながらWebマーケティングができる人がいないので、ぼくが営業をやりながら多少絡んでいます。

 

Webマーケティングの知識を身に着けるには、副業でブログ運営をすることで身に着けるという手段もあります。

ぼく自身は3年近く副業のブログ運営をすることで、ある程度スキルを身に着けることができましたし、今も絶賛勉強中です。

ただ、ブログ運営は非常に難しく、今から3年近くかけて試行錯誤する時間がない方も多いのではないでしょうか。

 

そこでおすすめなのが、未経験からでもWebマーケティングについてしっかり学べるスクールで学んでから転職する方法。

Webマーケターになるためのおすすめのスクールは、マケキャン by DMM.comです。

 

マケキャン by DMM.com

 

おすすめの理由は以下の通り。

  • 未経験からWebマーケターになる転職成功率98%
  • 現役マーケターによる未経験特化型カリキュラム
  • 3か月で即戦力になれる能力が身につく
  • 隙間時間でも学べるようオンライン学習が可能
  • 平日や土日を有効活用して効率的にスキルを習得
  • 効果的にアウトプットするから知識が身につく
  • 面接対策や履歴書作成など転職サポートも万全
  • 紹介企業も多いので転職も安心
  • 転職保証もあり(転職できなければ受講料半額返金)

 

マケキャン by DMM.com

 

金額は以下の通り。

  • 入学金:税込33,000円
  • 転職コースの受講費:税込657,800円
  • 学習コースの受講費:税込385,000円
  • ※分割払いも可能。転職コースなら、月々税込31,900円。3回払い~24回払いの間で可能。

 

デメリットは、金額が少々高いこと。

ただ、Webマーケターは平均給料よりも高いため、転職したら2~3か月で余裕で元が取れます。

また、分割払いも可能なので、自分への大きな投資がたったの月3万で可能。

 

「未経験だから不安」

「転職できるの?」

という方も、まずは無料説明会を受けてみましょう。

 

無料説明会はオンラインで気軽に受けられますし、キャリアプランの相談までやってくれます。

営業やりたくない文系の人は、一度話だけでも聞いてみましょう。

※キャリア相談の説明会無料!

 

おすすめの仕事③SIerの営業

おすすめの仕事はSIerの営業

ここまで、営業が向いてない人向けに、営業以外の仕事で超おすすめの仕事を紹介してきました。

ただ、世の中には、営業職だけど嫌にならない仕事というのもあります。

 

例えば、SIerの営業は、おすすめの営業の仕事の一つ。

コロナ渦を経て、在宅勤務ができるようになった会社が多く、フレックス制で働けるなど、働き方が柔軟な会社が多いです。

 

SIerの中でも、中小企業のSIerはノルマがゆるいのでそんなに仕事が嫌になりません。

なぜなら、中小企業のSIerは、

  • 市場にニーズがあってITエンジニアの人手不足なので案件を獲得しやすい
  • ITエンジニアも一緒になって案件獲得に協力してくれる

からです。

 

どういうことかというと、以下になります。

市場にニーズがあってITエンジニアの人手不足なので案件を獲得しやすい

中小企業のSIerの仕事の多くは、大手SIerから、

「システム開発をする人手が足りないから、○○というスキルを持ったITエンジニアをプロジェクトに出してほしい」

と依頼が来ます。

 

そこで、「このエンジニアは1か月120万円です」

などと提案して条件に合うと、契約になります。

 

とにかくシステム構築をするITエンジニアの人手が足りないので、引き合いはとても多い状況。

営業としては、大手SIerなどとしっかりパイプを持っておくことで、契約しやすい状況を作れます。

ITエンジニアも一緒になって案件獲得に協力してくれる

また、ITエンジニアも、売上目標を課せられていることが多いので、案件獲得(契約獲得)に向けて協力してくれます。

 

例えば、

「5月はプロジェクトに入らない人がいて、人が余っている」

などの状況だと売上が立たなくてマズイので、どこかのプロジェクトに入れるように提案活動に協力してくれます。

 

なので、営業一人での戦いにならない分、精神的に楽に仕事をすることが可能。

 

SIerと言っても幅が広く、中にはきつい会社はあるので、一概にSIerならどこでもOKではありません。

転職エージェントから求人をもらったら、口コミを見て判断しましょう。

 

また、さらに広い範囲で見て、IT企業を志す人も多いです。

ただ、SIerと同様、IT企業と言っても幅が広く、BtoBでもBtoCでもきつい会社はあります。

なので、SIerと同様、口コミの確認は必須。

また、営業の中でも、

  • 訪問販売
  • 飛び込み営業
  • 生命保険の営業

は、辞めた方がいいです。

オンラインで商談をすることが多い世の中で、対面商談しか手段がないのは時代遅れ。

一度経験したい人はやってもいいですが、マジできついので期限を切らないと地獄です。

 

では、どうやって中小企業のSIerなど、イヤにならない営業の会社に転職するかというと、

  • 中小企業のSIerの営業職で探してほしい
  • ノルマがゆるい営業職を探してほしい

と転職エージェントに求人を出してもらうこと。

良い会社に転職するコツは、一般公開されていない求人を数多く持っている転職エージェントをうまく利用すること。

転職エージェントは、うまく使い倒すと非常に便利なので、自分一人で悩まずに、まずは求人を引き出すために使いましょう。

 

求人を出してもらったら、口コミと照らし合わせて良い求人を精査して応募すればOK。

そうすると、思いもしなかった会社が見つかったりするので、おすすめです。

また、転職エージェントは、今いる業界から違う業界へ転職をする場合も、親身に相談に乗ってくれるのでまずは相談するのがおすすめ。

 

営業の方におすすめの転職エージェントは、

になります。

 

ちなみに、これらの転職エージェントはどれを利用しても、裁量がある会社を探せますし、良い求人が多いです。

もちろん、全部無料で登録・利用可能!

 

doda、type転職エージェントの特長・メリット・デメリットについては、以下の記事で詳しく解説しています。

doda、type転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介
環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介今の仕事から環境を変えたい!場合、転職は有効な手段です。 本記事では、転職で環境を変えるのが有効な理由と、転職の不安を解消する方法、ぼくの3回の転職経験で使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントについて、具体的なエピソードを交えて紹介しています。 ぜひご覧ください。...

 

マイナビエージェントの特長・メリット・デメリットについては、以下の記事で詳しく解説しています。

マイナビエージェントの詳細記事はこちら

中小企業に行きたくない・向いていないと選択肢を狭めるのはもったいない!【良い会社の探し方を紹介】
中小企業に行きたくない・向いていないと選択肢を狭めるのはもったいない!【良い会社の探し方を紹介】転職する時、「できれば中小企業には行きたくない」と考えることは多いです。 本記事では、そのように思っている方に、大企業も中小企業も経験したぼくが、中小企業を選択肢に入れた方が良い理由や良い中小企業を探すためのポイントをご紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

口コミの使い方については、以下の記事で詳しく解説しています。

口コミを利用した会社の探し方の詳細記事はこちら

いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!3回の転職でやっていた方法を紹介
いい会社と悪い会社の見分け方には口コミを最大限活用しよう!3回の転職でやっていた方法を紹介転職で今より悪い会社に入ってしまわないように、いい会社と悪い会社を見極める方法について紹介しています。 特に口コミの利用は必須だど考えており、ぼくが使っていた口コミサイトもお伝えしています。 是非、ご覧ください。...

 

また、

  • そもそも転職で何をやったらいいのか
  • 面接対策

など、転職でやるべきことを以下の記事でまとめています。

業界を変えながら転職3回を経験したぼくの経験になるので、転職エージェントから求人を引き出したら、こちらを見ながら準備してみてください。

転職で何をするべきかを全部まとめた詳細記事はこちら

転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談
転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談転職3回で4社目で働くぼくが、転職で体験したことをブログでまとめています。 転職のきっかけから、転職で失敗しない方法、面接対策、退職の際にやるべきこと、といったスタートから終わりまでをまとめました。 是非、ご覧ください。...

 

まとめ:自分が最も力を発揮できる場所で誰よりも努力するべき!

 

お話してきたことをまとめます。

「営業が向いてない、つらい。。」

と感じる時、無理に続ける必要は全くないです。

営業に向いていない状態で働き続けるのは、非常に危険

理由は、以下の2つです。

  1. 自分を責めすぎて心が壊れてしまう
  2. スキルが上がらない

 

そもそも、営業に向いていないのはいたって普通ですし。

理由は以下の3つです。

  1. 営業は多くの能力を求められる
  2. 本屋には常に営業ノウハウ本がたくさんある
  3. 営業代行すらある

 

なので、自分が最も力を発揮できる場所でだれよりも努力して輝くべき。

「営業に向いてない。。」と感じて転職することは、決して逃げではありません。

営業で勝つことが人生の目標ではなく、自分が勝てるところでスキルを発揮してお金を稼ぐことが人生で大事なことですから。

 

営業が向いてないという方に、おすすめの仕事は以下の3つです。

  1. ITエンジニア
  2. Webマーケター
  3. SIerの営業

 

営業に向いてないからITエンジニアに転職して、逆に良いキャリアを歩んでいる方もたくさんいます。

自分が最も力を発揮できる場所で、輝いていきましょう!

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

※キャリア相談の説明会無料!

 

初心者がITエンジニアになる方法の詳細記事はこちら

ITエンジニアになるのはきついのか?業界で働くぼくが見てきた3つの方法を紹介します
ITエンジニアになるのはきついのか?業界で働くぼくが見てきた3つの方法を紹介します初めてITエンジニアになろうとしたらきついのも事実。 ただ、正しい努力と学び方で初心者でもITエンジニアになることは可能です。 本記事で理由と方法を詳しく紹介しています。 是非、ご覧ください。...

 

転職で何をするべきかを全部まとめた詳細記事はこちら

転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談
転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談転職3回で4社目で働くぼくが、転職で体験したことをブログでまとめています。 転職のきっかけから、転職で失敗しない方法、面接対策、退職の際にやるべきこと、といったスタートから終わりまでをまとめました。 是非、ご覧ください。...

 

営業なんてもうやりたくない!給料下がるのも嫌!という場合におすすめの仕事の詳細記事はこちら

営業なんてもうやりたくない!という人が即転職するべき4つの理由と給料下がるのが嫌な場合におすすめの仕事
営業なんてもうやりたくない!という人が即転職するべき4つの理由と給料下がるのが嫌な場合におすすめの仕事やりたくない営業の仕事を続けていても、マイナス点ばかり。即転職するべきです。 本記事では、営業やりたくない場合、即転職した方がよい理由と、転職する場合に給料が下がらないおすすめの仕事について、解説していきます。...