転職のきっかけ

【意味ない】テレアポ(電話営業)は時代遅れのオワコン!やり方間違うと無駄で迷惑かけるだけ

【意味ない】テレアポ(電話営業)は時代遅れのオワコン!やり方間違うと無駄で迷惑かけるだけ
電話営業やってる人
電話営業やってる人
営業で100件以上コールしてテレアポやってるけど、めちゃくちゃ断られて全然アポ取れないし、クソ効率悪いから意味ないと感じる。。
電話営業やってる人
電話営業やってる人
お客さんからあからさまに嫌そうな態度取られるし、忙しいのに迷惑だと怒られた。。今はWeb申し込み使ったり、セミナーとかから集客することが多いと思うし、今時テレアポやってるなんて時代遅れのオワコンじゃない?

というお悩みについてお答えします。

 

2社目のお店への営業をしていた3年弱、テレアポで営業をした経験があるポチのすけ(@pochinosuke1)です。

その後は業界を変える転職をすることで、今はテレアポをしなくても商談ができる会社に転職できているので、電話営業をせずに営業活動をすることができています。

 

テレアポはテレフォンアポインターの略で、アポイント獲得を目的にした電話営業のこと。

電話営業をしてアポを取るのは昔からある営業手法ですし、飛び込み営業と違って移動時間のロスはないので多くの人がテレアポをやっていました。

 

しかし、ネットの発達によってお客さんへのアプローチ方法が増えた現代で、テレアポでアポを取るのは大変。

お客さん側も営業電話を多く受けているので、営業電話だとわかった瞬間に拒否されて無駄打ちに終わることも多いです。

また、在宅勤務の普及により、そもそも電話かけてもいないということも。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身もテレアポでお客さんに断られまくった経験があるので、「テレアポは無駄ばかりで、時代遅れのオワコンなんじゃないか?」と不安になる気持ちはよくわかります。

 

本記事では、

  • 電話営業でアポ取りするのは時代遅れ?
  • テレアポは無駄が多いのにアポ取れなくて意味ないし、お客さんに迷惑かけてる?

というお悩みについて、解説していきます。

 

結論から言うと、

テレアポは、引き合いが来た人に対して電話営業するのなら有効です。

例えば、

  • ホームページへ問い合わせしてきた人
  • セミナーに来た人へのフォロー

など。

 

逆にリストを作って上から順番にテレアポをやっても効果が薄いので、ガンガン電話をかける方法は時代遅れの営業手法。

お客さんにも迷惑ですし、アポ取れないことが多いので時間が無駄になります。

本記事後半では、

  • テレアポが無駄にならないお客さんについて
  • テレアポ以外の営業方法
  • テレアポ以外の仕事をする方法

についても詳しく解説しているので、是非最後までご覧ください。

 

テレアポ(電話営業)は時代遅れのオワコン!【数をこなすのは無駄で意味ない】

テレアポ(電話営業)は時代遅れのオワコン!【数をこなすのは無駄で意味ない】

テレアポ(電話営業)で一般的にイメージされるのは、電話するリストの上から順番にかけていくような数をこなすやり方。

数をこなしてガンガン電話営業するようなテレアポは、時代遅れのオワコンです。

 

リストを作って上から順番に電話して頑張っても、全然アポが取れなくて効果出ませんからね。

数をこなすテレアポ(電話営業)が時代遅れのオワコンである理由は、以下の4つ。

  1. インターネットを使った営業方法が増えた
  2. ニーズが不明の状態でアプローチしても取れない
  3. テレワークの普及でアプローチ先の人が会社にいない
  4. 断られすぎてメンタルやられる

 

理由①インターネットを使った営業方法が増えた

インターネットを使った営業方法が増えた

数をこなすテレアポ(電話営業)が時代遅れのオワコンである理由1つ目は、インターネットを使った営業方法が増えたこと。

 

昔は訪問と電話しか営業方法がない時代でしたが、今では、

  • メール
  • SNS
  • ホームページからの集客
  • セミナー(ウェビナー)

など、さまざまな営業方法が増えました。

どの方法も、

  • 相手の時間を奪わない
  • 嫌がられない
  • 多くの人に情報を届けられる
  • 効率がよい

といった点が良く、売上につなげやすいです。

 

もちろん、電話した方が早いこともありますが、数をこなすテレアポで成果を出そうとするのは無駄が多いのでオワコン。

ポチのすけ
ポチのすけ
お客さんによって適切なアプローチ方法があるので、とにかく数をこなすテレアポにこだわると無駄ばかりになります。

 

理由②ニーズが不明の状態でアプローチしても取れない

ニーズが不明の状態でアプローチしても取れない

数をこなすテレアポ(電話営業)が時代遅れのオワコンである理由2つ目は、ニーズが不明の状態でアプローチしても取れないこと。

 

営業ではお客さんから、

  • 課題は何か
  • 何をしたいのか
  • いつまでに達成したいのか
  • 予算はどのぐらいか
  • 決裁者は誰か

などをヒアリングし、最適な提案を行います。

提案時には、製品紹介資料やサービス紹介資料を見せたり、お客さんに合わせた提案書を作成する必要もあります。

最適だと思う提案を行っても、100%受注できるわけではないのが営業の難しいところ。

ポチのすけ
ポチのすけ
お客さんの予算が無かったり、コンペがすごい値下げをしてきたり、社内政治でひっくり返されることもありますからね。

 

ただでさえ提案をして契約までたどり着くのは大変なのですが、テレアポはそもそも提案に至るまでのハードルが高い営業スタイル。

お客さんの課題をヒアリングして提案を行うには、お客さんが

  • 興味がある
  • ニーズがある

という状態じゃないと、そもそも提案するためのアポすら取れません。

 

テレアポは、ニーズがあるかわからない状態でアプローチし続ける営業スタイルなので、全然アポを取れなくて時間が無駄になることが多いです。

お客さんからしたら、興味がない商品やサービスの営業を受けても、ただの迷惑ですからね。

 

お客さんのニーズが不明のまま、数をこなすようなテレアポをしても、運よくニーズがある人を引き当てるまで電話営業し続けるしかありません。

こんなギャンブル営業をしないといけないテレアポは、時代遅れのオワコンですよね。

 

理由③テレワークの普及でアプローチ先の人が会社にいない

テレワークの普及でアプローチ先の人が会社にいない

数をこなすテレアポ(電話営業)が時代遅れのオワコンである理由3つ目は、テレワークの普及でアプローチ先の人が会社にいないこと。

 

今はテレワーク(在宅勤務)が普及してきており、みんな必ず会社にいるという時代は終わりました。

そうなると、会社に電話したとしても事務員さんぐらいしかいなくて、電話で話したいアプローチ先の人が会社にいないことも。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくの会社では在宅勤務率90%超なので、ほとんどの人が会社にいません。

テレアポでは、アプローチしたい人と話せないと全く意味がないので、そもそもアプローチ先の人がいないことも多い現代では時代遅れなんですね。

 

理由④断られすぎてメンタルやられる

メンタルやられる

数をこなすテレアポ(電話営業)が時代遅れのオワコンである理由4つ目は、断られすぎてメンタルやられること。

 

テレアポ(電話営業)は、相手に興味やニーズがあるかわからない状態でアプローチします。

そのため、めちゃくちゃ断られるのが普通。

ぼくの経験上、「100件電話かけたら90件は断られる」という確率ですし、挨拶しかけた瞬間に、

「結構です!!」

「営業電話ならいらない」

などと瞬殺されてしまうこともしばしば。

 

中には、

「二度と電話してくるな!」

「消費者センターに連絡します」

などと、クレームをもらうことも。。

 

個人へテレアポ(電話営業)だと、知らない番号からの電話は出ない人も多いですし、
法人向けのテレアポ(電話営業)でも受付や事務の人を突破できないことが多いです。

1~2件なら断られても大丈夫なものですが、これが10件~20件続いたり、100件電話してもひたすら断られてしまうとメンタルやられます。。

ポチのすけ
ポチのすけ
一生懸命頑張っているのに、あまりにも断られると人格否定されていると感じることも。

 

電話しても電話しても断られ、メンタルがやられてしまうと営業どころではありません。

契約するためにはアポ取って提案しないといけないのですが、テレアポ(電話営業)は提案前に断られすぎてメンタルやられるので無駄ばかり。

提案前にメンタルがボロボロになってしまう営業スタイルは、時代遅れの何物でもありません。

仕事のストレスで心が壊れる前にやるべきことの詳細記事はこちら

心が壊れる仕事で限界になる前にやるべき3つのこと。真面目な人ほど気をつけよう
心が壊れる仕事で限界になる前にやるべき3つのこと。真面目な人ほど気をつけよう仕事のストレスで心が壊れてしまう原因と、心と体が壊れる前にやるべき3つのことについて実体験から紹介しています。 仕事がつらい方は、限界になる前に、是非ご覧ください。...

 

営業のストレスが限界でメンタルやられる・崩壊してる人が取るべき方法

【これしかない】営業のストレスが限界でメンタルがやられる・崩壊してる人が取るべきたった一つの方法
【これしかない】営業のストレスが限界でメンタルがやられる・崩壊してる人が取るべきたった一つの方法「営業のストレスで限界。プレッシャーでメンタルやられる。。」「営業でメンタルやられるぐらいなら辞めていい?」というお悩みについて、原因と具体的な対処法を解説しています。...

 

スポンサーリンク

テレアポは迷惑だと思われることも

テレアポは迷惑だと思われることも

数をこなすようなテレアポ(電話営業)は、無駄が多いので時代遅れのオワコン。

しかも、オワコンなだけではなく、お客さんに迷惑をかけてしまうこともあります。

 

テレアポ(電話営業)がお客さんに迷惑をかけてしまう理由は、以下の2つ。

テレアポ(電話営業)が迷惑な理由

 

  1. お客さんの時間を奪う
  2. テレアポで紹介される商品・サービスがクソ

 

理由①お客さんの時間を奪う

お客さんの時間を奪う

テレアポ(電話営業)がお客さんに迷惑をかけてしまう理由1つ目は、お客さんの時間を奪うこと。

この理由が、テレアポ(電話営業)は迷惑だと最も嫌われる理由です。

 

BtoBでもBtoCでも、お客さんも予定があるので事前にスケジュールを組んで動いています。

個人のお客さんなら、

  • 出かける予定があるので、それまでに家事を済ませる
  • 勉強しているので、決まった時間までに課題を終わらせる
  • 趣味のゲームを楽しんでいる

という予定があります。

 

法人のお客さんなら、

  • 資料作成がある
  • 会議がある
  • 急いでメールを送らないといけない
  • 見積作成をしないといけない
  • 請求書作成をしないといけない

という予定があります。

 

お客さんは準備してスケジュールを組んでいるのに、アポなしで電話営業をされると、スケジュールに急に割り込まれて時間を奪われます。

時間を奪われると、スケジュールを組んだ予定を狂わされるので迷惑。

ポチのすけ
ポチのすけ
電話営業は、順番待ちの列に割り込みをして入ってくる人と同じ。迷惑ですよね。

 

また、テレアポはお客さんも話を聞く準備ができていない中で営業をするので、色んな判断を迫ることにもなります。

急に決められない時でも、営業側は次の予定を聞いてくることがほとんどなので、お客さんからしたら迷惑だと思われてしまいますよね。

 

理由②テレアポで紹介される商品・サービスがクソ

飛び込み営業の商品・サービスがクソ

テレアポ(電話営業)がお客さんに迷惑をかけてしまう理由2つ目は、テレアポで紹介される商品・サービスがクソということ。

 

インターネットがそこまで発達していなかった時代なら、良い商品やサービスであっても中々広まらないことが多かったです。

なので、良い商品やサービスをお客さんに知らせるために、テレアポ(電話営業)をする価値はありました。

 

しかし、今は1人1台はスマホを持ってますし、SNSやセミナーなどの様々な方法によって良い商品やサービスは広まっていくもの。

それでも、良い商品やサービスを広めるマーケティングの努力をせずにテレアポ(電話営業)に頼る営業をするということは、テレアポ(電話営業)の商品やサービスがクソということ。

ネットを使うと、クソな商品やクソなサービスだとバレるから、テレアポ(電話営業)をさせているというブラック企業もありますからね。

または、会社がブラックすぎて、テレアポ(電話営業)の方がお金がかからないという理由でやっているところも。

 

実際、

「クソな商品で詐欺に遭った」

「クソなサービスを売りつけられて、ぼったくりに遭った」

という被害は、テレアポ(電話営業)で押し売りされたというケースも。

欲しいと思っていないクソな商品やサービスを押し売りされるテレアポ(電話営業)は、迷惑極まりないですよね。

 

スポンサーリンク

テレアポが迷惑にならないお客さんについて【無駄にならない!】

テレアポが迷惑にならないお客さんについて【無駄にならない!】

何も考えずにテレアポをしまくっても、アポが取れずに無駄打ちになるので意味ないです。

ただ、以下のお客さんへのテレアポは、迷惑どころか喜ばれることも。

  1. お店へのテレアポ
  2. インバウンドマーケティングで集客したお客さんへのテレアポ

 

メールやチャットよりも電話の方が効率的なことはあるので、インバウンドマーケティングのように、お客さんから反応があったところにテレアポをするのは結果につながりやすいです。

 

①お店へのテレアポ

お店へのテレアポ

例えば、以下のようなお客さんならテレアポが迷惑にならずにアポを取れることがあります。

  • 飲食店を運営しているお客さん
  • バーを運営しているお客さん
  • スナックを運営しているお客さん
  • キャバクラを運営しているお客さん
  • 美容室を運営しているお客さん
  • 理容室を運営しているお客さん
  • アパレル店舗を運営しているお客さん
  • スーパーを運営しているお客さん
  • 歯科医院を運営しているお客さん
  • 整骨院を運営しているお客さん
  • 内科を運営しているお客さん
  • 外科を運営しているお客さん

など。

 

要はお店へのテレアポなら、電話による営業が刺さることがあるということ。

お店に対して、機材やPOSレジなどを提案している会社の営業であれば、テレアポが刺さることがあります。

お店の運営者で、全部自分で調べて必要なものを準備したり、セミナーに参加して最新機材を入れることができる方は少ないからです。

そのような方に向けては、テレアポする価値があり無駄打ちにならないので、可能性が高いリストを作って電話するのも効果的。

 

②インバウンドマーケティングで集客したお客さんへのテレアポ

インバウンドマーケティングで集客したお客さんへのテレアポ

また、インバウンドマーケティングで集客して、問い合わせや資料請求などのアクションをもらったお客さんへのテレアポも有効。

インバウンドマーケティングとは、

  • Webサイト
  • ブログ
  • SNS

などで役立つ情報を提供して自社を見つけてもらい、見込み顧客を獲得・育成して、顧客になってもらうまでのマーケティングの手法。

 

インバウンドマーケティングの集客とは、具体的には以下のようなものです。

  • 自社のホームページへの集客
  • 自社オウンドメディアへの集客
  • リアルのセミナー・ウェブでのセミナー(ウェビナー)での集客

インバウンドマーケティングで集客をすると、

  • ホームページから問い合わせや資料請求がくる
  • オウンドメディアから問い合わせや資料請求がくる
  • セミナー・ウェビナーに参加してくる

という形で、お客さんの方からアクションがあります。

わざわざ問い合わせや資料請求をしたり、セミナー・ウェビナーに参加してくるということは、多少なりとも興味があるということ。

なので、興味があるか全くわからないお客さんにテレアポ(電話営業)をするよりも、よっぽど効果的です。

ポチのすけ
ポチのすけ
問い合わせしてきたお客さんや、セミナー・ウェビナーに参加したお客さんに電話をすると、アポを取れることが多いですからね。

 

やみくもにテレアポ(電話営業)をするのではなく、一度お客さんにアクションをさせるようなインバウンドマーケティングをしてからの電話営業であれば、迷惑にもならずにアポを取れることも多いのです。

 

スポンサーリンク

テレアポをしない営業について

テレアポをしない営業について

数をこなすテレアポ(電話営業)は、無駄が多くて時代遅れなだけでなく、お客さんにも迷惑。

なので、テレアポ(電話営業)以外の仕事について知っておきましょう。

 

世の中にはいろんな仕事があり、営業の仕事だけ見ても、テレアポ以外の方法はあります。

例えば、

  • 飛び込み営業
  • 反響営業
  • 紹介営業

など。

ポチのすけ
ポチのすけ
テレアポ(電話営業)以外の営業方法があると知っていると、視野が広くなるので、転職する選択肢が広がります。

 

飛び込み営業

飛び込み営業はその名の通り、アポなしで個人や企業に訪問して営業する手法。

訪問販売とも呼ばれ、足で回って1件1件訪問して、アポを取ったり商談に持ち込みます。

こちらから訪問して営業するプッシュ営業になるので、頑張り次第でアポをたくさん取ることができ、成約数を増やすことができます。

ただし、飛び込み営業はテレアポ(電話営業)以上にオワコンなので、どうしてもやりたい人以外はやめた方がいいです。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

飛び込み営業が無駄で迷惑かける理由と対策についての詳細記事はこちら

【時代遅れ】飛び込み営業は無駄ばかりで迷惑かける方法なのでやり方を変えるべき
【時代遅れ】飛び込み営業は無駄ばかりで迷惑かける方法なのでやり方を変えるべき「今の時代に飛び込み営業って、ただの迷惑で時代遅れ?」「飛び込み営業をやっても無駄?」というお悩みについて、飛び込み営業を5年やった経験から解説しています。 飛び込み営業を続けるべきか悩んでいる方が、何を知るべきか、何をしたらいいのかが分かります。...

 

また、個人営業(BtoC営業)は飛び込み営業が多くて、向いてないときついです。

個人営業(BtoC営業)がきつい理由とおすすめの仕事の詳細記事はこちら

【これがおすすめ】個人営業(BtoC営業)はきついからやめとけ!不向きなら働きやすい会社に転職するべき
【これがおすすめ】個人営業(BtoC営業)はきついからやめとけ!不向きなら働きやすい会社に転職するべき「個人向けの営業(BtoC営業)だと休めないし、きついから辞めたい。。」「個人向けの(BtoC営業)だと、ノルマ達成がしんどいから転職したい。。」「BtoCからBtoBへ転職する時の転職理由はなんて書けばいいの?」とお悩みの方に、おすすめの仕事について解説しています。...

 

反響営業

反響営業は、問い合わせを引き出して営業する方法のこと。

飛び込み営業やテレアポといった、こっちから営業するプッシュ営業の逆でプル営業がありますが、反響営業はプル営業のメインの方法です。

例えば、

  • 自社のオウンドメディアやリスティング広告を打ってホームページから集客
  • セミナーや展示会出展をして集客
  • 電話問い合わせからの対応

など。

反響営業は、課題を解決したいお客さんが集まるので、アポが取りやすい営業方法。

マーケティングを駆使して集客し続けることで、安定して引き合いを増やせるので、提案活動に集中できます。

 

紹介営業

紹介営業は、他の会社と協業して紹介しあう営業のこと。

  • メーカーの立場なら、販売代理店からの紹介
  • 販売代理店の立場なら、メーカーからの紹介
  • 自社内の他部署からの紹介
  • 既存顧客からの紹介

など、紹介を受けて提案する営業です。

他社との利害関係の調整をして、信頼関係を築くのは大変ですが、アポは確実で案件の確度が高い営業方法。

お互いの会社にWin-Winとなる関係を築けると、案件の獲得がしやすく、提案活動に集中できます。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ソフトウェアメーカーやSIerなどのIT業界だと、テレアポ(電話営業)をしないので、テレアポ(電話営業)以外の営業をしたい人にはおすすめです。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

IT営業(ソフトウェアメーカー)の仕事についての詳細記事はこちら

【真実を知る】IT営業の仕事はきつい・難しい?ついていけないから辞めたい?実際の仕事内容・メリット・デメリットについて体験談から紹介
【真実を知る】IT営業の仕事はきつい・難しい?ついていけないから辞めたい?実際の仕事内容・メリット・デメリットについて体験談から紹介「IT営業がきついし、難しい。。」「IT営業(ソリューション営業)についていけない。辞めたい。。」というお悩みについて、実際にIT営業として働いている立場から、仕事内容や残業時間、休日、メリット、デメリットの実態をお伝えします。 本記事では、ソフトウェアメーカーで働いて体験したことをメインで紹介します。 働きやすい会社で仕事をしたい方は、是非ご覧ください!...

 

SIer営業の仕事内容の詳細記事はこちら

【価値を示せ】SIerの営業はいらない?仕事内容~休日までを開発会社で働いた体験から紹介
【価値を示せ】SIerの営業はいらない?仕事内容~休日までを開発会社で働いた体験から紹介「SIerの営業って実際にどういう仕事内容なのか、いまいちピンと来ない。。」「SIerの営業はいらないってホント?」という方にSIerの営業の仕事内容や残業時間、休日まで実際に開発会社で働いて体験していることを紹介します。 IT業界の中で、SIerの営業に興味がある方は、是非ご覧ください!...

 

また、営業以外の仕事だと以下のような仕事があります。

営業以外の仕事の一例

 

  • 事務職
  • 広報
  • 人事
  • 法務
  • 経理
  • 購買
  • 経営企画
  • 公務員
  • SE/プログラマー
  • マーケター

営業に疲れた・逃げたい人が辞めてよかったケースの詳細記事はこちら

【無理するな】営業に疲れた・逃げたい人は辞めた方が幸せになる!辞めてよかったケースは存在します
【無理するな】営業に疲れた・逃げたい人は辞めた方が幸せになる!辞めてよかったケースは存在します「営業の仕事に疲れた。営業が嫌になった。。」「営業のプレッシャーから逃げたい。。」「営業を辞めてよかったという人の例を聞きたい」というお悩みについて、具体例と解決策を解説しています。...

 

テレアポ(電話営業)以外の営業の仕事をしたり、営業以外の仕事をするには、以下のどちらかの方法で実現できます。

  1. 会社にテレアポ(電話営業)以外の手法を提案
  2. テレアポ(電話営業)しない会社に転職

それでは、具体的な方法を見ていきましょう。

 

テレアポ(電話営業)をしない仕事をする方法

テレアポ(電話営業)をしない仕事をする方法

数をこなすだけのテレアポ(電話営業)は無駄が多くて時代遅れなだけでなく、お客さんにも迷惑なので、テレアポ(電話営業)をしない仕事をするのがおすすめです。

 

テレアポ(電話営業)をしない営業や、営業以外の仕事をする方法は以下になります。

  1. 会社にテレアポ(電話営業)以外の手法を提案
  2. テレアポ(電話営業)しない会社に転職

 

基本的には、数をこなすだけのテレアポ(電話営業)で成果を上げようとする会社は時代遅れなので、早めに見切りをつけてもっと良い会社に転職した方が圧倒的に人生が充実します。

また、テレアポ(電話営業)は大変な割にはあまり評価されない営業スタイルなので、若いうちにさっさと転職した方がいいです。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼく自身も、飛び込み営業やテレアポ(電話営業)の経験しかない状態で転職活動しましたが、大して評価されなくて大苦戦しました。。

テレアポ(電話営業)しか経験したことがないと、

  • お客さんとの名刺交換
  • メールの書き方

などのプル営業の基礎スキルさえ身に着けてないと見なされるので、大して評価されないからです。

基礎スキルから教えないといけないと見なされると、テレアポ(電話営業)スキルがあっても、未経験の人と一緒。

それならば、未経験枠で入れるうちに、転職してスキルを身に着ける方が今後のキャリアで圧倒的に有利。

石の上に三年もいる必要はありません。

 

方法①会社にテレアポ(電話営業)以外の手法を提案

会社にテレアポ(電話営業)以外の手法を提案

テレアポ(電話営業)をしない営業をする方法1つ目は、会社にテレアポ(電話営業)以外の手法を提案すること。

具体的には、以下の方法があると会社に具体的な段取り含めて提案することです。

テレアポ(電話営業)以外の方法

 

  • 自社のオウンドメディアを作って集客して営業する
  • リスティング広告を打ってホームページから集客して営業する
  • セミナーや展示会出展をして集客して営業する
  • 電話問い合わせからの対応をして営業する
  • メーカーの立場なら、販売代理店からの紹介から営業する
  • 販売代理店の立場なら、メーカーからの紹介から営業する
  • 自社内の他部署からの紹介から営業する
  • 既存顧客からの紹介から営業する

 

普段の営業活動をしながら、営業企画としての働きをしてスキームを作るのは超大変なので、現実的には難易度がかなり高いです。

ただ、今の会社が新しいことにチャレンジするような環境であれば、提案するのはあり。

 

方法②テレアポ(電話営業)しない会社に転職

テレアポ(電話営業)しない会社に転職

テレアポ(電話営業)をしない営業をする方法2つ目は、テレアポ(電話営業)しない会社に転職すること。

テレアポ(電話営業)をしている時代遅れの会社に、テレアポ(電話営業)以外の手法を提案して変えていくのは至難の業ですからね。

なので、テレアポ(電話営業)以外の仕事をしたい人の99%以上は、転職するのが一番楽。

 

テレアポ(電話営業)以外の会社に転職するには、転職エージェントを使い倒すことで、今よりもっと良い会社を探せます。

また、口コミをフル活用することで企業の本当の姿がわかるので、併用するのも必須。

ポチのすけ
ポチのすけ
転職してから、またテレアポ(電話営業)の会社だと判明したら、転職した意味なくて地獄ですからね。

また、転職する時は、

  • 個人営業(BtoC営業)に向いているのか
  • 法人営業(BtoB営業)に向いているのか

についてよく考えてから転職すると、ミスマッチを減らせます。

それぞれの営業スタイルのきつい理由メリットについて、以下の記事で解説しています。

個人営業(BtoC営業)がきつい理由とおすすめの仕事の詳細記事はこちら

【これがおすすめ】個人営業(BtoC営業)はきついからやめとけ!不向きなら働きやすい会社に転職するべき
【これがおすすめ】個人営業(BtoC営業)はきついからやめとけ!不向きなら働きやすい会社に転職するべき「個人向けの営業(BtoC営業)だと休めないし、きついから辞めたい。。」「個人向けの(BtoC営業)だと、ノルマ達成がしんどいから転職したい。。」「BtoCからBtoBへ転職する時の転職理由はなんて書けばいいの?」とお悩みの方に、おすすめの仕事について解説しています。...

 

法人営業(BtoB営業)がきつい理由と働きやすくなる方法の詳細記事はこちら

【楽にしよう】法人営業(BtoB営業)はきついからやめとけ?働きやすくなるたった一つの方法
【楽にしよう】法人営業(BtoB営業)はきついからやめとけ?働きやすくなるたった一つの方法「法人営業(BtoB営業)がきついから転職したい。」「BtoBの営業に転職(就職)するのはやめた方がいい?」「個人営業(BtoC営業)もきついけど、法人営業(BtoB営業)とどっちがマシ?」とお悩みの方に、働きやすくなる方法について解説しています。...

 

転職エージェントをフル活用できると、

  • テレアポ(電話営業)以外の営業ができる会社に転職
  • 今より働きやすい会社に転職

できますし、転職エージェントは無料で以下のようなメリットを受けられるので、使わない手はありません。

転職エージェントを使うメリット

 

  • 今の会社以外に選択肢があると知ることができる
  • ブラック企業で苦しむ方の話をちゃんと聞いてくれる
  • 企業が出している求人情報や背景について情報をもらうことができるので、求人倍率の予測がつく
  • 自分の能力とかみ合うのか、企業とのマッチングでミスがないのか客観的な意見をもらえる
  • 転職希望者を企業に推薦してくれるので、転職の成功率が上がる

 

なお、転職エージェントは、2~3社は登録するのがおすすめ。

1社の転職エージェントだけだと、

  • 求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になる
  • 良くない転職エージェントから見捨てられてしまう可能性がある

からです。

 

また、

など、転職でやるべきことを以下の記事でまとめています。

業界を変えながら転職3回を経験したぼくの経験になるので、転職エージェントから求人を引き出したら、こちらを見ながら準備してみてください。

転職で失敗しない方法を全部まとめた記事はこちら

転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】
転職が怖い・動けないと不安な方へ伝えたい失敗しない方法【3回職場を変えた経験からお伝え】転職は環境も大きく変わりますし、確実に成功するわけではないので、怖いですし不安になるので動けないと感じてしまいますよね。 本記事では、転職を3回経験したぼくの実体験から得た、転職で失敗しないための方法や具体例をまとめています。 怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...

 

面接にぶっつけで挑まないために対策するべきことのまとめ記事はこちら

面接の練習しないでぶっつけ本番だと玉砕するので対策するべきことを転職3回の経験から解説
【対策がわかる】面接の練習しないでぶっつけ本番だと玉砕する!転職3回の経験からやることを解説面接の準備・練習なんて意味あるのか?ぶっつけにならないために面接対策するにしてもどうやってすればいいのか?と悩むことって多いと思います。 本記事では、面接前に対策するべきか、と面接対策でやるべきことについて3回の転職経験からご紹介します。 是非、ご覧ください。...

 

転職で何をするべきかを全部まとめた詳細記事はこちら

転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談
転職で何をやるべきかをブログにまとめました!4社を渡り歩くぼくの体験談転職3回で4社目で働くぼくが、転職で体験したことをブログでまとめています。 転職のきっかけから、転職で失敗しない方法、面接対策、退職の際にやるべきこと、といったスタートから終わりまでをまとめました。 是非、ご覧ください。...

 

おすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェント

今より良い会社を探せるおすすめの転職エージェントは、

です。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくが使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントなので、是非とも登録して利用するべきです!

もちろん、全部無料で登録・利用できます!

 

doda

 

dodaは、業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • dodaだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 全国の求人に対応
  • 転職エージェントが書類作成から面接対策まで親身にアドバイスしてくれる
  • スケジュール調整や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる
  • 業界を変える転職や、結婚後の転職であっても丁寧に対応してくれる

 

dodaは、「転職エージェントに迷ったらdoda!」というぐらい安定の転職エージェントです。

転職3回中、2回目と3回目でdodaを使ったぼくの経験から言っても、ネットの書き込みにある「dodaのエージェントがひどい」というのは嘘。

むしろ、非常に丁寧な対応をしてくれる転職エージェントなので、絶対に使った方がいい転職エージェントです。

また、仮に担当が良くない担当者の場合でも、dodaは担当者変更にもちゃんと応じてくれるので安心。

 

デメリットは、迷惑メールかと思うくらい求人メールが届くことと、求人紹介の幅が広いので自分に合わない求人が含まれていること。

ただ、「多くの求人情報を漏れなく紹介してくれる」と発想を変えることで、そこまで気にすることなく転職活動に取り組めます。

状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

type転職エージェント

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていない、隠れた優良企業を多く持っている転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • type転職エージェントだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 特にIT・Web系の会社に強い
  • 一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に対応
  • 求人情報のほとんどに求人企業の競合情報まで載せてくれている
  • 転職エージェントが、企業ごとに面接の重要ポイントを親身にアドバイスしてくれる
  • 年収交渉や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、dodaと合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)特化のため、それ以外の地域で転職を検討している場合は極端に求人が少ないことと、dodaなどの大手と比べると求人が少ないことです。

ただ、dodaなどの大手転職エージェントで拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、一都三県の方はdodaと合わせて利用すると弱点をカバーして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由の詳細記事はこちら

 

マイナビエージェント

 

マイナビエージェントは、マイナビしか持っていないような優れた中小企業の求人が多い転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • マイナビエージェントでしか手に入らない非公開求人が多い
  • 良い中小企業の求人が多数ある
  • 転職希望者を丁寧にサポートしてくれる
  • 第二新卒含めた20代の転職に強い
  • 全国の求人に対応

 

マイナビエージェントは独自の営業網により、dodaやtype転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、20代の転職にかなり力を入れていることもあって30代以降の求人はあまり多くないことと、返事(レスポンス)が早いため対応が多くなり、人によっては疲れてしまうこと。

ただ、dodaやtype転職エージェントが拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、dodaやtype転職エージェントと合わせて利用すると、求人の見逃しをなくして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

TRY NOW

マイナビエージェントの無料登録はこちら(公式サイト)

※最初から最後まで無料で利用できます!

 

マイナビエージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

中小企業に強いマイナビエージェントの詳細記事はこちら

 

口コミで探す

口コミをフル活用する

また、合わせて絶対にやるべきなのが、口コミによる確認。

ホームページや求人情報だけでは、ブラック企業やしんどい仕事なのかどうか、判断することが難しいためです。

また、口コミを使うと、隠れ優良企業を見つけることも可能。

 

可能であれば応募する企業は、一度口コミを確認しましょう。

※時間がなくて厳しい時は、少なくとも書類が通った企業については、面接前に口コミを確認する形で対応しましょう。

 

口コミをフル活用した方がいい理由は、以下の2つ。

  1. 口コミの内容はほぼ真実
  2. 入社後のミスマッチをなくせる

ぼく自身、1社目も2社目も3社目も4社目も、書いてあった大量の口コミは全て真実でした。

なので、実体験からも、口コミは正しいと言えます。

 

また、

  • 転職エージェントも企業に忖度する
  • 求人情報に載っている情報がすべてではない
  • 求人情報は必ずしも最新情報ではない

といった点からも、求人情報だけでは正しい情報をつかめないので、やばい会社かどうかは口コミで確認しましょう。

 

口コミを利用した会社の探し方については、以下の記事でも詳しく紹介しています。

口コミを利用した会社の探し方の詳細記事はこちら

 

また、隠れ優良企業は、口コミの確認以外に複数の転職エージェントを使うと探しやすくなります。

詳しくは、以下の記事で解説しています。

隠れ優良企業の探し方の詳細記事はこちら

 

まとめ:数打ちゃ当たるテレアポは無駄で時代遅れ!

 

お話してきたことをまとめます。

今の時代に数をこなしてガンガン電話営業するようなテレアポは、無駄が多い営業方法で時代遅れです。

理由は以下の4つ。

  1. インターネットを使った営業方法が増えた
  2. ニーズが不明の状態でアプローチしても取れない
  3. テレワークの普及でアプローチ先の人が会社にいない
  4. 断られすぎてメンタルやられる

 

また、テレアポ(電話営業)は無駄が多くて時代遅れであるだけでなく、迷惑だと思われることもあります。

理由は以下の2つ。

  1. お客さんの時間を奪う
  2. テレアポで紹介される商品・サービスがクソ

 

ただし、以下のお客さんへのテレアポ(電話営業)は、迷惑どころか喜ばれることも。

  1. お店へのテレアポ
  2. インバウンドマーケティングで集客したお客さんへのテレアポ

 

世の中には、

  • 反響営業
  • 紹介営業

などのテレアポ(電話営業)以外に色んな営業方法があるので、お客さんに迷惑をかけずに営業をしていきましょう。

テレアポ(電話営業)以外の仕事を知って、自分に合う会社に転職するのがおすすめです。

リストの上から順に電話するだけの営業方法は、無駄が多すぎて時代遅れ。

インバウンドマーケティングやWebマーケティングなど、効率的な営業方法でアプローチしていきましょう。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~