面接対策

面接で大事なことは会社を見極める意識【ミスマッチをなくそう】

面接で大事なことは会社を見極める意識 【ミスマッチをなくそう】
転職活動中の人
転職活動中の人
書類が通って面接に行くことになったけど、大事なことって何だろう?やっぱり面接で採用が決まるんだから、ちょっとでもよく見せることだよね??
ポチのすけ
ポチのすけ
確かに転職は面接によって決まってくるので、他の候補者に先んじるためにも、ちょっとでも良く見せたいですよね。

 

3回の転職を経験したポチのすけ(@pochinosuke1)です。

転職活動の中で、数多くの面接を受けてきました。

うまくいったこともあれば、うまくいかなかったことも。

 

多くの面接を受けてきて大事だと感じていることがあります。

それは、面接は、会社に選んでもらう意識で行うものではなく、会社を見極める意識を持って臨む場所だということ

この意識がないと、会社とのミスマッチが起きてしまい、入社できたとしても長続きしません。

 

本記事では、

面接で大事なことである、会社を見極める意識についてぼくの体験をもとにお伝えしていきます。

自分に合う会社に入って転職後に長く働くためにも、もっておいてほしい考え方になります。

是非ご覧ください。

 

面接対策まとめの詳細記事はこちら

転職の面接で対策するべきことまとめ。通過の鍵を握るのは準備と意識
転職の面接で対策するべきことまとめ。通過の鍵を握るのは準備と意識転職の面接で対策するべきことは何をやったらいいのかお悩みの方に、実際にぼくがやっていたことをまとめました。 3回の転職の中で、悩みながらやってきた体験談になります。 是非ご覧ください。...

 

転職で失敗しない方法の詳細記事はこちら

転職が怖いと不安な方へ。 転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法
転職が怖いと不安な方へ。転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法転職が怖いと不安な方へ、転職3回のぼくの経験から失敗しないための方法を書いています。怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...

 

面接で大事なこと

面接で大事なこと

 

 

冒頭でもお伝えしましたが、面接で大事なことは、

  • 会社に選んでもらうという意識ではなく
  • 会社を見極める(選ぶ)という意識

になります。

 

ぼくも、1回目の転職の時なんかは、会社に選んでもらうために少しでも自分をよく見せようとしていました。

しかし、会社に選んでもらうという意識ではうまくいかないんですね。

では、それぞれ見ていきましょう。

 

会社に選んでもらうという意識ではない

面接でありがちなのが、良い会社だと思って自分をよく見せようとするあまりに、会社に選んでもらおうという意識で臨んでしまうことです。

 

面接は、会社が転職希望者を選ぶために色々と試す場所であるのは確かなのですが、転職を希望する人自身が会社に選んでもらおうという意識だと、うまくいきません。

なぜなら、受け身になってしまいがちになり、自分が求めることがその会社にあるのかわからないままになってしまうからです。

そうなってしまうと、良い会社であっても、自分に合うかどうかはわかりません。

 

また、会社が要求することが自分にとって受け入れにくいことであっても、選んでもらおうとするあまり、その場では受け入れてしまうことにもなります。

 

例えば、

転勤したいと思っていないのに、

「転勤があります。大丈夫ですか?」と聞かれた時に、選んでもらおうとするあまり、

「大丈夫です!」と答えてしまうといったことです。

 

ぼくもやってしまったことがあります・・・

 

また、

  • 給料が多い
  • 休みもきちんと取れる
  • 仕事は大変かもしれないけど、そのぶん成長もできる会社

と聞くと、給料と休みが納得できて、成長できる会社に行きたい人にとっては良い会社だと思うかもしれません。

 

ただし、自分に合うかどうかは別の話。

営業車にGPSをつけられて分単位で管理され、超効率よく働くことを求められる会社かもしれません。

 

それがわかった上で自分に合いそうと思えるのならいいのですが、会社に選んでもらおうとするあまり、そこまでわからずに入社して自分と合わなかった場合、また転職をすることになります。

 

もちろん、会社に選んでもらうのがダメだというわけではありません。

会社に所属するためには、採用されないといけないので会社に選んでもらって入社するのは確かです。

 

大事なのは、良い会社だと言われる会社であっても、良さそうだと感じる会社であっても、選んでもらうという意識で面接に臨むべきではないということです。

会社に選んでもらおうとする意識で面接に臨むと、自分と合うのかどうかを見極められなかったり、自分が受け入れられないことがあっても受け入れてしまい、結果的にうまくいかないことになります。

 

会社を選ぶ(見極める)という意識

さきほどお伝えしたことと反対になりますが、面接で大事なことは、自分が会社を選ぶ(見極める)という意識です。

もちろん、偉そうに「俺が会社を選んでやる!」というものではないです。

 

自分から積極的に質問したり、面接官の質問や態度をじっくりと見ることで、

面接する会社には、

  • 自分が求めるものがあるのか
  • 自分が求めることが実現できるのか

を確認する機会だと思って臨むということです。

 

例えば、

「一人一人に裁量を与えています。」

ということをアピールしている会社であれば、

「直行直帰をしたり、ビデオ会議などを使った効率良い働き方ができますか?」

などと質問することで、具体的に裁量を与えてもらう働き方が実現できるのかを確認することができます。

 

ぼくは、上記のように具体的に質問をすることで、会社に入った時にどのような働き方をするのかを確認していました。

もし、ここで望むような答えが返ってこない場合、さらに突っ込んで質問することで、自分が望んだとおりの会社なのか見極めましょう。

 

また、面接前は良い会社だと思っていても、面接官が意地悪な質問をしてきたり、高圧的な態度を取ってくるような会社の場合、本当に自分が求めている会社なのかを見極められます。

 

もちろん、自分が会社を選んでやるよ!という高圧的な態度ではいけません。

面接官はキャリアを積んできた仕事のプロ。

転職希望者の高圧的な態度などお見通しです。

 

大切なのは、会社に選んでもらおうとするのではなく、自分が会社を選ぶ意識を持って面接に臨むということ。

自分が会社を選ぶ・会社を見極めるという意識で臨めば、面接官の態度を見落としません。

また、「あれ?」と思ったことについてはどんどん質問することができるので、面接を受けている会社がどんな会社なのかを知ることができます。

 

スポンサーリンク

会社を見極められないとミスマッチが起きる

会社とミスマッチが起きる

 

面接で会社を見極められないと、自分が求めることと会社が求めることにズレが出てきて、ミスマッチが起きます。

ミスマッチが起きてしまうと、せっかく転職しても会社と合わない(会社との相性が悪い)ため、長く続けるのが難しいです。

 

例えば、

「新しいことを取り入れようとしている」

と言っている会社でも、

よくよく話を聞いてみると、実態は保守的な会社で、役員が良いと言わないと新しいことを取り入れることができない。

という会社もあります。

 

また、

営業スタイルは、問い合わせを受けてからの反響営業だとアピールしているが、営業の数字が足りなくなってくると、テレアポがメインになる会社もあります。

 

転職の成功とは、入社する会社とのミスマッチが起きないことです。

ミスマッチが起きなければ、自分の能力を発揮できるので長く働けますし、活躍できます。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
つまり、自分と会社の相性が良いことが大事ということですね。

 

なので、自分の考え方や能力に合うのかどうか、面接で会社を見極めましょう。

 

スポンサーリンク

会社を見極める方法

見極める

 

 

実際に会社を見極めるための方法は2つあります。

  1. 面接で質問する
  2. 口コミを見る

上記の2つ。

大事なことなので繰り返しになりますが、基本的には、面接の中で質問することで会社を見極めていきましょう。

 

もう一つの口コミは、面接で質問するということにつながるのですが、プラスアルファの情報として大切になってきます。

では、見ていきましょう。

 

見極める方法①面接で質問する

 

会社を選ぶ(見極める)という意識を持つと、自分から積極的に質問できます。

  • 自分が求めるものが本当にあるのか
  • 自分が求めることが本当に実現できるのか

を確認することが必須になるからです。

 

いわゆる面接での逆質問というものです。

(本当は、転職希望者からの質問にすぎないので、逆質問と世の中で言われていること自体良くないのですが。)

 

面接での逆質問は、一次面接と最終面接で聞く内容が変わってきます。

それぞれどんな内容を聞くべきなのか、ぼくが行った具体例については、以下の記事で詳しく解説しています。

こちらもあわせてご覧ください。

 

一次面接での逆質問の詳細記事はこちら

一次面接で逆質問するべき5つのこと【会社との相性を確認しよう】
一次面接で逆質問するべき5つのこと【会社との相性を確認しよう】「何か質問ありますか?」というのは、面接で主導権を握れる唯一の時です。その逆質問の中で的確な質問をすることで、会社とのミスマッチが起きるのを防ぐことができます。本記事では、営業マンが一次面接で聞くべき5つの質問について、僕が実際に行っていたことをご紹介しています。...

 

最終面接での逆質問の詳細記事はこちら

最終面接で逆質問するべき2つのこと【会社との相性を確認しよう】
最終面接で逆質問するべき2つのこと【会社との相性を確認しよう】「なにか質問ありますか?」というのは、面接で主導権を握れる唯一のチャンスです。最終面接の逆質問の時、的確な質問をすることで、会社とのミスマッチが起きるのを防ぐことができます。本記事では、実際に僕が最終面接で聞いていた2つの質問をご紹介します。...

 

見極める方法②口コミ

 

口コミに関しては、面接で質問するということにつながるのですが、プラスアルファの情報として大切になってきます。

 

口コミでは、求人情報では載っていなかった仕事の進め方だったり、営業スタイルなどの情報があります。

 

求人情報と口コミで見た情報にズレがある場合、本当はどうなのかを見極めるには、面接で聞くのが確実。

 

ぼくが使ってみた口コミの中で、おすすめなのは、

になります。

 

どちらも無料で利用でき、現職の口コミを書くとモザイクの部分も見られるようになっています。

口コミに関しては、以下の記事でも解説しています。

口コミなどでの会社の探し方の詳細記事はこちら

口コミを使った会社の探し方。今よりいいところを見つけよう!
口コミを使った会社の探し方。今よりいいところを見つけよう!【2019年10月23日更新】口コミを利用した会社の探し方を紹介しています。 転職で失敗しないために、口コミの利用は必須だど考えており、ぼくが使っていた口コミサイトもお伝えしています。 是非、ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

面接で大事なことまとめ

 

お話してきたことをまとめます。

面接で大事なことは、

  • 会社に選んでもらうという意識ではなく
  • 会社を見極める(選ぶ)という意識

になります。

 

面接で会社を見極められないと、自分が求めることと会社が求めることにズレが出てきて、ミスマッチが起きます。

 

そうならないためにも、会社を見極めるための方法として、

面接で質問したり、口コミを見て情報収集しましょう。

 

ミスマッチが起きてしまうと、せっかく転職しても会社と合わない(会社との相性が悪い)ため、長く続けるのが難しく、転職失敗となってしまいます。

そうならないためにも、面接では主体性をもって会社を見極めましょう!

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

面接対策まとめの詳細記事はこちら

転職の面接で対策するべきことまとめ。通過の鍵を握るのは準備と意識
転職の面接で対策するべきことまとめ。通過の鍵を握るのは準備と意識転職の面接で対策するべきことは何をやったらいいのかお悩みの方に、実際にぼくがやっていたことをまとめました。 3回の転職の中で、悩みながらやってきた体験談になります。 是非ご覧ください。...

 

転職で失敗しない方法の詳細記事はこちら

転職が怖いと不安な方へ。 転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法
転職が怖いと不安な方へ。転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法転職が怖いと不安な方へ、転職3回のぼくの経験から失敗しないための方法を書いています。怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...