面接対策

最終面接で逆質問しない・特にありませんは落ちることはないけどもったいない【会社との相性を確認しよう】

最終面接で逆質問しない・特にありませんは落ちることはないけどもったいない【会社との相性を確認しよう】
転職中の人
転職中の人
最終面接で逆質問しなかったり、質問する内容が特になかったら無理に質問しなくてもいいのかな?もしかして、面接で質問しないと落ちる可能性が上がったりするの??

という疑問にお答えします。

 

転職を3回経験したポチのすけ(@pochinosuke1)です。

3回の転職の中で、一次面接も最終面接もたくさんのパターンを経験してきました。

 

逆質問とは、面接中に転職希望者の方から会社に対して、質問をすること。

どんな面接であっても、会社側から

「何か質問ありますか?」

「何か聞きたいことはありますか?」

といったような形で、こちらから質問するタイミングがあるので、

「特にありません」

と言うのではなく、何かしらか回答しないといけないんじゃないか。。と考えてしまいますよね。

 

本記事では、

最終面接や一次面接で逆質問しないと落ちる可能性があるのか?について、ぼく自身の転職3回の経験から解説していきます。

 

結論から言うと、逆質問をしないことで落ちることはあまりないのですが、相手の会社を知るためにも、必ず質問しましょう。

本記事では以下についても詳しく解説しているので、本記事を最後まで読めば、面接で会社に対して何を聞けばいいのかがわかります。

  • 最終面接で逆質問しないのはもったいない理由
  • 最終面接で逆質問するべき内容
  • 一次面接で逆質問するべき内容

 

それでは、ご覧ください。

 

最終面接で逆質問しないともったいない

もったいない

そもそもですが、最終面接でも一次面接の場合でも、会社側は転職者の逆質問を通して以下のような部分を見ています。

  • 熱意
  • 会社との相性
  • コミュニケーションをとれる人かどうか
  • 会社側から伝えそびれていることがないか

普段の会話でも、一方的に話しまくっているとお互いを理解できないですよね。

面接も同じ。

ポチのすけ
ポチのすけ
要は、面接は双方向のコミュニケーションということです。

 

会社側は、

面接という短い時間で転職希望者を判断しないといけないため、会社側から一方的に質問するだけでなく、転職希望者からの質問も聞くことで理解しようとします。

 

転職希望者の立場でも、

面接時に双方向のコミュニケーションを取れないと、転職先の会社のことがよくわかりません。

 

ぼく自身、3回の転職を通して身に染みて感じるのは、転職は会社との相性がとても大事だということ。

会社との相性を確認するためには、面接で質問されたことに答えるだけではわかりません。

こちらから質問して相性を確認することで、ミスマッチを防ぐことができ、失敗しない転職をすることができます。

一次面接で現場の方と会って相性を確認したら、最終面接で部長や役員クラスの方とも相性が合うかどうか確認しましょう。

 

そのため、『逆質問をしないことによって面接で落ちる』とは言えないのですが、会社側としても『質問をしてこない転職希望者のことはよくわからない。。』ということになり、お互いによくありません。

また、会社の風土がゴリゴリの営業会社の場合、質問をしてこないことを「意欲が足りない」とマイナス評価をすることも。

 

よって、面接時に逆面接をしないと、お互いにコミュニケーションを十分に取れているといえず、非常にもったいないということ。

一次面接でもそうですが、最終面接でも必ず逆質問をしましょう。

 

せっかく最終面接までたどり着いているのですから、逆質問は自分と合う会社なのかを判断するためのチャンス。

面接において、「なにか質問ありますか?」というのは、転職希望者が主導権を握れるチャンスなのです。

ポチのすけ
ポチのすけ
一次面接でも最終面接でも、逆質問中は「俺のターン!」ということです。

 

スポンサーリンク

最終面接で逆質問するべき内容2つ

逆質問する

最終面接で逆質問をしないのはもったいないと解説してきましたが、適当に質問をしてマイナスの見られ方をしてしまうことがないようにしましょう。

なので、必要なことを逆質問して確認するのがポイント。

ぼく自身の経験が営業職の転職のため、営業向けの内容にはなりますが、最終面接で逆質問するべき内容は、以下の2つです。

  1. 今後の事業展開について
  2. 経営者目線で現場に求めることは何か

部長以上は現場以上に忙しいため、質問の数はしぼった上で、質問の回答から話を膨らませたり、面接官の質問から話を膨らませる方向で進めると印象が良かったです。

また、最終面接で出てくる人達からは、その会社の社風がにじみ出るため、自分との相性を最終確認することが可能。

 

逆に、以下のようなことは、逆質問の際は聞かないようにしましょう。

 

  • 面接ですでに説明があったこと(話を聞いていないと思われてしまいます)
  • ホームページに書いてあること(情報収集能力がないと思われてしまいます)
  • 会社に対して批判するような質問「どうしてこうしないんですか?」など。(批判するのは誰でもできるため、良く思われません。話すなら、自分の経験を活かしてこのようにしていきたい、と前向きに話しましょう。)

 

それでは、見ていきましょう。

 

逆質問①今後の事業展開について

 

今後の事業展開についての質問は、以下のように聞いていました。

「御社は○○において第一人者として事業を行っておりますが、今後の事業展開についてすでに走っているものはありますか?」

または、

「御社は○○という事業の柱がありますが、今後、ほかの事業の展開についてすでに走っているものはありますか?」

 

面接官が経営サイドである最終面接ならではの質問ですが、会社として今後どのようになっていきたいのかを聞くための質問です。

 

会社が今後どのようになっていきたいのかを聞く理由

 

会社の今後について聞く理由は、

  • 将来への不安を和らげる
  • 自分の市場価値を高められそうか

を確認するためです。

 

世の中の移り変わりはとても早いですし、現時点での予想が当たる保証はどこにもないのですが、経営者がビジョンをちゃんと持っていないと、社員は不安になるからです。

 

転職エージェントに、転職希望者の転職理由で一番多いのは何かと聞いたところ、
転職理由で一番多いのは、漠然とした将来への不安だそうです。

ニュースなどを見ていても、世の中の移り変わりがどんどん早くなっているため、将来のビジョンがない会社だと不安になりますよね。

 

また、会社が今後目指しているところがなんとなくでもわかれば、3年後~5年後の自分の市場価値を高められるかどうかを予測できると思っています。

ぼく自身、今後は個人のスキルがより問われる時代になっていくと考えており、万が一会社が倒産するようなことがあっても、他社から求められるような市場価値の高い人材になりたいと思っています。

自分の市場価値を高めるには、会社が今後どのようなことをしていくのかが重要であり、その環境に身をおき知識や経験を積むことで、達成できると考えています。

 

会社の今後について質問したら、回答に対して掘り下げよう

 

今後の事業展開について質問をしたら、経営者の回答に対して掘り下げて聞いてみましょう。

  • 新しいことをやる時に、社員から意見を募って仕事を任せてもらえるようなことはあるのか

などです。

 

社長の独断で決めるのはとても大切なのですが、

ぼくのように裁量を持って働きたい場合、「新しいことをやりたい!」と意見を言いやすい方が自分に合っています。

ぼくの場合は幸い、会社に事業案を募るような制度があり、実際に事業化しているものもあると聞くことができました。

ここまで聞ければ、面接した会社との相性を確認することができるので、ミスマッチの可能性はかなり減ると思います。

 

逆質問②経営者目線で現場に求めることは何か

 

2つ目の質問は、ストレートに以下のように聞いていました。

経営者側として、現場に求めることはなんでしょうか?

 

こちらも面接官が経営サイドであるがゆえの質問ですが、現場の方の目線では出てこなかった考え方を知ることで今の自分に足りないものを知っておき、足りないものを勉強していきたいと熱意を見せるための質問です。
※もちろん、足りていないことはちゃんと勉強した方がいいです。

経営者目線で現場に求めることへの回答は、経営者側の考え方が色濃く出ますので、その回答次第で自分に合うかどうかを判断する材料になります。

 

ぼくの場合、いくつかの会社を受けて、以下のような回答をもらいました。

  • 創造性がある人

・・・新しいことを生み出すには創造性がないといけない。そのためには、会社以外の時間で何をやるのかが重要なため、うちの会社では、残業時間を抑えるような働き方をしている。平均15時間くらいなのでかなり少ないはず。

 

  • 学ぶ姿勢

・・・ITでは新しい技術やサービスがどんどん出てくる。そのような新しい技術やサービスに対してどん欲に学ぶ姿勢を求めている。学ぶ姿勢が一番重要なため、それ以外は強く求めていない

 

ぼくは、まだ求めていることに足りていないと自覚することができましたし、このような考え方の会社に共感できましたので、マッチすると感じることができました。

経営者によって、それぞれの考え方がありますので、是非聞いてみて下さい。

 

スポンサーリンク

※参考 一次面接で逆質問するべき5つの内容

わからないことを質問する

現場レベルの方が出てくる一次面接においても、逆質問しないと会社との相性を確認できないので、圧迫面接をしてくるヤバい会社以外は逆質問をしましょう。

ぼく自身の経験則からお伝えするので営業職の場合になりますが、ミスマッチをなくすために、一次面接で聞くべき逆質問は以下の5つです。

  1. 営業手法
  2. 業務の一日の流れ
  3. 提案~受注までの期間
  4. 中途入社の人がどのような段階を踏んでステップアップしていくのか
  5. 中途入社で活躍している人のタイプや行動の特長は何か

それでは、見ていきましょう。

 

逆質問①営業手法

「どのような営業手法で営業していますか?」と聞くことで、営業手法を把握しましょう。

どのような営業手法を取っているのかを知ることで、営業活動の1日の流れをイメージすることができるため、ミスマッチをなくすことができます。

 

営業手法は、会社によってやり方が大きく違ってきます。

そのため、確認が必須。

 

ちなみに、代表的な営業手法は以下のようなものです。

面接に行く会社がどのような営業手法を取っているのかを確認してみて下さい。

営業手法の種類

 

  • Webからの問い合わせ
  • パートナー企業(販売代理店)からの引き合い
  • 既存顧客からの紹介
  • 展示会からの引き合い
  • テレアポ
  • 飛び込み

 

このうち、上4つの

  • Webからの問い合わせ
  • パートナー企業(販売代理店)からの引き合い
  • 既存顧客からの紹介
  • 展示会からの引き合い

はプル営業と言われるもので、顧客側からアプローチがあるものになります。

 

逆に、下2つの

  • テレアポ
  • 飛び込み

はプッシュ営業と言われるもので、営業マン側から顧客にアプローチをするものになります。

 

プル営業プッシュ営業はそれぞれメリットデメリットがあるので、自分がやりたい営業方法になっているのか面接の場で確認することで、ミスマッチを減らせます。

求人票には「Webからの引き合いが中心です」

と書かれていても、面接でよくよく話を聞くと、

「新人はテレアポがメイン」ということは実際にありました。

 

求人票に書かれていることだけをうのみにするのは危険。

事前に口コミサイトで確認することと、面接できちんと聞いておくことで、実際に自分が入社したらどのような手法で営業するのか具体的なイメージが湧きます。

結果として、ミスマッチを減らすことにもつながります。

 

なお、営業手法については、聞いて終わりではなく、必ず具体的な数字を聞きましょう。

面接官
面接官
営業手法はWebからの引き合いがメインです。
ポチのすけ
ポチのすけ
具体的に、月何件くらい来るのでしょうか?

といった形です。

 

例えば、Webからの引き合いがメインにもかかわらず、

引き合いが月数件しかないのであれば、あなたに案件が回ってくる数も減ります。(応募している会社の営業人数にもよりますが)

入社した時に回ってくる案件が少ないとわかった場合、どのように営業活動をするのか考えなくてはなりません。

 

営業手法について質問した後、具体的に深掘りするべき質問は以下のようなものになります。

営業手法について質問後、深掘りするべき質問

 

  • 引き合いは月何件くらい来ますか?
  • 営業メンバーは何人でやられていますか?
  • テレアポは月何件くらいアプローチしていますか?
  • アプローチ先のリストはどのように取得していますか?

 

引き合いの件数や営業メンバーの人数がわかれば、自分が案件をどのくらい対応できそうか検討がつきます。

テレアポのアプローチ数がわかれば、プッシュ営業で獲得するべき数もおおよそわかるでしょう。

アプローチ先のリストの取得方法を聞けば、役所とかに取りに行く形なのか、自分で検索してリストから作る必要があるのか、などがわかります。

営業手法を聞いた後に、さらに深掘りして質問することで入社後の行動が想像できるため、自分に合う会社なのかを確認することが可能。

 

逆質問②業務の一日の流れ

先ほど、面接で聞くべき質問としてご紹介した「営業手法」に付随してくるのが、「業務の一日の流れ」。

業務の一日の流れを聞くことで、入社後の過ごし方がイメージできます。

 

ここで面接官から、「一日の過ごし方はだいたいこんな感じ」というのを言ってもらうことで、入社後どのような行動になるのかを具体的にイメージしやすくなります。

具体的には、

数をこなす営業活動なのか、質を求める営業活動なのかがわかるのと、長時間労働になりそうな行動がないかを確認することができます。

 

ぼくが一日の流れを質問してみると、会社によって、次のような情報を得ることができました。

  • 直行直帰で効率よく働けることが多い
  • 午前中は社内で資料作成が多い
  • チームでのミーティングが多い
  • アプローチ先のリスト作成の時間を作っている

 

上記のような情報が得られれば、

「直行直帰が当たり前だと、無駄な移動時間が少なくて済むな」とか、

「勤務時間外に資料作成をするのが当たり前だと、長時間労働になりそうだな」や、

「商材単価が低いから、ひたすら数をこなす営業活動になるな」といった、

一日の行動パターンの予測がつくため、自分に合いそうか確認することができます。

 

逆質問③提案~受注までの期間

会社が扱う商材によって、提案~受注までの期間は大きく異なります。

提案~受注までの期間を聞くことで、いつ頃に結果が出てきそうなのかを把握することが可能。

 

提案したその日に契約をもらえるものもあれば、提案してから受注するまで1年近くかかるものまであります。

提案~受注までのスピードを聞く目的は、営業としての評価に関わるためです。

 

営業としての評価に関わる

営業は数字というわかりやすい評価項目があります。

そのため、中途入社する時は、入社後どのくらいの時期で受注できそうなのか把握しておくと、応募先企業がどのように評価しようとしているのかがわかります。

 

評価体制についても突っ込んで聞いてみる

 

受注まで長い時間がかかる商材の場合は、合わせて以下のような質問をしてみましょう。

「受注までそれなりに時間がかかる商材とのことですが、御社の評価体制はどのようになっていますか?達成できもしない予算を積まれるようなことはなさそうですか?」

ぼくは上記の質問のようなかなり突っ込んだ質問をしました。

そのおかげで、面接官から以下のような回答をもらい、自分とマッチしそうかどうか判断できました。

  • 入社後すぐに予算(ノルマ)を設けることなく、段階を経ながら成果を上げられるように予算を配分してくれる
  • 顧客ゼロで入社するが、すぐに成果を出すのは難しいことを理解したうえで、頑張れば達成できそうな予算がつく

 

逆に、受注まで3か月~半年くらいかかる商材を取り扱うのに受注までの期間を考慮しないような評価体制だと、低評価を食らう可能性が高いため、ミスマッチになりそうだとわかります。

 

逆質問④中途入社の人がどのような段階を踏んでステップアップしていくのか

自分が入社した場合をイメージして、きちんと成果を出せそうかを面接官に聞く質問です。

 

あなたを即戦力として見ている場合

・・・早い段階で独り立ちしてもらって活躍してもらおうとするため、すぐに先輩と同行してOJTで覚えて営業に回ってもらう。というような回答になります。

 

ポテンシャル採用の場合

・・・座学で製品のことを覚えて、見積もり対応などを行って仕事の流れをつかんでから、上司や先輩に同行して営業手法を学んで独り立ちしてもらう。というような回答になります。

 

ここで会社があなたをどのような位置付けで見ているのかがわかるため、求めている位置づけにマッチしそうであれば、面接自体も通過する可能性が高まります。

また、成果を出せる可能性も高まります。

 

逆質問⑤中途入社で活躍している人のタイプや行動の特長は何か

中途で入っている人(場合によっては、新卒)で活躍している人のタイプや行動を聞く理由は以下の2点です。

  1. 応募している企業の社風や、同僚となる人たちとかみ合いそうかを判断する
  2. 結果を出すためにどのような行動をすればいいのか、おおよそのことを把握する

 

ぼくは、応募している企業の社風や、同僚となる人たちとかみ合いそうかを判断するために質問していました。

ぼくが聞いてみたら、以下のように会社によって様々な回答が返ってきました。

  • 熱い人たちが多い
  • 周りを巻き込める人
  • 他人のせいにしない人
  • 能動的な人

総じて、どの企業でも能動的な人を求めていると感じたので、これからの時代に必須の能力なんでしょうね。

営業メンバーで結果を出している人たちとかみ合いそうであれば、マッチする可能性が高いといえます。

 

また、中途入社で活躍している人のタイプや行動のパターンを知ることで、入社後に自分がどのような行動を取るのが成果を出す近道なのか、を把握できます。

営業マンとして早く結果を出すには、できる人の真似をするのが良い、というのは聞いたことがあるかもしれません。

細かい部分は入社後に見て学べばよいので、おおまかにでも把握することができれば、アドバンテージになります。

 

スポンサーリンク

最終面接で逆質問しないと落ちるのか?まとめ

 

お話してきたことをまとめます。

最終面接でも一次面接の場合でも、面接は会社と転職希望者のコミュニケーションです。

転職希望者としても、逆質問は自分と合う会社なのかを判断するためのチャンス。

「俺のターン!」なので、必ず質問しましょう。

 

最終面接で逆質問するべき内容は、以下の2つ。

  1. 今後の事業展開について
  2. 経営者目線で現場に求めることは何か

 

参考までに、一次面接で聞くべき逆質問をお伝えすると、以下の5つ。

  1. 営業手法
  2. 業務の一日の流れ
  3. 提案~受注までの期間
  4. 中途入社の人がどのような段階を踏んでステップアップしていくのか
  5. 中途入社で活躍している人のタイプや行動の特長は何か

 

面接では相手の会社を知るためにも、こちらからの質問(逆質問)もすることで、コミュニケーションをとってみて下さい。

逆質問は、会社との相性を確認するチャンス(俺のターン!)なので、うまく活用していきましょう!

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

面接対策まとめの詳細記事はこちら

転職の面接で対策するべきことまとめ。通過の鍵を握るのは準備と意識
転職の面接で対策するべきことまとめ。通過の鍵を握るのは準備と意識転職の面接で対策するべきことは何をやったらいいのかお悩みの方に、実際にぼくがやっていたことをまとめました。 3回の転職の中で、悩みながらやってきた体験談になります。 是非ご覧ください。...

 

転職で失敗しない方法の詳細記事はこちら

転職が怖いと不安な方へ。 転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法
転職が怖いと不安な方へ。転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法転職が怖いと不安な方へ、転職3回のぼくの経験から失敗しないための方法や具体例をまとめています。 怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...