転職の悩み

転職は無職の期間がない方がいい3つの理由と注意点を実体験から紹介

転職は無職の期間がない方がいい3つの理由と注意点を実体験から紹介
転職活動してる人
転職活動してる人
転職活動は大変だって聞くから、時間をかけてじっくりやりたいんだけど、無職の期間があっても大丈夫なのかな?注意点とかがあれば知りたい!

上記のような質問にお答えします。

 

転職を3回経験したポチのすけ(@pochinosuke1)です。

 

転職活動はいつも大変で、時間がかかるもの。

できることなら、腰を据えてじっくり取り組みたいですよね。

ぼくもじっくりやりたいと考えたため、一度だけ、転職の時に無職の期間がありました。

 

転職で無職の期間があった経験から言えるのは、転職では無職の期間がない方がいいということ。

 

本記事では、転職では無職の期間がない方がいい3つの理由をご紹介します。

つまり、在職中に転職するのがおすすめのため、在職中に転職する時のポイントや、注意点も解説していきます。

 

転職で無職の期間がない方がいい3つの理由を先にお伝えすると、以下の通り。

  1. 給料がもらえない時期がない
  2. 社会保険が途切れない
  3. 転職の評価も高くなる

そのため、転職エージェントなどをうまく活用することで、在職中に転職できるようにしましょう。

 

僕が3回の転職で使ってみて本当に良かった転職エージェントのおすすめはこの2つ!
僕が3回の転職で使ってみて本当に良かった転職エージェントのおすすめはこの2つ!【2019年7月12日更新】転職エージェントを選ぶ時、3回の転職で実際に利用した経験から、使って本当に良かったおすすめ転職エージェント2つを紹介しています。業界が変わるような転職もできた体験から、自信をもっておすすめできます。 ぜひご覧ください。...

 

転職は無職の期間がない方がいい3つの理由

理由

ぼく自身の経験から、転職活動は無職の期間がない方がいいです。

理由は以下の3つ。

  1. 給料がもらえない時期がない
  2. 社会保険が途切れない
  3. 転職の評価も高くなる

それでは見ていきましょう。

 

理由①給料がもらえない時期がない

無職の期間がなく、働いていれば給料がもらえるので安定した収入が手に入ります。

逆に、無職の期間があるとその期間は給料がもらえません。

保険でまかなうという手もありますが、今までの給料よりも下がってしまうため、あまりおすすめしません。

 

貯金がみるみる減っていくのは、恐怖そのもの。。

極力、無職の期間がないようにしましょう。

 

理由②社会保険が途切れない

無職の期間がなく働き続けていれば、社会保険の加入が途切れることなく加入し続けられます。

会社員は、厚生年金や健康保険、住民税や所得税を会社が払ってくれています。

特に、一日でも無職の期間があると、その期間は国民年金に加入しなければならないため、手続きや支払いの手間を考えると面倒。。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも国民年金の手続きをしたことがありますが、長い期間入るわけでもないのに手続きしなきゃいけなかったので、とても面倒でした・・・

また、健康保険も無職の期間があると、手続きが発生します。

 

社会保険関連は加入必須のものであるため、無職の期間がなく働き続ける形の方が、手間を省けるので断然おすすめです。

 

理由③転職の評価も高くなる

無職の期間がなく、働き続けている中で転職を決めると、転職の評価も高くなります。

「働く意欲がありそうだし、うちで頑張ってくれそうだ」

と思ってもらいやすいので、無職の期間があるよりかは評価も高くなりやすいです。

 

逆に無職の期間の長さにもよりますが、あまりにも無職の期間が長いと、転職先の会社から良く思われないことも。

「働く意欲が低下しているのではないか?」

「何か問題がある人なのではないか?」

と思われてしまう可能性があるためです。

 

もちろん、人それぞれ事情がありますし、企業側も理解してくれる人もいますが、全員がそうではないので、できる限り在職中に転職を決めた方がいいです。

 

スポンサーリンク

転職活動を在職中に行う時の4つのポイント

ここがポイント

さきほど、転職活動では無職の期間をない方がいい理由を説明しました。

そのため、在職中に転職活動をする方がいいということです。

当然、在職中の転職活動は、無職の時に比べて時間に限りがあるので、時間を有効活用するためのポイントがいくつかあります。

 

在職中に転職活動を行う時のポイントは以下の4つ。

  1. 営業マンは外出をうまく使う
  2. 一次面接は19時で設定する
  3. 有給休暇を効率良く使う
  4. 転職エージェントを有効活用する

 

在職中に面接に行くタイミングや時間の調整法については、以下の記事で詳しく解説しているので、こちらも合わせてご覧ください。

在職中の転職活動の詳細記事はこちら

在職中に面接行くタイミングについて 僕がやっていた時間の調整方法
在職中に面接行くタイミングについて。僕がやっていた時間の調整方法転職は在職中にした方がいいとよく言われるので、働きながら転職活動をする人は多いですが、面接に行くタイミングについて、とても苦労します。 本記事では、在職中は面接にいつ行けばいいのか、ぼくの体験から調整方法をお伝えします。...

 

ポイント①営業マンは外出をうまく使う

在職中に転職を行う時の1つ目のポイントは、営業マンやプリセールスの人など普段から外出が多い人であれば、外出をうまく使うことです。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
つまり、外出中に面接に行ってしまうということです(笑)

 

営業マンとして外出が多いぼくの場合、面接時間を組みやすかったのは以下の時間でした。

  • 午前中・・・11時
  • 午後・・・13時~15時
  • 夕方以降・・・19時

※面接は基本的に平日に行く必要があるので、上記時間は平日です。

午前中と午後一番は、何かと理由をつけて外出しやすかったです。

19時は、業務時間後になるので、定時ダッシュをすることで面接に行くことができました。

 

ポイント②一次面接は19時で設定する

在職中に転職を行う時の2つ目のポイントは、一次面接は19時で設定することです。

上記内容と被りますが、業務時間中に外出が難しい場合もあるので、その時は業務時間後の19時に面接時間を設定することで、時間を作りだせます。

企業側も20時は遅くても、19時であれば受け入れてくれる確率が高かったです。

面接官も、日中は忙しいので遅い時間がいいという人も多いです。

 

あくまで、19時の面接は一次面接限定です。

2次面接(最終面接)は社長や役員クラスが出てくることが多いので、日中の業務時間内でないと、どの企業も面接日程が組めません。

そのため2次面接(最終面接)は、有給休暇(半日休暇)を取って受けに行くことが多くなると思います。

 

ポイント③有給休暇を効率良く使う

在職中に転職を行う時の3つ目のポイントは、有給休暇を効率良く使うことです。

つまり、有給休暇を面接日にうまくあてることで、転職活動の時間をうまく作り出すこと。

具体的には、有給休暇を半日休暇にして細切れにして取ることで、面接時間を確保するのがおすすめです。

 

ぼくは、転職活動を始めた時に3日しか有給休暇が残っていない時もあったので、半日休暇にして、

有給休暇3日 = 0.5日 × 6日

にして、時間を確保したこともあります。

 

どの企業も半日休暇であれば、0.5日計算のはず。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
特に半日休暇は、日中でしか時間が合わない最終面接の時によく使いました。

 

ポイント④転職エージェントを有効活用する

在職中に転職を行う時の4つ目のポイントは、転職エージェントを有効活用することです。

在職中は、仕事をしながら転職活動を行うため、時間との戦いになります。

特に、企業探しや面接日程のメールのやり取りなど、自分の代わりにやってくれる人がいると、かなり楽になります。

 

自分の代わりに転職活動を手伝ってくれる人を味方につけることが、転職活動を成功させるための大きなポイントでもあるため、転職エージェントは必ず使いましょう。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
転職エージェント経由で書類を出すと、転職エージェントの推薦があるため、自分で申し込むよりも通過率が上がるメリットもあります。

 

転職エージェントは世の中にたくさんありますが、応募企業の漏れをなくすためにも転職エージェントの複数登録は基本。

ぼくが3回の転職で使ってみて、本当に良かったおすすめの転職エージェントを、以下の記事で紹介しているので、こちらも合わせてご覧ください。

まだ転職エージェントの登録をしていない人や、一つしか登録していない人などは、必見です!

 

本当に良かったおすすめの転職エージェントの詳細記事はこちら

僕が3回の転職で使ってみて本当に良かった転職エージェントのおすすめはこの2つ!
僕が3回の転職で使ってみて本当に良かった転職エージェントのおすすめはこの2つ!【2019年7月12日更新】転職エージェントを選ぶ時、3回の転職で実際に利用した経験から、使って本当に良かったおすすめ転職エージェント2つを紹介しています。業界が変わるような転職もできた体験から、自信をもっておすすめできます。 ぜひご覧ください。...

 

スポンサーリンク

転職で無職の期間をなくす時の注意点

注意点

転職では無職の期間がない方がいい理由や、在職中に転職を行うポイントについて紹介してきましたが、転職で無職の期間をなくす時の注意点もあるので合わせて紹介しておきます。

 

転職で無職の期間をなくす時の注意点は以下の2つ。

  1. 転職が決まるのが遅いと引継ぎなどでドタバタしてしまう
  2. 休める時間が少なくなってしまう

 

無職の期間をなくすためにも仕方がないことにはなりますが、辞める前には業務の引継ぎが必須のため、転職が決まるのが遅いと、引継ぎなどでドタバタしてしまうことも。

また、引継ぎに時間がかかると、有給休暇を取ることができなくなってしまうこともあるので、次の職場に行くまでにゆっくり休めずに働くことにもなります。

 

たまには1か月くらいゆっくり休んで充電してから働きたいという人は、無職の期間がないと、次の仕事先までの間は有給休暇期間分のみの休みになるので、その点は注意しておきましょう。

 

もっとも、ぼく自身は、あまりにも休みの期間が長いと、転職先で働く時に仕事の勘が鈍ってしまった経験があるので、1か月弱くらいのほどほどの休みがあればいいと思っています。

 

スポンサーリンク

転職は無職の期間がない方がいい3つの理由まとめ

お話してきたことをまとめます。

転職活動は大変ではありますが、それでも無職の期間はない方がいいです。

転職で無職の期間がない方がいい理由は以下の3つ。

  1. 給料がもらえない時期がない
  2. 社会保険が途切れない
  3. 転職の評価も高くなる

 

そのため、在職中に転職するのがおすすめ。

在職中に転職する時のポイントは、以下の4つ。

  1. 営業マンは外出をうまく使う
  2. 一次面接は19時で設定する
  3. 有給休暇を効率良く使う
  4. 転職エージェントを有効活用する

 

もちろん、転職で無職の期間がない時は、仕方のないことではあるが以下の2つの注意点もある。

  1. 転職が決まるのが遅いと引継ぎなどでドタバタしてしまう
  2. 休める時間が少なくなってしまう

 

在職中の転職活動は大変ではありますが、本記事を参考にしながら良い転職にしてもらえればと思います。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~