転職の悩み

違う業界に転職しても大丈夫!実際の体験から得たメリット5つ

違う業界に転職しても大丈夫!実際の体験から得たメリット5つ

転職する時に、「今まで勤めていた業界で探さないと!」と縛られていませんか?

確かに、今まで磨いてきたスキルや身につけてきた知識を活かしやすいという点から、今まで勤めてきた業界で探す方は多いと思います。

たとえば、

  • 今まで製造業で勤めてきたら製造業に
  • 情報通信業で勤めてきたら情報通信業に
  • 不動産業で勤めてきたら不動産業に

というように。

 

しかし、転職を考えた背景が、

転職希望者1
転職希望者1
ブラックな環境から抜け出したい!
転職希望者2
転職希望者2
もっと給料が高い会社に行きたい
転職希望者3
転職希望者3
きちんと休める会社に行きたい

といった形であれば、業界を変えるのも一つの手です。

 

ポチのすけは今まで2回転職していますが、どちらも業界が変わっており、その体験から今の会社に不満があるのなら、思い切って今までと違う業界に行くのはメリットが大きいと感じています。

また、誰もが最初は未経験ですので、行動することが大事です。

それでは、業界を変えると仕事はどう変わるのか、メリット・デメリットも合わせて見ていきましょう。

 

業界が変わると何が変わるのか

 

業界が変わると考えかたから仕事のやり方まで、大きく変わることがあります。

もちろん、会社単位でも変わってくるため、一概には言えませんが、いくつか例を上げます。

 

  • 営業手法(個人プレイで進めるのか、チームプレイで進めるのか)
  • 顧客管理の方法
  • 移動手段(車か電車のみか)
  • クロージングの進め方(とりあえずお試しで買ってくださいと強引にでも契約するか、検証してもらってきちんとOKもらってから契約するか)
  • 昼食の考え方(社員に権限が与えられていて自由なのか、12:00~13:00のように決められた時間に昼休憩があるか)

 

業界ごとにビジネススタイルが異なるため、良くも悪くも大きく変わります。

業界が変わっても、職種が変わらない場合(例:営業職を経験していて、転職後も営業職を希望)、今までの経験を応用しながら対応しましょう。

 

業界が変わって職種も変わる場合(例:事務職を経験していて、転職後は人事職を希望)、自分が持っているスキルを活かせることをアピールして、仕事をしましょう。

 

スポンサーリンク

違う業界に転職するメリット

 

ポチのすけ自身、リフォーム → 店舗向けサービス → IT と転職ごとに業界が変わっており、その体験から得たメリット5つをお伝えします。

 

業界変えるメリット
  • 業界(勤めていた会社)がブラックだった場合、その環境から抜け出せる
  • 休日の取り方や社風が違うため、良い会社に行ければ働き方がガラッと変わる
  • 新たな知識が身につく
  • さまざまな業務手法(営業方法など)が学べる
  • 業界と元の給料次第だが、給料アップも可能

 

転職で業界を変えるメリットで特に大きいのは、会社もしくは業界自体がブラック化していた場合、環境を変えられることです。

また、元の給料が360万円などのように低い場合、伸びている業界や給料相場が高い業界に転職できれば、給料アップも可能です。

ポチのすけは店舗向けサービスの会社にいた頃は、東京勤めなのに360万円くらいの低賃金でしたが、業界を変えてIT業界に入り、年収440万前後までアップしました。

 

特にブラック企業で苦しんでいるあなたこそ、業界を変えることによるメリットが大きいため、より良い環境で働くことができるよう第一歩を踏み出しましょう。

 

自らの考え方とマッチする業界であれば、最初は知識的な部分で苦労しても、慣れてくると活躍できます。

「新しいことをお金をもらって学べる」と考えれば前向きに取り組めるはずです。

 

スポンサーリンク

違う業界に転職するデメリット

 

もちろん、業界を変えるのはメリットばかりではありません。

デメリットにも目を向けて判断しましょう。

 

違う業界に転職するデメリット
  • 現在の会社から、ある程度の給料をもらっている場合、転職すると給料が減る場合がある
  • 業界自体がブラックの場合、会社選びどうこうではなくなる
  • ブラックな業界に入ってしまうと、もう一度転職する必要がある
  • 新しく覚えることが多い。ほぼ1から勉強しなければならないことも
  • 今までの自分のやり方が通用せず、その業界のやり方に合わせるケースもあり

 

ポチのすけは給料が上がっていますが、あなたが今の職場からある程度多く給料をもらっている場合(600万円~800万円など)、転職で業界を変えることで、給料が減る可能性はあります。

多くの方が一番気にする部分だと思います。

給料に関しては、まずは転職エージェントに相談し、業界の給料相場を教えてもらいましょう。仮に給料が減る場合、納得できる見返りを得るようにしましょう。

 

また、転職で業界が変わると、もちろん新しく勉強することも多くなりますし、仕事のやり方もガラッと変わる可能性もあります。

こちらはデメリットと考える方が多いかもしれませんが、ここは発想を変えると良いです。

ポチのすけは、転職で業界を変えると自分のスキルを磨けて、自分の武器をふやすことができると考えたので、デメリットとは感じませんでした。

また、未経験の業種への不安を感じつつも、

 

ポチのすけ
ポチのすけ
誰もが最初は未経験だから学べば何とかなる
ポチのすけ
ポチのすけ
経験者というのはその業界で学んだから経験者というだけである

と思っていましたし、入社してみると実際にそうでした。

現状、業界未経験なら、謙虚に学んでいくことで誰もが経験者になれますので、安心してください。

 

転職で業界を変えるデメリットはゼロにはならないので、発想を変えたり、見方を変えることでプラスにとらえられると、入社後も成長しやすいですし、ストレスも感じにくくなります。

 

スポンサーリンク

違う業界に転職する方法

 

違う業界に転職するには、特別なコネがないのであれば、転職エージェントを利用しましょう。

ポチのすけも転職エージェントを活用して、違う業界に転職しました。

転職エージェントを利用すると、次のようなメリットがあります。

 

転職エージェントのメリット
  • 求人票をたくさん持っているので、そもそもどんな業界があるのか教えてもらえる
  • 求人票を見ることで、自分がどんな業界に興味があるのか発見できる
  • 業界の特徴をわかりやすく教えてくれる
  • 違う業界であっても、面接対策を丁寧に行ってくれる

 

転職エージェントは、転職を望む人を望む会社に転職させるのが仕事ですので、あなたの味方です。

ポチのすけがオススメする、『doda』『type転職エージェント』なら、適当に転職させることもないですし、とても良心的なので是非一度会って話をしてみましょう。

例えばポチのすけのようにIT業界未経験であっても、転職エージェントに相談しながら思い切ってアプローチすることで、入社できますので、「これだ!」という企業があったら行動するのがオススメです。

 

dodaとtype転職エージェントがおすすめな理由については、以下の記事で紹介しています。

 

一人で悩む必要はありません。

今の会社の不満があれば、本音で話すことで、どうすればいいのか的確にアドバイスをくれます。

あなたが悩んでいるのであれば、dodaもtype転職エージェントの登録も無料で行えますし、まずは情報収集も兼ねて、転職エージェントに登録して話を聞きましょう。

 

dodaの登録はこちらから

type転職エージェントの登録はこちらから

 

自分の考えとあまりにもかけ離れていたら、一度踏みとどまっても良いのですから。

 

業界が変わったらここを意識しよう

 

違う業界に移ったら、あなたの強みを活かしながら新しい知識やスキルを身につけていくことで活躍できます。

 

  • 業界問わずですが、組織の一員となりますので、会社に溶け込むよう周りの人とコミュニケーションを取りましょう。年下相手でも謙虚に学ぼうとしていれば助けてくれます。
  • 知識を早めに身につけましょう。ポチのすけは未経験でIT企業に移ったため、入社してから早めにITパスポートを取得しました。
  • 会社の商材を早めに覚えましょう。
  • 今まで磨いてきたあなたの強みを活かしましょう。『丁寧な対応ができる』『粘り強く交渉できる』『応用力がある』など。特にポータブルスキルと言われる交渉力やコミュニケーション能力は業界や会社が変わっても役に立ちます。

 

「俺は今までこうやってきたんだ」というのは、業界のやり方をよく観察して、特徴をつかんでからでも遅くありません。

大切なことは、今まで経験してきたことがあっても、謙虚であること。

そして新しい業界や会社の知識、仕事を覚えること。

その中であなたが今まで身につけてきたスキルを活かすことです。

未経験の業界であっても、これらは努力することで身につけられるので、怖がる必要はないです。

 

ITパスポートは、IT関連の初級レベルにあたる国家資格。薄く広く出題されるため、初心者がある程度のIT知識を得るにはもってこいの資格。

 

まとめ

 

お話ししてきたことをまとめます。

  • 転職で業界を変えるのを不安がる人も多いが、メリットも多いので、現状の会社に不満があるのなら有効な選択肢。
  • 誰もが最初は未経験なので、これから学べばいいだけ
  • 業界が変わって、職種が同じまたは変わっても、今まで身につけたスキルを活かせば良い。
  • 業界を変えることでブラックな業界から脱出できたり、新しい知識を身につけるチャンスを得られる。
  • 違う業界に転職するには、基本的には転職エージェントを利用すること。
  • 違う業界に転職したら、謙虚に新しいことを学びつつ、今までの自分のスキルを活かしていきましょう。

 

転職で業界を変えるのはリスクも伴いますが、キャリアアップやより良い環境を手にするチャンスでもあります。

特に職種が「営業」などで同じであれば、新しいスキルを身につけるチャンスですので、前向きに仕事に取り組みましょう。

職種が「営業」から「人事」など変わる場合であっても、現在身につけている交渉力であったり、コミュニケーション能力などのスキルを活かしながら、新しいスキルを身につけることで、できる仕事の幅が広がります。

 

最初は誰でも未経験です。今の環境を変えたい場合、積極的にチャレンジしましょう!