転職のきっかけ

都内で30歳年収300万台だと低い!今すぐやるべき5つのこと

都内で30歳年収300万台だと低い! 今すぐやるべき5つのこと
都内勤務サラリーマン
都内勤務サラリーマン
もう30歳になるのに、まだ年収が300万円台。。。都内勤務だからもう少し高くてもいいんじゃないだろうか?
都内勤務サラリーマン
都内勤務サラリーマン
営業職としてそこまで凄い成果を出しているわけではないけど、今の年収って妥当なんだろうか?
ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも都内勤務で営業職ですが、30歳の時点で年収が370万くらいでした。生活が楽ではなく、とても悩んでいました。

 

地方よりも年収が高いといわれる都内勤務でも、年収が低いことはあります。

しかもポチのすけの場合、年収が上がりやすいといわれる営業職で、30歳の時点で370万くらいでした・・・

仕事自体はやりがいがありましたが、生活が楽ではなかったため、最終的には転職して年収アップを実現しました。

 

ただ、やみくもに転職するのではなく、現状を把握したうえでの決断でした。

本記事では、都内勤務で営業職、30歳で年収が370万くらいだったポチのすけがやっていた5つのことについて紹介します。

それではご覧ください。

 

年収が低い時、今すぐやるべきこと①: 都内の年収相場を把握する

 

まずやったことは、都内勤務の年収相場を把握することでした。

都内の平均年収と、年齢別の平均年収を様々な情報から把握しました。

 

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」や平均年収のまとめサイトをいくつか確認して、おおよその年収相場を把握することで、自分の置かれた状況との照らし合わせのためにやりました。

 

その結果、

都内の平均年収は、なんと612万円でした。

 

一部の高年収の方たちが押し上げているとはいえ、調べた結果が、自分の年収の倍近い金額だったのには驚きました。

 

都内の年齢別の年収も見てみたところ、以下の結果でした。

  • 都内の20代平均年収・・・379万円
  • 全国の20代平均年収・・・346万円

 

  • 都内の30代平均年収・・・554万円
  • 全国の30代平均年収・・・491万円

 

あくまで平均値ですし、参考程度ではありましたが、30歳の自分が低年収だということを把握するのには十分なデータでした。

 

30歳は29歳と一つしか変わらないので、30歳で年収370万だと、都内の20代平均年収と同じくらいかと思いがちですが、

都内の20代平均年収は、給料が低い新卒や2年目の人たちも入れている金額のため、都内の20代後半平均年収と、30代前半平均年収を見てみると、以下の結果でした。

  • 都内の20代後半の平均年収・・・431万円

 

  • 都内の30代前半の平均年収・・・508万円

 

様々なサイトからデータ収集した結果、自分の年収が低いという認識は間違っておらず、今後目指していくべき年収の一つの指標になりました。

ご覧になっている方も、現在の年収と比べてみて、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

年収が低い時、今すぐやるべきこと②:会社の年収相場を把握する

 

都内の年収相場を把握したら、自分の会社の年収相場を把握しました。

これは対外的に公表している年収相場と、口コミサイトから年収相場を把握しました。

 

対外的に公表している年収相場を知ることで、その会社の年収が高めなのか、低めなのか、普通なのかをある程度把握できます。

ポチのすけの場合、500万くらいでしたね。

 

あとは口コミサイトですが、ポチのすけの場合、以下のサイトを利用しました。

自分の会社はどのくらいの年収相場なのかを一度見てみると、会社の平均年収と比べて、自分の現在地を把握できます。

 

スポンサーリンク

年収が低い時、今すぐやるべきこと③:会社の評価体制を把握する

 

会社の年収相場を把握したら、その次は会社の評価体制を把握しました。

 

会社の年収相場より低い場合、どうすれば年収が上がるのかを知るということです。

 

ポチのすけの会社の場合、周りの人に色々聞いてみたところ、まずは主任などの役職がつかないと、ほとんど上がっていかないという事実がわかりました。

自分の上司である支店長や、ほかの支店長にも聞いていて、社内では共通の認識だったからです。

 

では、役職がつくためには、どうすればよいのか色々調べたところ、

  1. 圧倒的な実績をたたき出す
  2. 上司の仕事を代行できるスキルを身につける
  3. 直属の上司と、その上の部長に気に入られる

ということが必要でした。

 

会社の評価シートはあったものの、どちらかというと厳しく評価することで、そう簡単には年収を上げられないようにしているシステムだと知って、「うわ・・・」となりました。

 

役職がつくための方法が自分にできるかどうか、役職がついた場合の年収もよく検討した結果、ポチのすけの場合、転職した方がいいのではないか?と考え始めました。

 

ご覧になっている方も、会社の評価体制を把握して、どのようにすれば年収が上がっていくのかを把握してみてください。

 

スポンサーリンク

年収が低い時、今すぐやるべきこと④:周りの同僚・先輩の年収を把握する

 

会社の評価体制を把握したら、周りの同僚・先輩の年収を把握しました。

 

周りの同僚や先輩とは、年収については何回か話しており、

「年収低いよね~」と共通の話題となるくらい、周りの同僚や先輩もあまりポチのすけと年収は変わりませんでした。

能力的にもよく知っている方たちがどのくらいの年収なのかがわかると、自分の今後の年収の伸び率もある程度わかるようになります。

 

ポチのすけの場合、残念ながら今の会社では、今後も大して年収は伸びないということがわかりました。

 

年収が低い時、今すぐやるべきこと⑤:会社にとどまるべきかどうか判断する

 

現状を把握したら、その上で会社に残って頑張るのか、転職して年収アップを狙うのかを判断することになります。

 

判断のために考えるべきポイントは、

  • そもそも自分が年収をいくらくらい欲しいのか
  • ゆくゆくどのくらいの年収を目指すのか

になります。

 

そもそも自分が年収をいくらくらい欲しいのか

 

ポチのすけの場合、ボーナス込みでまずは420万くらいの年収がほしいと思いました。

 

ボーナスを月給1か月分で年2回払いとしたとき、

 

自分の年齢(30歳) × 10,000円 = 月収30万円

月収30万円 × 14か月分 = 420万円

 

という計算です。

 

本当は高ければ高いほどいいのですが(笑)、ミイダスなどを使って、自分の市場価値を把握したところ、自分の能力からみてこのくらいかなと思いました。

 

ミイダスは、転職サービスとして有名ではありますが、ポチのすけの場合、自分が現在どのくらいの年収レベルなのかを把握するのに利用していました。

結果、とても役立ちました。

 

ミイダスで自分の年収レベルを把握しておくと、転職で面接の際、希望年収の理由を聞かれた時の正当な回答にもなります。

 

登録は無料ですし、自分の年収レベルを把握するためにも、一度試してみてください。

 

ミイダスの登録はこちらから

 

ゆくゆくどのくらいの年収を目指すのか

 

ポチのすけの場合、ゆくゆくは年収700万を目指したいと考えています。

ボーナスを月給1か月分で年2回払いとしたとき、

 

月収50万円 × 14か月分 = 700万円

 

という計算です。

 

アメリカの有名大学の教授が、研究結果として、年収が上がっても特に幸福だと感じなくなる分岐点だと言っていたのが700万円くらいだった。というのも理由の一つです。

700万円あれば、ひとまずお金がなくて苦しくなることはなさそうだと考えています。

 

転職する場合

 

ポチのすけは30歳の時、

  • 現状を把握して
  • 自分の求める現在の年収を把握して
  • ゆくゆくほしい年収を把握して

色々と検討した結果、転職することに決めました。

 

結婚したばかりでしたが、年収の低さからくる将来への不安が大きすぎたためです。

自分のスキルが足りない部分があるということは理解しつつも、どうしても、求めている年収に届く展望が見えませんでした。

 

年収アップを求めて転職するときは、転職エージェントをうまく活用すると、交渉もやってくれます。

 

おすすめは、dodatype転職エージェントです。

実際に利用して、とても良いエージェントサービスでしたので、文句なしでおすすめできます!

 

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

 

会社にとどまる場合

 

ポチのすけのケースと違い、会社で頑張った方が年収が上がる可能性が高いのであれば、無理に転職することはありません。

どうしたら年収を上げられるのか、を常に頭に入れて行動することで、年収が上がっていくはずです。

ただし、30歳から数年が過ぎて35歳を超えると、「いざ転職をしたい!」と思っても、転職する時のハードルが上がりますので、万が一の時のためにも実績を作っておくのと、実績を出すことができた理由を説明できると良いと思います。

 

まとめ

 

お話してきたことをまとめます。

都内勤務で30歳の時点で、300万台の年収で悩んでいる方がするべきことは以下の5つです。

  1. 都内の年収相場を把握する
  2. 会社の年収相場を把握する
  3. 会社の評価体制を把握する
  4. 周りの同僚・先輩の年収を把握する
  5. 会社にとどまるべきかどうか判断する

 

特にポチのすけ同様、年収が上がりやすいはずの営業職で年収300万台の方は、早めに情報収集と行動に移した方が良いです。

 

転職を検討する場合、転職エージェントについては以下の記事で紹介しています。