仕事の悩み

営業成績をグラフで出すのはパワハラではないがプレッシャー。どう振る舞えばいいのか解説します

営業成績をグラフで出すのはパワハラではないがプレッシャー。どう振る舞えばいいのか解説します
営業マン
営業マン
営業成績をグラフにして壁に貼られるのが嫌だ。これってパワハラじゃないの??
ポチのすけ
ポチのすけ
営業成績をグラフにして壁に貼られるのは嫌ですよね。

 

営業マンとして働いているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

3回の転職を経験しており、以前働いていた会社では、営業成績をグラフにして壁に貼られていました。

営業成績をグラフにすると、ぱっと見で営業成績がわかるようになるので、誰にとっても一目瞭然。

営業成績がわかりやすいのはいいですが、成績が悪い時なんかは、貼ってほしくないですよね。

 

本記事では、

営業成績をグラフで出すのはパワハラだと感じた時に、どう振る舞えばいいのか解説します。

 

結論から言うと、営業成績を、グラフで出したり貼ったりするだけではパワハラではありません。

 

ただ、営業成績をグラフで出すのはプレッシャーに感じるものではあるので、どう振る舞えばいいのか、解説していきます。

それでは、ご覧ください。

 

営業成績をグラフで出すのはパワハラではない

違う

営業成績をグラフで出すのはしんどい部分もありますが、実はそれだけではパワハラではないのです。

職場でのパワハラについて、厚生労働省では、以下の6つの例を挙げています。

 

職場でのパワハラに該当するもの

 

  1. 身体的な攻撃(暴行、傷害)
  2. 精神的な攻撃(脅迫、名誉毀損、侮辱、ひどい暴言)
  3. 人間関係からの切り離し(隔離、仲間外し、無視)
  4. 過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
  5. 過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
  6. 個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

 

もちろん、営業成績をグラフで出して、バカにしたり、暴言を吐くことがあれば、それはパワハラです。

ただ、営業成績をグラフで出すだけでは、上記の例に当てはまらないので、パワハラではないのです。

 

スポンサーリンク

営業成績をグラフで出すのはプレッシャーにはなる

プレッシャー

営業成績をグラフで出すのはパワハラではないとしても、プレッシャーにはなります。

 

特に、以下の理由があるためです。

  1. 周りと比べられる
  2. 過去の自分と比べられる
  3. 周りからの視線を感じる

 

比べるというのは、改善するための手段のため、決して悪いことではないのですが、プレッシャーになるものです。

 

理由①周りと比べられる

営業成績をグラフで出すのがプレッシャーになる理由1つ目は、周りと比べられるためです。

 

営業成績をグラフで出すと、周りの先輩や同期と成績を比べることが簡単にできるため、周りからも分かりやすく比較されます。

上司が営業成績として、事実だけを発表した場合でも、どうしても周りと比べられるのでプレッシャーにはなります。

 

理由②過去の自分と比べられる

営業成績をグラフで出すのがプレッシャーになる理由2つ目は、過去の自分と比べられるためです。

営業成績をグラフで出すと、今月だけでなく先月やさらに前の成績とも簡単に比較ができるため、「過去の自分と比べてどうなのか?」というプレッシャーがかかります。

先月よりも成績が悪いと、その事実がプレッシャーにはなります。

 

理由③周りからの視線を感じる

営業成績をグラフで出すのがプレッシャーになる理由3つ目は、周りからの視線を感じるためです。

営業成績をグラフで出すと成績が一目瞭然なので、いつ周りから何か言われるんじゃないかとプレッシャーに感じてしまいます。

また、営業成績と言う事実をもって、自分への見られ方も気になるので、それもプレッシャーになります。

 

スポンサーリンク

営業成績をグラフで出してくる会社にいる時の振る舞い方

分析する

前述してきた通り、営業成績をグラフで出すのはパワハラではないですが、プレッシャーにはなります。

ここでは、営業成績をグラフで出してくる会社にいる時、どう振る舞えばいいかをご紹介します。

振る舞い方は、大きく分けると以下の2パターン。

  1. 今の会社で前向きに捉えて改善
  2. プレッシャーが緩い会社に転職

 

まずは今の会社でプレッシャーを前向きに捉えるクセをつけてみて、それでもプレッシャーがきつい場合は転職するのが心に優しいです。

 

振る舞い方①今の会社で前向きに捉えて改善

まずは今の会社で、営業成績をグラフで出すことを前向きに捉えて改善することが、第1選択肢。

 

  • 給料を上げる
  • 副業で稼ぐ

などお金を稼ぐためには、分析と改善が必須だからです。

 

数字は明確に状態を表すことができる手段。

 

現状の数字を把握して原因を分析

→どうやったらうまくいくのかを仮説を立てて実行

結果を検証する

 

というサイクルを回すことが、お金を稼ぐ上では必須です。

 

分析と改善なくしてお金を稼ぐのは難しく、運任せになってしまうので、論理的に行う必要があります。

 

分析と改善は、営業だけでなくゲームなどの娯楽でも当てはまります。

 

どうやったらゲームで勝てるのかを考えると、

  • こうやったら敵にやられた
  • 逆に、こうやったら敵をやっつけられた

など、分析しながら改善することでクリアできるようにしていくもの。

そこに「1ターン目に呪文を使おう」などのように数字を絡めることで、クリアできる具体性が増します。

 

そのため、今の会社で続けるにしても、転職して新しい会社で頑張るにしても、比較を前向きに捉えて改善するクセをつけておくのがおすすめです。

 

振る舞い方②プレッシャーが緩い会社に転職

営業成績に対して現状分析を行い改善を試みても、それでもプレッシャーがきつい場合は、プレッシャーが緩い会社に転職しましょう。

 

営業成績をグラフで出す会社でプレッシャーがきつい場合、多くは会社の姿勢の問題。

営業成績をグラフに出すだけではなく、営業マンに発破をかけようとします。

例えば、

  • 営業成績を定期的にみんなの前で発表する
  • 営業メンバー全員にメール
  • 自分の先月の営業成績と比較
  • 予算達成までの必要金額伝えて詰める
  • 「同期のあいつ見てみろ!」などと周りと比較

など。

 

営業マン
営業マン
ぼくのいる会社はまさに、そんな感じで詰められるのでプレッシャーがきつい。。プレッシャーが緩い会社に転職してもいいのかな?
ポチのすけ
ポチのすけ
全然大丈夫です。プレッシャーがつらくて仕事にストレスを抱えるようなことがない会社は世の中にたくさんあります。

 

プレッシャーがきつい場合、プレッシャーが緩い会社に転職することで、ストレスを減らして働きましょう。

これは逃げでもなんでもなく、自分が働きやすい環境で働くことこそ、自分の能力を最大限発揮できる手段。

また、一度プレッシャーが強い会社で働いた経験は、ストレス耐性の強さとして今後の仕事にも活きてきます。

 

転職では、転職エージェントをうまく利用することで、プレッシャーが緩い会社を探して転職すること可能。

希望の転職先に行くためには、募集があるのかと、自分の考えに合う会社を見つける必要があり、それを助けてくれるのが転職エージェントだからです。

転職エージェントは、無料で以下のようなサービスを受けられるので、使わない手はありません。

  • 非公開求人含め多くの求人を紹介してくれる
  • 書類や面接対策について親身にアドバイスしてくれる
  • 企業に交渉してくれる

 

また、求人情報は水物。

採用が決まれば募集終了になってしまうので、情報収集を早めに行い、良い会社の求人を見逃さないようにしましょう。

なお、転職エージェントは、2社は登録するようにしましょう。

1社の転職エージェントだけだと、求人の取りこぼしが起きる可能性が高く、機会損失になるからです。

 

おすすめの転職エージェントは、多くの求人をカバーしているdodaと、隠れた優良企業が見つかるtype転職エージェントです。

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも、dodaとtype転職エージェントを使って転職に成功!

上記2つは、求人探しをする時の求人の質が相互補完の関係にあるので、両方を使うことで、より転職を進めやすくなります。

もちろん、全部無料で登録・利用できます!

 

doda

 

dodaは、業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • dodaだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 全国の求人に対応
  • 転職エージェントが書類作成から面接対策まで親身にアドバイスしてくれる
  • スケジュール調整や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる

 

dodaは、転職エージェントに迷ったらdoda!というぐらい安定の転職エージェント。

デメリットは、迷惑メールかと思うくらい求人メールが届くことと、求人紹介の幅が広いので自分に合わない求人が含まれていることです。

ただ、「多くの求人情報を漏れなく紹介してくれる」と発想を変えることで、そこまで気にすることなく転職活動に取り組めます。

状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

 

 

type転職エージェント

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていない、隠れた優良企業を多く持っている転職エージェント。

特長は以下の通りです。

  • type転職エージェントだけがもっている優良求人・非公開求人が多い
  • 特にIT・Web系の会社に強い
  • 東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に対応
  • 求人情報のほとんどに求人企業の競合情報まで載せてくれている
  • 転職エージェントが、企業ごとに面接の重要ポイントを親身にアドバイスしてくれる
  • 年収交渉や企業への後押しなど、企業に交渉してくれる

 

type転職エージェントは、大手転職エージェントが持っていないような隠れた優良企業を持っているので、dodaと合わせて利用すると効果は抜群!

デメリットは、東京圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)特化のため、それ以外の地域で転職を検討している場合は極端に求人が少ないことと、dodaなどの大手と比べると求人が少ないことです。

ただ、dodaなどの大手転職エージェントで拾えない非公開独占求人を拾えるエージェントですので、東京圏の方はdodaと合わせて利用すると弱点をカバーして転職可能。

求人状況は刻一刻と変わるので、気づいたら募集終了とならないよう、早めに登録しておきましょう。

 

 

dodaとtype転職エージェントがおすすめの理由は、以下の記事でも詳しく解説しています。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介
環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介今の仕事から環境を変えたい!場合、転職は有効な手段です。 本記事では、転職で環境を変えるのが有効な理由と、転職の不安を解消する方法、ぼくの3回の転職経験で使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントについて、具体的なエピソードを交えて紹介しています。 ぜひご覧ください。...

 

スポンサーリンク

営業成績をグラフで出すのはパワハラではないまとめ

お話してきたことをまとめます。

営業成績をグラフで出すのはプレッシャーに感じるものの、それだけではパワハラにはなりません。

 

とはいえ、以下のような理由でプレッシャーに感じることは多いです。

  1. 周りと比べられる
  2. 過去の自分と比べられる
  3. 周りからの視線を感じる

 

そのため、営業成績をグラフで出してくる会社にいる時、以下の形で振舞いましょう。

  1. 今の会社で前向きに捉えて改善
  2. プレッシャーが緩い会社に転職

 

営業成績をグラフで出す会社でプレッシャーがきついと、ストレスを感じてしまい、仕事がつらくなってしまうもの。

メンタルがやられてしまう前に、早めに情報収集をして行動するだけでも違ってきます。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

dodaの無料登録はこちらから

 

type転職エージェントの無料登録はこちらから

 

また、dodaとtype転職エージェントについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介
環境を変えたい時に転職は有効!3回仕事を変えた僕の体験からおすすめの理由・方法・転職エージェントを紹介今の仕事から環境を変えたい!場合、転職は有効な手段です。 本記事では、転職で環境を変えるのが有効な理由と、転職の不安を解消する方法、ぼくの3回の転職経験で使ってみて本当に良かったおすすめの転職エージェントについて、具体的なエピソードを交えて紹介しています。 ぜひご覧ください。...