これからの働き方

働く意味を自分の中でしっかり持つとストレスが減って主体的に動ける

働く意味を自分の中でしっかり持つとストレスが減って主体的に動ける
社会人
社会人
働く意味って何だろう。。。毎日ストレスでしんどいことしかない・・・
社会人
社会人
この前の研修でも働く意味って聞かれたけど、生活のためとしか答えられなかったんだよね~
ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも少し前まで働く意味と聞かれても、生活費を稼ぐためであったり、達成感を味わうため、くらいにしか考えておらず、ストレスが溜まることが多かったです。

 

働く意味は、人それぞれの考えがあると思います。

 

ポチのすけは、自分で色々調べたり、考えたり、行動してみることで、自分なりに働く意味を見出しました。

先に結論からお伝えすると、ポチのすけが考える働く意味は以下の6つでした。

  1. お金を稼ぐため
  2. 自分のスキルを上げるため
  3. 働いている業界の一次情報を得るため
  4. 職場というグループに属するため
  5. いろんな人と出会うため
  6. 社会を良くするため

 

本記事では、ポチのすけが持っている働く意味6つについてご紹介します。

働く意味を自分の中にしっかり持つことで、ストレスが減って、主体的に動けるようになります。

それでは、ご覧ください。

 

働く意味は6つ

働く意味

 

冒頭でもお伝えしたので繰り返しになりますが、働く意味は人それぞれです。

その中で、ポチのすけが考える働く意味は、以下の6つです。

 

  1. お金を稼ぐため
  2. 自分のスキルを上げるため
  3. 働いている業界の一次情報を得るため
  4. 職場というグループに属するため
  5. いろんな人と出会うため
  6. 社会を良くするため

 

特に最初の3つについては、かなり意識しています。

 

働く意味①お金を稼ぐため

 

働く意味で一番のウエイトを占めるのは、お金を稼ぐためというものでしょう。

 

世の中、金です。

お金に替えられないものも確かに存在しますが、たいていのことはお金があれば解決できます。

 

  • 生活が苦しい
  • リア充の生活
  • ほしいものを手に入れられる

などは、お金で解決できますよね。

その他、プライベートなことなども、多くはお金があれば解決できます。

 

生活するため働いているというのは、全くもって間違いではないということです。

お金はあればあるだけ良いので、副業なども駆使して、生活費以上のお金を稼げればさらに良いですね。

 

働く意味②自分のスキルを上げるため

 

自分自身のスキルアップも、働く意味の中でとても重要です。

 

今の世の中は、終身雇用はとっくに崩れており、いつどうなるか先行きはわかりません。

よく、「大企業にいるから」「絶対につぶれない会社だから」安心だという方がいますが、会社の安定と自分の安定は別で考えた方が良いです。

 

最近では、富士通が45歳以上の大規模なリストラで話題になりました。

大手企業で働いていても、職を失うことは現実にあるわけです。

 

世の中の変化が早い時代に、自分の身を守れるのは自分のスキルです。

スキルがあれば、会社がつぶれようがどうでもよくて、会社がつぶれたらつぶれたで転職してしまえばよいからです。

そのため、働くことで、自分のスキルを上げることが大切です。

スキルを上げるのに年齢は関係なく、足りないスキルがあれば、何歳からでも学ぶことが大切です。

ポチのすけも、足りない知識は一生懸命調べてインプットしたあと、文章としてまとめることでアウトプットして理解しようと努めています。

ほかにも、仕事で色んなやり方を試してみて、検証して、改善することで、より良い結果が出るように努力しています。

 

働く意味③働いている業界の一次情報を得るため

 

働く意味として、働いている業界の一次情報を得られるのも大きいと思っています。

 

今はネットで出てくる情報がとても多いですが、それでもネットに出てこない情報はあります。

それは、一次情報と呼ばれる、おおもとの情報です。

 

働いているからこそ、ネットからは取れない正確な情報を得られるので、業界の今後の流れや、世の中の今後の流れをいち早くつかんで行動することができます。

具体的には、業界の流れなどがつかめると、転職する時のリアルな情報として活かせます。

潤っている業界へ転職を決断したり、今いる業界から脱出する時の貴重な情報源になります。

 

機密情報を漏らすことや、インサイダーに引っかかることをするのは、もちろんNGです。

 

働く意味④職場というグループに属するため

 

働くとなると、基本的には組織に属して働くため、職場というグループに属することになります。

社会人になると、新しいグループに属する機会が減るため、所属グループがあるというのは、大切なことの一つです。

全員と仲良くするのは難しいこともあると思いますので、気の合う人を1人でも見つけると、仕事以外での付き合いができたりします。

 

働く意味⑤いろんな人と出会うため

 

働いていると、いろんな人に出会えます。

社会人になる前は、家族以外で言うと、学校やバイト先やクラブ活動が中心になりますが、

社会人になると、会社の人だけでなく、取引先と仕事でやり取りするため、多くの人に出会います。

世のなかには色んな人がいるということを学べるので、人への接し方という経験が身につきます。

 

働く意味⑥社会を良くするため

 

多くの方が、「事業を通して社会を良くする」という意味合いの会社理念などを見たことがあると思います。

社会を良くするために働くというのは、素晴らしいことであり、最終的なゴール地点だと思っています。

 

ただ、ポチのすけの場合、社会を良くするために働くというのは、どちらかというと最後にくる理由であり、もっとも自分を奮い立たせる感情ではありませんでした。

最終的には、社会を良くするために働くと言い切りたいところですが、まだそこまで至っていないからかもしれません。

 

スポンサーリンク

働く意味を自分の中に持っておくメリット

メリット

 

働く意味について、自分の中でしっかりとした軸を持っておくことは重要です。

考え方の軸があると、様々な出来事があってもぶれないのと、働く意味を達成するために組織(主に会社)を利用できるからです。

 

働く意味を自分の中に持っておくメリットを具体的に言うと、以下の2点です。

  1. ストレスが減る
  2. 主体的に動ける

 

メリット①ストレスが減る

 

働く意味を自分の中にきちんと持っておく一つ目のメリットは、圧倒的にストレスが減ることです。

働く意味という、ぶれない軸が強ければ強いほど、それ以外のことがどうでもよくなるからです。

 

  • 部長がいちいちうるさい
  • 課長の愚痴が多い
  • 社長のスピーチが長くて面倒

など、多くの方が反応していることについて、どうでもよくなってきます。

 

ポチのすけの場合、

  • お金を稼ぐ
  • スキルアップする
  • 一次情報を取得する

などに重きを置いています。

 

いちいちうるさい人間がいても、自分が働く意味として持っている考え方に利用することを考えるため、悩むことはありません。

 

メリット②主体的に動ける

 

働く意味を自分の中にきちんと持っておく二つ目のメリットは、主体的に動けることです。

働く意味を達成するために組織(主に会社)を利用しようとするためです。

 

たとえば、スキルアップするためと考えれば、会社の商材を深く勉強することや、競合他社について調べてみることは楽しくなってきます。

 

また、一次情報を取得するために、社内外の人にヒアリングしてみる、といった感じです。

 

「働く意味を達成するために会社を利用する」と考えると、主体的に動けば動くほど得するため、主体的に動けるようになります。

結果、成果が出やすく給料にも反映されやすいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

お話してきたことをまとめます。

働く意味は、人それぞれですが、ポチのすけが考える働く意味は、以下の6つです。

 

  1. お金を稼ぐため
  2. 自分のスキルを上げるため
  3. 働いている業界の一次情報を得るため
  4. 職場というグループに属するため
  5. いろんな人と出会うため
  6. 社会を良くするため

 

働く意味を自分の中にしっかり持つことで、自分の中に芯ができるので、ぶれずに突き進めますし、仕事における悪いストレスもなくなります。

また、働く意味を達成するために、組織(主に会社)を利用しようとかんがえるため、主体的に動けるようになります。

 

働く意味について悩んでいる方は、ポチのすけの考え方を参考にしてみてください。
見える世界が変わってくると思います。