資産運用の考え方

働いても働いても楽にならない根本的な理由と誰にでもできる解決策を資産運用中のぼくが解説します

働いても働いても楽にならない根本的な理由と誰にでもできる解決策を資産運用中のぼくが解説します
サラリーマン
サラリーマン
一生懸命働いても働いても、いつまでたっても楽にならない。。給料がなかなか上がらないし、明るい将来が見えない…
ポチのすけ
ポチのすけ
働いても働いても生活が楽にならないとつらいですよね。

 

お金を稼げるよう、毎日いろいろと頑張っているポチのすけ(@pochinosuke1)です。

少し前まで、どうしたら給料を上げられるのだろうか?あと何を節約すればいいのだろうか?といつも悩んでいました。

 

毎日の仕事では、一生懸命に働いていくことで、生活が楽になることを願うもの。

それが、働いても働いても生活が楽にならないと、将来がどんどん不安になってしまいます。

 

本記事では、

働いても働いても生活が楽にならない根本的な理由と、誰にでもできる解決策についてご紹介します。

 

結論からお伝えすると、

生活が楽にならない根本的な理由は、給料収入だけでお金持ちになる難易度がかなり高いためです。

そこで、誰にでもできる解決策は、会社員の給料+お金に働いてもらう資産運用を行うこと。

ぼく自身も実践しており、お金を動かすことでお金を増やすことができています。

それでは、ご覧ください。

 

働いても働いても楽にならない根本的な理由

働いても楽にならなくてつらい

 

働いても働いても、生活が楽にならない根本的な理由は、給料収入だけでお金持ちになる難易度がかなり高いためです。

 

一部のエリートサラリーマンであれば、働くほど収入が上がるので、生活が楽になります。

ただ、ぼくのような平凡なサラリーマンであれば、給料収入だけでお金持ちになる難易度はかなり高いです。

理由は、以下の4つ。

  1. 給料収入に対する社会保険・税金は年々ふえている
  2. 稼げば稼ぐほど税金は増大する
  3. 人間が一日に働ける時間は限りがある
  4. 会社にとって社員の給料UPはコストUP

 

そのため、働いても働いても楽になりません。

 

理由①給料収入に対する社会保険・税金は年々ふえている

給料収入だけでは生活が楽にならない1つ目の理由は、給料収入に対する社会保険・税金は年々ふえているため。

 

この記事を読んでいるあなたは、

「なかなか給料が上がらない」

「手取りがふえない」

と実感されているのではないでしょうか?

 

その原因の1つに、給料額面から天引きされる社会保険料の増加があります。

 

どのぐらい増加しているかというと、結果は以下の通り。

平成16年 → 13.934%

平成29年9月以降である現在 → 18.3%

 

平成16年は13.934%でしたが、ここからなんと毎年0.354%増加し、平成29年9月以降である現在は18.3%に増加しているんです!

 

参照:厚生労働省プレスリリースより引用

 

「日本は若者が減り、高齢者が増える超高齢化社会になる」

と言われています。

 

2019年現在は社会保険料増加はストップしていますが、今後、ほかの税金の名目で負担がふえてしまう可能性は否定できないでしょう。

そのため、将来的にはもっと社会保険料の負担がふえる可能性があるということです。

 

理由②稼げば稼ぐほど税金は増大する

給料収入だけでは生活が楽にならない2つ目の理由は、稼げば稼ぐほど税金は増大するため。

サラリーマンだけの話ではありませんが、所得税が増えるからです。

 

サラリーマンの生活だけだと、あまり所得税の割合は意識しないかもしれません。

ただ、この機会に知っておくのがおすすめ。

所得税の割合は、以下の表のようになっています。

所得税 税率

参照:国税庁の所得税税率より引用

 

なんと、所得税の最高税率は45%

それとは別に、一律で住民税が10%かかるため、最も稼ぐ人は税率55%!!

つまり、仮に1億稼いだとしても、単純計算で5,500万円は税金で持っていかれるわけです。

 

年収が高い人はこうやって多くの税金を払っているわけで、額面がふえても手取りを増やすのは大変だということです。

 

多くの方にとっては、

「今はこんなにもらってないから私には関係ない。」

と考えているかもしれません。

以前のぼくも、同じように関係ないと思っていました。

 

しかし、所得税はサラリーマンだけの話だけではなく、副業で稼いだ額にもかかってきます。

そのため、

「お金持ちになりたい!」

「お金持ちにはならなくてもいいけど、ちょっとだけのゆとりがほしい」

と考えているのであれば、避けては通れない事実です。

 

理由③人間が一日に働ける時間は限りがある

給料収入だけでは生活が楽にならない3つ目の理由は、人間が一日に働ける時間は限りがあるため。

 

当たり前ですが、人間は起きている時間しか働けません。

給料収入では、起きている時間の中で、働いている時間だけがお金を稼ぐことができる時間。

通常は8時間労働だとして、そこにご飯を食べたり、お風呂に入ったりと、生活をするための時間を引けば1日12~13時間が限界です。

 

働ける時間に限りがある以上、サラリーマンでの時間だけでは1人ではどんなに頑張っても限界があるのです。

 

理由④会社にとって社員の給料UPはコストUP

給料収入だけでは生活が楽にならない4つ目の理由は、会社にとって社員の給料UPはコストUPのため

 

「時間当たりの金額をふやすためにも、給料アップを目指そう!」

と考える方は多いと思います。

 

こうやって頑張ることは正しいのですが、社員を雇う会社からすると、社員の給料アップはコストアップとイコール

 

会社は、利益を上げるためにもコスト削減をしたいと考えます。

営業利益は

「粗利 ー 営業経費(人件費) = 営業利益」

という式がある通り、

人件費をへらした方が、おなじ粗利でも利益を出せるのです。

そのため、会社側からすると、そう簡単に給料を上げることはできないのです。

 

例えば、営業マンの個人売上額がそのまま給料アップにつながらないように、給料アップには相当の売上と利益を上げなければなりません。

もちろん、一部のスーパースターは、ガンガン稼いで給料アップもどんどんできるでしょう。

しかし、ぼくのような平凡なサラリーマンは、凄まじい結果を残す難易度が高いため、会社での給料UPも比例して難易度が高いのです。

 

スポンサーリンク

働いても楽にならない現状を変えるために誰にでもできる解決策は資産運用

解決策

 

上記でご説明してきたように、サラリーマンの給料だけでは、税金の高さや働ける時間を考えると、どうしても限界があります。

そのため、働いても働いても、生活が楽にならない。。ということになってしまいます。

 

そこから現状を変えるために、誰にでもできる解決策は、サラリーマンの給料だけではなく、お金に働いてもらう資産運用を行うこと。

お金にも働いてもらうことで、お金を増やすことが可能です。

 

おすすめの資産運用(投資)については、以下の記事で詳しく解説しています。

元手が少ない時の投資でお金を増やしていくために誰でもできるおすすめの5つを紹介
元手が少ない時の投資でお金を増やしていくために誰でもできるおすすめの5つを紹介元手が少ない時の投資でも、お金を増やしていけるおすすめ投資5つについて紹介します。 低リスクでできることもあり、初めて投資をやろうと思った時、まずやるべきおすすめの方法になります。 ぜひ、ご覧ください。...

 

なお、資産運用を行うことで、ぼく自身もお金を増やすことができています。

ぼく自身がやっている資産運用の実績は、以下の記事で紹介しています。

iDeCo(イデコ)の運用実績をブログで公開!【1年7ヶ月目】
iDeCo(イデコ)の運用実績をブログで公開!【1年7ヶ月目】老後の資産作りのお得な方法であるiDeCo(イデコ)の運用実績と内訳を紹介します。 楽天VTIに投資しており、2020年4月末時点での1年7ヶ月目の実績になります。 リアルな実績を見たい方は是非ご覧ください!...

 

つみたてNISAの運用実績をブログで公開!【1年8ヶ月目】
つみたてNISAの運用実績をブログで公開!【1年8ヶ月目】利益が非課税になる、つみたてNISA1年8ヶ月目の資産運用実績を紹介しています。 楽天VTIとeMAXIS slim先進国株式に投資しており、アメリカ株中心の分散投資の結果、実際どうなのか知りたい方は、是非ご覧ください!...

 

楽天ポイントで買った投資信託の実績をブログで公開!【1年6ヶ月目】
楽天ポイントで買った投資信託の実績をブログで公開!【1年6ヶ月目】楽天ポイントで投資をした1年6ヶ月目の実績をご紹介します。 eMAXIS slimS&P500に投資をしています。 ただのポイントをお金に替えつつ増やしたい方は、是非ご覧ください!...

 

楽天カードで買った投資信託の運用実績をブログで公開!【1年5ヶ月目】クレジットカード決済で投資ができる、楽天カード決済による1年5ヶ月目の資産運用実績と内訳を紹介しています。 アメリカ株への分散投資ができる楽天VTIに投資しています。 是非ご覧ください!...

 

スポンサーリンク

働いても楽にならない人が資産運用をやるべき理由

理由

働いても働いても楽にならない人が、資産運用をやるべき理由は以下の4つです。

  1. 労働者は株や土地を持っている人間に勝てない
  2. お金を動かせ!お金は疲れない
  3. 銀行金利は0.001%しかつかない
  4. 強い企業に投資すれば自分の実力とは関係なくお金を増やせる

 

それでは、順に見ていきましょう。

 

理由①労働者は株や土地をもっている人間には勝てない

働いても働いても楽にならない人が資産運用をやるべき理由は、労働者は株や土地をもっている人間には勝てない、という残酷な法則があるからです。

 

ベストセラーにもなった、トマ・ピケティの「21世紀の資本」ではつぎのように語られています。

 

人類の歴史上では、

投資から得られる収益 > 労働から得られる収益

がずっと続いてきた

つまり、労働者は株や土地をもっている人間には勝てないという話は、今に始まったことではないという、ある意味残酷な法則なのです。

 

 

なぜこんなにも差がつくというと、多くは税金の問題です。

 

さきほどの所得税の話で、所得税と住民税を合わせた最高税率は55%とご紹介しました。

しかし、投資から得られる収益にかかる税金は、どんなに稼いでも一律20.315%なのです!

 

社会保険はいったん度外視して考えると、以下の手取りになります。

 

給料1億の人

55%の税金かかるため、4,500万円の手取りに

 

投資収益1億の人

20.315%の税金がかかるため、約8,000万円の手取りに

こうしてみると、一目でわかるくらい手取り額にかなりの差がありますよね。

 

ぼくも、実際に数字で計算してみたところ、かなりの手取り額の差に驚きました。

しかも、手取り額の差は毎年毎年続くため、給料などの所得収入と、投資における収益の収入の手取り額の差はどんどん開いていきます。

 

理由②お金を動かせ!お金は疲れない

働いても働いても楽にならない人が資産運用をやるべき理由は、お金は疲れないからです。

 

お金は人間と違って、運用をすることで24時間働けます。

サッカー界のレジェンド、ヨハン・クライフの名言である

「ボールを走らせろ、ボールは疲れない」

と同じように、お金を動かしましょう。お金は疲れません。

 

ある程度の資産があれば、あなたが寝ていても遊んでいても、お金は利回りで利益を生んでくれます。

 

仮に1億円を利回り5%で運用すると、年間500万円の収益。

極端ですが、ここまでいけば労働を卒業し、不労所得で暮らすのも夢ではありません。

 

理由③銀行金利は0.001%しかつかない

働いても働いても楽にならない人が資産運用をやるべき理由は、銀行金利は0.001%しかつかないからです。

 

いまは銀行の預金金利が0.001%台の時代。

100万円預けても、1年間に2回ほどもらえる利息では、1回につき10円の利息がつくだけです。

親や友人、恋人に「毎月貯金して」と言われ、せっせと貯めていても金利は雀の涙。。

また、銀行預金にはインフレリスクもあります。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも毎月の銀行残高がふえるのを楽しみにしている人間でしたが、お金を動かす重要性を知ってからは、必要以上に貯金しても機会損失だと思うようになりました。

 

もちろん、生活費を削ってまで資産運用をしてはいけません。

資産運用は、生活費に手をつけない余剰資金で行うのが大前提。

もし、あなたに貯金以外に使い道のない余剰資金があるのであれば、資産運用に回した方が機会損失という大きな損失を防ぐことができます。

 

なお、余計なお金を削ることで、資産運用するためのお金を作るやり方もあります。

サラリーマンがまずやるべき節約術については、以下の記事で詳しく解説しています。

サラリーマンがまずやるべき節約術の詳細記事はこちら

お金ないとつらい時の節約術を紹介!収入が少なくても自由なお金をふやしていこう
お金ないとつらい時の節約術を紹介!収入が少なくても自由なお金をふやしていこうお金がなくてつらい時に、まずやるべき節約術10通りについて、紹介しています。 お金があれば解決できることは多いため、無理なく、自分ができることから始めるのがおすすめ! 是非、ご覧ください。...

理由④強い企業に投資すれば自分の実力とは関係なくお金を増やせる

働いても働いても楽にならない人が資産運用をやるべき理由は、強い企業に投資すれば自分の実力とは関係なくお金を増やせるからです。

 

普段働いている会社の給料で反映されるのは、自分の実力のみ

 

それが、資産運用では自分よりも優れた人たちの会社に乗っかるだけで、お金を増やすことが可能。

世の中には自分よりも凄い人たちがたくさんいて、自分よりも凄い人たちがいる会社にお金を入れることで、株価が上がれば自分自身も恩恵を受けられます。

 

例えば、

GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)といった、アメリカの巨大IT企業は、優秀な人たちの集団。

優秀な人たちが便利なサービスを提供し続けることで、ものすごい株価になっています。

GAFAは今後も発展していくことが考えられ、彼らの株を買うことで、将来的にお金を増やしていくことが可能。

自分に実力があってもなくても、GAFAに乗っかるだけでGAFAの凄い人たちの力でお金が増えていくのです。

 

もちろん、資産運用で一つの会社に投資することはリスクもあるため、投資信託ETFなどのように、色んな会社がセットになっているものを買うのがおすすめ。

投資信託

 

ざっくりいうと、投資のプロにお金を預けて運用してもらう商品です。

投資を信じて託すので、投資信託。

色々な商品がまとまったパッケージになっていると考えてください。

 

運用先は、商品によってそれぞれであり、株だけのものもあれば、債券が混じっていたり、種類は本当にたくさんあります。

ETF

 

Exchange Traded Fundsの略で、上場投資信託のこと。

特定の指数(日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)など)に連動するような投資信託です。

つまり、投資信託が証券取引所に上場しているものを指します。

 

よく、「あの会社は東証一部に上場している」と言いますが、ETFはある1社を指すのではなく、色んな会社がパッケージ化されている投資信託が上場している商品と考えてください。

 

また、投資信託が1日1回算出される基準価額で価格が決まるのに対し、ETFではリアルタイムで価格が変動します。

そのため、ETFは取引所の取引時間中はいつでも売買が可能。

 

日本にも海外にもあり、アメリカでいうと、NYダウなどの動きに連動する運用成果をめざしているということです。

手数料が投資信託よりも安いですが、最少購入金額が5万円~10万円くらいするため、お金に余裕のある方におすすめの商品。

 

おすすめの投資信託については、下記の記事で詳しく解説しています。

楽天証券の投資信託おすすめ10本!選ぶ基準と合わせて紹介
【2020年】楽天証券の投資信託おすすめ10本!選ぶ基準と合わせて紹介楽天証券で投資信託を買う場合のおすすめ投資信託10本を紹介しています。 投資信託を選ぶ6つの基準・根拠も解説しています。 ぜひ、ご覧ください。...

 

スポンサーリンク

働いても働いても楽にならないまとめ

 

お話してきたことをまとめます。

生活が楽にならない根本的な理由は、給料収入だけでお金持ちになる難易度がかなり高いためです。

理由は、以下の4つ。

  1. 給料収入に対する社会保険・税金は年々ふえている
  2. 稼げば稼ぐほど税金は増大する
  3. 人間が一日に働ける時間は限りがある
  4. 会社にとって社員の給料UPはコストUP

 

そこで、誰にでもできる解決策は、会社員の給料+お金に働いてもらう資産運用を行うこと。

資産運用をやるべき理由は以下の4つです。

  1. 労働者は株や土地を持っている人間に勝てない
  2. お金を動かせ!お金は疲れない
  3. 銀行金利は0.001%しかつかない
  4. 強い企業に投資すれば自分の実力とは関係なくお金を増やせる

 

給料だけでお金持ちになる難易度はかなり高いため、お金にも働いてもらうことで、資産をふやしていくことが大事

なお、投資元本が多ければ多いほど利回りによる利益が膨らむため、会社員の給料だけでなく、副業などで投資元本をふやせるとグッドです。

まずは自分自身ができることから始めましょう!

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

 

サラリーマンがまずやるべき節約術の詳細記事はこちら

お金ないとつらい時の節約術を紹介!収入が少なくても自由なお金をふやしていこう
お金ないとつらい時の節約術を紹介!収入が少なくても自由なお金をふやしていこうお金がなくてつらい時に、まずやるべき節約術10通りについて、紹介しています。 お金があれば解決できることは多いため、無理なく、自分ができることから始めるのがおすすめ! 是非、ご覧ください。...

 

投資初心者でもお金を増やせるおすすめ方法の詳細記事はこちら

元手が少ない時の投資でお金を増やしていくために誰でもできるおすすめの5つを紹介
元手が少ない時の投資でお金を増やしていくために誰でもできるおすすめの5つを紹介元手が少ない時の投資でも、お金を増やしていけるおすすめ投資5つについて紹介します。 低リスクでできることもあり、初めて投資をやろうと思った時、まずやるべきおすすめの方法になります。 ぜひ、ご覧ください。...

 

楽天証券の投資信託おすすめの詳細記事はこちら

楽天証券の投資信託おすすめ10本!選ぶ基準と合わせて紹介
【2020年】楽天証券の投資信託おすすめ10本!選ぶ基準と合わせて紹介楽天証券で投資信託を買う場合のおすすめ投資信託10本を紹介しています。 投資信託を選ぶ6つの基準・根拠も解説しています。 ぜひ、ご覧ください。...