資産運用の考え方

銀行預金は安全じゃないの?インフレリスクを頭に入れておこう

銀行預金は安全じゃないの?インフレリスクを頭に入れておこう

資産運用というと、「リスクを取りたくないからやらない」という人は多いですが、実はどんなことでもリスクはあります。

 

通常、

  • お金を減らさない
  • 損しない

から安全とされている銀行預金。

 

リスクを取りたくないあなたも、安全とされる銀行にほとんどのお金を預けているのではないでしょうか?

 

ポチのすけも以前はそうでした。

「損したくない」

「よくわからないから怖くてできない」

 

そう考えていたため、30歳過ぎまで資産運用は何一つ手をつけていませんでした。

 

しかし色々勉強していくと、どうやら貯金をがんばって自分のお金を銀行に預けているだけにしているというのは、とてもリスクが高いとわかったのです。

 

理由はインフレリスクです。

つまりモノの値段が上がることで、今までの金額では買えなくなり、お金の実質的な価値が下がってしまうというリスクです。

 

いったいどういうリスクなのか?具体例も交えて見ていきましょう。

 

インフレとは?

 

インフレ

 

日本でいえば、物価が上がることで実質的に日本円の価値が下がることです。

もし100万円持っていたとしても、モノの値段が上がれば、今までよりも買えるものは少なくなります。

あんパンを例に考えましょう。

アンパンでインフレを説明

もし100万円を持っていたら、もともとはあんパンを10,000個買えました。

これは極端な例ですが、インフレが起きてあんパンが1個500円になったら、100万円を持っていたとしても2,000個しか買えなくなってしまうんですね。

これがお金の価値が下がってしまうインフレリスクです。

 

スポンサーリンク

銀行預金のインフレリスク

 

インフレでお金がゴミになる

 

 

安全だと思われている銀行預金だけに全財産を入れているというのは、インフレが起きた時、貯金があっても買えるものが少なくなってしまいます。

インフレが進むと預金金利(銀行に預けたらもらえる利子)も上がることが多いのですが、今の政府や日銀の政策では「異次元の金融緩和」で超低金利のため、インフレが進んでも預金金利が上がらないことも十分あり得ます。

そうなると銀行にお金を預けているだけでは、お金はふえるどころか実質的な価値がどんどん目減りしていきます。

 

日銀は物価上昇率を2%としていますが、預金金利が上がらずにモノの値段がずっと2%ずつ上昇し続けた場合20年後には銀行に預けていたお金は3割ほど減ってしまいます。

 

物価上昇はあなた個人でコントロールできるものではないので、物価上昇によるインフレリスクがあるということは想定しておきましょう。

 

スポンサーリンク

資産運用は、資産を守ることでもある

 

資産運用は、長期的目線でお金をふやすことでもありますが、資産を守ることでもあります。

 

資産が日本円100%だと、「タマゴをひとつのカゴに盛っている」状態です。

インフレだけでなく、極論ですが日本が財政難で破綻して日本円の価値がゼロになることも将来的にはないとは言い切れず、その時に銀行預金だけだと、カゴを落としてぜんぶ割ってしまうのと同じです。

 

投資の格言でもある「タマゴはひとつのカゴに盛るな」というのは、投資だけでなく、資産全体を守る意味でも重要なのです。

資産の一部を株や外貨、投資信託にしていればインフレが起きた時に価値が減るのをさけることができますし、株価が上がればむしろプラスになる可能性があります。

そのため、資産を守るためにも、資産を銀行預金で日本円100%ではなく、バランス良く分散させましょう。

 

分散させるとは具体的には、投資信託やETFをコツコツ購入することです。

今はiDeCo(イデコ)や、つみたてNISAなどやらなければ損するというレベルの制度がありますし、投資信託やETFを選ぶのが面倒な人にはロボットアドバイザーのように全自動で資産運用をしてくれる楽なサービスもあります。

 

 

将来のために貯金するのなら、一部はiDeCo(イデコ)や、つみたてNISAを利用して資産を分散させて、コツコツと無理ない範囲でお金を積み立てましょう。

そうすることで、生活を守りつつお金をふやしていくことができるため、将来の不安を激減できます。

スポンサーリンク

まとめ

 

  • 安全とされる銀行預金にも、お金の価値が減るインフレリスクがある。
  • 政府や日銀は物価上昇をさせようと動いており、個人でコントロールできるものではないが、インフレリスクは想定しておくべき。
  • 資産が日本円100%というのは、「タマゴをひとつのカゴに盛っている」状態。分散化してリスクを減らすのが大切。
  • 具体的には資産の一部を投資信託やETFの購入にあてて、コツコツ積み立てよう。
  • iDeCo(イデコ)や、つみたてNISAはお得な制度のため、利用しましょう。投資信託を選ぶのが面倒な人はロボットアドバイザーがオススメ。

いかがでしたか?

自分の資産が安全とされていた銀行預金だけだと、いざという時にかなりのダメージを受けてしまいます。

そうなってからではキツイので、早めに資産の分散化を図り、リスクを減らしましょう。