資産運用実績

ポチのすけの楽天カード決済投資の運用実績と内訳【5ヶ月目】

ポチのすけの楽天カード決済投資の運用実績と内訳【5ヶ月目】

ポチのすけの、楽天カード決済投資の運用実績と内訳を紹介します。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
楽天カード決済による投資をはじめて5か月が経ちました! 

 

楽天カード決済投資の基本方針として、楽天VTIを毎月買うことにしています。

毎月月初に引き落とされる形で積み立てをしており、ほったらかしで資産運用できています。

今は最少金額で積み立てていますが、がんばって収入を増やし、ゆくゆくは満額の50,000円を積み立てていければと思っています。

そのため、実績については金額というより、パーセントで見ていただくのが良いかと思います。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
使っているのはもちろん楽天証券です。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
2018年12月1日の引き落としからのスタートになります。

 

それでは、楽天カード決済投資5ヶ月目の運用実績と内訳を紹介します。

 

楽天カード決済投資5ヶ月目の実績

 

楽天カード決済投資 楽天VTI実績 5か月目①

 

楽天カード決済投資 楽天VTI実績 5か月目②

 

楽天カード決済投資 楽天VTI実績 5か月目③

 

投資元本 評価金額 評価損益 運用利回り
1ヶ月目

(2018年12月)

300円 251円 -49円 -16.46%
2ヶ月目

(2019年1月)

500円 487円 -13円 -2.62%
3ヶ月目

(2019年2月)

700円 734円 +34円 +4.89%
4ヶ月目

(2019年3月)

900円 936円 +36円 +4.02%
5ヶ月目

(2019年4月)

1,100円 1,184円 +84円 +7.68%

 

投資元本1,100円のうち、500円が楽天カード決済投資分です。上の赤丸部分が投資額ですね。

楽天カード決済投資したものだけを分けられれば、わかりやすくて良いのですが、残念ながらそのような分け方はされていないので、楽天VTIの保有状況から確認する形になります。

600円は、楽天銀行のランク上げのために2018年11月から毎月100円ずつ買っています。

こちらはすでに6回購入しています。

 

ちなみに、楽天銀行のランク上げに裏技については、以下の記事で紹介しています。

 

購入したタイミングがあまり良くなかったため、アメリカ株だけでなく、金融商品全体の価格が下落していた影響をモロに受けていました。

それが、2月終わりに、ようやくプラスになり、4月もプラスをキープしています!

 

もちろん、今後も価格は上下するでしょうが、一喜一憂せずに長い目で見て、淡々と積み立てていきたいと思います。

また、がんばって収入を増やして、投資元本を増やしていきたいとも思っています。

 

スポンサーリンク

楽天カード決済投資5ヶ月目の実績内訳

 

ポチのすけの、楽天カード決済投資の内訳は

  • 『楽天・全米株式・インデックス・ファンド』

になります。

略称で楽天VTIと呼ばれ、アメリカ市場全体に低コストで分散投資ができる優れた商品です。

楽天カード決済投資では、楽天VTIのみに投資しているため、5ヶ月目の実績は先ほどと同じになりますが、以下をご覧ください。

 

楽天カード決済投資 楽天VTI実績 5か月目①

 

楽天カード決済投資 楽天VTI実績 5か月目②

 

楽天カード決済投資 楽天VTI実績 5か月目③

 

投資元本 評価金額 評価損益 運用利回り
1ヶ月目

(2018年12月)

300円 251円 -49円 -16.46%
2ヶ月目

(2019年1月)

500円 487円 -13円 -2.62%
3ヶ月目

(2019年2月)

700円 734円 +34円 +4.89%
4ヶ月目

(2019年3月)

900円 936円 +36円 +4.02%
5ヶ月目

(2019年4月)

1,100円 1,184円 +84円 +7.68%

 

わずかなプラスではありますが、嬉しいものですね。

ポチのすけ
ポチのすけ
あとは、投資元本をふやしていけるように頑張らないと!

 

スポンサーリンク

投資している商品の運用成績推移

 

ポチのすけが運用している、

  • 『楽天・全米株式・インデックス・ファンド』

の運用成績推移を見てみましょう。

 

『楽天・全米株式・インデックス・ファンド』

楽天VTI運用成績推移 2019年4月

 

価格のアップダウンが激しいです(笑)

先月から続くプラスの要素として、グラフの緑色の純資産額が順調にふえているのがわかりました。(2019年3月末は365億円くらいでした)

 

これだけ価格が上下していても全体の投資金額がふえているというのは、多くの人がアメリカ市場に期待していることへの表れだと、ポチのすけは思います。

 

なので、今後どうなるかはわかりませんが、

  • 長期的視点でコツコツと積み立てていくのと
  • アメリカ市場に期待しているため、

今後も『楽天・全米株式・インデックス・ファンド』(略称:楽天VTI)を買い続ける予定です。

 

また、楽天カード決済投資のメリットや買い方については、以下の記事で紹介しています。合わせてご覧ください。

 

 

では、また来月にお会いしましょう♪