仕事の悩み

就職が遅いと不安な方へ。25歳で社会人になった僕がキャリアアップできた3つの理由

就職が遅いと不安な方へ。25歳で社会人になった僕がキャリアアップできた3つの理由
就職遅れた人
就職遅れた人
大学も浪人した上に就職もうまくいかなかった…周りよりも社会人のスタートが遅くなってしまってとても不安。。
ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも留学やフリーターをやっていたこともあり、通常の大卒の人と比べて3年遅れで社会人になったので、年齢程の社会人経験がないというコンプレックスがありました。

 

25歳で社会人デビューしたポチのすけ(@pochinosuke1)です。

働き始めるのは通常よりも遅かったのですが、一生懸命頑張ったこともあり、今は良い会社で働けているのと結婚もできています。

 

色々な事情があって就職が遅くなるとき、どうしても周りと比べてしまうので不安になる気持ちはよくわかります。

ぼくもそうでしたし。

 

そこで本記事では、

就職するのが遅かったぼくがキャリアアップできた3つの理由をお伝えします。

 

キャリアアップできた3つの理由は以下の通り。

  1. 経験する密度の高さ
  2. 転職を躊躇しない
  3. 成長する意欲

自分の人生に当事者意識を持つのが大事です。

それでは、ご覧ください。

 

就職が遅いと不安になる理由

不安

ぼくもそうでしたが、周りと比べて就職が遅いと不安になります。

理由は以下の3つ。

  1. 就職で不利になりそう
  2. 年齢ほどの社会人経験がない
  3. 周りから遅れているという劣等感

 

理由①就職で不利になりそう

就職が遅い時、不安になる1つ目の理由は就職で不利になりそうだと感じること。

新卒で入社できないと既卒扱いになるため、現役大学生たちと比べて不利になるのではないか?というものです。

 

確かに「新卒カード」という言葉があるぐらい、新卒で入社するということは価値があると考えられていたことがありました。

ぼくの場合、

25歳で社会人になったので、22歳に交じっていても一人だけ年齢が高い状況でした。

そのため、「将来性から考えるとその時点で不利になるのでは。。」

と、不安になっていました。

 

現実問題、同じスキルであれば若い人を選ぶという会社はあります。

サッカーや野球のスポーツで例えると、多くのプロクラブが、

「同じ能力を持っている選手が2人いたら、将来性にかけて若い選手を選ぶ」

という選択をしていることが多いと思います。

 

サラリーマンにも、同じことが言えます。

 

ただし、ここ最近は様相が変わってきており、20代であれば、一律若手という考え方をする企業が増えてきています。

2019年6月1日の新聞で、損保ジャパンが29歳までは新卒扱いにするというニュースも。

参照:産経新聞

 

中小企業だけでなく、大手企業も考え方が変わってきていますので、就職が遅くてもチャンスは増えてきています。

今は自分のスキルや頑張り次第で道は開けるので、そこまで不安になる必要はないのです。

 

理由②年齢ほどの社会人経験がない

就職が遅い時、不安になる2つ目の理由は年齢程の社会人経験がないこと。

ぼくは25歳で社会人になったので、大卒で社会人になった人と比べて、すでに3年分のキャリアの差がありました。

30歳の時点でも5年間のキャリア経験のみ。

特に30歳を超えると、

今まで何年働いていようが周りから30歳として見られるので、年齢程の社会人経験がない場合、通常以上の努力や経験を積んでいないと不利になっていきます。

 

就職が遅いと、年齢程の社会人経験がないわけですが、こればかりは過去を受け入れて前に進むしかありません。

 

中には、

「過去の自分を責めたい。。なんでこんな無駄なことをしていたんだろう・・・」

と考えてしまう人もいるかもしれません。

 

ただ、過去は変えられないですし、人生で遅すぎるということはないです。

今までもったいないことをした。と感じることができれば、それだけでも意味があります。

 

あとは良い未来に向かって、今自分ができることを頑張るのみ。

のちほどご説明しますが、就職が遅くてもキャリアアップする方法はあるので、今からでも一生懸命頑張りましょう。

 

理由③周りから遅れているという劣等感

就職が遅い時、不安になる3つ目の理由は周りから遅れているという劣等感。

 

ぼくも25歳でようやく社会人になったので、同窓会は行きたくないと考えていました。

小学校・中学校・高校などの同級生と会うと、どうしても自分と比べてしまって劣等感を持ってしまうからです。

 

ここは発想を変えて、80年ほどある長い人生の中で見れば大した差ではないと考えましょう。

25歳とか29歳ではまだまだでも、そこから頑張って40歳になった時には立派な社会人になっていれば、過去の笑い話になります。

40歳でも、まだあと人生40年もあるので、頑張り次第でさらに人生を良くすることも可能。

 

現時点で周りから遅れていても、ゆくゆく差がなくなっていけば問題ないのです。

なので、今からでも頑張ることに意味があります。

 

スポンサーリンク

就職が遅いぼくでもキャリアアップできた3つの理由

キャリアアップ

 

就職が遅くても、キャリアアップすることは可能です。

実際にぼくも、25歳で社会人になりましたが、キャリアアップしつつ、結婚もできています。

 

就職が遅いぼくでも、キャリアアップできた理由は以下の3つ。

  1. 経験する密度の高さ
  2. 転職を躊躇しない
  3. 成長する意欲

 

理由①経験する密度の高さ

ぼくが就職が遅くてもキャリアアップできた1つ目の理由は、経験する密度の高さです。

短い年数でも経験できた密度が高かったです。

 

働いた中身が濃いと、1~2年の勤務であってもスキルや経験値は高まります。

逆に3年働いたとしても、内容が薄い仕事だと、スキルや経験値はそこまで高まりません。

 

経験密度とは、どれだけ多くの仕事ができたか。

例えば営業マンなら、どれだけ多くの案件を対応できるかが重要です。

 

ぼくの場合、

住宅リフォームの訪問販売

業務店への飛び込みやテレアポの営業

IT業界でソフトウェアメーカーの営業

IT業界のSI関連の営業

と個人向け・法人向けなど数多くの営業を経験してきています。

 

また、多くの案件を対応することで、経験値を飛躍的に高めてきました。

 

対応した案件が少なかったり、サボりまくっていると、経験年数はあってもスキルや経験値はそこまで上がりません。

 

正直、経験密度が高い仕事は結構大変です。

ただ、就職のスタートが遅くなっているのであれば、仕事の内容を濃くしてスキルを上げていかないと、あっという間に30歳を超えてしまいます。

30歳を超えると、今までに8年働いていようが3年しか働いていまいが、30歳という括りで見られます。

なので、就職が遅くなって勤務年数が短い場合、早めに多くの仕事をこなして経験を積むのが必須。

 

理由②転職を躊躇しない

就職が遅くてもキャリアアップできた2つ目の理由は、転職を躊躇しないことです。

就職が遅いと、年齢程の社会人経験がないので、就職後の時間は無駄にできません。

 

就職が遅くなった自分を採用してくれた会社への恩義はあるかもしれませんが、

「この会社で学べることは学びきった」

と感じたら、躊躇せずに転職した方がいいです。

 

自分の人生に責任を持てるのは自分だけだからです。

 

ぼくは、最初の会社は2年で学べることは学びきったと思えたので、ちょうど昇格するタイミングで辞めることにしました。

 

もちろん、就職が遅れた自分を採用してくれた恩義があったので、きちんと報告や引継ぎをして、後腐れなく辞めています。

 

よく転職は3年はやってからと言いますが、3年やらなくても、仕事が自分に向いているのか、スキルが身につきそうなのかは見えてくるもの。

特に、スキルが身につかないと感じたら、転職は躊躇せずに行いましょう。

3年もやっていたらあっという間に30歳になってしまうからです。

 

もちろん、「転職と言われても怖い。。」

という方もいるか思いますので、転職で失敗しない方法について、以下の記事でまとめています。

こちらも合わせてご覧ください。

転職で失敗しない方法の詳細記事はこちら

転職が怖いと不安な方へ。 転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法
転職が怖いと不安な方へ。転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法転職が怖いと不安な方へ、転職3回のぼくの経験から失敗しないための方法を書いています。怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...

 

なお、転職は、転職エージェントを使うのが効果的。

ぼくが使ってみて本当に良かった転職エージェントについて、以下の記事で詳しく解説しています。

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

転職エージェントのおすすめ2つ!僕が3回の転職で使って本当に良かったものを紹介
転職エージェントのおすすめ2つ!僕が3回の転職で使って本当に良かったものを紹介【2019年10月22日更新】転職エージェントを選ぶ時、3回の転職で実際に利用した経験から、使って本当に良かったおすすめ転職エージェント2つを紹介しています。 業界が変わるような転職もできた体験から、自信をもっておすすめできます。 ぜひご覧ください。...

 

理由③成長する意欲

就職が遅くてもキャリアアップできた3つ目の理由は、成長する意欲です。

 

就職が遅くなると、周りよりも時間がないので、成長する意欲は持ち続けましょう。

スタートは遅くても成長する意欲を失わなければ、どんどん追い抜いていけます。

 

ぼくは、3年遅れの社会人デビューだったため、2つ下の弟よりも社会人経験がありませんでした。

なので、兄貴のプライドにはなりますが、弟よりもダメな状態になりたくなかったという意地もあって、成長しようと意識していました。

 

社会人のスタートは遅くなってしまっても、立派にやれている状態になりたかったので、多少しんどくても、意地をもってやっていたのもあります。

 

成長しようという意欲があれば、周りからスキルを色々盗もうと行動が変わります。

また、会社で学ぶことがないと感じたら躊躇せずに転職して新しいキャリアを築いていくことも可能。

行動が変われば結果が変わります。

 

ぼくもまだまだですので、頑張ってスキルアップ中です。

一緒に頑張りましょう。

 

スポンサーリンク

就職が遅いと不安な方へまとめ

 

お話ししてきたことをまとめます。

色々な事情があって就職が遅くなるとき、どうしても周りと比べてしまうので不安になってしまいます。

就職が遅いと不安になる理由は以下の3つ。

  1. 就職で不利になりそう
  2. 年齢ほどの社会人経験がない
  3. 周りから遅れているという劣等感

ただ、就職が遅くてもキャリアアップしていくことは可能です。

ぼくは就職が遅かったのですが、キャリアアップすることができました。

理由は以下の3つ。

  1. 経験する密度の高さ
  2. 転職を躊躇しない
  3. 成長する意欲

 

就職が遅いと不安になりますが、

25歳で社会人デビューでも、29歳で社会人デビューでも、頑張り次第で未来は変えていけます。

 

ぼくもまだまだですので、頑張ってスキルアップ中です。

就職が遅いと不安な方への励みになれればと思います。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

転職で失敗しない方法の詳細記事はこちら

転職が怖いと不安な方へ。 転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法
転職が怖いと不安な方へ。転職3回の経験から伝えたい失敗しない方法転職が怖いと不安な方へ、転職3回のぼくの経験から失敗しないための方法を書いています。怖くてなかなか一歩が踏み出せない方は、是非ご覧ください。...

 

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

転職エージェントのおすすめ2つ!僕が3回の転職で使って本当に良かったものを紹介
転職エージェントのおすすめ2つ!僕が3回の転職で使って本当に良かったものを紹介【2019年10月22日更新】転職エージェントを選ぶ時、3回の転職で実際に利用した経験から、使って本当に良かったおすすめ転職エージェント2つを紹介しています。 業界が変わるような転職もできた体験から、自信をもっておすすめできます。 ぜひご覧ください。...