仕事の悩み

朝礼は完全に無駄!時間を有意義に使うために今すぐやめるべき3つの理由

朝礼は完全に無駄!時間を有意義に使うために今すぐやめるべき3つの理由
サラリーマン
サラリーマン
毎朝、始業時間になると朝礼があるんだけど、マジで無駄だと思う。。上司の話は長いし、持ち回りでスピーチが回ってくるし、意味なくない?
ポチのすけ
ポチのすけ
体に染みついていると気づきにくいですが、朝礼は本当に無駄ですよね。ぼくも、毎朝だりーなぁと何度も思いました。

 

毎朝、仕事で始業時間になると朝礼をする会社は多いです。

ポチのすけも、今まで働いた4社中3社が朝礼がありました。

 

朝礼があるのが当たり前かもしれませんが、朝礼は完全に無駄ですし、良いことなど何もありません。

朝礼は、経営者の自己満足にすぎません。

社会人1年目にアンケートを取ったら、無駄だと感じる仕事時間の1位に朝礼が入っているくらいです。

引用:キャリコネニュースより

 

ポチのすけは現在、4社目で初めて朝礼がない会社になり、毎朝快適になりました!

 

本記事では、朝礼は完全に無駄なので、今すぐやめるべき3つの理由について解説しています。

朝礼をなくす方法も紹介していますので、合わせてご覧ください。

 

朝礼あるある。経験した無駄なこと

朝礼は無駄!

 

ポチのすけは、今まで働いた4社中3社が朝礼がありました。

3社で働く中で、無駄だなぁ。。と思った朝礼あるあるについて、ご紹介します。

 

朝礼あるある

 

  • 定時前に朝礼をするため、早く出勤しないといけない
  • 気合を入れるための掛け声がある
  • 今日、何件アポ取ってくるか宣言をする
  • 始業5分前のラジオ体操をする
  • 持ち回りでスピーチをする
  • 重要事項の報告がある
  • 成績悪い人をつるし上げる
  • 部長から色々と話がある
  • 入社してくる人から挨拶がある
  • 資格取得者への表彰がある
  • 今日の予定を一人ずつ発表する
  • 客先への訪問よりも朝礼が優先されることがある

 

ポチのすけ
ポチのすけ
これは、全部無駄でしたね。。

では、朝礼が完全に無駄である理由についてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

朝礼を今すぐやめるべき3つの理由

完全にいらない!

ポチのすけは様々な朝礼を経験しましたが、すべてにおいて完全に無駄でした。

今すぐにやめるべきで、理由はつぎの3つです。

 

  1. 時間の無駄
  2. 朝礼でスイッチが入るわけではない
  3. 重要事項は自分から取りに行く癖をつけた方がいい

 

理由①時間の無駄

 

朝礼が無駄で今すぐやめるべき最大の理由が、時間の無駄であるということです。

わざわざ朝礼をやって行うべきことは一つもありません。

 

先ほどお伝えした、ポチのすけが経験した朝礼での出来事のほとんどに当てはまります。

どれだけ時間の無駄なのか、見てみましょう。

気合を入れるための掛け声がある

 

⇒朝礼の最後に、やるぞコールという謎の文化がありました。

一時的に気持ちがたかぶることもありましたが、

5分後には元に戻りましたので、意味がありませんでした。

 

今日、何件アポ取ってくるか宣言をする

 

⇒営業会社では、残念ながらよくあることです。

もちろん、みんなの前でいちいち発表することに意味はありません。

今日やるべきことというのは、声に出して周りに言うものではなく、

自分の中できちんと持っていればいいことです。

 

もし、周りの目標が知りたいのであれば、

案件管理シートにそれぞれ記入しておき、見たいときに見れば済む話です。

 

始業5分前のラジオ体操をする

 

⇒朝の貴重な時間にラジオ体操をやったからといって、

何か変わるわけではありませんでした。

目が覚めるという意見もありましたが、

そういう人は単純に睡眠時間が足りないだけです。

 

持ち回りでスピーチをする

 

⇒スピーチは本当に無駄でしたね。

人間、忘れやすいもので、スピーチを聞いた時は良い話だと思っても、

少し時間が経つと、すぐに忘れてしまいます。

本当にいい話を共有したいのなら、

社内の共有SNSなどを利用して書けばいい話です。

 

また、相手に伝えることの特訓という意見もありますが、

アウトプットするなら、レポートに書くようなやり方の方が身につきます。

人前で話すのが苦手な人もおり、

その人にとって、スピーチはただのストレスです。

 

重要事項の報告がある

 

⇒朝礼時に重要事項の報告をする会社も多いですが、無駄です。

わざわざ朝礼をやって言うよりも、本当に大事なことなら、

メールや社内SNSなど、後からでも見返せるもので言うべきです。

口頭だけで伝えても、人間なので忘れます。

 

メールだと見ない人がいる、という意見もありますが、

それは、メールをきちんと見る癖をつけるよう指導すればよい話ですし、

メンバーの意識を上げるように努めるのが管理職の仕事です。

 

成績悪い人をつるし上げる

 

⇒これは、やられたことがある人ならわかると思いますが、

なんのメリットもありません。

ポチのすけも経験しましたが、イライラするだけです。

 

成績悪い人をつるし上げて良い気分になるのは、

それをやっている上司だけなので、「コイツ性格悪いな」としか思いません。

周りが見ている中でやるのは、ストレスと会社へのいら立ちを生むだけで、

転職のきっかけを与えるだけです。

見ている方も、いい気分にならないので、無駄な時間でしかありません。

 

部長から色々と話がある

 

⇒これも無駄ですね。

仕事の心構えや、部の状況や今期の目標数字などを長々と話す人がいますが、

部長の話など必要ありません。

どうしても話がしたいのなら、

メンバー全員に対し、メールで伝えたい内容を送れば済む話です。

 

入社してくる人から挨拶がある

 

⇒入社してくる人の挨拶は大切ですが、朝礼でやるべきではありません。

朝礼で全体に挨拶するのではなく、一人一人に挨拶するのが大切です。

入社した人にとっても、一人一人に挨拶した方が早く名前を覚えます。

自己紹介をするのなら、入社前に自己紹介文を提出させて、

社内に展開すればよい話です。

そちらの方が、人となりがわかります。

 

資格取得者への表彰がある

 

⇒資格取得者への表彰は大切ですが、朝礼をやってまでやる必要はありません。

みんなの前で表彰することで、モチベーションを上げたいのなら、

社内掲示板に張り出して、報奨金が授与されることなどを書けば済みます。

 

今日の予定を一人ずつ発表する

 

⇒きょうの予定を一人ずつ発表するのも意味はありません。

周りが今日何をするのかは、予定表システムなどで確認すれば済む話です。

予定表システムがない、という会社は非常に効率が悪くなるので、

すぐに、マイクロソフトのオフィス365などを入れるようにしましょう。

 

客先への訪問よりも朝礼が優先されることがある

 

⇒毎回必ずではないのですが、訪問アポの調整をする時に、

朝礼の時間をかぶってしまうことがあります。

そんな時は、朝礼に出るのが優先されます。

特に、スピーチなどで自分の番だと断りづらいものです。

仕事よりも朝礼が優先されるのは、本末転倒で、無駄の極みですね。

 

上記で紹介してきたように、朝礼でやっていることは全部無駄なのですが、たちが悪いことに、自分一人だけの参加ではないので、参加する人全員の時間を奪います。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
朝礼がみんなの時間をどれだけ奪っているのか、計算してみました!

 

5分間の朝礼に20人が参加しているのであれば、

 

1人あたり5分 × 20人 = 100分 ⇒ 1日やるだけで1時間40分もの時間に相当します。

それを1週間続けると、

100分 × 5日間 = 500分 ⇒ 8時間20分もの時間に相当します。

1か月(22日出勤で計算)続けると、

100分 × 22日間 = 2,200分 ⇒ 36時間40分 ⇒ 1.5日ほどの時間に相当します。

1年(240日出勤で計算)続けると、

100分 × 240日間 =24000分 ⇒ 400時間 ⇒ 16日と16時間もの時間に相当します。

 

1日5分ですら、1年間続けてしまうと、とんでもない時間になります。

1日15分も朝礼をやっている会社もあるそうですが、その場合、上記計算式の3倍の時間が無駄になっています。

 

1日5分の朝礼を1年間積み重ねると、400時間も無駄にしているため、その時間を仕事に充てればもっと有意義に使えそうですよね。

 

理由②朝礼でスイッチが入るわけではない

 

朝礼が無駄で今すぐやめるべき理由の2つ目は、

朝礼をすることで、仕事のスイッチが入るわけではないからです。

 

朝礼が大事だと考えている人は、仕事のスイッチが入るからとのことですが、

仕事へのスイッチが入るかどうかは、

  • 体調が整っている
  • 働く意味をきちんと持っている

ことで、自然に入るべきです。

 

わざわざ周りから促されて仕事のスイッチが入るような職場にいるのは、非常にもったいないことだと思います。

 

あなたが仕事に行って、自然とスイッチが入らないのであれば、

  • 体調が整っていない
  • 働く意味があいまいな状態

になってしまっているのではないでしょうか。

 

もし上記の状態に当てはまるのであれば、朝礼で仕事のスイッチを入れるようなやり方ではなく、繰り返しになりますが、

  • 体調が整っている
  • 働く意味をきちんと持っている

という形に変えた方が、仕事自体もやりやすくなるのでおすすめです。

 

体調が整っていない場合は、ブラック企業に勤めていることが原因なことが多いです。

ブラック企業の特徴や抜け出す方法については、以下の記事をご覧ください。

 

 

また、働く意味をきちんと持っていると、毎日の仕事は自分にとって、とても有意義な時間になるはずです。

ポチのすけは、32歳になってようやく働く意味を自分の中できちんと持つことができ、今は毎日が充実しています。

働く意味を自分の中で持っておくことについては、以下の記事でくわしく解説しています。

 

 

あとは、仕事がつまらないと感じてしまうと、仕事に行ってもなかなかスイッチは入りません。

仕事がつまらない時は上記で紹介した、働く意味を考えてみることが大切ですが、

仕事を変えることで面白くなることがあるので、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

理由③重要事項は自分から取りに行く癖をつけた方がいい

 

朝礼が無駄で今すぐやめるべき3つ目の理由は、

重要事項ほど全体の場で言うのではなく、

メンバーの一人一人に自分から取りに来させるようにした方がいいからです。

 

先ほどの、朝礼は時間の無駄であるという見出しのところでお話ししたので繰り返しになりますが、

重要事項はわざわざ朝礼をやって言うよりも、メールや社内SNSなど、後からでも見返せるもので言うべきです。

口頭だけで伝えても、人間なので忘れますし、メンバーが受け身の姿勢になってしまうからです。

 

メールを見ないメンバーがいる場合は荒療治かもしれませんが、

メールをきちんと見ないと、重要事項を見逃してしまう体制にすることで、

自分から重要事項を取りに行く癖がつくので、主体的に動くことができるようになります。

 

朝礼の場で重要事項を言うのではなく、メールなどで共有する体制にすることで、メンバーの意識を上げるように努めましょう。

 

スポンサーリンク

朝礼を悪用するブラック企業もある

朝早すぎ!

ブラック企業では、もれなく朝礼という無駄な時間がついてきますが、参加が前提になっているため、朝礼を悪用する場合があります。

 

定時前に朝礼をするため、早く出勤しないといけない

 

⇒定時前の朝礼などブラック企業の理屈であり、論外です。

単純に長時間労働になっただけでした。

 

ポチのすけはブラック企業にいた時、支店の成績が悪いと、通常の定時前に朝礼がありました。

月曜休みで、土日がチャンスだったということもあり、土日は朝の出勤が1時間以上早いのが普通で、ひどい時は2時間以上も早く出勤する働き方でした。

いつもは朝9時半スタートなのに、土日は7時半スタートのような形です。

しかも、終わる時間はいつもと同じか、いつもより遅く、23時を回る日もあったのでボロボロになりました。。

 

そんな時に決まって、上司からは

ブラック企業の上司
ブラック企業の上司
明日は7時半から朝礼するからな!

という言い方をしてきます。

早く来い!

と直接的に言わずに、朝礼をするという言い方をするのが、まさにブラック企業というところですが、朝礼があると悪用されることもあるのです。

 

スポンサーリンク

朝礼をなくす方法

朝礼をなくす方法を説明する

 

朝礼をなくす方法はシンプルで、次の2つの方法になります。

  1. 無駄にしている時間を算出して上司に提出
  2. 転職の面接時に朝礼があるかどうかを確認する

今の会社で現状を変えるか、転職して働き方を変えるかになります。

 

方法①無駄にしている時間を算出して上司に提出

 

今の会社の現状を変える場合、無駄な時間を算出して上司に提出しましょう。

 

これは、上記の「朝礼を今すぐやめるべき3つの理由」の1つ目で説明したことになりますが、朝礼で使っている時間を計算して、何時間無駄になっているのかをまとめて上司に提出しましょう。

 

時間は有限であると誰もがわかっていながら、今までの慣習で辞められないだけなら、数字を突き付けるのが最も効果的です。

 

方法②転職の面接時に朝礼があるかどうかを確認する

 

朝礼をなくすもう一つの方法は、転職をすることです。

 

実際に転職をする時に、現場の人が出てくる一次面接で、

朝礼があるかどうかを確認することになります。

 

朝礼をやっている会社は、ほかの業務でも無駄なことをしていることが多いのも転職を検討する理由の1つになります。

 

一次面接ではストレートに聞くのではなく、ポチのすけがやったように、営業職ならつぎのように聞くようにしましょう。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
仕事の1日の流れはどのようになりますか?どのようなスケジュールをたてて行動しているのでしょうか?

 

このように聞くことで、直行や直帰を認めて効率よく動けるようにしているのかがわかります。

直行や直帰というワードが出てこない場合は、重ねて質問しておきましょう。

直行や直帰の頻度まで聞いておき、ほぼ毎日直行や直帰もできる、

と分かれば朝礼はありません。

 

営業職ではない場合、つぎのように聞いてみましょう。

ポチのすけ
ポチのすけ
朝の仕事の始まりはどのようになりますか?それぞれで仕事をスタートできるような形でスケジュールを組めるのでしょうか?

このように聞いておけば、朝礼があるかどうかわかります。

 

営業職であっても、営業職以外であっても、

面接官があいまいな回答をしてきたら、突っ込んで聞くべきです。

面接は相性を確認するべき大切な場所なので、しっかりと確認しましょう。

 

また、面接対策やおすすめの転職エージェントなどについては、以下の記事でも紹介しています。

こちらも合わせてご覧ください。

 

まとめ

 

お話してきたことをまとめます。

朝礼は完全に無駄なため、今すぐにやめるべきです。

理由はつぎの3つです。

  1. 時間の無駄
  2. 朝礼でスイッチが入るわけではない
  3. 重要事項は自分から取りに行く癖をつけた方がいい

朝礼を悪用するブラック企業もいるため、気をつけましょう。

 

また、朝礼をなくす方法はシンプルで、

今の会社で現状を変えるか、転職して働き方を変えるかになります。

方法は次の2つです。

  1. 無駄にしている時間を算出して上司に提出
  2. 転職の面接時に朝礼があるかどうかを確認する

 

仕事で無駄なことは一刻も早くなくして、時間を有意義に使いましょう!