面接対策

転職活動で休みすぎて会社にバレるのが不安な方がやるべき面接時間の調整法【3回転職経験の営業マンが解説】

転職活動で休みすぎて会社にバレるのが不安な方がやるべき面接時間の調整法【3回転職経験の営業マンが解説】
転職活動中の人
転職活動中の人
会社には言わずにこっそり転職活動中なんだけど、なかなか日中は面接に行けないから休んでいくしかない。。だけど、有休をバンバン取って休みすぎだと、転職してるってバレるかな?ちょっと心配…
会社員
会社員
転職を考えてるんだけど、休みすぎるとバレそうだから、どうやったらバレずに転職活動できるのか知りたい!
ポチのすけ
ポチのすけ
在職中の転職活動をする時って、会社にバレないようにしたいですよね。

 

転職を3回経験し、在職中に転職活動をして転職したポチのすけ(@pochinosuke1)です。

会社にバレることなく、転職活動をすることができています。

 

転職活動で、時間の調整が難しいのが面接の時間

基本的に、面接は平日の日中に行われるため、在職中だとうまく時間を合わせなくてはなりません。

一番楽で確実なのは有給休暇を取得して面接に行くことですが、そうなると、「会社に転職活動してるのがバレてしまうかも。。」と不安になりますよね。

 

本記事では、

転職活動で休みすぎて会社にバレるのが不安な方に、

  • 会社に転職活動がバレない方法
  • 面接時間の調整方法

について、在職中に転職を成功させているぼくの経験からご紹介します。

 

結論から言うと、会社に転職活動がバレない方法は以下の通り。

  1. 普段から有休を取ってカモフラージュ
  2. 体調不良を織り交ぜて有休を使う
  3. 営業中に面接を受ける
  4. 有休を細切れにして取る

 

面接時間の調整は、以下の方法になります。

  1. 転職エージェントをうまく使って調整
  2. オンライン(Web)面接を使って調整

上記をうまく実施することで、会社にバレることなく、転職活動を成功させることが可能です。

不安な方は、是非最後までご覧ください。

 

転職活動で露骨に休みすぎると会社にバレるので注意

注意

冒頭でもお伝えしたように、転職で時間調整が大変なのは、平日の日中に行われる面接の調整です。

どうしても休みをしっかりとって万全の状態で面接に行きたいものですが、露骨に休みすぎると、会社にバレやすくなります。

例えば、週に3回も有給休暇を取得すると、

「あれ、○○さんは今日も休みか。何かあったのかな?」

と不信がられてしまい、勘が良い人には転職活動をしているとバレます。

 

在籍している会社にバレてしまうと、転職が成功したとしても、退職までの間に会社に居づらくなってしまいます。

また、ひどい会社だと、内定が出る前の転職活動中に妨害しようとしてくるところも。。

『有給休暇の申請を承認しない』ということを平気でしてきます。

有給休暇の申請自体が承認されないというのは法律違反なので、こちらも強く言うことはできますが、転職活動中に余計なタスクはやりたくないですよね。

 

なので、転職活動をしていることが会社にバレないように、うまく立ち振る舞うことが重要です。

 

スポンサーリンク

転職活動で休みすぎてバレないための4つの方法

方法

転職活動で休みすぎてバレないためには、以下の4つの方法を実施しましょう。

  1. 普段から有休を取ってカモフラージュ
  2. 体調不良を織り交ぜて有休を使う
  3. 営業中に面接を受ける
  4. 有休を細切れにして取る

 

なお、大前提として、転職活動が会社にバレないようにするためには、

  • 会社の人には誰であっても転職活動をしていると言わない
  • 転職を考えているとも言わない
  • 会社辞めたいと言わない

ということが、必須。

こちらから情報を漏らさないようにしましょう。

その上で、転職活動で休みすぎてバレないための4つの方法をご紹介します。

 

方法①普段から有休を取ってカモフラージュ

転職活動で休みすぎてバレないための方法1つ目は、普段から有休を取ってカモフラージュすること。

 

普段から全く有給休暇を取らない人が急に休み始めたら、「何かあったの?」と思いますよね。

  • 転職活動をし始めたのか
  • 体調が悪くて入院しているのか
  • 鬱になってしまったのか

など、いろいろと想像されてしまいます。

 

なので、普段から月に数回は有給休暇を取得するようにしましょう。

そうすることで、周りからは『ちょくちょく有給休暇を取る人』だと認識してもらえるので、有給休暇を取る理由が転職活動のためだとしても周りの人からはわかりません。

 

もし、すでに転職活動に入ってしまった場合は、別の方法を使ってバレないようにしましょう。

 

方法②体調不良を織り交ぜて有休を使う

転職活動で休みすぎてバレないための方法2つ目は、体調不良を織り交ぜて有休を使うこと。

 

実際に体調不良である必要はないので、いわゆる仮病を使うということです。

これから転職活動を始める方にとっても、すでに転職活動をしている方にとっても有効な手段。

 

どんなブラック企業であっても、体調不良の人を会社に来させるわけにはいきません。

その人の体調のことを考えて休ませるというのと、もしインフルエンザやコロナにかかっていて逆に会社に来たら、周りの人に感染してしまって惨事になるからです。

 

なので、邪道かもしれませんが嘘も方便。

会社にバレずに転職活動を成功させるためには、必要なテクニックと考えて利用しましょう。

 

もちろん、体調不良という言い方を連発して休むのはやめましょう。

「ちゃんと休んでいるのか?」

「そんなに体調悪いのなら、病院に行け。そして診断書見せろ」

などと逆に疑われてしまいます。

 

体調不良で休むのは、ここぞという時に使いましょう。

 

方法③営業中に面接を受ける

転職活動で休みすぎてバレないための方法3つ目は、営業中に面接を受けること。

 

これは、外出しやすい営業マンやプリセールスなどが対象になりますが、業務時間中にこっそり面接を受けに行くというものです。

営業マンとして外出することが多かったぼくの経験上、在職中に面接行くタイミングとして、おすすめの時間は以下の通り。

  • 午前中・・・11時
  • 午後・・・13時~15時
  • 夕方以降・・・19時

※面接は基本的に平日に行く必要があるので、上記の時間は平日だと考えてください。

 

また、監視するような会社への対策として、交通費精算で面接に行ったことがバレないように、面接行くときはSuicaやPASMOを使わずにあえて切符を買うようにしていました。

 

11時がおすすめの理由

外出しやすい場合、面接おすすめの時間帯の一つは11時

理由は、直行する場合であっても、朝礼のために朝は会社に行かなければいけない人であっても、外出を理由に抜けやすい時間だからです。

11時は、一次面接も最終面接も合わせやすい時間でした。

 

ぼくの場合、2回目の転職では、朝礼がある会社だったので、まず朝は会社に出勤します。

 

当時、9時半出勤だったので、出勤して朝礼後にすぐに準備して外出することで、移動を考えてもちょうど良いタイミングで11時の面接に行くことができました。

周りから見ても、営業活動のために朝からすぐに外出する人に見えるので、怪しまれにくいです。

 

13時~15時がおすすめの理由

外出しやすい場合、面接おすすめの時間帯の一つが13時~15時

理由は、13時~15時という、仕事のアポが入りやすい時間なので、外出しているのが普通だと思われやすいのと、面接に行っていたがために会社に戻るのが遅くなることもなく怪しまれないためです。

13時~15時は、一次面接も最終面接も合わせやすい時間でした。

 

ぼくの場合、2回目の転職では、午前中は事務作業をしていたとしても、午後は営業のために外出して、面接に行っていました。

 

13時~15時の間で面接のアポを取って、面接が終わった後にそのまま営業活動を再開して会社に戻ることで、通常通りの営業活動をしているように思われていました。

直帰するのが推奨されない会社にいる人にとっては、サボっているように見えないスケジュールになります。

 

19時がおすすめの理由

外出しやすいかどうかに関わらず、面接おすすめの時間帯の一つが、19時

一次面接限定になるものの、忙しい現場担当の方が会社に帰ってきてから面接の時間を作れるので、時間を合わせやすいからです。

 

ぼくの場合、3回目の転職時は17時半退勤だったので、定時ダッシュしてすぐに面接に向かっていました。

19時開始だと、都内であればだいたい時間に余裕をもって間に合うので、早めについたら面接前の最終チェックが可能。

 

※もし、退勤時間が19時など遅い時間の人は、外出 → 直帰をつかうことでうまく調整しましょう。

 

ちゃんと業務を行った上で、退勤後の自由時間に面接に行っているので、業務になんら問題はない形です。

 

方法④有休を細切れにして取る

転職活動で休みすぎてバレないための方法4つ目は、有休を細切れにして取ること。

 

丸一日の有給休暇だと、色々と勘づかれることがあっても、3時間とかの時間単位での休暇や、半日休暇(半休)だと会社からはわかりません。

また、有給休暇を細切れにして取得するメリットは他にもあって、それは有給休暇の消費が少なくて済むこと。

ほとんどの会社では、半休であれば有給休暇の消化が0.5日で済むはずです。

 

ぼくは、3回目の転職の時、有給休暇が3日しか残っていない状況でしたが、半日休暇を駆使することで、

3日 ÷ 0.5日 = 6回の半日休暇として活用しました。

有給休暇を有効活用できたことで、転職成功できたといってもいいぐらい大事。

 

また、ぼくは必ず午後半休にしていました。

理由は以下の通り。

  • 午前半休・・・面接はせいぜい1回しか組めない
  • 午後半休・・・時間だけで言えば3回は組めるのと、午前中よりも時間帯を調整しやすい

 

なので、有給休暇を細切れにとってバレないようにしつつ、休みを有効活用して面接の時間を調整しましょう。

 

スポンサーリンク

転職活動で休みすぎないための面接時間の調整方法2つ

外出しづらい

 

転職活動で会社にバレないようにする方法についてご紹介してきましたが、ここからは、うまく面接時間を調整する方法についてもご紹介します。

うまく有給休暇を取れたとしても、面接時間の調整に失敗しては元も子もありません。

なので、面接時間の調整を上手に行いましょう。

 

具体的な調整方法は以下の2つ。

  1. 転職エージェントをうまく使って調整
  2. オンライン(Web)面接を使って調整

 

方法①転職エージェントをうまく使って調整

面接時間の調整方法の1つ目は、転職エージェントをうまく使って調整すること。

 

自分で直接企業とやり取りした場合、

  • 言葉遣いなど細かいところにも気を配らなければならない
  • メールのやり取りに慣れてないと、日程調整でマイナスイメージがついてしまう
  • 面接日程は複数の企業と調整することがほとんどで、優先順位をつけながらうまくやりくりするのが大変
  • 連絡くるのが遅い時の催促も自分でやらなくてはいけない

といったように手間暇がかかって大変です。

 

そのため、スケジュール調整は必ず転職エージェントを使って、企業との間に入ってもらいましょう。

 

おすすめの転職エージェント

 

面接時間の調整だけでなく、転職活動で失敗しないためにも、転職エージェントの活用は必須と言えるもの。

 

  • まだ転職エージェントに登録していない
  • 転職サイトしか登録してない
  • 使っている転職エージェントが微妙

という方は、ぼくがおすすめする転職エージェントについて、以下の記事に書いているのですぐに登録して利用しましょう!

 

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

 

中小企業に強い転職エージェントの詳細記事はこちら

 

ちなみに、ITエンジニア(システムエンジニア・プログラマー含む)の方は、以下の記事でおすすめ転職エージェントを紹介しています。

システムエンジニアの給料を上げる方法やおすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

 

自分の希望日程が合わない時の調整方法

 

面接依頼を伝える時は、自分の行きたい日程を2~3つ出して転職エージェントに依頼することになります。

日程が合わない場合、転職エージェントに以下のように聞きましょう。

何時であれば日程が合いますか?

 

こうすることで、あとは転職エージェントが企業の都合を確認してくれますので、企業側の希望時間を教えてもらって日程を合わせるようにしましょう。

 

企業が出してくる面接日程と合わない場合

 

企業側から面接希望日時を出してもらっても、日程が合わないことは多々あります。

そんな時に、自分の希望だけ出してもなかなか日程がかみ合わないので、転職エージェントに以下のように聞きましょう。

早い時間の方がいいですか?それとも遅い時間の方がいいですか?

 

このように聞くことで、企業の合わせやすい日程を聞けるので、その上で自分が合わせられる時間を転職エージェントに伝えましょう。

 

面接日時を変更したい時の交渉テクニック

 

もし、第一希望の企業の日程が第二希望以下の企業の面接依頼日や面接予定日と重なっているような場合、まず第一希望の日程を押さえます。

同時進行で、第二希望の企業を担当している転職エージェントに調整を依頼しましょう。

言い方としては、以下のように言うのが良いです。

調整いただいた日に会社のイベントがあることを失念しており、大変恐縮ですが、以下の日程で再度調整いただけないでしょうか。

  • 〇月〇日 〇時~〇時
  • 〇月〇日 〇時~〇時
  • 〇月〇日 〇時~〇時

以上です。

お手数ですが、ご調整の程、よろしくお願いいたします。

 

交渉のちょっとしたテクニックですが、物は言いようです。

本当にそんなイベントがなくても、「他の企業の面接が入っていたので…」と言うのは超絶失礼なのでやめましょう。

「ウチへの志望度はそんなものか。。」とマイナスにしかなりませんので。

転職エージェントがある程度はやわらかく言ってくれるとは思いますが。

 

第一希望の日程を押さえたあと、第二希望以下の企業が面接できる日を聞ければ、あとは自分が日程を合わせるだけ。

そうなれば、第一希望の企業も、第二希望以下の企業もスケジュール調整が可能に。

なお、日程調整ミスのような部分であっても、転職エージェントを通すことで緩和されます。

転職エージェントは求人探しだけでなく、スケジュール調整のような面倒な部分もやってくれるので、必ず活用しましょう。

 

何度も面接日程をずらすのはNGです。

日程をずらすのは1回だけにとどめて、2回目できちんと調整するようにしましょう。

 

方法②オンライン(Web)面接を使って調整

面接時間の調整方法の2つ目は、オンライン(Web)面接を使って調整すること。

 

コロナ禍をきっかけに、一部の会社でしかやっていなかったオンライン(Web)面接も一般的になりました。

Zoom(ズーム)や、マイクロソフトのTeams(チームズ)Google Meet(グーグルミート)などを使える会社であれば、移動時間を省略できるので、そもそもの面接時間を合わせやすいです。

オンライン(Web)面接だと対面よりも通過率が下がるということはないので、オンライン(Web)面接ができる会社なら、うまく活用してスケジュールを組みましょう。

 

オンライン(Web)面接を受ける際、カフェなどのうるさい場所で面接するのは絶対に避けましょう。

相手の会社に対して失礼となり、超マイナス印象を与えてしまいますので、必ず自宅などの静かな場所で受けられる時間に面接時間を調整しましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ:転職活動で休みすぎて会社にバレないようにうまく調整しよう

 

お話してきたことをまとめます。

転職で大変なのは、平日の日中に行われる面接の調整。

露骨に休みすぎて会社にバレてしまうと、在籍している会社に居づらくなってしまうので注意が必要です。

 

会社に転職活動がバレないための方法は、以下の4つ。

  1. 普段から有休を取ってカモフラージュ
  2. 体調不良を織り交ぜて有休を使う
  3. 営業中に面接を受ける
  4. 有休を細切れにして取る

 

面接時間の調整は、以下の方法で実施すると、調整できます。

  1. 転職エージェントをうまく使って調整
  2. オンライン(Web)面接を使って調整

 

会社にバレることなく、転職活動を成功させてもらえれば嬉しいです。

なお、面接対策で重要なことのまとめ記事も以下に置いているので、そちらもぜひご覧ください。

どうも、ポチのすけ(@pochinosuke1)でした~

 

面接にぶっつけで挑まないために対策するべきことのまとめ記事はこちら

 

おすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら

 

中小企業に強い転職エージェントの詳細記事はこちら

 

システムエンジニアの給料を上げる方法やおすすめ転職エージェントの詳細記事はこちら