転職決定後にやっておくべきこと

退職時の妨害で辞めれない時に乗り切るための3つの心構え

退職時の妨害で辞めれない時に乗り切るための3つの心構え

長い転職活動の末、転職先が決まると心も落ち着きますし、新しい職場でのスタートに心躍らせていることでしょう。

とても素晴らしいことです。

転職が決まると、あとは会社に退職の意思を伝えて、引継ぎを行って穏便に退職することになります。

 

転職する人
転職する人
退職する時にスムーズに辞められればいいけど、妨害してくる会社もあるって聞くな・・・

 

転職する人
転職する人
関わっているプロジェクトも終わって一段落ついているし、1か月前に会社に言うのだから、転職のタイミングとしても問題ないよね?

 

ポチのすけ
ポチのすけ
実はブラックな会社ほど、あなたのように会社を心配する良心につけ込んで、一区切りついたような場合でも
あの手この手を用いて妨害してきます。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
ぼくも以前の職場で退職を伝えた時に、あの手この手で妨害された経験があります。。

ポチのすけが実際に言われたことを挙げると、

  • 代わりの人はいないけどどうするの?
  • 今月の目標(ノルマ)は達成しているのか?
  • 今、みんなで目標を達成しようと頑張っているということわかってる?

のようなことを言われました。

 

一時期話題となった、部屋に監禁する、懲戒解雇するといったものではありませんが、最近ではあなたの良心につけ込むような意地悪な言い方をして妨害してくることがあります。

 

本記事では、ポチのすけが退職時の妨害を受けた時、妨害を乗り切ることができた3つの心構えをご紹介します。

 

3つの心構えとは、

  1. 法律を盾にする
  2. 自分一人が抜けても会社は回ることを理解する
  3. 次のところで頑張るという強い気持ち

になります。

 

どうしてもだめな時の最終手段についても紹介しています。

それではご覧ください。

 

退職時の妨害を乗り切るための3つの心構え

退職時に妨害受ける

退職時の妨害を受けると、せっかくの転職がうまくいかなくなってしまうので、つぎの3つの心構えを持って、乗り切りましょう!

 

妨害を乗り切る3つの心構え

 

  1. 法律を盾にする
  1. 自分一人が抜けても会社は回ることを理解する
  1. 次のところで頑張るという強い気持ち

 

心構え①法律を盾にする

 

まず、第一に持っておきたい心構えは『法律を知って盾にすること』です。

法律を知ることで、自分の主張に筋が通るからです。

民法:第627条について

 

労働者の権利は法律で守られており、会社に退職の意思を伝えてから2週間後には退職することができます。

 

 

民法 第627条

 

  1. 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。
  2. 期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
  3. 6ヶ月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、3ヶ月前にしなければならない。(やむを得ない事由による雇用の解除)

 

上記の民法第627条第1項と第2項にあるように、退職するときは退職の2週間前までに、会社に対して退職することを伝えれば良いということです。

 

上記の2週間前までに退職することを伝えれば良いというのは、月給制の場合になります。

多くの方は月給制だとおもいますが、最近は年俸制の会社も増えてきています。

 

年俸制の会社の場合、民法第627条第3項にあるように、3か月前には退職の意思を伝えた方が良いですが、会社の就業規則には「退職の1か月前には申し出ること」となっていることもあります。

そのため、年俸制の場合、会社とよく話し合って合意を取る場合もでてきます。

 

民法にも定められているように、会社は社員の退職を阻止することはできません。

就労の自由があるように、退職の自由もあります。

例えば、

  • 代わりの人はいないけどどうするの?
  • 今月の目標(ノルマ)は達成しているのか?
  • 今、みんなで目標を達成しようと頑張っているということわかってる?

といった、あなたの良心に訴えるように言われた場合でも、くどいようですがあなたには法律で定められている『辞める権利』があるので、堂々と権利を主張できます。

 

退職を伝える時期は、きちんと法律で定められている期間を守っていれば、法律上は何も悪いことはないということです。

 

万が一、「退職届は受理できない」などと言ってきたら、

法律を盾にして「労働基準監督署に相談します。」と言うのも悪いことではないということです。

ゴネるようなら、本当に労働基準監督署に相談して構わないということです。最終手段にはなりますが。

 

マナーを守ったうえで、民法を盾にする

 

民法は労働者を守るためにありますが、現実的には何でもかんでも行使するのはマナーとして良くはないので、マナーを守ったうえで会社が退職を妨害してくる時の対抗策としてうまく使うと良いです。

円満退職することや、引継ぎなどを考えると、通常は1か月~1か月半程前に退職の意思を伝えるのが望ましいです。

 

そのため多くの場合、1か月~1か月半前に退職の意思を伝えたにも関わらず、会社が退職を妨害してくる時に、法律を盾にして自分の主張を通すという形にはなります。

 

ちなみにポチのすけの場合、1か月以上前に退職を伝えたにも関わらず、妨害を受けたため、以下のような対応をしました。

退職を伝えた際、

「退職について受理できない」とは言われませんでしたが、

「引き継ぐ担当はいない」と言われました。

 

「会社に迷惑はかけられない」という良心につけこんで、引継ぎができないのなら辞められないと思わせる作戦だったかもしれません。

 

それでもポチのすけは、法律を知っていましたので、

 

「次の担当を決めるのは会社の責任なのだから、そこは会社で決めてください。法律でも2週間前に伝えればよいとなっていますし、そもそも退職を伝えているのは退職希望日から1か月以上前のタイミングで言っています。」

 

と伝えて前に進めました。

 

退職を伝えた際、意地悪な言い方をして妨害してくる場合、法律を盾にするという心構えのもと、先に進めましょう。

 

心構え②自分一人が抜けても会社は回ることを理解する

 

次に持っておいた方がいい心構えは、『自分一人が抜けても会社は回ることを理解する』ことです。

 

転職する人
転職する人
業務量が多い会社だし、いざ退職すると言ったら簡単にやめさせてくれるのだろうか・・・

 

転職する人
転職する人
もともと人手が足りない上に、自分が抜けたら業務が回らなくなるかも。。。

 

ポチのすけ
ポチのすけ
僕も以前は、いざ自分が辞めたら会社は大丈夫かな、と考えていました。

 

会社側が「今、辞められたら代わりにできる人がいない」と引き止めることが多いこともあり、

多くの方が、『自分が抜けたら会社は回らなくなるのではないか』と考えています。

しかし、結論を言うと、たった一人抜けただけで回らない会社などありません。

もし、そんな会社があれば先はないので、逆に辞めて正解なのではと思います。

 

会社は組織であり、社員は組織の一員として業務を行っていますので、あなたが抜けたら代わりの人があなたの業務をやるだけです。

 

会社が描く理想の組織でなくなったとしても、社員が辞めることで残りの社員で仕事をやらざるを得ない状況になったら、会社は採用の募集をするなどして対応しようとします。

なので、あなたが心配する必要はないのです。

 

実際に、ポチのすけも「代わりはいない」と言われましたが、退職の意思が固いことがわかると、他の支店から代わりの人が来ました。

結局、会社は人が足りていなかったら、現状の最善策を尽くして何とかするのです。

 

組織全体をうまく動かすために考えるのは、経営者の仕事であるため、あなたの仕事ではありません。

社員が長く働けるように、福利厚生や就業環境を整えるのも経営者の大事な仕事です。

それを現場の社員に押し付けるのは経営者の怠慢になるため、そこはシビアに見極めましょう。

 

『だれか一人が抜けても組織は回る』というわかりやすい例として、

  • 行列のできる法律相談所
  • TOKIO

を見てみましょう。

島田紳助さんがいなくなっても、橋下さんや丸山さん、住田さんがいなくなっても『行列のできる法律相談所』は回ってますよね。(方向性が変わってしまった感はありますが)

 

山口達也さんがいない『TOKIO』も4人で回ってます。

 

 

このように、誰かが抜けたら経営者は、既存のメンバーで何とかしようとしますし、それが経営者の仕事でもあるため、現場の社員が心配することではありません。

 

情に訴えて引き止めを図るような会社に留まっても搾取されるだけなので、あなたが本当に『次のステップに進むために転職する!』と決めているのなら、『自分一人が抜けても会社は回ることを理解して』次に進みましょう。

 

心構え③次のところで頑張るという強い気持ち

 

最後に持っておいた方がいい心構えは、『次のところで頑張るという強い気持ち』です。

 

少し精神論な部分はありますが、

  1. 1つ目の心構えとして『法律を理解して盾にする』
  2. 2つ目の心構えとして『自分一人が抜けても会社は回ることを理解する』
  3. 最後の心構えは、『次のところで頑張るという強い気持ち』

です。

 

退職の際に、会社が様々な妨害をしてきても、「自分は次のところで頑張るんだ!」という強い気持ちがないと、心折られることもあるかもしれません。

 

退職の際、『次のところで頑張る』という強い気持ちが次のステージへの扉を開けます。

 

これは、妨害を受けるだけでなく、退職を伝えた際に良い条件を提示されたり、引き止められることがあっても、同様です。

会社の慰留が本当に後悔しないのなら、残っても良いと思いますが、それでうまくいかなくなったとしても会社のせいにはできません。
残る決断をしたあなたが責任を取らなければなりません。

そのため、次に進むことを決めたら、『次のところで頑張るという強い気持ち』を持って行動しましょう。

 

スポンサーリンク

退職時の妨害がひどい時の最終手段

最後の手段

 

退職時の妨害を乗り切るための3つの心構えをご紹介してきましたが、あまりにも妨害がひどくて対処できない時の最終手段は、退職代行サービスを使うことです。

 

退職代行サービスとはその名の通り、退職したい人の代わりに業者が会社とやり取りを代行してくれて、退職までをやってくれるサービスです。

 

退職代行サービスは費用もかかりますし、基本的には使うべきではありません。

なので、退職がどうにもうまくいかなくなった時だけ、最終手段として利用してください。

退職代行サービスは、成功率100%を誇るEXITが良いでしょう。

 

EXITの登録はこちら(公式ページ)

 

退職代行サービスは他にも様々なサービスがあります。

EXIT以外の退職代行サービスも見てみたい場合、退職の神様というサイトにまとまっていますので、こちらも合わせてご覧ください。

参考サイト:退職の神様

 

スポンサーリンク

まとめ

 

お話してきたことをまとめます。

退職時の妨害を乗り切るための3つの心構えは、

  1. 法律を盾にする
  2. 自分一人が抜けても会社は回ることを理解する
  3. 次のところで頑張るという強い気持ち

になります。

 

これら3つの心構えを持って行動することで、後悔のないキャリアを歩んでほしいと思います。

 

どうしても妨害に耐えられない!という時のみ、退職代行サービスのEXITを利用しましょう。